船戸ゆあちゃん 手紙。 結愛ちゃん「もうゆるして」虐待死亡事件 母親 船戸優里のFacebookも

【虐待死】船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)ノートに悲痛な手紙「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」<更新あり> : ひとりごと 検証ブログ

船戸ゆあちゃん 手紙

スポンサーリンク 事件の概要 船戸雄大容疑者(33)は2月末ごろ、目黒区東が丘のアパートで長女で5歳の結愛ちゃんの顔を殴るなどしてけがをさせた疑い。 東京・目黒区で、5歳の女の子が死亡し、父親がケガをさせたとして逮捕・起訴された事件で、警視庁は衰弱した女の子を放置し死亡させたなどとして両親を逮捕した。 保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、無職の船戸優里容疑者と夫の雄大容疑者。 警視庁によると、2人は今年1月から3月にかけ、自宅アパートで、雄大容疑者の暴行によって衰弱していた5歳の長女・結愛ちゃんを放置し、死亡させた疑いが持たれている。 引用; では、どんな両親だったのでしょうか? 〇追記:10月15日19:30 船戸雄大被告に懲役13年の判決 東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死や傷害罪などに問われた父親の雄大被告(34)に対し、東京地裁(守下実裁判長)の裁判員裁判は15日、懲役13年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。 引用; 容疑者の両親、プロフィールと顔画像? 父のプロフィール 名前 船戸雄大(ふなとゆうだい) 年齢 33歳 住所 東京都目黒区東が丘1丁目サンハイム好の2F 職業 無職 出典; フェイスブックアカウントも調べてみましたが、本人と特定することはできませんでした。 検索結果をリンクしておきますので、気になる方はチェックしてみてください。 母のプロフィール 名前 船戸優里(ふなと ゆり) 年齢 25歳 住所 東京都目黒区東が丘1丁目サンハイム好の2F 職業 無職 出典; 追記:6日20:10 顔画像が不鮮明なので、新たに掲載します。 出典; 〇追記:9月4日0:30 初公判の様子 「もうおねがい ゆるして」 両親は日常的に虐待を加えていたようですが、その様子を示す、結愛ちゃんの悲痛な叫び声ともいえる手紙がみつかりました。 自宅からは結愛ちゃんが平仮名で「 きょうよりも あしたは もっとできるようにするから、おねがいゆるして、ゆるしてください」などと書かれたノートも見つかったという。 引用; 全文も紹介します。 出典; こんな手紙を5歳の女の子が訴えるのって、悲しすぎますね。 超かわいい、結愛ちゃんの画像 引用; なぜ、こんなかわいい子を殺す? 船戸雄大容疑者からは結愛ちゃんは奥さん(優里容疑者)の連れ子だったわけですが、それが原因なのでしょうか? 追記:6月8日19:00 結愛ちゃんは雄大容疑者の実子ではなく、雄大容疑者と優里容疑者との間に生まれた弟(1)がいたが、寝る部屋も1人だけ家族と別にされていたという。 捜査1課などによると、結愛ちゃんは自ら目覚まし時計をセットして毎朝午前4時ごろに起床。 雄大容疑者に命じられ、平仮名を書く練習をしていたという。 引用; 寝る部屋も別で、船戸雄大容疑者の根性の悪さがにじみ出ているように感じます。 追記:6月17日0:10「前のパパがいい」 Xマスの夜、結愛ちゃんは香川県善通寺市の自宅アパート(当時)の外で裸足でいて 「前のパパがいい」と訴えていたことがわかりました。 結愛ちゃんは香川県善通寺市の自宅アパート(当時)の外で、うずくまっていた。 ピンクのパジャマ姿で裸足。 気づいた近所の女性は上着を着せ、冷え切った体を抱えるようにさすって問いかけた。 「パパ怖い?」 「怖い」 「帰りたい?」 「帰りたくない」 女性は警察に通報した。 女性によると通報は2回目。 引用; 信じられない事件ですね。 では、虐待の状況をみてみましょう。 スポンサーリンク 虐待の状況 〇長女の結愛ちゃんに対して今年1月ごろから 殴ったようです。 このアパートの中のどこで殴ったのでしょうか? 