せく し ー ぞ ー ん 進化論。 【名言】ダーウィンの名言・格言集。進化論を提唱した学者の数々の言葉

「ひろゆき氏の“1%の努力”から解く、適者生存と進化論的誤解 ーそれ、ちがくね?ー」もっと幸せにはたらきてぇなぁ仕事論|Nazy@テキストテラー|note

せく し ー ぞ ー ん 進化論

はじめに アメリカ合衆国、特に南部では公立学校で進化論を教えるべきかどうかについて対立があることをご存知でしょうか。 ダーウィンの進化論に反対して、聖書にあるように全生物は創造主が個別に創った、、地球の年齢は一万年以下という主張を行う創造科学(科学的創造論)というものがあります。 一般的な日本人の感覚から見ると異様な感じがします。 しかし、日本人でも進化論を正しく理解している人はどのくらいいるのでしょうか。 掲示板で議論を行った私の経験からは、日本人の間でも進化論についての誤解は広くいきわたっているようです。 インターネット上で検索してみると創造論を主張する日本語ページはいくつか見られるのに対し、進化論の情報を得ることができるページ、特に進化論と創造論の両方を取り上げたページは少ないようです。 それなら作ろうというのがこのページの趣旨です。 科学を名乗っていますが、創造「科学」は科学ではありません。 疑似科学です。 創造論を信じることそれ自体はさほど害はありませんが、科学と疑似科学を区別できないことは非常に危険なことです。 創造論と進化論のどちらが正しいか迷っている方、進化論をより深く知りたいと思っている方の役に立てれば幸いです。 進化論と創造論 番外編• ブログはじめていました。 もはじめてみました。 検索用語を入力 検索フォームを送信 Web members. jcom. home. 地球上の生物の由来についてはがあります。 創造論とは「地球上の生物はそれぞれ個別に、創造主によって創られた」という主張です。 このページでは進化を「少数の単純な生物が長時間かけてさまざまな生物に変化すること」と定義します。 どのようなメカニズムにせよ、進化が起こったと考えている人は進化論者です。 いいえ、。 「学会で否定された」というのは創造論者の誤解に基づく神話にすぎません。 生存に有利な変異が何世代にもわたって選択されることにより進化が起こるという説です。 進化のメカニズムについての説ですね。 ダーウィン説、ダーウィニズムと呼ばれることもあります。 自然選択説を支持する人をダーウィニストと言います。 広く受け入れられている説ですが、自然選択説について批判的な科学者もいます。 自然選択説に対しての批判を、あたかも進化そのものに反対している科学者がいるかように、創造論者が不適切に引用することはしばしばあります。 分子レベルの進化に関しては偶然に左右される進化が起こっています。 適応的な進化に関しては、ダーウィニストは変異を供給する突然変異が偶然であるといっているだけで、自然選択は偶然であるとは言っていません。 「進化論者は偶然に生物が進化したと主張している。 生物は精巧に作られており、偶然にできたなどとは考えられない。 」という主張がしばしばなされますが、創造論者の手段「論敵の主張をねじまげたうえで否定する」の典型的な例です。 熱力学第二法則は、エネルギーも物質も出入りしない孤立系でのみ成立します。 地球はエネルギーの出入りがありますので孤立系ではありません。 よって熱力学第二法則は地球には適用できません。 生物進化と熱力学第二法則は矛盾しません。 熱力学第二法則を正しく理解しているのであれば、という主張は誤りであることがわかるでしょう。 いいえ。 進化の証拠が化石だけに過ぎないと誤解している人もいますが、まったく進化のことを理解していないと言わざるをえません。 化石は進化を支持する強力な証拠ですが、もし化石がまったく残っていなかったとしても人類は進化の事実に気付いたでしょう。 種分化がおこりつつあるのを観察できますし、種の地理的分布は進化を仮定しないと説明困難です。 また、生物の構造には、進化というが見られます。 あるいは、種間を比較することによって特定のグループが共通の祖先を持つことがわかります。 最近の分子生物学の発展によって、DNAの配列を調べて種の類縁関係を推定することもできます。 いいえ、科学です。 実験で再現できないものを科学ではないとすれば、進化論のみならず天文学や地質学などの歴史を扱う分野はみな科学ではなくなってしまいます。 実験室で地球が太陽の周りを回っていることを示す実験はありませんが、地動説は確からしい科学的仮説とみなされています。 なぜでしょうか。 それは地動説はニュートン力学と結びつき、検証可能な予測ができるからです。 例えば、日食のおこる時間を正確に予測できれば地動説は確からしいと認めることができるでしょう。 地動説と同様に進化論は検証可能な予測をします。 地球の年齢について、ある地層に発見される化石について、ある生物と生物のDNAがどのくらい似ているかについて、検証可能な予測ができますし、実際に検証されてきたので進化が起こったという仮説は科学的に正しいとされているのです。 例えば先カンブリア紀の地層から大量の石器が発見されれば進化論に対する強力な反証になります。 進化論が科学ではないと思いたいために「進化論は反証不可能である」と主張する創造論者もいますが、原理的に反証不可能であることと、反証の証拠が見つからないことを混同すべきではありません。 進化論は原理的に反証可能ですが、現在のところ反証されていません。 [2000. 11] A. いるともいないとも言えません。 進化が正しいからといって、必ずしも神を否定する事はできません。 進化論と信仰を両立させている科学者はたくさんいます。 このサイトで創造論と低級なオカルトがごっちゃになっているように見えるとしたら、まさに(創造論そのものではなく)創造科学が低級オカルト的な要素を持っているからです。 例えば、間違った知識で定説を否定すること、無知から強引なこじつけを行うことなどです。 このサイトでは創造論が間違いであると言っているのではなく、「創造論は科学的にも正しい」「進化論は科学的にも正しくない」という主張が間違っていると言っているのです。 ニセの証拠を挙げてまで創造論をむりやり科学の一分野にしようする輩は、あたかも創造論が低級なオカルトの一つであるかのような印象を与えるので、真摯な創造論者にとっても有害であると思うのですが。 [2000. 11] A. 科学教育の目的は、科学的な知識と方法を教えることです。 進化論が科学でないのであれば、科学教育から取り除くべきでしょう。 しかし、進化論が科学でないという主張は、このページで指摘したように誤りです。 進化論教育を問題にする人は、単に自分の信仰するの宗教のドグマにそぐわないからという理由で進化論教育に反対しているだけです。 もし「大地は平らである」という教義の宗教があったとしたら、その信者の子どもの信仰の自由を守るために、科学の時間に地球は球型であると教えるのを止めるべきでしょうか?ある宗教の教義に沿うかどうかで、教えるべき科学的仮説を選ぶべきではありません。 科学の時間には、地球は球形であること、生物が進化してきたこと、そしてなぜ科学者がそう考えるようになったのか、その過程や方法論を教えるべきです。 進化論は十分に確立された科学上の学説であるのに対し、創造論は宗教であるからです。 日本に限らず、創造科学の本場のアメリカ合衆国ですら、公立学校では進化論のみ教え、創造論は教えていません。 アメリカ合衆国の一部の州で成立していた創造科学と進化論とを同じ時間だけ教えることを義務付けた法律は、違憲と判断されました。 [2001. 17] 創造論サイトの誤りの指摘• 進化に関して一番有名な本• 自然選択は偶然ではない• 進化論は信仰か科学か• と学会が創造論を撃つ• 歴史を科学で扱うにはどうすればよいのか?ダーウィンによる回答• 科学の喜びとは?• 疑似科学批判の古典的名著• 歴史に関する奇説批判• 日本を代表する進化学者の書• 進化による人間理解• 進化を否定しないクリスチャンの見解• 環境ホルモン問題の終焉 こみいった話題はこちらにどうぞ ツリー式がお好みのかたはこちらへ ご意見、ご感想をお願いします。 過去の掲示板• もっと詳しく知りたい人のために• 番外編• 小泉首相によるダーウィンの引用は正しいか• 宗教否定ではないことの再確認• 医学的・遺伝学的見地からの血液型性格判断批判• 臨床環境医学に対する疑問• このサイトは下層のコンテンツを含め、リンク自由です。

