全身 蕁 麻疹 原因。 【症例写真あり】蕁麻疹の症状・治療・市販薬 [皮膚・爪・髪の病気] All About

造成「蕁麻疹」的原因有什麼?

全身 蕁 麻疹 原因

体に痒みのある赤い発疹が出る蕁麻疹。 発疹が全身に広がることもあります 全身のアレルギー反応が原因で起こる、蕁麻疹(じんましん)。 体の一部に痒みを伴う赤い発疹が出ます。 発疹が身体全身に広がることもあります。 「湿疹」と違い、触ってもがさがさしておらず、また普通は1日の中で発疹の出る場所が移り、出たり消えたりするのが特徴です。 また、「虫刺され」による赤くぷくっとした発疹を蕁麻疹と間違えることもあるようですが、虫刺されは狭い範囲に発疹が出て、場所が移動せず、同じところに出続ける点で蕁麻疹と区別できます。 蕁麻疹の症例画像・写真 蕁麻疹にはただ赤みが出るだけではなく、いくつかのタイプがあります。 実際の写真を見てみましょう。 これも蕁麻疹です。 蕁麻疹の原因……9割は原因不明だが食物アレルギーも多い 9割ほどの患者さんでは、何が蕁麻疹を出現させるアレルギーの原因になったのか不明のことが多いです。 原因不明で突然出てくる蕁麻疹を、「特発性蕁麻疹」と呼びます。 以下で、蕁麻疹の原因と考えられるものの例を挙げます。 子どもの蕁麻疹の原因となる食材としては、卵、牛乳、大豆に対するアレルギーが多く、大人の蕁麻疹の原因となる食材としては、エビ、カニが多いです。 これは血流が良くなることで、蕁麻疹の反応が出やすくなるためでしょう。 また、疲れたときやストレスがかかったときに蕁麻疹が出る場合もあります。 実際に、テスト勉強をする度に発疹が出て、休みになると蕁麻疹の症状が治まるという患者さんを診たことがあります。 また、薬を飲んで出る発疹の「薬疹」は蕁麻疹と区別が難しい場合がありますので、皮膚科医に診断してもらう必要があります。 急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹の違い 蕁麻疹は、数日ですぐに治まる「急性蕁麻疹」と、6週間以上続き、場合によっては年単位で症状が出たり消えたりする「慢性蕁麻疹」の2つに大きく分けられます。 食べ物などの原因がある場合は、原因がなくなれば症状も治まるので、急性蕁麻疹で済むことが通例です。 この場合は症状のあるときだけ飲み薬の治療を行い、症状がなくなれば治療をストップして問題ありません。 一方、慢性蕁麻疹の場合には長期間、原因がはっきりしないにもかかわらず症状が出続けるので、毎日定期的に飲み薬を飲んでおさえる必要があります。 特定の原因が疑われる場合には、アレルギーテストを含めて採血を行い検査することもあります。 蕁麻疹の治療の基本は抗ヒスタミン薬……市販薬・処方薬 蕁麻疹の治療の基本は「抗ヒスタミン薬」という飲み薬です。 蕁麻疹で赤く盛り上がった発疹が出るのは、「ヒスタミン」という物質が体内で放出されることが原因なので、これを抑えることでアレルギー反応を和らげることができます。 治療の基本は飲み薬ですが、皮膚表面を掻きこわして荒れてしまった場合、炎症を抑えるためのステロイドの塗り薬も効果があります。 「アレグラ」や「アレジオン」といった市販薬は処方薬と同じ成分ですので、蕁麻疹に対する効果が期待できます。 副作用もごく軽い眠気しかありませんので、ここまでに解説したような症状があり蕁麻疹が疑われるけれども、すぐに病院受診をすることができないような場合、大人ならまず市販薬で対処するのもよい方法です。 蕁麻疹の痒みが原因で掻きこわして、皮膚表面が荒れてしまった場合、皮膚科で処方されるステロイドの塗り薬が効果的 蕁麻疹治療の基本は抗ヒスタミン薬の飲み薬ですが、掻きこわしがある場合は、このようなステロイドの塗り薬を使用することもあります。 慢性蕁麻疹が治る期間……年単位の治療が必要なことも 蕁麻疹、特に慢性蕁麻疹の場合、抗ヒスタミン薬を毎日飲まなければ赤みのある発疹が出現してしまうことが多いので、毎日定期的に服薬して治療に当たる必要があります。 この場合も眠気以外の副作用はほとんどありませんので、大きな心配はありません。 なかには年単位で治療を続けている患者さんもいます。 慢性蕁麻疹の場合によく聞かれるのが「この病気は治りますか?」「いつになったら治るのですか?」という質問です。 これには明確な答えがなく、抗ヒスタミン薬を数カ月間飲み、止めても症状が出ずに治った人もいれば、5年間内服しているけれども止めるとすぐに症状が出てしまう人もいたりと、様々です。 まずは薬を飲んで症状を完全に抑える状態を続け、それから徐々に薬を減量して症状がなければ治療終了とするのがよいでしょう。 治療を焦ると症状がなかなか改善しませんので、自分に合った抗ヒスタミン薬を見つけ、長い目で見て治療していきましょう。 幸い内服薬の副作用は軽い眠気以外はほとんどないですので、安心して使うことができます。 子どもの蕁麻疹の原因・治療法 冒頭の症例画像でにも挙げた通り、大人と同じように、子どもにも蕁麻疹は起きます。 症状は大人と同じで、赤く痒い発疹が全身に出ますが、子どもの場合は一過性の急性蕁麻疹が多く、卵などアレルゲンになる食べ物を取った後や、風邪などをひいて体調が悪い時に出るケースが多いです。 特に子どもの場合は、原因がなくなると1~3日で蕁麻疹がひく場合が多いです。 中には大人によくみられるように長期間にわたって赤みや痒みが出たり消えたりすることがありますが、その場合も数カ月以上続くことはまれで、たいていは2ヶ月もすると発疹が出なくなります。 治療も大人と同じですが、慢性蕁麻疹になり長期化することは少ないので、抗ヒスタミン薬も症状がある期間のみ飲むことになります。 6ヶ月以上症状が続く場合は、子どもの場合は保険内でシロップまたはドライシロップの抗ヒスタミン薬を処方することができます。 皮膚科で効果的な治療を受けるのがよいでしょう。 まとめ 蕁麻疹になった場合、治療のメインは抗ヒスタミン薬という飲み薬です。 痒みで掻きこわして皮膚が荒れてしまった場合は、皮膚表面の炎症を抑えるステロイドの塗り薬も効果があります。 蕁麻疹は長期化する場合もありますが、皮膚科を受診して適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

