スピードレーサー。 映画「スピードレーサー」主題歌CD『Go Speed Racer Go:Theme Song From Speed Racer/Ali Dee & the Deekompressors』輸入盤 アニメ主題歌、日本語歌詞も流れる歌。

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|スピード・レーサー

スピードレーサー

2007年ので展示された映画用「マッハ号(マッハ5)」。 監督 脚本 ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー 原案 『』 製作 ラナ・ウォシャウスキー リリー・ウォシャウスキー 製作総指揮 デヴィッド・レイン・セルツァー マイケル・ランバート ブルース・バーマン 音楽 主題歌 "Go Speed Racer Go" Ali Dee and The Deekompressors 撮影 編集 製作会社 配給 公開 2008年 上映時間 135分 製作国 言語 製作費 1億2000万ドル 興行収入 9394万5766ドル 『 スピード・レーサー』(原題: Speed Racer)は、公開の。 の『 米国名"Speed Racer" 』を原作とする。 概要 [ ] にとって『』以来、5年振りの監督作品となった。 では2008年5月9日、では2008年7月5日に、いずれも配給で封切られた。 製作はワーナー・ブラザースと、が共同製作した。 視覚効果はが担当した。 『マッハGoGoGo』はウォシャウスキー姉妹にとって最初に見た日本のアニメであり 、映画化は長年の夢であった。 原作のイメージをほぼそのまま映像化しており、日本のアニメ版の主題歌やオートジャッキでジャンプした際の効果音にアニメと同じものを使用するなど、原作のエッセンスをふんだんに盛り込んでいる。 また、英語版アニメでスピード・レーサーの声を担当したがアナウンサー役で出演。 日本版の三船剛を担当したは、スピードが憧れるベン・バーンズの吹き替えを担当している。 は2008年4月26日にので開催され、日本ではスーパープレミアを開催、6月29日で3万5,000人を招待し、世界最大級のスクリーンでが行われた。 同会場で試写会が行われるのは『』以来のことである。 2009年ののにノミネートされたが、受賞はしなかった。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年9月)() 父はデザイナー、兄は天才という一家に育った少年スピード・レーサーは、レースで事故死した兄の跡を追ってレーサーになり、レース大会で優勝する。 スピードの才能に目をつけたロイヤルトン・インダストリーズ社は高額な契約金を用意して契約をオファーするが、スピードは断る。 するとロイヤルトン社はスピードに対してさまざまな妨害工作を始める。 そして、ロイヤルトン社の陰謀を知ってしまったスピードは父がデザインしたレーシングカー「マッハ号(マッハ5)」に乗り込み、兄が事故死したレース大会に出場する。 キャスト [ ] 2008年のにて、主演のエミール・ハーシュとクリスティーナ・リッチ 役名:配役(括弧内は劇場公開・DVD版日本語吹き替え)• スピード・レーサー:/幼少時代:(/)• トリクシー:/幼少時代:(/)• レーサーX:()• ママ・レーサー:()• パパ・レーサー:()• スパーキー:()• スプライトル:()• ローヤルトン:()• テジョ・トゴカーン:()• ミスター・武者:()• ベン・バーンズ:()• ディテクター警部:()• ミスター・トゴカーン:()• ハルコ・トゴカーン:()• クランチャー・ブロック:()• スネーク・オイラー:()• レックス・レーサー:()• レース・アナウンサー: スタッフ [ ]• 脚本・監督・製作:、• 製作:、• 製作総指揮:デイビット・レーン・セルツァー、マイケル・ランバート、ブルース・バーマン• 撮影:• 美術:オーウェン・バターソン• 編集:、• 衣装:キム・バリット• 音楽:• 視覚効果監修:ジョン・ゲイター、ダン・グラス• ただし、本作のマッハ・ファイブは「パパが設計した5番目のマッハシリーズ・」という位置付けであり、前身及び後継のマシンが登場する点が原作とは異なる。 マッハ・ファイブ [ ] カーナンバーは5で、助手席の存在する2シーターの車体である。 原作同様にパッドにあるボタンにより特殊機能が発動する。 しかし、原作のマッハ号に存在した機能のうち、フロッガーモードとイブニングアイは削除され、各機能のボタン配置も若干変更されている。 元々はスピードの兄、レックスが所有していた車体で、レックスの死後も普段はレーサー家のとして走行のために使用されていたものである。 