レクサスnx モデルチェンジ。 2017年にモデルチェンジした国産SUVや新型モデルで登場した国産SUVを紹介

新型レクサスNX最新情報!モデルチェンジ変更点と予想する次期モデル情報

レクサスnx モデルチェンジ

順当にいけば2021年にフルモデルチェンジもしくは2度めのマイナーチェンジが予想される、今やレクサスの基幹車種「NX」ですが、海外の著名サイト「LEXUS Enthusiast」にて北米および欧州での商標登録情報をレポートしています。 (日本での商標出願も現時点でなし)。 プラグインHVのモデルの存在が噂されていた頃から、どのようにネーミングを変更するのか疑問でしたが(「LS600h」を名乗るのでは?との憶測もありました)今回の「NX450h+」のネーミングで、プラグインハイブリッド車については「 +」のネーミングが付与されることが確実となりそうです。 この「NX450h+」に搭載されるパワートレーンは、北米で発表された「RAV4 Prime」(RAV4プラグインハイブリッド)と推測され、これはシステム総合出力「約302hp」を達成する高い走行性能を有するモデルです。 次期NXがどのようなパワートレーンを搭載してくるのか、新型ハリアーとの差別化はどうなんだろうと関心の高い方は多いと思いますが、この点では、NXは新型ハリアーとのパワートレーンでの差別化を図ってくることが推測されます。 ---------------------------------------------------------- 「NX350h」に関しては、従来型のハイブリッドシステムであり、北米で人気の「トヨタ・ハイランダー」と同等のパワートレーン(2. 5L/直4エンジン+ハイブリッドシステム)を搭載するとの観測。 現行の「NX300h」も2. 5L/直4エンジン+ハイブリッドシステムですが、エンジンとハイブリッドモーターを統合したシステム総合出力は「約195ps」とされています。 一方、「ハイランダー」はシステム総合出力で「約243ps」とされています。 北米と日本では若干出力表記に差があるため、日本で「NX350h」が発売されるとすると、「約245ps」程度のカタログ表記になるのではと推測されます。 つまり、現行のNX300hよりもシステム総合出力で「約50ps」の上乗せがされますので、「NX350h」を名乗ることはまったく不思議ではありません。 このモデルが導入される可能性は高そうですから、この点からも、「新型ハリアー」との差別化が図られることになりそうですね。 ---------------------------------------------------------- 最後に、「NX350」ですが、ネーミングからは「自然吸気エンジン」なのか、「ターボエンジン」なのかは判然としませんが、北米の「トヨタ・ハイランダー」にはV6エンジンモデルが存在しますので、このエンジンを搭載してくるのではと推測されます。 ハイランダーのガソリンエンジンモデルは、アイドリングストップ機構付きのV6エンジンを搭載、トランスミッションは「8AT」を搭載。 次期NXもこのパワートレーンを搭載してくることが想定されます。 しかし、日本においてはとにかく3. 5Lモデルの人気がないので、日本に導入されるかどうか未知数なところがありますね。 ---------------------------------------------------------- ということで、日本ではNXがフルラインナップ展開されるとすると、以下のように豊富なパワートレーンを誇ることになりそうで、レクサスの最量販車種としての役割を担うことになりそうです。 エントリーモデルとして必要) こんにちは。 僕もたった今、海外サイトにて次期NXの情報を見ていたところで なまっくすさんとタイミングがドンピシャで驚いていました(笑) さて少し前にはアメリカのレクサスディーラー関係者へ NXが2021年、RXが2022年との説明があったようです。 そして先程まで見ていた海外サイトではなまっくすさんが書かれているように パワートレーンは5種類とありました。 妄想をしてみるとなまっくすさんの概ね一緒です。 5Lハイブリッドプラグイン、2. 5Lハイブリッド、2. 0Lガソリン。 しかしあと2つが分からず2. 0Lガソリンターボ、、、いやいやこれは RAV4やハリアーでも消滅しました。 あとはどうなんでしょうね。 そしてナビは14インチになるとか。 このことはハリアーが12. 3インチになったことからも いよいよレクサスもメーターやナビが一新されると思います。 いずれにしろ今年の年末くらいにはなんらかの情報が出てくると思います。 ハリアーも去年の秋頃には既に情報が出ていましたからね。 2020年04月19日 00:35• namaxchang. みなさまの車選びのほんの少しでもお役に立てれば幸いです。 記事の内容についてはなるべく正確性を確保するようにしていますが、妄想や希望的観測の内容も多いです。 また、誤字・脱字はご容赦ください。 なお、ときおり通常の日記が入りますが何らかの形で車情報と結びつけるようにしています。 更新は週3〜4回程度を目指しています。 いただいたコメントに関しては見落としがない限り返信させていただきます。 自動車総合情報サイト等に、無断転載されている可能性がありますのでご留意ください。 【車歴】 ・トヨタ セリカSS-1 ZZT230 ・レクサス IS250 version. S ・レクサス IS F ・レクサス HS250h version. I ・アウディ A7 sportback ・レクサス RC F ・レクサス LC500h L Package•

