太ももダイエット 簡単。 即効性が期待できる簡単なダイエット法!三日坊主さんでも続けられる

【簡単】太ももを細くするダイエット方法は?短い日数で効果的に痩せる!|Diet Labo

太ももダイエット 簡単

太もも簡単ダイエット方法とは 太ももがコンプレックスという人の特徴的なシルエットラインに、「ももの表側の盛り上がり」と「股関節の硬く深いくぼみ」があります。 これは特に、• 若いころ運動をしてきた人(運動をしている人)• 身体に力が入りやすい、もしくは抜けない人• 大食いの人• ケア不足の人 によく見られる傾向。 見た目に美しくないだけでなく、支えている股関節、骨盤、腰や背中にかけ連動しているインナーマッスルもバランスを取るために歪み、結果「スタイルで気になるところばかり」ということが多いのではないでしょうか。 「コンディションの良い筋肉」というのは弾力があり、やわらかなもの。 ですから、筋肉をゆるめるストレッチで、ももの筋肉の柔軟性や血行を高め、身体のバランスも取りながらほっそりしなやかなシルエットを目指しましょう。 ももの表側の筋肉の大腿四頭筋は、身体で一番大きな筋肉。 すっきり美脚の太ももを手に入れるためには、まず、この筋肉のコンディションを整えることから。 カロリー消費にも関わる筋肉のコンディションを高めることで、痩せやすい身体作りに繋がりますよ。 太ももダイエットのストレッチはゆったり行うとうまくいく ストレッチのポイントは、リラックスすること。 「伸ばす」より、「優しく手入れする」気持ちで。 伸ばすイメージが先行し、痛がる人も多いです。 負荷が強ければ結果が早く出るというわけではありません。 激痛を感じるときは、主に以下の3点を見直しましょう。 構え過ぎ• 力み過ぎ• 動き過ぎ 感覚で言えば「気持ちいい」くらいが目安です。 気持ちよく行えるものこそ、あなたの身体にとっての正解です。 太ももダイエットで変化を実感するには「現状チェック」.

次の

自宅で簡単に太ももダイエット!1週間で効果は出るの?

