パン と エスプレッソ と 嵐山 庭園。 パン屋の激戦区・京都に誕生!「パンとエスプレッソと 嵐山庭園」の限定メニューは絶品だった

新型コロナでパンの宅配を考える ~ ②パンとエスプレッソと嵐山庭園

パン と エスプレッソ と 嵐山 庭園

パンとエスプレッソと嵐山庭園について 「パンとエスプレッソと嵐山庭園」(ぱんとえすぷれっそとあらしやまえいえん)は 『パンとエスプレッソと』が2019年7月に新たに京都・嵐山にオープンした店舗・カフェ。 世界遺産『天龍寺庭園』からもすぐ近く。 ミーハーです。 この嵐山の店舗は枯山水庭園を挟んで「パンと」と「エスプレッソと」に分かれています。 茅葺屋根のカフェ「エスプレッソと」棟は、昭和58年に京都府指定文化財となった 『旧小林家住宅』の主屋だった建物をリノベーションしたもの。 元は園部町(現・南丹市)の農村にあったものを嵐山の現在地に移築したもので、小林家は元々当地の庄屋を務めていたそう。 江戸時代後期の1809年の建築で、こうした建築年代含め小林家所蔵の「小林九兵衛日記」など確かな史料が残されていることからも文化財としての価値が高いとされています。 また構造は嵯峨を含めこのエリアの当時の民家に多く見られる「摂丹型」と呼ばれるものだそう。 (摂津・丹波の略ってことなのかな) 店舗敷地の中心部に作庭された庭園そのものはとても新しい(今回のオープンに合わせて整備された)苔や樹木の緑が映える枯山水庭園。 施工会社もいちお調べてるのですが現段階では不明…。 ついでに言うとこの店舗の向かいにも白砂と石組のかっこいい枯山水庭園が見られます。 カフェは混み合ってたのでパンのみ購入。 京都ならではの九条葱のパンも。 外苑前の店舗とはまた雰囲気が違うし、個人的に容易に足を運べる場所ではないけど…また嵐山行った時には寄りたいなー! (2019年7月訪問。 以下の情報は訪問時の情報です。 最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。

