難しい場合 敬語。 知っておきたい!よく使う敬語変換表【尊敬語・謙譲語・丁寧語】│タウンワークマガジン

「できません」の敬語表現!上手な断り方の例文を紹介!

難しい場合 敬語

打ち合わせ系など、会社やバイト先で敬語を使う機会が最も多い相手は言わずもがな上司でしょう。 しかし、上司との会話は正直な話そこまで敬語を意識する必要がありません。 なぜなら、打ち合わせ系などの業務でも、上司は目上の人でありながら、接する機会の多い身内の人間なため敬語の内容よりも敬う雰囲気が大切になります。 そのためついつい打ち合わせ系などの場で「ご都合が悪い」なんて表現を使ってしまう事があります。 本当に大切なのは外部の人間との会話 敬語の使用が最も効果を発揮するのは、取引先の相手や営業でお世話になるお客様、面接官など、打ち合わせ系などの状況です。 それらの方とは一期一会が多く「ご都合が悪い」や「させていただく」のような意味としてはわかるが不適切な言葉遣いが今後の関係に大きなダメージを与える可能性があります。 癖はどうしても大切な場に現れてしまいます。 打ち合わせ系などの場で「普段の何気ない上司との会話から気を引き締めて行きましょう。 「ご都合」に「悪い」を付けると尊敬表現でなくなる 先ほどからしきりによくない敬語として「ご都合が悪い」という言葉を選んで使っていますが、そもそもなぜ「ご都合が悪い」が敬語表現としてダメなのでしょうか?打ち合わせ系などの場で誤って使ってしまわないよう注意が必要です。 「ご都合」とは「都合」の尊敬表現です。 都合には相手の状態を伺うというような意味があるので、相手の状況を聞く時に使う言葉です。 では、「悪い」はどういう言葉になるかと言うと、ただの状況を指し示す言葉で尊敬表現でも何でもありません。 「ご都合」という尊敬表現に、尊敬表現ではない「悪い」を付けた、「ご都合が悪い」という表現はあまり望ましくありません。 打ち合わせ系などの場でも使わないように気を付けましょう。 「ご都合」に続く正しい言葉は「宜しい」 では、どのように変えればよいかと言うと、一例を上げると「宜しい」という言葉を使います。 「宜しい」は「よい」の尊敬表現となるので、「ご都合」の後に続く奇麗な敬語表現になります。 「ご都合が悪い」が口癖になっている方は「ご都合が宜しければ」と言いかえるようにしましょう。 細かいことですが、打ち合わせ系などの場で相手に「自分は分かっている」ということを使えることができます。 メールと会話での敬語の使い分け 一昔前までは敬語とは主に口語でありましたが、打ち合わせ系などの場も昨今は電電話よりもメールで連絡する機会が多くなり、伴うようにメールでの敬語表現が大切になってきました。 しかし、打ち合わせ系などの場では口語で敬語表現ができる人間でもメールでの敬語表現が出来ない人間をよく目にするような気がします。 メール敬語と口語敬語の最大の違いはわかりやすさです。 メールの利点は簡潔に、都合のよい時に、短時間で理解できる事にあります。 そのため周りくどい敬語を使うくらいならば、敬語表現を捨てる必要もあるかもしれません。 メール敬語はわかりやすさ 先ほどから出ている「ご都合が悪い」と言う言葉は敬語表現として間違っていると書きました。 それは「ご都合」が尊敬表現だからです。 「ご都合が悪い」を「都合が悪い」と表現すれば、これは敬語ではありませんが奇麗な表現になります。 意味としても「ご都合が宜しい」と「都合が悪い」は同じです。 「ご都合が宜しい」と書かれるより「都合が悪い」と書かれた方が読みやすくないでしょうか?メールの場合は周りくどい言葉よりも、とにかく意味を大切にしましょう。 もちろんだからと言って、あくまでビジネスマナーの範疇である事は忘れないでください。 「ご都合が悪い」は尊敬表現ではなく不適切な敬語なので打ち合わせ系などでは使わない 今回の内容で敬語を使う場所について、「ご都合が悪い」が間違った敬語表現であること、メール敬語と口語敬語がある事を理解していただけたと思います。 しかし、まだまだこの世界には打ち合わせ系などの場で間違った敬語を使っている人、敬語の使い方がわかっていない人が多数います。 この記事を読んだ方は、「ご都合が悪ければ…」などと話してきた相手に諭すように言い聞かせてあげてください。 もう「ご都合が悪い」とは使えなくなるはずです。 言葉の大部分はこのような記事ではなく、耳から聞いて覚えていきます。 あなたの敬語表現が正しければ、いずれあなたの周りの敬語表現は変わっていく事でしょう。 するともう打ち合わせ系などの場所でも「ご都合が悪い」なんて表現を聞く機会はなくなるはずです。

次の

「できません」の敬語表現!上手な断り方の例文を紹介!

