ラグドール 価格。 ラグドールの性格や特徴は?飼い方のコツや寿命、病気について解説!

ラグドールをペットに!毛色、性格、値段、飼い方など徹底解説

ラグドール 価格

Contents• 基本的に必要な費用 基本的に必要だと思う費用をまとめていきますので、参考にしていただければと思います。 キャットフード 製品によって値段に大分差があるのがキャットフードです。 ドライフードもウェットフードも、安いものから高いものまで幅広く市販されています。 ですが、折角シルクの様な滑らかな被毛を持ったラグドールですので、健康で、つやつやの毛でいて欲しいと思われるのであれば、ある程度は原材料に拘ったキャットフードを与えてください。 市販のキャットフードの原材料表記では、 最も多く入った原材料が一番最初に表記される事になっています。 例えばこのように表記されています。 ここがより自然に近いもの、チキン生肉等の表記になっているものを購入されるのが良いですね。 このあたりのドライフードだと、400~500g入りで約1000円~1500円程度、2kg入りで2000円~4000円程度のものになります。 2kgで大体1か月分とお考えください。 ラグドールは体が大きいので、これに加えてウェットフード時々織り交ぜたり、おやつをあげるという様な、エサの与え方になるのではないかと思います。 そして最も重要なエサのポイントですが、このサイトではあまり おススメしたくないのが、 穀類、混合肉等が一番最初に表記されているキャットフードです。 猫ちゃん自身にキャットフードを選択する事は出来ませんから、飼い主がちゃんと合ったものを選んであげなくてはなりませんね。 原材料が最低ラインのポイントとして、後はそれぞれのエサの特徴を生かして、何を重視したいのかを考えて選んでいけば良いと思います。 小粒で食べやすい• 健康的で小粒なうんちになる• ドライとウェットどちらの品揃えもある• 定期便で自動的に配達してくれる• 送料無料になる配達方法がある なによりも「ピュリナワン」ですと、最高級品というようなエサとは違うのですが、原材料的には十分に満たしたものでありながら、 2kgで1880円というコスパの良さはかなり魅力ではないでしょうか。 そして何よりも定期便購入が出来るということは最も便利で安く、手間のかからない方法と言えます。 トイレ 使うトイレの種類により維持コストも大きく変わります。 また、トイレについてはラグドールだからという縛りもありません。 ただ、トイレのサイズについては 最低8kg用以上の大きなトイレが必要です。 それを基準に考えますと、5~8リットルタイプで500円程度で1ヶ月と考えて頂ければ良いですね。 但し、システムトイレ、全自動トイレになりますと、おしっこシートが別途必要になります。 おしっこシートは10枚入りで700円程度、1枚で1週間もちますので、1ヶ月では300~400円程度という費用になります。 ここまでが最低でかかる費用です。 その他に、あえて計算するならば、水の費用になります。 水は出来る限りは人間と同じものを与えるとして、月に4リッター程度は必要と考えてください。 つまり、水を飼育費用と考える場合、月200~300円程度になります。 それ以外にかかる費用 ここまでが生きていく為の最低ラインの費用として、それ以外にはどのような費用がかかるのか説明します。 爪とぎ用具 爪とぎ用具は、何を用意されたかによりますが、 ダンボール地タイプのものですと1ヶ月もしないうちにボロボロになります。 本サイトでおススメしている 麻縄タイプのものですと、半年くらいは使えます。 勿論、限界まで使うことは出来ますので、一概に言えないのですが、費用としては考えておかなければならないものになります。 ダンボール地タイプですと、300~1000円程度で市販されています。 麻縄タイプですと、色々な種類があるので、どのような種類のものを購入されたかによって変わってきます。 実際にダンボールタイプは安価に入手できるので、我が家の場合は通販とかでセット購入をしています。 我が家のSherryちゃんを見ていると、 ダンボールで基本的な爪とぎをして、麻縄タイプは遊びとセットで爪とぎ、のような使い方をしているみたいですよ。 殺菌消臭スプレー・しつけ用スプレー これは使う人、使わない人もあるかと思いますが、殺菌消臭スプレーについては、 猫ちゃんが舐めても大丈夫なタイプのものであれば、おススメ出来ますね。 例えばトイレの掃除をした後で、さっとスプレーしておく等の使い方で、殺菌とニオイを抑えてくれますので、使う人にとっては重宝する商品になります。 