次の

Sexy Zoneがダンディな大人を目指す!『Sexy Zoneの進化論』4・10スタート

せく し ー ぞ ー ん 進化論

ダーウィンの進化論 複雑系の研究の第一人者であるスチュアート・カウフマンが、ハクスリーの言葉を引用し、進化論に関して次のように言っています 進化に関して面白いのは、誰もが自分はそれを理解していると思っていることである。 私はそうではない。 まだ理解していない。 ・・・・ (カウフマン、生命と宇宙を語る スチュアート・カウフマン著 河野至恩訳 日本経済新聞社 2002年 6月)p144 百家争鳴(ひゃっかそうめい)は経営戦略論だけかと思いましたら進化論も百家争鳴のようです。 様々な人々が各人各様の説を展開していますので、あれやこれやと進化論の本を買い込んで読み出しますと、進化論の混乱ぶりが見えてきます。 進化論の大きな柱は変異と自然選択の理論なのですが、分子生物学の研究成果として遺伝子の解明が進んだことから、遺伝子の持つ情報伝達という側面が重視され、むしろこちらの方が主役となっているかもしれません。 ある生物学者によると、現存する生物は遺伝子のコピーのための、遺伝子の「乗り物」にすぎないという主張もあります。 (利己的な遺伝子 リチャード・ドーキンス著 日高敏隆他訳 紀伊国屋書店 2006年5月) しかし、戦略論は両親から頂いた「素晴らしい乗り物」が繰り広げる、生き生きとした人間絵巻に関する記述です。 たぶん、この生物学者が事業を始めたとしても、事業で成功するとはとても思えません。 理論の混乱は戦略論だけで十分です。 そこで、進化論の本家本元であるダーウィンの進化論へと原点復帰することといたします。 ダーウィンの「種の起源(The Origin of Species)」は1859年に初版が発行されました。 日本語訳としては岩波文庫の「種の起源」が有名ですが、もともと原書には図がほとんどありません。 「図説種の起源」(東京書籍㈱)には「図説」と銘を打っているように「図」が豊富に載っており、またリチャード・リーキー博士の丁寧な解説も付ついていますのでこちらの方がお勧めです。 私の周りの経営者はほとんど誰も「種の起源」を読んでいません。 よほど進化論に興味のある方でない限り、皆さんもお読みになっていないと思います。 実は私も、まさか戦略論を研究して「種の起源」を読むとは思っていませんでした。 「種の起源」は全部で13章ありますが、進化論の根幹をなす、生物の「変異」と「自然選択」についての基本理論は1章~4章で述べられています。 アダム・スミスシュンペーター、ハイエクについて触れましたが、やボストン・コンサルティング・グループの創設者であるブルース・ヘンダーソンが「ダーウィンは、経済学者というよりビジネスにおける競争のよい指揮官といったほうがよいだろう」といっています。 (ウォートンスクールのダイナミック競争戦略 ジョージ・デイ/デイビッド・レイブシュタイン編 小林陽太郎監訳 東洋経済社 1999年10月 p167)そこで1章~4章までを要約しました。 まずは時代背景から 進化とは、生物が長い時間をかけて変化し、姿かたちがもとの種とは違った生物と変わっていくことをいいます。 「ヒトはサルから進化した」といわんばかりに、体がサルで首から上がダーウィンという風刺画があります。 ヒトとサルが共通の祖先をもつということは、進化論を聞いた人でしたらなんとなく理解できるでしょうが、進化を信じない、むしろ進化を否定するような社会背景の下で、進化論を提唱することは大変な苦労であったと思われます。 人はなぜ人として生まれてくるのか?という疑問は人類共通の疑問のようです。 どこの国にも天地創造や人類誕生の神話があり、どの神話でも天地や人類は神が造ったこととされています。 天地創造を信じる人に「ヒトはサル のようなサル から進化した」といっても一笑に付されることでしょう。 ダーウィンが進化論を提唱した当時のヨーロッパはキリスト教一色で、進化論は「全ての生物は神が創造した」とするキリスト教の教義に正面から対立するものでした。 全ての生物は神が創造したのであり、進化などありえないというのが当時の常識でした。 生物が進化する・・・この大発見を著したのが「種の起源」です。 第1章 飼育栽培による変異 この章では生物の変異と人為選択について述べています。 ダーウィンは生物が変異するということを証明するために、馬や、犬、イエバト農作物などを例にとり、育種家の手によってじつにさまざまな品種を作り出していることを指摘することから始めました。 小さな差異でも、経験をつんだ人が世代をかさね、その差異を一定の方向に蓄積させれば大きな改良をすることができる、このように人間が自分たちの役に立つ方向に品種改良していくことを人為選択といいます。 図説種の起源 ダーウィン著 リチャード・リーキン編 吉岡晶子訳 東京書籍1997年11月 第2章 自然界のもとでの変異 前章では飼育動物や栽培植物での変化について述べていますが、このような変化が自然の状態でも起こっていると主張します。 まず個体差が生じ、この個体差が軽微な変種となり、その変種が亜種となり、さらに種につながっていくというように自然界での変化の仕方を説明しています。 生物の形態を決めるのは、細胞の設計図ともいえる遺伝子 DNA です。 設計図の情報、つまり遺伝情報は細胞から細胞、世代から世代へと概ね正確に引き継がれていきますが、遺伝情報は時々気まぐれに変化します。 これを突然変異といいます。 今日では生物が変化するということは遺伝子の突然変異によって説明されています 第3章 生存競争 マルサスの人口論は、人口は幾何級数的に増加するので、食料の増産が追いつかなくなり、それを是正する力、つまり飢饉や戦争、病気といった「積極的な妨げ」、あるいは晩婚化など出産の制限といった「予防的な妨げ」によって人口の増加を抑制する力が働くというものです。 ダーウィンはマルサスの人口論をあらゆる動物や植物にあてはめました。 なお、ダーウィンと同じ時期に、まったく違う場所で進化論を発見したウォレスも「人口論」から示唆を受けています(パンダの親指上 スティーヴン・ジェイ・グールド著 櫻町翠軒訳 早川書房 1996年8月 p65)。 さて、ダーウィンはどの生物も幾何級数的増加の法則によって「その数がたちどころに多くなりすぎ、どんな地域でもその膨大な個体数を維持しきれなくなる」としています。 そして生存可能な個体数以上に個体がうまれるので「必ずや生存競争が生じ、同じ種の個体どうしや異なる種の個体どうしのあいだで、あるいは生息条件そのものを相手に、生き残りをかけて競争しなければならない。 図説種の起源 ダーウィン著 リチャード・リーキン編 吉岡晶子訳 東京書籍1997年11月 p46 文中闘争とあるのを競争に改めている 第4章 自然選択、あるいは適者生存 自然界で育種家の役割をするのが、自然の環境です。 生物の進化のキーワードで特に重要なのが自然選択でダーウィンの進化論の根幹をなすものです。 さて、生物は自然においても変化し、また、生存可能な個体数以上に個体が生まれ生存競争が生じます。 そこで、生物におきた変化が、厳しい自然環境を生き抜く上で、固体にとって不利ならば切り捨てられ、不利でないもの、つまり生存に有利なものか中立的なものは生き残ってその変化が残るとしています。 つまり自然選択とは自然界に起こる生物の変化に、自然の環境に適合する方向で、方向性を与えるというものです。 この自然選択は、太古の時代 今では生命が地球に誕生したのが約40億年前だとわかっています から積み重ねられてきました。 ダーウィンは「だからこそ、〈自然〉の産物は人間の産物よりもはるかに「純種の」形質をもつはずであり、〈自然〉の産物は人間の産物よりも、きわめて複雑な生育条件にも限りなく適応を示し、はるかにすぐれたわざの出来ばえを示しているはずである」といっています。 ・性選択 ダーウィンは自然選択のほかに、雌雄に特有の性質が現れることを性選択で説明しています。 オスの孔雀の尾羽は長すぎて、生存には不利なようにみえます。 これは孔雀のメスが立派な尾羽をもったオスを選択することによって長い尾羽が種に固定されたものです。 このような異性による形質の選択を性選択とよんでいます。 ライオンは攻撃に十分な牙と爪を持っていますので、ライオンを襲う動物などいません。 オスのライオンが長いたてがみを持っているのは、メスをめぐるオス同士の戦いの防御のためです。 このようなメスをめぐるオス同士の戦いも性選択に含まれます。 なお、広義には性選択も含めて自然選択とよばれています 種の起源の要約は以上ですが、ここでいくつかの特記すべき事項を挙げてみたいと思います。 ラマルクの進化論 企業はラマルク的に変異しますので、ラマルクの進化論につても触れてみたいと思います。 進化とは生物集団の遺伝的形質が世代交代を繰り返しながら変化していくことを意味しますが、実はダーウィン以前にもいくつかの進化論が提唱されていました。 そのうち最も代表的なのが、フランスの博学者ラマルク 1744年~1829年 です。 ラマルクは1809年に著した「動物哲学」で、生物は自然がつくりだしたものであり絶えず変化してきた、と基本的に現代の進化論に通じる考えを明確に述べています。 ラマルクは進化を起こす原動力として「用不用説」と「獲得形質の遺伝」をあげています。 新進化論が変わる 中原英臣 佐川峻著 講談社 2008年4月p88 ) 用不用説 体のある器官がよく使われると発達し、逆に使われないと退化して小さくなるというものです。 つまり、キリンの首は高い木の葉を食べるために首を伸ばしたから長くなったというものです。 獲得形質の遺伝 よく使われる器官は発達しますが、その発達した器官が子供に遺伝されなければ種の変化はおこりません。 そこでラマルクは、親が獲得した形質は子供に遺伝すると考えました。 首を伸ばして首が長くなったキリンの子は、親に似て首が長くなるというものです。 先ほども述べたようにダーウィンの「種の起源」には挿絵がほとんどありません。 「図説種の起源」には挿絵が豊富に載っており、編者リチャード・リーキーによる解説もついています。 ダーウィンも変異に関してラマルクと同じ考えを持っていたようです。 リチャード・リーキーは解説で用不用説 そしてこれから導きだされる獲得形質の遺伝 を否定しています。 ダーウィンの記述 習性が変わると、その影響が遺伝で受け継がれるが、動物の場合は、世代が進むにつれて体のある部分がますます使われるようになったり、あるいは使われなくなったりすると、その影響がきわだって現れる。 たとえば、家禽のアヒルは野生のカモに比べて、全体の骨格のわりに、翼の骨が軽く、脚の骨が重い。 この違いは、アヒルのほうがあまり飛ばなくなり、歩くことが多くなったせいと考えてさしつかえないだろう。 ウシやヤギの乳をしぼる習慣のある地域の場合、ウシやヤギの乳房が、そのような習慣のない地域の場合に比べて、大きく発達している。 遺伝で受け継がれるこうした大きな乳房も、使うことによる影響の例と考えられる。 どの地域にも耳の垂れた家畜がいるものだが、耳が垂れているのは、家畜はあまり警戒する必要がないので、耳の筋肉を使わないせいだとする見方もある。 新版 図説種の起源 チャールズ・ダーウィン著 リチャード・リーキー編 吉岡晶子訳 東京書籍 1997年11月 p24 リチャード・リーキーの解説 ある個体が後天的に獲得した形質はその子孫に伝えられない。 ダーウィンは、用不用 体のある部分を使ったり使わなかったりすること によって生じる結果は遺伝すると考えていたが、これは誤りである。 もっとも、彼は獲得形質が遺伝によって継承されるという考え方が自分の学説の本質に不可欠だとはみなしていなかった。 『種の起源』の初版では、この間題にあまり重点をおいていない。 のちにこの間題をことさらに取りあげるようになったのは、偶然に起きた変異が積み重なっただけで生物がこれほど進化してきたとは、時間的にみて考えられないという批判に答えるためであった。 新版 図説種の起源 チャールズ・ダーウィン著 リチャード・リーキー編 吉岡晶子訳 東京書籍 1997年11月 p24 企業(そして経済)はラマルク的に変異すると言いましたが、企業に働く選択の力はダーウィンのいう「人為選択」です。 企業がラマルク的に変異しても「人為選択」の痛烈な洗礼を受けるということは、企業家の方でしたら骨身にしみてお分かりになるかと思います。 この「人為選択」の選択基準はかなり予測困難です。 キリンが首を長くしたくても「首の長い動物は嫌い」という人間の気まぐれだけで切り捨てられかねません。 ある意味、自然選択よりも多様かもしれません。 そして、自然選択よりもはるかに流動的です。 自然選択という独創性 さて、それではなぜラマルクの説は否定され、ダーウィンの「種の起源」が刊行されてから150年以上も経過した現代でも、燦然として輝いているかといいますと、進化の原動力は「自然選択」とした独創的な点にあるのです。 余談です・・・ある経営者に生物の増加の話をしましたら、「サンマは10年で銀河系を埋め尽くす」と言ってられましたので、実際に計算してみることにしました。 サンマの1回の産卵数は2万以下と魚の産卵数にしては少ないようです マイクロソフト エンカルタ総合大百科2008 、ちなみにコイですと1回に数十万、マンボウでは1回の産卵数が3億にもなるようです。 サンマの1回の産卵数を2万とします。 そのうちの何匹がメスか分かりませんのでフィッシャーの性比理論に従ってそのうちの半分の1万がメスとします。 asahi. html 最終アクセス平成20年7月19日 、全てのメスは生涯で1回産卵するとします。 産卵した卵は全て孵化し、成長して産卵するまでは1匹も死なないとします。 1年で増えるサンマは2万匹、翌年には2万匹の半分 =1万匹 のメスがそれぞれ2万匹のサンマを生みますので2億匹となります。 ふだん使い慣れていませんのでこの数字がどれほど大きいのかわかりません。 数式には2と10000と10しか使われていないからです。 大きいような気もいますし、たいして大きくないような気がします。 そこで0をつけてみることにします。 20,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000匹 0が40個ついています これを漢字では2正匹と書くようですが「正」の単位なんか見たことも、聞いたこともありません 調べてみてはじめてこんな単位があるのを知りました・・・「正」の前後の単位を言える人は、ほとんどいないのではないでしょうか?。 さて、2正匹のサンマの数はピンときませんので地球の重さ 正確には地球では質量というようです と比べてみます。 小さな驚きですが、けさ私がスーパーで買ってきたサンマは2匹で1グラムも違わずに正確に350グラムありました。 買ってきたサンマがオスかメスかはわからないのですが、サンマの重さはオス、メス2匹で350グラムとして計算します。 10年経過したサンマの重さは3. ちなみに地球の重さは5. まだピンときませんので太陽と比較します。 太陽は地球の33万倍の重さですので・・・10年でサンマの重さは太陽の17億7千万倍となります。 ・・・ここで安心してはいけません。 この重さは年間1万倍ずつ増えていき、11年目には太陽の17兆倍の重さとなります。 cas. htm 最終アクセス平成20年7月23日 ですので、11年目にはサンマが重さで完全に銀河系を凌駕してしまいます。 しかも、10年というのは地質学的時間ではほんの一瞬です。 地球誕生から現在まで46億年経っています。 46億年を1年と換算しますと、10年は0. 069秒にしかなりません。 自然は生命に驚異的な繁殖力を与えました。 実際には、地球がサンマだらけにならないように生存競争による抑制作用がありこのようなことは起こりません。 コメントする.