次の

レクサスNXのマイナーチェンジ前と後はどう違う?画像で比較してみよう

レクサスnx モデルチェンジ

この記事のもくじ• そして今回はレクサスの「今後」についてですが、トヨタ同様、けっこう大きな変化があるようです。 ここでその内容を見てみましょう。 2020年以降のレクサスはこうなる まず、今後のレクサスについて、北米価格で9万ドル(日本円で1000万円くらい)以下のクルマについてはV8エンジンを廃止。 トヨタは正式に「新型V8ターボエンジンを開発しており、今後の市販車に搭載される」と発表しており、計画通りLCのターボ化が図られるということになりそうです。 そのほか、LSとESの2022年モデルはマイナーチェンジ版となり、GSは販売終了。 ISは2021年にフルモデルチェンジを受け、新型に移行すると言われます。 レクサスのSUVはこういった変更を受ける SUVではUXが2021年にフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデルを発表して2022年モデルとして発売され、NXは2021年にフルモデルチェンジを受けて新しいTNGA-Kプラットフォーム採用へ。 なお、新型NXは2. 5リッターエンジン+プラグインハイブリッド(エレクトリックモードで64kmの走行が可能)、さらに完全に新しいデザインそして14インチサイズの新型インフォテイメントシステムを持ち、カーナビやリモートパーキング等を備えるとされますが、このあたりはメルセデス・ベンツ、BMW、アウディでは至極当然のことで、「10年は遅れている」と言われたレクサスのインターフェースがようやく「現代レベルに」なるのかもしれません(レクサスのディーラーが、現行レクサスのインターフェースの古さを指摘しないのは不思議でしかない)。 ちなみにレクサスディーラーは、新型NXのインテリアにつき、「革命的なテクノロジーによる衝撃的かつアヴァンギャルドなデザインになる」という説明を受けた、とのこと。 加えて新型レクサスNX F-Sportのホイールは20インチ、という具体的な話もあったようですね。 そしてモデルチェンジ版となる新型RXは2022年に発表されて2023年モデルとして発売開始。 GXについても2022年に新型が発表され2023年に発売開始されるとのことですが、2021-2022年にかけてレクサスのSUVはマイナーチェンジもしくはフルモデルチェンジといった形にて、すべて何らかの変更を受けるということになりますね。 発売時期は2022年だとされますが、ランドクルーザーをベースとするのは現行LXと変わらず、しかし「ランドクルーザーの単なる高級版ではない」と断言できるほどの高級化が図られるようです。 以上をざっとまとめると下記の通り。 ・LCは2022年から新型V8ターボエンジン搭載 ・LSは2022年にマイナーチェンジ ・ESも2022年にマイナーチェンジ ・GSは販売終了 ・ISは2021年にフルモデルチェンジ ・UXは2021年にマイナーチェンジ ・NXは2021年にフルモデルチェンジ ・RXは2022年にフルモデルチェンジ ・GXも2022年にフルモデルチェンジ VIA:.

次の

【最新情報】レクサス新型NXのフルモデルチェンジは2021年か?

