お世話 様 です 意味。 「お世話になりました」と挨拶する時の正しい敬語表現・例文5つ

「お世話様です」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

お世話 様 です 意味

「現在」に焦点が置かれているのが明らかです。 一方で「お世話になります」は、 「現在」と「未来」の両方のニュアンスを持っています。 例えば、「いつもお世話になります」と言った場合、現在に焦点が置かれているため「お世話になっております」とほぼ同じ意味になります。 使い分けとしては、 「現在」に焦点を置く場合は「お世話になっております」を使用し、未来に焦点を置く場合は「(今後)お世話になります」を使用するのが、誤解を招くことなく無難です。 「お世話」の意味は「面倒を見る」と「関係を取り持つ」 「お世話」の意味は、 ・面倒を見る、尽力する ・間に立って斡旋すること、関係を取り持つ、手間がかかること となります。 1つ目の意味だと「世話が焼ける」「世話がかかる」などと使います。 ビジネスシーンでは2つ目の意味で使うことが多くなり、「関係を取り持っていただきありがとうございます」といった感謝が込められています。 「お世話になります」について 「お世話になります」の意味は、「これからお世話になる」 「お世話になります」は、基本的には「未来」に焦点が置かれており、これからのことについて何らかのお世話になる場合に使います。 例えば、ビジネスシーンでいうと「お世話になります」は主に取引や契約が決定したときに、「これからよろしくお願いします」といった意味合いで使用します。 「お世話になります」は、現在「お世話になっている」場合も使う 「お世話になります」は未来に関しての挨拶を表していると上記で説明しましたが、実は 「お世話になります」は「現在」についても使用することができます。 「なります」は「〜する」という意味で、ある動作を行う、ある行為をするという「習慣」「反復」を意味することもあり、必ずしもそれが未来に関してのことではないと解釈できます。 例えば「私は明日ケーキを食べる」と言えば未来に行う事を指しますが、「私はいつもケーキを食べる」と言えば反復的に行う事を指します。 「お世話になります」は現在のことに関しても使うことができますが、この場合は 「いつも」「平素(より)」「常々」などの反復することを表す言葉を付けて「いつもお世話になります」「平素よりお世話になります」などと言うと意味が明確になります。 逆に 「これから」「今後」などを冒頭に付けて「これからお世話になります」「今後お世話になります」とすると、「未来」に焦点を置いてることが明確になります。 「お世話になっております」について 「お世話になっております」は「日頃お世話になっている」ことへの感謝 「お世話になっております」は、「現在」に焦点が置かれており、既に今現在お世話になっている場合に使います。 ビジネスシーンでも、「 常日頃から関係を築いている取引先の相手や、顧客に対して「関係を持っていただきありがとうございます」といった意味合いで使用します。 電話などで取引先に対して挨拶をするときは「いつもお世話になっております」を使うことが多いです。 「お世話になっております」は面識がなくても会社間で既に関わりがある場合は使う 「お世話になります」は、初対面の人・面識がない人に対して使えますが、「お世話になっております」を使うと違和感を与えてしまいます。 その際は前に「日頃のご愛顧をいただき感謝申し上げます」といったお礼を入れます。

次の

間違えて使ってない?「お世話様です」の意味と正しい使い方 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】 2ページ目

