遺族年金 扶養控除。 遺族年金は所得になるの?知っておきたい課税の知識

[遺族年金を受けている母親を“扶養”にできるか]ひさのわたるの飲食業界の労務相談|飲食求人情報 グルメキャリー 飲食業界・レストラン業界の就職・転職サイト

遺族年金 扶養控除

() この「年間収入」には、 遺族年金や老齢年金、障害年金などの年金収入も すべて含みます。 したがって、社会保険上の扶養を考える場合においては、 上述の要件が満たされていなければ、 被扶養者にすることはできません。 (被扶養者となった場合でも、年金額の減額等はありません。 ) 一方、扶養には、所得税法上の扶養もあります。 扶養親族になるか否か、を考えるわけです。 所得税法の扶養を考える場合には、 遺族年金と障害年金は非課税ですから、年間収入に含めません。 しかし、老齢年金は課税対象ですから、年間収入に含めます。 そして、この年間収入が103万円未満であれば、 その方を扶養親族にすることができます。 つまり、こちらの要件が満たされれば、 社会保険上は被扶養者とはならなくとも、所得税上では扶養親族に、 というケースがあります。 (扶養親族となった場合でも、年金額の減額等はありません。 ) () >扶養家族に入れることはできないでしょうか… 何の扶養家族ですか。 1 税法上 「生計が一」であれば 他にも細かい条件あり 控除対象扶養者とすることができます。 2 あなたが会社員等として健康保険 社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。 細かい部分はそれぞれの会社、健保組合によって違います。 正確なことは会社にお問い合わせください。 3 あなたが会社員等として給与における扶養手当 給与は社保以上にそれぞれの会社による独自性が高いものです。 他人は軽々にコメントできませんので、会社にお問い合わせください。 なお、あなたが自営業等であれば、 2 と 3 は関係ありません。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 Q こんばんは。 回答者の皆様いつも ありがとうございます。 さて質問なのですが、私の知り合いの 女性が、現在お母さんと(70歳くらい) 二人暮らしなのですが、 お母さんは無職で、その女性は働いています。 社会保険などすべて加入の正社員です。 金額ははっきり聞いていないのですが、 お母さんは亡夫の遺族年金と 国民年金を受給しているそうです。 どこで聞いたのかはわからないのですが、 (おそらく会社) 女性がお母さんを 自分の扶養家族にいれたいといったら、 「お母さんは年金を受給しているので、 扶養に入ることはできない」と 言われたそうです。 それは本当なのでしょうか。 女性は、「年金を受給していても 扶養にいれることは可能と 聞いたことがあるので腑におちない」 と言っております。 どなたか教えて頂けないでしょうか。 わかりづらい文章で、申し訳ありません。 どうぞよろしくお願い致します。 A ベストアンサー まず、お母様の年金が国民年金の老齢基礎年金だけであり、残りは遺族厚生年金か遺族共済年金だとしましょう。 その場合には遺族年金は非課税なので老齢厚生年金だけが所得の計算対象となりますけど、これは公的年金等控除の後には所得38万を下回るから、税法上の扶養家族には入れるでしょう。 もしお母様自身が他にも年金をもらっていればこの限りではありませんが。 あと扶養という言葉には健康保険の扶養もあります。 多分ご質問ではこちらの可能性が高いのではと思います。 健康保険の扶養に入れるには、お母様の年金総額が180万未満とする基準が一般的です。 このときには遺族年金なども全部入れた金額です。 また所得ではなく総額です。 A ベストアンサー 現在、お母様が受給なされているのは『遺族厚生年金』又は『遺族共済年金』では無いかと思います。 (遺族基礎年金であったとしても、回答は同じ) そこで、遺族厚生年金で説明を書きます。 お母様の年金受給額は、お書きになられた事情を原因として増減もしないし、受給権の停止または消滅も御座いません。 根拠となる条文を全部ここに書くのは無理なので、63条だけ載せておきますが、遺族厚生年金の受給権消滅は厚生年金保険法第63条、年金の支給停止は厚生年金保険法第64条~第68条に定められております。 (失権)第63条 遺族厚生年金の受給権は、受給権者が次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。 1.死亡したとき。 2.婚姻(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。 )をしたとき。 3.直系血族及び直系姻族以外の者の養子(届出をしていないが、事実上養子縁組関係と同様の事情にある者を含む。 )となつたとき。 4.離縁によつて、死亡した被保険者又は被保険者であつた者との親族関係が終了したとき。 5.次のイ又はロに掲げる区分に応じ、当該イ又はロに定める日から起算して5年を経過したとき。 イ 遺族厚生年金の受給権を取得した当時30歳未満である妻が当該遺族厚生年金と同一の支給事由に基づく国民年金法による遺族基礎年金の受給権を取得しないとき 当該遺族厚生年金の受給権を取得した日 ロ 遺族厚生年金と当該遺族厚生年金と同一の支給事由に基づく国民年金法による遺族基礎年金の受給権を有する妻が30歳に到達する日前に当該遺族基礎年金の受給権が消滅したとき 当該遺族基礎年金の受給権が消滅した日 2 子又は孫の有する遺族厚生年金の受給権は、次の各号のいずれかに該当するに至つたときは、消滅する。 1.子又は孫について、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき。 ただし、子又は孫が障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にあるときを除く。 2.障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある子又は孫について、その事情がやんだとき。 ただし、子又は孫が18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあるときを除く。 3.子又は孫が、20歳に達したとき。 3 父母、孫又は祖父母の有する遺族厚生年金の受給権は、被保険者又は被保険者であつた者の死亡の当時胎児であつた子が出生したときは、消滅する。 現在、お母様が受給なされているのは『遺族厚生年金』又は『遺族共済年金』では無いかと思います。 (遺族基礎年金であったとしても、回答は同じ) そこで、遺族厚生年金で説明を書きます。 お母様の年金受給額は、お書きになられた事情を原因として増減もしないし、受給権の停止また... Q 夫婦、子、夫の母で生活しています。 夫の母は64歳、遺族年金を貰っています。 夫の母は以前パートをしていたので健康保険(社会保険)は 退職後に何年か継続できるということで現在は継続の まま払い続けていますが、税金と保険料の支払いが苦しい らしく夫の扶養家族に入れて欲しいという話が出てきました。 遺族年金と一般的な年金との違いがわからないのですが この年金収入の額によっては扶養家族に出来ないなど 年収の制限などありますか? 給与収入 所得38万円(103万円以下) 健康保険の 年収130万円以下 どちらも年金の額にも影響されるのでしょうか? 夫の扶養に入れることは出来ますか? 扶養家族に入れた場合のメリットデメリットを教えてください。 A ベストアンサー >この年金収入の額によっては扶養家族に出来ないなど 年収の制限などありますか? 扶養には税金の扶養と健康保険の扶養があります。 遺族年金は税金では非課税ですので考える必要はありません、無いもとして無視してもかまいません。 しかし健康保険の扶養では収入としてカウントされます。 >給与収入 所得38万円(103万円以下) 税金の扶養であれば遺族年金は前述のように非課税です。 >健康保険の 年収130万円以下 健康保険の扶養では遺族年金は収入としてカウントされます。 夫の健保が協会(旧・政管)健保であれば 60歳未満であれば130万未満。 60歳以上であれば180万未満。 となります。 夫の健保が組合健保であれば、夫の健保に聞かなければ判りません。 >夫の扶養に入れることは出来ますか? 前述のように税金の扶養には入れますが、健康保険の扶養は夫の健保と夫の母の年齢と年金の額によって異なります。 >扶養家族に入れた場合のメリットデメリットを教えてください。 税金の扶養に入れて夫が扶養控除を受ければ、夫の所得税と住民税(翌年から)が安くなります。 健康保険の扶養に入れれば夫の母は保険料を払わずに住みます。 以上がメリットでデメリットは特にありません、健康保険で夫の母を夫が扶養にしても保険料は変わりません。 >この年金収入の額によっては扶養家族に出来ないなど 年収の制限などありますか? 扶養には税金の扶養と健康保険の扶養があります。 遺族年金は税金では非課税ですので考える必要はありません、無いもとして無視してもかまいません。 しかし健康保険の扶養では収入としてカウントされます。 >給与収入 所得38万円(103万円以下) 税金の扶養であれば遺族年金は前述のように非課税です。 >健康保険の 年収130万円以下 健康保険の扶養では遺族年金は収入としてカウントされます。 これに該当されておられる場合は、今からでもあなたご自身の確定申告をされると昨年分の所得税の還付を受ける事と今年度分の住民税が減額されます。 