ご指定いただきたく存じます。 「送ってください」の敬語とは?例文8選!メール/ご郵送/送付/丁寧語

DS6620Bについて、質問

ご指定いただきたく存じます

ビジネスシーンでの言葉遣いは、敬語(尊敬語と謙譲語)を使いこなすのがマナー。 社会人一年目や就職活動の面接などでは初めてのことばかりで戸惑うことも多いでしょう。 また、自分の敬語が正しく使われてるか不安な方にも、ここでは日常会話において特に頻繁に活用する「したいと思います」の敬語での表現方法を学ぶことで、洗練された言葉遣いができる様、役立つ情報をご紹介します。 謙譲語とは? 敬語の種類は大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」と3種類ありますが、その中の謙譲語は「自分を下げて相手を立てたい」目上の方に話すときなど、相手に敬意を表す表現をする場合の自分をへりくだった表現方法で「わたくし」「うかがう」「いただく」「てまえども」「お~する」などがあります。 それに対する尊敬語は、目上の人が動作の主体になる時に使われ、会社の上司や社長など相手を持ち上げる表現を使い相手を高めます。 例えば「来る」を尊敬語にしてみた例では、「おいでになる」「お越しになる」「お見えになる」がよく使われます。 「したいと思います」の敬語の使い方とは? 「したいと思います」の「思います」の謙譲語は「存じる」で、自分の「思う」という動作をへりくだって敬意を表しています。 日常会話の中で「したいと思います」を表現するとき、「~と思います」「~と思っています」という表現をよく使いますが、会社などビジネスの場では硬い言い回しが必要になってくるので、その場合は下記の様に「存じます」を使いましょう。 ・参加させていただきたいと存じます。 ・お伺いしたく存じます。 ・お会いしたいと存じます。 ・お話ししたく存じます。 「したいと思っております」 「お手すきの際にお話しをお聞かせいただきたいためお伺いしたいと思っております。 」も「したいと思います」の敬語として正しい表現で、好感が持てるやわらかい印象がします。 ただ、この「したいと思っております」は、就活の際にも使って問題はないのですが、メールの際やスピードが要求される厳しいビジネスの場においては、あまり「思っております」を多用すると、思ってくれてるだけで、いつしてくれるのかというように信用を失ってしまう可能性もあるので注意しながら使いましょう。 また、「思っております」と間違いやすいのが「存じあげております」ですが、これは謙譲語で「知っている」という意味になり、「思っている」という意味の文章にはならないので注意しましょう。 「したいと思います」使い方は? 「したいと思います」の「思います」の謙譲語になる「~したく存じます」などの「~存じます」は、かなり高い尊敬を意味していて、かなりかしこまった硬い印象にはなりますので、会社では目上の方(上司や取引先の方など)やお客様に対して使うのには適しています。 また「したいと思います」の謙譲語「存じます」は、対面ではかなり堅苦しい印象や真面目すぎる印象になってしまうため、社長など使う相手を考えて使いましょう。 特に、気を使うお顔が見えない電話でのやりとりやメールなどのビジネス文章には積極的に使っても問題ないでしょう。 「したいと」を「させていただく」では? 