多摩 市 感染 者 数。 【北九州・第2波】6月13日の新たな感染者数は4人

【多摩市・稲城市】2020年4月13日発表、東京都の新型コロナウイルス感染者発生状況と区市町村別感染者数情報(号外NET)

多摩 市 感染 者 数

新型コロナウイルス感染のニュースが、止まりません。 東京都内のコロナウイルス感染者数は、2020年3月1日には59人だったのが、3月31日には521人、4月5日には1,034人にまで急増しています。 ですが、指定感染症である新型コロナウイル感染者は、感染を広げないよう入院できる病院が限られています。 本来なら、新型コロナウイルス肺炎は『二類感染症』に相当するので、入院する病院は『感染症指医療機関』になりますが、『感染症指定医療機関』の数には限りがあります。 東京都内では2月中旬にはコロナウイルス感染者数が急増し、『感染症指定医療機関』の感染症対応病床(ベッド数)が足りなくなり、一般病院にも感染症患者受け入れを依頼していました。 コロナウイルス感染者の中で重症の患者が『感染症指定医療機関』で治療を受け、軽症・無症状の患者が一般病院へ入院するよう振り分けられているそうです。 感染症指定医療機関以外でどこの病院がコロナウイルス感染者の入院を受け入れているかは公表されていませんが、『感染症指定医療機関』は厚生労働省によって、全都道府県の対象病院が公表されています。 そこで、 東京都内の新型コロナウイルス感染者の重症の患者を治療する 『感染症指定医療機関』がどこの病院か、それぞれの病床数(ベッド数)一覧と、 新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)や東京都の 新型コロナウイルス相談窓口についてまとめてみました。 もくじ• コロナウイルス対応の『感染症指定医療機関』とは? 全国に感染症指定医療機関はこんだけしかない。 一般病棟にある個室を陰圧室として使用も考えてるみたいな事を言ってたが、他の病室にいる患者らに感染しないか?心配だわ。 ただでさえ免疫が弱っている人らが入院しているのに。 クルーズ船でも悲惨だと言ってるのに。 院内感染の確率高いと思うな…。 感染症指定医療機関には、厚生労働大臣が指定する『特定感染症指定医療機関』と、各都道府県知事が指定する『第一種感染症指定医療機関』『第二種感染症指定医療機関』の3種類があります。 【新宿区】国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院(ベッド数:4床)• 【世田谷区】自衛隊中央病院 (ベッド数:2床)• 【文京区】東京都立駒込病院 (ベッド数:2床+28床)• 【墨田区】東京都立墨東病院 (ベッド数:2床+8床)• 【大田区】公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院 (ベッド数:2床+18床)• 【板橋区】公益財団法人東京都保健医療公社 豊島病院 (ベッド数:20床)• 【青梅市】青梅市立総合病院 (ベッド数:4床)• 【八王子市】東京医科大学八王子医療センター (ベッド数:8床)• 【立川市】国家公務員共済組合連合会 立川病院 (ベッド数:6床)• 【武蔵野市】日本赤十字社東京都支部 武蔵野赤十字病院(ベッド数:6床)• 【小平市】公立昭和病院(ベッド数: 6床)• 『第二種感染症指定医療機関』の病院は他にもありますが、コロナウイルス受け入れ病院は「感染症病床」がある病院が対象になるので、 『第二種感染症指定医療機関』でも結核病床の「東京病院」などは一覧から除いています。 ですが、東京都ではコロナウイルス感染者の増加に伴い、早い段階から、感染症病床を有する『第二種感染症指定医療機関』以外の病院も、コロナウイルス感染者の受け入れ病院に指定されるようになっています。 『感染症指定医療機関』以外の病院で、どこが受け入れ病院になるのか公表されていないので分かりませんが、感染症病床のない『第二種感染症指定医療機関』でもコロナウイルス患者の入院病院となっている可能性は高いです。 