ハービー デント。 トゥーフェイス|キャラクター|DCコミックス|ワーナー・ブラザース

「ダークナイト」を振り返る:なぜバットマンはハービーを選んだのか? Part 2

ハービー デント

馬場です。 今回は映画「ダークナイト」の魅力について紹介していこうかと思います。 アメリカで2008年に公開された映画でして、いわゆる「バットマンシリーズ」の作品です。 これまで僕は「どうせアメコミ映画でしょ? 勧善懲悪ものでしょ?」くらいにしか思っていませんでした。 ただ、宇野常寛さんの「リトルピープルの時代」という本をキッカケに見てみると、めちゃくちゃ面白かったので魅力を紹介させていただきます。 一定のネタばれありで紹介していきますので、未視聴の方はご留意いただけますと幸いです。 物語の概要 物語は「ゴッサムシティ」という、アメリカのめっちゃ治安が悪い都市を舞台に展開されます。 物語の主人公は「ブルース・ウェイン」という大富豪の若者です。 彼は子どものころに両親を犯罪者に殺されている過去があり、その精神的な外傷から「ゴッサムシティからマフィアを撲滅する」ことに執着しています。 大富豪であるという立場を生かし、研究開発費をつぎ込みまくって人体の力を最大限まで引き出す「強化スーツ」を開発し、それを装着して夜な夜なマフィアに制裁を加えていきます。 マフィアを法で裁くのではなく、暴力で制裁を加えるというグレーな解決策を行うことから、人々は彼を「バットマン」と呼ぶようになりました。 ここまでがバットマンシリーズの基本設定なのですが、この映画ではもう1人の主人公的な存在として「ハービー・デント」という検事が登場します。 彼は「ゴッサム」の救世主と言われており、検事として犯罪に正面から立ち向かう存在です。 イケメンで、さわやかで、頼りがいがあります。 犯罪に怯えて暮らす人々にとって、まさに「希望の象徴」な訳です。 バットマンのように暴力で解決するのではなく「法律にのっとって悪を捌き、次々と犯罪者を牢獄にぶち込んでいく」というスタイルを取るため、世間から強い支持を集めるわけですね。 かくして「バットマン」と「ハービーデント、検事」の2人の登場によってマフィアは困窮します。 そして「ジョーカー」という謎の犯罪者に助けを求めます。 ジョーカーは完全な愉快犯で、犯罪行為そのものが快楽であり、自己目的化している存在です。 ピエロの格好をしており、とにかく不気味なビジュアルです。 バットマン&ハービーデントの牙城を崩すために、ジョーカーは「警察内部の人間を裏切り者にしたてあげて、裏切り者に命令してハービーデント検事の婚約者を殺害する」という戦略を取ります。 このことにより、正義の象徴であるハービーデント検事を絶望に追い込もうとする訳です。 かくしてジョーカーの狙いは成功し、ハービーデントの婚約者を殺害することに成功します。 そのとき同時に、ハービーデント検事も大きなやけどを負ってしまうことになります。 これまで周囲の期待に応えようとし、正義のヒーローとして振舞ってきたにも関わらず、内部の裏切り者によって自分の幸せを奪われてしまったハービーデント検事は絶望し、正義のヒーローであることを辞めてしまいます。 それどころか、警察内部の裏切り者に次々と復讐を果たしていく悪者(怪人トゥーフェイス)になってしまうのです。 ジョーカーの真の狙いは、正義の象徴であるデントをダークサイドに落とすことで「自分の快楽のために、利己的に生きることが正しい」という文化・風潮を広めることでした。 バットマンは、悪の道に落ちてしまったハービーデントを処理した上で、ジョーカーの狙いを防ぐためにデント検事が犯した罪を被ります。 デント検事が犯した殺人などの犯罪行為は、すべて自分がやったことなのだと。 そうすることで、「正義が存在する」という物語を守る訳です。 そうすることで、バットマンは「闇の騎士(ダークナイト)」になりましたよ…というのが本作の流れとなります。 本作の魅力・考察 主要な3人の登場人物であるバットマン、ハービーデント検事、ジョーカーの 「生き方」を鮮やかに対比構造で描いている点が、本作最大の魅力なのではないかと個人的には考えます。 ジョーカー的な生き方 まず、ジョーカーは先ほども述べましたように「自分の快楽のために、自分が生きたいように生きる存在」です。 「自分が生きたいように生きるうえで、他人に迷惑をかけても別にいいや」という考え方をする利己的な存在です。 こういう生き方をする方は、皆さんの周囲にもいるのではないでしょうか? これは余談ですが、映画「天気の子」の主人公の穂高くんはジョーカー的な生き方に属する存在です。 