花の名前 アプリ 比較。 花しらべ 花認識/花図鑑版: 約1400の植物を収録。撮った写真で花の種類が検索できる!183

花や植物の名前を調べられるアプリ5選!写真を撮るだけで解析してくれるものも

花の名前 アプリ 比較

アプリ「ハナノナ」使い方・特徴 ハナノナは、iPhoneで無料ダウンロードして利用できます。 Android用のアプリは記事公開時点では出ていませんが、ブラウザでも利用可。 会員登録も不要でアプリを起動したら使えます。 アプリ内が非常に直感的に操作できるようになっているので記事を読んで難しく感じた人もアプリをダウンロードして実際に手を動かしてみた方がわかるかも。。 写真を撮って投稿して後日返事を待って…ということはなく、 調べたい花にスマホをかざすだけでほぼリアルタイムで花の名前を表示してくれます。 しかも「ハナノナ」の素晴らしいところは撮影すると別名も教えてくれること。 さらに調べた花は画像としてカメラロールに保存したりSNSへの投稿も可能です。 過去にハナノナ経由で保存したものがこちら。 カメラロール内でアルバムを作ってまとめて見られるようにしても良さそうです。 普段から道端で咲いている花やいい香りがした花、貰った花束に咲く花の名前が気になることが多かったのでこのアプリに出会ってからより一層お花に対しての興味が高まりました。 画像保存することでちょっとした図鑑作りを楽しめたり、過去出会った花を振り返ったり、花の名前を新たに知るきっかけにもなっておすすめです。 ハナノナで調べると「Wikipedia」でそのまま検索もできるようになっているので、細かい情報を知ることも可。 グーグルレンズも便利 ハナノナはお花に特化したアプリでしたが、これとは別に「 グーグルレンズ(無料)」を使うというのもひとつの方法です。 グーグルレンズは花だけでなく食べ物や動物、虫など 身の回りにあるものをスマホをかざすだけで調べることができます。 例えばグーグルレンズで花の名前を調べる場合、白丸をターゲットにあて画面下の検索ボタンをタップするだけでOKです。 花の名前候補が関連コンテンツとして画像やテキストがまとめて表示されます。 ハナノナと大きく違うのは結果が出てからの汎用性の高さでより多くの関連情報をグーグル経由でシームレスに調べられる点が魅力です。 ただ綺麗に可愛らしく画像をワンタップで保存する機能がグーグルレンズにはないため、SNSに投稿したり、自分の端末に記録として見やすく残しておきたいときはハナノナの方が楽しくていいかなと。 iOS(iPhone)の場合は、専用アプリはなく」をダウンロードしてカメラアイコンをタップするとグーグルレンズを起動できます。 Androidの場合は、があるのでお試しください。 グーグルレンズは、名前を知る以外にもスマホをかざしてリアルタイムで 英語やイタリア語を翻訳したり、対象物に書かれた 文字をスマホにテキストとしてコピーできたりと便利な機能が搭載されているので気になる方はお試しを。 普段何気なく見ていたものもサッと調べられるようになり、お散歩が一層楽しくなりました。

