阪神 2018。 2018年阪神 ドラフト予想!阪神の1~4位指名をスバリ予想しちゃいます!

2019年の阪神タイガース

阪神 2018

ファンタジーSを鋭く差し切ったダノンファンタジー、新馬とアイビーSを連勝してきたクロノジェネシス、アルテミスS勝ち馬シェーングランツと同2着のビーチサンバといった面々だ。 レースでは、ファンタジーS2着のベルスール、デイリー杯2歳S2着のメイショウショウブ、函館2歳S2着のラブミーファインらが初の重賞タイトルを目指して飛び出していく。 これに対し、ビーチサンバは中団、後方集団にシェーングランツとダノンファンタジー、直後から押し上げていくクロノジェネシスと、有力各馬は控える競馬。 直線でも、抜け出したメイショウショウブを好位からりんどう賞勝ち馬プールヴィルが追う形で、伏兵の先行勢が粘るかと思われた。 が、ここから大逆転劇が始まる。 馬群の大外、壮絶な追い比べを演じながら脚を伸ばしてきたのがダノンファンタジーとクロノジェネシスだ。 とりわけ目立ったのは、クロノジェネシスに前へ出ることを決して許さない、ダノンファンタジーの力感あふれるスパート。 「リラックスしていた。 反応の速い馬で、最後のコーナーからいい脚を使ってくれた」というクリスチャン・デムーロ騎手の言葉通り、道中で溜めたパワーを開放し、十数頭を次々と交わし去り、食い下がるクロノジェネシスも振り切る。 追い込んできたビーチサンバやシェーングランツも封じ込んでダノンファンタジーが先頭ゴール、晴れて2歳女王の座をつかんだのだった。 確かに、夢が大きく広がる鮮やかでパワフルな直線一気だった。 (谷川 善久).

次の

阪神電車-駅別乗降客数ランキング ベスト50+α【2018年最新版】

阪神 2018

プレスリリース(2018年)• 2018. 26 プレスリリース• 2018. 21 プレスリリース• 2018. 14 プレスリリース• 2018. 10 プレスリリース• 2018. 28 プレスリリース• 2018. 27 プレスリリース• 2018. 26 プレスリリース• 2018. 26 プレスリリース• 2018. 14 プレスリリース• 2018. 02 プレスリリース• 2018. 01 プレスリリース• 2018. 04 プレスリリース• 2018. 01 プレスリリース• 2018. 01 プレスリリース• 2018. 30 プレスリリース• 2018. 28 プレスリリース• 2018. 19 プレスリリース• 2018. 13 プレスリリース• 2018. 13 プレスリリース• 2018. 12 プレスリリース• 2018. 08 プレスリリース• 2018. 07 プレスリリース• 2018. 06 プレスリリース• 2018. 10 プレスリリース• 2018. 02 プレスリリース• 2018. 29 プレスリリース• 2018. 28 プレスリリース• 2018. 28 プレスリリース• 2018. 25 プレスリリース• 2018. 19 プレスリリース• 2018. 08 プレスリリース• 2018. 08 プレスリリース• 2018. 06 プレスリリース• 2018. 04 プレスリリース• 2018. 24 プレスリリース• 2018. 24 プレスリリース• 2018. 24 プレスリリース• 2018. 20 プレスリリース• 2018. 12 プレスリリース• 2018. 02 プレスリリース• 2018. 01 プレスリリース• 2018. 22 プレスリリース• 2018. 05 プレスリリース PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。

