ベネディクト ブルー。 ベネディクト・ブルー【ヴァイオレット・エヴァーガーデン登場人物紹介】ヴァイオレットやカトレアとの関係は??

楽天ブックス: ドクター・ストレンジ MovieNEX(期間限定仕様 アウターケース付き)

ベネディクト ブルー

感情を持たない一人の少女がいた。 少女は戦うための「道具」として生きていた。 名はヴァイオレット。 時は流れ戦争は終わり、新たな時代が始まろうとしていた。 戦地で傷ついたヴァイオレットはベッドの上で目を覚ます。 白くなめらかな両腕は、砲弾を受け銀色に輝く義手に替わっていた。 彼女に残されたものは、戦場の記憶と上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア少佐〉が 最後に告げた言葉だけ。 だが、その言葉の意味をヴァイオレットは理解できずにいた。 そこへ、一人の男が現れる。 元陸軍中佐のクラウディア・ホッジンズ。 ホッジンズはギルベルトに代わって彼女を迎えに来たと言う。 二人が向かうのは南部の港町・ライデンシャフトリヒの首都、ライデン。 活気あふれる人々、美しい港の風景、ライデンの街はヴァイオレットを迎え入れる。 新しい街でヴァイオレットは「自動手記人形」に出会う。 それは、依頼主の気持ちを言葉に代えて手紙に綴る仕事。 時には依頼主が胸のうちに秘めた想いさえもすくい取る。 1話のコンテ、演出を担当しました石立と申します。 第1話ということで、随分悩んだことを覚えております。 エピソードとして何を持ってくるべきか、キャラクターデザイン、背景、色彩設計、撮影処理。 ここから始まる全てのエピソードの起点として、どう在るのがもっとも相応しいか。 悩みました。 結果、ヴァイオレットという少女の魅力「愚かしいほどの実直さ、透明ではなく白」これを表現するならば、変に奇を衒わずに、そのまま、ありのままのヴァイオレットを素直に描く事が大切だと思いました。 それは、彼女の存在そのものが美しいと、原作を読んで感じたからです。 その為に、この世界なりの「そのまま、ありのまま」をなるだけ素直に描き。 そこに「真っ白な違和感」を存在させる。 「彼女の見た世界」ではなく「世界を見た彼女」を描く。 その客観的視点こそがこの作品に相応しいのではないかと。 彼女の成長とともに視点も変化していくかもしれません。 ですがそれも含めて見ていただいた方に、「良かった」と言っていただける作品を目指して制作しました。 最終話までお付き合いいただけたら幸いです。

次の

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ベネディクト・ブルー(べねてぃくと)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

ベネディクト ブルー

com ニュース] 制作会社ワインスタイン・カンパニーの倒産に伴い、お蔵入りの憂き目に遭っていた主演映画「」が、晴れて全米公開される運びとなったと、米Deadlineが報じている。 同作は、トーマス・エジソン(カンバーバッチ)とジョージ・ウェスティングハウス()の「電流戦争」を描く伝記映画で、2017年9月のトロント国際映画祭でワールドプレミアを実施。 だが翌10月、映画プロデューサー、のセクハラや性的暴行の告発記事が掲載されたことがきっかけとなり、ワインスタインが弟のボブと共同で設立したワインスタイン・カンパニーは破産法を申請。 その後、同社をLantern Entertainmentが買収したものの、同作はお蔵入りのままだった。 新興の配給会社101 Studiosはこのほど、同作の配給権を300万ドルで獲得。 今年8月に全米公開する予定だという。 なお、劇場公開版はトロント国際映画祭で披露されたバージョンに5つのシーンを追加し、上映時間を10分短縮したもの。 メガホンをとったアルフォンソ・ゴメス=レホン監督によれば、同映画祭で披露されたのはワインスタイン・カンパニーによる強い圧力によってまとめられた不本意なバージョンで、プロデューサーのらの支援を得て、再編集を続けてきたという。 今回の再編集版が実現したのは、製作総指揮に名を連ねる監督のおかげだとゴメス=レホン監督は明かす。 スコセッシ監督は同映画祭で披露されたバージョンを認可していなかったため、契約上は未完成扱いとなっていた。 そのため、Lantern Entertainmentはスコセッシ監督が認可を与えるまでは、売却を待たなくてはならなかった事情がある。 「最終的には僕が望んでいた形とムードにまとめることができました」とゴメス=レホン監督は語っている。 (映画. com速報)•

次の

ベネディクト・ブルー【ヴァイオレット・エヴァーガーデン登場人物紹介】ヴァイオレットやカトレアとの関係は??