次の

じんましん(蕁麻疹)

全身 蕁 麻疹 原因

而反覆發作,發病時間超過六週以上,便稱為慢性蕁麻疹,占蕁麻疹患者約30 %左右。 這類患者大多數找不到誘因,治療上比較困難,病情可能持續數個月或是好幾年,時常不明原因的反覆發生且發作時來去如風,。 經血清免疫學檢查,發現有不少患者血清中存在自體免疫性抗體,而導致病人久治不癒的原因常常就是全身性自體免疫疾病在作怪,如紅斑性狼瘡, 冷澱球蛋白血症,血管炎 等所引起。 病因: 急性蕁麻疹 引起急性蕁麻疹的原因很多,大部份的過敏反應發生是因病患本身的過敏體質,若又接觸到環境中的過敏原或是其它特定原因而引起身體的免疫反應,引起的因素可能有 : 最常見的為對食物與藥物過敏,另外蟲咬、花粉、灰塵、黴菌、動物的毛髮及皮屑等都可以使過敏的人生蕁麻疹。 很多醫師一碰到病人長蕁麻疹,就跟病人說:「皮膚過敏」,這種講法並不正確,例如下列的蕁麻疹並不全都是過敏反應所產生的:• 冷、熱、陽光、水也使某些特異體質的人生蕁麻疹,有的人則在皮膚被壓到的地方發生蕁麻疹• 寄生蟲、細菌及濾過性病毒感染也可使人發生蕁麻疹。 內在疾病如紅斑狼瘡、惡性腫瘤也可引起蕁麻疹。 有的人在動、流汗、情緒緊張、高溫的環境、洗熱水澡時也可出現蕁麻疹,這種蕁麻疹特稱為「膽素型麻疹」。 有的人的皮膚在搔抓或劃過的 地方會浮起來產生蕁麻疹,這種症狀就被稱為為「皮膚劃紋症」• 某些遺傳疾病也可使罹患者出現蕁麻疹。 壓力及情緒緊張都可使所有的蕁麻疹惡化,特別是膽素型蕁麻疹。 酒也能使某些特異體質的人生蕁麻疹,但常常酒是使已有的蕁麻疹惡化的因素,而不是引起蕁麻疹的原因。 病患若由生活經驗中或是透過敏感測試確定自己的過敏原是哪些,只要避開過敏原通常可以避免過敏反應的再發。 檢查與診斷: 慢性蕁麻疹 自體免疫是指免疫系統針對自體組織成分或改變了的組織成分發生免疫反應,產生抗體和致敏的淋巴細胞,由此而引發的疾病稱為自體免疫疾病。 慢性蕁麻疹患者大約有 40 %~ 50 %具有自體血清皮膚測驗 ASST 呈陽性反應。 有專家將慢性蕁麻疹患者血清作自體皮下注射,可以再現局部風疹或紅斑;若將患者血清注入正常人皮下,可導致嗜鹼性細胞釋放顆粒。 且可以在患者血清中找到抗免疫球蛋白 E 受體的自體抗體或抗免疫球蛋白 E 的自體抗體。 這些自體抗體在沒有遇到外來過敏原的情況下 , 也會自己將導致過敏的肥胖細胞活化起來引起蕁麻疹。 約 15 %的慢性蕁麻疹患者具有抗甲狀腺自身抗體的存在,如抗甲狀腺球蛋白抗體及抗甲狀腺微粒體抗體,故早期自體性甲狀腺炎併發之慢性蕁麻疹亦需注意。 