虹 プロジェクト マコ ダンス。 ニジプロジェクト・マコ歌やダンスが凄すぎ?出身、高校、身長を詳しく!

【虹プロジェクト】チームミッションの結果!順位はどうなる?

虹 プロジェクト マコ ダンス

本名:山口真子(やまぐち まこ)• 出身地:福岡県八女市• 生年月日:2001年4月4日• 年齢:19歳• 血液型:A型• 趣味:ドラマ鑑賞、言語の勉強、日記を書くこと• 特技:大食い、レモン無表情で食べる• 所属:元JYP練習生(2年7ヶ月) マコは小学生の頃からダンススクールに通い始め、この頃から韓流スターやダンスに憧れていたそうです。 家族のことはまだ分かりませんが、マコにはモデルのような超美形の姉がいます。 韓流スターやダンスには姉の影響があったのかもしれません。 中学3年生の夏休みを利用してマコは『K-POPキャンプ』に参加しています。 そして、2017年2月に開催されたJYPエンターテインメントの13期公開オーディションに挑戦したわけです。 3,000人規模のオーディションの中でマコは総合3位となり、高校1年の15歳でJYP練習生となりました。 それから韓国での2年7ヶ月間、デビューを目指してトレーニングを積み重ねてきたのですが、実力はありながらマコにはデビューのチャンスが与えられずにきました。 そして、今回『虹プロジェクト』のオーディションに挑むこととなりました。 マコの年齢はすでに19歳、韓国の数え歳では20歳にあたります。 K-POPのガールズグループとしては年齢的にも最後のチャンス。 そのことを誰よりも知っているマコは『虹プロジェクト』のオーディションに全力で挑んでいます。 そして、そのマコの気迫を感じとったパク・ジニョン(JY. Park)はオーディションで始めて涙しています。 3,000人規模のオーディションから総合3位の成績となったマコは15歳でJYP練習生となり韓国に渡りました。 JYP練習生のお披露目イベントとなるショーケース『Homecoming:Get Your Glow On』では、次期ガールズグループのメンバー候補生として公開されていました。 スポンサーリンク 『虹プロジェクト』マコの評価と成績順位 マコの『虹プロ』地方予選選考 氏「2年間本当に誠実に練習したようです。 Parkが語った言葉が、 僕たちはみんな元々特別だからコンセプトは必要ない。 自分らしくありのままでいて下さい。 山口真子さん好感度が高い。 歌手が問題起こすと応援していた時間まで共有してた時間まで否定される気持ちになるから。 まさに誠実、真実、謙虚のJYP — 111 111rima1 JY. Parkが率いるJYPエンターテインメントでは練習生の頃からダンスや歌だけでなく人間教育も重んじているようです。 -」 ホント マコのダンスは感動しました。 JYパクさんもオーディションで涙が出たのは初めてって言ってました。 デビューの準備が整ってるって感じです。 男性グループでしかも難易度高い2PMのダンスを選択するとは、地方予選でマコのパフォーマンスを絶賛したJY. Parkも驚いた様子。 Parkの期待値が上がり過ぎるのも危険ですが、、 ところが、マコは2PMのダンスパフォーマンスは完璧たったのです。 Parkに薄っすらと涙が、、 オーディションを見ながら涙が出たのは初めてだと思います。 しばらく言葉を失って、、 なんかすごく感動的。 歌手になる準備は全て出来ています。 体の状態もすごくいい。 文句なしで大絶賛のJY. Park。 特にJY. Parkが注目したのはマコのストイックに自己管理された身体の仕上がり。 プロアスリートへの賛辞のようでした。 マコのボーカルレベル審査 スター性審査では無表情でレモンを食べて書道をするというマコ。 披露された習字は四字熟語で「点滴穿石(てんてき せんせき)」 小さい力でも積み重なれば強大な力になることのたとえ。 「点滴」は一滴の水、「穿石」は石に穴をあけること。 水滴も同じ位置に落ち続ければ、いずれ石に穴をあけることができるという意味から。 虹プロのメンバーが大きな達成となるように書きました。 Parkから尋ねられてマコが語ったこの言葉には色々な想いが込められているのでしょう。 キューブも獲得することができました。 まさに、マコは『虹プロジェクト』のリーダーに相応しいメンバーです。 