マッハ・シックスがシリーズ序盤のレース中に破壊されたために、急遽マッハ・ファイブが車両として改装され、シリーズ中盤のに投入されることになる。 コントロール A:ジャンプジャッキ(原作での呼称はオートジャッキ)- 下部にある特殊ジャッキ。 路面を蹴ることによってジャンプすることが可能。 コントロール B:防弾ポリマーディフレクター(原作でDボタンに配置されたディフェンサーに相当)- 座席上部の防弾仕様のが閉じる。 コントロール C: タイヤシールド - 原作にはない新機能として追加。 タイヤを他車からの攻撃から防御するための防盾を作動させる。 運転席からリモート操作が可能。 コントロール D: Hexodyne緊急スペアタイヤ - 原作にはない新機能として追加。 タイヤの損傷が起きた際に破損したタイヤを即座に再生する機能。 マッハ・ファイブの4本全ての車輪に対して機能する。 コントロール E:ジルコンチップ・カッターブレード(原作でCボタンに配置されたカッターに相当)- が車前面に2本出てくる。 他車との接近戦の際には車の側面まで伸びて相手を攻撃できる。 コントロール F:タイヤ・クランポン・グリップ(原作でBボタンに配置されたベルトタイヤに相当)- 凍結路や悪路、急斜面などでグリップ性能を高めるスパイクタイヤが出現する。 コントロール G:ホーミング(原作のギズモ号に相当)- 偵察用の小型飛行メカ。 機能として配置はされていたが、劇中で使用されることはなかった。 マッハ・シックス [ ] パパが設計した6番目のマシンで、カーナンバーは6. カラーリングはほぼマッハ・ファイブに準じたシングルシーター車で、マッハ・ファイブより進化した空力形状と走行性能を持つ純然たるレーシングカーでもあるが、特殊機能は作中ジャンプジャッキ以外は使用されていない。 ステアリングも近代的なに類似した形状となっており、マッハ・ファイブと同等の特殊装備がされているかは不明である。 スピードのレース界デビューに合わせて投入されるが、一度はレース内で破壊されてしまう。 後に修復されてシリーズ後半のレーストラックに復帰する。 マッハ・フォー [ ] パパが設計した4番目のマシンで、真紅のボディに白いMマークを持つシングルシーター車である。 カーナンバーは4. レックスが事故死に至るまで搭乗したマシンでもある。 劇中、スピードが兄の持つコースレコードに迫る周回時間を記録した際に、兄の幻影()としてスピードの駆るマッハ・シックスと併走するように登場する。 そのままのペースで走行し続ければ兄の記録を破るのは確実であったが、スピードはチェッカーフラッグを受ける直前に自ら減速、兄のコースレコードを破ることはなかった。 興行収入 [ ] 北米では3,606館と極めて大きな規模で公開されたが、週末3日間の初週興行収入成績は、速報値で2,021万ドル。 公開2週目の『』の半分以下となり、初登場2位として世界に報じられた。 さらにその後の確定値では1,856万ドルに下方修正されたため、『』をも下回る3位が確定した。 日本での初週興行成績も1億500万円の初登場5位にとどまり、最終的な全世界興行収入も IMDbPro の集計で1億ドルに満たない、配給元の期待を裏切る興行成績となった。 その他 [ ] によれば、テジョ・トゴカーン役のRain(ピ)は撮影の際に「俺は韓国人だし、韓国人が日本人を演じるのはおかしい。 つまり、俺の役の国籍を日本から韓国に変更してほしい」と監督に直談判した。 これには監督のウォシャウスキー兄弟も苦悩したが、Rain(ピ)のあまりの熱意に負け、彼が演じる役の設定を韓国人に変更した。 さらに、Rain(ピ)は監督にの格好良さを語り、韓国を誇示するために、元々文字を入れる予定のなかったレーシングスーツやヘルメットにハングルを入れさせた。 しかし、妹役の名は日本名の「ハルコ」であり、矛盾が生じている。 関連商品 [ ] オリジナル・サウンドトラック [ ] 詳細は「」を参照 2008年6月25日、『スピード・レーサー オリジナル・サウンドトラック』がより発売された。 価格は2,625円(税込)。 映像ソフト [ ] 2008年11月19日、DVDビデオ版とブルーレイビデオ版のセル販売及びレンタル販売が開始された。 発売元はワーナー・ホーム・ビデオで、価格はDVD2枚組みの「特別版」が3,980円、ブルーレイ版は4,980円(いずれも税込)。 メディアミックス展開 [ ] 2008年6月18日、ノベライズ版がから発売された。 文庫本サイズで価格は580円(税込)。 2008年7月24日、家庭用ゲームソフトとしてとに対応した同名ソフトがから発売された。 ジャンルはレースゲームで、価格はWii版が6,090円、ニンテンドーDS版が5,040円(いずれも税込)。 Wii版はに対応している。 そのほか、映画公開と同時期にやからそれぞれマッハ号のが発売された。 脚注 [ ] [].