彼は「自分が好きな女の子を救うために、東京を水没させる」という決断をします。 東京が水没してしまうと、何人かの命が失われ、何人かがこれまで人生をかけて築いてきた財産が奪われて悲しい思いをするのですが、それには目をつぶり、認知対象から外し、自分の快楽を優先する訳です。 違いはジョーカーのように不気味に描くか、天気の子のようにキラキラ描くかという描き方の差異であり、「自分の快楽のために、自分が生きたいように生きる」という点では同じ生き方を選んでいる訳です。 ハービーデント検事的な生き方 次にハービーデント検事ですが、「周囲の期待に応えようとする存在」です。 周囲の空気をよく読み、社会が良くなるために何ができるのかを考え、利他的に行動する存在です。 ジョーカーのように自分本位で生きる人がいる一方で、こういう「最大多数の幸せ」を志向する生き方をする人もいますよね。 一方で、ハービーデント検事は婚約者を殺されたことによって、復讐者へと変わります。 「他者の幸せ」のために一生懸命に生きてきたのに自分が報われないことに絶望し、「他者の幸せのために生きる正義のヒーロー」という生き方を捨て、ジョーカーと同じく「自分のやりたいことを、やりたいようにやる」存在へ180度チェンジする訳です。 (快楽のために生きるジョーカーに対し、復讐のために生きるハービーデント検事という構図はあるので、正確には両者は違います) C. バットマン的な生き方 最後にバットマンですが「ルールに縛られている存在」です。 彼は自分のことを「正義のヒーロー」と思っているため「たとえ悪者であっても殺しだけはNG」とか「重火器は利用せず、己の筋肉で戦う」みたいなマイルールを守ろうとします。 また、正義の執行による快楽に依存している側面があります。 両親を殺された自分の内面を満たすために正義を執行し、1人享楽を感じて生きる訳です。 要するに「社会や組織のルールに違反する人に対して、正義を執行して快楽を得る」ようなタイプの人です。 皆さんの周りにもいるのではないでしょうか? ジョーカーのように「快楽に身を任せ、自分がやりたいようにやる」のではなく、ハービーデント検事のように「周囲の期待に応え、皆を幸せにするために生きる」のではなく、「社会や組織のルールに縛られて生きている」のがバットマンです。 このように、ダークナイトという映画では登場人物の生き方を「三者三様」に描いています。 自分の快楽か。 他者の幸せか。 正義の執行か。 さて、皆さんはどの生き方に共感するでしょうか? どの生き方を選ぶと幸せになれるのか? 本作では、「自分のやりたいように生きる」ジョーカーがもっとも強い存在として描かれます。 謎のマイルールを持つバットマンは、ルールに引っ張られてジョーカーには勝てません。 そして「周囲の期待に応えて生きる」ハービーデント検事が、もっとも弱い存在として描かれます。 利他的に生きることに絶望し、復讐者に成り果て、惨めな最期が待っています。 恐らくですが論理的に考えると、ジョーカーみたいに生きるのが、今の時代においては正解なのだと思います。 個人的には。 自分のやりたいように生きる。 そのせいで他者に不幸が訪れようとも、それは仕方のないものだと目をつぶる。 そうやって生きるのが個人のレベルでは恐らく正しい。 ジョーカーをモデルにすることに抵抗があるならば、天気の子の主人公をモデルにして考えれば、その正しさに共感いただけるのではないかと思います。 好きな子を犠牲にして、東京が水没することを防いだところで、穂高くんは幸せになりません。 ハービーデント検事のような生き方をしても、幸せにはなれないのです。 「誰かを殴ったら殴り返される」ということにだけ気を付けて、自分のやりたいように生きるのが現代においては恐らく正しいのではないでしょうか。 皆が自分の快楽のために生き、利害関係にある他者同士が殴り殴られ合う中で、あまりに行き過ぎたものは淘汰されていく…というイメージです。 (またはルール改変が起きる) いつものように最後は哀しい世界観を吐露する感じの終わり方になってしまいました笑 本記事をみて「ダークナイト」に興味を持たれた方は、 Youtubeなどで400円でレンタル視聴できますので、良ければご覧ください! 以上、「ダークナイト」の考察でした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 週末作戦会議室のPodcast、ネットラジオはこちら(毎週更新中!) Twitter始めました。 更新情報などを告知しますので、フォローして頂けると嬉しいです。