次の

【ポケモン剣盾】ローブシンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

せく し ー ぞ ー ん 進化論

この項目では、生物に関する説や議論について説明しています。 楽曲名、作品名などについては「」をご覧ください。 進化論(しんかろん、: theory of evolution)とは、がしたものだとする提唱、あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである。 生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という仮説(学説)に基づいて、現在見られる様々な生物は全てその過程のなかで生まれてきたとする説明や理論群である。 進化が起こっているということを認める判断と、進化のメカニズムを説明する理論という2つの意味がある。 なお、生物学における「進化」は純粋に「変化」を意味するものであって「進歩」を意味せず、価値判断について中立的である。 進化は実証の難しい現象であるが(現代では)生物学のあらゆる分野から進化を裏付ける証拠が提出されている (詳細は、進化の項目も参照のこと)。 初期の進化論は、ダーウィンの仮説に見られるように、画期的ではあったが、事実かどうか検証するのに必要な証拠が十分に無いままに主張されていた面もあった。 だが、その後の議論の中で進化論は揉まれて改良されつつある。 現代的な進化論は単一の理論ではない。 それは、、など進化の様々な現象を説明し予測する多くの理論の総称である。 現代の進化理論では、「生物の遺伝的形質が世代を経る中で変化していく現象」だと考えられている。 本項では進化思想、進化理論、進化生物学の歴史、社会や宗教との関わりについて概説する。 なお、生物学において「進化論」の名称は適切ではないため、「進化学」という名称に変更すべきだとの指摘がある。 進化論の歴史 [ ] 中世以前の進化思想 [ ] の哲学者ははの中で発展し、のちにに移住したと主張した。 は非超自然的な生命の誕生を論じ、後のに類似した概念を書いている。 ではが進化思想を持っていた。 に拠れば、ははっきりと種の不変性を否定し、道教の哲学者は生物が異なるに応じた異なる特徴を持っていると推測した。 彼らは自然に対して、当時の西洋の静的な視点とは対照的に「恒常的な変化」を見いだした。 の哲学者はギリシアのに基づいていかなる超自然的干渉もなしで宇宙、地球、生命、人間とその社会が発展すると論じた。 ローマに受け継がれたギリシアの進化思想はローマ帝国の没落と供に失われたが、イスラムの科学者と哲学者へ影響を与えた。 イスラムの学者、哲学者で詳細に進化を推測したのは9世紀のAl-Jahizであった。 彼は生物の生存のチャンスと環境の影響を考え、「生存のための努力」を記述した。 Ibn Miskawayhは蒸気から水、鉱物、、、そしてからへと進む生命の発展の歴史を書いた。 は進化論を称賛する本を書いた。 他の学者たち、、らも進化思想について議論した。 彼らの本は以降に翻訳されてヨーロッパに持ち込まれた。 18世紀-19世紀前半 [ ] の機械論は宇宙を機械のようなものと見なす科学革命を促した。 しかしやのような同時代の進化思想家は進化を基本的に精神的な過程だと見なした。 1751年にはより唯物論的な方向へ傾いた。 彼は繁殖と世代交代の間に起きる自然の修正について書いた。 これは後の自然選択に近い。 18世紀後半のフランスの自然哲学者はいわゆる「種」は原型から分離し環境要因によって際だった特徴を持ったものだと考えた。 彼はライオン、ヒョウ、トラ、飼い猫が祖先を共有するかも知れず、200種のほ乳類が38の祖先に由来すると論じた。 彼はその祖先は自然発生し、内的要因によって進化の方向が制限されていると考えた。 は人が環境要因によって霊長類から誕生したのではないかと考えた。 チャールズ・ダーウィンの祖父は1796年の著書『ズーノミア』で全てのは一つの生きた糸に由来すると書いた。 1802年にはすべての生物は粘土から発生した有機物に由来すると述べた。 またに通じる概念にも言及していた。 は1796年に現生のゾウと化石のゾウの違いを発表した。 彼はとが現生のいかなる生物とも異なると結論し、に関する長い議論に終止符を打った。 1788年にはが非常に長い間、連続的に働く漸進的な地質プロセスを詳述した。 1811年にはキュビエとはそれぞれパリ周辺の地質について研究を発表し、地球の研究の先駆けとなった。 1840年代までに地球の膨大な地質学的時間は大まかに明らかになっていた。 1841年には主な動物相に基づいて古生代、中生代、新生代に区分した。 このような新たな視点はセジウィックやのようなイギリスの保守的な地質学者からも受け入れられた。 しかしキュビエは生命の発展の歴史を度重なる天変地異による生物相の入れ替えと見てを唱えた。 さらにその支持者は天変地異に続く新たな創造によると考えた。 バックランドのようなイギリスの地質学者の中の自然神学の支持者はキュビエの激変説と聖書の洪水のエピソードをむすびつけようとした。 1830年から33年にかけては『地質学原理』を著し、激変説の代替理論としてを提唱した。 ライエルは実際の地層はよりも、現在観察されているような穏やかな変化が非常に長い時間積み重なって起きたと考える方が上手く説明できると論じた。 ライエルは進化に反対したが、彼の斉一説と膨大なという概念はチャールズ・ダーウィンら以降の進化思想家に強く影響した。 ラマルクの進化論 [ ] ジャン=バティスト・ラマルク は、最初は生物が進化するという考えを認めていなかったが、無脊椎動物の分類の研究を進めるうち、19世紀になって、生物は何度もからによって生じると考え、著書『動物哲学』で進化の学説を発表した。 ラマルクは進化のしくみについて、使用・不使用によって器官は発達もしくはし、そういった獲得形質がする。 従って非常に長い時間を経たならば、それは生物の構造を変化させる、つまり進化すると考えた。 ラマルクのこの説をと呼ぶが、生物にとって適切な形質が進化するという意味では適応説と考えてよい。 彼は、進化は常に単純な生物から複雑な生物へと発展していくような、一定の方向をもつ必然的で的な過程だと考えた。 複雑な生物は大昔に発生し、単純な生物は最近に発生した途中の段階のもので、やがて複雑な生物に変化していくと考えた。 生前彼の唱える進化の機構には賛同が得られなかったが、ダーウィンはという考えで獲得形質の遺伝を自説に取り込もうしたし、ネオラマルキストを自称する科学者達は、RNAからDNAの逆転写にその科学的な説明を与えようとすることが知られている。 現在ではその説に否定的な研究者が多いものの、ラマルクの仮説は科学的手続きによって検証される最初の進化論であり、そのことに関して異論をもたれることはない。 ラマルク以降の進化論 [ ] イギリスの解剖学者はラマルクの「生物変移論」学派の影響を受けた。 グラントに影響を与えたもう一人、は様々な動物の解剖学的特徴のやの類似を論じ、これはキュビエとの間に激しい論争を引き起こした。 グラントは種の変化と進化についてエラズマス・ダーウィンとラマルクの考えを証明するために海洋生物の解剖学の研究を行い権威となった。 ケンブリッジ大学の若い学生であったチャールズ・ダーウィンはグラントに加わって海洋生物の調査を行った。 1826年に匿名の記事がラマルクの進化思想を称賛した。 このとき初めて現在的な意味で「進化」が使われた。 1844年にスコットランドの出版業者は匿名で『』を出版した。 これは幅広い関心と激しい論争を引き起こした。 