マコの人柄(グループパフォーマンス)審査 最後に残されたグループパフォーマンス。 グループメンバーは、マコ、アカリ、アヤカ、モノエ、キョウカの5人。 これはJY. Parkがマコのリーダーシップを試したかったのではないでしょうか。 誰も聞いたことのない楽曲をわずか48時間で仕上げるというもの。 パーフォーマンスを終え、JY. Parkから出たマコへの言葉は、リーダーシップの発揮について評価する一方でダンス・歌については厳しい指摘となりました。 最初始まった瞬間、僕が心配だなと思ったのが、これからダンスに入る動作で体に力が入り過ぎていました。 体に力が入り過ぎているから動作が硬くなって小さくなります。 ダンスと歌は基本的に力を抜いてやらないといけません。 ダンスも歌も、力を入れるべき時にパッパッと入れなければいけません。 Parkはプロにしか気づけないような細かい部分を厳しく指摘したわけですが、逆にいうと、マコはそのレベルにあるということなのでしょう。 Parkも大絶賛していたのですが、最終的な成績順位は2位となりました。 1位はJYP練習生の後輩のミイヒ。 これまでミイヒをサポートしてきた優しいお姉さんのマコですが、お互いライバルとしてトップ争いをしていくのでしょう。 次回はチームミッションですね。 スポンサーリンク マコがJYP練習生でデビューを目指すきっかけはK-POPキャンプ マコのK-POPキャンプ マコは中学3年生の夏休みを利用して『K-POPキャンプ』に参加しています。 2016年7月25日から3週間の『K-POPキャンプwith韓国芸術高校』というもので、日本からは中学生、高校生、専門学生、社会人の10名が参加。 この『K-POPキャンプ』を経験したことがリアルにJYP練習生でデビューを目指すきっかけになっているようです。 『K-POPキャンプ』のマコが書いた感想文がこちらです。 私は、この三週間でとてもいい思い出ができました。 一日目はみんな初対面だったので緊張しました。 だけど、少しずつみんなと話せるようになりオンニ達がとても優しくて、たくさん話しかけてくれました。 とても嬉しかったです。 又、食事も大変おいしかったです。 二日目からは、韓国語の授業があり、午後からは、歌の練習がありました。 韓国語の授業は先生が美人でとても優しくて、解らないところがあると、すぐ教えてくださり、又、ペアでの勉強の時は、韓国語の文を覚えるまで読んで、暗記する事ができました。 できた時には、とても褒めてくれます。 韓国芸術高校の学生さんから、歌い方などたくさん学びました。 とても歌が上手で、鳥肌が立つくらいでした。 練習が終わったら、マイクを使って、歌ったりもしました。 恥ずかしかったけど楽しく歌えました。 そして、次の日はレコーディング。 初めてのレコーディングでわくわくドキドキでいっぱいでした。 ヘッドホンとマイクはテレビでしか見た事がなかったのでびっくりしました。 一人ずつ録音室に入り歌を歌いました。 みんな録音が終わってほっとしました。 次の日も歌の授業をし、レコーディングをしました。 そのレコーディングした曲を最終日にプレゼントしてもらいました。 とてもいい思い出となりました。 土曜日のオフィシャルツアーは、チマチョゴリ体験に行きました。 初めてチマチョゴリを着ました。 可愛い柄のチマチョゴリが沢山あり、迷いました。 友達と写真を撮り、いい思い出ができました。 毎日充実した学校生活で、とても1週間があっという間でした。 2週目は、韓国芸術高校の演劇科の学生さんとの交流がありました。 一緒にダンスしたり、ピンスを食べ比べしたりして、とても楽しかったです。 韓国学生さんは、みんなとても優しくて、ユーモアがあり、素晴らしい交流ができました。 又、みなさんと連絡先の交換をしたりして、友好を深める事もできました。 2週のオフィシャルツアーは、韓国の芸能事務所巡りでした。 YG・SM・JYPの事務所に行きました。 初めて、生で見ることができたので、大変嬉しく思いました。 3週目からは、ダンスのレッスンでした。 IOIやIKONのダンスを踊りました。 とても楽しかったです。 キャンプ最終日があっという間に訪れ、みんなとお別れするのが、とても悲しかったです。 3週間をとても仲良くしてくださった、学生の皆様、スタッフの皆様、本当に有難うございました。 来年の夏も是非とも参加したいと思いました。 山口真子.