次の

世界を震撼させた水着・レーザーレーサーは今。|「さぁ、水泳を楽しむ準備始めよう」

スピードレーサー

の紹介:2008年アメリカ映画。 この作品『Speed Racer』は、日本のタツノコプロが制作した人気テレビアニメ『マッハGoGoGo』(1967年)を原作とした実写映画です。 原作アニメも世界各国で放映され大人気となりました。 監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー 出演:エミール・ハーシュ(スピード・レーサー)、クリスティナ・リッチ(トリクシー)、マシュー・フォックス(レーサーX)、スーザン・サランドン(スピードの母)、ジョン・グッドマン(スピードの父)、真田広之(ミスター・ムシャ)、ほか 目次• スピード・レーサーのネタバレあらすじ:1.プロローグ:スピード・レーサーの夢 時代は近未来、スピード・レーサーは子供の頃からレースカーのことばかり考えていました。 スピードの一家は独立したスポーツカーチームとして、レースで生計を立てていました。 チームのスポーツカーの名は「マッハ号」、そしてそれを設計したのは設計師である父パパ・レーサーでした。 兄レックス・レーサーはマッハ号を自在に操る天才的レーサーでした。 弟スプライトルもレースが大好き、母ママ・レーサーは家族を献身的に支えていました。 そんな家族に囲まれたスピードの夢は唯一つ、一刻も早く尊敬する兄のようなレーサーになることでした。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:2.若き天才レーサー・スピードのトラウマ 成長したスピードはレーサーとなり、幼馴染みで恋人トリクシーや優秀な整備士スパーキーらに囲まれ、マッハ号で各地のレースに出場していました。 スピードは幼い頃から兄レックスから薫陶を受けていたこともあり、若き新人レーサーとして、天才的な走りをし、注目の的でした。 そんなスピードでしたが、あるトラウマを抱えていました。 それは8年前突如、家出をしてチームから抜け、最も汚い天才的伝説レーサーとなり、あるラリーレース中に事故死した兄レックスのことでした。 兄から「車は生き物だ。 音を聞き、何を望んでいるかを知れ」と幼い頃からサーキットでマッハ号を操縦し、薫陶を受け育ったスピードは、地元のサンダーヘッドレースで、兄から譲り受けたマッハ号で出場しました。 スピードは観客を魅了する驚異的な走りを見せました。 しかし、兄の記録は超えられませんでした。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:3.大企業のローヤルトンからの誘い ある日、スピードの家に1機のヘリが舞い降りてきました。 やって来たのは大企業ローヤルトン工業のCEO・ローヤルトンでした。 彼はスピードの操縦テクニックに目をつけ、魅力的な高額で契約レーサーとなるようにオファーに来たのでした。 ローヤルトンはその財力でレース界でも強大な権力を持っていました。 ローヤルトンに案内され、彼の会社内を見て回りました。 スピードはその近代的な設備などに魅力を感じました。 スピードは悩みに悩みました。 しかし、スピードは独立した家族経営のチームへの愛着を捨てられませんでした。 スピードは子供の頃、父と観戦したレースの記憶を回想しながら、「レースは単なる競技ではなく、信仰なんです。 家族にとってスポンサーは悪魔と同じなんです」とローヤルトンに言い、断りました。 その言葉を聞いたローヤルトンは嘲笑、激昂し、「利益こそが重要な記憶だ!レースの意義に選手や車など関係ない!重要なのは権力、揺らぐことのない金の力だ!」と言い放ち、レースの裏では権力者たちがレーサーたちを買収し、八百長としているのという驚愕の内幕をリークしたのでした。 スピードは真逆の思想を持つローヤルトンからのオファーを毅然と断りました。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:4.