また、お母さんの所得であれば扶養親族となれますが、おそらくお父さんが控除対象配偶者として手続きをされているのではないでしょうか? 控除対象配偶者とされている場合は、それを外す必要が出てきますが、お父さんとの関係や、手続きの仕方によっては色々と問題が出てくるので注意が必要です。 (問題点についてはネットでは書きにくい内容が含まれますので省略させていただきます。 ) 健康保険などの扶養に関してはご自身の加入されてる健康保険の保険者(健保組合等)にご確認いただいたほうが確かと思います。 これに該当されておられ... A ベストアンサー 扶養の認定は、所得税と社会保険とで違いがあります。 所得税の場合。 所得税上の扶養親族の条件は次のようになっています。 扶養親族とは、その年の12月31日現在において次の4つの要件のすべてに当てはまる人です。 1.配偶者以外の親族などであること。 親族とは6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。 または、都道府県知事から養育を委託された児童 いわゆる里子 や市町村長から養護を委託された老人であること。 2.納税者と生計を一にしていること。 別居をしていても、毎月、仕送りなどで、その親族の生活を維持していれば、生計を一にしているとみなされます。 別居をしている親が扶養親族として認定されるには、その仕送りをしたもので生活を維持していることが必要とされていますが、具体的に仕送りの金額の規定はありません。 なお、仕送りは、1年分や半年分などをまとめて送金したものは、生活費の仕送りとして認められませんから、毎月仕送りをする必要が有り、その事実を立証できるように銀行振込などの方法がよろしいでしょう。 3.年間の合計所得金額が38万円以下であること。 遺族年金などの非課税所得は、所得から除外されます。 4.青色申告者の事業専従者として給与の支払を受けていないこと及び白色申告者の事業専従者でないこと。 社会保険の場合。 1.被保険者の直系親族、配偶者(戸籍上の婚姻届がなくとも、事実上、婚姻関係と同様の人を含む)、子、孫、弟妹で、主として被保険者に生計を維持されている人 この場合も、別居をしていても、仕送りなどで生計を維持していれば問題ありません。 今後12ケ月間の収入見込額が130万円(60歳以上は180万円)以下であること。 なお、この収入には、所得税では非課税である、遺族年金や雇用保険の給付額も含まれます。 扶養の認定は、所得税と社会保険とで違いがあります。 所得税の場合。 所得税上の扶養親族の条件は次のようになっています。 扶養親族とは、その年の12月31日現在において次の4つの要件のすべてに当てはまる人です。 1.配偶者以外の親族などであること。 親族とは6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。 または、都道府県知事から養育を委託された児童 いわゆる里子 や市町村長から養護を委託された老人であること。 2.納税者と生計を一にしていること。 別居をしていても、毎月、仕送... Q 遺族年金についてです。 妻は扶養です。 夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。 本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。 夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。 本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。 扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、よくわかっていなかったため、妻の分として国民年金を払ったことがありません。 夫である自分が死んだとき、自分の年金が引き続き妻に支払われると思っていましたが、ネットで調査している内に、そうでない冷酷な日本の年金制度に辿り着きました。 本当でしょうか?先進国の日本で、こんな冷酷な制度で運営されているのでしょうか?教えて頂けませんでしょうか?妻と同じような専業主婦で国民年金を支払っていない方はたくさんいらっしゃると思います。 これでは妻を扶養している夫は65歳前に死亡しないと妻が生活できないことになります。 真実をお分かりの方、お手数をお掛け致しますが、どうか教えて下さいませんか。 お願い致します。 遺族年金についてです。 妻は扶養です。 夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。 本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。 夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。 