参院 選 大阪 選挙 区。 参議院議員通常選挙

【参院選】4議席めぐり12人が激戦! 個性豊かな大阪選挙区の顔ぶれ

参院 選 大阪 選挙 区

概説 [ ] この選挙から投票締め切りが18時から20時に延長された。 は選挙直前の5月に、離党議員の復党などででのの単独過半数を回復したことから、、新党さきがけとの連立を解消していた。 前年からの減速は顕著なものになっており、率の悪化やの破綻などの事例などから、従来の財政再建路線から景気対策を重視するようになりつつあった。 自民党は、公示前は70議席を超えて勝利すると予想する者もあったが 、公示後のの情勢記事では現状維持か、少し上回る60議席台前半と推測された。 しかし、・の恒久減税に関する発言が迷走したことからが低下したことや、選挙区で2人擁立しての共倒れが続出したことなどから自民党の獲得議席は44議席と予想を大きく下回る敗北を喫し、橋本は敗北の責任を取って退陣した。 その一方で、が27議席、が15議席を獲得するなどの健闘が目立った。 選挙データ [ ] 内閣 [ ] (第83代) 投票日 [ ]• 1998年(平成10年)7月12日 改選数 [ ]• 126議席 (選挙区76・比例区50) 選挙制度 [ ]• 選挙区• :改選数24議席• 2人区(改選1名、単記投票):24選挙区• :改選数52議席• 4人区(改選2名、単記投票):18選挙区• 6人区(改選3名、単記投票):4選挙区• 8人区(改選4名、単記投票):1選挙区• 比例区• 拘束名簿式:改選数50議席 主な争点 [ ]• のの是非。 選挙結果 [ ] 投票率 [ ]• 17 14 17,033,851 30. 45 30 民主党 12,209,685 21. 75 12 9,063,939 16. 20 15 日本共産党 8,195,078 14. 60 8 8,758,759 15. 66 7 公明 7,748,301 13. 80 7 1,843,479 3. 30 2 自由党 5,207,813 9. 28 5 980,249 1. 75 1 社会民主党 4,370,763 7. 79 4 2,403,649 4. 30 1 新党さきがけ 784,591 1. 40 0 - - - 二院クラブ 579,714 1. 03 0 - - - 諸派・無所属 2,912,359 5. 19 0 15,852,135 28. 34 20 合計 56,137,023 100. 00 50 55,936,064 100. 00 76 出典:石川真澄『戦後政治史 新版』岩波新書、<データ>「国会議員選挙の結果」• - 改選44(計103) 総裁 幹事長 総務会長 政務調査会長 国会対策委員長 参議院議員会長• - 改選27(計47) 代表 特別代表 副代表 幹事長 政策調査会長 国会対策委員長 参議院議員会長• - 改選15(計23) 中央委員会議長 幹部会委員長 幹部会副委員長 書記局長 政策委員会責任者 国会対策委員長 参議院議員団長• - 改選9(計22) 代表 副代表 幹事長 政務調査会長 国会対策委員長 常任顧問• - 改選6(計12) 党首 幹事長 政策調査会長 国会対策委員長 参議院議員会長• - 改選5(計13) 党首 副党首 幹事長 政策審議会長 院内総務会長 参議院議員会長• - 改選0(計3) 代表 幹事長 政策調査会長 院内幹事 参議院議員会長• - 改選0(計1) 代表 幹事長 政策調査会長• 無所属 - 改選20(計28) 議員 [ ] この選挙で選挙区当選 [ ] 自民党 民主党 公明党 社民党 共産党 諸派 無所属 自由党 繰り上げ当選 [ ] 年 月 選挙区 当選者 当選政党 欠員 欠員政党 繰上事由 1998年 8月 民主党 自民党 投票日から3ヶ月以内に死去 補欠選挙 [ ] 年 月 選挙区 当選者 当選政党 欠員 欠員政党 欠員事由 10月 自民党 自民党 辞職 無所属 自民党 死去 4月 自民党 自民党 死去 10月 自民党 無所属 埼玉県知事選出馬 比例代表選出議員 [ ]• 民主党• 新社会党 全員が落選し、国会の議席を失った。 無所属• ミニ政党・諸派 [ ]• 備考 [ ]• 自民党の敗因は、前年の負担増(率引上げ等)、それに伴うの後退、率の上昇などとみられる。 また、投票直前の橋本・の減税に関する発言が二転三転したこともの不信を招いた。 自民党は負けたとはいえ側の選挙での共闘体制が整っていなかった。 新進党の解党から間もない時期であることで、民主党が野党第一党にこそなったものの、民主、社民の両方から出馬での共倒れの1人区がある一方で、自民党以外では共産党や無所属しか立候補していない選挙区も有るなど、調整がほとんど成功しなかった。 結果として選挙区では無所属候補者が多数当選し、一方で共産党が結党以来最多の当選者を出し、自民批判票の受け皿となった。 自民党の敗因の一つは改選定数が3人以上の選挙区での複数擁立による共倒れであり、自民候補は条件に当てはまる4都県(東京・埼玉・神奈川・愛知)で共倒れして議席を失い、共産党の候補者がそれらの全選挙区で議席を獲得した。 選挙後 [ ]• 現有議席の大幅減を受け、橋本内閣はした。 後継のは、過半数割れした対策に苦労し、連立を模索するようになる。 議席を獲得できなかった新党さきがけは「さきがけ」に改称、事実上の解散となった。 同党はのちに「」に改称するが、当選者を出せないまま解散した。 脚注 [ ] [].