レース業界の裏側 マッハ号に乗り、次のレースに出たスピードでしたが、ローヤルトンが言った通り、彼から買収されたレーサーが邪魔をし、マッハ号は完走できませんでした。 そして、父も設計の盗みというあらぬ疑いをかけられ、起訴されてしまいました。 スピードの家族チームはマスコミからも酷評を受け、経営難に陥りました。 すべてローヤルトンが言った通りになり、スピードは落ち込みました。 そんなスピードに母は優しく「レースはビジネスじゃない。 あなたの走りは芸術よ。 ときにあなたは感動を与えてくれる」と言い、励ましました。 そんなある日、ディテクター警部と覆面を被った正体不明のレーサーXがやって来ました。 ディテクター警部はローヤルトンのレース業界での不正を暴く捜査をしていました。 警部はこれまで不正の片棒を担いでいたが嫌気がさし手を引いたテジョ・トゴカーンから決定的な証拠を得るため、レーサーXとスピードが彼と組み、彼からその証拠を得るためにあるレースに出場してほしいと依頼に来ました。 そのレースとはカーサ・クリスト・ラリーでした。 それは兄レックスが亡くなった非常に危険なレースで、父は猛反対しました。 しかし、スピードは父に嘘をつき、そのラリーにマッハ号で出場し、ローヤルトンを叩きのめす決意をしました。 警部のもとでマッハ号は、その危険なラリーに出場するため、改造を加えられました。 車がジャンプするためのオートジャッキなど、7つの車を保護する機能を付け加えられました。 レース前夜、スピードは気付きました。 兄レックスは腐ったレース業界の不正を正すために、家を出ていっただと…。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:5.スピード、ラリーへ出場 スピードはレーサーXと改心したテジョ・トゴカーンのチームに入り、改造を受けたマッハ号で、ラリーに出場しました。 どの車も裏側には邪魔な車を破壊する不正な改造が施されていました。 ラリーが開始され、スピードはマッハ号で疾走しました。 しかし、ラリーは過酷を極めました。 スピードのマッハ号はあらゆる車から反則攻撃を受けました。 スピードはそんな攻撃を改造された機能を駆使し、防御しながら、マッハ号を走らせました。 レーサーXは自らも攻撃を受けながらも、スピードを援護しました。 そんな中で、スピードはレーサーXの走りで、彼は亡くなったと言われる兄レックスではないかと感じました。 1日目は残虐非道なスネーク・オイラーがトップでゴールしました。 スピードたちは2番手で無事ゴールをしました。 帰ってきたスピードを待っていたのは、家族でした。 嘘までついて出場したスピードを父は叱咤し、レースをやめて帰らせようとしました。 しかし、スピードのレースのかける意思はかたく、父は根負けし、レース出場を許しました。 父は改造を加えたことでバランスが悪くなったマッハ号をスパーキーと整備しました。 2日目のレースも過酷でした。 トップを走るスネークをスピード、レーサーX、トゴカーンの3人は追いました。 追いついてきたスピードを、スネークは容赦しませんでした。 しかし、スピードは負けず、逆にスネークを谷底に落とし、チームを優勝へと導きました。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:6.苦闘するスピード スピードは、トゴカーンを優勝させ、ローヤルトンにダメージを食らわしたと思いましたが、これもローヤルトンの手の内でした。 トゴカーンは大企業の経営者である父ミスター・トゴカーンの指示で動いていたのでした。 新しい高性能エンジンを開発したトゴカーンの父は、先に部下のミスター・武者をローヤルトンに向かわせ、買収の取り引き契約を結んでいたのでした。 トゴカーンが勝ったことで、トゴカーンの父の会社の株価が上がり、確かにローヤルトンは予想以上の額で買収することになりましたが、不正を暴く証拠を得ることはできませんでした。 その事を警部から聞いたスピードは憤り、マッハ号でサーキットを疾走し、憂さ晴らしをしていました。 その時、1台のレースカーが追ってきました。 それはレーサーXでした。 