医療法人財団葛飾厚生会 東立病院(結核病床:15床)• 社会福祉法人仁生社 江戸川メディケア病院(結核病床:50床)• 公益財団法人結核予防会 新山手病院(結核病床:8床)• 東京慈恵会医科大学附属第三病院(結核病床:27床)• 公益財団法人結核予防会 複十字病院(結核病床:60床)• 社会福祉法人上宮会 清瀬リハビリテーション病院(結核病床:48床)• 独立行政法人国立病院機構 東京病院(結核病床:100床)• 東京都立多摩総合医療センター(結核病床:48床)• 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院(結核病床:22床)• 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院(結核病床:8床)• JR東京総合病院(結核病床:2床)• 日本大学医学部附属板橋病院(結核病床:12床)• 東京都立小児総合医療センター(結核病床:12床)• 医療法人伯鳳会 東京曳舟病院(一般・精神病床:2床)• 社会医療法人社団健友会 中野共立病院(一般・精神病床:1床)• 学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院(一般・精神病床:15床)• 日本赤十字医療センター(一般・精神病床:3床)• 城南福祉医療協会 大田病院(一般・精神病床:1床)• 河北総合病院分院(一般・精神病床:1床)• 日本医科大学付属病院(一般・精神病床:2床)• 慶應義塾大学病院(一般・精神病床:2床)• 東京都立松沢病院(一般・精神病床:18床) 東京の特定感染症指定医療機関 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 (病床数:4床) 【チャーター機帰国者】症状ない人、国立国際医療研究センターへ 症状がない人は新宿区にある国立国際医療研究センターにバスで移動。 体調不良を訴えた4人は別の病院に搬送された。 結局は保健所が障壁となる状況は変わらない。 画像とリンク先は東京都福祉保健局のもの — あいうえお ebilehh 東京都内で新型コロナウイルスの重症感染者の入院先となる『感染症指定医療機関』を紹介しましたが、コロナウイルに感染の確認にはPCR検査が必要です。 高熱など体調が悪くコロナウイルス感染が疑われる場合、PCR検査をうけ陽性で入院するまでのフローチャートが東京都から公表されています。 これによると、『新型コロナ外来』を受診し、医師が必要と判断した場合にPCR検査を受けられるようになっています。 (帰国者や感染者への接触がなくても感染しているから『帰国者・接触者外来』だと、分かりにくいもんね…) 東京都の 『新型コロナ外来』がどこの病院に設置されているのかは公表されておらず、『新型コロナ受診相談窓口』に電話で必要な問診を行い、 『新型コロナ受診相談窓口』が『新型コロナ外来』での受診が必要と判断した場合に、『新型コロナ外来』の詳細を教えてもらえるようになっています。 『新型コロナ受診相談窓口』に電話がつながらなかったり、『新型コロナ外来』での受診が必要と判断されずたらいまわしにされるなどのニュースもあるので、『新型コロナ受診相談窓口』を通さずに『新型コロナ外来』に受信しに行きたいという方もいるかもしれません。 ですが、いきなり直接の受信は医療機関の崩壊にもつながる行為なので、『新型コロナ外来』『帰国者・接触者外来』がどこの病院かは、東京都に限らずほぼすべての都道府県が公開していません。 新型コロナ外来の数は? ・新型コロナ外来の拠点病院をつくる。 ・24時間体制で外来に対応する。 ・外来の系列を増やしていく。 ・コロナ外来を受け入れるための一定の整備をするなどの対応に補助金を出す。 今後は『新型コロナ外来』の拠点を作り、24時間体制の対応をとっていき、他の病院にも『新型コロナ外来』受け入れを求め、可能なら財政支援を検討しているそうです。 電話番号:【平日の昼間】各保健所の電話番号• 電話番号:【土日祝終日・平日夜間】03-5320-4592 『新型コロナコールセンター』に電話相談し、専門的な助言が必要と判断された場合は『新型コロナ受診相談窓口』を案内されます。 どちらも保健所の担当者が対応するようです。 東京都の保健所は細かく分かれているので、各保健所の電話番号・開所時間などは、からご確認ください。 微力ながら周知のお手伝いまで。 — アーニスクラブ東京東部支部 Arnisctetg 厚生労働省でも、新型コロナウイルスにかかる厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)を設置しています。 多すぎるやろ… — 🐲まーさん 竜党🔥 MOyakyu0923 東京都内の『感染症指定医療機関』の一覧とベッド数、新型コロナ外来の病院、新型コロナコールセンター/新型コロナ受診相談窓口まとめてお伝えしました。 東京都ではコロナウイルスの感染者が急増しているので、感染症指定医療機関だけではベッド数が全く足りず一般病院でも入院を受け入れている状態です。 小池都知事は、5,000床準備すると言われていましたが、どうなるのでしょうか…。 新型コロナ外来の病院は公表されていないのでわかりませんでしたが、医療崩壊を招かないためには仕方ないのかもしれません。

次の

東京の感染症指定医療機関一覧ベッド数|新型コロナ外来病院どこ?