お世話 様 です 意味

日本語は、言葉の種類やバリエーションが幅広く、さまざまな種類やタイプの言葉を使って、文章を書いたり会話をしたりしています。 辞書などに掲載されている正式な言葉の他にも、略語や横文字の言葉、造語などを使用するケースもあります。 正式な文章やスピーチなどでは、辞書に掲載されているような公の言葉を使用した方が確実だと言えるでしょう。 しかし、日常的な会話や気心が知れた人とのコミュニケーションにおいては、辞書などに掲載されていない略語などの言葉を使用した方が、ナチュラルでスムーズなやり取りができる可能性もあります。 今回は、「お世話様でした」という挨拶をテーマにして、意味や使い方、敬語表現やさまざまなシチュエーションにおける使用方法などを考察・ご紹介していきます。 「お世話様でした」の意味・使い方 「お世話様でした」という言葉に対しては、音の響きからして、少々フランクであったり砕けていたりするイメージを持つ方も、少なくないでしょう。 実際のところ、「お世話様でした」という言葉は、どのようなニュアンスが含まれており、どう使えば良いのか、気になるところです。 そこでまずは、「お世話様でした」というフレーズに含まれている、基本的な意味やニュアンス、一般的な使い方などについて考えていきましょう。 「お世話様でした」の意味 早速、「お世話様でした」というフレーズに含まれている、基本的な意味やニュアンスについて考察していきます。 「お世話様です」という言葉に関しては、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「お世話様です」という言葉には、自分のために何かをしてもらった相手や、苦労や迷惑をかけた相手などへの、感謝の気持ちが含まれていることが読み取れます。 また、正式な挨拶ではなく、略語や略式である可能性が高いとされています。 「お世話様でした」という言葉は、「お世話様です」の過去形であると言えるでしょう。 ですから「お世話様でした」という言葉には、お世話になった相手への感謝を伝える意味があると言えそうです。 労力を割いて手伝ってもらったことや、日頃から何かと世話になっていることなどについて、お礼を述べる挨拶表現。 どちらかというと略式の挨拶という意味合いが強い。 「お世話様でした」の使い方 「お世話様でした」というフレーズに含まれている意味やニュアンスを理解したところで、続いては基本的な使い方について考察していきます。 「お世話様でした」を文章や会話で使う場合、どのように使えば良いのか考えてみましょう。 上記でもご紹介したとおり、「お世話様でした」という言葉には、お世話になった相手への感謝や労いの気持ちが含まれています。 また、略式的な挨拶である可能性が高く、正式な挨拶というわけではありません。 上記のような背景から、「お世話様でした」という言葉は、気心が知れた相手や、立場が自分とあまり変わらない相手に、何かをしてもらった場合に使われることが多いと予想できます。 何かをしてもらった人や、自分のために労力をさいてくれた相手に対して、感謝や労いの意味を伝えるフレーズである「お世話様でした」ですが、目上の人に対して使うことができる言葉なのかどうかも、知っておきたいところです。 そこで続いては、「お世話様でした」の敬語表現や、目上の人への使い方などについて考察していきます。 「お世話様でした」を目上の人に使うのは失礼 結論から申し上げると、「お世話様でした」という言い回しは、目上の人などに対して使用すると、失礼な印象を与える可能性があると言われています。 「NIKKEI STYLE」では、「お世話様でした」という言い回しについて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「お世話様でした」というフレーズには、感謝の気持ちなどは含まれているものの、敬意を払っているとは言い難く、上司や目上の立場の人物に対して使うのには、フランクであり過ぎということが読み取れます。 そもそも、「お世話様でした」という言い回しを含め、略語や略式的な言い回しは、敬意が軽いと受け取られがちだと言われています。 ですから、「お世話様でした」というフレーズも、上司や目上の人には、使用しないでおいた方が無難と言えるでしょう。 世話になった相手に感謝の意を表す言葉ではあるが敬意は軽いため、目上の行為に使うのは失礼になる。 目上の人への使い方 上記では、「お世話様でした」という言葉は、目上の人に対して使うと失礼だと受け取られる可能性があるとご紹介しました。 そこで続いては、目上の人に対して、お世話になった感謝の気持ちを伝える場合、「お世話様でした」をどのように言い換えれば良いのか、敬語表現などについて考察していきます。 「お世話様でした」と同じような意味で、より丁寧な言い回しの1つとして、「お世話になりました」「大変お世話になっております」などの言い回しが挙げられます。 「お世話様でした」というフレーズは、何度かご紹介しているとおり、略語や略式と見なされるため、フランクなイメージになってしまいがちです。 ですから、上司や目上の立場の人に対しては、「お世話になりました」などの、一般的かつ正式な挨拶を使用しておいた方が、無難だと考えられます。 「お世話様でした」は病院で使って良いのか? 「お世話様でした」というフレーズは、職場やビジネスシーンだけで使用されるものではありません。 日常生活においても、使用される機会があり、中には病院などで使う方もいらっしゃると言われています。 病院で診察を終えて帰る際や、入院生活が終わり退院する場合などに、医師や看護師、スタッフに対して「お世話様でした」と挨拶をする方もいらっしゃるでしょう。 しかし、「お世話様でした」という言い回しは、いわゆる「上から目線」に当てはまるという見解も存在しています。 自分では「上から目線」であるつもりがなくても、「お世話様でした」と言われた相手が「上から目線」と受け取れば、不快に感じる可能性があります。 ですから、病院でもなるべく「お世話様でした」は使用せずに、「お世話になりました」などの挨拶を使用しておいた方が、確実だと言えそうです。 「お世話様でした」は方言なのか? 上記でも何度かご紹介しているとおり、「お世話様でした」というフレーズは、正式な挨拶ではありません。 どのようなルーツで誕生した言葉なのか気になるところです。 そこで続いては、「お世話様でした」のルーツの1つとして、方言である可能性に注目して、「お世話様でした」は方言なのかどうか、考察していきます。 結論から言うと、「お世話様でした」という言い回しは、特定の地域の方言ではないという見解が一般的です。 方言でも公式の挨拶でもない、フランクなニュアンスを含んだ略式の挨拶というのが、「お世話様でした」という言い回しの位置づけだと言われています。 関東で使用されることが多いという説もある 上記では、「お世話様でした」という言い回しが、特定の地域の方言でないという見解をご紹介しました。 しかし、「お世話様でした」という言葉を頻繁に使用する地域もあれば、あまり使用しない地域もあり、使用している頻度や浸透の程度に関しては、地域による差があるとも言われています。 特に、関東と関西では、関東地方の方が「お世話様でした」を使用しているという見解も存在しています。 「お世話様でした」への返し方 自分からは「お世話様でした」という挨拶を使わなくとも、他人から「お世話様でした」と言われる可能性もあります。 そのような場合、どのような返事をすれば良いのか、気になるところです。 そこで続いては、「お世話様でした」と言われた場合の返し方について考察していきます。 「お世話様でした」という挨拶を言った相手が、自分にとってどのような立場や関係性の人なのかによって、返事の仕方を変えるのも、1つの返答方法だと言えるでしょう。 相手が自分よりも立場が低い人物や、気心が知れた相手であれば、自分も「お世話様でした」などと返しても、問題にはなりにくいと予想できます。 しかし、相手が自分よりも年上の人物や目上の立場の人物である場合は、相手が「お世話様でした」と言ってきても、「こちらこそ、大変お世話になりました」などと返した方が、無難だと考えられます。 「お世話様でした」は店員さんに使うのか? 「お世話様でした」というフレーズは、さまざまなお店の店員さんやスタッフに対して使用されることもあります。 そこで続いては、お店の店員さんなどに対して「お世話様でした」という表現を使用しても問題ないのかどうか、考察していきます。 結論から申し上げると、店員さんなどに対して「お世話様でした」という言葉を使っても問題はないものの、人によっては不快に感じる可能性もあると言えるでしょう。 特に、自分よりも年齢が上の人に対して使用すると、不快感を与える可能性もあります。 常連であったり、店員さんともとても親しかったりする場合は、「お世話様でした」という表現を使用しても問題ないと考えられます。 しかし、あまり親しくなかったり、初対面であったりする店員さんの場合は、「お世話様でした」というフレーズは、使用しないようにした方が無難だと言えるでしょう。 「お世話様でした」と「お世話になりました」の違い 続いて、「お世話様でした」と「お世話になりました」の違いについて考察していきます。 「お世話様でした」と同じような意味を持っていると考えられる「お世話になりました」というフレーズですが、どのように異なるのか、使い分ける方法などを考えていきましょう。 「お世話になりました」の意味 「お世話様でした」の意味については、上記でご紹介しました。 しかし、2つの言葉を比較していくには、それぞれの言葉の意味などを理解する必要があります。 そこでまずは、「お世話になりました」といフレーズに含まれている意味や使い方についても見ていきましょう。 「お世話になりました」という言い回しは過去形の言い回しですが、その原型と考えられる「お世話になります」という言い回しの意味については、「weblio辞書」に以下の引用のような解説が掲載されていました。 「お世話になります」という言い回しには、何かを手伝ってもらったり助けてもらったりする相手に対する、感謝の気持ちが込められていることが、引用から読み取ることができます。 ですから、「お世話になりました」という言い回しも、過去形へと時系列は変わっていますが、基本的な意味はほとんど変わらないと言えそうです。 「世話になる」を丁寧に言う表現。 お世話になる、人の手助けを得ることを恐縮して、謝意を込めて言う表現。 「ご厄介になります」のようにも言う。 「お世話様でした」と「お世話になりました」の違い 上記でご紹介した、「お世話様でした」と「お世話になりました」の意味をもとにして、2つの言い回しの違いについて考察していきます。 結論から言うと、含まれている意味は、「お世話様でした」も「お世話になりました」も、ほとんど変わらないと言えそうです。 しかし、ニュアンスや丁寧さの度合いは異なっています。 一般的に、「お世話になりました」という表現は、ビジネスシーンなどでも使える、公式の言い回しだとされています。 一方で、「お世話様でした」という言い回しは、公式の挨拶ではなく、略語や略式的な挨拶だと言われています。 そのため、ビジネスシーンなどで使用すると、失礼な印象を与える危険性もあります。