スピードはレーサーXに正体を明かすよう詰め寄りました。 レーサーXは静かに覆面を取り、顔をさらけ出しました。 彼の顔は兄レックスの顔ではありませんでした。 「レース界を変えることはできないんだ」と落ち込むスピードに、レーサーXは「そんな事は関係ない。 大事なのはレースが我々を変えることだ」と諭し、励ましました。 悩んだスピードは兄レックスのように家を出ようとしました。 父は兄レックスの時と同じ過ちをしないよう、スピードに「お前は私の誇りだ。 ドアはいつでも開けておく、いつでも帰って来い」と優しく語り、送りだそうとしました。 その時、家のチャイムがなりました。 ドアを開けるとトゴカーンの妹ハルコ・トゴカーンが立っていました。 ハルコは父と兄がした不正について、謝罪に来たのでした。 ハルコは「恥ずべき事をした」と言い、兄から譲り受けたグランプリの出場権をスピードにプレゼントしました。 スピードは晴れてグランプリに出場することになりました。 スピードは家出をとりやめ、このチームで優勝し、レース界を正す決意をしました。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:7.壮絶なグランプリレース ローヤルトンは買収した高性能エンジンを搭載したニューマシンを作り上げ、グランプリに挑んできました。 その当日、スピードは家族総出でチューンアップしたマッハ号で大会に乗り込みました。 出場辞退したトゴカーンの出場権を手に。 ローヤルトンは、再起不能と思い込んでいたスピードの登場に驚きました。 彼はスピードの首に100万ドルの懸賞金を密かにつけました。 スピードは四面楚歌に陥りました。 観客は急遽登場した若きスピードとマッハ号に視線を注ぎました。 解説者ベン・バーンズは「これはレースじゃない。 決闘だ」と呟きました。 張りつめた空気の中、グランプリが開始されました。 スピードは発進と同時に2台の車に進路を阻まれ、潰されそうになりましたが、オートジャッキで難を逃れ、マッハ号を走らせました。 大きく出遅れたスピードでしたが、チューンアップされたマッハ号の速さは凄まじいものでした。 スピードは各選手から邪魔をされますが、巧妙なハンドル捌きで、交わし、はね飛ばし、トップを追走しました。 スピードは果敢な走りで、トップのキャノンボールとドッグファイトを繰り広げ、トップに躍り出ました。 しかし、キャノンボールは反則技でスピードを潰そうとしました。 窮地に陥ったスピードでしたが、彼はコース上に設置されているカメラを見つけ、そこでジャンプし、キャノンボールが反則技を使っている証拠映像を撮らせました。 落ちた衝撃でキャノンボールのマシンはクラッシュ、大破しました。 しかし、これでローヤルトンのチームが不正をしていることが露見しました。 動かぬ証拠を撮らせることに成功したスピードでしたが、マッハ号はエンジンが動きませんでした。 焦るスピードは子供の頃受けた兄の「車の声を聞け」を思い出し、語感を研ぎ澄まし、マッハ号の声を聞きました。 スピードは直感的にギアを高速に入れ、アクセルを踏み、エンジンを復活させました。 それはまさに神業でした。 復活したスピードはレースに復帰、壮絶なスピードと走りで他のマシンを追い越していきました。 観客はそんなスピードの走りに熱狂し、魅了させられました。 スピードは遂にトップに躍り出、そのままゴールしました。 スピードは優勝しました。 スピード・レーサーの結末:レーサーXの正体 スピードの優勝した姿を見た警部とレーサーXは「ついにやったな。 これでレースは変わる」と言いました。 レーサーXは実は兄レックスでした。 彼はレースで亡くなったと見せかけ、顔を整形し、全くの別人としてレースを変えるために警部に協力していたのでした。 彼は弟に何も告げず去っていきました。 スピードは家族と優勝台にあがり、勝利のミルクを飲み、以前交わした約束通り、恋人トリクシーにキスをしました。 スピード一家は観客たちから、スタンディングオベーションを受けました。 そして、スピードの情熱の走りで、ローヤルトンの不正は暴かれ、逮捕されました。 新聞の見出しはこうでした。 「悪が栄えた、ためしなし」。

