アイドル レッスン。 アイドルクラス

営業/レッスン

アイドル レッスン

「Thinkstock」より ニュースサイト「My News Japan」を中心に、企業のパワハラ問題や労働争議を追いかけ取材を続けるジャーナリストの佐々木奎一が、独自のルートで取材したあの企業や業界の問題点に迫ります。 芸能界では、芸能事務所が所属 タレントに対して不当な長期契約を結ばせて拘束し、タレントが辞めたがっているのに辞めさせないという手口が横行している。 そのことを示す事件の一つが現在、東京地方裁判所で係争中である。 訴状によると、タレントのAは、2人組のアイドルユニットBとして東京都内を中心にライブ活動を続けていた。 そんな中、2012年2月に芸能マネージメント業をしている個人事業主のC氏とタレント専属契約を結んだ。 この契約の最大の特徴は、12年2月から17年2月までの5年間にわたる超長期契約であることだ。 契約締結後、Aはライブ活動のほか、パチンコ店のイベントガールやテレビCMのナレーションなどのタレント活動を始めた。 Aが受け取れる金額はイベントガールが1回1万5000円、ナレーションが1回5000~1万円、ライブ活動が1回4500円~1万5000円だった。 仕事の頻度は細々としたもので、契約初月の12年2月は計1回でギャラは1万円、3月は計2回で2万5000円、4月は計1回で1万円だった。 しかも、そのギャラがAの元に入ってきたわけではなかった。 CはAにレッスンを受けるよう強制しており、そのレッスン代をギャラから毎月2万円天引きしていたのである。 つまり、ほとんどの月でレッスン代がギャラを上回っていたため、Aはやむを得ずアルバイトをして月謝を払っていた。 ちなみに契約書には、「経費(レッスン代、衣装代を除く)その他の費用は乙(Aを指す)の負担とする」とあるので、レッスン代はAの負担ではないはずだが、Aが支払わされていた。 12年4月、渋谷区の公園でAは、C氏と男性スタッフと共にミュージックビデオの撮影をした。 撮影の途中、Aは公衆トイレで衣装の着替えをした。 するとその時、C氏が携帯電話で盗撮をしていた。 Aはすぐに気づいて問い詰めると、C氏は謝罪を繰り返した。 Aは嫌悪感で二度とC氏とは会いたくなかったが、仕事のために我慢した。 さらに、12年7月には、C氏はAに対して、自分と交際するか裸の動画を撮らせるかの選択を迫り、断れば仕事がなくなると脅したため、Aはやむなく裸の動画を撮らせた。 しかしこの年、5~11月まではまったく仕事はなく、12月になってナレーションの依頼が入っただけだった。 13年1月、中国・北京でアイドルユニットBとしての仕事が入った。 契約では、交通費はC氏の負担と明記しているにもかかわらず、Aは自己負担を強いられた。 不審感が募り、13年2月を最後に、Aはギャラの発生するタレント活動の仕事はしなくなった。 契約した12年2月以降のタレントの仕事は計8回で9万9500円。 この間に支払ったレッスン代は22万円だった。 ついに今年3月、AはC氏を相手取り、東京地裁に提訴した。 請求内容は、「タレント専属契約に基づく義務を負わないことを確認する」「セクシャルハラスメントの慰謝料と未払い報酬として、CはAに対して205万円を支払え」というもの。 Aの代理人は訴状で「本件契約は、原告に一方的に義務を負わせて、原告の職業選択の自由を著しく制限するもの」で、労働基準法や民法に反すると指摘し、「少なくとも契約期間が1年または2年を超えるものは無効」と主張している。 これに対しC氏側は「追って反論する」と回答している。 インターネット上には、Aの動画がアップされていて、そこにはランジェリー姿やTシャツにTバック下着という格好のAが映っている。 これはC氏に撮られたとAが主張している裸動画の一部なのかもしれない。 この事件は、華やかにみえる芸能界の闇の一端を示しているといえよう。 (文=佐々木奎一/ジャーナリスト).

次の

営業/レッスン

アイドル レッスン

カーネリアンのアイドルクラスは 「アイドルが好き」 「アイドルになりたい」 「アイドルの曲やダンスが好き」 そんなあなたにオススメのクラスです。 これに伴い、開講時間が13時~14時半となります。 クラス特徴• 憧れのアイドルになりきって踊る!• リクエスト曲、リクエストダンス、絶賛受付中!• よりアイドルっぽく見える仕草や表情もレクチャー!• 木曜日21時からのクラスは男性アイドルに特化したボーイズアイドルクラス、それ以外のクラスは女性アイドルの曲が多いクラスです!• 土曜日13時からのクラスはダンス未経験者クラスなのでダンスが初めてでも安心! 開講日• 毎週月曜/19:00~20:30/渋谷Bスタジオ• 毎週月曜/21:00~22:30/渋谷Bスタジオ• 毎週木曜/21:00~22:30/新宿スタジオ• 毎週金曜/19:30~21:00/渋谷Bスタジオ• 毎週土曜/13:00~14:00/池袋Aスタジオ• 担当講師紹介 ご予約・お問い合わせ時のご注意• フォームをご送信いただいた時点では仮予約となり、当スクールからの折り返しご連絡後にご予約確定となります。 お電話番号、Eメールアドレスは普段お使いのものをご入力ください。 空き状況は常に変動しております。 タイミングによってはご予約をお受けできない場合や別日をご提案させていただく場合がございます。 ご体験にお持ちいただくもの• 動きやすい服装• 室内用シューズ• タオル• 水分補給用のお飲み物• 体験レッスン料(1,000円) ご入会の流れ• レッスンをご体験いただきます。 クラスの雰囲気やレッスンの質、講師との相性などをご確認ください。 レッスン終了後、ご入会の旨を講師にお伝えください。 会員規約を確認後、規約と入会申込書にサインをいただいてご入会完了です。