多摩 市 感染 者 数

13101 46 13102 124 13103 353 13104 658 13105 103 13106 180 1 13107 161 15 13108 239 13109 199 13110 179 13111 263 13112 529 17 13113 204 6 13114 282 13115 277 13116 198 13117 106 13118 85 13119 179 13120 299 31 13121 178 18 13122 141 3 13123 162 7 13201 51 1 13202 19 13203 22 13204 32 13205 10 13206 79 13207 10 13208 38 13209 58 1 13210 36 13211 27 13212 20 13213 16 13214 15 13215 8 13218 2 13219 26 13220 8 13221 15 13222 17 13223 2 13224 38 13225 11 13227 5 13228 10 13229 54 13303 2 13305 1 13382 1 X1都外 253 5 この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 2020年 [ ] 1月 [ ] 1月24日、から来日した在住の40代男性旅行者が、東京都内で初めての新型コロナウイルス感染症患者と確認された。 1月15日にで確認された感染者に続いて、国内2例目となった。 この患者は来日前に医療機関を2度受診していたが、の診断はなく経過観察となり、来日後の1月20日に日本国内の医療機関を受診した際も診断は変わらなかった。 しかし、発熱と咽頭痛が続いて1月22日に再受診したところ、肺炎像を認め、都内の医療機関に転院し、入院した。 入院中に症状は落ち着き 、その後、退院した。 2月 [ ] 2月13日、東京都内在住の70代の運転手の男性について、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことが判明した。 都内で4例目の感染事例で 、東京都在住者および日本国籍者としては初めての感染者となった。 外国への渡航歴はなく 、中国人客の乗車もなかったという。 3月 [ ] 3月24日、東京都内の感染者は18人増えて累計で171人となり、それまで感染者数で1位だったの162人を抜いて都道府県別で国内最多となった。 3月26日、東京都はに基づき、「東京都新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置した。 3月28日、新たに63人の感染が確認された。 東京都では27日まで3日連続で40人以上の感染者が確認されており、感染の拡大防止のため外出を自粛するよう要請している。 3月29日、新たに68人の感染が確認され、1日の感染者数で過去最多となった。 そのうち20数人は台東区の病院の関係者である。 同日深夜、同月23日に感染が確認されたタレントのがで死去。 3月31日、新たに78人の感染が確認された。 そのうち49人は、感染経路不明である。 4月 [ ] 4月1日、新たに66人の感染が確認された。 そのうち38人の感染経路が不明である。 4月2日、新たに97人の感染が確認された。 そのうち33人の感染経路が不明である。 4月3日、新たに89人の感染が確認された。 そのうち55人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人の死亡が確認された。 4月4日、新たに116人の感染が確認された。 そのうち81人の感染経路の不明である。 また、の患者3人など5人の死亡が確認された。 4月5日、新たに143人の感染が確認された。 そのうち47人は感染者の濃厚接触者、4人は海外からの帰国者で、92人の感染経路が不明である。 これで、東京都での感染者数は1000人を超え、1033人となった。 4月6日、新たに83人の感染が確認された。 そのうち73人の感染経路が不明である。 また、首相が4月7日に 緊急事態宣言を出す方針を示した。 4月7日、新たに79人の感染が確認された。 そのうち57人の感染経路が不明である。 また、の入院患者である90代女性1人の死亡が確認された。 4月8日、新たに144人の感染が確認された。 そのうち95人の感染経路が不明である。 また、の入院患者3人など4人の死亡が確認された。 4月9日、新たに178人の感染が確認された。 そのうち122人の感染経路が不明である。 また、70代男性1人の死亡が確認された。 4月10日、新たに187人の感染が確認された。 そのうち147人の感染経路が不明である。 また、4人の死亡が確認された。 4月11日、新たに197人の感染が確認された。 そのうち152人の感染経路が不明である。 4月12日、新たに166人の感染が確認された。 そのうち87人は中野区のの関係者で、64人の感染経路が不明である。 また、2人の死亡が確認された。 4月13日、新たに91人の感染が確認された。 そのうち76人の感染経路が不明である。 4月14日、新たに161人の感染が確認された。 そのうち105人の感染経路が不明である。 また、の入院患者4人など5人の死亡が確認された。 4月15日、新たに126人の感染が確認された。 そのうち45人は濃厚接触者、2人は海外帰国者で、79人の感染経路が不明である。 また、6人の死亡が確認された。 4月16日、新たに148人の感染が確認された。 