使っ て は いけない シャンプー ランキング。 頭皮が赤い時に使ってはいけないシャンプーとは!オススメは?

美容師300人に愛用シャンプーを聞いてプロが選ぶ本当のおすすめ人気ランキングを調べてみた

使っ て は いけない シャンプー ランキング

アミノ酸系シャンプーの特徴は刺激が少ないこと、保湿力が高いことです。 洗浄力が高すぎないので髪や頭皮へのダメージが少ないです。 一方で洗浄力が高くないことから、ベタベタした髪質の人には洗浄力が不十分で向かない場合もあります。 高級アルコール系が合わない人には合うかもしれません。 ダメージヘアーの人にも刺激が少ないのでおすすめと言えるでしょう。 しかし、アミノ酸系シャンプーは価格が高いのが難点です。 具体的な成分としては「ココイルグリシンK」、「グルタミン酸TEA」、「ココイルグルタミン酸」等が含まれていればアミノ酸系シャンプーです。 先にご紹介した中で、極力選ばない方が良いのは高級アルコール系シャンプーと石鹸系シャンプーと言えそうです。 高級アルコール系に含まれる「ラウリル硫酸ナトリウム」、「ラウリル硫酸カリウム」は特に掃除用にも使われるほど洗浄力が高い成分なので避けたほうが無難と言われています。 続いて「ラウレス硫酸ナトリウム」、「ラウレス硫酸TEA」も皮膚への刺激が強く、脱脂力も高すぎる場合があります。 超オイリー肌という人でない限り、避けたほうが良さそうです。 ノンシリコンシャンプーが流行ったため、シリコンは体に良くないものだと考えがちですよね。 しかし、実はシリコン自体は人体に悪い影響を及ぼすような成分ではないのです。 シリコンは、髪の表面をコーティングできるので、髪に対する外部からの刺激を守る効果があります。 また、シリコンのコーティングで指通りもなめらかになります。 しかし、洗い流しが不十分だとフケ等の原因になることもあります。 一方、ノンシリコンの場合は、髪がふんわり軽くなる一方で、コーティングがなく手触りが悪くなる場合もあります。 髪の状態によって、シリコンとノンシリコンは使い分ける方が良さそうです。 使ってはいけないシャンプーの商品名を気にするより、シャンプーの裏の成分表示を見て、実際に確かめて買う方が良いでしょう。 市販の安全なシャンプーランキングBEST15!口コミは? それでは、ここからは市販の安全なシャンプーをランキングでBEST15の商品をご紹介したいと思います。 口コミも合わせてご紹介します。 安全なシャンプーランキング 15位:いち髪 なめらかスムースケア 安全なシャンプーランキングの15位にランクインしたのは、「いち髪 なめらかスムースケア」です。 こちらは天然由来成分が90%以上な割に、安価でコスパ最高の商品です。 髪に優しいシャンプーがいいけど、高いのはちょっと…という方におすすめです。 香料も天然由来のものを使っていて安心です。 実際に使った人の口コミでは、髪質が良くなったという人が多いです。 香りもいいと評判です。 安全なシャンプーランキング 14位:スカルプDボーテ 安全なシャンプーランキングの14位にランクインしたのは、「スカルプDボーテ」です。 こちらは女性専用のアミノ酸系シャンプーで、値段は高めであるものの人気の商品です。 抜け毛が気になる人におすすめです。 口コミでは、泡立ちがよくてふんわり仕上がる、ハリやコシ、艶が出ると評判です。 安全なシャンプーランキング 13位:ディアボーテ オイルインシャンプー 安全なシャンプーランキングの13位にランクインしたのは「ディアボーテ オイルインシャンプー」です。 こちらは高級アルコール系ではあるものの硫酸系アルコールを使用していません。 硫酸系で刺激が強い成分は使用されておらず、ヒマワリエキスを配合してあり、髪の毛の傷んだ部分を補修してくれます。 口コミでは、洗浄力も十分で良いという評判があります。 安全なシャンプーランキング 12位:スティーブンノル カラーリペア 安全なシャンプーランキングの12位にランクインしたのは「スティーブンノル カラーリペア」です。 こちらはアミノ酸系シャンプーで、カラーの色落ち防止成分が含まれています。 口コミでは、洗い上がりがしっとりしていて良い、香りも良いと評判です。 特に明るいカラーをしている人、頻繁にカラーリングをする人におすすめと言われています。 安全なシャンプーランキング 11位:ボタニストモイストシャンプー 安全なシャンプーランキングの11位にランクインしたのは「ボタニストモイストシャンプー」です。 こちらは植物由来成分90%以上のボタニカルシャンプーです。 髪の質感別にラインナップがありますが、特にモイストが人気なようです。 剛毛でもしっとりまとまる!と口コミでも評判です。 安全なシャンプーランキング 10位:マー&ミーラッテ 安全なシャンプーランキングの10位にランクインしたのは「マー&ミーラッテ」です。 こちらはアミノ酸系のシャンプーで無添加なので敏感肌な子供にもおすすめなシャンプーです。 口コミでは、アミノ酸系ですが洗い上がりがすっきりする、香りが良い、髪がサラサラになったと評判です。 安全なシャンプーランキング 9位:凛恋(りんれん)シャンプー 安全なシャンプーランキングの9位にランクインしたのは「凛恋シャンプー」です。 こちらはアミノ酸系のシャンプーで、アンチエイジングにもおすすめなシャンプーです。 口コミでは、柑橘系の香りが爽やかで良い、さらさらでツヤツヤになると評判です。 安全なシャンプーランキング 8位:La Sana(ラサーナ)プレミオール 安全なシャンプーランキングの8位は、「La Sanaプレミオール」です。 こちらは、海の力をうたったアミノ酸系のシャンプーです。 パサパサして傷みが気になる髪も、しっとりしてしなやかな髪になる、匂いもよく、頭皮の匂いが気にならなくなったというような口コミがありました。 安全なシャンプーランキング 7位:HANAオーガニックリセットシャンプー 安全なシャンプーランキングの7位にランクインしたのは「HANAオーガニックリセットシャンプー」です。 こちらは98%が天然由来の成分のアミノ酸系シャンプーです。 加齢でボリュームが気になる髪の毛でも、根元から立たせてくれてふんわりすると評判です。 アミノ酸系ですが泡立ちもよく、香りもハーブ系の良い香りという口コミがありました。

