カズレーザー なぜ人気。 カズレーザーのコメントなぜ好感?「常に余裕」「物事を俯瞰」

中丸雄一、カズレーザー、バカリズムが家事に挑む 『家事ヤロウ!!!』人気の秘密

カズレーザー なぜ人気

写真 動画サムネイルより YouTuberに関するデータを提供する「NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)」を参照し、直近1週間で注目を集めたYouTubeチャンネルの理由を探る本企画。 今回は3つのチャンネルに注目してみた。 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦がビジネスや偉人伝、世界史に政治といったジャンルを教える「中田敦彦のYouTube大学」が好例だが、TBSで放送されたクイズ番組『東大王』でチームの中心として活躍した伊沢拓司の「QuizKnock」なども、知的好奇心を満たし、幅広い知識を与えてくれる、教育の要素を持ったチャンネルだと言える。 どちらのチャンネルもクリエイティブな内容で、動画を投稿するたびに数十万以上の再生数を獲得。 視聴者を飽きさせない企画や話術も相まって、多くの視聴者から支持されているチャンネルだ。 38万人)」チャンネルである。 カズレーザーは金色の髪に赤色のジャケットという一風変わった出で立ちながらも、実は同志社大学を卒業した優等生。 テレビ番組でもそのインテリジェンスを発揮し、司会やクイズ番組にも出演している。 「カズレーザーの50点塾」は、その名の通り「テストで50点ぐらいは取りたい」という人のためのチャンネル。 動画の前半はカズレーザーが一つのトピックについて講義をし、後半では復習問題を解いていくという構成となっている。 また、イラストでわかりやすく説明したり、重要な部分は太字で強調されていたりなど編集も凝っている。 10分以下の短い動画が多いため、気軽に視聴できるというのも特徴だ。 上述の「中田敦彦のYouTube大学」は、気になるトピックの概略を押さえ、知識として共有することを目指しているように見えるが、「カズレーザーの50点塾」は、あくまで「テストで点を取ることができればいい」と割り切ったスタンスが面白い。 テストに悩まされることがない立場の人も、「知っておけば恥をかかずに済む、一般常識的な知識」を効率的に得られるのは有用と言えるかもしれない。 2万人)」も、登録者を増やしている。 その内容は、主にリアルタイムで話題になっている法律関連のニュースをテーマとして、基礎的な解説とともに、独自の理論を展開するというもの。 ラジオスタイルで投稿しており、通勤・通学中に聞いて、ニュースの概略を知る助けにしている、という人も多そうだ。 19万人)」を紹介したい。 アイラさんは独学の英語でイギリスに留学し、その後は貿易関連会社で職務に従事。 現在は英会話講師として働いており、楽しく英語を学んでほしいという思いから、海外ドラマの会話を元にした動画などを投稿している。 海外ドラマ『フレンズ』を題材にした動画では、「Well」という英語について説明。 日本語で言うところの「えっと……」に近いもので、次の言葉が出てこない時に使用することで時間稼ぎができたり、それだけで会話ができるように見えるという。 このように、実践でも使える英会話術をレクチャーしている。 歴史や法律、英会話まで、視聴するだけで知識が得られる教育系の要素を持ったコンテンツは、人気を拡大している。 関心のある分野のキーワードで検索して、解説動画をチェックしてみると、スキマ時間で学習を捗らせることができそうだ。

