四方 木 ふみ。 四方木不動滝自然観察園|千葉県の秘境

【ASMR】四方木ふみ🌿(@yomogi_fumi)のプロフィール

四方 木 ふみ

広告 千葉県の鴨川市には幾つもの隠れた名所が眠っている。 その中で個人的に 最もお気に入りのスポットを今日は紹介しようと思う。 山奥でひっそりと流れる秘瀑 名前は 四方木不動滝。 「よもぎふどうたき」と読むここは、高さ10数メートル、幅5メートル程の滝がある。 OpenStreetMap and contributors CC-BY-SA これだけならただの滝で大した面白味も無いのだが、 魅力的なのは手軽さと 周辺の雰囲気なのだ。 千葉県道81号線市原天津小湊線から1本の作業道を1キロ程走ると、小さな駐車場がある為、 車を停め遊歩道の階段を下ると目の前に滝が現れる。 日常から切り離され、 別の空間にでも来たかのような、 そんな不思議な場所なのである。 四方木集落へ 千葉県道81号線市原天津小湊線を北上していくと、案内がある。 看板にもあるように道幅はかなり狭く、対向車とすれ違うことの出来るスペースはほぼない。 かなり狭い為車で行かずに、 近くの駐車場に停めることを 勧める 看板まである程だ。 運転に自信が無い方は無理せず、近くの ふれあい館の駐車場に停めて歩いた方が無難である。 それでも車で行くという ツワモノの為に、 ドラレコの画像で 道を案内致しましょう。 マジで狭い!辛うじて舗装された狭隘路 まず県道から曲がり脇の道を入ると いきなり怪しい雰囲気の道になる。 まだ朝だというのに日が当たらないからこの暗さ。 なんか出てきそうだな。 付近は「四方木」という集落があり、民家が何軒か見て取れる。 本当に「ザ・田舎」という雰囲気の場所で、この時間でもラジオから流れる番組や、何かを燃やすにおい、小道を行き交う軽トラなど、こういった所でしか味わえない風景が詰め込まれている。 好きだな、なんか癒される。 右にある方の道へ入る。 何やら黄色に赤と黒というハイコントラストな看板が置かれているな。 それが、この看板。 「道幅狭し!交互通行不可」とハッキリ書かれている。 確かこうやってドライバーをドキリとさせる文言を入れるだけでも、大抵のドライバーに回れ右させるくらいの効力があるだろう、一般的には。 不知火は一般的では無いドライバーなので、普通に相棒TTで奥へと進む。 路面としては舗装されている道ではあるのだが、どちらかというと コンクリートで簡易舗装された 作業道といった道。 いよいよ引き返せないような道路状態に変わって、辺りの感じがどんどん秘境染みて来る。 良い感じにテンション上がってきた! ここで転回出来るスペースが現れる。 自信が無ければここで引き返すことも可能だ。 ここは個人的に不動滝へ行く道のりで 最も気を使うカーブだ。 完全にブラインドであり、先が見えない為 ライトを点けていない 対向車が来たら本当に分からない。 慎重に曲がっていく。 2か所目の離合ポイントとなる。 離合出来る場所は全部で3か所くらいしかなかった筈だ。 ガードレールをよく見るとあちこち車が擦った跡が見受けられる。 軽自動車で行った方が良いのは間違いないのだが、車両感覚が無ければ例え軽自動車でも擦ってしまう。 それに個人的にガードレールは圧迫感を感じるのでいらないとも感じてしまうんだよな・・・・。 駐車場に到着。 あまり広くは無く、停められても6台が限界だ。 相棒TTを駐車し、高台から撮影。 何気に駐車している場所は嫌らしい傾斜になっていて、ギッチリサイドブレーキを引いておく必要がある。 凸凹と波打ったコンクリートの路面はスリップ防止には役立つかもしれないが、走行時にガタンガタンと大きく振動する要因になり得るので、あまり好きにはなれない。 滝入口も絵になる!