株式 会社 エクサ ウィザーズ。 エクサウィザーズと北原病院グループ、共同開発したオンライン遠隔リハビリサービスの試験導入開始〜脳卒中/片麻痺患者の自宅リハビリをセラピストが遠隔でサポート〜

エクサウィザーズと北原病院グループ、共同開発したオンライン遠隔リハビリサービスの試験導入開始〜脳卒中/片麻痺患者の自宅リハビリをセラピストが遠隔でサポート〜

株式 会社 エクサ ウィザーズ

私が働いているエクサウィザーズについて、お伝えしようと思います。 エクサウィザーズの評判について AIベンチャーとして、日本国内では、ある程度知られる存在になって来たかと思います。 現在、上場準備をしており、社内を整備している段階です。 AIを用いて社会課題の解決というビジョンを掲げています!AIの技術をどう社会に活かすかという点では、国内でもっとも力を入れようとしている会社だと思います。 エクサウィザーズの社内の雰囲気について 社内の雰囲気ですが、社員の年齢層が高めのベンチャーということもあり、落ち着いた感じで、ビジネスの人材を中心にエンジニアを巻き込んでいく雰囲気で仕事をしています。 AIエンジニアの方の働き方としては、裁量労働制なので、比較的自分の都合に合わせて働かれる方が多いと思います。 会社に出社せず、自宅を中心に働かれる方もいらっしゃいます。 労働環境は比較的良いと思います。 また、ストックオプションを全社員に発行しているので、その点でも良い会社だと思います。 エクサウィザーズで働きたい人に向けて エクサウィザーズに入社を検討されている方はぜひご連絡いただければと思います。 "自分より優秀な人しか採用しない"という基準で採用しているため、内定は取りにくく、結構落とされている印象を受けます。 応募される前に、ご連絡いただければ、会社についてより詳細にお話出来ると思います!.

次の

FAQ検索エンジン「Qontextual」、関西健康・医療学術連絡会への無償..(株式会社エクサウィザーズ プレスリリース)

株式 会社 エクサ ウィザーズ

ハードウェアおよびAIアルゴリズムと連携したWebサービスを一からつくりあげることのできる貴重なチャンスです。 製造、金融、医療、HR、介護領域を中心に大手企業とプロジェクトが進行しております。 元DeNA会長の春田氏と、元リクルートAI研究所の石山氏が経営を担っており、国内有数の技術アドバイザー陣が参画しております。 メガベンチャー、コンサルティングファーム出身の優秀な人材も多数携わっています。 また、「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」というミッションに関連する研究分野を対象とし、社会人博士としての研究に加え、平日の週1日、大学で研究を行う事ができます。 その他、卒業までの学費(入学金、授業料など、上限総額200万円)を補助します。 全メンバーのうち国外出身者の比率は約10%、エンジニアメンバーでは約25%です。 中国、モンゴル、インド、イラン、イギリス、フランスなど様々な国の人材とともに刺激しあえる環境です。 ・画像処理によく用いられる機械学習モデルの知識、理解(CNN、Semantic/Instance Segmentation、Object Detection、AutoEncoder、Generative Adversarial Networkなど) ・AIモデルを組み込んだ開発で品質保証、安定稼働、高速稼働観点で見極めや最適化をした経験 ・英語でのコミュニケーション力(基本は日本語で業務可能) ・Git、hgといった開発環境での経験 ・アルゴリズムやデータ構造の知識 ・スタートアップで働いた経験 ・新しい課題や未知の領域に果敢に挑戦した経験 雇用形態 正社員 <試用期間> 3ヶ月 期間中にコンディション休暇(3日)の取得が可能です。 予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。 月額は固定手当を含めた表記です。 出勤・退社時間は自由です。 (1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。 (2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。 (3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。 (4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するdodaの案件担当から行います。 あらかじめご了承ください。