職場や取引先で「させていただきます。 」や「させて頂く」という言葉は意外と使っているでしょう。 その「させて頂く」は敬語として正しいのかどうかなのですが、この「させていただく」には二つの相反する意味あいをもっていて気をつけないと失礼になってしまうので、使い方をしっかりと知っておきましょう。 一つ目の使い方は、自分の願望を相手の許可を得るために丁寧に問いかける話し方であるのに対し、二つ目の使い方は、自分の願望を相手の許可なく実行するというちょっと強引な感じがする話し方なので、この「させていただく」を使う時は十分注意が必要です。 一つ目の言い回しの例として「申し訳ありません、体調が悪いので早退させていただいてもよろしいでしょうか」だと、許可をもらう相手に尊敬を表した丁寧な敬語になるのに対し、二つ目は「会社を辞めさせていただきます」という表現になり、有無言わさず自分勝手な印象になってしまいます。 「したいと思います」メールでの使い方は? そこで、お顔の見えない文章のみのやりとりで誤解を生じさせてしまったり、お相手によってはフランクすぎたり失礼な言い回しになっていないかどうか気を使うのは、メールの文章ではないでしょうか。 ビジネスのメールでは「したいと思います」など、自分の要望を相手に伝えることが多いと思いますが、まず自分の動作を謙譲語にした上で、丁寧語をプラスしていくようなイメージで使用してみましょう。 なので、「したいと思います」だと謙譲語は「存じる」に丁寧語の「ます」がついて「したいと存じます」となります。 「したいと思います」の謙譲語である「存じます」などの敬語は、真面目できちんとした印象を与えるので、会社の難しい決まり事や目上の方へのメールの文章では、顔が見えない分丁寧すぎるくらいがちょうどいいようなので、積極的に使用するといいでしょう。 目上の人への使い方は? また、目上の方への言葉遣いとして、この「したいと思います」という言葉遣いは、その方の人柄やその職場の雰囲気によってはokだったりする場合もあります。 そういった場合は逆に「したいと思います」の謙譲語「存じます」だと堅苦しく事務的な印象を与えてしまうこともあるので、そこはお仕事をしながら学びましょう。 会社はコミュニケーションが大事なので、その場その場に合わせた対応ができるように、適切で失礼のないような言葉遣いを身につけておきたいものです。 そのため、より丁寧で尊敬を意味するような方には「したいと思います」の謙譲語「存じます」を積極的に使うのがベストでしょう。 「したいと思います」を敬語表現するときの例文とは? したいと存じますでは? 「したいと思います」の敬語表現で語尾を「存じます」にする方がより丁寧で好ましいとお伝えしましたが、この「したいと」と「存じます」のセットで「したいと存じます」という敬語表現は、ビジネスの場ではかなり頻繁に使われるので、下記にその頻度の高い使用例をあげてますので身につけておかれるといいでしょう。 「今後ともよろしくお願いしたいと存じます」「ではまた後程ご連絡したいと存じます」「それでは、また後日お会いしたいと存じます」「かねてからお伺いしたいと存じます」「その旨お伝えしたいと存じます」「その件についてお聞きしたいと存じます」「その件についてお打ち合わせしたいと存じます」 正しい敬語を使ってビジネスの勝ち組になろう!.