難しい場合 敬語

「できない」の正しい使い方と敬語表現 早速、「できない」の敬語表現から見ていきましょう。 「できません」は敬語として不適切 「~できません」「~出来ないです」は最後に「ます」がつくものの、ビジネスシーンでは適切な敬語として成り立ちません。 たとえば「予約はできますか?」「予約はできません」を例に見れば、この会話には相手を尊重する気持ちが感じ取れないでしょう。 ぶっきら棒で、やや失礼な印象さえ与えてしまうこともあるため、ビジネスシーンでの使用は控えるべきです。 「出来ないです」もNG 「できない」の意味を表す「出来ないです」も、「です」が付くために敬語だと思い違いをすることもあるでしょう。 「出来ないです」も「できません」と同じで、適切な敬語としては機能しません。 ビジネスシーンで取引先に「出来ないです」と無意識のうちに言葉を放たないように気を付けて下さい。 やわらかい言い方は「できかねます」 「できません」は敬語として十分ではないということをお話ししましたが、代わりになる丁寧な言い回しとして「できかねます」があります。 「できかねます」の「~かねる」は「~ない」を婉曲的に表現し「丁寧語」として使われている言葉です。 「できない」のやわらかい言い方になりますが、ビジネスシーンではさらに上の敬語表現を使うべきでしょう。 「致しかねます」が最も適切 「致しかねます」は「する」の謙譲語「致す」を使った謙譲表現となり、「できかねます」と同様に、婉曲的な言い回しとしてビジネスシーンで多用されています。 「できかねます」も「致しかねます」も相手に対し「するのが難しい」「受けることができない」という状況を説明する言葉です。 しかし、婉曲表現を用いる一方で、「できるかもしれない」という可能性を秘めたニュアンスを与えることがあります。 できるかどうかの有無をはっきりさせなければならないビジネスシーンでは「申し訳ありませんが、お受けすることはできません」と相手に敬意を示した上で、明確な返事をすることが大切でしょう。 できないの敬語を使ったビジネス例文 続いて「できない」の敬語表現を用いた例文を使い方別にみてみましょう。 「できないと思う」 「できるかもしれないけど、できないかもしれない」「できる可能性が低い」という状況の時に使われます。 この場合は敬語の婉曲表現を用いると良いでしょう。 大変申し訳ありませんが、来週の会議へは出席しかねます。 ご迷惑をおかけしますが、資料の提出は期限内に致しかねます。 「するのが難しい」 ものごとを行うことが厳しい状況で、相手に「無理であるということを察知してほしい」という意図で使われることが多い表現です。 大変恐縮ですが、参加者をすべて把握することは難しいこととお見受け致します。 せっかくのご依頼でございますが、出荷日程を早めるのは、私の能力では難しく存じます。 「できませんか?」 目上の人にものごとを依頼をする時は「できませんか?」の代わりに「可能ですか?」「お願いできませんか?」のように、別の敬語表現を使うとよいでしょう。 部長、今週の飲み会へはご出席いただけますでしょうか?• 課長、こちらの日誌にサインをしていただけませんでしょうか? ビジネスメールでも必須 「できかねます」「致しかねます」など敬語表現は、ビジネスメールでも必須です。 「今回はできません」ではなく「今回は致しかねます」、「日程の変更はできません」ではなく「日程の変更は致しかねます」です。 会話のように耳から入るコミュニケーションツールとは違い、ビジネスメールの場合は文章が残ってしまいます。 敬語の使い方を意識して、相手に誤解を与えないようにしましょう。 「できない場合」の丁寧な断り方 お断りの言葉「できかねます」「致しかねます」と言い換えができる表現を探してみましょう。 言い換えでは敬語を忘れずに• 対応致しかねます• お受け致しかねます• お断りせざるを得ない状況です• 私の一存では決めかねます これらは「できない」という事実を相手に尊敬の意を払って伝えることができる言葉です。 状況に合わせて適切な表現を選んでみて下さい。 補足の言葉も忘れずに 相手にお断りの旨を伝えたら、お詫びの気持ちを表す補足の言葉も忘れないようにしましょう。 お役に立てず、誠に申し訳ありません• 不本意ではございますが、ご理解いただけますと幸いです。 ご希望に沿えず、誠に申し訳ございません。 まとめ 「できない」の丁寧表現は「できかねます」、謙譲表現は「致しかねます」となります。 敬語を使った「お断りの表現」はたくさんありますが、多彩なビジネスシーンに応じて相手に失礼のない敬語表現を選ぶように心がけましょう。 スマートなビジネスパーソンは「断る時」に本当の実力が出ると言われています。 敬語表現を上手に使って良好なビジネス関係を継続していきましょう。