太ももダイエット 簡単

太もも痩せに効果的なダイエット方法 太ももを細くしたいと思っていても、無理な運動はしたくない。 自分のできる範囲で足痩せしたいという人へ、原因別に簡単で足痩せに効果のあるダイエット方法をご紹介していきます。 1-1. 原因別に痩せる!太ももダイエット方法 太ももが太くなってしまっている原因は人それぞれです。 だからこそ、効率的に効果を出すには、自分の原因に合うダイエット方法を選ぶことが重要です。 今回は原因に合わせて選べる足痩せ方法を紹介いたします。 1-2. 骨盤のゆがみ 骨盤のゆがみとは、骨盤周辺にある筋肉が硬まったり緩んでしまうことにより、骨盤の位置や角度にズレが生じてしまうことを言います。 骨盤の左右の高さが異なっていたり、過度な前傾や後傾が起きていたりする場合は要注意です。 そうすると、むくみや足が太くなってしまう原因になってしまいます。 骨盤のゆがみが気になる人は、以下のダイエット方法を行ってみましょう。 1-3. 骨盤のゆがみが原因のダイエット方法 骨盤がゆがむと、血流が滞り、むくみや疲労から足が太くなりやすいです。 この状態ではジョギングなどを行っても、効果が半減してしまいます。 逆にいえば、骨盤のゆがみが原因の方は、骨盤のゆがみを修正してあげるだけで、血流がよくなり太ももがスッキリすることが期待できます。 以下で骨盤のゆがみを解消するための方法を紹介いたします。 美姿勢エクササイズで骨盤のゆがみを取る 骨盤のゆがみを改善する際に、まず考えたいことが姿勢です。 骨盤のゆがみに伴って上半身や下半身も左右や前後に傾き、正しい姿勢がとれなくなっています。 日常的にしっかりとした姿勢をとることに注意するだけで、徐々に骨盤のゆがみも改善されていきます。 2-1. 立ち姿勢 美しい立ち姿勢では、横から見て足・膝・臀部・肩・耳が一直線になるように意識しましょう。 近年は長時間のスマートフォンやデスクワークの影響から、頭が前に出てしまうストレートネックや猫背姿勢の人が多いです。 そのため、胸を張るとともに糸で頭の先から天井に引っ張られているイメージを持ちましょう。 自分ができているかどうか、全身鏡で見ながら確認してみてください。 2-2. 座り姿勢 美しい座り姿勢では、椅子に浅く座り骨盤を前傾させ、臀部・肩・耳まで一直線になるように意識しましょう。 また目線が下がると頭が前に出やすいため、椅子の高さを調整し、目線が床と平行となるよう普段の椅子の高さにも注意してください。 このときも、胸を張るとともに糸で頭の先から天井に引っ張られているイメージを持ちましょう。 2-3. 大転子のゆがみに効果的 大転子は、お尻下部の横側に出っ張っている骨のことを指します。 正確には太ももの内側を通る骨である大腿骨の末端部になります。 大転子のゆがみとは、この大転子の場所が上下前後や左右に違いがあることをいいます。 これは骨盤下部周辺の筋肉が硬くなり、骨を引っ張ることが原因です。 骨盤下部の筋肉をほぐし、大転子のゆがみの改善に効果的な、ヨガのポーズを紹介します。 2-4. ねじりポーズ 骨盤周りのストレッチをしていきます。 この状態を30秒キープし、左右3セット行いましょう。 2-5. 半月のポーズ 太ももの後ろ側をストレッチしていきます。 胸を張り深呼吸しながら行っていきます。 この状態を30秒キープして左右3セット行いましょう。 2-6. 鳩のポーズ 太ももの前側をストレッチしていきます。 この姿勢を30秒キープし左右3セット行いましょう。 2-7. 骨盤のゆがみに効果的 骨盤のゆがみを改善するには、股関節を大きく動かしていく事が大切です。 骨盤のゆがみの改善に効果的な2つのエクササイズを紹介します。 2-8. スクワット 骨盤のゆがみに効果を出す為には、「股関節」を特に意識したスクワットを行いましょう。 15回を目安に3セット行いましょう。 腰痛予防の為にも、お腹に力を入れるように意識してください。 2-9. お尻で歩く お尻歩きは骨盤を大きく動かして、骨盤周辺の筋肉をほぐす運動です。 左右20回を目安に3セット動かしていきましょう。 このとき足の付け根から動かすイメージで行ってください。 