そのうち103人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 4月17日、新たに201人の感染が確認された。 そのうち134人の感染経路が不明である。 4月18日、新たに181人の感染が確認された。 そのうち124人の感染経路が不明である。 また、5人の死亡が確認された。 4月19日、新たに107人の感染が確認された。 そのうち67人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 4月20日、新たに102人の感染が確認された。 そのうち77人の感染経路が不明である。 また、の入院患者3人など6人の死亡が確認された。 4月21日、新たに123人の感染が確認された。 そのうち42人は濃厚接触者で、残りの81人の感染経路が不明である。 また、4人の死亡が確認された。 4月22日、新たに132人の感染が確認された。 そのうち52人が濃厚接触者で、77人の感染経路が不明である。 4月23日、新たに134人の感染が確認された。 そのうち85人の感染経路が不明である。 また、のなど6人の死亡が確認された。 4月24日、新たに161人の感染が確認された。 感染者の濃厚接触者86人のうち26人はのの関係者で、残りの75人は感染経路が不明である。 また、の入院患者4人など6人の死亡が確認された 4月25日、新たに103人の感染が確認された。 そのうち42人は濃厚接触者で、61人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人など7人の死亡が確認された 4月26日、新たに72人の感染が確認された。 そのうち52人の感染経路が不明である。 4月27日、新たに39人の感染が確認された。 そのうち15人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人など6人の死亡が確認された。 4月28日、新たに112人の感染が確認された。 そのうち69人は濃厚接触者、1人は海外帰国者で、42人の感染経路が不明である。 また、の入院患者1人など2人の死亡が確認された 4月29日、新たに47人の感染が確認された。 そのうち17人は濃厚接触者、3人は海外帰国者で、27人の感染経路が不明である。 また、9人の死亡が確認された。 4月30日、新たに46人の感染が確認された。 そのうち31人は濃厚接触者で、15人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 5月 [ ] 5月15日、東京都の累計感染者が5000人を超えた。 6月 [ ] 6月2日、東京都は5月下旬ごろから再び感染拡大の兆候があるとして独自の警戒情報である「東京アラート」を発動した。 同11日、発動の目安を下回ったことから「東京アラート」を解除した。 6月27日、東京都の累計感染者が6000人を超えた。 集団感染(クラスター)発生事例 [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 本節では、集団感染が疑われるケースも記載する。 屋形船での新年会 [ ] 2020年2月14日、前月18日にで行われた都内の組合支部のの出席者から複数の感染者が確認された。 うち2人は2月13日に感染が確認された70代のタクシー運転手の男性の関係者だった。 新年会の数日前、屋形船の従業員がからの旅行者を接客したという。 病院(院内感染) [ ] 永寿総合病院 [ ] 2020年3月25日、で最も規模の大きいで、入院患者および看護師十数人の感染が判明した。 東京都によると、院内での集団感染が疑われるケースは都内で初めてだという。 台東区の区長は、医療機関の関係者で構成される台東区新型コロナウイルス感染症対策協議会を設置し、また同病院の受診者や区民を対象とした専用相談電話を、それぞれ病院および区に開設すると発表した。 なお、このも屋形船に由来する可能性があると見られる。 それ以降も相次いで関係者の感染が確認され、5月9日の時点で、患者131人、職員83人(常勤医師8人、看護師・看護助手60人、事務員・技師・委託業者等15人)の計214人の感染と患者42人の死亡が判明している。 都立墨東病院 [ ] 東京都のでは、2020年4月9日に患者1人と委託職員1人の感染が確認され(発表は14日)、4月28日までに患者13人、職員27人、委託職員3人の計43人の感染と患者4人の死亡が確認されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト. 2020年6月29日閲覧。 2020年3月26日閲覧。 2020年1月24日. 2020年3月26日閲覧。 2020年2月13日. 2020年3月26日閲覧。 東京都. 2020年3月26日閲覧。 東京都防災ホームページ• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 稲城市• 羽村市• あきる野市• 西東京市• 瑞穂町• 日の出町• 御蔵島村• 越谷市• さいたま市• 茨城県• 2020年3月26日閲覧。 オンライン 2020年3月25日. 2020年3月26日閲覧。 、NHK. 2020年3月28日閲覧。 、テレ朝NEWS. 2020年3月29日閲覧。 日本経済新聞, 2020-03-30. 、NHK. 2020年3月31日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 2020年4月5日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月28日閲覧。 、テレ朝ニュース. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月6日閲覧。 、NHK. 2020年4月6日閲覧。 NHk. 2020年4月28日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月13日閲覧。 NHkニュース. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月12日閲覧。 NHkニュース. 2020年4月12日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月14日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月30日閲覧。 NHK. 2020年4月16日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月28日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月28日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月29日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月28日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月30日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月30日閲覧。 毎日新聞. 2020年5月16日閲覧。 日本経済新聞、2020年6月3日閲覧。 日本経済新聞、2020年6月15日閲覧。 産経ニュース、2020年6月27日閲覧。 オンライン 2020年2月15日. 2020年3月26日閲覧。 2020年2月16日. 2020年3月26日閲覧。 デジタル 2020年3月26日. 2020年3月27日閲覧。 2020年3月25日. 2020年3月27日閲覧。 news. tv-asahi. jp 2020年4月2日. 2020年4月4日閲覧。 2020年5月13日閲覧。 東京都病院経営本部 2020年5月12日. 2020年5月13日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 東京都• - 東京都• - 東京都感染症情報センター• - 東京都福祉保健局• - 東京都• - 提供.

次の

【多摩市・稲城市】2020年4月9日発表の東京都の新型コロナウイルス感染者発生状況と区市町村別感染者数情報(号外NET)

多摩 市 感染 者 数

13101 46 13102 124 13103 353 13104 658 13105 103 13106 180 1 13107 161 15 13108 239 13109 199 13110 179 13111 263 13112 529 17 13113 204 6 13114 282 13115 277 13116 198 13117 106 13118 85 13119 179 13120 299 31 13121 178 18 13122 141 3 13123 162 7 13201 51 1 13202 19 13203 22 13204 32 13205 10 13206 79 13207 10 13208 38 13209 58 1 13210 36 13211 27 13212 20 13213 16 13214 15 13215 8 13218 2 13219 26 13220 8 13221 15 13222 17 13223 2 13224 38 13225 11 13227 5 13228 10 13229 54 13303 2 13305 1 13382 1 X1都外 253 5 この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 2020年 [ ] 1月 [ ] 1月24日、から来日した在住の40代男性旅行者が、東京都内で初めての新型コロナウイルス感染症患者と確認された。 1月15日にで確認された感染者に続いて、国内2例目となった。 この患者は来日前に医療機関を2度受診していたが、の診断はなく経過観察となり、来日後の1月20日に日本国内の医療機関を受診した際も診断は変わらなかった。 しかし、発熱と咽頭痛が続いて1月22日に再受診したところ、肺炎像を認め、都内の医療機関に転院し、入院した。 入院中に症状は落ち着き 、その後、退院した。 2月 [ ] 2月13日、東京都内在住の70代の運転手の男性について、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことが判明した。 都内で4例目の感染事例で 、東京都在住者および日本国籍者としては初めての感染者となった。 外国への渡航歴はなく 、中国人客の乗車もなかったという。 3月 [ ] 3月24日、東京都内の感染者は18人増えて累計で171人となり、それまで感染者数で1位だったの162人を抜いて都道府県別で国内最多となった。 3月26日、東京都はに基づき、「東京都新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置した。 3月28日、新たに63人の感染が確認された。 東京都では27日まで3日連続で40人以上の感染者が確認されており、感染の拡大防止のため外出を自粛するよう要請している。 3月29日、新たに68人の感染が確認され、1日の感染者数で過去最多となった。 