本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。 扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、... A ベストアンサー 支払った額で年金額は変わるので詳しく知りたい場合はネットで調べた方が確実です。 googleで「専業主婦 年金 受給額」等で検索すれば出てきます。 計算なども出来ると思います。 夫が厚生年金を支払っているのであれば、妻は普通に国民年金を支払っているのと同等の権利を持っているはずです。 biglobe. htm 妻は専業主婦前に一度も厚生年金を支払っていないのか? 妻は学生時代などに国民年金を一度も支払っていないのか? などでも金額が変わってきます。 取り合えず、専業主婦は夫が厚生年金を支払っているのであれば、国民年金を支払っているのと同じになるので、最低限それだけはもらえます。 夫が無くなった場合、妻本人の国民年金があるので国民年金分は最低もらえます。 妻本人の国民年金は夫が生きていようと死んでいようと関係なく年金もらえる年齢になればもらえます。 遺族年金が0円だろうと、最低国民年金は妻はもらっている事になります。 A ベストアンサー 年金は減額はされませんのでご心配なく。 70歳未満の老齢厚生年金の減額が頭を掠めたのかと思います。 65歳を境にしますが厚生年金の被保険者になると支給額の調整がされる事もあるのですが、老齢基礎年金や遺族年金は支給調整の対象にはなりません。 年金は誰かの扶養親族になったから減額される様な性質ではありませんし、むしろ支給額があるなら扶養にしても後から撥ねられる事になります。 老齢基礎年金のみが課税対象ですが、65歳以上であれば120万円が控除されるので、質問の内容ですとお母様は所得なしと取り扱われ、扶養事実は認めて貰えますよ。 なので心配せずに同居老人扶養の控除を受けて、その分孝行して差し上げて下さい。 A ベストアンサー >健康保険の加入は130万が線引きかと思っおります。 ですからそれが間違いだといっているのです。 >雇用形態はアルバイトで5時間・自給855です それは現状の103万以下と言うことでしょ、それを130万まで上げようと言う事でしょ。 >パートであれば健康保険の加入も可能かと思いますがバイトでは無理かと思われます ですからパートもアルバイトも関係ないのです、前回回答した基準を超えれば誰でも社会保険に加入させなければいけないということです。 ですからまっとうな会社であればコンプライアンスからしてそうするはずだし、国もやらない会社にはやるように強力に指導しています。 下記をご覧下さい専門家である社労士はその点をきちんと説明しています。 ocn. htm 例えば6行目あたりに 「社会保険上の扶養者になれるかどうかの130万円とは、関係有りません」 また一番下の方に 「130万円の扶養の基準で判断するお金の専門家、税理士,ファイナンシャルプランナー。 そこに落とし穴が!」 とあります。 つまり質問者の方はお金の専門家、税理士,ファイナンシャルプランナー等の言うことを盲信して130万の落とし穴に見事に落ちて抜け出せないということです。 それでも130万を盲信するのでしたら好きにしてくださいという以外にないでしょうね。 >健康保険の加入は130万が線引きかと思っおります。 ですからそれが間違いだといっているのです。 >雇用形態はアルバイトで5時間・自給855です それは現状の103万以下と言うことでしょ、それを130万まで上げようと言う事でしょ。 >パートであれば健康保険の加入も可能かと思いますがバイトでは無理かと思われます ですからパートもアルバイトも関係ないのです、前回回答した基準を超えれば誰でも社会保険に加入させなければいけないということです。 ですからまっとうな会社であればコンプラ... Q 昨年の夏から二世帯で同居している82歳の母を扶養したいと思っています。 現在、母は一階で独り暮らしで、私の家族 私、妻、子供二人 は二階で二世帯住宅です。 父が数年前に亡くなって母は独り暮らしで年金生活です。 年間、約70万円程度の国民年金が支給されています。 今年、膝を悪くして身体者 4級 になってしまいました。 いろいろな面で影響があることに気ずき複雑な手続とやらで悩んでいます。 恥ずかしい話ですが税、保険、年金など知識なく全く解りません。 簡単な説明でお願いしたいんですが。。。 現在、母は一階で独り暮らしで、私の家族 私、妻、子供二人 は二階で二世帯住宅です。 父が数年前に亡くなって母は独り暮らしで年金生活です。 年間、約70万円程度の国民年金が支給されています。 今年、膝を悪くして身体者 4級 になってしまいました。 