次の

頭皮の臭い対策におすすめのシャンプーランキング!

使っ て は いけない シャンプー ランキング

いくら有名な芸能人が宣伝したり、周りの利用者が多くても、 あなたの髪や頭皮に悪影響があるものは良いシャンプーではありません。 頭髪の汚れは水やお湯だけでも70%〜80%ほど落ちます。 そして、残りの20%〜30%の汚れは 頭皮にとって必要な汚れであるため、100%汚れを落とす必要はないと言われています。 必要な汚れ(皮脂)まで過剰に洗い流すと、頭皮が乾燥しフケなどが発生する原因になります。 そのため、シャンプーには、 いたずらに強力な洗浄能力は不要なのです。 まずはシャンプーの基本3種類を見ていきましょう。 シャンプーの見分け方:シャンプーの種類 シャンプーは大きく分けると、以下の3つに分けられます。 高級アルコール系シャンプー• アミノ酸系シャンプー• 石鹸系シャンプー はじめに知っておかないといけないのは シャンプーの界面活性剤 洗浄成分 の違いです。 つまり、 シャンプーの基本3種類の違いは、界面活性剤の違いになります。 早速、界面活性剤の違いについて見ていきましょう。 例えば、ドラッグストアにおいてあるシャンプー。 ほとんどがこのタイプです。 石鹸シャンプーはアルカリ性で洗浄力が高く、高級アルコール系シャンプー同様、スッキリ爽快感があったり、汚れ(皮脂)を取り過ぎしまう傾向にあります。 人間の頭皮は弱酸性なので石鹸シャンプーを利用し続けると、頭が痒くなった!という人もいるので注意してください。 また、石鹸シャンプーは自然物を原料とする成分からできており、分解性が高いため、そのまま流しても川や海を汚さない、自然派で環境にやさしいシャンプーでもあります。 男は黙って、高級アルコール系!• 女性はアミノ酸系! とは言い切れず、求めるシャンプーは人それぞれです。 変なこだわりを持たず、自分にあったシャンプーを選んでいきましょう。 シャンプー選び方と見分け方:おすすめ9選 シャンプーの基本3種類を説明しました。 それぞれでどのような商品があるでしょうか?ここからは、おすすめのシャンプーを種類ごとにご紹介します! アミノ酸系シャンプー.