この本は太陽系と地球の生命の進化を提案した。 彼は化石記録が人間に繋がる上昇を示しており、他の動物は主流を外れた枝だと論じた。 進化が定められた法則の発現であるとする点でグラントのより過激な唯物論より穏やかであったが。 人間を他の動物と結び付けたことは多くの保守派を激怒させた。 『痕跡』に関する公的な議論は進歩的進化観を含んでおり、これはダーウィンの認識に強く影響した。 キュビエは種が不変であると主張し続け、ラマルクとサンティレールを攻撃した。 キュビエの主張と科学的地位の高さは「種の不変性」が科学界の主流でありつづける助けとなった。 イギリスでは自然神学が力を持ち続けていた。 の時計職人のアナロジーで有名な『自然神学』は一部はエラズマス・ダーウィンの種の変化に対して書かれた。 地質学者は自然神学を受け入れており、バックランドやはラマルク、グラント、『痕跡』の進化思想を攻撃した。 聖書の地質学を批判したライエルも種は不変であると考えていた。 やのような思想家も種は創造主の心を反映しており不変だと考えていた。 彼らは化石記録と同様に、発生パターンの種間の類似性にも気付いていたが、神の行為の一部だと考えていた。 オーウェンは相同性の研究から神が創造した「原型」が一連の類似種を生み出すのだと考えた。 ダーウィンはオーウェンの相同性の研究を自分の理論の発展に用いた。 『痕跡』が引き起こした論争は考えの性急な公表を思いとどまらせた。 チャールズ・ダーウィンの進化論 [ ] 詳細は「」を参照 は、からにかけてで一周する航海をおこなった。 航海中に各地の動物相や植物相の違いから種の不変性に疑問を感じ、の『地質学原理』を読んだ。 そして地層と同様、動植物にも変化があり、大陸の変化によって新しい生息地が出来、動物がその変化に適応したのではないかと思った。 にの『人口論』を読み自然選択説を思いついたと自伝には書かれている。 の品種改良についての研究でさらに考えがまとまっていった。 にがダーウィンに送った手紙に自然選択説と同様の理論が書かれていたことに驚き、自然選択による進化理論を共同で発表したダーウィンはさらに執筆中であった『自然選択』と題された大著の要約をまとめ、に『』として出版した。 『種の起源』のなかでは、現在の「進化」を指す用語として、あらかじめ内在的に用意された構造の展開出現を意味する"evolution"ではなく、「変更を伴う由来」(Descent with modification)という語を使っている(evolutionの原義については下の項目を参照のこと)。 また自然選択 natural selection 、存在し続けるための努力(struggle for existence、現在では通常と訳される)、そして後の版ではウォレスの提言を受け入れ自然選択をわかりやすく説明する語としてのを使用した(生存競争や適者生存は誤解を招きやすいために近年では用いられない)。 これらの要因によって環境に適応した形質を獲得した種が分岐し、多様な種が生じると説明した。 ダーウィンの説の重要な部分は、自然淘汰(自然選択)説と呼ばれるものである。 それは以下のような形で説明される。 生物がもつ性質は、同種であっても個体間に違いがあり、そのうちの一部は親から子に伝えられたものである。 は常に生物の繁殖力よりも小さい。 そのため、生まれた子のすべてが生存・繁殖することはなく、性質の違いに応じて次世代に子を残す期待値に差が生じる。 つまり有利な形質を持ったものがより多くの子を残す。 それが保存され蓄積されることによって進化が起こる。 生物の地理的分布や、異性間に起きる選択である性選択についても説明した。 当時は や遺伝の仕組みについては知られていなかったので、変異の原因や遺伝についてはうまく説明できなかった。 ダーウィンの遺伝理論は( と呼ばれ、獲得形質の遺伝や当時主流であった融合遺伝を認めていた。 またと進化を明確に区別していなかった。 変異はランダムな物であると考えた。 ここで言うランダムとは「規則性が全く無い」と言う意味ではない。 ダーウィンは変異について確実なことを述べられるような知識を何も持っていなかった。 変異がランダムであるとは、変異それ自体には進化の方向性を決める力が内在しないと言う意味である。 進化を進歩とは違うものだと認識し、特定の方向性がない偶然の変異による的なものだとした。 「自然は跳躍しない」という言葉で、進化は漸進的であると主張した。 これは「進化は一定速度で進む」事を意味しない。 文字通りを否定するのみである。 進化は小さな遺伝的変異の蓄積によって起きる。 その結果として、体節数の変化のような大きな形態的変化が起きる可能性はあるが、目や脳などが一世代でできることはない。 一つあるいは少数の祖先型生物から全生物が誕生した。 そして一つの種が二つに分かれる過程を種分化と呼んだが、種分化のメカニズムに関しては深く追求しなかった。 ダーウィンは、進化の概念を多くの観察例や実験による傍証などの実証的成果によって、進化論を仮説の段階から理論にまで高めたのである。 ウォレスは性選択説を認めず非適応的と思われる形質(例えばクジャクの羽)も自然選択で説明しようと試みたが、これは現在の優良遺伝子説に近い説明であった。 またウォレスは人間の高い知性や精神的能力は神のような超自然的存在の干渉によるものだと考えた。 自然選択説の代替理論 [ ] ダーウィンの進化理論は多くの批判・反論を受けたが、多くの支持も得て次第に影響を広げていった。 この影響はその後、自然科学の枠外にまで広がった。 しかし進化を駆動する原因として自然選択説の承認は時間がかかった。 はこの時期を「ダーウィンの黄昏」と呼んだ。 19世紀後半以降、自然選択説の代替理論として当時有力視された代表的なものは、、、である。 有神論的進化論 [ ] 有神論的進化論は神が生物の進化に介入したと考えた。 これはアメリカでダーウィンを強く支持した植物学者によって広められた。 しかしこの考えは、当時、学問的に非生産的とみなされ、1900年ごろには議論されなくなった。 定向進化説 [ ] 定向進化説はより完全な方向に向かって直線的に生物が進化するという概念である。 この考えも19世紀にはかなりの支持者がおり、アメリカの古生物学者がその代表である。 定向進化説は特に古生物学者の間で人気があり、彼らは20世紀半ばまで化石記録が段階的で安定した方向性を示していると考えていた。 跳躍説 [ ] トマス・ハクスリー 跳躍説は新しい種が大きな突然変異の結果として出現するという考えである。 ダーウィンの強力な支援者であったも「自然は飛躍しない」というダーウィンの主張に疑問を呈し、跳躍的な進化を先験的に排除すべきではないと考えた。 アーガイル公など当時の進化論の支持者の多くも跳躍説を支持した。 ユーゴー・ド・フリース、ウィリアム・ベイトソン、そしてトーマス・ハント・モーガンも経歴の初期には跳躍論者だった。 これは突然変異説発見の基盤となった。 20世紀 [ ] 遺伝子の発見と突然変異説 [ ] に発表されたは、当時は重要性が全く理解されなかったが、に再発見されて広い支持を得た。 のに関する説では、遺伝子は親の生活とは何の関係もなく全く変化せずに子孫に受け渡されるため、進化を否定する理論と考えられた。 は、によって発見された。 これによって遺伝学からも遺伝子に変化を生じる可能性、つまり進化の可能性が認められた。 しかしド・フリースは自然選択とは無関係に突然変異によって新しい種が生じ、生じた種の間に自然選択が起こるという跳躍説の一種であるを提唱した。 この発見は種内の個体のとその統計に関心を持っていた、に代表される者と、ド・フリース、に代表される不連続的な変異を重視するメンデル派の間に激しい対立を引き起こした。 