次の

‎「花しらべ 花認識/花検索」をApp Storeで

花の名前 アプリ 比較

アプリ「ハナノナ」 アプリ「ハナノナ」は、 かざした花の名前を教えてくれるアプリです。 アプリの中に 人工知能が組み込まれており、非常に高い精度で多くの花を判別・分類することが可能です。 花をカメラに映すとすぐに解析してくれるので、 数秒で花の名前がわかります。 2017年3月30日にWeb版のサービス開始となりましたが、2020年4月7日(火)に晴れてiOS限定でアプリのリリースが開始されました。 という、人工知能やソフトウェアを開発・研究している機関にが開発をしたアプリということもあり、人工知能の精度が非常に優れているアプリとなっています。 現在はiPhone版しかありませんが、Androidの方はから利用可能です。 分類できる花の種類「 770種」 以前までは「406種」の花を分類可能でしたが、2020年4月11日(土)に行われたバージョンアップで分類できる花の種類が増えました。 今後も分類できる花は増えていく可能性があります。 オフラインで使用可能 アプリ版「ハナノナ」のうれしい点の1つで、 オフラインで利用することが可能です。 花の名前を知りたいときの多くは、散歩や外に出ている時になるでしょう。 そういった際に速度制限にかかっていたり、アプリを開いたままでも通信を行うことが無いので何も心配がいりません。 また、 通信を行わずにアプリ内のUIのみで花を分類することで、非常に素早い解析を可能にしています。 ハナノナの使い方 ハナノナは会員登録などの面倒な操作をする必要が無いので、すぐに使い始める事が出来ます。 アプリを使い始める際にカメラの許可だけ求められるので、必ず「OK」を選択しておいてください。 サーチモード サーチモードはハナノナの基本となるモードです。 アプリを開いてすぐにカメラが起動されているので、そこに花をかざせばすぐに花の名前が表示されます。 100%に近いほど自信のある分類となります。 下にある判定制度では、右に行けば行くほど自信のある解析結果しか表示されなくなります。 確定的な情報以外いらない場合は、判定制度をなるべく高くしておきましょう。 右上の丸い矢印では解析結果をリセットすることが可能です。 アプリを開いてすぐにサーチモードとなるので、非常に簡単に利用することができます。 また、サーチモードでは 画面に写っているいる範囲内全ての花の名前を反映することが可能です。 右下のカメラのアイコンをタップすると撮影モードに移行します。 シャッターボタンをタップすれば通常のカメラと同じように写真を撮ることが可能です。 撮影モードでは、 カメラに写っている1つの花のみを判定します。 分類した花を検索 撮影モードで撮影した花は、Wikipediaやwikimediaで検索をすることが可能です。 撮影モードで撮影をすると、画像下に「Wikipedia」と「wikimedia」の文字が表示されるので、詳細が知りたいのであれば「Wikipedia」、画像などが欲しければ「Wikimedia」をタップして下さい。 花について名前だけではなく、より詳しい情報を知ることができます。 SNSでシェア 撮影モードで撮影した花をSNSでシェアすることも出来ます。 撮影をしたら「決定」をタップします。 「シェア」をタップし、投稿したいSNSを選択すれば投稿の画面に移行するのでシェアが可能になります。 メニュー メニューも一応あります。 ほとんどの場合使うことは無いでしょう。 アプリの左上にある三本線のアイコンをタップすればメニューを開くことが可能です。

次の

花しらべ 花認識/花図鑑版: 約1400の植物を収録。撮った写真で花の種類が検索できる!183

花の名前 アプリ 比較

アウトドアでよく見られる花の名前が簡単にわかる植物図鑑アプリ-花しらべ v4. 写真を撮り画像認識で花の名前を調べたり、花の大きさや花の色などの条件で検索して花の名前を調べることができます。 アウトドアでみられる植物を中心に多数収録しています。 名前がわかると植物に親しみやすくなり、散歩、ハイキング、登山、旅行がより楽しくなります。 【花認識 】 カメラで写真を撮る場合、すでに撮影した写真をアルバムから選ぶ場合、ビデオモード 動画 で花認識することができます。 写真を撮影 選択 後、認識する花を四角で囲むと画面下部に候補が表示されます。 植物の説明や写真で確認しながら花の名前を同定します。 hanashirabe. これは有料なのにお試しが出来ないので、躊躇してましたが、これマジ面白い。 小クイズも付いてるので学習出来るかも。 アルバムの写真を指定すると答え ? は瞬時に出ます。 但し正解度は微妙。 素人にはこの位が楽しいですね。 間違ってても人に話さなきゃいいだけ。 でも、掲載されてる花の画像が粗くて、拡大しても形がよく分かりません。 もう少し明解な写真に差し替えて欲しいかな。 子どもに花の名前を聞かれた時にとても役に立ちます。 聞いた事のある名前だったり、よくみる花が実は面白い名前だったりと会話も広がります。 もう何年もお世話になっております。 使い始めは一致しない事もありましたが、きちんと花の中心を定めて花全体を枠に収める様にしたら一致する様になりました。 花の名前を知るというのは楽しいものなのですね。 お陰様で子どもに植物を大切にする心が生まれました。 ありがとうございます。 と言うのを見かけます。 私の環境でも、iPadProでは問題無いのにiPhone8とXでは同一現象で、異なる個体で同一現象、かつ、iOS12. 1でメモリを解放しても現象継続したため、バグだと思っていました。 が、原因がありました。 トップ画面の[写真アルバム]ボタンを押し、写真へのアクセスを求められたら許可することで解決します。 タイトルの通り、写真へのアクセス権が無かったため、写真保存でオチてたようです。 写真を使用する。 でオチたあと、カメラロールを見ると撮った写真が保存されていませんでした。 試しにカメラロールからの認識を試みるため、[写真アルバム]ボタンを押すと写真へのアクセスをもとめられ、これを許可したところ、現象が消失しました。 バージョンアップ毎に的中率が上がっている感じで、散歩の際などに非常に重宝しています。 良いアプリなので、皆んなが快適に使えると素晴らしいです。 デベロッパの回答 、 詳細なご説明ありがとうございます。 本件は内部テストで問題が発覚しなかったため、原因がわからずじまいでした。 感謝です。

次の