治療: 用藥 除了避開誘發皮膚過敏的過敏原,口服抗組織胺類的藥品是最重要的治療,抗組織胺藥主要在體內阻斷過敏反應物質的生成,因此可以抑制新的過敏反應發生,皮疹的過敏現象也可得到緩解;過去的抗組織胺普遍有嗜睡的副作用,新一代的抗組織胺巳經可以免除想睡覺的副作用,本院內的口服抗組織胺及常用劑量為: Allegra(艾來)早晚飯後服用一顆、Alltec(永康敏)睡前服用一顆、Xyzal 驅異樂 睡前服用一顆。 當過敏反應太強或是轉變為較難控制的慢性蕁麻疹,則需要配合口服類固醇治療,可以有效降低過敏及發炎現象,作為短期的敏感控制並不會對身體造成傷害及負擔,病患可以不需過度擔心;本院的口服類固醇有Prednisolone(康速龍)、Mep(美利)、Mednin(美得寧),醫師會根據病患的過敏情形及控制狀況而調整用藥的劑量,隨著身體敏感情況的改善逐漸減低劑量至一天一次或減至二天一次。 有自體免疫抗體的慢性蕁麻疹患者使用傳統的抗組織胺 往往難以奏效,在給予患者免疫調節藥物或類固醇治療 ,可以 獲得滿意的療效。 發生過敏的局部搔癢難耐,且皮膚不規則粒疹或紅腫也影響美觀,可以撘配外用藥膏來改善局部發炎發癢,這些外用藥膏同樣是抗組織胺類及類固醇的成份,具有抗組織胺成份的如: Sinbaby(金貝比擦劑)、C. B ointment(施美藥膏);具類固醇成份的如: Rinderon-V(臨得隆藥霜)、Topsym(妥膚淨軟膏)、Bestasol(倍達舒乳膏)、Esperson(拭皮爽軟膏)、Elomet(皚膚美得乳膏)、Cort. S ointment(皮質醇軟膏)等,經醫師評估過敏的嚴重度及過敏部位而選擇用藥。 日常生活保健原則 蕁麻疹百分之七十找不出原因,常讓病患摸不著頭緒,很多是體質性的問題,持續復發又不易根治,因此過敏體質的人最好學習如何與它共處,才能盡量在生活中減低困擾:• 洗澡可以使用肥皂或沐浴乳,但水溫不要太高。 依醫師指示,按時服藥,並使用止癢擦劑,或局部冰敷以降低癢的感覺。 不要使用酒精擦拭,有時反而會越擦越癢。 避免熱敷,但可使用冷敷:熱可使癢感暫時緩解,但會讓局部的紅腫更嚴重,使用冷敷可以抑制癢感,也可以收縮血管降低發紅• 避免手抓:手抓止癢會使局部的溫度升高,使血液中組織胺(即引起過敏反應的體內生成物質)釋出,造成發癢局部更加擴大及惡化• 多食用有益或鹼性食物:如富含維他命C及B群之新鮮蔬果• 注意會誘發過敏的食物或藥物,及環境中的誘發因子• 適度運動、避免疲累、避免生活壓力 國人常以為過敏與肝臟功能不好有關 ,常有患者至門診要求檢查肝臟功能或自行服用保肝丸的錯誤觀念 ,其實若有過敏或蕁麻疹 ,及早找過敏免疫專科醫師求治才是正途。