次の

【CG嫌い?】天才クリストファー・ノーラン監督が映画で見せた実写へのこだわり

ハービー デント

(1)デントとゴードンの目的は違う? デントとゴードンは映画の中でずっとタッグを組んでいるように思えますが、最初の段階から二人は目的が異なっています。 話し合いの末行動こそ一緒にしましたが、最初の思惑はそれぞれ異なっていました。 ゴードン(警察)=マフィアの摘発を先にすべき デント(検察)=警察内部の汚職を先に摘発すべき この違いを理解しておくと『ダークナイト』のラストシーンに深みが増します。 ゴードンの"I'm sorry, for everything. "はレイチェルのことだけでなくこの思惑の違いから生じた全ての悲劇に対しての謝罪でもあるのです。 ゴードンはマフィアの摘発を先にすべきと思っていました。 まぁマフィアの足あと付いてましたし、摘発できる可能性があるならそれをしようという考えですね。 しかしデントは検事として警察内部の汚職を摘発したいと思ってました。 そうすることで、街に悪が舞い降りても統治ができるからです。 警察は汚職まみれなので、マフィアと組んでいたり、ジョーカーと組む可能性がありました。 そういった人間を摘発することが必要だとデントは言います。 結果ゴードンの主張をデントが飲みデントもまずはマフィアを摘発する方向で動くわけです。 しかし、この判断が結果として悲劇を生みます。 何度か書いているネタバレですが、レイチェルの爆死です。 レイチェルは爆死し、デントは瀕死の大火傷。 (2)デントの大火傷はジョーカーのせい? さてここで疑問が。 この爆破、ジョーカーがやったものだったでしょうか? 間違いなくジョーカーが計画をしましたが、実行犯はジョーカーではありませんでしたよね。 そう、警察内部の人間が二人を縛り上げ監禁したのです。 つまり警察内部の汚職の摘発を先送りしたことで、ジョーカーにいいように使われる人間が警察内に出てしまい、警察の人間だからと信頼していたデントとレイチェルを監禁して、片方は死亡、片方は瀕死の大火傷となったわけです。 ジョーカーは狂人ですが計画性が抜群なので、警察の汚職を摘発していたら他の手立てを考えたでしょう。 しかし摘発していたら少なくともこの悲劇は起きなかったわけです。 よって、ゴードンは善の人間ではあるものの判断の過ちを犯したということになってしまうのです。 誰もが好む理想の警官であるゴードンなのに…皮肉過ぎます。 これがわかるとあることが明確にわかっていきます。 デントが悪へ転落したとき、デントはジョーカーを殺そうとしませんでしたが、連れ去った警察の人間やゴードン、ゴードンの家族は殺そうとしました。 それは何故かというとジョーカーはもともと悪だったのに対し、警察の人間やゴードン、ゴードンの家族はもともとは信頼していた人間たちです。 ゴードンは悪人ではありませんが結果としてデントを裏切ったことになるのでデントはそういった意味で復讐心に燃えることになったのです。 デントはマフィアのボスであるマローニに対してジョーカーはただの狂犬だと言っています。 言い換えればデントがどんな状況になってもジョーカーはもともと悪なので悪に変わりないのです。 つまりやってることはひどいですが想定通りの動きをしているわけです。 よってジョーカーは殺されなかったということになります。 狂ってしまったデントからしたらジョーカーはもうどうでもいいのです。 自分に悲劇を生んだ信じていた人間たちに復讐をすることだけを目的として半分死んだ顔で街を徘徊するのです。 また台詞では語られていませんがデントは顔の半分に大火傷を負ったのでとんでもない激痛が走っていることが想定されます。 よって今までの正義のデントのような冷静な思考は持ち合わせていないということになります。 あの傷だと激痛レベルじゃないでしょうね、頭が狂って当然なのです。 痛ましいエピソードと言えばそれまでですがね。 もともとどこからどう見ても正義の人間であった人があるきっかけで悪へと転落してしまう様。 それをまじまじと我々に見せつけたのが『ダークナイト』内でのこのデントのエピソードではないでしょうか。 そういった意味で『ダークナイト』はアメリカンコミック、アクション映画という枠を超えた一つの人間ドラマとしてとんでもない傑作であると改めて私は思っています。 2020年1月現在の情報になります。 私自身は、普段映画メディアの編集長をしている関係で映画に触れる機会が多めですが、その中において現在契約している動画配信サービスを「正直なお気に入り順で」紹介してまいります。 ただし、下位のものも契約している時点で支持をしているものです。 それぞれに特性があり、私の好みやライフスタイルから以下の順番で重宝をしております。 オススメ1:Hulu 私は映画が大好きですが、普段民放テレビ局で最も視聴しているのは日本テレビです。 よって、映画外の好みのコンテンツの側面からHuluを最も重宝しています。 日本テレビ系のドラマや各テレビ番組、「名探偵コナン」などを好きな方にはオススメのサービスです。 映画のラインナップは日々変動しますが、他社に比べて劣ってると感じる事は少ないです。 「さて、今日は何の映画を見ようか」と思ったら、とりあえずNetFlixを開きます。 併せて、日米それぞれオリジナル作品も多いです。 今最も目の離せないサービスと言っても過言ではありません。 なお、スタジオジブリの配信権獲得が発表されましたが、これには日米は含まれていません。 日本で始まるとするならば、日本テレビ資本の入っているHuluの可能性が高いと勝手に思っています。 時によって見れる作品は異なりますが、ディズニー作品のアニメ・実写。 ピクサー作品、スター・ウォーズ、マーベル作品と、ディズニー系列の作品の多くを見ることができます。 常に誰もが知っている作品が配信されており、安心して一度見た映画を鑑賞したいときにはこれで間違いありません。 なお、2020年1月現在、ディズニーによって買収された20世紀フォックスの作品はまだ配信されておりません。 今後されるとは思いますが。 映画やドラマといった映像作品を鑑賞するためのサービスではなく、「Amazon Prime会員」向けサービスの中の一つとして、映画やドラマも見れるよという触れ込みなのが他と異なります。 年間契約での割引が用意されていますが、月額支払いでもたったの500円という破格の仕様。 しかもAmazonの他のあらゆるサービスもそれで使えるわけです。 普段Amazonを使う方なら「とりあえず入っとけ」サービスでもあります。 こちらはTBS系列およびテレビ東京系列の番組を楽しむことができます。 質の高いドラマの多いTBS系列ドラマを見たい方は入るべきサービスと言えるでしょう。 私自身もそのTBSドラマと、テレビ東京系列のビジネス番組の鑑賞目的、よって映画向けには使ってないです。 テレビ東京のビジネス番組は質が高いので、教養目的と考えると日々の出費も投資考えることができて心に優しいです。 定額料金で各作品を鑑賞できると同時に、新作を有料で販売、レンタルもしています。 言うならば、サブスクリプション系サービスとiTunes等販売・レンタル系サービスのハイブリッドと言えるでしょう。 と聞くと、割が悪いようにも思ってしまいますが、ポイントも貯まっていくので、そのポイントで新作をいち早くレンタルして自宅で鑑賞することができます。 どうしてもサブスクリプション系サービスでの配信は少し時差が出てしまうので、ここまで紹介してきた各サービスをうまくサポートする役割として利用をしています。 仕事柄多めです。 これら全てを契約することはオススメしません。 それぞれ特性があるので、何を目的にするか、頻度はどれくらいかをみなさん自身でお考えの上で選択してみてください。 また、ここにはないサービスもたくさんあります。 その旨も理解の上で参考になれば幸いです。

