さくらんぼ 狩り 札幌。 北海道のさくらんぼ狩りができるおすすめ農園10選!札幌近郊も!

果物狩り・収穫体験

さくらんぼ 狩り 札幌

北海道のさくらんぼ狩り口コミで評判の農園 北海道に旅行で訪れた観光客数は年間5,000万人を超えるとされています。 北海道には、世界遺産に登録された知床半島を始めとして自然豊かな場所が多いので、雄大で牧歌的な景色を堪能するために訪れるようですが、北海道観光の楽しみの一つとして「食」は外せないのではないでしょうか。 海の幸は勿論ですが、ジンギスカンやラーメン、スィーツにご当地グルメなど、数え上げたらキリがありません。 そのような中、 最近は北海道観光の目的に「果物狩り」と答える方も増えているようで、旅行の計画に組み込んで楽しまれているそうです。 また、北海道は冷涼な土地であるため、本州で言われている旬よりも少し遅めに果物のシーズンが始まります。 例えばさくらんぼであれば、7月の中旬頃にピークを迎え8月の上旬まで食べることができるので、夏の涼しさを求めて北海道に旅行へ来た方が「まださくらんぼ狩りができるの!?」と驚きつつも、参加されるケースもあるようですね。 それでは、そんな 北海道でさくらんぼ狩りができる農園は、どれくらいあるのでしょうか。 北海道のさくらんぼ狩りおススメの人気スポット8選! 北海道内の果物の産地と言えば、仁木町や壮瞥町が有名ですが、ここではその2つの地域とそれ以外のスポットもご紹介したいと思います。 大橋さくらんぼ園 富良野市の隣の芦別市にあるこちらの農園は、さくらんぼ狩りが楽しめる時期は丁度、ラベンダーの開花と重なることもあって、シーズンには観光客が大勢やってきます。 有機質肥料のみで育てられたさくらんぼは、北海道で初の「農林水産大臣賞」を受賞した経歴を持ち、子供にも安心して食べさせられると評判です。 また、栽培されているさくらんぼの数は39品種(平成24年現在)と全国でも圧倒的な数を誇り、北海道一のさくらんぼ園と称されています。 料金は中学生以上1,300円、小学生1,000円となっており、時間は無制限です。 さくらんぼ狩りの期間:7月上旬~8月下旬 営業時間:09:00~17:00 定休日:期間中は無休 住所:北海道芦別市上芦別町469 TEL:01242-3-0654 公式URL: 大橋さくらんぼ園の地図 マルタケたかしな果樹園 農家の担い手が年々少なくなっている近年において、こちらの農園は3代に渡って代々この場所で農園を続けています。 北海道の肥沃な大地と、ミネラルを豊富に含んだ山の水で作られる果物は、壮瞥町を一躍「果物の名産地」として有名にしました。 こちらの農園で作られているさくらんぼは佐藤錦と水門で、中学生以上880円小学生以上680円の入園料で時間無制限で食べ放題となっています。 さくらんぼ狩りの期間:7月中旬~8月上旬 営業時間:08:00~17:00(果物狩りは15:00までの受付) 定休日:期間中は無休 住所:北海道有珠郡壮瞥町滝之町468 TEL:0142-66-2443 公式URL: マルタケたかしな果樹園の地図 くだもの農家 浜田園 園内には、ジンギスカン用のジンギスカンハウスが設置されており、北海道名物のタレ付ジンギスカンを味わうことも可能となっています。 個人・団体共に予約が必要となっているため、さくらんぼ狩りと一緒にジンギスカンを楽しみたい方は早めの予約がよいでしょう。 また、さくらんぼ狩りの料金は中学生以上880円小学生680円となっていますが(食べ放題の時間無制限)、ジンギスカンだけの予約はできません。 別途さくらんぼ狩りの入園料が発生しますので注意して下さい。 ocn. html くだもの農家 浜田園の地図 篠原果樹園 北海道一の観光スポットである札幌市。 その札幌市内でもさくらんぼ狩りを楽しめる場所があります。 札幌の奥座敷として有名な定山渓温泉へ向かう石山通りを車で走っていると、案内看板がありますのでそちらを目指して進んで下さい。 「本当に札幌なの?」と思うほどの絶景とさくらんぼ狩りが同時の楽しめる篠原果樹園へと到着します。 料金は小学生以上800円となっており、時間無制限の食べ放題となっています。 山を散策しながらゆっくりとサクランボ狩りを楽しむことができます。 さくらんぼ狩りの期間:7月上旬~8月上旬 営業時間:09:00~16:00 定休日:雨の場合は休みとなります 住所:北海道札幌市南区豊滝44 TEL:011-596-2821 公式URL: 篠原果樹園の地図.