ベネディクト ブルー

その日の配達は、何の滞りもなく完了した。 いつもの配達だったら、たいてい何件かは受取人不在で再配達となるところだから、どこの配達先にもきっちり配達が出来るというのは割と珍しい。 ましてや、俺のバイクが新しくなってからは初めての出来事だ。 空になった側車を横目に、気分良く郵便社に戻る。 今日はこの後の仕事はない。 このままバイクで郊外にでも行ってみようか、なんてことを考えていた。 ……のだが。 「あ! 師匠帰って来たー!」 会社に戻ってくるやいなや、頭上から降ってくる聞き馴染んだ甲高い声。 数秒もしないうちに、声の主は玄関まで迎えに来た。 「お帰り、師匠!」 「師匠じゃねえよ……ってか、何しに来たんだよ、テイラー」 まあ……『遊びに行きたい』というのなら、前みたいに側車に乗せて連れ回してやるのもいいかもしれない。 と思っていたのだが、今日テイラーの口から飛び出したのは、予想外のお願いだった。 「お願い、師匠! 勉強教えて!」 ……は? * * * 「……で? なんで代筆部門に連れて来るんですか?」 予想外のお願いに、俺は困り果てて代筆部門に飛び込んだ。 だが期待とは裏腹に、そこにいたのはアイリス一人だけだった。 そのアイリス自身も仕事が立て込んでいるようで、椅子に座ってタイプライターの操作を続けたままこっちに来る素振りもない。 「いや……俺はさ、この後も仕事があるから……」 「嘘! さっき社長から聞いたよ! 師匠の今日の仕事はもうおしまいだって」 ……何だと!? 何てことしてくれんだあのオッサンは。 人の休みを何だと思ってる。 「えーと、エ、エリカは!? テイラーによく勉強を教えてたろ!」 「今日は休みです」 「じゃあ、ヴァイオレットは! 曲がりなりにも今はあいつがこいつの姉だろ!?」 「出張でーす。 というか……何ですか? さっきから必死で代わりを探してますけど……テイラーちゃんに勉強を教える自信がないんですか?」 「バカ言うな! いくら何でもこの年のガキの勉強くらい」 「じゃあ大丈夫ですね。 頑張ってくださーい」 そして、アイリスは業務に戻っていった。 「お願いだよ、しーしょーおー! べーんーきょーおーおーしーえーてー!」 「師匠じゃねえ! つーか引っ張るな! 服が伸びるだろ!」 一体何なんだこいつの強引さは。 初めてここに来た時から何にも変わっていない。 [newpage] そして。 「まずはそれぞれが何個あるかを計算するんだよ」 「えっと……7かける3だから、18……」 「違うだろ」 俺はテイラーの横に座って、テイラーが問題を解いていくのを見守っていた。 「んーと、21……それで……次が……」 「指使わねーで計算出来るようにならねーとな……」 だが、答えが合っているか間違っているかは分かるものの、どう教えてやればいいのかが分からない。 ついついぞんざいな指摘を続けてしまっていると、ついにテイラーが耐えかねたように立ち上がった。 「……もーいーよ! あたしは郵便配達人になるんだから! 算数が出来なくたって配達は出来るでしょ!」 出た。 子供がよく言う『勉強不要論』。 こいつの場合、郵便配達人になると心に決めている分、知識や技術の要・不要もはっきりしてしまっているので厄介なこと極まりない。 だけど、今回の分は大丈夫だ。 「じゃあ聞くけどよ……ウチの配達料金は1.2リブルだと10コルスだ。 で、ある日お前は1.2リブルの手紙4通を配達して欲しいって依頼された。 依頼人に払ってもらう料金はいくらだ?」 「え……? う……えっと……」 俺の質問に一瞬固まり、その後、あっさりと目を泳がせるテイラー。 この様子も、初めてここに来た時からあまり変わっていない。 「じゃあ……今から、『明日の朝8時までに、15メリド離れた町に手紙を配達してくれ』と依頼された。 バイクで配達に向かうとして、何時に郵便社を出ればいい?」 「な、何時に……? そ、そんなの……今すぐ出発しちゃえばいいんだよ! 早く届いた方が、手紙を貰う人も嬉しいしね!」 「お前な……」 問題文の意図を完全無視した回答に、開いた口が塞がらない。 「うーわ……子供相手に大人げ無い……」 ついたての向こうから、タイプライターの音に混じって呆れたような声が飛んでくるが、無視する。 「ほらな。 この程度の計算くらい頭の中で出来ないと、郵便配達人としてやってけねーぞ」 「……ん」 郵便配達人になるという夢がはっきり定まっている分、こういう時の対応もやりやすい。 今の問答で計算能力の必要性に納得したらしく、椅子に座りなおすと気合を入れるように頷き、再び問題に取り掛かる。 「なるべく指は使うなよ。 郵便配達人は、手紙や荷物で手が塞がってても、計算できないといけねーんだからな」 「分かった。 