レクサスnx モデルチェンジ

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと! 失敗せずにしかも、 納得がいく金額で 下取り車をどこよりも高く売る方法 というのが! クルマ買取りオークションを利用する事なんです。 クルマ買取りオークションは 一回の査定で最大5000社以上の店舗から 買取のオファーが受けられるサービスなんです。 あなたの愛車が高値で売れる 新しい買取りサービスになります。 ディーラーで30万円しかつかなかった 下取り車が買取りオークションでは 60万円や70万円になることは 多々あります。 2014年に販売が開始されから、圧倒的人気を誇るレクサスNX! 2017年にマイナーチェンジがされ、現在に至ります。 レクサスNXオーナーの話によるとマイナーチェンジで静寂性はかなり増したようです。 それでは、フルモデルチェンジの時期はいつなのか、他車種のモデルチェンジ情報と比較して、レクサスNXのモデルチェンジの時期を予想していきたいと思います。 jp 2014年に販売が開始され、2017年にマイナーチェンジが行われたレクサスNXについて、まずは前回のマイナーチェンジで何が変わったかを探ってみました。 jp レクサスNX過去のマイナーチェンジ情報 レクサスNX過去のマイナーチェンジ情報 マイナーチェンジで変わったこと ・「NX200t」という車名が「NX300」に変更された。 ・レクサスセイフティシステム(LSS+)が全車両標準装備 ・アダプティブハイビーム採用 ・フロントグリルの変更 ・ナビが7インチから10. jp ・ ナビが7インチから10. jp かなり変更点はありますね。 パッと見はエクステリアのフロントグリルの変更が見た目の変化が大きいように思います。 時期は、今回販売から3年後にマイナーチェンジが行われています。 この3年後というのがポイントです。 レクサスNXの1つ上のモデルのRXはデビューから3年ごとにマイナーチェンジを行い、6年ごとにフルモデルチェンジを行っています。 jp モデルチェンジ情報として、レクサスNXのマイナーチェンジが2017年ですから、その3年後にあたる2020年にフルモデルチェンジされる可能性は高いと予想します。 販売からちょうど6年経過する年でもあります。 lexus. com. まず、サイズについてはUXがあるので、差別化のために小さくなることはないでしょう。 むしろ少しだけ大きくなる可能性もありますね。 jp その方が小さな車を求める客をUXにながせるので、若干広くなることが予想されます。 また、安全性能については現行のUXに準じたものになるはずなので、かなり改善されるはずです。 jp 以上の装備がUXに搭載されている機能なので、フルモデルチェンジしたNXにも標準装備として追加されることは間違いないと個人的には思います。 その代り、車両本体価格は20万~30万円は高くなることは覚悟しておいた方が良いですね。 パワートレインはさすがに変わらないと思いますが、2. 0Lターボと2. 5Lハイブリットの二本立てのままですが、2. 5Lハイブリットの方はダイナミックフォースエンジンが採用されて、出力と燃費は改善されるはずです。 jp エクステリアに関しては、三角眼(現行UX)の面構えは踏襲するでしょう。 そして流れるウィンカーになることも容易にモデルチェンジ予想の一つとされます。 そうなると、オプション設定にも変化がありそうです。 jp となっていますが、三眼LED+アダプティブハイビームシステムあたりが標準装備になるだけでも金額はかなり上がりますね。 現在オプション設定で追加するものがいくつか標準装備で含まれてくるので、その分ベースの車体本体価格は間違いなく高くなります。 jp 個人的にモデルチェンジ予想ではNXとRXのエクステリアがかなり似ているので、ここは個性を出してガラッと変えてほしいですけどね。 前から見ると一見して何の車種かわからない車が増えているので、デザイナーには、ガツンと印象を大幅に変えて、差別化を図ってほしいと思います。 jp マイナーチェンジとモデルチェンジは大体3年間周期で行われています。 レクサスNXは2017年にマイナーチェンジが行われたので、2020年にフルモデルチェンジ時期と予想してきました。 現時点でまだ情報はありませんが、UXが発売された今、現状のNXだとUXと比較して安全性能などで負けてしまっている点があるので、2020年フルモデルチェンジ説はかなり有力だと思います。 となるとマイナーチェンジ時期は無さそうです。 UXとNXの比較がカギになりそうですね。 jp レクサスUXは直列4気筒2. 0Lエンジンを搭載した「UX200」と、ハイブリットシステムを追加した「UX250h」の2グレード。 