次の

ついに京都初上陸!「パンとエスプレッソと嵐山庭園」が7/7(日)オープン

パン と エスプレッソ と 嵐山 庭園

どうも、1年を京都と大阪だけでほぼ過ごしている、るうらです。 最後にこの2府から出たのはいつのことやら…。 今回は、東京の表参道などに出店されているスタイリッシュカフェが京都・嵐山にやってきた!という情報を見つけてさっそく行ってきました。 築210年という歴史を感じるわらぶき屋根と日本庭園で超和風なお店 「パンとエスプレッソと」は表参道が1号店のおしゃれなカフェのようですが、嵐山のお店は、指定文化財で築210年という「旧小林家住宅」を改装してつくられたお店だそうで、超和風です。 上はカフェ入り口の写真です。 「パンとエスプレッソと」のHPを見ましたが、他の店舗と雰囲気が全然ちがいます。 また、嵐山のお土産物屋さんが並ぶ道から少し横に入ったところにあり、静かでゆったりとした雰囲気です。 中は広い敷地で、庭園があり、待っている間にカフェの縁側に座ってぼーっと眺められます。 カフェとベーカリーに分かれていて、奥左に見えているのはベーカリーの建物です。 こちらは店内からの様子です。 向かいに見えるのは「湯豆腐嵯峨野」です。 こうやってみると風流ですね。 新しい畳の香りでとっても癒やされます。 非日常とはこういうことなのか…?なんかもう観光に来た感じになってきました。 しかし、私が気になったところ 雰囲気がありとても素敵なのですが、入り口から席まで砂利が敷いてあったり結構な段差があります。 建物が指定文化財だから手が加えられないのかもですね。。 そして、カフェは全席、靴を脱いで部屋に上がります。 土間で靴を脱ぎ、そこと部屋は結構な段差なのに靴を持って下駄箱に入れてくださいと言われます。 これ、お年寄りにはハードだと思いました。 もう一点、建物も庭も暖簾も展開されてる雑貨も全部こだわっていていい感じなのに、BGMだけがなんだか合っていない感じがして気になりました。 ジャズとかどうでしょう。 抹茶スイーツファンへ「抹茶のフレンチトースト」は14時から!!! 私が食べたかったのはコレ!! 京都にひっこしてきてから抹茶スイーツ愛が加速しています。 この写真のこの感じは絶対おいしいやつ! しかし、私が行った時間はランチタイムということで残念ながら食べれませんでした… 席について初めて発覚。 外にもメニュー置いておいてほしかった。。 とうわけで、抹茶スイーツファンの皆様、 「抹茶のフレンチトースト」は14時からなので注意です! ランチメニューは「松・竹・梅」から。 ボリューミーで予想どおりおいしい! 私が注文したのは「梅ランチセット」のサバサンドです。 少食の民には大きく、おなかいっぱいになりました。 おいしかった!男の人でも満足できるボリュームです。 ドトールのミラノサンドよりだいぶ大きい! やはり観光地価格です。 仕方なし! 他にも「松セット」と「竹セット」があり、下は夫が注文した「竹セット」。 でも、この量、少食の民たち食べ切れる…? 夫は全部食べていましたが、、、 後から気づいたのですが、紙袋をもらってる方がちらほらいて、なんだろうと考えていたのですが、もしや食べきれなかったパンを持ち帰れるのかなーと思いました。 持ち帰りできれば後の楽しみにもなるしいいですよね。 名前がかわいい。。 1辺8cmほどの小ぶりの食パンです。 家に帰ってから少しちぎって食べてみたのですが、ほんとふわっふわ!何もつけなくてもほんのり甘くてそのままでおいしいです。 モーニングメニューではこのムーが厚切りトーストになってる写真があったので、あしたの朝はそれをやってみようと思います。 他にも万願寺や九条ネギを使った京都っぽいパンが並んでいて、中でも「ほうじ茶メロンパン」が気になりました。 次買う予定です。 カフェの混雑状況は? 2019年7月7日オープンでまだ日が浅く、少しわかりにくい場所にもあるので、まだ混んでないだろうと平日の11時ごろ行ったのですが、、、すでに混んでました。 さすが有名店。 紙に名前を書いて待ちます。 待っている間にベーカリーに行き、縁側に座って庭園も眺められるので少しはのんびり気持ちのいい時間がすごせますが、30分は待ったと思います。 そして席についてからもしばらく待ちます。 海外からの観光の方は、まだ全く見かけませんでした。 しかし、これからこのお店がどんどん知られていくとさらに混雑しそうですね。 嵐山にあるお店は開店がだいたい10時の店が多く、朝それまでの時間は人通りが少ないので、8時からのモーニングだと空いていそうかなと思っています。 しかし、抹茶フレンチトーストが食べられるのは14時から。。 絶対混みそうな時間なので悩みどころです。 行くなら時間と気持ちに余裕のあるときですね。 混んでるところ超苦手… 今後はお手軽にベーカリーを利用することが増えそうです。 ムー! 気持ちに余裕のないときは渡月橋の反対側まで歩いて、緑に囲まれたヤドカフェで癒やされよう! パンとエスプレッソと嵐山庭園へのアクセス 嵐電嵐山駅から徒歩5分。 渡月橋からも近く、天龍寺の南側です。 お土産物屋さんの通りから、どの道を入るのかわかりにくいですが、天龍寺の駐車場への道から左に曲がればたどり着けます。 ーーーーーーーーーー 営業時間 8:00-18:00 モーニング8:00-11:00 ランチ11:00-14:00 ティータイム14:00-18:00 定休日:なし 住所 : 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45-15 電話:カフェ075-366-6850・ベーカリー075-432-7940 ruura.

次の

2019年7月7日オープン パンとエスプレッソと嵐山庭園

パン と エスプレッソ と 嵐山 庭園

パンとエスプレッソと嵐山庭園について 「パンとエスプレッソと嵐山庭園」(ぱんとえすぷれっそとあらしやまえいえん)は 『パンとエスプレッソと』が2019年7月に新たに京都・嵐山にオープンした店舗・カフェ。 世界遺産『天龍寺庭園』からもすぐ近く。 ミーハーです。 この嵐山の店舗は枯山水庭園を挟んで「パンと」と「エスプレッソと」に分かれています。 茅葺屋根のカフェ「エスプレッソと」棟は、昭和58年に京都府指定文化財となった 『旧小林家住宅』の主屋だった建物をリノベーションしたもの。 元は園部町(現・南丹市)の農村にあったものを嵐山の現在地に移築したもので、小林家は元々当地の庄屋を務めていたそう。 江戸時代後期の1809年の建築で、こうした建築年代含め小林家所蔵の「小林九兵衛日記」など確かな史料が残されていることからも文化財としての価値が高いとされています。 また構造は嵯峨を含めこのエリアの当時の民家に多く見られる「摂丹型」と呼ばれるものだそう。 (摂津・丹波の略ってことなのかな) 店舗敷地の中心部に作庭された庭園そのものはとても新しい(今回のオープンに合わせて整備された)苔や樹木の緑が映える枯山水庭園。 施工会社もいちお調べてるのですが現段階では不明…。 ついでに言うとこの店舗の向かいにも白砂と石組のかっこいい枯山水庭園が見られます。 カフェは混み合ってたのでパンのみ購入。 京都ならではの九条葱のパンも。 外苑前の店舗とはまた雰囲気が違うし、個人的に容易に足を運べる場所ではないけど…また嵐山行った時には寄りたいなー! (2019年7月訪問。 以下の情報は訪問時の情報です。 最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。

次の