1本700~1200円程度です。 爪切りと肉球の間の毛のカット この費用は、爪切りは自分でするという方には必要の無い費用になります。 ペットショップ等で爪切りをされるのであれば、目安として月2回、1回500円程度になりまして、1ヶ月は1000円程度になります。 ラグドールは長毛種の猫ちゃんであり、各被毛のお手入れはとても大事です。 肉球間の毛もしっかりと伸びてきます。 肉球間の毛のカットは、日本人の住環境が床面フローリングが主流の昨今、 重量のあるラグドールが滑って怪我をしないためにも必要です。 これもペットショップ等でお願いする場合、月1回500円程度になります。 ノミやダニ、シラミへの対策費用 長毛種のラグドールにとっては、ノミやダニ対策も必要です。 市販の対策品には様々な種類のものがありますので、迷われる事と思いますが、現在最も有効な対策法として、ある意味これしか無いという薬があります。 まずは動物病院へ行き、「 フロントライン」と言ってください。 現在殆どの動物病院では、ノミやダニの対策には、「フロントライン」を使います。 これは猫ちゃんの首の背面(舐められない場所)へ塗布する事で、体全体へ効果が広がる薬です。 これは動物病院で処置してもらう薬となり、月1回の処置で1000~1500円程度です。 動物病院によって差はあります。 ところが「フロントライン」は、ペットショップ等で買う事が出来ない薬ですが、なぜか、 WEBでは流通しています。 流通しているのは「 フロントラインプラス」という薬で、「フロントライン」へ効能が追加された薬になります。 WEBで「フロントラインプラス」と検索すると、amazonや楽天市場、ペットゴー等で販売していますので、これらを購入して、ご自分でされても良いですね。 3本入り、6本入り、9本入り、12本入りの4種類が流通しており、2箱セット等の購入により、1本あたりの単価を抑えることが出来ます。 1ヶ月1本使用で、600~900円程度の単価になります。 塗布するだけなので、いたって簡単です。 現在、動物病院で使用している薬も「フロントラインプラス」です。 食用の薬としても、「ネクスガード」、「レボリューション」などの薬がありますが、使いやすさとしては、「フロントラインプラス」をおススメします。 ペット保険代 ペットに保険?と思われる方もいると思いますが、ペット保険はとても大事です。 家族の一員として暮らすペットは、もしも何かあった時に健康保険は適用されません。 健康保険制度は人間のための制度だからです。 あるアンケート調査では、猫ちゃんを飼っている人の30%以上が、 年間の治療費を3万円以上払っているという結果が出ています。 治療費の内訳については、治療内容によって差がありますので一概に言えませんが、病気を患った猫ちゃんの年間治療費が50万円以上であるとか、心臓病を患った猫ちゃんの治療費が検査と内服薬代で毎月2万円程度かかっているといった話は良く耳にします。 ペット保険にも様々なタイプのものがあります。 補償割合が50%~100%、補償最高額は50万円~100万円のものまで、一般的には通院、入院、手術がセットになっていて、それに各社の特約が入ります。 月額700円~3000円まで幅広い価格帯となります。 万一のときに充分な医療が受けられるよう、ペット保険をおススメします。 動物病院にかかる費用 猫ちゃんと暮らしだすと、意外に身近な存在になるのが動物病院です。 お近くで良い動物病院を見つけたら、まずはカルテを作っておきましょう。 その後、健康診断や予報接種等、定期的に行ったほうが良い事、緊急時に診断してもらう費用など、医療費は意外とかかってきます。 特に健康保険が適用される人間の感覚でいると、とんでもない事になります。 直ぐに2000円、3000円というお金が飛んでいきますので、それなりに覚悟が必要です。 また、万一大きな病気を患ってしまった場合には、数万円〜数十万円という事態になりかねない事を知っておいて下さい。 まとめ 1ヶ月にかかる費用を大雑把にまとめると、このくらいです。 それぞれの価格差はありますが、目安として頭に入れておく金額としてお考えください。 キャットフード 3500円 トイレの砂 500円 おしっこシート 400円 爪とぎ用具 500円 爪切り・毛切り 1500円 フロントライン 900円 ペット保険 1500円 ざっくり合計 約9000円 これ以外に動物病院にかかる費用と考えておけば、概ね外すことはありません。