次の

【考察】30代になって「映画ダークナイト」の面白さが分かってきた

ハービー デント

クリストファー・ノーラン監督の代表作『ダークナイト』のIMAX&4D版が、2020年7月10日 金 から劇場公開。 IMAX版では、同監督の最新作『』約6分間のプロローグが上映される。 2008年公開時は米興行収入歴代2位を記録、第81回アカデミー賞においては計2部門を受賞するなど、当時の映画界で熱い視線が注がれたヒット作品だ。 最凶ヴィラン・ジョーカーとの対決を描く 『ダークナイト』で物語のカギを握るのは、故ヒース・レジャーが演じる<悪のカリスマ>ジョーカー。 白い顔のピエロメイクに緑の髪を持つ不気味なビジュアル、そして予測不可能な凶行で世界を混乱させることを楽しむ姿は、まさに狂気そのもの。 映画では、そんなシリーズ最凶・最悪のヴィランを前にして、バットマンがどのようにして立ち向かうのか、高度な心理戦も交えて描かれている。 惜しくも故人としてアカデミー賞を受賞することになる。 大迫力の映像体験を再び! IMAXカメラを用いて撮影された初の長編劇映画でもある本作は、そのダイナミックな映像美もみどころのひとつ。 冒頭のジョーカーによる銀行強盗シーンを含む、全部で6つのシークエンスがIMAXカメラで撮影されており、当時リアリティを追求するあまり、世界で4台しかなかったIMAXカメラのひとつを破壊してしまった逸話は、ファンの中でも有名な話だ。 今回は従来のIMAXデジタル上映に加え、レーザー対応劇場では高解像度映像で上映、さらにIMAXレーザー/GT テクノロジー対応劇場では IMAXカメラ撮影パートが最大1. 43:1の画角にまで拡張させている。 4D版は初上映! そして『ダークナイト』で初となる4D版も同時上映。 劇場でしか味わえない、臨場感あふれる映像体験を楽しんでみてはいかがだろう。 ジョーカーと名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。 この街を守るのは、バットマン。 彼はジム・ゴードン警部補と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。 それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。 新任の地方検事ハービー・デントだ。 正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。 資金を絶たれて悩むマフィアのボスたちの会合の席に、ジョーカーが現れる。 「オレが、バットマンを殺す」。 条件は、マフィアの全資産の半分。 しかし、ジョーカーの真の目的は、金ではなかった。 ムカつく正義とやらを叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅していく様を特等席で楽しみたいのだ。 遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。 開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。 正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェルを次のターゲットに選ぶジョーカー。 Entertainment Inc. All rights reserved.

次の