2-10. むくみ むくみとは、血液中の水分が血管やリンパ管から漏れて溜まった状態のことを指し、脚がパンパンに膨れ上がり太くなってしまいます。 これは、突発的に起こるものではなく、長時間同じ姿勢をとるなどしたときの疲労や血流の悪化などが原因で起こります。 2-11. むくみが原因のダイエット方法 むくみは疲労や血流が悪くなっている状態で起こることから、慢性的にむくんでしまった状態で運動を行っても効果は半減してしまいます。 まずはむくみ自体を解消するためにおすすめの「ツボ押し」と「リンパマッサージ」を行いましょう。 2-12. ツボ押しでむくみ解消 むくみを解消にまず行いたいことがツボ押しです。 太ももだけでなく、ふくらはぎや足部などのツボを押すことでむくみの解消が期待できます。 2-13. 太もものツボ押しでむくみ解消 太ももには「血海(けっかい)」と呼ばれるツボがあります。 そこを押してみましょう。 ここには血液が多く溜まっていると言われています。 この部分を刺激することで血流を促進し、むくみ解消の効果が期待できます。 場所:膝のお皿の内側から指3本分上位のところにあります。 方法:親指の真ん中で5秒間ゆっくりと押し当てます。 一度離してからまた押し当てることを3分程度繰り返しましょう。 2-14. ふくらはぎのツボ押しでむくみ解消 ふくらはぎには、「足三里(あしさんり)」と呼ばれるツボがあります。 足全体のむくみを解消させるために有効とも言われている部位です。 場所:膝のお皿から指4本分位下、指2本分位外側にあります。 方法:親指の真ん中で5秒間ゆっくりと押し当てます。 一度離してからまた押し当てることを3分程度繰り返しましょう。 2-15. 足裏のツボ押しでむくみ解消 足裏には、「湧泉(ゆうせん)」と呼ばれるツボがあります。 足全体のむくみ解消や足の疲れを癒すとも言われているツボです。 場所:足裏のつま先側の指を曲げた時にできる窪みの中央にあります。 方法:親指の真ん中で5秒間ゆっくりと押し当てます。 一度離してからまた押し当てることを3分程度繰り返しましょう。 2-16. リンパマッサージでむくみを解消 むくみを解消するには、リンパマッサージも効果的です。 むくみが強い場合や慢性化している場合はツボ押しと合わせて行ってみましょう。 2-17. 効果の出やすい方法は? リンパマッサージでより効果を出すためには、湯船で行うことや、クリームを使うと効果的です。 それぞれについて解説していきます。 2-18. 湯船でリンパマッサージ お風呂で行うことにより、筋肉がリラックスした状態でマッサージすることができ、血流が促進されます。 血流が良くなるだけでもむくみ解消に効果的ですが、リンパマッサージを行うと相乗効果が期待できます。 2-19. クリームでリンパマッサージ クリームを使うことにより、摩擦が少なくなります。 かぶれ防止だけでなく指が皮膚になじみやすくなることでマッサージが行いやすくなり、むくみ解消の効果が高まります。 2-20. 太ももに効果的なリンパマッサージのやり方 マッサージはしっかりとした方法を理解して行うことで、むくみ解消の効果が高まります。 以下のことを意識して行いましょう。 前・後ろ・内側・外側から、10回前後を目安にマッサージしていきましょう。 体温が温かい状態で、クリームなど使うとよりむくみ解消の効果が高まります。 2-21. 脂肪 太ももに脂肪がついて太くなる場合は、まず摂取カロリーが多く消費カロリーが少ない事が考えられます。 他にも、血液循環が悪いと代謝が下がってしまい脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。 食事でカロリーオーバーにならないように気を付けながら、運動で血流を促しましょう。 脂肪が蓄積されて太くなってしまっている場合は、以下のダイエット方法を行っていきましょう。 3-1. 運動で脂肪を落とす 効率良く脂肪を落とすには、運動が効果的です。 特にランニングや自転車などの有酸素運動を行っていくのをおすすめします。 3-2. ランニング ランニングで脂肪を落とすには以下のことを意識しましょう。 ・股関節を大きく動かしながらリズミカルに腕振りを行う。 ・関節を大きく動かして、脂肪燃焼を促進させる。 ・30分以上行う。 3-3. 自転車 自転車で脂肪を落とすには、以下のことを意識しましょう ・1分間のペダリング50~60回転にする。 ・股関節から大きく動かしてペダルをこぐ。 ・30分以上行う。 3-4. 水分を取りすぎない 水分摂取は身体には大切ですが、過剰摂取は悪い影響を与えてしまう可能性もあります。 運動不足の状態で水分を身体に蓄えすぎてしまうと、水分の排出がスムーズに行われず脂肪が蓄積しやすくなります。 特に運動習慣のない方は、1日あたり2リットル以上は飲まないように心がけましょう。 3-5. 食事制限 脂肪が多い場合、摂取カロリーが多すぎる事が考えられます。 まずは油ものや炭水化物を減らし、食事のカロリーを適切な量に戻すことが大切です。 調理も油を使わない、茹でる・蒸すなどの方法がおすすめです。 3-6. マッサージ 脂肪の蓄積には疲労も関係しています。 脂肪を落とすための運動だけではなく、身体のケアも同時に行っていきましょう。 先述したリンパマッサージを行うことで疲労を除去し、脂肪が落ちやすい体を作ることができます。 3-7. 筋肉 以前にスポーツを本格的に行っていた人は、筋肉が大きく発達して太くなっている可能性があります。 3-8. 筋肉が原因のダイエット方法 太ももの筋肉が原因で太く見えてしまう。 その原因の多くは、太ももの前側の筋肉が発達していることにあります。 前側が発達するとシルエット的にも太く見えやすくなります。 前側が発達するのは、前側を優位に使いすぎているためなので、内側や後ろ側の筋肉とのバランスを整え、太ももを引き締めるメニューを紹介していきます。 3-9. 細くなる筋肉をつける 筋肉トレーニングやエクササイズで、筋肉が大きく発達する方法は「少ない回数で負荷が高い」運動です。 筋肉を大きくせずに引き締めたい場合は、「多い回数で負荷が低い」運動を行いましょう。 以下に具体的なメニューを紹介します。 3-10. 内転筋群を鍛える 太ももの内側の筋肉である内転筋群を鍛える方法です。 内転筋周辺には多くの筋肉があります。 膝を曲げた状態・膝を伸ばした状態で行うことによりまんべんなく筋肉に刺激を加えましょう。 座った状態、立った状態でそれぞれ20回2セットずつを目安に行いましょう。 ボールがない場合は、タオル四つ折りにして挟んで行ってください。 3-11. ハムストリングスを鍛える 太ももの裏側の筋肉であるハムストリングスに刺激を加えていきましょう。 30回を目安に3セット行いましょう。 膝が地面に当たると痛い場合は、クッションなどを膝に置いてください。 3-12. バレエエクササイズ バレエの運動もダイエットにとても効果的です。 まずは基本姿勢である「プリエ」を行ってみましょう。 これは、太ももの内側に刺激を加え、柔軟性やインナーマッスルを鍛えることができるエクササイズです。 20回3セットを目安に行いましょう。 バランスがうまく取れない場合は、最初は椅子などに掴まって行うようにしてください。 3-13. 太もも太りに効果的なマッサージ 太ももの筋肉が硬くなってしまうと、筋肉の性質的に横幅が広がってしまいます。 マッサージで筋肉を緩める事により、太く見えてしまう脚の改善を行います。 太ももは大きな筋肉ですので入念に行っていきましょう。 特に太ももの前側を重点に、10回往復行ってみてください。 太もも痩せをするための注意点とまとめ 太もも痩せには運動・マッサージはとても効果的です。 しかし、気を付けなければいけないことがあります。 それは、「やりすぎ」です。 運動を過剰にやりすぎると、疲労が溜まりむくみなどに繋がってしまう可能性があります。 また、マッサージのやりすぎも禁物です。 1回でやりすぎてしまうと、アザができてしまうとともに、強すぎるマッサージは反作用で逆に硬くなってしまうこともあります。 自分の原因に合った方法が見つけられれば効果が高まります。 骨盤のゆがみが原因なのか、むくみが原因なのかしっかり事前に原因を考えて、それに対する方法を選択しましょう。