A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 >母を扶養したいと思っています。 「扶養したい」というのは、具体的に「どのようなことをしたい」ということでしょうか? 揚げ足取りになり恐縮ですが、「扶養する」というのは「経済的な援助をする」ことですから、特にルールはありません。 blog81. fc2. html ということで、以下は、「多分こういうことであろう」という回答になりますので、意図したものと違う場合はご指摘下さい。 >母を扶養した場合、今まで年金から引かれていた介護保険料金と後期高齢者医療保険料金はどうなるのですか? 「母を扶養する」が、「母を、自分が加入している共済組合の被扶養者として申請する」ということを意味しているのであれば、「被扶養者」は「75歳未満」という条件がありますので、認定されることはありません。 --- 「母を扶養する」が、「母を、自分の税務申告で控除対象扶養親族として申告する」ということを意味しているのであれば、「公的医療保険の保険料」に影響することは「原則として」ありません。 --- 「母を扶養する」が、「母を、自分の住民票の世帯員にする(世帯合併する)」ということを意味しているのであれば、「公的医療保険の保険料」に影響することがあります。 jcom. home. >後期高齢者医療費の使用限度額と入院した時の食事代も変わるとの事、どう変わるのでしょうか? 「誰から」「何を」「どうした時に」(「何が」)変わるという説明を受けられたのでしょうか? >…扶養になると給与面で優遇される…複雑な手続 「給与(の支給に関する条件)」は、事業主(雇用主)が定める「就業規則(賃金規定)」によって会社ごとに(団体ごとに)異なっていますので、第三者には判断できません。 en-japan. 「生計を一にする」も問題ないでしょう。 nta. nta. 「生計を共にする」とも違います。 以下の要件を満たせば、「障害者控除」も適用になります。 nta. city. matsudo. chiba. nta. htm 詳しくは、「最寄りの税務署(個人住民税は市町村)」へご相談下さい。 nta. 窓口は各市町村にありますので、そちらでご確認下さい。 k-solution. city. ichinomiya. aichi. 詳しくは、「日本年金機構(年金事務所)」にご確認下さい。 nenkin. blog13. fc2. livedoor. chips. nta. saints-martyrs. city. suzuka. city. kagoshima. >母を扶養したいと思っています。 「扶養したい」というのは、具体的に「どのようなことをしたい」ということでしょうか? 揚げ足取りになり恐縮ですが、「扶養する」というのは「経済的な援助をする」ことですから、特にルールはありません。 blog81. fc2. html ということで、以下は、「多分こういうことであろう」という回答になりますので、意図したものと違う場合はご指摘下さい。

次の

遺族年金受給 扶養家族について

遺族年金 扶養控除

2019年5月10日 [最終更新日]2020年1月20日 年金のみで生活している方もいらっしゃれば、年金の他に収入を得ている方もいらっしゃるかと思います。 今回はこの年金のうち、遺族年金に関してご説明していきます。 確定申告の必要な年金と不要な年金 基本的に、公的年金を受給していたら確定申告は必要と覚えている方も多いのではないでしょうか。 年金にも確定申告の必要な年金と不要な年金があり、遺族年金と障害年金は確定申告をする必要はありません。 これは、遺族年金は生活を支えていた家族を亡くした遺族の方の生活保障と、障害によりこれまで通りに働けなくなったことによる生活保障の意味合いがあるからです。 遺族年金の確定申告については、コラム「 」をご覧いただければと思います。 確定申告不要制度について 確定申告が必要な公的年金を受給していても、金額などの条件を満たしていれば、所得税の確定申告をする必要はなくなります(ただしその場合、お住まいの市区町村で住民税の確定申告が必要になります)。 これは、確定申告不要制度によるもので、以下の条件を満たしている方が対象です。 ・公的年金など収入 の金額が400万円以下(2ヵ所以上あれば合計で) ・ 公的年金も含む 以外の所得 や、など が20万円以下 ただし、還付を受けるためには確定申告書の提出が必要となります。 公的年金の確定申告については、コラム「 」でご覧ください。 遺族年金は所得ではないため医療費控除は受けられない? 先ほど確定申告の不要な年金として遺族年金を挙げましたが、遺族年金のみの受給である場合には、を受けることはできません。 遺族年金は課税所得ではないため確定申告が不要であることからお分かりかと思いますが、医療費控除は課税所得からの控除であり、課税所得ではない遺族年金から控除することは不可能です。 