次の

絶対に買ってはいけない使ってはいけないシャンプーランキング3!!

使っ て は いけない シャンプー ランキング

第11位 第11位にランクインした1つ目の商品は、6票を集めた… ミルボン プラーミア シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー ミルボン ブランド名 プラーミア 商品名 エンリッチド シャンプー ヘアセラム シャンプー エナジメント シャンプー他 定価 200ml 1,800〜2,000円(税抜) 500ml 3,600〜4,000円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているミルボンは、このプラーミア以外にも10種類以上のブランドを抱えるなど、日本に100社以上ある美容メーカーの中でも最大手の会社です。 その中でも、このプラーミアは、特に30代〜40代以降向けのエイジングケアに特化したブランドで エイジング+白髪染めのダメージヘア向けの 「プラーミア エンリッチド シャンプー」。 フワフワまとまりづらい毛髪向けの 「プラーミア ヘアセラム シャンプーF」。 ゴワつき、まとまりづらい毛髪向けの 「プラーミア ヘアセラム シャンプーM」。 弾力のある濃密な炭酸泡で、ディープクレンジングできる 「プラーミア クリアスパフォーム」。 年齢により乾燥した毛髪向けの 「プラーミア エナジメントシャンプー」 …など、細分化されたエイジングケア商品が用意されているシャンプーシリーズです。 第11位 第11位にランクインした2つ目の商品は… ニューウェイジャパン ナノアミノ プレミアム シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー ニューウェイジャパン ブランド名 ナノアミノ プレミアム 商品名 ナノアミノプレミアムシャンプー MOISTURE ナノアミノプレミアムシャンプー SMOOTH ナノアミノプレミアムシャンプー VOLUMY他 定価 250ml 2,800〜3,100円(税抜) 500ml 4,300〜4,700円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているニューウェイジャパンは、このナノアミノプレミアムを含め5種類のブランドを抱える美容メーカーです。 その中でも、このナノアミノプレミアムというブランドには、 髪のダメージが気になる、広がる・硬い髪が気になる方向けの 「ナノアミノ プレミアム シャンプー MOISTURE」。 髪のダメージが気になる、ペタっとする・やわらかい髪が気になる方向けの 「ナノアミノ プレミアム シャンプー SMOOTH」。 髪のダメージが気になる、細い・ボリュームのない髪が気になる方向けの 「ナノアミノ プレミアム シャンプー VOLUMY」。 シャンプーだけでは落としきれない頭皮・毛穴の汚れが気になる方向けの 「ナノアミノ プレミアム AC スパフォーム」。 「ナノアミノ プレミアム AC シャンプー」。 頭皮がベタつく、髪や頭皮のニオイが気になる、髪のボリュームやコシが気になる方向けの 「ナノアミノ プレミアム GCシャンプー」 …など、こちらも頭皮の質や髪質に合わせて、細分化された商品が用意されているシャンプーシリーズです。 第11位 第11位にランクインした3つ目の商品は… ナプラ ナシード ヘアケア(シャンプー)シリーズ ……です。 商品詳細 メーカー ナプラ ブランド名 ナシード ヘアケアシリーズ 商品名 ナシード エイジングシャンプー ナシード カラーケアシャンプー他 定価 320ml 2,400円(税抜) 750ml 4,800円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているナプラは、このナシードヘアケアシリーズ以外にも、オーガニック系で頭皮に優しい商品を中心に、ヘアケアだけで10種類以上のブランドを抱える美容メーカーです。 その中でも、このナシードヘアケアというブランドは、 軟毛やグレイヘア(白髪)、ハリコシが気になる方向けの 「ナシード エイジングシャンプー」。 硬毛、ダメージ毛、カラーの色持ちが気になる方向けの 「ナシード カラーケアシャンプー」 …の2種類で構成されるシャンプーシリーズです。 第11位 第11位にランクインした4つ目の商品は… コタ コタセラ スパシャンプー ……です。 