次の

【太ももダイエット】簡単な運動から座ったままOKな方法まで | 女性の美学

太ももダイエット 簡単

太ももが太くなる原因は? 太ももが太い、またはダイエットしても太ももだけ痩せないという悩みを抱えている女性はたくさんいます。 では、なぜ太ももは太くなるのでしょうか。 その原因となることをご紹介します。 やわらかい脂肪がついているのではないでしょうか。 ある程度の脂肪なら女性らしさを引き立ててくれますが、過度な脂肪がついている方は要注意です。 内ももには内転筋という筋肉があります。 電車で座っているとき、自然と脚が開いていませんか? あるいは、靴の小指側が多く磨り減っていませんか? これらが当てはまる方は、内転筋が上手く使われていない可能性があります。 内転筋が弱ることで、内ももに脂肪がつきやすくなるのです。 筋肉を動かさないと、体の水分が脚のほうへ移動して、むくみが発生します。 太ももが太くなると、おしりとの境目があいまいになり、メリハリがなくなってしまいます。 同じ姿勢が続いているなと思ったら、少し体を伸ばしてみるなどの動きでも大丈夫です。 適度なエクササイズを取り入れることができれば、むくみを軽減できます。 太ももの悩み別エクササイズ 太ももの太さは、様々な原因が絡んでいることがあります。 自身の太ももの状態は、筋肉が少ないのか、筋肉のつきすぎなのか、またはむくみなのか、触って確認してみてください。 ここでは、そのタイプ別に、太ももを細くする方法をご紹介します。 これはおしりにも効果が見込めます。 効果的なスクワットの方法をご紹介します。 1.肩幅よりやや広めに脚を開きます。 2.床と太ももが平行になるまで、ゆっくりと腰を下ろします。 3.息を吐きながらゆっくりと元の体勢に戻します。 膝の裏や太ももの付け根には、リンパ節があります。 力を入れすぎないように、膝の裏から太ももの付け根に向かって、たまった老廃物を流していきましょう。 おしりの形が崩れる原因は? 後ろから見られても恥ずかしくないような、引き締まったおしりを手に入れることができれば、後ろ姿にも自信が持てますよね。 しかし、張りがなく、垂れてきたおしりに自信をなくしている女性も多いのではないでしょうか。 きゅっと上がったおしりを手に入れるには、普段の生活を見直す必要があります。 そこで、おしりの形が崩れてしまう原因となることをご紹介します。 姿勢が悪くなると、骨盤が後ろに傾き、おしりの筋肉が休んだ状態になります。 そうすると、おしりの形を決める重要な筋肉である大臀筋が緩み、たるんでしまう原因になります。 猫背になっている場合も同様です。 また、出産などによっても骨盤が歪みます。 骨盤が歪むことで、おしりの筋肉をしっかりと使うことができなくなり、おしりがたるむ原因になります。 こういった骨盤の歪みなどは、エクササイズで改善する必要があります。 おしりの悩み別エクササイズ 衰えた筋肉を刺激することで、きゅっと引き締まったおしりを作ることができます。 簡単なエクササイズであれば、毎日続けることができますよね。 ここでは、寝る前などの隙間時間にできる、簡単なおしりのエクササイズをご紹介します。 2.両手は肩の下、膝は腰の下に来るようにします。 3.腰が反らないように気をつけながら、片膝を床から離し、膝を90度に曲げます。 4.そのまま、腰が反らない位置まで、かかとを天井に押し上げるようにします。 5.膝を腰の高さまで戻し、同じ動作を10回程度行います。 左右10回ずつから始めてみましょう。 太ももの裏側にも効果的なエクササイズなので、毎日続ければ下半身が全体的に引き上がったような印象を与えることができるでしょう。 1.仰向けになり、膝を立てて、クッションを膝に挟みます。 2.太ももの内側と、肛門に力を入れるようにして挟みましょう。 3.両手を床につけ、軽くあごを引きます。 4.ゆっくりと息を吐きながらおしりを床から離し、脚の付け根が伸びる位置まであげます。 5.ゆっくりと息を吸いながら、おしりを元の位置に戻します。 できれば、おしりを上げた状態で10秒ほどキープしてみてください。 まずは10回から始めてみましょう。 太ももとおしりを同時にエクササイズ! おしりと太ももを同時にエクササイズできれば、一石二鳥ですよね。 ここではそんなエクササイズをご紹介します。 主におしりの大臀筋を使うエクササイズで、スクワットの効果も得られます。 それではやり方をご説明します。 2.手を前方へまっすぐ伸ばし、股関節を曲げて上体を倒していきます。 3.腕と上半身が一直線になるようにおしりを突き出しながら倒します。 4.ゆっくりと元の状態へ戻します。 ヒップヒンジでは、体の後ろの筋肉を効率的に鍛えることができます。 もともとはウエイトトレーニングでの柔軟性向上や、怪我予防のために実施されていたヒップヒンジですが、最近では、太ももの裏などのセルライトがつきやすい部分に効果的だとして、広く知られるようになりました。 毎日続ければ、後姿に大きな違いが現れてくるでしょう。 エクササイズにストレッチを加えると効果倍増! 太ももとおしりのエクササイズで、普段使わない筋肉を刺激することができますが、ここにストレッチを加えて筋肉を柔らかくすることでさらに効果が期待できます。 まずはおしりのストレッチをご紹介します。 2.右足のふくらはぎを左足の太ももに乗せます。 3.右手を右膝にのせ、左手はくるぶしの辺りに添えます。 4.ゆっくりと前へ体重をかけていきます。 5.自分ができる限界まで倒したら20秒ほどキープします。 6.元に戻して左足も同様に行います。 背中を丸めないように気をつけ、腰から折るように前に倒しましょう。 では次に、太もものストレッチをご紹介します。 2.右足の膝を曲げて、かかとをおしりにつけます。 3.足首を右手で持ち、ゆっくりと下げます。 4.太ももの前が伸びていると感じたら、20秒ほどキープします。 5.足を戻し、左足も同様に行います。 寝ながらできるストレッチなので、寝る前の習慣にしてもいいですね。 呼吸を安定させて、ゆっくりとした動作で行ってください。 悩みに合ったエクササイズで引き締まった太ももとおしりへ! 太ももの太さや、おしりの大きさなどは、女性にとっては大きな悩みです。 簡単なエクササイズから始めて、毎日の習慣にできれば、効果が現れるのも早くなります。 細く引き締まった太もも、きゅっと上がったおしりを目指してがんばりましょう。

次の