次の

スピード・レーサー : 作品情報

スピードレーサー

の紹介:2008年アメリカ映画。 この作品『Speed Racer』は、日本のタツノコプロが制作した人気テレビアニメ『マッハGoGoGo』(1967年)を原作とした実写映画です。 原作アニメも世界各国で放映され大人気となりました。 監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー 出演:エミール・ハーシュ(スピード・レーサー)、クリスティナ・リッチ(トリクシー)、マシュー・フォックス(レーサーX)、スーザン・サランドン(スピードの母)、ジョン・グッドマン(スピードの父)、真田広之(ミスター・ムシャ)、ほか 目次• スピード・レーサーのネタバレあらすじ:1.プロローグ:スピード・レーサーの夢 時代は近未来、スピード・レーサーは子供の頃からレースカーのことばかり考えていました。 スピードの一家は独立したスポーツカーチームとして、レースで生計を立てていました。 チームのスポーツカーの名は「マッハ号」、そしてそれを設計したのは設計師である父パパ・レーサーでした。 兄レックス・レーサーはマッハ号を自在に操る天才的レーサーでした。 弟スプライトルもレースが大好き、母ママ・レーサーは家族を献身的に支えていました。 そんな家族に囲まれたスピードの夢は唯一つ、一刻も早く尊敬する兄のようなレーサーになることでした。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:2.若き天才レーサー・スピードのトラウマ 成長したスピードはレーサーとなり、幼馴染みで恋人トリクシーや優秀な整備士スパーキーらに囲まれ、マッハ号で各地のレースに出場していました。 スピードは幼い頃から兄レックスから薫陶を受けていたこともあり、若き新人レーサーとして、天才的な走りをし、注目の的でした。 そんなスピードでしたが、あるトラウマを抱えていました。 それは8年前突如、家出をしてチームから抜け、最も汚い天才的伝説レーサーとなり、あるラリーレース中に事故死した兄レックスのことでした。 兄から「車は生き物だ。 音を聞き、何を望んでいるかを知れ」と幼い頃からサーキットでマッハ号を操縦し、薫陶を受け育ったスピードは、地元のサンダーヘッドレースで、兄から譲り受けたマッハ号で出場しました。 スピードは観客を魅了する驚異的な走りを見せました。 しかし、兄の記録は超えられませんでした。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:3.大企業のローヤルトンからの誘い ある日、スピードの家に1機のヘリが舞い降りてきました。 やって来たのは大企業ローヤルトン工業のCEO・ローヤルトンでした。 彼はスピードの操縦テクニックに目をつけ、魅力的な高額で契約レーサーとなるようにオファーに来たのでした。 ローヤルトンはその財力でレース界でも強大な権力を持っていました。 ローヤルトンに案内され、彼の会社内を見て回りました。 スピードはその近代的な設備などに魅力を感じました。 スピードは悩みに悩みました。 しかし、スピードは独立した家族経営のチームへの愛着を捨てられませんでした。 スピードは子供の頃、父と観戦したレースの記憶を回想しながら、「レースは単なる競技ではなく、信仰なんです。 家族にとってスポンサーは悪魔と同じなんです」とローヤルトンに言い、断りました。 その言葉を聞いたローヤルトンは嘲笑、激昂し、「利益こそが重要な記憶だ!レースの意義に選手や車など関係ない!重要なのは権力、揺らぐことのない金の力だ!」と言い放ち、レースの裏では権力者たちがレーサーたちを買収し、八百長としているのという驚愕の内幕をリークしたのでした。 スピードは真逆の思想を持つローヤルトンからのオファーを毅然と断りました。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:4.