商品詳細 メーカー コタ ブランド名 コタセラ スパ 商品名 コタセラ スパシャンプー 定価 300ml 2,500円(税抜) 800ml 5,500円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているコタは、このコタセラスパを含め8種類のヘアケアブランドを抱え、美容師のあいだでも有名な大手の美容メーカーです。 その中でも、この 「コタセラ スパシャンプー」は、特に乾燥など頭皮トラブルが気になる方向けのシャンプー。 この後のランキングでも、もう一種類の姉妹ブランドがランクインするなど、多くの美容師から支持されている商品の一つです。 第11位 第11位にランクインした5つ目の商品は… サンテック産業 イイスタンダード シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー サンテック産業 ブランド名 イイスタンダード 商品名 イイスタンダード シャンプー イイスタンダード シャンプー ダマスクローズ イイスタンダード シャンプー スカルプ他 定価 250ml 2,800円(税抜) 600ml 4,800円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているサンテック産業は、このイイスタンダードを含め6種類のブランドを抱える老舗美容メーカーです。 その中でも、このイイスタンダードというブランドには、 洗浄成分を除く95パーセント以上が美容成分のノンシリコンタイプである 「イイスタンダード シャンプー」。 ダマスクローズ(バラの品種)が香る 「イイスタンダード シャンプー ダマスクローズ」。 頭皮のうるおいとエイジングケアが気になる方向けの 「イイスタンダード シャンプー スカルプ」 …の3種類が用意されたシャンプーシリーズです。 その大人な香りやお洒落なパッケージングにもこだわりを感じるシャンプーです。 続いて、 第6位〜第4位の発表です。 第6位 第6位にランクインした商品は、7票を集めた… ミルボン ジェミールフラン シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー ミルボン ブランド名 ジェミールフラン 商品名 ジェミールフラン シャンプー ハート ジェミールフラン シャンプー ダイヤ 定価 200ml 1,800円(税抜) 500ml 3,600円(税抜) シャンプー解説: 既に紹介した通り、このシャンプーを作っているミルボンは、このジェミールフラン以外にも10種類以上のブランドを抱えるなど、日本に100社以上ある美容メーカーの中でも最大手の会社です。 髪の毛の弾力や絡まりが気になる軟毛傾向の髪向けの 「ジェミールフラン シャンプー ハート」。 髪が硬くおさまりや絡みが気になる普通〜硬毛傾向の髪向けの 「ジェミールフラン シャンプー ダイヤ」 …など頭皮の質や髪質に合わせて、細分化された商品が用意されているシャンプーシリーズ。 特に「これから本格的にヘアケアにこだわってみたい」という20代女性から支持されている商品です。 第5位 第5位にランクインした商品は、8票を集めた… テクノエイト オッジィオット シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー テクノエイト ブランド名 オッジィオット 商品名 インプレッシブPPTセラム SS[スムース] インプレッシブPPTセラム MS[モイスチャー] インプレッシブPPTセラム VS[ボリューム]他 定価 250ml 3,500円(税抜) 700ml 7,800円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているテクノエイトは、このオッジィオットを含め6種類のブランドを抱える美容メーカーです。 その中でも、このオッジィオットというブランドには、 細毛・軟毛・普通毛・ダメージ毛の方で、サラサラでみずみずしい髪に仕上げたい方向けの 「インプレッシブPPTセラム SS[スムース]」。 多毛・クセ毛・パサツキ・ダメージ毛の方で、しっとりまとまりある髪に仕上げたい方向けの 「インプレッシブPPTセラム MS[モイスチャー]」。 細毛・軟毛・ダメージが気になる方で、ハリコシ・ツヤ・自然なボリュームのある髪に仕上げたい方向けの 「インプレッシブPPTセラム VS[ボリューム]」 …など、頭皮の質や髪質に合わせて、細分化された商品が用意されているシャンプーシリーズです。 