次の

アイドル ダンスレッスン 勝ち抜くには 自主練習 が必須です

アイドル レッスン

【個別指導】 個人の弱点、長所をマンツーマンで指導。 なので、基礎が出来れば歌にも応用でき、歌が上手くなれば基礎にも応用できます。 そして、確実に変わった事が、自分はもちろん、第三者にもわかると思います。 【ヴォイストレーニング/キャラクターソングトレーニング】 ・発声…声の通り道、ノドの開き具合、舌の位置、口の開け方、表情筋のトレーニング 声の強弱、ファルセット、ミックスヴォイス etc… ・呼吸…ブレスのとり方、腹式呼吸、姿勢 etc… ・音程…音のとり方、表情筋のトレーニング、ロングトーン、スタッカート etc… ・筋トレ…ヴォーカリストにとって必要な筋肉トレーニング(家でも出来るように簡単にしたもの) etc… 【歌唱指導】 ・アニメや主題歌、等の独特の表現 ・PES メソッド、英語の歌を歌いやすく、英語圏の人に伝わる歌唱方法。 アイドルとしての歌を学びたいです。 一般的な、ボイトレは「声楽」の先生が教えています。 特に悪い事ではありませんが、 アイドルの歌は基本 POPSです。 こちらの講師はPOPS を熟知したの先生ですおすすめです。 また、声優さんの歌や声優業界の事も理解している先生です。 パフォーマンス を勉強したい! アイドルはステージでもパフォーマンスの歌と同じに大切です。 歌の振りなども指導します。 また、本格的な )で出来ます。 MC を勉強したい! 舞台に上がれば、只 歌えば言い訳ではありません。 MCについてもアドバイスします。 声優としての演技力を身につけたいと思っています。 声優の初級の先生でもあります。 本格的に声優の勉強も出来ます。 (オリジナルのテキストもあります。 ) オリジナル曲を作成してもらっているので、今後作詞などもできるようになりたいと思っています。 アイドルの場合は、オリジナルで歌う事も多いです。 実は、オリジナルは大変に難しく、歌唱指導 (歌いやすく、カッコいい歌い方)などのレッスンが必要です。 オリジナル曲を多く教えていますのでご安心を! また、オリジナルの歌詞のアドバイスも可能です。 東京ではなく地方にに住んでいて、たまに東京に通う形で活動しているのですが、不規則な日程で上記の内容をすべてレッスンしていただくことは可能でしょうか?? 大丈夫です。 都内に住んでいても、仕事や学校の都合でスケジュールは不規則になります。 )毎回、次のレッスンを決める!又はスケジュールが決まり次第メールなどで予約する形です! 所属事務所に繋がりのあるところにボイスサンプルを提出したいと言ってもらえているので、ある程度能力を身につけた後にボイスサンプルを作成したいとも思っています。 ボイスサンプルも制作可能です。 台本の書き方や録音等レッスンも可能です。 ボイスサンプルの台本や録音の仕方は独学では難しいので、レッスンするとレベルの高いsampleが作れます。 プロデューサーの意向がありますが、大丈夫ですか? 事務所に 所属している場合は、「先生が良い!」とか「自分が好き」と言うより、 プロデューサーやマネージャー、監督等に「気に入ってもらえる事」が重要です。 こちらでも、話を良く聞いて対処致します。 ご安心下さい。 etc・・・。 の方に最適です。 注)歌いたい曲のカラオケ(CD,カセット,MD可)と原曲(歌入り)歌詞カードをご持参下さい。 ヴォーカルコミュニケーター/テロメアクリエイトミュージック主宰 小 林 普 美 Harumi Kobayashi 11月9日生まれ 埼玉県 出身。 東放学園専門学校の音響技術科で学び 同校生徒とポップスバンドを結成。 リードボーカルとして、学園祭などの多数イベントに参加。 音楽業界勉強の為、音楽事務所のマネージャーとして入社。 その後、自分の音楽活動の為、退社。 本格的にヴォーカリストになる為、ビーイングボーカルスクールに入学。 その後、ビーイング内のオーディションでB. クィーンズのサポートメンバーとなる。 その他のアーティストのコーラスなどを経験。 いろいろな歌唱法や教育法を勉強する為、その他数々のヴォーカルスクールを多数経験。 経験をかわれ、(株)ライジングプロダクションが新設する、音楽スクール SLS の立ち上げから、創設スタッフとして入社。 音楽スクール立ち上げに関する全てのものに携わる。 事務管理をしながら、同スクールで講師の代行なども行う。 01年退職 2002年2月に、テロメアミュージックを開設。 同年、 渋谷のライブハウスにて、テロメアミュージック発表会を開催。 2010年11月にPES メソッドを確立。 (Pronunciation of English Song) 英語の歌を歌いやすく、英語圏の人に伝わる歌唱方法 ご注意:PES メソッドは、英会話をするシステムではありません。 現在、長年の音楽業界の経験と自らの音楽スクールを数多く受講した体験を生かし、最良の指導法とレッスン体系を確立。 独自の表現方法と発声~歌唱法、ステージパフォーマンスを指導!日本で数少ないアニメソング科やPES メソッドを立ち上げる。 さらに講師育成まで活躍の幅を広げ、ミュージシャンのカウンセラーとしても高い評価を受ける。 【受講生】 1. バンド&ソロヴォーカリスト 2. ダンスユニットのヴォーカル 3. 事務所所属アーティスト/ヴォイストレーニング 4. オーディションの為のレッスン 5. 声優&俳優の歌唱指導 6. POPヴォーカル講師の育成.

次の