不動様の祠 不動滝への入口前に不動様の祠がある。 かなりこの場所はお気に入りで、 何度も撮影場所に選んでいる。 ある時TTを車検に出した時代車でA5Sportbackを借りたことがある。 TTより幅は若干大きく、長さはかなり長かった為緊張したのは言うまでも無い。 ディーラーにも「新車なんですよ」と言われて、暗に「ぶつけるなよ」って言われてる感じがして身が引き締められる思いがしたのを覚えている。 それでわざわざ代車でこんなとこ来る辺り、どんだけ秘境好きなんだよって自分でも思ってしまうな。 秘境感満載な隠れ名所 この写真を撮った日はちょうど雨が降っていた。 千葉県は標高500メートル以上の 高い山が無い為、 川の水は雨が降らない限り 量が本当に少ない。 しかし ひとたび雨が降れば 見応えのある滝に変貌するのだ! 勿論このように例え水量が少なくても、 紅葉の時期は 絵になるスポットになるのは間違いない。 紅葉具合調査記録 ちなみに 2015年に紅葉の具合を調査したことがある。 3週連続で 四方木不動滝へ足を運び、 いつが最も見頃なのか比較したものだ。 上の写真を見ると 11月下旬がピークであることが分かると思う。 千葉の紅葉は 他県に比べると比較的遅く 12月上旬が見頃、 なんて場所もあるくらいだ。 不動滝周辺は気温が低い為、他県と同じように割と早い紅葉なのかもしれない。 もし不動滝の紅葉が見たいということであれば11月下旬を狙って行くことをオススメします。 終わりに 千葉県鴨川市が誇る秘境スポット四方木不動滝。 規模は小さいながらも存在感のある良い雰囲気の滝だと僕は思っている。 是非、紅葉の時期に行ってみてはいかがだろうか。 関連する記事• 2018. 05 「樹海ライン」という名称の道路をご存知だろうか?国道352号線にある区間の愛称で、新潟県魚沼市から福島県檜枝岐村にかけて続く約74kmの酷道である。 こ[…]• 2018. 10 マニアックながら着実にその存在感を増している秘境。 一般的な観光地に比べると手が出しにくく、不安要素の大きいジャンルでしょう。 今回は僕が訪れた秘境関連の[…]• 2018. 28 滝には伝説が付き物である。 滝というスポットが神秘的な雰囲気を持つことに由来するものと思われるが、今回ご紹介する田代滝についてもそれは例外で無い。 昼なお[…]• 2019. 10 確かに動物と遭遇するケースは多い。 山間部では見慣れた出来事だが、市街地においてもそれは例外では無い。 2019. 16 他の都道府県と比べると千葉県は酷道や険道のレベルが低い。 整備が比較的行き届いているとも言えるのだが、その考えられる理由は、冬が温暖なこと、急峻な地形が[…]• 2018. 14 「樹海ライン」という名称の道路をご存知だろうか?国道352号線にある区間の愛称で、新潟県魚沼市から福島県檜枝岐村にかけて続く約74kmの酷道である。 こ[…]• 2018. 13 千葉県にはアジサイの楽園があるのをご存じだろうか?お寺の住職が法華経の6万字超の文字数を目標に植え始めたアジサイは2万株を超える。 見渡す限りアジサイの[…]• 2018. 22 どこまでもどこまでも続くような、長い長い隧道。 とてもロマンがありますよね。 新潟県には素掘とコンクリートとが連続して現れる超絶に長い隧道の県道が秘められ[…]• 2019. 26 多くの人が一度は耳にしたことがある「天城越え」。 一般的に旧国道414号線がそれに当たり、文学においては数々の作品でその舞台とされ、今日でもハイキングや[…]• 2019. 06 滅多に人の訪れない場所、秘境。 マイナーなジャンルながらも密かな人気を誇り、存在が確立されつつあります。 ですがその秘境探索で、必ず心掛けて欲しい四箇条が[…].