最近、美容師仲間のSNSでも、良く見かけ、評判の高いシャンプーシリーズの一つです。 第4位 第4位にランクインした商品は、9票を集めた… タカラベルモント ルベル イオ シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー タカラベルモント ブランド名 ルベル イオ 商品名 イオ クレンジング(フレッシュメント・クリアメント・リラックスメント) イオセラム クレンジング他 定価 200ml 1,600円(税抜) 600ml 3,600円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているタカラベルモントは、先ほど紹介したミルボンと同じく、大手の老舗美容メーカーの一つです。 その中でも、このルベルイオというブランドには、 オイリー地肌向けの 「イオ クレンジング フレッシュメント」。 ノーマル地肌向けの 「イオ クレンジング クリアメント」。 ドライ地肌向けの 「イオ クレンジング リラックスメント」。 クセ毛向けの 「イオセラム クレンジング」。 エイジング地肌向けの 「イオリコミント クレンジング」。 エイジング地肌向けで、より清涼感のある 「イオリコミント クレンジング アイシー」 …など 頭皮の質や髪質に合わせて、細分化された商品が用意されているシャンプーシリーズです。 続いて、 ベスト3の発表です。 ベスト3にランクインした商品は、どれも2桁以上の票数を獲得し、4位以下を大きく突き放しています。 第3位 第3位にランクインした商品は、15票を集めた… ミルボン オージュア シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー ミルボン ブランド名 オージュア 商品名 オージュア イミュライズ オージュア クエンチ オージュア オーセナム他 定価 250ml 2,800〜3,500円(税抜) 500ml 4,200〜5,300円(税抜) シャンプー解説: 既に紹介した通り、このシャンプーを作っているミルボンは美容メーカーの中でも最大手の会社です。 その中でも、このオージュアというブランドは、 年齢とともに地肌の乾燥が気になりだした方向けの「 モイストカーム モイスチュアクリアシャンプー」 トップのボリュームが気になりだした方向けの「 エイジングスパ シャンプー」 年齢とともにまとまりの悪さやダメージが気になりだした方向けの「 オーセナム シャンプー」 髪のやせ細りが気になりだした方向けの「 グロウシブ シャンプー」 年齢とともに毛先のまとまりと根元の立ち上がりが気になりだした方向けの「 エクイアル シャンプー」 年齢とともにカラーやパーマのダメージが気になりだした方向けの「 イミュライズ シャンプー」 ブローやヘアアイロンなどの熱で硬くなった髪に悩む方向けの「 フィルメロウ シャンプー」 くせによるうねりで、まとまりにくい髪の悩む方向けの「 アクアヴィア シャンプー」 カラーやパーマなどによってパサつく髪の悩む方向けの「 クエンチ シャンプー」 細く、からまりやすい髪の悩む方向けの「 スムース シャンプー」 年齢とともにまとまりの悪さが気になりだした方向けの「 タイムサージ シャンプー」 …など 頭皮の質や髪質に合わせて、細分化された11個の商品が用意されているシャンプーシリーズです。 第2位 第2位にランクインした商品は、19票を集めた… コタ コタ アイ ケア シャンプーシリーズ ……です。 商品詳細 メーカー コタ ブランド名 コタ アイ ケア 商品名 コタ アイ ケア シャンプー 1 コタ アイ ケア シャンプー 3 コタ アイ ケア シャンプー 5他 定価 300ml 2,500円(税抜) 750ml 5,000円(税抜) シャンプー解説: このシャンプーを作っているコタは、このコタアイケアを含め8種類のヘアケアブランドを抱え、美容師のあいだでも有名な大手の美容メーカーです。 その中でも、このコタアイケアというブランドは、 絡まりやすい髪用の 「コタ アイ ケア シャンプー 1」。 乾燥しがちな髪用の 「コタ アイ ケア シャンプー 3」。 パサつきやすい髪用の 「コタ アイ ケア シャンプー 5」。 硬い髪用の 「コタ アイ ケア シャンプー 7」。 