レース業界の裏側 マッハ号に乗り、次のレースに出たスピードでしたが、ローヤルトンが言った通り、彼から買収されたレーサーが邪魔をし、マッハ号は完走できませんでした。 そして、父も設計の盗みというあらぬ疑いをかけられ、起訴されてしまいました。 スピードの家族チームはマスコミからも酷評を受け、経営難に陥りました。 すべてローヤルトンが言った通りになり、スピードは落ち込みました。 そんなスピードに母は優しく「レースはビジネスじゃない。 あなたの走りは芸術よ。 ときにあなたは感動を与えてくれる」と言い、励ましました。 そんなある日、ディテクター警部と覆面を被った正体不明のレーサーXがやって来ました。 ディテクター警部はローヤルトンのレース業界での不正を暴く捜査をしていました。 警部はこれまで不正の片棒を担いでいたが嫌気がさし手を引いたテジョ・トゴカーンから決定的な証拠を得るため、レーサーXとスピードが彼と組み、彼からその証拠を得るためにあるレースに出場してほしいと依頼に来ました。 そのレースとはカーサ・クリスト・ラリーでした。 それは兄レックスが亡くなった非常に危険なレースで、父は猛反対しました。 しかし、スピードは父に嘘をつき、そのラリーにマッハ号で出場し、ローヤルトンを叩きのめす決意をしました。 警部のもとでマッハ号は、その危険なラリーに出場するため、改造を加えられました。 車がジャンプするためのオートジャッキなど、7つの車を保護する機能を付け加えられました。 レース前夜、スピードは気付きました。 兄レックスは腐ったレース業界の不正を正すために、家を出ていっただと…。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:5.スピード、ラリーへ出場 スピードはレーサーXと改心したテジョ・トゴカーンのチームに入り、改造を受けたマッハ号で、ラリーに出場しました。 どの車も裏側には邪魔な車を破壊する不正な改造が施されていました。 ラリーが開始され、スピードはマッハ号で疾走しました。 しかし、ラリーは過酷を極めました。 スピードのマッハ号はあらゆる車から反則攻撃を受けました。 スピードはそんな攻撃を改造された機能を駆使し、防御しながら、マッハ号を走らせました。 レーサーXは自らも攻撃を受けながらも、スピードを援護しました。 そんな中で、スピードはレーサーXの走りで、彼は亡くなったと言われる兄レックスではないかと感じました。 1日目は残虐非道なスネーク・オイラーがトップでゴールしました。 スピードたちは2番手で無事ゴールをしました。 帰ってきたスピードを待っていたのは、家族でした。 嘘までついて出場したスピードを父は叱咤し、レースをやめて帰らせようとしました。 しかし、スピードのレースのかける意思はかたく、父は根負けし、レース出場を許しました。 父は改造を加えたことでバランスが悪くなったマッハ号をスパーキーと整備しました。 2日目のレースも過酷でした。 トップを走るスネークをスピード、レーサーX、トゴカーンの3人は追いました。 追いついてきたスピードを、スネークは容赦しませんでした。 しかし、スピードは負けず、逆にスネークを谷底に落とし、チームを優勝へと導きました。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:6.苦闘するスピード スピードは、トゴカーンを優勝させ、ローヤルトンにダメージを食らわしたと思いましたが、これもローヤルトンの手の内でした。 トゴカーンは大企業の経営者である父ミスター・トゴカーンの指示で動いていたのでした。 新しい高性能エンジンを開発したトゴカーンの父は、先に部下のミスター・武者をローヤルトンに向かわせ、買収の取り引き契約を結んでいたのでした。 トゴカーンが勝ったことで、トゴカーンの父の会社の株価が上がり、確かにローヤルトンは予想以上の額で買収することになりましたが、不正を暴く証拠を得ることはできませんでした。 その事を警部から聞いたスピードは憤り、マッハ号でサーキットを疾走し、憂さ晴らしをしていました。 その時、1台のレースカーが追ってきました。 それはレーサーXでした。 