次の

【虹プロ】マコの歌とダンスで激震が!予選と合宿を全まとめ!|あしゅれんの部屋

虹 プロジェクト マコ ダンス

名前:山口真子• 通称:マコ• 生年月日:2001年4月4日• 福岡県八女市(やめし)• 身長:160くらい?• 血液型:A型 虹プロジェクトって何がすごいの? 今回虹プロジェクトの最終合格者が決まったということで話題になっていますが、普通の人にはなんか突然湧いてきたような未知の単語ですよね? 一体「虹プロジェクト」とは何でしょう? 虹プロジェクトとは、日本のソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所のJYPエンターテインメントが共同で新しいガールズグループを作ろう!という企画です。 2019年の7月から日本の主要8都市と、ハワイ、ロサンゼルスで超グローバルなオーディションが始まりました。 当初合計10000人以上いた応募者ですが、3次審査までに26人に、そしてその26人は東京での4泊5日の合同合宿トレーニングを通して更にふるいにかけられ14人に。 その14人も更に韓国でデビューに向けた厳しい練習を行い最終チェックが行われ、結果9人のデビューが決まったという流れです。 ここまででも想像しただけでかなり地獄のような光景が目に浮かびますが、この9人は最後まで勝ち残った精鋭中の精鋭ということになりますね! この虹プロジェクトの恐ろしい所はオーディションの様子がHuluやYoutubeなどで配信されていたこと! 絶好調だった自分も、あまりうまく行かなかった自分も、審査員からのダメ出しも全部放送されています。 審査員だけでも緊張するのにこれはさらにプレッシャーですね! しかし一方で、自分たちが必死に頑張っている姿をファンが見て応援してくれるという一面もあります。 合格した9人はデビュー前にも関わらず、すでに熱狂的なファンを抱えているでしょう! この虹プロジェクトが注目されている理由ですが、総合プロデューサーのJ. Parkさんにあります。 この人はあの有名な韓国のアイドルグループ「2PM」や「TWICE」を手掛けた超やり手のプロデューサーです。 日本でもAKBを手掛けた秋元康さんプロデュースだと最初から注目されますよね? そんな感じで、次世代の大ヒットアイドル誕生間違い無しのこの企画は当初から相当注目されていたんです! スポンサーリンク 虹プロジェクトのマコの性格は? こんなに過酷なオーディションに勝ち残ってきたマコさんはどんな性格をしているのでしょう? イメージ的には超気が強くてプライドの塊みたいな感じがしますが、どうやら全然違うようです! マコさんの性格について、オーディションを応援していたファンたちによると、 「努力家」で「仲間思い」という意見が多いです。 マコはブレない努力家 マコさんは小学校の頃からダンススクールに通って練習をし、学校が始まる前にも1時間以上自主練をするなど相当の頑張ってきたようです! 2016年、中学3年生のときにはK-POPアイドルになるという夢を持っていたらしく、2017年にはJPYのオーディションを受け見事合格! その後は15歳にして韓国へ渡り、研修生として2年半以上もK-POPアイドルになるためのトレーニングを積んできました! 小さい頃からものすごく一貫した生き方をしていますよね! こんなにブレない人は今どき珍しいでしょう! K-POPアイドルになると決めてからはダンスに加えて韓国語も学んで、いつでも韓国に行けるように準備をしていたとか! 今回のオーディションにこんなに努力をした候補者は他にいません だからこそ、厳しいオーディヨンに1位で合格できたんですね! マコは仲間思い そしてマコさんは努力の他に人柄の良さもとても評価されています。 精神的にも体力的にも厳しいオーディションだからこそ人柄はよくでるようで、メンバーそれぞれの性格もファンはよく知っているようです。 マコさんは同じオーディヨンを受けているライバルたちを「将来の仲間」と認識していたらしく常に気遣いを忘れなかったんだとか。 仲間や関係者への礼儀も一番しっかりしていたようです。 この人柄の良さはオーディションを見守っていたファンを感動させました。 まずはオーディションの歌唱シーンです。 氏「2年間本当に誠実に練習したようです。 Parkさんの心にどストライクだったようです。 当然プロデューサーも彼女がJYP研修生として長年トレーニングを頑張っていた事は知っていますから、「2年間本当に誠実に練習したようです。 -」 ホント マコのダンスは感動しました。 JYパクさんもオーディションで涙が出たのは初めてって言ってました。 デビューの準備が整ってるって感じです。 — NiziU Japan Fan Base NiziProjectJFB 男性アイドル「2PM」のダンスをオーディションで披露。 女性が男性のダンスはなかなか力強さなどが再現できず難しいと思いますが、プロデューサーは涙が出るくらい心打たれたようです! マコさんのパフォーマンスはすでにプロで通用するレベとも言われていて、まだデビュー前にも関わらず注目度はMAXIMUMです! おそらくプロデューサーがJ. PARKさんでなくても、彼女なら必ず注目されていたと思わせてくれる頼もしさですね!!! ちょ え?ん????なんぞ??? マコちゃんプロやん??? 最初から最後まで鳥肌立ちまくりでした シリーズ1では力強さ、シリーズ2では女性らしさも表現できる子早々いないよ… しかもどんどん綺麗になって歌もダンスもプロ級なの 1人だけ別格すぎて圧倒された — ゆんぎょんすく yunyuyun6 まとめ 今回は今大注目の「虹プロジェクト」のオーディションをトップ通過した期待のK-POPスター・マコさんの性格やダンスや歌の実力についてご紹介しました! 大物プロデューサーと大勢のファンに見られながらというプレッシャーに耐え抜き見事1位で合格したマコさんは性格も歌もダンスもダントツの超逸材でした! デビュー前にも関わらずもう大勢のファン心を鷲掴みにしています! そんなマコさん率いる虹プロジェクトは2020年の秋にデビュー予定! そのときには更にパワーアップしたパフォーマンスでファンを驚かせてくれるに違いありません! これからの虹プロジェクトとマコさんから目が離せません!!! スポンサーリンク.

