井の頭 公園 バラバラ 事件。 実在事件ファイル

井の頭公園バラバラ殺人事件

井の頭 公園 バラバラ 事件

井の頭公園バラバラ殺人事件(いのかしらこうえんバラバラさつじんじけん)とは1994年4月23日に発覚したバラバラ殺人事件である。 2009年4月23日午前0時に、公訴時効が成立した。 1994年4月23日午前、東京都三鷹市にある井の頭恩賜公園のゴミ箱にポリ袋に入った人間の足首が捨てられているのを、(猫の餌を探すため)偶然ポリ袋を開けた清掃員の女性が発見した。 駆けつけた警察官らが公園一帯を捜索したところ、計27個に分断された手足・胴体の一部が袋に入って7か所のゴミ箱から発見された。 袋は小さい穴のある水切り用の黒い袋と半透明の袋の二重になっており、漁師らが使う特殊な方法できつめに結ばれていた。 手足の指紋はほぼ全て削り取られていたが、わずかに残っていた指紋とDNAから、被害者は公園の近くに住む一級建築士の男性(当時35歳)と判明した。 死因は不明。 肋骨の筋肉繊維にわずかな生前出血の跡あり。 この事件について、目撃証言などから怨恨説や事故遭遇説、遺体の状態が複数人による組織的な犯行や異常性を匂わすことから宗教団体関与説など様々な説が錯綜していた。 しかし、交友関係からは全く犯人像が浮かばず、また、犯人に結びつく物証や情報が乏しく、2009年4月23日、犯人の特定に至ることなく公訴時効成立を迎えた。 犯人の動機など不明な部分が多い事件である。 切断されていた遺体は、関節や臓器などを無視して長さや太さも揃えられ、電動ノコギリのようなもので20cm間隔に切断されていた。 これは、公園内のゴミ箱の投入口サイズである縦20cm、横30cmにほぼ合っていた。 また、血液が一滴残らず完全に抜き取られていた。 そういった作業を行うには、一般家庭では追いつかないほどの大量の水と医学的知識が必要である。 さらに、手足の指紋はほぼ全て削り取られていた。 遺体の切断方法は少なくとも3パターンあり、複数犯説の根拠の一つになっている。 発見された遺体は体全体の3分の1ほどで、被害者の頭部、胴体の大部分は現在も見つかっていない。 残りの遺体は、事件発覚前日の22日に公園のゴミ箱に捨てられ、ゴミ収集車に運ばれ処分されたとする説もある。 4月21日午後11時ごろに新宿駅で知人と別れたのが被害者の最後の姿であり、別れてから遺体発見までの34時間ほどと短いことから、複数犯の可能性が高いとみられている。 知人と別れた直後の22日午前0時すぎには、被害者によく似た男性が被害者の最寄り駅で事件現場近くのJR吉祥寺駅デパート脇で2人の若い男に殴られていたという証言があり、被害者の遺体が発見された当日の23日未明(午前4時頃)には公園内をポリ袋を持って歩く不審な2人組の男が目撃されている。 2人組の男はともに30代とみられる。 その他には、失踪したと思われる時間帯(22日未明)に人と車が激突するような物音が聞かれたという情報もあり、交通事故にあった被害者の死体を隠すためにバラバラにしたという見方も出ている。 事件発生直後は、遺体を切断してゴミ箱に入れるなど奇妙な点が多いことからマスコミの注目を集め報道されたが、事件の3日後の4月26日に名古屋空港(現・名古屋飛行場)で264人の死者を出す中華航空140便墜落事故が起きてマスコミがこの航空事故に集中報道したことで、バラバラ殺人事件に関する報道が一気に激減した。 その後も、新たな情報に乏しいことなどからあまり大きくは報道されなかった。 また、事件の約11ヵ月後にはオウム真理教の地下鉄サリン事件が起きたことから、警視庁捜査1課の当事件の捜査員も招集され捜査本部は解散となり、三鷹署に単独で引き継がれた。 その後、捜査1課が当事件を担当することはなかった。 被害者は東京都高井戸の某宗教施設に通っており、その宗教団体と何らかの関わりがあるとも言われている。 一方で、「被害者が宗教を入信していた」という話を否定する報道も別に存在する。