スピードはレーサーXに正体を明かすよう詰め寄りました。 レーサーXは静かに覆面を取り、顔をさらけ出しました。 彼の顔は兄レックスの顔ではありませんでした。 「レース界を変えることはできないんだ」と落ち込むスピードに、レーサーXは「そんな事は関係ない。 大事なのはレースが我々を変えることだ」と諭し、励ましました。 悩んだスピードは兄レックスのように家を出ようとしました。 父は兄レックスの時と同じ過ちをしないよう、スピードに「お前は私の誇りだ。 ドアはいつでも開けておく、いつでも帰って来い」と優しく語り、送りだそうとしました。 その時、家のチャイムがなりました。 ドアを開けるとトゴカーンの妹ハルコ・トゴカーンが立っていました。 ハルコは父と兄がした不正について、謝罪に来たのでした。 ハルコは「恥ずべき事をした」と言い、兄から譲り受けたグランプリの出場権をスピードにプレゼントしました。 スピードは晴れてグランプリに出場することになりました。 スピードは家出をとりやめ、このチームで優勝し、レース界を正す決意をしました。 スピード・レーサーのネタバレあらすじ:7.壮絶なグランプリレース ローヤルトンは買収した高性能エンジンを搭載したニューマシンを作り上げ、グランプリに挑んできました。 その当日、スピードは家族総出でチューンアップしたマッハ号で大会に乗り込みました。 出場辞退したトゴカーンの出場権を手に。 ローヤルトンは、再起不能と思い込んでいたスピードの登場に驚きました。 彼はスピードの首に100万ドルの懸賞金を密かにつけました。 スピードは四面楚歌に陥りました。 観客は急遽登場した若きスピードとマッハ号に視線を注ぎました。 解説者ベン・バーンズは「これはレースじゃない。 決闘だ」と呟きました。 張りつめた空気の中、グランプリが開始されました。 スピードは発進と同時に2台の車に進路を阻まれ、潰されそうになりましたが、オートジャッキで難を逃れ、マッハ号を走らせました。 大きく出遅れたスピードでしたが、チューンアップされたマッハ号の速さは凄まじいものでした。 スピードは各選手から邪魔をされますが、巧妙なハンドル捌きで、交わし、はね飛ばし、トップを追走しました。 スピードは果敢な走りで、トップのキャノンボールとドッグファイトを繰り広げ、トップに躍り出ました。 しかし、キャノンボールは反則技でスピードを潰そうとしました。 窮地に陥ったスピードでしたが、彼はコース上に設置されているカメラを見つけ、そこでジャンプし、キャノンボールが反則技を使っている証拠映像を撮らせました。 落ちた衝撃でキャノンボールのマシンはクラッシュ、大破しました。 しかし、これでローヤルトンのチームが不正をしていることが露見しました。 動かぬ証拠を撮らせることに成功したスピードでしたが、マッハ号はエンジンが動きませんでした。 焦るスピードは子供の頃受けた兄の「車の声を聞け」を思い出し、語感を研ぎ澄まし、マッハ号の声を聞きました。 スピードは直感的にギアを高速に入れ、アクセルを踏み、エンジンを復活させました。 それはまさに神業でした。 復活したスピードはレースに復帰、壮絶なスピードと走りで他のマシンを追い越していきました。 観客はそんなスピードの走りに熱狂し、魅了させられました。 スピードは遂にトップに躍り出、そのままゴールしました。 スピードは優勝しました。 スピード・レーサーの結末:レーサーXの正体 スピードの優勝した姿を見た警部とレーサーXは「ついにやったな。 これでレースは変わる」と言いました。 レーサーXは実は兄レックスでした。 彼はレースで亡くなったと見せかけ、顔を整形し、全くの別人としてレースを変えるために警部に協力していたのでした。 彼は弟に何も告げず去っていきました。 スピードは家族と優勝台にあがり、勝利のミルクを飲み、以前交わした約束通り、恋人トリクシーにキスをしました。 スピード一家は観客たちから、スタンディングオベーションを受けました。 そして、スピードの情熱の走りで、ローヤルトンの不正は暴かれ、逮捕されました。 新聞の見出しはこうでした。 「悪が栄えた、ためしなし」。

次の