ジョージア 料理 シュクメルリ。 本格的なシュクメルリの作り方|グルジア(ジョージア)料理

ジョージアの煮込み料理「シュクメルリ」|平野由希子の季節のおつまみ|Gourmet|www.smartcrowdz.com(フィガロジャポン)

ジョージア 料理 シュクメルリ

皆さんはジョージアという国を聞いた事がありますか?2015年4月21日まではグルジアと呼ばれていた国です。 短期での旅行ではあまり選ばれる事がないジョージア(グルジア)ですが、世界一周では非常に人気のある国の一つです。 その理由は物価の安さや豊かな自然とも言われていますが、ジョージア料理も多くの旅人を惹きつける理由の一つだと言えるかもしれません。 日本ではあまり馴染みのないジョージア(グルジア)は、北にロシア、東にアジア、西にヨーロッパ、南に中東という位置にあり、様々な地方の特性を含んだ料理が多く、とても日本人の口に合い美味しいものばかりでした。 今回は旅する料理人の異名を持つのが14種類のジョージア料理を紹介いたします。 2016年3月8日に更新された記事に、新たに3つの料理を加えました。 ジョージア料理のレシピを追加しました。 「ジョージア風ジャーマンポテト」と言われる豚肉と野菜とポテトの炒めもの。 フライドポテトが味を吸って美味しい。 ワインビネガーでさっぱり食べられる味です。 フライドポテトをつくる。 じゃがいもを180度の油で7分揚げる。 フライパンに油を熱し、中火で豚肉を5分焼く。 玉ねぎを加え、中火でしんなりするまで炒める。 Aと1を加え、中火で5分炒める。 皿に盛り付け、パクチーを飾る。 中に肉と野菜が入っており、周りの皮を噛むと肉汁が溢れ出てきます。 肉汁には旨味がたっぷりですので、皮に穴を開けた部分から肉汁を飲み干してください。 肉汁は非常に熱い為、火傷しないように気をつけながら、一滴もこぼさないぞ!という意気込みで飲み干しましょう。 その後皮と中身をかじって食べてください。 中身の種類もジャガイモ・きのこ・チーズなどバリエーションも豊富で毎日食べても飽きがこない料理です。 てっぺんの部分ですが、グルジアの方は食べない場合が多いです。 僕はレストランに醤油を持参して醤油につけて食べていました。 料金:1つ 0. 5〜0. 街中ではいたるところにハチャプリ屋さんがあり、お店によっては行列ができるほどです。 グルジア北西部のスバネティ地方という場所でよく食されており、中に炒めた羊肉や豚肉が挟まれています。 ハチャプリはパン屋さんなどで購入できますが、専門店がありますので、是非専門店の焼きたてハチャプリを食べてください。 料金:種類によって異なりますが、アジャルリであれば6ラリ〜7ラリ程。 ベーシックなイメルリというチーズのみのハチャプリであれば1ラリ前後。 口の中でとろける程煮込まれた牛肉は絶品です。 お店によっては牛すじやホルモン等の部位を煮込んでいる場合があり、日本で食べるビーフシチューとはまた違った味わいです。 ジョージア(グルジア)のレストランで食事をする場合は1ラリ〜2ラリ程度でパンをオーダーできますので、オーストリにパンをつけながら食べるのが僕のおすすめです。 知らない間にパンがどんどん減っていってる事にきっと驚く事でしょう。 豚肉とジャガイモ、お店によってはパプリカや玉ねぎを一緒に炒めた料理。 味付けは非常にシンプルなもので塩と胡椒、そしてワインビネガーが使用されている場合が多いです。 油で炒められた料理ですので味がしつこそうに見えますが、ディルやコリアンダー等の香草とワインビネガーによって、そこまでしつこい味ではありません。 日本だと居酒屋で頼まれるような大人数でワイワイつつきたくなるような一品です。 一欠片ではなく、一つ丸々使用されてるであろうにんにくの量は一瞬食後の口臭を気にしたくなりますが、その気持ちを押さえつけてでも食べていただきたい程の絶品です。 鶏肉は様々な部位が使われており、骨の周りまでしっかりと味が染み込んでいます。 シュクメルリのソースにパンをつけて食べるのもおすすめです。 とても弾力があり癖が少なく食べやすいスルグニはそのまま食べても美味しいのですが、料理に使われているとさらにその美味しさが倍増します。 とてもシンプルな料理ですがスルグニが溶けてキノコのソテーによく絡んでとても美味しい一品です。 ワインの生産で有名なジョージアではぶどうの収穫時である10月にチュルチュヘラを作ります。 くるみを紐で通し、周りをぶどうジュースと小麦粉を混ぜたもので覆い、乾燥させて棒状にします。 ジョージアの街中で紫色や茶色の棒状のものがよくぶら下がっているのを目にします。 ぶどうの種類によって様々ですが、蜂蜜が入っているものなどもあり、周りのコーティングしている部分はとても甘く、中に入っているくるみが少しほろ苦い不思議な味わいですが、日本にはないジョージア独特の味わいですので一度は食べていただきたいと思います。 料金:1ラリ〜3ラリ.