次の

「お世話になりました」と挨拶する時の正しい敬語表現・例文5つ

お世話 様 です 意味

ことばの使い方(社会言語学・敬語) 分類:その他 「お世話様です」と「お世話になっております」はどう違う? まず、表現として「お世話様です」という言い方が日本語として可能かどうかという点について言えば、これは特に問題のない表現であると言えます。 では「お世話になっております」を用いる場面で、同じように「お世話様です」という表現を用いても適切であるかどうかについて考えてみましょう。 「お世話になっております」と「お世話様です」というのは、基本的に日頃世話になっている相手に対する感謝の意の表明であるという点においては同じものと言えます。 しかしその一方で、「お世話様です」は「お世話になっております」に比べ若干用いられる範囲が広いという違いがあります。 例えば次のような場合「お世話様です」は使えますが、「お世話になっております」は使えません。 お届けのお荷物こちらに置いておきます。 -あ、どうもお世話様です。 つまり「お世話様です」は日ごろの感謝を表す以外に、仕事を依頼した人や自分に対して何かしてもらった人に対して「ご苦労様」という意味で用いることもあるということです。 さて、会社などで電話をとった場合に「お世話様です」を用いるのが気になる原因について考えてみます。 まず「お世話になっております」というのに比べ「お世話様です」では表現が短い分無愛想な印象を与える気がするという可能性があります。 次に、先に述べたように「お世話様」には「ご苦労様」という使われ方もあるので、相手に失礼な印象を与える気がするという可能性もあります。 「お世話様です」と「お世話になっております」は、表現自体はどちらを用いても不適切ではないと思われますが、人によっては上述のように無愛想または失礼という印象を受ける可能性が全くないとは言えません。 したがって気心の知れた相手でない場合は、「お世話になっております」を用いたほうが無難であると言えるでしょう。

次の