次の

2019年の阪神タイガース

阪神 2018

概要 [ ] 開幕前 にてのへの1位指名を早々に公表し交渉権獲得を目指していたが 、7球団競合の末抽選に敗れ交渉権獲得はならなかった。 から戦力外通告を受けていたを獲得した 他、FA宣言しDeNAに移籍したの人的補償選手としてを獲得。 新外国人選手としての 、の 、の を獲得した。 オープン戦期間中の3月には、ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018にとを派遣。 また、とのトレードでからを獲得した。 シーズン中 打線の主軸として期待されキャンプ中の実戦やオープン戦では好調を維持していたロサリオ、大山、らが開幕から揃って不振を極め、打線の繋がりを欠いたことから極度の得点力不足に陥りチームは低迷。 5月29日には、こちらも開幕から不振が続いていたの連続試合出場が1939試合で途切れた。 投手陣でも藤浪、、高橋聡文、マテオらが不調や故障により離脱するなど前年ほどの安定感はなく、投打に精彩を欠いた。 2位から最下位までが僅差の「団子状態」にあったセ・リーグの中で激しい順位変動を繰り返しながらも、中盤から、雨天中止が相次いだ影響で過密日程を余儀なくされた終盤にかけて徐々にBクラスに定着し、最終盤での、、らの故障離脱が響いて10月8日には2001年以来17年振りのシーズン最下位が決定した。 この年は特に本拠地である甲子園球場で勝つことができず、球団史上ワーストとなるシーズン39敗を喫した。 この一方で、、がレギュラーに定着、、が一時スタメン出場を続けるなど一軍に定着してそれぞれ自己最多の試合出場を果たし、新人の、が存在感を見せた。 投手陣ではが先発ローテーションに定着した他、、がそれぞれ先発、中継ぎとして台頭。 また、記録では鳥谷がの保持する球団歴代最多安打記録(通算2064安打)を更新。 代打の切り札として出場を続けたがシーズン代打安打23本を放ち、のに並ぶ球団タイ記録をマークした。 6月にはロサリオの代役としてからを 、7月にはとのトレードでからを獲得した。 シーズン終了後 シーズン最下位の責任を取る形で金本監督が退任 、一軍ヘッド兼打撃コーチが打撃不振の責任を取り辞任し 、また坂井信也オーナーも辞任となった。 監督の後任には二軍監督として8年ぶり16度目の優勝・12年ぶり5度目のファーム日本一を成し遂げたが就任。 新オーナーにはが就任することとなった。 、らが自由契約となり退団。 島田海吏がに出場するに選出され 、主力選手として最多得点賞を受賞するなどチームの準優勝に貢献。 岩貞祐太がに出場。 0 DeNA 3. 5 ヤクルト 5. 5 ヤクルト 9. 5 ヤクルト 12. 0 ヤクルト 7. 0 3位 DeNA 2. 5 阪神 5. 0 阪神 6. 5 巨人 10. 5 巨人 14. 5 巨人 13. 5 4位 阪神 4. 0 巨人 5. 5 DeNA 7. 0 DeNA 11. 5 阪神 17. 0 DeNA 15. 0 5位 中日 6. 0 中日 6. 0 巨人 7. 5 阪神 12. 0 DeNA 18. 0 中日 19. 0 6位 ヤクルト 6. 5 ヤクルト 8. 5 中日 9. 0 中日 13. 0 中日 19. 0 阪神 20. 0 期間 成績 11勝12敗 勝率. 478 12勝12敗 勝率. 500 10勝13敗1分 勝率. 435 6勝10敗 勝率. 375 11勝13敗 勝率. 458 12勝20敗1分 勝率. 375 最終成績 順位 優勝 82 59 2. 582 --- 2位 75 66 2. 532 7. 0 3位 67 71 5. 486 13. 5 4位 67 74 2. 475 15. 0 5位 63 78 2. 447 19. 0 6位 62 79 2. 440 20. 0 セ・パ交流戦 [ ] 日本生命セ・パ交流戦2018 最終成績 順位 優勝 東京ヤクルトスワローズ 12 6 0. 667 --- 2位 オリックス・バファローズ 11 6 1. 647 0. 5 3位 千葉ロッテマリーンズ 11 7 0. 611 1. 0 4位 福岡ソフトバンクホークス 11 7 0. 611 1. 0 5位 北海道日本ハムファイターズ 10 8 0. 556 2. 0 6位 埼玉西武ライオンズ 10 8 0. 556 2. 0 7位 読売ジャイアンツ 8 10 0. 444 4. 0 8位 横浜DeNAベイスターズ 8 10 0. 444 4. 0 9位 中日ドラゴンズ 7 11 0. 389 5. 0 10位 広島東洋カープ 7 11 0. 389 5. 0 11位 阪神タイガース 6 11 1. 353 5. 5 12位 東北楽天ゴールデンイーグルス 6 12 0. 333 6. 