船戸容疑者が「風呂場に連れて行って殴った」と供述していることがわかりました。 一方で船戸容疑者の妻は「殴っているのを見たことがない」と話しているということで、警視庁は船戸容疑者が妻に見られないように結愛ちゃんを風呂場に連れて行き、犯行に及んだとみて調べを進めています。 引用; 〇結愛ちゃんに 1日1食しか与えないこともあり、結愛ちゃんは 栄養失調になっていました。 (5歳児の平均体重は20kgだが、結愛ちゃんは12kgしかなかった。 ) 〇 嘔吐(おうと)したにもかかわらず、虐待の事実を隠すために、 医師による診察を受けさせなかった。 追記:6月8日23:15結愛ちゃん、臓器が5分の1に 結愛ちゃんの遺体を司法解剖した結果、免疫に関わる「胸腺」の重さは同年代平均の5分の1程度だった。 杏林大医学部の佐藤喜宣名誉教授(法医学)によると、長期間、継続的に虐待を受けた子どもにみられる傾向だという。 引用; 追記:6月9日18:50結愛ちゃんに弟のおむつをつけて放置 警視庁は結愛ちゃんが衰弱して自力でトイレに行けなくなったため、両親が1歳の弟のおむつを着けて放置していたとみて捜査しています。 引用; 追記:6月9日21:50優里容疑者は見て見ぬふり 優里容疑者は、逮捕前の取り調べで、自分の連れ子の結愛ちゃんに対する虐待について、「自分の立場が危うくなるのを恐れ、夫に従い見て見ぬふりをした」と話していた。 引用: では、犯行現場となった本人の自宅は? 犯行現場 本人のアパートの映像です。 出典; 別の角度の映像から、みると、「亀井工務店」の看板があり、そのとなりのアパートのようです。 出典; まず、東京のどのあたりか? さらにgoogle のストリートビューで調べたところ、亀井工務店の隣に 「 サンハイム好」というアパートがありそちらのようです。 引用: 引用: スポンサーリンク 犯行の動機 「言うことを聞かなかったので、4~5日前に顔面を殴った」 引用; これが、動機ですか?唖然とします。 子どもは素直に言うことを聞かないものです。 甘えるのですよ。 それで、つい、かっとなって殴るなんて、呆れてしまいます。 ただ、妻の連れ子だったということで、うまくいっていなかったのかも。 しかし、近所の人の話によると 「(船戸容疑者は)いいおやじだったよ。 『上の子(結愛ちゃん)は(今春から)小学校なんですよ』と」 引用; また、一方で 結愛ちゃんを巡っては過去に地元の児童相談所に相談があったという。 引用; 表裏があったようですね。 児童相談所の対応 児童相談所に関連する情報もお伝えてします。 東京都への取材で、船戸容疑者一家が以前住んでいた香川県内で、結愛ちゃんが家の外に出されていたことなどがあり、児童相談所に二度、一時保護されていたことがわかった。 その後、今年1月に船戸容疑者らが目黒区内に引っ越した際には、香川県内の児童相談所から地元の児童相談所に虐待の可能性を指摘する引き継ぎがあったという。 引用; 船戸容疑者は日常的に虐待を加えていたことが明らかになってきています。 以前住んでいた香川県では、児童相談所から船戸夫婦は指導をうけています。 映像でご覧ください。 香川県の児童相談所から引き継ぎを受けた東京都は 先月家庭訪問をしたが、 会わせてもらえなったようです。 引用; 東京都でも児童相談所が家庭訪問しているようですが、船戸容疑者は虐待がばれるのを恐れ、 面会を断ったようですね。 このとき、会うことができたら、死なずにすんだかもしれませんね。 残念でなりません。 香川県の児童相談所が2回保護(2016年12月、17年3月)していて、船戸容疑者と妻に指導を行っています。 追記:6月15日23:00安倍首相が虐待防止の緊急対策 6月15日の関係閣僚会議で、安倍首相は虐待防止の緊急対策を指示しました。 会議で安倍首相は「こんな痛ましい出来事を繰り返してはならない。 子どもたちの命を守ることを何よりも第一に据え、全ての行政機関があらゆる手段を尽くすよう、緊急に対策を講じてほしい」と述べました。 引用; 追記:6月8日21:50 虐待の内容について、次々に明らかになる新事実や、児童相談所の対応について小池都知事の動きなどは を参考に。 更新情報 追記:6月11日18:35部屋から生活ルール書かれた紙が見つかる。 