は突然変異説を確かめようとで実験を行った。 モーガンの研究はの提唱に繋がると同時に、突然変異が直接に新種を生み出すことはまずないと考えられるようになった。 そして個体に遺伝的変化を生じさせ、自然選択が働く遺伝的多様性を増加させる原因であることが判明した。 集団遺伝学と総合説の成立 [ ] 詳細は「」を参照 1930年代に確立されたは、生物測定学とメンデル遺伝学の間の不一致、連続的形質と不連続な遺伝子という問題を一貫して説明可能であることを示した。 また遺伝子頻度の変化を進化と考え、その要因の説明に努力が注がれた。 は生物統計学の統計手法と遺伝学を結び付けた。 は実際に野外で自然選択が働いていることを認めた。 は遺伝的浮動との概念を提唱し、小集団における選択、浮動の効果を調べた。 は種分化のメカニズムを解明し、多くの種分化は地理的に隔離された個体群で起きると主張した。 こうした新たな学問分野の確立や研究の進展によって、ダーウィンの自然選択説を基本にしつつ、集団遺伝学、、、、などの成果を取り入れて生物の形質の進化を説明することが主流になった。 これを()と呼ぶ。 総合説に関わった者は多く、唱えた説は少しずつ異なる。 総合説を批判する論者は、総合説の中の特定の意見を総合説と見なして批判していることが多い。 ネオ・ラマルキズム [ ] 伝統的な総合説では、生物の進化は偶然に生じる突然変異に委ねられており、自然選択は有利な突然変異が生じなければ意味をなさない。 このことに納得できない研究者が、生物自身が進化の方向を決めているはずだという説を出すことが再三あった。 特に、長い期間の変化を追う古生物学者などにその例が多い。 そのような考えをと言う。 ネオラマルキズムは獲得形質の遺伝を進化の最も重要なメカニズムと見なし、ダーウィンを批判したイギリスの作家サミュエル・バトラーや、ドイツの生物学者、アメリカの古生物学者らに支持された。 獲得形質の遺伝はヘッケルの反復説の一部であった。 ネオラマルキズムの批判者、例えばアルフレッド・ウォレスとアウグスト・ヴァイスマンは獲得形質の遺伝の強固な証拠が一度も提示されていないと指摘した。 この批判にもかかわらず、獲得形質の遺伝は19世紀後半から20世紀序盤でもっとも人気のある説のままだった。 定向進化説を唱えたがこの代表である。 彼はの記録を見て、生物に内在する力が原因で、適応的かどうかとは無関係に一定方向に進化が起こると主張した。 の進化論にもその傾向がある。 は、19世紀後半にとを分け、次世代に形質を遺伝させることができるのは生殖細胞だけで、体細胞が獲得した形質は遺伝しないと主張し、の遺伝を唱えるネオ・ラマルキズムを批判した。 また、的知識からも、こうした説は否定されている。 分子生物学の登場 [ ] 20世紀の半ばには分子生物学が興隆した。 分子生物学は遺伝子の化学的性質を明らかにし、DNAの配列とそれらが持つ遺伝的暗号の関連を解明する道を拓いた。 特にタンパク質電気泳動やプロテインシーケンスなどの強力な技術の発展が進んだ。 1960年代初頭に生化学者とは説を提唱した。 二つの種の相同なタンパク質の配列の差異は、二つのしてからの時間を示しているかも知れない。 1969年までに木村資生やそのほかの分子生物学者は分子時計の理論的な基礎を確立した。 そして、少なくとも分子レベルでは、大部分の突然変異は有害でもなく役に立ちもせず、遺伝的浮動は自然選択よりも遺伝子頻度の変動に重要な役割を果たすと主張した。 またこの分野は集団遺伝学に分子データの利用をもたらした。 1960年代初頭から、分子生物学は進化生物学の伝統的な視点に対する脅威と見なされた。 指導的な進化生物学者、特にエルンスト・マイヤー、、らは分子的なアプローチが、特に自然選択との関わりについて(あるいは関わらないことについて)非常に懐疑的だった。 分子時計と中立説は非常に論争的で、浮動と選択の相対的重要性に関する議論は1980年代まで続いた。 中立進化 [ ] 現在はそもそも突然変異と言われたゲノム上の変異はランダムではなく、DNAの修復機構や複製機構に根ざした、方向性のある変異であるという理解がされつつある。 例えばは複製におけるが進化に果たす役割を説き、はによるDNA複製において、一方の鎖は突然変異の確率が高いという不均衡進化論を唱えるなど知られている。 また、個体数動態の変動に伴うや、個体群の周辺に進化が起きやすいと言った生物の社会集団における動的不平衡に着目したものや、のように自己組織化による形質形成を重視した説もある。 こういった議論の下敷きになっているのは、に発表されたのである。 中立説は、自体は生物にとって有利なものは少なく、実際は生物にとって有利でも不利でもない中立的なものが多いが、それが遺伝的浮動によって偶然広まることでも進化(中立進化)が起こると考え、適応進化については自然選択が原動力になると考える。 も、中立説に似た考えをに提唱したと言われている。 中立説は現在の進化学では非常に重要な位置を占める。 例えば種分化の起きた時期を調べる分子時計はゲノムの自然選択が働いていない部分に注目するため、中立説を理論的根拠としている。 近年発達した分子生物学のDNA研究によって、生物のDNAに刻まれている遺伝情報の類似性をもとに生物進化の系統図を構築する研究が進められている( 分子系統進化学)。 20世紀後半 [ ] 遺伝子中心の視点 [ ] 1960年代中頃に、は生物の適応を「種の存続のため」と説明する立場を批判し、論争を引き起こした。 そのような説明はによって置き換えられ、、、らのに集約された。 この視点はの1976年の影響力のある著書『利己的な遺伝子』で概説された。 古典的な群選択は非常に制限された状況でしか起きえないことが示されたが、その後でより洗練された新しいバージョン(マルチレベル選択説)が提案された。 1973年にはルイス・キャロルから引用した「」を提案した。 ある種の生物が進化すれば、それに関わる他の生物(特に捕食者や被食者)も対抗適応を発達させ進化を続ける。 このような視点はと呼ばれる。 ハミルトン、ウィリアムズらはこの考えがの進化にも応用できるかも知れないと考えた。 有性生殖によってもたらされる遺伝的多様性は、生活環が短く急速に進化する寄生生物への抵抗を維持することができ、そのために遺伝子中心の視点からは無駄が多いはずの有性生殖は一般的になりうる。 遺伝子中心の視点はダーウィンの性選択説を甦らせ、近年では、、イントラゲノミックコンフリクトに焦点が当てられている。 社会生物学 [ ] W. ハミルトンの血縁選択の研究は(行動生態学)の登場に寄与した。 の存在はダーウィンの時代から進化理論からは説明が困難であると考えられていた。 1964年の論文はこの問題の解決を大きく前進させた。 昆虫における(繁殖しない個体の存在)だけでなく、様々な利他的行動を血縁選択説は説明できる。 利他的行動を説明する理論はさらに続いた。 そのうちいくつかは(、)はに由来する。 1975年には影響力があり、非常に論争的でもある著作『社会生物学:新たなる総合』を出版した。 その本でウィルソンは進化理論が人間も含む多くの動物の利他的な振る舞いを説明できると論じた。 、を含む批判者は、社会生物学が人間の行動に関する遺伝的要因の影響を誇張していると批判した。 またその主張はイデオロギー的偏見を含んでおり科学ではないと批判した。 そのような批判にもかかわらず社会生物学の研究は続いた。 1980年代以降のと生物科学部門の受賞者の半分以上がこの分野の研究者で占められる。 この分野の研究者の一部は行動に関わる遺伝子へ目を向け、分子生物学との交流を促した。 