それでも、どうしても医療費の金額が高額のため、医療費控除を適用したいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 遺族年金を受給しながら医療費控除を適用したい場合はどうする? 遺族年金を受給しながら、高額となった医療費を医療費控除したい場合、遺族年金の他にパート収入や公的年金などの収入があれば、その収入に医療費控除を適用することが可能です。 この際には、遺族年金は確定申告が必要なく、パート収入と年金のみを確定申告します。 パート収入と年金の確定申告について詳しくは、コラム「 」をご確認ください。 また、医療費控除は家計でまとめて控除とすることができるため、その他に収入のある人がいれば、その人の申告で医療費控除を適用できます。 遺族年金の他に公的年金や収入があれば確定申告は必要! 遺族年金の受給のみであれば確定申告は必要ありませんが、遺族年金の他に収入がある場合には、確定申告をする必要があります。 例えば、遺族年金の他に公的年金を受給している場合や、遺族年金を受給しながら働いており収入がある場合などには、公的年金や給与収入は課税対象のため確定申告が必要です。 公的年金や収入を確定申告する際には、医療費控除を適用することができますので、所得の種類と金額には注意しておきましょう。 その他、もご確認いただければと思います。

次の

遺族年金受給 扶養家族について

遺族年金 扶養控除

配偶者に先立たれ、【遺族年金】を受給しながら生活している親御様をお持ちの方で、特に遠方の故郷にお一人住まいの場合は何かと心配ですよね。 働き盛り世代であれば尚更、お仕事の都合やご家庭の事情ですぐにご実家に通える方ばかりではないのではないでしょうか。 このような場合、実は、お独り住まいの親御様にとっても、離れて暮らすお子さんにとっても、両方にとってメリットのある税法上の仕組みがあります。 これは、遠方に離れて暮らす場合だけでなく、同居の親御様でも同じメリットがあります。 また、必ずしも親だけでなく、結婚した子供が配偶者を亡くし【遺族年金】を受給している場合も考えられます。 今回のテーマは「【遺族年金】をもらっている人を扶養家族にできる?」という内容です。 遺族年金を受給している親族の方をお持ちの方は、是非今回のテーマをお読みいただき、今後の選択肢の一つとしていただければ幸いです。 扶養家族になるとどうなる? ご親族の中で【遺族年金】を受給している方がいる場合、その方を扶養家族にするとどういう効果があるのでしょうか。 別居している親族の中に、対象となる方がいる場合でも扶養家族にすることができるのでしょうか。 冒頭で「メリットがある」と紹介しましたが、具体的にどのようなメリットがあるのか、以下簡単にまとめますね。 つまり、 該当する家族を扶養に入れたことで、その世帯主の住民税や所得税が安くなるということですね。 なお、メリットを受けるのは【遺族年金】をもらっている方ではなく、その方を迎え入れる方です。 【遺族年金】を受給している方は、特にメリットもデメリットもありません。 簡単に言うと、おひとりであれば国民健康保険などの健康保険に加入して、ご自身で保険料を負担しなければいけませんが、 どなたか家族の扶養家族になれば、【遺族年金】を受けている方は健康保険料を払わなくてよくなります。 ただし、健康保険上のメリットは、家族の加入している健康保険が社会保険である場合に限られます。 国民健康保険加入の家族の扶養家族になっても、結局ご自身で保険料負担することになるので、この場合は扶養家族になる意味がありません。 国民健康保険と社会保険についての詳細は、この後の「健康保険上のメリット」の項目でまとめますね。 以下のいくつかの項目に該当する必要があります。 配偶者以外で、16歳以上の親族(血族なら6親等内、姻族なら3親等内)• 世帯主(納税義務者)と生計を一にしていること• 年間の合計所得が38万円以下であること(令和2年分から48万円に変更されます)• 事業専従者ではないこと 事業専従者とは、親族が営む個人事業(白色申告)などで給与をもらって働いている人のこと。 生計を一にする、とは 年金などの社会保険制度の話をするときに、よく耳にするのが「生計を一にする」というキーワードです。 基本的には同居している親族は生計を一にしている、とみなされます。 別居の場合でも、常に生活費を仕送りしている等で、納税義務者の資金によって生活をしている状態を証明できれば「生計を一にしている」と判断され、扶養家族にすることができます。 別居の親族を扶養家族に入れるには、実際に別居親族に対して銀行振込をした通帳のコピー等、何か証明できるものの提出を求められる場合もあります。 遠方の親族に対する援助は、なるべく証拠の残る形でしておくと良いでしょう。 