次の

【楽天市場】ロイヤルカナン FBNラグドール 2Kg

ラグドール 価格

ラグドール 英語名 Ragdoll 原産国 米国 公認団体 CFA・TICA・FIFe・GCCF 毛種 長毛種 ふさふさとした、白く長い毛とブルーの瞳が印象的なラグドール。 その名も「ぬいぐるみ人形」という意味をもつほど、おだやかで人に抱かれるのが大好きな猫です。 体は大きくなりますが、飼いやすさからも大人気のラグドールの特徴や性格、歴史やかかりやすい病気について、ご紹介します。 ラグドールの魅力 白くてふわふわした長毛と、輝くブルーの瞳が優美なラグドール。 体は大きくて、心やさしいラグドールは、人好きで比較的動きも穏やかで、お手入れも楽と、飼いやすい猫です。 存在感のある大きさと、抱っこも好む順応性の高さゆえ、新しめの猫種ではありますが、既に広く人気を博しています。 これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。 人に抱っこされると、喜んでリラックスします。 穏やかでのんびりしていて、おとなしい性格です。 スキンシップやコミュニケーションがとりやすく、体は大きいですが、 初めて猫を飼う人でも飼いやすい猫種です。 体重もあるたくましい猫種ですが、狩りには不向きで、ほとんど興味を示しません。 ラグドールが痛みに強いといわれることもありますが、これには根拠がなく、間違いであることが証明されています。 体重 4. 生まれた直後は全体的に白く、少しずつ遺伝子がもつ本来の毛色とパターンが現れます。 毛質は、全体的にやわらかくなめらかで、美しい毛が特徴です。 長さがあるわりにはもつれにくく、抜け毛も少なめなので、長毛種ですが、 お手入れは比較的楽でしょう。 迎え入れ方、価格相場 愛猫の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護猫などさまざまな方法があります。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 排泄物に含まれる菌が口、鼻経由で感染する 「猫遺伝性腹膜炎(FIP)」 ・ 皮膚の良性腫瘍で、頭や首にイボのような腫瘍ができることが多い 「基底細胞腫」 ・ 尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる 「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」 ・ すい臓に炎症が起き、食欲不振や沈鬱、腹部疼痛を引き起こす 「膵炎」 ・ 膀胱と尿路に起こる問題のことで、膀胱炎や尿石症など 「下部尿路疾患」 ・ まぶたが内側に折れて入り込み、眼を刺激して目ヤニや涙が多く出る 「眼瞼(がんけん)内反症」 ・ 胃や腸など消化器官内に毛玉ができ、詰まってしまう 「毛球症」 ラグドールの飼い方 ポイント(1)スキンシップ好きな人向け ラグドールは、とても人なつっこい性格なので、 一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人や、スキンシップが好きな人が向いているでしょう。 長毛猫なので、まめなブラッシングなど、お手入れをすることが苦にならないタイプがベター。 とても飼いやすい猫なので、猫飼い初心者でも心配ないでしょう。 猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。 ラグドールは、去勢したオスだと10㎏を超えることが多い大型猫です。 部屋は多少余裕があるほうが嬉しいでしょう。 留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、 誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。 一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。 フードのパッケージの裏に 総合栄養食と記載されているものを選んで。 猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。 「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。 ポイント(4)抱っこが大好き! ラグドールは、人とのコミュニケーションが大好き。 あまり活動的ではないので、じゃらしおもちゃなどよりは、スキンシップを中心に遊んであげるといいでしょう。 抱っこはとくに喜ぶ傾向が。 また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。 猫ができるだけ自由に活動できるよう、猫タワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。 そして、ある程度の年齢になったら、よく上る場所には行動の手助けになるよう、ステップを設置してあげるといいでしょう。 ポイント(5)換毛期にはシャンプーも ラグドールは長毛種ですが、 もつれにくい毛質なので、ピンブラシでブラッシングしたり、コームでコーミングをしますが割とスムーズにできます。 スキンシップが好きな猫なので、その一環として、手入れをしてあげるといいでしょう。 毛が激しく抜け変わる換毛期には、とくにマメにブラッシングをしたりシャンプーもおすすめです。 長毛種はお尻まわりが汚れやすいので、気になったら拭いてあげてもいいですね。 まとめ 猫種の中では体の大きな部類ですが、くりくりっとしたブルーの瞳、柔らかい毛、ずしりと重いが人の腕に抱かれるとだらりと脱力する姿から、「ぬいぐるみ」の意味であるラグドールと名付けられました。 ラグドールは、現在知られているなかでも、比較的新しい猫種ですが、その歴史は複雑です。 ラグドールの起源については諸説ありますが、確かなのは1963年にカリフォルニア州リバーサイドでその歴史が始まったことです。 ブリーダーのアン・ベイカーが自分の飼い猫でバーマンに似たポイントカラーの猫と近所で飼われていたターキッシュアンゴラ風の長毛の白猫ジョセフィーヌと交配させ、オスのダディーワーバックス、メスのバックウィートとフジャンナという子猫をもうけました。 その後、ダディーワーバックスとバックウィートを交配させて産まれたポインテッドの子猫2匹が翌年、NCFA(全米愛猫協会)に初めてラグドールとして登録された猫となりました。 CFAでは、2000年にバイカラーの毛色のみが公認され、その後、2008年よりカラーポイントとミテッドのパターンが認められました。 サンフラワーキャットクラブセクレタリー、 ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。 著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