結愛ちゃんの部屋から、「べんきょうする」「 ふろをあらう」など、およそ20項目の生活のルールが書かれた紙が見つかっていたことがわかりました。 船戸容疑者は、「勉強を先にやれと言ったのに、寝ていたので暴行した」と供述していて、警視庁は結愛ちゃんが日常的に厳しいルールを課されていたとみて調べています。 引用; 5歳の子に風呂を洗わせるなどありえないですよね。 子どもの自立を願ってではなく、虐待の一種としてでしょう。 追記:6月22日23:40「もうご飯たべられない。 」 結愛ちゃんは亡くなる数日前、食事をのみ込めなくなるほど衰弱していたことが明らかになった。 「もうご飯を食べられない」。 捜査関係者によると、結愛ちゃんは3月2日に死亡する数日前、食事を与えようとした母親の優里容疑者(25)(保護責任者遺棄致死容疑で逮捕)に弱々しく話したという。 引用; 出典; 追記:8月14日18:40 結愛ちゃんの実父方の祖父のコメント 「児童相談所が強制的に結愛を確認していれば死ななかった。 様子を見に行って確認できませんでしたと帰ってくることがおかしい。 新聞の勧誘やないんやけ。 新しく法律や制度が変わっても建前にしか思えん。 すでに児相というシステムがあるのに、なんで助けられんかったんや」 と祖父は吐き捨てる。 さらに両容疑者について、 「 雄大も優里も殺してやりたい。 殺せるもんなら殺してやりたいよ。 結愛が感じたのと同じか、それ以上の恐怖を与えてやりたい。 どれだけ怖かったんやろうか。 毎日そんな恐怖が続いていたなんて……」 引用;週刊女性 〇追記:3月4日18:20 外出できないように結愛ちゃんの靴がない 結愛ちゃんは去年1月以降、自宅から外出したのが一度しか確認されていませんが、その後の捜査関係者への取材で、自宅から結愛ちゃんの靴が見つからなかったことが新たに分かりました。 結愛ちゃんが勝手に外出しないよう、靴を置いていなかったとみられています。 引用; 亡くなって1年たちますが、3日、香川県で墓参りをした結愛ちゃんの曾祖母・美恵子さんは、苦しい思いを語りました。 出典; スポンサーリンク ネットの反応 虐待で亡くなった、船戸結愛ちゃん(5さい)が亡くなる前にノートに書いていた文字を聞いて大号泣してる。 小さいのに、ゆるしてゆるしてって書いてたり… ホントに勘弁してくれよ… どんな気持ちで書いたんだろって考えると、子を持つ親としては辛くて耐えれん。 頼むから親は極刑にしてくれ。 警視庁捜査一課は3日、結愛ちゃんを虐待、傷害容疑で父親の船戸雄大容疑者を逮捕 この結愛ちゃんの書かれたノートの中身を先程聞いたが、泣きそうだ。 — ブラハチ nDcb68rdFRorbOv 船戸結愛ちゃんの事件、親はクソすぎるのはもはやほんとにクソすぎるから置いといて、行政はイカれているのか、品川にしろ香川にしろ、目黒にしろ、そしてもっと強制的にでも保護できる制度にしろよ、あまりに可哀想すぎる。 このような事件でいつも思うのですが、今もどこかで誰かが虐待を受けているのかと思うといたたまれなくなります。 結愛ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。 — kenzikana kenzikana 本当にこれ酷すぎる…。 結ぶ愛って、名付けた親だよね???ねえ、どんな思いでその名前を付けたの???? そして結愛ちゃんは虐待受けながらもママとパパのことが大好きだったんだよね…と思うと本当に苦しい。 代わりに謝りたいよ本当に。 本当に辛かったね。 ご近所付き合いが薄れていく今の時代。 今、この時間も、虐待されている子がいます。 「何かが変」そう思ったら、児童相談所全国共通ダイヤル 189 へ電話してください。 あなたの電話が、命を救う。 — しずく 固ツイRT拡散お願い致します Shizuku0074 亡くなった女の子がかわいそうという声が多く、同じ思いを抱かざるをえません。 この手紙を読んで、涙がとまらない方は多いのではないでしょうか? あまりにも子どもがかわいそうすぎますね。 児童相談所もアプローチをかけていたようですが、救うことはできなかったのでしょうか? 悔やまれてなりませんね。 亡くなった結愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