次の

excel関数 concatenateの使い方

ご指定いただきたく存じます

取引を断るとき /• せっかくのお申し入れではございますが今回はご遠處させていただきたく存じます。 誠に残念ですが、現在は新規収引のお申し込みをご遠慮させていただいております。 日頃ご愛顧をいただいている弊社からのお申し出ですので、特別に配慮はできないかと検討を重ねてまいりましたが、やはり例外を作ることはできないという結論に至りました。 誠に申し訳ございませんが、今回の購人は見送らせていただくことにいたしました 何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます,• せっかくのお申し越しではございますが、当社の生産能力ではご指定の納期までに納品することが難しく、不本意ながらご辞退させていただくこととなりました。 残念ながら現在の弊社の状況では貴社のご希望にお応えすることが難しく、ご辞退申しあげることにいたしま した。 あいにくどこの店でも品切れの状態で、ご要望の10月10日までの納入が困難な状態でございます。 ご依頼の件につきまして当社役員会において慎重に検討しました結果、新規のお取引は見含わせるとの結論に達しました。 せっかくのお申し越しこ対し誠に申し訳ございませんが、何とぞ事情をご賢察のうえ、あしからずご了承くださいますようお願い申し上げます。

次の

「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

ご指定いただきたく存じます

「いただきたく存じます」の意味・敬語 「いただきたく存じます」の意味は「〜してほしいと思う」 「いただきたく存じます」は 「〜してほしいと思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は「いただきたく思います」をより丁寧にした表現になります。 「〜していただきたく」のみでも「〜してもらいたい」という意味になりますが、「存じます」が付くことによってより丁寧な表現となります。 「いただきたく存じます」は二重敬語ではなく正しい謙譲語 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「たい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、 二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの単語に、同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉のことを言います。 例えば、二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お伺いいたします」などがあります。 「いただきたく存じます」の使い方 「いただきたく存じます」は少々堅い表現のため、日常会話では使うことが少ないです。 ビジネスシーンにおいては、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 「いただきたく存じます」は、 取引先の相手やお客様など目上の人に対して使います。 同等や目下の人に対しては使用しないので注意しましょう。 「いただきたく存じます」は「対応させていただきたく存じます」というように、主に何かをお願いするときに使います。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 ・ご検討いただきたく存じます ・ご参加いただきたく存じます ・お時間いただきたく存じます ・お返事いただきたく存じます ・ご教示いただきたく存じます ・お知らせいただきたく存じます ・お送りいただきたく存じます ・お問い合わせいただきたく存じます ・お祝いの言葉をいただきたく存じます 「~をしていただきたく」で終わるのは失礼 「〜をしていただきたく」という表現は誤りになります。 「〜をしていただきたく」は「していただきたいと思います」を省略した言い回しになります。 もし「〜をしていただきたく」という表現を使いたい場合は、「〜していただきたく思います」「〜していただきたくお願いいたします」と完結した文章にします。 目上の人に対して、メールなどで省略した文章を送るのは失礼です。 社内の規則で決まっている場合は仕方ないですが、社外の人に対しては略さずにしっかりとした文章を使うようにしましょう。 「させていただきたく存じます」の乱用は避ける 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「〜させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「〜させていただく」には、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いが含まれます。 本来「させていただく存じます」は相手の許可を得てさせてもらう場合に使います。 例えば、「熱が出たので、早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は許可を得るためなので、適切な使い方になります。 「させていただく存じます」を多用することを「させていただく症候群」と言います。 多用し過ぎると、文章自体が読みにくかったり、回りくどくて何を伝えたいか分からなくなります。 丁寧な印象より、逆に慇懃無礼な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 「〜させていただく」よりも「〜いたします」などを使った方が自然です。 メールで資料を添付する場合は「ご確認いただきたく存じます」など ・企画の詳細についてはファイルを添付しましたのでご確認いただきたく存じます。 ・先ほどお送りした資料についてご不明な点がございましたら、私の方までお問い合わせいただきたいと思います。 その他の例文 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 ・今回は当方よりご案内させていただきたく存じます。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 ひらなが「いただく」の例文 ・(正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 (誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 ・(正)今日はお休みさせていただきます。 (誤)今日はお休みさせて頂きます。 ・(正)こちらをお召し上がりいただけますか。 (誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 「頂く」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語 「いただく」を漢字で書くと「頂く」となります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」と表記する場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 ・頂いたお菓子、とても美味しかったです。 「いただきたく存じます」の類語・言い換え 〜していただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、何かをお願い・依頼する場合になります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 例文 ・来週までにご連絡いただければ幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただければ幸いです。 〜いただきますようお願い申し上げます 「〜いただけますようお願い申し上げます」は「〜していただきたいと願っています」という意味になります。 例えば「参加していただけますようお願い申し上げます」と言った場合は「参加していただけることを願っています」といった意味合いになります。 「〜いただきますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができます。 ・お手数ですが、お送りいただけますようお願い申し上げます。 〜してください 「〜してください」は、お願いをするとき用いる言葉で、日常会話でも頻繁に使われています。 「〜してください」は、同僚や部下に対しては使えますが、目上の人に対して使うと上から目線だと、受け取られてしまう可能性があります。 目上の人にはなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 また、「〜してください」をより丁寧にした「〜なさってください」という言い方もあります。 「〜なさてください」の「なさる」は「する」の尊敬語です。 目上の人に何かをお願いするときは「〜なさってください」を使うのが適切になります。 例文 ・来月歓迎会を開催することにしました。 ぜひお越しください。 ・今確認してくるので、少々お待ちください。

次の