次の

史上最悪の5大未解決事件が怖すぎる…ガチでヤバかった…

井の頭 公園 バラバラ 事件

第一発見者は、公園の清掃員の女性で、ゴミ箱から『半透明のごみ袋』を回収する作業をしていたところ、 袋の中に生魚のような物が見え、"生ゴミであれば猫の餌にしよう"と、同僚の男性と袋を開けた。 しかし中から出てきたのは、生魚ではなく『人間の足首』であった。 「袋に入った人の足のようなものを見つけた」との通報を受け、警視庁捜査一課と三鷹署捜査本部が現場の捜索を開始。 警察の捜査により、公園内の池を中心とした『7か所のゴミ箱から24個の半透明の袋』を発見。 発見された袋は『小さい穴のある水切り用の黒い袋』と『半透明の袋』の二重になっており、 漁師などが使う特殊な結び方でキツく結ばれていた。 そして袋の中からは、計27個に分断された手足・胴体の一部が発見された。 見つかったのは手足と胸の一部分で、頭部と胴体の大部分は発見されず、被害者の特定を阻止するためか、 手足の指紋と掌紋はすべてえぐり取られていた。 身元の確認は難航を極めると思われたが、 遺体にわずかに残っていた指紋とDNA、家族によって出されていた捜索願から、3日後の26日に身元が判明した。 被害者は公園の近くに住む一級建築士・川村誠一さん(当時35歳)。 死因は不明だが、肋骨の筋肉繊維にわずかな生前出血の跡があった。 この事件は、被害者が行方不明になって~遺体発見までの時間が34時間と短いことから、 複数犯の可能性が高いとみられている。 また、怨恨説や目撃証言による事故遭遇説、組織的な犯行や異常性を匂わすことから、 宗教団体関与説など様々な説が錯綜した。 警察は延べ37000人の捜査員を投入するも、被害者の交友関係からは全く犯人像が浮かばず、 また犯人に結びつく物証や情報が乏しく、2009年4月23日、犯人の特定に至ることなく公訴時効成立を迎えた。 被害者 川村さんは21日の夜、昇進祝いということで会社の元同僚と高田馬場で一緒に食事をしている。 その後カラオケなどを楽しんだのち、午後11時頃新宿駅で別れたのを最後に行方不明になっており、 22日に家族から捜索願が出されていた。 川村さんは事件当時、井の頭公園の北側にある2世帯住宅で暮らし、 一級建築士として港区・新橋の建設設計会社に2年前から勤務していた。 川村さんには、妻(当時35歳)と子供がおり、事件当時、妻は妊娠中であった。 過去のバラバラ殺人においては、切断しやすい『関節部分を中心に切断される』ケースがほとんどだが、 川村さんの遺体は関節部分を無視して、全てが約20cmの長さで全て切断されていた。 また、バラバラに分断された遺体は、27個全てが、長さだけでなく太さも揃えられ、 肉の厚い部分は筋肉を削ぐなどして均一に調整されていた。 犯人は、はじめから公園内のゴミ箱に遺体を遺棄する事を想定した上で、遺体を切断したのであろうか。 さらに、遺体からは完全に血が抜かれており、発見された遺体には血が一滴も残っていない状態だった。 また、念入りに洗われ、手がかりになるような付着物は一切残されていなかった。 これらの作業を行うには、ある程度の医学知識と、一般家庭の浴槽では間に合わない程の大量の水が必要だという。 なお、発見された遺体は体全体の3分の1ほどで、被害者の頭部、胴体の大部分は現在も見つかっていない。 2人組の男はともに30代とみられる。 川村さんは94年4月21日午後5時すぎに港区の勤務先を退社、以前勤めていた新宿区の設計事務所の元上司(70)らと酒を飲んだ後、 行方が分からなくなった。 2日後、自宅から約100メートル南にある井の頭公園内のごみ箱から切断された遺体が見つかった。 川村さんが行方不明になった21日に一緒に酒を飲んだ元上司は、最近は会社でも事件の話をすることはほとんどなくなったという。 「思い返すのがつらい悪夢。 たまに社内旅行でハワイやサイパンに行った時のことを思い出すが、恨まれる男じゃないし、今でも信じられない」と話す。 川村さんと同居していた父の誠蔵さんは事件の翌年、「心事の軌跡」と題した本を自費出版した。 遺体発見から葬儀までの家族の様子や心情、川村さんが子供時代に一緒に行った釣りや親子げんかの思い出がつづられている。 誠蔵さんは病死したが、元上司には「事件を風化させないようにしたい」と出版の理由を話していたという。 残念で仕方ない」 東京・井の頭公園で1994年4月、1級建築士川村誠一さん(当時35歳)のバラバラにされた遺体の一部が見つかった事件は、 23日午前0時、公訴時効が成立した。 警視庁は殺人、死体遺棄事件として、延べ3万7000人の捜査員を投入したが、捜査は難航。 川村さんの知人らは、「悔しい」と唇をかみしめた。 94年4月21日夕、川村さんは、高田馬場で知人と会食。 同日午後11時30分頃、JR新宿駅で足取りが途絶えた。 発覚は23日午前11時頃。 川村さんの自宅近くの同公園のゴミ箱などから指紋がそぎ落とされた手首やひじなど20個以上が見つかった。 同庁は、交友関係を中心に捜査を進めたが難航を極めた。 目撃情報も乏しく、15年間の情報提供は約250件のみだった。 ボーイスカウトのインストラクターを務めるなど地域でも活動していた川村さん。 近くに住む女性(80)は、「人から恨まれるような人ではなかったのに」と振り返る。 川村さんの母親は、事件後、ショックで外出できなかったが、現在はボランティアでお茶を教えているという。 女性は「また落ち込んでしまうのでは」と母親を気遣う。 事件後に本を出版し、「事件を風化させないでほしい」と訴えた父親の誠蔵さんはすでに他界した。 別の知人女性は「川村さん一家にとって時効はないはず。 残念で仕方ない」と無念そうに語った。