次の

造成「蕁麻疹」的原因有什麼?

全身 蕁 麻疹 原因

蕁麻疹 皮膚病灶成因 蕁麻疹是一種常見的過敏性皮膚病,因身體接觸到過敏原,引起皮膚內小血管急速擴張,而在皮膚表面形成膨疹。 膨疹在24小時內會自動消除,但在過敏原未完全離開身體或是不斷再接觸到過敏原時,膨疹將反覆的發作。 大多數蕁麻疹為急性發作,在數天後會自動康復;但若反復發作超過6星期以上,則稱為慢性蕁麻疹。 原因:• 食物:海鮮、發酵食品、堅果類、蛋、牛奶、含人工添加物製品、含咖啡因食品、芒果、草莓、竹筍、葡萄柚、糯米、香菇及酒精類飲料等。 藥物:抗生素、止痛劑、鎮定劑、安眠藥、利尿劑、維他命等。 感染:慢性蛀牙、牙周病、鼻竇炎、尿路感染、念珠菌感染、B型C型肝炎、病毒性上呼吸道感染、滴蟲、腸道寄生蟲感染。 吸入物:花粉、孢子、粉塵、化學溶劑。 內分泌:甲狀腺異常、自體免疫疾病。 物理性:陽光、溫度、騷抓、壓力、運動、水。 常用的治療方式 【口服. 外用】 最佳的方法是找出並去除導致蕁麻疹的原因。 口服抗組織胺類及止癢擦劑的藥物為主。 嚴重者:注射腎上腺素或短期的類固醇藥物使用。 治療流程 治療時間/次數 輔助性的醫學美容 治療注意事項 1. 洗澡可以使用肥皂或沐浴乳,但水溫不要太高。 依醫師指示,按時服藥,局部冰敷以降低癢的感覺。 不要使用酒精擦拭,有時反而會越擦越癢。 剪短指甲,避免對局部搔抓,而造成皮膚損傷。 應穿著寬鬆、質輕、可透氣的服飾。 常見問題Q&A Q1:有什麼情況時一定要就醫? A1:1. 如果自我照護無效時。 感覺喉嚨緊縮。 呼吸困難、會喘或有哮喘聲。 感覺暈眩。 舌頭或臉部腫脹起來。

次の