0 入団・退団 [ ] シーズン開幕前 [ ] 本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。 なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。 また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。 支配下選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 13 トレード 13 トレード 18 ドラフト1位 16 二軍育成コーチ 26 国立台湾体育運動大学 新外国人 20 27 FA人的補償 26 育成再契約 29 ドラフト2位 34 34 ドラフト5位 66 球団職員 48 新外国人 75 66 ドラフト6位 97 内野手 4 ドラフト3位 0 FA移籍 20 ハンファ 新外国人 29 32 横浜DeNAベイスターズ 自由契約 32 二軍育成コーチ 48 外野手 53 ドラフト4位 24 育成再契約 99 野球解説者 育成選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 121 上武大学 育成ドラフト1位 126 歳内宏明 支配下選手 再契約 外野手 124 横田慎太郎 支配下選手 再契約 シーズン開幕後 [ ] 本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。 入団 退団 月 No. 選手名 守備 入団区分 前所属 No. 太字はリーグ最高。 選手 28 0 0 11 7 0 0. 611 173. 2 160 13 58 4 149 74 70 3. 500 21. 2 23 1 6 0 22 8 8 3. 333 105 111 8 18 4 89 46 45 3. 000 3 5 1 2 0 3 4 4 12. 000 15 10 2 10 1 23 7 7 4. 000 21. 1 15 1 10 1 25 14 13 5. 250 62 66 8 25 4 70 37 34 4. 412 132 128 18 32 1 122 56 51 3. 000 30. 2 25 4 9 3 29 13 11 3. 000 44. 2 46 3 11 5 30 19 19 3. 000 11. 2 13 1 4 0 14 6 5 3. 500 126. 1 133 10 81 3 96 71 67 4. 625 57 52 6 12 4 65 19 17 2. 375 82 81 12 38 5 85 46 42 4. 000 2 2 0 2 0 2 2 2 9. 000 13. 2 19 1 5 0 8 6 6 3. 400 34. 2 34 4 14 0 27 18 14 3. 000 8 5 0 1 0 2 2 2 2. 500 12. 2 17 2 7 2 11 12 11 7. 125 53. 2 50 4 17 2 56 22 17 2. 571 56. 1 40 5 19 3 48 23 16 2. 000 8. 2 12 2 4 1 7 5 5 5. 000 2 6 1 2 0 0 5 5 22. 625 54. 1 29 3 37 1 67 20 14 2. 625 71 70 5 47 4 70 45 42 5. 000 14. 2 19 2 11 1 13 11 11 6. 000 44 46 7 17 2 40 24 21 4. 000 4. 2 9 1 3 0 2 6 6 11. 000 6. 2 8 0 3 0 6 2 2 2. 000 3 4 2 4 0 1 5 5 15. 00 合計 4 2 62 79 35 96. 440 1276 1238 127 509 51 1182 628 572 4. 03 打撃成績 [ ]• 色付きは規定打席(443打席)以上の選手• 太字はリーグ最高。 選手 119 509 419 60 129 24 0 16 201 68 22 3 0 5 77 8 63 9. 308. 420 143 637 531 79 152 29 4 1 192 35 6 4 9 4 86 7 73 5. 286. 390 123 499 414 57 116 26 2 14 188 72 2 1 0 7 73 5 90 10. 280. 389 132 455 386 45 100 27 1 8 153 47 5 1 28 1 39 1 67 6. 259. 257. 247. 192. 422. 150. 274. 000. 231. 154. 200. 224. 172. 232. 276. 125. 230. 125. 315. 322. 222. 252. 242. 143. 