その結果、生物の社会行動の分子的基盤を解明するという新たな分野の誕生に繋がった。 遺伝子の水平遺伝 [ ] は初期の進化理論では無視されていた。 これは細菌、特にでの形態的な特徴の欠如と、種概念が十分に整っていなかったことが原因であった。 現在、進化の研究者はよりすぐれたとの理解を持っている。 これらの研究で微生物の完全に予想とは異なるレベルの多様性があきらかになっており、それは微生物が地球の生命として支配的であることを示している。 微生物進化の研究で特に重要な発見は1959年に日本で見つかったである。 バクテリアの異なる種間で行われる遺伝物質の伝達はの進化の研究において重要な役割を果たした。 近年ではゲノムに関する理解が進展し、遺伝物質の水平伝播がすべての生物の進化で重要な役割を果たしたことが示唆されている。 特に、の起源を説明するの一部として遺伝子の水平伝播は真核生物においても重要なステップであった。 進化発生生物学 [ ] 1980年代と1990年代には総合説は詳細な研究に注目した。 進化生物学へのな視点はスチュアート・カウフマンやのような生物学者からもたらされた。 彼らはとからアイディアを取り入れて、発生過程における機構を強調し、進化にも直接作用する要因であると述べた。 スティーヴン・ジェイ・グールドは発達過程における器官ごとの成長率の相対的な差が、進化における新しいボディプランの起源となるのではないかと考え、初期の進化理論の概念であったヘテロクロニーを甦らせた。 遺伝学者リチャード・ルウォンティンはある生物の適応が最初から最後まで同じ選択圧の産物として誕生するのではなく、他の適応の偶然の産物として誕生することがあるのではないかと考え1979年に影響力のある論文を書いた。 そのような構造の付帯的な変化を彼らはスパンドレルと呼んだ。 のちにグールドとヴルバはそのような過程で得られる新しい適応構造をと呼んだ。 発生に関する分子的なデータは1980年代から90年代にかけて急速に蓄積された。 それは動物の形態的多様性が動物種ごとに異なったタンパク質によってもたらされるのではなく、多くの動物種で共通したわずかな一連のタンパク質によって起こされていることを明らかにした。 それらのタンパク質は発生的な「ツールキット」として知られるようになった。 このような視点が系統発生学、古生物学、比較発生学に影響を与え、(エボ-デボ)と言う新たな分野を生み出した。 この分野は現在に注目している。 例えばの基礎的な動物のボディプランの登場は、部分的には環境の変化に伴って起きた細胞同士の固有の組織化が原因で、そのあとの自然選択によって定着したかも知れないと示唆された。 このようなアイディアは複数の著者によって論文集『Origination of Organismal Form』として出版された。 進化理論の発展 [ ] ダーウィンが提案した進化理論の中で、からの進化、集団内の変異の変化によって生じる進化、種分化とによる生物多様性、適応進化における自然選択の役割は現在の進化学においても揺るぎのない枠組みとなっている。 一方20世紀中盤に進化学に加わった中立説は分岐系統学に新たな証拠を提供し、自然選択の働かないランダムな進化過程のメカニズムを明らかにしようとしている。 現在、集団遺伝学、生態学、生物地理学、古生物学などの総合的な分野として発展してきた進化学は、さらに、分子生物学、進化ゲノム学 Evolutionary Genomics 、など、様々な分野の進展を取り込みながら、確立された科学の一分野として発展している。 近年、発表される様々な報告や機構の提唱などは、基本的にダーウィンの考えた大まかな進化の枠組みを基盤として、さらに発展させる方向に進んでいる。 しかし、一部の学者はダーウィニズムやネオダーウィニズムを原理主義であると考えており、科学ではないと言う見解がある。 「進化」「evolution」という語 [ ] の evolution という語は元来起原で、内側に巻き込んでおいたものを外側に展開することを意味しており、現在でも「展開」の意味で使われる。 最初にこの概念が生物学に援用されたのは、のにおいてであり、に際して「あらかじめ用意された個体の構造が展開生成する」プロセスを指していた。 今日の日本語で「進化」と翻訳されるようなのプロセスを指す語としての evolution は、個体発生のこの概念を系統発生に対して援用したものである。 みずからの進化論において定められた方向への「進歩」を意図していなかったチャールズ・ダーウィンは、当初かれ自身はこの語を積極的に採用していない。 頃は、 進化は 進歩と同義であった。 その頃のではやなどの普及によって、人間社会が発展のさなかであり、多くの人がそれが生物の進化と同じものであると主張していた。 それは神による創造の原点こそが最高の状態で、のプロセスはそこからの堕落による神からの離反であるととらえる的生命史観のもたらす不安からの救済思想でもあった。 には、社会的、文化的変化が進歩と厳密に同義であるという考え方は多くの社会科学者から受け入れられないものとなっている。 また現在では一般的に、ダーウィンの進化の説明の解釈についても、生物の変化は進歩とは異なるものとして捉えられている。 19世紀以降は、 進化と言った時は、社会や文化のそれでなく、 生物の進化を指す。 この生物の進化とは、ある生物の集団がある世代から次の世代に代わるときのの変化を意味する。 それは、簡単に言えば、すなわちチャールズ・ダーウィンの自然選択のアイデアに基づく種の進化論そのものでもある。 「進化」は、単に事実を記述する語に過ぎないのであって、それ自体が価値判断を含むわけでなく、その意味で「進歩」とは異なるのである。 にもかかわらず、進化と進歩の混同、事実と規範の混同はしばしば見られ、後述するソーシャル・ダーウィニズムもその誤解の産物であった。 現在の日本において、一般的に「進化」という言葉が使われている場合、学術的に厳密な「進化」ではなく「進歩・グレードアップ」というニュアンスで用いられ、本来の「進化」もそうであるかのように認識されている。 進化論と社会科学 [ ] 19世紀後半にハーバート・スペンサーは自然選択説を社会に適用して、最適者生存によって社会は理想的な状態へと発達していくというを唱え、は国家間の競争により、社会が発達していくという社会進化論を唱えた。 スペンサーは生物は下等から高等へと進歩していくというラマルクを高く評価していたと言われており、進化に目的や方向性はないと考えるではないと思われる。 その主張はとも異なる。 その例によくあげられるは進化論の原理原則とは対立しており、関連付けるのは不可能である。 以下のナチズムの主張は進化論とは全く相容れない。 その初期の批判のなかには、ウィルソンや社会生物学の主張をナチズムにむすびつけたものもみられたが、論争を通じて、そうした批判は誤解にもとづくものであることが次第にあきらかになった。 この論争の経緯については、社会学者ウリカ・セーゲルストローレがその著作『真理の擁護者たち』(邦訳『社会生物学論争史』)のなかで詳細かつバランスよくまとめている。 進化論と宗教 [ ] 詳細は「」を参照 はやといった経典内の創造主による創造を主張する。 創造論については多くの説があるため、項目参照のこと。 「生物は進化する」というテーゼは現在では学会で科学的仮説として受け入れられているが、宗教や国によっては信仰的、社会的に受け入れられているとは限らず、アメリカにはの例がある。 の南部などいくつかの州では、の一部に根強いの立場から進化論が否定されている。 には、進化論を否定するが建てられている。 