師匠」 「だから師匠じゃねえよ」 この分なら、算数・地理・国語は何とか言いくるめることが出来そうだ。 と安心していたのだが……。 「……偉そうに言う前に、アンタこそお釣りの計算くらい間違えないで渡しなさいよね」 そう言いながら代筆部門にカトレアが戻って来た。 握り拳をこちらに向けるので何かと思って手を出すと、「はいこれ」と、小銭を何枚か渡してきた。 「……なんだよこれ?」 「昨日の着払いのお釣り、間違ってたって。 さっき、フィールズさんが返しにいらしたの」 ……え? 昨日の配達で、確かにフィールズさんのとこに着払いの配達はした。 だけど、よりにもよってこんな時に持って来なくてもいいだろ。 「……え? 師匠、引き算間違えちゃったの?」 ほら見ろ。 テイラーがいるんだからせめて後で渡せよな。 「いや、それは……フィールズさんとこは、いつも夜しかいないから……暗くて見間違えたってだけで、別に俺が引き算を間違えたってわけじゃなくてだな……」 「言い訳はダメだよ、にーに……」 ……はぁ!? 言い訳じゃねーよ、と言うより何より。 釣り銭を渡し間違えただけで俺の評価は『師匠』じゃなくなるってのかよ? 「ちょっと待て! だから、暗くて小銭を見間違えただけで、ただの引き算を間違えるわけねーだろ!」 「だったら証明して見せなさいよ」 こうして、俺はこの年で算数の試験を受けることになってしまった。 [newpage] 試験の内容はいたって単純。 テイラーと俺とでそれぞれ10問の計算問題を解く。 ただし、俺は途中計算を全て頭の中だけで行い、答えだけを書くものとする。 そして、カトレアの採点が終わり、結果発表。 「テイラーちゃん、60点。 頑張ったわね」 テイラーは4問間違い。 問題の内容とこいつの状況から考えれば、かなり頑張った方だろう。 いくら暗算とはいえこの程度の計算問題で負けるわけにはいかない。 「1問間違えてるんですけど……」 「うるっせー! 分数の計算なんて配達人は使わねーの! ……あー、いや、そんなことねーぞ。 多分あちこちで使うし、こんな風に間違えやすいから、ちゃんと勉強しとけよ、テイラー」 ついたての向こうから飛んで来た野次につい反論してしまうが、反論の内容がまずかったことに気づいて慌てて訂正する。 「でも、良かったわねベネディクト。 テイラーちゃんに師匠らしいところを見せられて」 ……ん? いや、そんなんじゃねーだろ。 そもそもは俺が引き算を間違えたのか釣り銭を見間違えたのかって話で、 「あら? そういうことじゃないの? テイラーちゃんにこれからも『師匠』って呼ばれたいから頑張ってたんでしょ?」 「え? そうなの? 師匠……」 いや、だから、 「そりゃそうよ。 さっきテイラーちゃんに『にーに』って呼ばれた途端、あんなに慌てちゃって」 ……え? ……まずい。 非常にまずい。 カトレアに嵌められたと気づいた時にはもう遅かった。 テイラーの顔がみるみるうちに明るくなっていく。 『師匠じゃねえ』と、ことあるごとにそう言っていたのは俺なのに。 というか、たとえ呼び方が『にーに』に変わったとしても、俺が狼狽える必要なんてどこにもなかったじゃねーか。 「もー! 大丈夫だよー! 心配しなくっても、師匠はずっとあたしの師匠だよー!」 椅子に座った状態にも関わらず、凄まじい勢いで抱きついてきた。 みぞおちに思いきり頭突きを食らって息が詰まる。 「ち、ちが……ししょ、じゃ……」 否定したくても声が出せない。 テイラーは何がそんなに嬉しいのか俺に抱きついたままバタバタとはしゃいでいる。 俺がテイラーに『師匠』と呼ばれるのは、まだまだ続いてしまいそうだった。 ご注意ください 代引きの荷物の支払いで、良かれと思って5030円出したら配達の人を困惑させてしまいました。 今度からはぴったりの額を用意しておこうと思います。 ところで、あの世界の登場人物は、誰が一番頭がいいんでしょうか? ざっと確認した限りだと、学力(?)に関する描写は、 ・ヴァイオレット 毎月2クロルづつの返済だと完済までに120年かかることを暗算 育成学校の同期の自己紹介を全員分即座に暗記 育成学校の学課で満点連発 ・ルクリア 育成学校で成績トップ(ただし受講生は12名) ・リオン 共通古典語を朗読するような速さで解読 ・アイリス スペルミスをヴァイオレットに指摘される 120年かかる返済計画に気づかなかった(ヴァイオレットの計算の方が速かっただけ?) ・エイミー 授業では挙手しない 『訓練はしなくてはなりません。 ベネディクトがどのくらい頭がいいのかは分からなかったので「暗算で分数の計算を間違える」というなんとも微妙な立ち位置になりました。 劇場版で何か凄いことをしたらこの部分だけ書き換えるかもしれません。

次の