次の

ラグドールの販売価格・おすすめキャットフード・餌代などお金まとめ

ラグドール 価格

ラグドール 英語名 Ragdoll 原産国 米国 公認団体 CFA・TICA・FIFe・GCCF 毛種 長毛種 ふさふさとした、白く長い毛とブルーの瞳が印象的なラグドール。 その名も「ぬいぐるみ人形」という意味をもつほど、おだやかで人に抱かれるのが大好きな猫です。 体は大きくなりますが、飼いやすさからも大人気のラグドールの特徴や性格、歴史やかかりやすい病気について、ご紹介します。 ラグドールの魅力 白くてふわふわした長毛と、輝くブルーの瞳が優美なラグドール。 体は大きくて、心やさしいラグドールは、人好きで比較的動きも穏やかで、お手入れも楽と、飼いやすい猫です。 存在感のある大きさと、抱っこも好む順応性の高さゆえ、新しめの猫種ではありますが、既に広く人気を博しています。 これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。 人に抱っこされると、喜んでリラックスします。 穏やかでのんびりしていて、おとなしい性格です。 スキンシップやコミュニケーションがとりやすく、体は大きいですが、 初めて猫を飼う人でも飼いやすい猫種です。 体重もあるたくましい猫種ですが、狩りには不向きで、ほとんど興味を示しません。 ラグドールが痛みに強いといわれることもありますが、これには根拠がなく、間違いであることが証明されています。 体重 4. 生まれた直後は全体的に白く、少しずつ遺伝子がもつ本来の毛色とパターンが現れます。 毛質は、全体的にやわらかくなめらかで、美しい毛が特徴です。 長さがあるわりにはもつれにくく、抜け毛も少なめなので、長毛種ですが、 お手入れは比較的楽でしょう。 迎え入れ方、価格相場 愛猫の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護猫などさまざまな方法があります。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 排泄物に含まれる菌が口、鼻経由で感染する 「猫遺伝性腹膜炎(FIP)」 ・ 皮膚の良性腫瘍で、頭や首にイボのような腫瘍ができることが多い 「基底細胞腫」 ・ 尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる 「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」 ・ すい臓に炎症が起き、食欲不振や沈鬱、腹部疼痛を引き起こす 「膵炎」 ・ 膀胱と尿路に起こる問題のことで、膀胱炎や尿石症など 「下部尿路疾患」 ・ まぶたが内側に折れて入り込み、眼を刺激して目ヤニや涙が多く出る 「眼瞼(がんけん)内反症」 ・ 胃や腸など消化器官内に毛玉ができ、詰まってしまう 「毛球症」 ラグドールの飼い方 ポイント(1)スキンシップ好きな人向け ラグドールは、とても人なつっこい性格なので、 一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人や、スキンシップが好きな人が向いているでしょう。 長毛猫なので、まめなブラッシングなど、お手入れをすることが苦にならないタイプがベター。 とても飼いやすい猫なので、猫飼い初心者でも心配ないでしょう。 猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。 