次の

カズレーザーの人気理由がなぜなのか?赤い服や面白さを分析してみた

カズレーザー なぜ人気

社会的なテーマを柔らかく実用的に提示 第一に挙げられるのは、時代に合ったテーマ性。 2018年4月にスタートした時点では、「ワンオペ育児」が問題視される社会的背景から、独身男3人が将来のために「主婦が夫にやってほしい家事」について徹底的に学習するといったコンセプトだった。 とはいえ、根底にあるのは社会的テーマながら、それを堅苦しくなく、重くなく、楽しく柔らかかつ実用的に提示するスタイルは、家事と日頃縁遠い若い世代や男性層にも受け入れられた。 ただし、昨年末、バカリズムが元でんぱ組. incの夢眠ねむとの結婚を発表したことにより、「独身男3人」のコンセプトが崩壊するため、番組ファンの間では番組存続への危機感の声も噴出する事態になっていた。 kajiyarou がシェアした投稿 — 2019年12月月24日午後7時15分PST 見事だったのは、そこからの微調整と着地点だ。 番組では画面上に表示される番組ロゴの「独身男3人」部分において、「独身」の部分のみを黒いマジックで塗りつぶして修正したような演出を行った。 さらに、番組の公式ツイッターアカウントではバカリズムの結婚を祝福しつつ、花嫁のイラストとともに「『家事ヤロウ!!! 』は引き続き『家事初心者のヤロウ3人』が家事をゼロから学んで行きます」と宣言。 これには「粋な演出」という声も多く挙がっていた。 「独身男3人」から独身+新婚の3人をひっくるめた「家事初心者の男性」への変更は、結果的にむしろターゲットの拡大にもつながったともいえる、巧い手法である。 コロナ禍による「おうち時間」の増加でますますニーズが高まる 「柔軟性」と「迅速性」は、まさしくこの番組のキモであり、それを感じさせた一つの事象がバカリズムの結婚だったが、そうした番組のスタンスがさらに際立つことになったのが、コロナ禍を受けての外出自粛による変化だ。 外出自粛により、「おうち時間」が増えたことで、家事ライフハック的な情報へのニーズはますます高まっている。 — 2020年 3月月2日午前10時34分PST 特に同番組で人気なのが、食育インストラクター・モデルの和田明日香のレシピ。 ちくわを大量に使うレシピをはじめ、冷蔵庫を開ければいつでも普通に入っているような材料だけでチャチャッと手軽に作れ、なおかつ美味しそうなアイディアが、若い世代や男性などの家事初心者からベテラン主婦にまで幅広く支持されている。 しかも、これらの家事ライフハックやレシピなどが、番組放送に合わせて、インスタに続々とアップされていく利便性とスピード感も、実にいまどきだ。

次の

カズレーザーの教育系YouTubeはなぜ人気? 中田敦彦との比較から考える(リアルサウンド)

カズレーザー なぜ人気

YouTuberに関するデータを提供する「NoxInfluencer(ノックスインフルエンサー)」を参照し、直近1週間で注目を集めたYouTubeチャンネルの理由を探る本企画。 今回は3つのチャンネルに注目してみた。 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦がビジネスや偉人伝、世界史に政治といったジャンルを教える「中田敦彦のYouTube大学」が好例だが、TBSで放送されたクイズ番組『東大王』でチームの中心として活躍した伊沢拓司の「QuizKnock」なども、知的好奇心を満たし、幅広い知識を与えてくれる、教育の要素を持ったチャンネルだと言える。 どちらのチャンネルもクリエイティブな内容で、動画を投稿するたびに数十万以上の再生数を獲得。 視聴者を飽きさせない企画や話術も相まって、多くの視聴者から支持されているチャンネルだ。 38万人)」チャンネルである。 カズレーザーは金色の髪に赤色のジャケットという一風変わった出で立ちながらも、実は同志社大学を卒業した優等生。 テレビ番組でもそのインテリジェンスを発揮し、司会やクイズ番組にも出演している。 「カズレーザーの50点塾」は、その名の通り「テストで50点ぐらいは取りたい」という人のためのチャンネル。 動画の前半はカズレーザーが一つのトピックについて講義をし、後半では復習問題を解いていくという構成となっている。 また、イラストでわかりやすく説明したり、重要な部分は太字で強調されていたりなど編集も凝っている。 10分以下の短い動画が多いため、気軽に視聴できるというのも特徴だ。 上述の「中田敦彦のYouTube大学」は、気になるトピックの概略を押さえ、知識として共有することを目指しているように見えるが、「カズレーザーの50点塾」は、あくまで「テストで点を取ることができればいい」と割り切ったスタンスが面白い。 テストに悩まされることがない立場の人も、「知っておけば恥をかかずに済む、一般常識的な知識」を効率的に得られるのは有用と言えるかもしれない。 2万人)」も、登録者を増やしている。 その内容は、主にリアルタイムで話題になっている法律関連のニュースをテーマとして、基礎的な解説とともに、独自の理論を展開するというもの。 ラジオスタイルで投稿しており、通勤・通学中に聞いて、ニュースの概略を知る助けにしている、という人も多そうだ。 19万人)」を紹介したい。 アイラさんは独学の英語でイギリスに留学し、その後は貿易関連会社で職務に従事。 現在は英会話講師として働いており、楽しく英語を学んでほしいという思いから、海外ドラマの会話を元にした動画などを投稿している。 海外ドラマ『フレンズ』を題材にした動画では、「Well」という英語について説明。 日本語で言うところの「えっと……」に近いもので、次の言葉が出てこない時に使用することで時間稼ぎができたり、それだけで会話ができるように見えるという。 このように、実践でも使える英会話術をレクチャーしている。 歴史や法律、英会話まで、視聴するだけで知識が得られる教育系の要素を持ったコンテンツは、人気を拡大している。 関心のある分野のキーワードで検索して、解説動画をチェックしてみると、スキマ時間で学習を捗らせることができそうだ。 鳥羽竜世.

次の