次の

ふむのファンアート集

四方 木 ふみ

皆さん、幼なじみっています? 私は、いるといえばいる。 団地育ちだったから近所に子どもも結構いて、幼児や小学校の頃から知り合いの同級生も男女両方含めて10人弱はいた。 しかーし、24歳になった今はもうほとんど付き合いがない。 一部を除いてほぼ全員と疎遠になってしまった。 ま、みんな仕事だなんだで忙しいからね……。 そんなちょっと寂しい人間関係を築いている緒霧は、夜な夜なYouTubeでシチュエーションボイスの動画を漁って聴く日々を送っていた。 最近検索しまくっていたのは、幼なじみ系の女性向けボイスだ。 投稿主さんが幼なじみになり切って会話してくれるだけの健全なものから、いちゃいちゃしてくるR18系のものまで、ありとあらゆるものを漁っていた。 その中で、めちゃめちゃエモいASMRシチュボイスを見つけたから紹介させてほしい。 全年齢向けのほのぼの動画なのでご安心を。 動画を見る前に概要欄を確認すると、オチまで聞いてみてくださいと書かれていた。 ……オチがあるの? え、何?(この記事の後半でオチもネタバレするのでご注意ください) 話は男子高校生がグラビア雑誌を読もうと部屋に入ってきた……というシーンから始まる。 部屋には謎の不審者が。 よく見ると幼なじみの女の子が勝手に部屋に入り込んで寝ていた。 この動画は、この2人がだらだらとお喋りするというボイスなのだ。 四方木さん)がずっと話しかけてくれるということなのだけど、私はそういうときいつも第三者目線で聞いてます、天井に貼り付いてる設定です。 ) 3階なのにどうやって部屋に入ったのかという問いに、木登り得意だからーと答える女の子。 やんちゃか。 自由か。 思わず男の子も「危ないよ……」と言ってる。 ちなみにこの女の子がなかなかの暴君で、男の子に太った?と言われて暴力を振るったりしている。 頑張れ男の子。 2人のとりとめのない雑談は、小学生時代のアイスの思い出話に。 ガリガリ君の当たり棒を男の子だけが引き当てて、喧嘩になったことがあったらしい。 コンビニで女の子が選ぼうとしたガリガリ君を男の子が先に取ったから当たり棒は私のものだという主張をして揉めたのだと。 その主張、まさに暴君。 結局当たり棒は交換しないという結論で収まったそう。 仲直りするには賢い選択な気がする一方で、ちょっともったいないような。 最近は何のアイスを食ってるか、という話題にもなるのだが、女の子はパルムやハーゲンダッツ食ってるらしい、リッチやな。 男の子はアイスの実。 私個人の話なんだけど、アイスの実を食べるときは、舌の凍傷に気を付けてほしい。 昔めちゃくちゃ痛い思いをした私が言うんだから間違いない。 上手に食べてくれ。 そんな私のおすすめはパナップです。 その後、いくつかの話題に移り変わり、男の子が読もうとしていたグラビア誌の話になったりする。 雑誌の取り合いしたり過激だ過激じゃないで言い合ったり女の子のきっついビンタがさく裂したり(暴君ポイント)、非常に可愛いやり取りの見どころシーンである。 ところでこの女の子、いったい何の用事でやって来たのか。 ここらへんでオチとは何なのかと急に気になりだす私。 女の子だと思ってたけど実は男だった? 実は女の子がグラビアアイドルデビューしていて雑誌に載っているとか? ぜってー違うだろみたいな予想がぐるぐると頭の中を回る。 なんで来たのかまったく思い当たらない男の子に、むくれる女の子。 なんと本日、女の子の誕生日だった。 おめでとう! オチってこれのことかな? 覚えといてやれよー! あんたに祝って欲しくて部屋に来たんじゃん! かわいそうだろー! プレゼントを要求する女の子(暴君…?いや正当な要求か。 誕生日だもんな)に、誕生日を忘れていたため渡すものがなく困る男の子。 やがて渡すものを思いついた男の子はちょっと待ってとそのブツを探し始める。 そして、はい、と差し出されたのは…… 小学生のときに喧嘩の元になった、あのアイスの当たり棒だった。 エモい。 エモエモエモエモエモエモエモエモい(エモすぎて狂う緒霧)。 オチってこれか。 これかあーーー!!!! 好き!!!! あの夏の日の思い出の品がここでよみがえるとはな……。 そして2人は今から交換しに行こうやとコンビニへ向かうのであった。 シチュエーションボイスってあまりオチやストーリーは作りこまれず、キュンとする台詞とかが重視されるものが多いイメージだけど、これは一味違った。 甘酸っぱい短編小説かラジオドラマを堪能させてもらったような満足感。 今回はざっとあらすじを書いただけで、本当はくすっと笑えるポイントや女の子の暴君ポイント、それに押され気味な男の子の気弱かつ優しい人物像なんかが余すことなく表現されていて、すべてをここには書ききれなかった。 そういった素敵な台本に、四方木さんの低めで落ち着くボイス(コメント欄では菅田将暉の声に似ているという文章をいくつかお見かけした)によるとても自然な演技。 気になる人はぜひ聞いてみてほしい。 ていうか、あの当たり棒をなんだかんだで数年かけて我が物にした女の子、やっぱ暴君(褒めてます)。 * ところでこの四方木ふみさんという方、初見だったのだけどどういう人なのだろうと思っていたら、ツイッターを発見した。