そのうち20数人は台東区の病院の関係者である。 同日深夜、同月23日に感染が確認されたタレントのがで死去。 3月31日、新たに78人の感染が確認された。 そのうち49人は、感染経路不明である。 4月 [ ] 4月1日、新たに66人の感染が確認された。 そのうち38人の感染経路が不明である。 4月2日、新たに97人の感染が確認された。 そのうち33人の感染経路が不明である。 4月3日、新たに89人の感染が確認された。 そのうち55人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人の死亡が確認された。 4月4日、新たに116人の感染が確認された。 そのうち81人の感染経路の不明である。 また、の患者3人など5人の死亡が確認された。 4月5日、新たに143人の感染が確認された。 そのうち47人は感染者の濃厚接触者、4人は海外からの帰国者で、92人の感染経路が不明である。 これで、東京都での感染者数は1000人を超え、1033人となった。 4月6日、新たに83人の感染が確認された。 そのうち73人の感染経路が不明である。 また、首相が4月7日に 緊急事態宣言を出す方針を示した。 4月7日、新たに79人の感染が確認された。 そのうち57人の感染経路が不明である。 また、の入院患者である90代女性1人の死亡が確認された。 4月8日、新たに144人の感染が確認された。 そのうち95人の感染経路が不明である。 また、の入院患者3人など4人の死亡が確認された。 4月9日、新たに178人の感染が確認された。 そのうち122人の感染経路が不明である。 また、70代男性1人の死亡が確認された。 4月10日、新たに187人の感染が確認された。 そのうち147人の感染経路が不明である。 また、4人の死亡が確認された。 4月11日、新たに197人の感染が確認された。 そのうち152人の感染経路が不明である。 4月12日、新たに166人の感染が確認された。 そのうち87人は中野区のの関係者で、64人の感染経路が不明である。 また、2人の死亡が確認された。 4月13日、新たに91人の感染が確認された。 そのうち76人の感染経路が不明である。 4月14日、新たに161人の感染が確認された。 そのうち105人の感染経路が不明である。 また、の入院患者4人など5人の死亡が確認された。 4月15日、新たに126人の感染が確認された。 そのうち45人は濃厚接触者、2人は海外帰国者で、79人の感染経路が不明である。 また、6人の死亡が確認された。 4月16日、新たに148人の感染が確認された。 そのうち103人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 4月17日、新たに201人の感染が確認された。 そのうち134人の感染経路が不明である。 4月18日、新たに181人の感染が確認された。 そのうち124人の感染経路が不明である。 また、5人の死亡が確認された。 4月19日、新たに107人の感染が確認された。 そのうち67人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 4月20日、新たに102人の感染が確認された。 そのうち77人の感染経路が不明である。 また、の入院患者3人など6人の死亡が確認された。 4月21日、新たに123人の感染が確認された。 そのうち42人は濃厚接触者で、残りの81人の感染経路が不明である。 また、4人の死亡が確認された。 4月22日、新たに132人の感染が確認された。 そのうち52人が濃厚接触者で、77人の感染経路が不明である。 4月23日、新たに134人の感染が確認された。 そのうち85人の感染経路が不明である。 また、のなど6人の死亡が確認された。 4月24日、新たに161人の感染が確認された。 感染者の濃厚接触者86人のうち26人はのの関係者で、残りの75人は感染経路が不明である。 また、の入院患者4人など6人の死亡が確認された 4月25日、新たに103人の感染が確認された。 そのうち42人は濃厚接触者で、61人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人など7人の死亡が確認された 4月26日、新たに72人の感染が確認された。 そのうち52人の感染経路が不明である。 4月27日、新たに39人の感染が確認された。 そのうち15人の感染経路が不明である。 また、の入院患者2人など6人の死亡が確認された。 4月28日、新たに112人の感染が確認された。 そのうち69人は濃厚接触者、1人は海外帰国者で、42人の感染経路が不明である。 また、の入院患者1人など2人の死亡が確認された 4月29日、新たに47人の感染が確認された。 そのうち17人は濃厚接触者、3人は海外帰国者で、27人の感染経路が不明である。 また、9人の死亡が確認された。 4月30日、新たに46人の感染が確認された。 そのうち31人は濃厚接触者で、15人の感染経路が不明である。 また、3人の死亡が確認された。 5月 [ ] 5月15日、東京都の累計感染者が5000人を超えた。 6月 [ ] 6月2日、東京都は5月下旬ごろから再び感染拡大の兆候があるとして独自の警戒情報である「東京アラート」を発動した。 同11日、発動の目安を下回ったことから「東京アラート」を解除した。 6月27日、東京都の累計感染者が6000人を超えた。 集団感染(クラスター)発生事例 [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 本節では、集団感染が疑われるケースも記載する。 