次の

エクサウィザーズの評判・社内の雰囲気について|AIベンチャーで働いています。|note

株式 会社 エクサ ウィザーズ

超高齢化社会等を代表とする社会課題を、ディープラーニング等のAI技術で解決していく。 エクサインテリジェンスは、京都大学や大阪大学出身のAIエンジニア達と元DeNA会長の春田氏が立ち上げ、統計学や機械学習、ディープラーニングを駆使し、産業機械、医療、Webサービス領域の大手企業とオープンイノベーションプロジェクトを推進。 一方、リクルートグループにてAI研究所を立ち上げた石山洸氏率いるデジタルセンセーションは、フランス発祥の介護手法である「ユマニチュード」とAI技術を連携させた事業を展開。 いずれも、論文がゴールとなりがちな最先端技術の研究開発に留まらず、現場で活用出来るアプリケーションへの落とし込みに注力し確実に事業を推進してきたが、両社が統合し互いに欠けていたリソースを補い合う事により、事業成長の速度をさらに加速する。 【どのようなAI企業を目指していくのか】 もともとエクサインテリジェンスは医療と製造業に強みを持つ会社で、そこにデジタルセンセーションの介護が加わって、両者で相乗効果を出していく考えだ。 スタートアップはAIであっても、バーティカルな分野で勝ち抜いていく強みを持っていないと持続的に成長していけないだろう。 それがデジタルセンセーションの介護だった。 つまり両社の合併によって超高齢化社会の課題をAIで解いていく集団となったわけだ。 AIの分野では顧客からデータを受け取ってそれを分析して納入するというビジネスが一般的かもしれないが、今後は「AI as a Service」のようにクラウド型で、AIや分析のサービスを提供したり、他のITサービスと連携させたりといったことが必要になってくる。 エクサウィザーズはそうした分野にも強みを持っており注力していく。 【統合のシナジーを活かした新事業】 石山氏がリクルート出身であることから、人材や人事分野の「HR Tech」の案件をデジタルセンセーションでも受けていた経緯がある。 また、エクサインテリジェンスにも内外のHR Techの分野に明るい人材が集まり始めている。 そこで新事業として、それぞれの人材の特徴をディープラーニングで分析して改善策をコーチングし、組織としての能力を底上げすることを考えている。 これまでのHR Techでは、活躍している「ハイパフォーマー」の人材との比較で同様なプロフィルを持つ優秀な人材を見いだしたり、採用したりするというのが多かった。 一方であまり成績が伸びない「ローパフォーマー」をどうするかというアプローチはあまりない。 ローパフォーマーは相関からそれが数字として出てしまい、採用などで対象外にされてしまう。 それでは人材の有効活用に限界がある為、デジタルセンセーションの介護分野で磨いたAIコーチングのノウハウを活用し、活躍しない可能性が高いとされたローパフォーマーでも、適切なコーチングを施す事によりハイパフォーマーの能力へ近づけるアプローチをとる。 介護ではユマニチュードの手法を獲得するために映像利用のAIコーチングを活用しているが、それをHR Techに拡大し展開していく。 国内最高水準の技術アドバイザー陣を擁し、トップクラスのAI技術を学べる環境 AI技術を求めるエンジニアにとって、エクサウィザーズが擁する技術アドバイザー陣は魅力的な存在だ。 既に、 ・早稲田大学基幹理工学部教授 尾形哲也氏 ・京都大学情報学研究科教授 鹿島久嗣氏 ・東京大学 情報理工学系研究科准教授 中山英樹氏 ・東京女子大学情報処理センター助手 浅川伸一氏 等がアドバイザーとして参画しており、彼らの指導を直接受けながらプロジェクトを進める事が出来る為、国内最高水準の知見をアプリケーションに実装する事が可能だ。 また、AIに関する知識や経験が少ないメンバーについては、入社後に集中的なトレーニング期間を経た上でプロジェクトにアサインされる為、AI技術に興味を持ちながらも実務で経験するチャンスが得られなかったエンジニア達にとっては絶好の環境と言えよう。 誰もが使いこなせる自社AIプラットフォームの提供を目指す。 エクサウィザーズには、「新しいテクノロジーが人を疎外するのではなく、誰もがテクノロジーの恩恵を享受できる世界をつくる」というビジョンがある。 コンピュータ・ネットワーク環境の急速な普及にともない、モノが情報を収集し、互いに連携を取り合うような社会が現実のものとなっている。 このように人々の生活環境は大きく変り始めているが、テクノロジーが誰にでも寄り添うような世界を実現するためには、ネットワーク化されたさまざまな機械・デバイスに対して、一定の「知性(intelligence)」を与えることが重要ではないかとエクサウィザーズは考えている。 そのために、自社AIプラットフォームを提供することを通じて、誰もが機械学習を始めとする高度なテクノロジーを簡単に活用し、生活に役立てられる未来を創造することを目指している。 また、東京を中心とするAI企業の増加に対し、地方発のベンチャーとして地方での雇用拡大にも貢献していく方針。 エクサウィザーズはグローバル化も積極的に進めており、理系人材に厚みのあるインドにラボを設置。 2017年4月18日に、インド南東部のアンドラプラデシュ州にあるアンドラ大学と、AIの産業活用について協力する協定を交わした。 働き方にも新しい取り組みを進めており、パソナテックのクラウドソーシングと連携することで時間や場所にとらわれない働き方を選択することもできる。 AIを使ったサービスはグーグルの「Cloud ML」やマイクロソフトの「AzureML」などがプラットフォーム事業を展開しているが、日本発、地方発のサービスをもっと広めたいという野望を抱く人にとっては、「夢」を語り合える場となるはずだ。 ご登録いただくと、株式会社 エクサウィザーズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。 すでにアカウントをお持ちの方はこちら 企業情報 会社名 株式会社 エクサウィザーズ 業界 > > > 企業の特徴• 上場を目指す• 自社サービス製品あり• グローバルに活動• SAS Humanitude社と日本国内で唯一の提携となり、 35年の歴史を持つケア技法「ユマニチュード」の研修を企画・運営しております。 また、コーチングAIを活用したサービスや、健康状態を予測するデータ解析サービスを提供しています。 どんな産業・業種の人事担当者でも使える人事サポートサービスです。 京都大学と理化学研究所と共同で、低分子化合物の性質を学習・予測するAI技術を開発し、創薬の大幅な生産性向上を目指してAIコア技術の開発に成功しました。 主要な取り組みとして、三菱UFJフィナンシャルグループと資本業務提携し、新たな与信モデルの開発等の新サービス企画・開発中です。 従来のロボットシステムでは不定形物を扱う複数作業をロボットに実行させるのに膨大な量のプログラミングが必要としましたがマルチーモーダルAIロボットでは複雑なプログラムを組むことなく、ディープラーニングとVR(バーチャルリアリティ)技術を用いることで、 人に作業を教えるのと同じようにロボットに作業を覚えさせることが可能となりました。 各業界個別の課題に対して、AIを活用した解決策立案をサポートします。 また、プラットフォームとして、データ解析、画像・動画解析、テキスト解析、音声解析などの様々なモデルを無償・有償で提供しています。 株式公開(証券取引所) 非上場 従業員数 100人 本社所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町1-6-15 VORT浜松町I 3階.

次の