次の

船戸雄大・優里の顔画像特定!結愛ちゃんの泣ける手記全文と事件の概要!

船戸ゆあちゃん 手紙

・香川県善通寺市生まれ ・2016年4月、船戸優里(ゆり)容疑者と結婚。 ・2016年9月、長男誕生。 ・2016年12月25日、クリスマスの夜に長時間屋外に放置されている結愛ちゃんを偶然通りかかった警官が発見、児相に保護される。 児相に再び保護される。 ・2017年7月、雄大容疑者が「反省している。 なるべく可愛がるようにする」と約束し、結愛ちゃんが自宅に戻される。 ・2918年1月、一家は香川県善通寺市から東京都目黒区東が丘一丁目14-3サンハイム好2階に転居。 児相が引継ぎのため訪問するも、雄大容疑者が「以前、児童相談所によって家庭がめちゃくちゃになったので、子どもに会わせたくない」として面会を拒否したため、結愛ちゃんを確認できず。 ・転居以来約40日間、結愛ちゃんは外出もさせてもらえず、ひとりだけ別の部屋で寝起き。 自分で目覚ましをセットし、朝4時に起きて体重を量り、書き取りなどをさせられる。 ・結愛ちゃんは、朝食はスープ1杯、昼食は米を茶わん3分の1、夜は茶わん半分程度しか与えられず、冷蔵庫の前には、結愛ちゃんが開けられないように家具などが置かれていた。 ・早起きと栄養不良による衰弱のため、昼間眠ってしまった結愛ちゃんをみて雄大容疑者が激怒、殴る蹴るなどの暴行。 死亡5日前には顔面を殴って結愛ちゃんに重傷を負わせるが、それを見ていた妻の優里容疑者も病院に連れていくことなく放置。 ・2018年3月2日、結愛ちゃんは低栄養状態や免疫力低下で引き起こされた肺炎による敗血症で死亡。 もうすぐ6歳の誕生日を迎えるはずだった結愛ちゃんの体重は12㎏(2歳児の平均体重)、自力でトイレに行けなくなっていたため1歳の長男のおむつがつけられていた。 ・2015年、前夫(結愛ちゃんの実父)と離婚。 結愛ちゃん、二度目の保護時に「パパ、ママいらん。 前のパパがよかった」と語る。 ・2016年4月、妊娠5カ月で雄大容疑者と結婚。 同年9月に長男誕生。 ・「(雄大容疑者は)殴る前に風呂場に連れていき、冷たいシャワーの水をかけた」など、日常的な虐待を知っていながら結愛ちゃんを守ろうとせず、結愛ちゃんの極端な食事制限その他、虐待に加担していた。 コメント一覧 5• 2019年09月17日 16:11• 母親に懲役8年の判決が出ましたね。 ゆあちゃんのされたことを思えば、8年なんて軽過ぎる。 父親は極刑にしてほしい。 りり-匿名• 2018年06月09日 20:17• 5歳の幼児がこんなにも文章を書けるなんて驚きです。 そしてその内容は涙なしには読めません。 なんで助けられなかったのだろうか?結愛ちゃんの死はすべて大人の責任です。 私には2歳になる孫がいます。 その子の体重は結愛ちゃんとほぼ同じです。 本当に助けてあげたかった、生きていてほしかった、ただただその願いが消えることはありません。 2018年06月08日 21:37• あかん、あの手紙読むと何度でも泣いてしまう・・• 2018年06月07日 11:15• さん、コメント有難うございます。 私も記事を書くためにいろいろなニュースサイトなどで調べているうちに怒りと悲しみが湧いて来て、昨日はなかなか寝つけませんでした。 小さな子供がどんな思いでこの「反省文」を書いたのか、また書かされたのかと思うと胸が締め付けられるような気持ちになります。 自分の子供時代を思い返してみても、5歳の幼稚園児が、自分で目覚ましをかけて朝4時に起き、読み書きを勉強し、絶対にもう遊びません、何でもちゃんとできるようにしますから許して下さいなどと書かざるを得ない状況というのは想像を絶します。 いつもおなかをすかせていてガリガリに痩せ、給食を貪るように食べてなんとか生きてはいても、力を持て余した大人の暴力に抗うすべはなかったということですね。 出来るならこの継父も母親も量刑を割り増しして厳罰を与えて欲しいと思います。 児童相談所に出来る事にも限りはあると思いますが、もっと何とかならなかったのかと……本当に残念でなりません。 おおとら• 2018年06月07日 08:17• 悲しすぎて、何度もいろんなところからさがしだしているが、涙がですぎてしまう。