次の

第18回参議院議員通常選挙

参院 選 大阪 選挙 区

投開票まで、残り4日となった参議院選挙。 注目選挙区のうち、全国屈指の激戦区・大阪を取り上げる。 現在、自民党、公明党、共産党、日本維新の会が占めている4議席をめぐり、12人の候補が激突。 維新は現職と新人の2人を擁立し、自民、公明、共産は現職に1本化した。 立憲民主党、国民民主党は、それぞれ新人1人を立てた。 浪速の街で今、12人の候補者たちが舌戦を繰り広げている。 日本維新の会 東徹氏 日本維新の会の現職、東徹氏 52 は、維新旗揚げ時のメンバーで、6年前の参院選ではトップで当選した。 東徹氏: 東京一極集中を打破できるのは、大阪しかないですよ。 もっと皆さんたちに負担を求めずに、行政サービスを充実させていく。 日本維新の会 梅村みずほ氏 日本維新の会の新人候補、梅村みずほ氏 40 は、維新で2議席の獲得を目指し、公示のわずか17日前に立候補が決まった。 大学の学費無償化など、子育て・教育環境の充実を掲げている。 梅村みずほ氏: 子どもに日本を手渡す前に、お母ちゃんとしてできること、何があるやろと考えたときに、政治を思い浮かべました。 世の中で苦しみながら頑張っている子育て世代の女性、応援したいんです。 自民党 太田房江氏 自民党の現職、太田房江氏 68 は、大阪府知事を8年、参議院議員を6年務めた経験と実績を前面に出している。 国政の安定が、大阪の成長にとって重要だと訴える。 太田房江氏: 安倍政権が進めてきたこの道、これをさらに続けさせていただくこと。 これが一番重要なんだ。 公明党 杉久武氏 公明党の現職、杉久武氏 43 は、日米の公認会計士の資格を持ち、軽減税率の制度設計に携わったことなどをアピールする。 予算の無駄遣い削減を訴え、公明党が結党以来守り続けてきた大阪での議席の死守を目指す。 立憲民主党 亀石倫子氏 立憲民主党の新人、亀石倫子氏 45 は、タトゥー裁判などに携わってきた弁護士で、マイノリティーの自由を守ることを信条に、同性婚の実現や過労死ゼロを訴える。 亀石倫子氏: 誰にとっても自由に生きられるフェアな社会にしたいんです。 格差や差別をなくしましょう。 そして、次の世代に投資しましょう。 共産党 辰巳孝太郎氏 共産党現職の辰巳孝太郎氏 42 は、国会で森友問題の追及の先頭に立つなど、共産党の若きエース。 今回は減らない年金の実現や、消費税の増税ストップを訴えている。 辰巳孝太郎氏: 財源も対案も示して、減らない年金制度を提案しております。 減らない年金の議論を安倍首相に突きつけさせてください。 国民民主党 にしゃんた氏 国民民主党の新人、にしゃんた氏 49 は、スリランカ生まれで日本国籍を取得し、大学教授やタレントとして活躍している。 この選挙では、最低賃金の引き上げなど、格差の是正を掲げ、初当選を目指す。 にしゃんた氏: みんなが余裕を持って、共に笑える、それにはやはり働くことを軸とした安心社会の実現、必ず取り組んでいく 諸派も5人が立候補 このほか、大阪選挙区には、諸派・浜田健氏 53 、諸派・足立美生代氏 47 、諸派・尾崎全紀氏 48 、諸派・数森圭吾氏 39 、諸派・佐々木一郎氏 68 の5人が立候補している。 (「Live News days」7月17日放送より) 7月21日の投開票日の夜は、【Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP(よる7時56分~)】 MCの宮根誠司・加藤綾子が、古市憲寿・石原良純ら手加減なしの痛快ゲスト陣と共に令和の主役たちの素顔や、私たちに身近な新時代の大問題を徹底取材。 怒濤の開票速報を展開しながら、各党首や候補者に「今聞きたいこと」を本音生直撃する。 でも、開票や全国の候補の当落の最新情報をリアルタイムでお伝えする。

次の

参議院議員通常選挙

参院 選 大阪 選挙 区

確定得票• 氏名 得票数・得票率 略歴 政党 新旧 1,056,815 28. 83% 〈元〉府議 維新 新 817,943 22. 31% 〈元〉衆院議員 自民 新 697,219 19. 02% 公認会計士 公明 新 468,904 12. 79% 党府委員 共産 新 337,378 9. 20% 医師 民主 現 157,969 4. 31% ホテル会社員 みんな 新 56,573 1. 54% 〈元〉寝屋川市議 大地 新 20,928 0. 57% 政治団体代表 無所 新 20,155 0. 55% 政治団体代表 諸派 新 17,671 0. 48% 〈元〉三洋電機社員 無所 新 14,178 0. 39% 幸福の科学職員 諸派 新 開票速報一覧・記事の見方• は当選• 開票途中での当選者は朝日新聞社の判定による。 得票の少ない方の候補を当選とする場合がある。 政党の獲得議席数が先に決まるため、 がついた候補者と獲得議席数が同数でない場合がある。 集計途中では、比例区の政党名と候補の得票の合計が政党得票数と一致しないことがある。 選挙区の数値は得票数(上段)と得票率(下段)を表す。 選挙区での政党の略称は、民主(民主党)、自民(自民党)、公明(公明党)、みんな(みんなの党)、生活(生活の党)、共産(共産党)、社民(社民党)、みどり(みどりの風)、維新(日本維新の会)、改革(新党改革)、大地(新党大地)、国民(国民新党)、その他は諸派、無所は無所属。 候補者名をクリックすると別ウィンドウで候補者の詳細ページへ。 ブラウザーや端末によっては、正しく表示されないことがあります。

次の