屋形船での新年会 [ ] 2020年2月14日、前月18日にで行われた都内の組合支部のの出席者から複数の感染者が確認された。 うち2人は2月13日に感染が確認された70代のタクシー運転手の男性の関係者だった。 新年会の数日前、屋形船の従業員がからの旅行者を接客したという。 病院(院内感染) [ ] 永寿総合病院 [ ] 2020年3月25日、で最も規模の大きいで、入院患者および看護師十数人の感染が判明した。 東京都によると、院内での集団感染が疑われるケースは都内で初めてだという。 台東区の区長は、医療機関の関係者で構成される台東区新型コロナウイルス感染症対策協議会を設置し、また同病院の受診者や区民を対象とした専用相談電話を、それぞれ病院および区に開設すると発表した。 なお、このも屋形船に由来する可能性があると見られる。 それ以降も相次いで関係者の感染が確認され、5月9日の時点で、患者131人、職員83人(常勤医師8人、看護師・看護助手60人、事務員・技師・委託業者等15人)の計214人の感染と患者42人の死亡が判明している。 都立墨東病院 [ ] 東京都のでは、2020年4月9日に患者1人と委託職員1人の感染が確認され(発表は14日)、4月28日までに患者13人、職員27人、委託職員3人の計43人の感染と患者4人の死亡が確認されている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト. 2020年6月29日閲覧。 2020年3月26日閲覧。 2020年1月24日. 2020年3月26日閲覧。 2020年2月13日. 2020年3月26日閲覧。 東京都. 2020年3月26日閲覧。 東京都防災ホームページ• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 稲城市• 羽村市• あきる野市• 西東京市• 瑞穂町• 日の出町• 御蔵島村• 越谷市• さいたま市• 茨城県• 2020年3月26日閲覧。 オンライン 2020年3月25日. 2020年3月26日閲覧。 、NHK. 2020年3月28日閲覧。 、テレ朝NEWS. 2020年3月29日閲覧。 日本経済新聞, 2020-03-30. 、NHK. 2020年3月31日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月5日閲覧。 2020年4月5日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月28日閲覧。 、テレ朝ニュース. 2020年4月5日閲覧。 、NHK. 2020年4月6日閲覧。 、NHK. 2020年4月6日閲覧。 NHk. 2020年4月28日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 朝日新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月13日閲覧。 NHkニュース. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月12日閲覧。 NHkニュース. 2020年4月12日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月14日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月30日閲覧。 NHK. 2020年4月16日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月20日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 NHK. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月27日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月28日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月28日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月29日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月28日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月30日閲覧。 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報. 2020年4月30日閲覧。 毎日新聞. 2020年5月16日閲覧。 日本経済新聞、2020年6月3日閲覧。 日本経済新聞、2020年6月15日閲覧。 産経ニュース、2020年6月27日閲覧。 オンライン 2020年2月15日. 2020年3月26日閲覧。 2020年2月16日. 2020年3月26日閲覧。 デジタル 2020年3月26日. 2020年3月27日閲覧。 2020年3月25日. 2020年3月27日閲覧。 news. tv-asahi. jp 2020年4月2日. 2020年4月4日閲覧。 2020年5月13日閲覧。 東京都病院経営本部 2020年5月12日. 2020年5月13日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 東京都• - 東京都• - 東京都感染症情報センター• - 東京都福祉保健局• - 東京都• - 提供.

次の