では10月にが、「進化論は仮説以上のもので、肉体の進化論は認めるが、人間のは神に創造されたもの」だと述べた。 つまり、人間の精神活動の源泉たる魂の出現は、進化論的過程とは関係ないとする限定つきで、進化論をキリスト教と矛盾しないものと認めた。 1950年の回勅「」()でも、生物としての肉体の起源の研究である限りは許容されているが、この回勅の時点では、進化論は未証明の学説とされ否定的に扱われており、進化論を既に実証されたものとして扱う立場が批判されている。 1958年に刊行された『創世記』の解説では、進化論が誤りであることが明らかになった、という記述がなされている。 その後ヨハネ・パウロ2世の次の教皇ベネディクト16世は「進化論は全ての問いに答えていない」と否定的な認識を示した。 しかしさらに次の教皇フランシスコは「神は、自然の法則に従って進化するように生物を創造した」と進化論は創造論と矛盾しない見解を示した。 近年アメリカ合衆国のいくつかの州において、創造論が明確に学校教育に持ち込まれようとしている。 1980年代には裁判で創造論の理科教育への持ち込みを禁ずる判決が出された。 そのために、「神による創造を科学的に解明する」運動がとして湧き上がった。 しかし創造科学も創造論と同様に科学ではなく宗教であるという連邦裁判所の判決が下された。 米世論調査企業ギャラップ(Gallup)が2010年2月11日に発表した調査結果によると、進化論を信じていると答えた米国人は40%であり、過去10年間に行われた調査においても、44-47%の人が、神が過去1万年ほどの間に、人間を現在のような形で創造したと信じていると答えている。 詳細は「」を参照 その後、創造科学運動は、宇宙や生命を設計し創造した存在を認める説(ID説)を公教育に取り入れようとする動きがある。 インテリジェント・デザインでは、極めて精妙な生物の細胞や器官のしくみを例に挙げて、「複雑な細胞からなる生体組織が進化によってひとりでにできあがったとは考えられない。 従って創造に際しては『高度な知性』によるデザインが必要であった」といった主張がなされている。 また創造科学と同様に創造論に科学的根拠を持たせようと試みているが、運動の中心は「くさび戦術」と呼ばれるものである。 これはインテリジェント・デザインの科学的妥当性を立証するのではなく、進化論の不十分な点、まだ説明できない生物の現象を強調する。 は「平等のために進化論のみならずインテリジェント・デザインも学校の理科の時間に教えるべきだ」と述べたが、翌日報道官が撤回した。 2005年11月、教育委員会は多数決の結果ID説の立場を採り、進化論を「問題の多い理論」として教える科学教育基準を採決した。 この決定にあたり、ID説を支持するたちを批判するために作られたパロディ「」が登場し、ネット世論を大いに沸かせた。 インテリジェント・デザインはドーバー学区における裁判で、宗教であり科学ではないと指摘された。 保守的なでも進化論は否定される。 の方針をとるのウェブサイトには進化論を否定する文章が掲載されている。 実態はに近いと言えるの進化も扱いを受け、カードを交換して収集するポケモンカードゲームの遊び方がイスラムで禁じられる賭博にあたるとされたことも併せて、保守的なイスラム諸国ではポケモンのゲームやグッズの販売制限が行われるに至った。 詳しくはの「イスラム諸国」の欄を参照。 のは2017年、公立学校の課程で進化論を教えないことを決めた。 「進化論の理解には哲学的な素養が必要で、児童・生徒には難し過ぎる」との理由を挙げているが、者からは批判が出ている。 なお、イスラム系新宗教のも書簡の中で進化論を否定している。 も明確に進化論を否定している。 創造論においては、生物の遺伝によるは認められている。 たとえば、色の黒い人からは黒い子供が生まれ、背の高い人の子供は背が高くなることが多いとか、とは共通の先祖を持ち、一方は縞のある個体群に分かれ、一方はたてがみをもつ個体群に分かれたので、両者は姿が似ており、先祖は同じであろうとか、その程度の考え方は認めている。 (つまりを取るが、現生の生物数百万種が一度に創造されたのではなく、ある程度は共通の先祖にさかのぼりうるとしているのである。 エホバの証人は、全ての陸上生物はの時代の大洪水によって全て滅びたと信じており、に乗せられた一つがいずつのみが生き残ったと信じている。 その場合、だけでも4000種以上もある、全ての陸上動物を一種類ずつ、大型タンカー程度の大きさの箱舟に乗せることなど、物理的に不可能である。 よって、すべての種を一つがいずつ乗せたのではなく、ある程度の共通の先祖にあたる動物たち数百種を一つがいずつ乗せたのであるとしていて、現生動物はそれらの子孫たちであるとしている。 ただしその場合、たかだか5000年のうちに任意の数百種一つがいずつの動物たちが、現在見られるだけの多様性と個体数に増えていることになり、むしろ進化論者以上に、速い速度での種の変化を支持している事になる。 )ただしそのような変化は「進化」ではないとし、例えば、がに、がになるといった構造器官が根本から変わるような進化は否定している。 (ただし、そのような変化と進化の境界線は明確にはしていない。 ) では、進化論否定が批判と結びつけて展開されており「大紀元時報」には進化論を否定する記事が掲載されている。 このようにを中心として諸宗教からの反対を受けてきた歴史のある進化論であるが、やの分野では教義そのものへの取り込みが行われてきた。 意識や霊性ののが代表的な例である。 やのように、著書のなかで的な教義に基づいた人類進化の過程を記した人物もいる。 生物学者の中には敬虔な信仰を持つものもおり、その一部は生物の進化を神の創造の過程と見なしている。 この中には遺伝学者テオドシウス・ドブジャンスキー、現代では分子生物学者などが挙げられる。 また他の一部はを信じ、生物の進化と信仰を両立させている。 進化論の学説、概念 [ ]• ダーウィニズム• ネオダーウィニズム• 群選択• 性選択• 中立進化説• 種分化• 用不用説• 脚注 [ ] []• 『岩波生物学辞典第4版』• 「だれが進化を疑うのか」『生物の進化 最近の話題』チャーファス, ジェレミー編、松永俊男、野田春彦、岸由二訳、倍風館〈ライフサイエンス教養叢書9〉、1984年(原著1982年)。 Ridley, Mark 2004. Evolution. Blackwell Publishing. Barton,Nikolas H. , , Eisen,Jonathan A. , Goldstein,David B. 『進化 分子・個体・生態系』、星山大介訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2009年(原著2007年)。 『』垂水雄二訳、早川書房、2009年(原著2009年)。 2003年11月号『科学』1月号巻頭言 石川統(放送大学 生物学 ・東京大学名誉教授)• シリーズ進化学・編者の言葉 岩波書店• 養老孟司、茂木健一郎「原理主義を超えて」『スルメを見てイカがわかるか!』角川書店、2003年、p. 100-124。 (による訳、副題やセクション名の部分は原文にはない)• 「創世記」(1958年12月発行)に付されたには「しかしながら、科学者の考え出す「歴史」は、往々にして誤っていることがある。 特に人間の進化については、後に誤りであることが判明した。 」とある• 朝日新聞2014年10月30日12時32分• 『』朝刊. 2017年7月24日. 訳『アカシャ年代記より』、1994年• 大田俊寛『現代オカルトの根源 - 霊性進化論の光と闇』筑摩書房〈ちくま新書〉、2013年。 関連項目 [ ]•

次の