「UX200」が3,900,000円~で、「UX250h」が4,250,000円~と、レクサスSUVの中では一番リーズナブルです。 対してレクサスNXは直列4気筒2. 0Lターボエンジン「8AR-FTS」型を搭載した「NX300」が4,411,000円~、直列4気筒2. 5Lエンジン「2AR-FXE」型に、高トルクモーターを内蔵したハイブリッドトランスミッションを組み合わせた「NX300h」が5,051,000円~と新型レクサスUXに比べると1ランク上位の価格になっています。 jp レクサスNXは「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備えた「レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV」として開発が行われ、新型レクサスUXは「女性にも乗り降りしやすく小回りが利く車」をコンセプトにレクサスSUVの中では最小サイズで都会の立体駐車場にも駐車可能な設計になっています。 jp 単純な価格比較では新型レクサスUXの方がリーズナブルなので、安い上に装備が上ならレクサスNXを購入する方が減ってしまいます。 そうならないように、価格以上の差をつけるためにもフルモデルチェンジは必須だと感じます。 もし、レクサスNXのフルモデルチェンジ時期が来年であれば、今年中には発表されるはずなので、最新の情報は常に要チェックですね。 jp フルモデルチェンジを見越して、つなぎでUXを買う方もいるようです。 レクサスのクロスオーバーはリセールが高く、その中でもレクサスUXのコンパクトクロスオーバーはリセール率が高いと予想され、レクサスNXのモデルチェンジと同時に買い替えてもあまり損はない気がしますね。 かしこい買い方だと思います。 レクサスが値引から更に50万円安くなる!その方法!! 「新車が欲しいでも予算が…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」 「グレードは下げたくない…」 「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」 などなど、 新車の購入を検討してみると 悩みが尽きない… という方、 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したけど 「聞かれてもわからない」 「ディーラーに行けばいいんじゃない」 と一蹴される始末。 また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届くわけではないし。 そんな方に オススメの裏ワザを ご紹介します。 数社というと何社くらいが良いのか というと、最低でも3~5社! 3~5社回ることで、 相場が見えてくるので 交渉もしやすくなり、 一番高値で提示してくれた 業者に決めることができます。 ですが!! 3~5社回るとなると、 結構な重労働になりますよね。 しかも、 査定時間に30分くらいかかります。 そして、 当然その後は営業マンからの 営業が始まります。 スタートは買取り限度額より、 50万くらい安く始まります。 またそのやりとりには、 時間もかかり、押しに弱い人は 断ることもできず、しぶしぶ 売却することにもなりかねません。 ではどうしたら!? 下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと! 失敗せずにしかも、 納得がいく金額で 下取り車をどこよりも高く売る方法、 そのワザというのが! クルマ買取りオークションを利用する事なんです。 先ほども お伝えしましたが、 愛車を高く売るには 買取り業者を数社まわる必要があると おつたえしました。 これができるのが、 クルマ買取りオークションなんです。 クルマ買取りオークションは 一回の査定で最大5000社以上の店舗から 買取のオファーが受けられるサービスなんです。 あなたの愛車の情報が ネットオークションに掲載され、 最大5000社から買取りオファーが 受けられる 新しい買取りサービスになります。 一括査定サイトはもう古い!? 一括査定サイトが少し前に 流行りましたが、利用者の評判が 良くなかったということがあり 今では利用者が減っています。 一括査定サイトは申し込んだ瞬間に 自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。 更に、たくさんの業者からメールや電話が ひっきりなしに来るので、 利用者にとってはかなりの負担となって いました。 