次の

グルジア料理は松屋のシュクメルリ定食

ジョージア 料理 シュクメルリ

【ジョージアのすごいところ】 ・ノービザで1年滞在可 ・ワインが2Lで200円 ・ご飯がマジで美味しい ・電車が一律1回20円 ・バス乗り換えた場合バスも無料 ・美人が多い ・総じて生活コストが安い ほんとに日本が息苦しくなったり何かから逃げたくなったら一旦ジョージアに来たらいいと思う。 (上記のツイッターの方が書かれているブログ記事です) シュクメルリとは さて、ジョージアについて少し話してきましたが、今回松屋で発売されたシュクメルリとはどんな料理なのでしょう? シュクメルリとは、鶏肉をミルクのソースで煮込んだレシピです。 ニンニクをたっぷり使ったメニューです。 松屋のキャッチフレーズでは「 世界一ニンニクをおいしく楽しめる」と書いてありました。 材料には、以下の食材が主に使われるようです。 サツマイモ• ニンニク• バター ネットで調べてみるとシュクメルリのレシピを掲載しているサイトがちらほら。 今度自宅で作ってみようかな… どのレシピを見ても相当量のニンニクを使っています。 これは次の日何もないことを確認してから食べる必要がありそうですね(笑) 早速食べに行ってみた シュクメルリについて少しだけ勉強したので、さっそく販売初日に松屋に行ってきました。 松屋のシュクメルリはこちらです。 ぱっと見、白いシチューの上にチーズが乗っているだけのように見えます。 これ写真だと伝わりにくいんですが、相当ニンニクが香ってきてます(笑)ここまで食欲をそそるにおいはなかなかないと思うほどに、松屋の中はニンニクでした(笑) 販売初日だったからか僕の周りで食事をしている人のほとんどがシュクメルリを食べていました。 お味は? 早速初めてのシュクメルリをいただきました。 一口食べると予想以上のニンニクの香りが口の中に広がります。 噂には聞いてみたものの、ここまでガツンと来るとは想像していなかった… にんにくぅ~。 うまい!!!癖になる… ガツンとやられながらも、癖になる味が後を引いて、一口また一口とどんどん食べ進めてしまいました。 具材は、鶏肉とサツマイモなのですが、塩気のある鶏肉を食べた後に、甘みのあるサツマイモ。 そのバランスが絶妙でした。 最初はそれ合うの?と疑問でしたが食べてみて納得のまとまりです。 松屋で初シュクメルリでしたが、これはジョージアに行って本場のシュクメルリを食べてみなければと思いました。 終わりに 最近何かと話題になりつつあるジョージアですが、今回の松屋の一件でますますジョージアが日本人の中で盛り上がっていきそうですね。 余談ですが、ジョージアは日本人がノービザで1年滞在できるというとんでもない国なので興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?.

次の

世界で一番日本人に合う!グルジア(ジョージア)料理14選

ジョージア 料理 シュクメルリ

9月のジョージアの旅から戻ってから、もうそろそろ2カ月なのですが、まだまだジョージア熱は冷めやらずにいます。 折しも、訪ねた生産者の方たちが来日して再会できたり、彼らが出演しているドキュメンタリー映画が公開になりました。 ジョージア料理はあれこれつくってみているのですが、中でも特別に気に入ったものがこれ。 旅の郷愁やジョージアへの思いは料理をおいしくしてくれるものですが、このレシピは「ジョージアってコーヒーの生産地?」と勘違いをしている人にだって、気に入ってもらえるレシピだと思います。 にんにくと牛乳を煮詰めた風味はどこか懐かしく、そして、心を掴む味わい。 もはや、私の煮込み料理の定番入りをしました。 映画を観ても、旅をしても、ジョージアという国、伝統を復活させて大切にしていくことを応援していきたいという気持ちになります。 オレンジワインを飲むこともささやかですが、そんなことにひと役買ってくれるでしょうか。 そして、ジョージアの食、ワインはこれからますます注目されていくと思います。 鶏肉は水気を拭き、1枚を3〜4等分にし塩をふっておく。 フライパンにサラダ油とバターを熱し、1. を加えて中強火で皮目をこんがりと焼く。 反対側はさっと焼いておく。 鍋に2. を入れ、牛乳、半割にしたニンニク、*を加えてふたをして沸騰したら弱火で10分煮る。 肉を戻し入れ、塩、コショウで味をととのえる。

次の