172. 000. 000. 000. 000. 000. 200. 056. 100. 091. 000. 000. 000. 000. 174. 151. 196 合計 5553 4833 577 1221 225 23 85 1747 551 77 21 108 37 528 46 1086 109. 253. 330 表彰 [ ]• 〈投手4月〉(3度目)• 〈捕〉(初受賞) 達成記録・出来事 [ ]• - 現役時代はで活躍し、から2年間監督を務めた楽天の副会長がで死去したことがに所属の球団より発表された。 享年70• - とのとのトレードが発表• - が1回戦()で9回にから本塁打を放ち日米通算300本塁打(NPB258本・MLB42本)• - が6回戦(甲子園)で7回に代打出場し通算2000試合出場、史上51人目• - が中日7回戦(甲子園)で6回にから本塁打を放ち2リーグ分立以降の球団通算7500号。 史上9球団目• - が7回戦()で完封勝利で打席では4回にから本塁打を放ち、本塁打を放って完封勝利はの()がヤクルト19回戦()で記録して以来9年ぶり• - 糸井嘉男が巨人10回戦(甲子園)で5回にから本塁打を放ち通算150本塁打、史上167人目• - 鳥谷敬がの対ヤクルト23回戦(甲子園)より続けてきた連続試合出場が1回戦(甲子園)で最後まで出場がなく1939試合でストップ。 に次ぐ史上2位の記録• - 福留孝介が3回戦()で8回にから本塁打を放ちを達成、史上33人目• - 新外国人選手ののと契約の締結を発表• - が10回戦()で同点の8回から1イニング0点で抑えて、その次の回にチームが勝ち越し点を入れ、そのまま逃げ切ったため勝ち星がつき通算100勝、史上135人目• - 福留孝介が中日12回戦(甲子園)で1回にから安打を放ち通算3000塁打、史上57人目• - とソフトバンクのとのトレードが発表• - がヤクルト18回戦(甲子園)で3回一死からを遊ゴロに打ち取り、NPB外国人ではに並ぶ最多8度目の規定投球回。 又、6回二死からを二ゴロに打ち取り通算1500投球回、史上178人目• - がDeNA18回戦(甲子園)で7回から登板し通算700試合登板、史上16人目• - がDeNA20回戦(横浜)で6打数6安打3本塁打で延長なしの1試合6安打以上は史上9人目(延長戦含めると史上15人目)、3回の1イニング2本塁打は史上20人目(22度目)、1イニング2本塁打含む1試合3本塁打は史上4人目、1試合3本塁打は球団ではの中日10回戦(甲子園)の以来8年ぶりで球団史上17人目(21度目)• 9月16日 - がDeNA20回戦(横浜)で3回にから満塁本塁打を放ち投手としては史上17人目(19度目)• 9月16日 - DeNA20回戦(横浜)で20点をあげ、のヤクルト15回戦(神宮)で20点あげて以来の球団史上5度目の1試合20点以上• - 糸井嘉男が22回戦()で2回にから安打を放ち通算1500安打、史上124人目• - 鳥谷敬がヤクルト23回戦(甲子園)で5回にから安打を放ち通算2065安打、の持つ球団最多安打記録を更新• - 監督の今シーズン限りの辞任を発表• - 2軍監督の来シーズンからの1軍監督就任を発表• - がにかわり、球団のオーナーに就任• - 新外国人選手のと契約の締結を発表。 背番号は 31 ドラフト指名選手 [ ]• SANSPO. COM 2017年9月23日• 日刊スポーツ 2017年10月26日• SANSPO. COM 2017年11月27日• SANSPO. COM 2017年12月10日• 日刊スポーツ 2017年11月6日• 日刊スポーツ 2017年12月11日• デイリースポーツ 2017年12月13日• スポニチアネックス 2018年3月14日• 毎日新聞 2018年10月11日• 2018年5月29日. 2018年5月29日閲覧。 Sponichi Annex 2018年10月9日• 日刊スポーツ 2018年10月4日• 球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイト 2018年6月15日• 阪神タイガース公式サイト. 2018年7月26日. 毎日新聞 2018年10月11日• SANSPO. COM 2018年10月14日• 日刊スポーツ 2018年10月15日• 日刊スポーツ 2018年10月3日• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2018年10月3日• NPBHP• 阪神タイガース公式HP• NPBHP• 阪神タイガース公式HP 2018年7月30日. 2018年7月30日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の