次の

力で組み伏せた“理想の家族”は地獄だった 結愛ちゃんを虐待死させた父親に本日判決 法廷取材で見えてきた事件の真相【フジテレビアナウンサー島田彩夏】

船戸ゆあちゃん 手紙

「ママ もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりももっとあしたはできるようにするから もうおねがいゆるして ゆるしてください」 わずか5歳の女児が覚えたばかりののひらがなで書き残した言葉だ。 今年1月から死亡するまでの間に書かされたとみられている。 東京・目黒区の船戸結愛 ゆあ ちゃん 5 が両親の虐待の末に死亡した事件で、警視庁は父親の無職、船戸雄大容疑者 33 を保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者 25 も同容疑で逮捕した。 食事はスープ1杯、真冬のベランダに放り出し 結愛ちゃんは今年(2018年)3月2日、意識不明の状態で病院に搬送され死亡が確認された。 体重は5歳児の平均20キロの約半分の12キロしかなかった。 顔には殴られたアザがあった。 食事は、朝はスープ1杯、昼はお椀に3分の1のご飯、夜はお椀に半分のご飯だけだった。 1日1食の日もあった。 冬の寒い日に水を掛けられたり、ベランダに出されたりすることもあり、足に重度のしもやけの痕が残っていた。 雄大はしつけと称して、目覚ましをセットして毎朝4時に起き、体重を測って記録し、大学ノートにひらがなを書かくことを強要していた。 反省文のような言葉はその時に書いたものだった。 事件を発表した警視庁捜査1課長も、あまりの痛ましさに目頭を押さえながら結愛ちゃんの言葉を読み上げたほどだった。 ここまでひどい児童虐待の実態 児童相談所に勤務した経験を持つ心理カウンセラーの山脇由貴子さんはこう話す。 「虐待されている子どもが、どれだけ辛い思いを抱えているか。 家庭内のことなのでそれを想像できる人がなかなかいないのですが、その酷さが多くの人に伝わったのではないかと思います」 三浦瑠麗 国際政治学者 「 結愛ちゃんは うちの子と同じ年。 親が自分をもう一度愛してくれんじゃないかと信じて書いたと、私には読めます。 それが一番罪深い」 山脇さん「児童相談所で働いていた時に、反省文を書かされた子ども、書かせた親にたくさん会ってきました。 あなたが悪いから叩いている、いい子にすれば叩かないんだよと本人に思い込ませる。 支配するための常とう手段です。 反省文を書いているから虐待ではないという構造になっていたと思います」 外部サイト.

次の