広がりやすい髪用の 「コタ アイ ケア シャンプー 9」 …など、頭皮の質や髪質に合わせて、細分化された5つ(旧シリーズは6つ)の商品が用意されています。 今回、1位にあと一歩の19票という圧倒的な票数を集め、見事2位を獲得した多くの美容師から支持されているシャンプーシリーズです。 番外編 シャンプー解説: このシャンプーを作っているアジュバンコスメジャパンは、主に2つのヘアケアブランドを抱える美容メーカーです その中でも、このリ:シリーズは、 ダメージヘア・ノーマルヘア用の 「リ:シャンプー」。 頭皮ケアが気になる方やボリュームが出にくい方向けの 「リ:エミサリーシャンプー」。 ハイダメージ毛やボリュームが出やすい方向けの 「リ:プラチナムシャンプー」。 敏感肌用・ボディ対応の 「リ:ナチュラルシャンプー」。 ダメージヘア・ドライヘア用の 「リ:クールシャンプー」 …など、頭皮の質や髪質に合わせて、細分化された5つの商品が用意されています。 今回、数あるシャンプーの中で、20票という圧倒的な票数を集め、見事1位を獲得し、多くの美容師から支持されているシャンプーシリーズです。 「最適なシャンプーを使う」ということは一番のホームケアになります。 ぜひ、このランキングを参考にしつつ、担当の美容師さんと相談しながら、自分自身の髪質や頭皮の質に合ったシャンプー選びにこだわってみて下さい。 市販のシャンプーでおすすめは? ドラッグストアや薬局で買える市販品、また、サロンで買える専売品専売品問わず、基本的には 「優しくマイルドに洗えるシャンプー」や 「程よく保湿・コーティングしてくれるトリートメント」を使うことを、おすすめします。 ……というのも詳しい人はご存知かと思いますが、髪は硬ケラチンと呼ばれる硬くなった死細胞(=既に死んでいる細胞・タンパク質)で出来ています。 内部に血が通うこともなく、またハサミで切っても全く痛みを感じないのは、髪が文字通り「既に死んでいる細胞」で出来ているためですが 死細胞であるために 「一度傷んだ髪は、その後どんなケアをしても、栄養補給をしたり、生き返らせたり、元の健康な状態に戻すことはできない」 これが大前提であり、正しいヘアケアに取り組むうえで非常に重要なポイントとなります。 もちろん、補修やダメージケア、髪質改善をうたう重めのトリートメントや重めのアウトバス、また1回1万〜1万5千円程度する美容院のサロントリートメント等で髪の表面を分厚くコーティングすることで、見せかけのサラツヤ感を演出して多少なりともごまかすことはできます。 ただし、既に死んでいる細胞である毛髪に栄養補給はできないため、これらの方法はどれも本質的にはコンシーラーを分厚く塗ってごまかすことと変わらず、効果が一時的で長続きせず、根本的な意味で髪を回復させることはできません。 この「髪は死んでいる細胞」=「一度傷むと元に戻せない」という前提をふまえると、髪をキレイな状態にしていくには、既に傷み、元に戻すことができない箇所は伸ばして&カット、伸ばして&カットを繰り返しながら徐々にカットで無くしてリセットしていくこと。 そのうえでこれから1ヶ月に約1センチずつのペースで根元から新しく生えてくる髪に関しては、日々のヘアケアでも優しくマイルドに洗えるシャンプーでなるべく髪にダメージを与えないこと。 また、それに合わせた程よく保湿・コーティングしてくれるトリートメントを使うこと。 加えて、それ以外のヘアケア・ヘアメニューでも下記のような髪への負担やダメージになることはなるべく避けること。 例:髪や頭皮への負担が特に大きくコンディション低下につながりやすいこと 日々のシャンプーやトリートメントに加え、これらの髪への負担やダメージになることもなるべく避けつつ、根元から生えてきたばかりのダメージゼロに近い状態のままで髪本来の健康な状態を保つこと。 そうやって徐々に傷んだ髪の割合を減らし、ダメージの少ない髪の割合を増やしながら、最低でも半年〜1年程度の時間をかけ、髪全体のコンディションを良い状態へ持っていくことが重要になります。 そしてこの 「髪は一度傷むと元に戻せないため『いかにダメージさせないか』が重要」という前提をふまえると、やはりシャンプーはどんな洗浄成分でどれくらい優しくマイルドに洗えるのか?という点が重要なポイントになります。 そのため、ドラッグストアや薬局で買える市販品、また、サロンで買える専売品専売品問わず、基本的には 「優しくマイルドに洗えるシャンプー」や 「程よく保湿・コーティングしてくれるトリートメント」をご利用頂ければと思います。

次の