口コミや評判では 「結構、面倒だった」 「電話がしつこかった」 「断るのが面倒…」 などなど こういった一括査定サイトの デメリットを解決し、 更に 手軽に簡単にわかりやすく 高値で愛車を売ることができる サービスが クルマ買取りオークションの 「 」 なんです。 買取りオークション「ユーカーパック」メリット! 「 かんたん」「 安心」「 高く売れる」が 特徴の「ユーカーパック」 メリットは? ・完全無料 ・査定は一回きり ・あなたに代わりオークションに掲載 ・最大5000社が入札しあう ・査定から売却を代行 ・個人情報が公開されない ・営業電話が無い などなど上げたらきりがないくらいです。 買取店が参加するオークションなので、 買取店同士が競り合ってくれるので、 高い買取価格に繋がります。 ディーラーで30万円しかつかなかった 下取り車が買取りオークションでは 60万円や70万円になることは 多々あります。 過去には50万以上高く売れることも… 更に マツダRX-7(2002年車)が 150万くらいで売れたら良いと思ったら 311万円まで上がって ビックリしたなんていう 利用者もいました。 買取りオークションは 買取業者が あなたの愛車をオークションで 競り合う形になりますので どんどん金額が上がっていくんです。 は 最大5000社の買取業者が オークションで競り合うサービスです。 あなたは買取りオークション に車を登録するだけ! 後は買取業者が競り合って くれるので、結果を待つだけ。 その が 人気の理由は 60秒程度でできる 簡単な入力であなたの 愛車の最大の下取り価格が わかること。 電話やメールが無い という事。 一番の理由は どこよりも高い買取り金額を 実現できるという事なんです。 しかも、査定方法は とっても簡単! スマホやパソコンがあれば 簡単かつすぐに 査定金額がわかるんです。 この手軽さも人気の秘訣 実際に利用した人が 「ディーラーで30万円だった下取りが このサイト経由で査定したら50万アップの 80万円になった」 という口コミもあり、 かなりネット上で話題となりました。 「ユーカーパック」は 新しい買取りサービスで 本当に最高レベルの 買取りオークションと言えます。 登録されている買取業者も 「ガリバー」を始め、誰もが知っている 業者さんばかりで安心ですし、 登録後、すぐに下取りの 見積もりをだしてくれたり、 下取り価格も非常に高いので 嬉しいですよね。 このサイトを活用し 愛車の下取り価格を上げることで、 実質、値引き額が大きくなったのと 同じことですから、 もう、ディーラーの値引きに 悩むことはないはず。 実際、 ディーラーの値引き価格というのは 実質相場が決まっているんです。 ですから いくら頑張っても たいして増えないのが現状なんです。 それは、下取りがある場合なんです。 商談時、ディーラーの営業マンは 下取り価格を安くし、 値引き価格を大きく見せるテクニック を使います。 そうすることで、 損失分を相殺するというやり方を 使います。 ここで大事なのが あなたの愛車を下取りに 出す予定と伝えることです。 そのうえで、 値引き価格を増やしてもらえば 良いのです。 そして、購入を決める時に、 「やっぱり下取りに出すのは辞めます」 と、こう伝えるだけでいいんです。 営業マンとしては 一度提示した値引き金額を なかったことにはできませんからね。 この方法の成功事例は 数多く上がっています。 私も営業マン時代、 この方法をとられたことがあり、 上司に怒られるほどの値引を したことがあります。 この方法が 新車を最安値で購入する 必殺の裏ワザなのです。 元大手ディーラー営業をしていた宇堂と申します。 車が好きなのと元ディーラーで勤務していたのもあり皆さんの参考になるようこのサイトを立ち上げました。 ディーラー時代は年間で180台前後の新車を販売販売してきました。 そこで感じたのは大半のお客様が、お車を購入する上で損をしていることが多いという事です。 原因は「情報不足」です。 情報が無いがために、失敗しているお客様が多いのが現状です。 そうならない為に、是非このサイトを参考にして頂きカーライフを満喫して頂ければ幸いです。 現在、私は大手自動車メーカーを退職し、当時、副業でやっていたネットビジネスで生計を立てています。 何故、大手自動車メーカーを退職したか?疑問を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、理由は「そこには自由というものが無い」からです。 稼げても、自由がない、家族との時間がない、気疲れが半端ない、これではもちません。 そんな時に、友人から時間を自由に使えるネットビジネスというのがあると聞き、やり始めたのがきっかけです。 そんなきっかけのおかげで、満喫する毎日を送っています。 に興味がある方は.

次の