次の

「できない」の正しい敬語の使い方|対応/協力/難しいなど

難しい場合 敬語

ビジネスでは、互いに取り決めた計画に従って行動します。 一旦取り決めたことは誠実に守るのが、礼儀であり、順調な取引を行う上で不可欠の条件です。 しかし、打ち合わせの段階では、互いに要望を出し合います。 互いの出した条件をすり合わせ、妥協点を見出していきます。 互いに納得できる妥協点を見出す過程が、打ち合わせです。 打ち合わせの段階では、時には相手に譲歩を要求することもあるでしょう。 しかし、一方的に自分の方の言い分だけを主張したのでは、長く続く関係を築くことは難しいと言えます。 時には譲歩して、相手の都合を尊重することも必要になります。 ただし、譲歩しながらも、「可能であれば、こういうことをして欲しい」という要望を出しましょう。 譲歩したことで、相手も可能であればその条件を満たした行動をとろうという気持ちになることでしょう。 譲歩しながらの要求には、どのような敬語表現を使うと良いでしょうか?難しい駆け引きの場面だけに敬語を上手に使いたいものです。 「可能であれば」を使用するときは、相手との距離感に注意 敬語と言うと、尊敬語、謙譲語、丁寧語という印象があるでしょう。 相手の行動に使う尊敬語、自分の行動に使う謙譲語、それ以外の丁寧語という分類が一般的です。 確かに、尊敬語、謙譲語、丁寧語は敬語です。 しかし、尊敬語、謙譲語、丁寧語だけが敬語表現ではありません。 そこが敬語の難しいところです。 単語を覚えただけでは十分とは言えないのが、敬語の難しいところです。 敬語表現とは、自分と相手との心理的な距離の取り方を表現するものです。 「~していただけますか?」にすると丁寧 日本語だけではありません。 英語のように敬語が無いと思われている言語でも、実は敬語表現はあります。 婉曲に表現した方が、相手に対して気を使った物言いになります。 気を使った物言いが一種の敬語表現になります。 日本語でも、同じ発想になります。 直接的でない物言いが、相手との間に距離を置くものとして、敬語表現になります。 可能であればして欲しいことを伝えるという状況は、高度な敬語表現が使われる場面です。 要望を伝えるところは、「~していただけますか?」「~していただけるとありがたいのですが」などと言うのが、一般的です。 「可能であれば」というところの表現に工夫の余地があります。 「可能であれば」の表現は、不快感を与えてしまいかねない 「可能であれば」というところは、細やかな配慮が必要です。 「~することが可能か?」ということを表現する段階で、相手の能力を低く見ているというニュアンスが言外に滲んでしまっては、元も子もありません。 最初に出した条件をのめないということを伝える段階で、相手はナーバスになっていることが少なくありません。 ナーバスになっている相手には、単純な確認も、時には嫌味に聞こえてしまいます。 口調が強かったり、ドライすぎていたりすると、「こんなこともできないとは!」とバカにした感じを受け取ってしまうこともあり得ます。 譲歩するのは、今後の取引を円滑に進めるためです。 譲歩した上で、可能であればして欲しいことを伝えるのは、今回の取引をより良い形で進めるためです。 そうしたことを念頭に置いて、相手との関係を良好に保つように敬語表現を選ぶことが必要です。 「可能であれば」+「ご検討いただけますか」で丁寧な敬語になる 問題になっていることが何かということをしっかり把握しましょう。 時間的な問題なら、「お時間が許すようなら」と言いましょう。 経済的な問題、人員の問題といった、相手方の能力に直結する類の点に問題がある場合は、一切そのことには触れず、「~ということについて、ご検討いただけますか?」といった形で、要望を提示するのが、無難な表現と言えます。 この場合、「ご検討くださいますか?」ではなく、「ご検討いただけますか?」が正しい敬語表現です。 「可能であれば」という敬語表現は、相手を不快にさせないよう注意して使う 自分が提示した条件を相手がすんなりのめないこともあります。 そうした場合は、無理強いせずに譲歩しながら、可能であればして欲しいという形で要望を伝えるようにすることも、時には必要です。 譲歩しながら要望を伝えるというのは、高度な敬語表現が要求される状況です。 特に注意が必要なのが、「可能であれば」ということを伝えるところです。 相手がナーバスになっていても、見下された印象を受けないように注意しましょう。 相手方の能力に直結する類の点に問題がある場合には、「~ということについて、ご検討いただけますか?」という言い方が無難な表現です。 この場合、「ご検討くださいますか?」ではなく、「ご検討いただけますか?」が正しい敬語です。

次の