次の

井の頭公園バラバラ殺人事件

井の頭 公園 バラバラ 事件

多くの謎を残したまま2009年に公訴時効となった「井の頭公園バラバラ殺人事件」。 4月で事件から21年、時効から6年が経つことになる。 この事件は、発生当時から謎が多く、未解決事件としては「世田谷一家殺害事件」や「八王子スーパーナンペイ事件」と並んでミステリーが多いことで知られている。 事件は1994年4月23日に発覚した。 女性清掃員が、都内にある井の頭恩賜公園のゴミ箱にポリ袋に入った人間の足首が捨てられているのを発見した。 通報した後、警察官らが公園をくまなく調べたところ、公園内の7つのゴミ箱から、切断された人体が27個も見つかったのだ。 手にわずかに残っていた指紋とDNAから、殺害されたのは付近に住む一級建築士の男性(35歳=当時)だったことが判明。 しかし、目撃証言が皆無で、犯人像がまったく浮かばず、懸命の捜査にもかかわらず公訴時効成立を迎えた。 取材により、驚くべき真相が明らかになったのである。 2回にわけてレポートしたい。 そして、この奇妙な、そして必然めいた偶然が、後にとんでもない悲劇を生むことになろうとは、誰も予測できなかった……。 発生直後から現在に至るまで、実に様々な説や、憶測の類が浮上したのであるが、それらの多くは、結局、事件の全貌を明らかにするものではなかったし、むしろそれらは、捜査を撹乱し、当局の目を真犯人から遠ざけてしまいかねないものばかりであった。 事実、事件は「公訴時効撤廃」の法案が施行されるのを待たずに、2009年4月に迷宮入りした。 実は、この事件の背後には知られざる衝撃の事実があった。 殺害されたKさんの自宅近くに、彼と瓜二つの容姿をした露店商・A氏がいたのだ。 つまり、井の頭公園バラバラ殺人事件は、いわゆる「人違い殺人」である可能性があるということだ。 しかもそれでいて、全身を細かく切断した挙げ句に指紋すら削り、血抜きまでするという、あまりに徹底した隠蔽工作が行われていることを鑑みれば、それが単なる場当たり的な犯行であったと言いがたい。 これが、この事件において、当局の捜査を撹乱した「一つ目の謎」と言うべきものである。 そして、結果として当局の目を犯人から遠ざけ、事件を迷宮入りさせてしまったもう「二つ目の謎」が、事件を知った一般市民から数多く寄せられた「おかしな目撃情報」だった。 事件後、目撃情報が次々に報告されたのだが…… 当日、建築士として働いていたKさんは、同僚たちとの飲み会があり、それを終えて帰途につく中で、被害に遭ったされる。 だが、なぜかその日に限ってKさんは、いつもとは違うルートで帰宅したと思しき痕跡がある。 というのも、本来であればKさんがいないような場所で、彼に関する目撃証言が相次いで寄せられたからだ。 しかも、事件がテレビなどで報じられると目撃談はさらに増え、それこそ、「Kさんの影武者が何人もいたのではないか」と思えるくらいに、それらの情報は錯綜する一方であった。 そう、近くに店を構える露店商・A氏の存在だ。 (取材・文/猪俣進次郎 Photo by Ben Garrett via Flickr).

次の