遺族年金は非課税 【遺族年金】を受給している方を扶養家族にすると、迎え入れた側にとって税法上のメリットがあります。 《扶養控除》という控除が適用されるので、その分所得税や住民税が安くなるということになります。 どなたが【遺族年金】を受給しているかによって、控除額が違います。 それぞれのパターンに分けて見ていきましょう。 70歳以上の同居親族(父母・祖父母)である場合…58万円• 70歳以上の別居親族(父母・祖父母)である場合…48万円 70歳に満たない親などの場合は、一般の扶養親族として一律38万円の控除額となります。 子供や孫の場合 【遺族年金】を受給している方が、納税義務のある方の子どもや孫である場合、その方を扶養親族にすると以下の控除が発生します。 19歳以上23歳未満の場合…63万円(特定扶養親族控除)• 上記以外の年齢の16歳以降の人の場合…38万円(一般扶養親族控除) 健康保険上のメリット 健康保険上のメリットがあるのは、【遺族年金】を受給している人です。 本来は何らかの健康保険に加入し、その保険料は自分で負担しなければなりませんよね。 しかし、 家族の健康保険に扶養親族として加入できると、この保険料を負担しなくてよくなります。 親族の扶養に入ることで、【遺族年金】を受給している人が被扶養者となり、本人名義の保険証から、被扶養者としての家族保険証に変わります。 つまり、 【遺族年金】受給者にとって 健 康保険料の負担の軽減になります。 健康保険上の被扶養者に関するお尋ねは、加入している健康保険の団体(協会けんぽ等)のHPで確認するか、問い合わせ窓口に尋ねてみましょう。 被扶養者の条件は以下の通りです。 主に被保険者(健康保険の本人)の収入で暮らしている• 被保険者と同一世帯である• 年間収入が130万円以下で、被保険者の年収の半分以下• 別居の場合では、年収が被保険者の仕送り金額以下である 健康保険の用語として、世帯主など、その健康保険に加入している本人を「被保険者」と呼び、その家族を「被扶養者」と呼びます。 扶養に入れない場合もある 先に紹介した《税法上のメリット》の場合における扶養親族の定義として、【遺族年金】と【障害年金】は非課税扱いなので収入に含まれません、とご紹介しましたよね。 このことから、【遺族年金】や【障害年金】だけが収入源である場合、無収入であるとみなされてほとんどの方が税法上の扶養家族になることはできるということになります。 一方、 健康保険上の扶養親族の収入制限においては、【遺族年金】も【障害年金】も収入とみなされます。 つまり、 年金額によっては年収の上限に抵触してしまい、健康保険上の扶養親族にはなれない場合もあるということです。 必ずしも、どちらのメリットも受けられるということでは無さそうです。 事前に確認しておきましょう。 税制上の扶養親族と、健康保険上の扶養親族は、必ずしも一致しないということ。 国民健康保険の場合 受け入れる側の被保険者本人が、自営業者などで「国民健康保険」に加入している場合、 【遺族年金】を受給している親族を扶養親族にするメリットはほとんどありません。 結局は、扶養親族になったとしても、その方の分の保険料も発生しますので、生計を一にしている親族であったとしても、割引になったり、払わないで良いということにはなりません。 健康保険上のメリットがあるのは、被保険者本人が社会保険に加入している場合だけであるということ。 遺族年金受給者を扶養家族にする場合・まとめ 【遺族年金】をもらっているご親族ということは、身近なご家族を亡くした方ということです。 メリット、デメリットではなく、同じ家族として励まし助け合って暮らしていくのは当然の事ではありますよね。 しかし、冒頭にも書きましたが、社会人になると仕事や家族のことなどで、特に遠方に住んでいる親族の場合、こまめに往来することもままならない場合もあると思います。 今回取り上げたテーマでは、 遠方で別居している場合でも扶養親族とすることもでき、受け入れる側も、扶養親族に入れてもらう側も、どちらにとってもメリットがあるということがお分かりいただけたかと思います。 一見複雑に見えるので、あまり知られていない内容ではありますが、これは法の抜け道などではなく、正当に認められているルールです。 もし本記事を読んで、該当するかもしれないと思った場合は、加入している健康保険実施団体にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。 なお、税法上の控除に関しては、サラリーマンであれば年末調整の時期に申告することになります。 家族として共に支えあっていく手段として、本記事の内容について、前向きに検討しても良いのではないかと思います。 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の