次の

【女性向けボイス】第2話保健室の先生「くつろいでる先生にカタモミしたり雑談したり…」【ASMR/四方木ふみ】 / Autonomous Sensory Meridian Response

四方 木 ふみ

生理痛のときにすっかりお世話になった(苦笑)、ASMRのふみ先生。 今回初めてボイスではなく、を聴かせていただいたのだけれど、、いやいや、これ、個人的にはシチュボよりも遥かに面白いではないかーーー!!!声質も、甘えたテイストよりもルで落ち着いた感じの方が断然素敵だし。 しかし、この配信時間、どうよ!? まずこの長さに驚愕したのだけれど、聴いて納得。 リスナーさんの質問ひとつひとつに、あの丁寧さと熱量で回答してたら、そりゃ、そうなるわな(感嘆)。 なんていうか、思考と愛情の非常ーーに深い方なんだなあ…と推察する。 交際相手には「重い」と言って振られることが多いとのことだけど、…ん~「重い」という言葉の解像度をあげていくと、「ふみ先生があまりにも完璧すぎて、自分は釣り合わないのでは?」と引け目に感じてしまう、「これだけの愛情を受けて、自分はどれだけのものを返してあげられるんだろう?」と恐れ多くて気後れしてしまう、といったところのような気がするんだけど、どうだろう??(よけいなお世話w) まあ、何にせよ、きっと離れていった彼女さんたちは、なんらかの多大なプレッシャーを感じ取ってしまったんじゃないかなあ。。 完全に搾取体質の女性だったら、絶対にふみ先生のことを手放したりしないだろうけど(苦笑)、そういうゲスい女性は、相手にしないだろうからね。 つまり離れていったってことは、元カノさんたちは、皆いい人だったんだよね。。 あ~、なんか、切ない~。 (注:完全な憶測ですw) 思考内容に関しては、大きく共感するものもあれば、ん???って思うこともあり、それら全部ひっくるめて、とっても興味深い。 とにかく、これだけ語れる何かを持っているっていうのは、やっぱりふみ先生、只者じゃないな! 思慮深くて、お料理が出来て、ギターまで弾いちゃって。。 シチュボではわからなかったふみ先生の正体が明るみになるにつれ、リスナーさん(通称:ふみリスさん)から、「製造機」なんて言葉も飛び出す始末。 ひぃ~~~、と同等の罪深さだよ~~~!!(涙) …と、これに関しては、完全部外者ながらも、ちょっと考え込んでしまうな。 私みたいな既婚者のオバさんが、エンタメとして聴くぶんには、これ以上にない優良コンテンツなんだけど(苦笑)、妙齢の若いお嬢さんたちが、リアルを放り出してボイス配信者に、っていうのは、、非常ーーーにもったいない!!としか言いようがない。 ふみ先生自身が、リアルで恋をしていないのは、「今、仕事最優先の自分が、の妙齢の女性の時間を奪うことに罪悪感があるため、」と表明していたけれど、奇しくも結局このネット界で、不特定多数の女性に対して間接的に心を奪っちゃってんだとしたら、なんだかやりきれないよな、、。 世の中では絶賛不倫バッシング中だけど、やっぱりね、結婚したら当然自由恋愛はできなくなるんだよ。 でもさ、人の心なんてコンできないもんね。 だから、ならもう仕方ない、と言えばそれまでなんだけど、ただただなんともいえない気持ちにはなってしまうかな。。 若い時はその若さの素晴らしさ・有限さに無自覚なものだからなあ。。 しているふみリスさん。 きっとピュアで一途な、素敵な女性なんだろうなあ、と想像します。 でもさ、こょっとズルくなって、ふみ先生とリ愛の二股しませんか?(苦笑)長い目でみればそのほうがいいと思う。 siosujiko.

次の