次の

春の札幌近郊の果物狩り・いちご狩りスポット!3月・4月・5月・6月は?いちご狩りは?

さくらんぼ 狩り 札幌

札幌からさくらんぼ狩りに出かける、といえば余市や仁木へのバスツアーやドライブがすぐに頭に浮かびます。 しかし、札幌市南区にも観光農園は多く、気軽に出かけられるスポットとして、毎年夏には賑わいをみせています。 篠原果樹園 南区豊滝の国道230号線・石山通から少し入った場所にあります。 さくらんぼの種類が多く、食べ比べられるのが特徴です。 朝から夕方まで開園中は時間無制限、お年寄りや子供でも取りやすい低い木もあります。 さくらんぼの他にもプルーンやナシ、リンゴなど季節ごとの果物狩りが楽しめます。 果樹園からの絶景も見逃せません。 八剣山果樹園 南区砥山の八剣山の麓にある果樹園です。 さくらんぼ狩りはもちろん、イチゴやプラム狩り、ジャガイモやトウモロコシなどの収穫体験もできます。 他にも乗馬や釣堀、登山、バーベキューなど、様々なアクティビティが揃っているので、一日中楽しめます。 定山渓わいわいふぁーむ(旧佐々木果樹園) 札幌から行くと、定山渓温泉よりさらに奥・南区定山渓にある果樹園です。 さくらんぼの他、様々なフルーツが生る観光農園です。 雨天でもビニールハウス内でさくらんぼ狩りができ、車椅子や乳母車などでも入園しやすいところが特徴です。 釣堀やトレッキングなども用意されています。 まとめ そして、さくらんぼでおなか一杯になったら、帰りは温泉へ。 定番の定山渓温泉以外にも小金湯温泉に豊平峡温泉と、こちらも選ぶのに迷いそうです。

次の

春の札幌近郊の果物狩り・いちご狩りスポット!3月・4月・5月・6月は?いちご狩りは?

さくらんぼ 狩り 札幌

札幌からさくらんぼ狩りに出かける、といえば余市や仁木へのバスツアーやドライブがすぐに頭に浮かびます。 しかし、札幌市南区にも観光農園は多く、気軽に出かけられるスポットとして、毎年夏には賑わいをみせています。 篠原果樹園 南区豊滝の国道230号線・石山通から少し入った場所にあります。 さくらんぼの種類が多く、食べ比べられるのが特徴です。 朝から夕方まで開園中は時間無制限、お年寄りや子供でも取りやすい低い木もあります。 さくらんぼの他にもプルーンやナシ、リンゴなど季節ごとの果物狩りが楽しめます。 果樹園からの絶景も見逃せません。 八剣山果樹園 南区砥山の八剣山の麓にある果樹園です。 さくらんぼ狩りはもちろん、イチゴやプラム狩り、ジャガイモやトウモロコシなどの収穫体験もできます。 他にも乗馬や釣堀、登山、バーベキューなど、様々なアクティビティが揃っているので、一日中楽しめます。 定山渓わいわいふぁーむ(旧佐々木果樹園) 札幌から行くと、定山渓温泉よりさらに奥・南区定山渓にある果樹園です。 さくらんぼの他、様々なフルーツが生る観光農園です。 雨天でもビニールハウス内でさくらんぼ狩りができ、車椅子や乳母車などでも入園しやすいところが特徴です。 釣堀やトレッキングなども用意されています。 まとめ そして、さくらんぼでおなか一杯になったら、帰りは温泉へ。 定番の定山渓温泉以外にも小金湯温泉に豊平峡温泉と、こちらも選ぶのに迷いそうです。

次の