次の

虹プロ 山口真子(マコ)プロフィール!JYP練習生で歌とダンスがプロ級!性格も完璧?

虹 プロジェクト マコ ダンス

特技の「レモンを無表情で食べる」については、スター性評価で習字を各前に披露していますね。 その時書いた4字熟語が「点滴穿石(てんてきせんせき)」ということで、わずかな努力の積み重ねによって大きな事業が達成されるという意味ということです。 虹プロジェクト「マコ」はJYPの練習生 虹プロジェクトの「マコ」は、2017年2月に開催されたJYP公開採用13期オーディションで3000人の中から総合3位になったことでJYP練習生になりました。 「私が中学2年生のときにJYP公開採用オーディション12期で、日本人の方が2位を取りJYP練習生になったということを新聞で見ました。 そのとき私は、来年は絶対私が3位以内に入ってJYP練習生になるんだと決意をし、その1年間たくさん練習をしました。 そしてその結果、3500人の中で3位を取ることができました」 ただ、2017年2月といえば、まだ15歳で韓国に渡ったことになります。 大手芸能プロダクションの場合、練習生になるだけでも狭き門ですし、日本人にしてみたら、外国の芸能プロにこの年齢で一人で行くことだけでも大変だと思います。 言葉の壁もあると思いますが、「一度決めたらやり遂げる性格」と本人も語っていることから、夢を必ず叶えてやるということで、すごい努力をしているんだろうと想像できますね。 虹プロジェクト「マコ」は歌とダンスがプロ級 東京合宿では、ダンス順位1位、ボーカル順位1位ということで最終順位も1位になり全て1位で韓国合宿行きを決めました 虹キューブも4個全て ダンス・ボーカル・スター性・人柄 を獲得しました。 JYP練習生ということで、2年7カ月の間、ダンスや歌のレッスンに努力していたことの結果でしょう。 地域予選 歌は、 Uru「フリージア」 この歌もすごく難しいと思うのですが、パク・ジニョンさんの評価は、「教えられないことがありますが、ある人は歌を歌うとき聞く人の心に触れる、そういう力がある人がいますが、マコさんはダンスの時も今もそうだし、歌を歌うとき、歌に心を細かく上手く込めることができている」とダンスに続いて絶賛されました。 もちろん「虹キューブ」を獲得し、 順位も1位でした。 まとめ 合格メンバーが決まるまであと少しですね。 他のメンバーももちろん頑張っていますが、年齢的にも一番上ということマあるし、実力でもマコさんが今のところトップで、リーダーになるのではないかとネットでも言われています。 今後どんなパフォーマンスを見せてくれるのか本当に楽しみですね!.

次の