ラグドールは、去勢したオスだと10㎏を超えることが多い大型猫です。 部屋は多少余裕があるほうが嬉しいでしょう。 留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、 誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。 一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。 フードのパッケージの裏に 総合栄養食と記載されているものを選んで。 猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。 「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。 ポイント(4)抱っこが大好き! ラグドールは、人とのコミュニケーションが大好き。 あまり活動的ではないので、じゃらしおもちゃなどよりは、スキンシップを中心に遊んであげるといいでしょう。 抱っこはとくに喜ぶ傾向が。 また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。 猫ができるだけ自由に活動できるよう、猫タワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。 そして、ある程度の年齢になったら、よく上る場所には行動の手助けになるよう、ステップを設置してあげるといいでしょう。 ポイント(5)換毛期にはシャンプーも ラグドールは長毛種ですが、 もつれにくい毛質なので、ピンブラシでブラッシングしたり、コームでコーミングをしますが割とスムーズにできます。 スキンシップが好きな猫なので、その一環として、手入れをしてあげるといいでしょう。 毛が激しく抜け変わる換毛期には、とくにマメにブラッシングをしたりシャンプーもおすすめです。 長毛種はお尻まわりが汚れやすいので、気になったら拭いてあげてもいいですね。 まとめ 猫種の中では体の大きな部類ですが、くりくりっとしたブルーの瞳、柔らかい毛、ずしりと重いが人の腕に抱かれるとだらりと脱力する姿から、「ぬいぐるみ」の意味であるラグドールと名付けられました。 ラグドールは、現在知られているなかでも、比較的新しい猫種ですが、その歴史は複雑です。 ラグドールの起源については諸説ありますが、確かなのは1963年にカリフォルニア州リバーサイドでその歴史が始まったことです。 ブリーダーのアン・ベイカーが自分の飼い猫でバーマンに似たポイントカラーの猫と近所で飼われていたターキッシュアンゴラ風の長毛の白猫ジョセフィーヌと交配させ、オスのダディーワーバックス、メスのバックウィートとフジャンナという子猫をもうけました。 その後、ダディーワーバックスとバックウィートを交配させて産まれたポインテッドの子猫2匹が翌年、NCFA(全米愛猫協会)に初めてラグドールとして登録された猫となりました。 CFAでは、2000年にバイカラーの毛色のみが公認され、その後、2008年よりカラーポイントとミテッドのパターンが認められました。 サンフラワーキャットクラブセクレタリー、 ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。 著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

次の