肩こり 解消 ツボ。 肩に触れないのに絶大な威力が!肩こり解消「頭蓋骨マッサージ」4ステップ

肩こり解消|10秒で簡単に使える肩コリ解消グッズ、肩こりの原因を解消するストレッチ、マッサージ、ツボなど

肩こり 解消 ツボ

1.目に効く首のツボ 1.風池(ふうち) 風池は髪の生え際の頭と首のつけ根部分のくぼみにあります。 肩が凝るとゴリゴリとして押すと気持ちのいいところです。 風池は、眼精疲労だけでなく、頭痛、肩こり、不眠、二日酔い、めまい等、身体の幅広くに効く万能なツボです。 だいたい目が疲れている時は、肩こりや頭が重かったりするものです。 風池のツボを押せば、目に効くだけでなく、こういった他の不調にも効くのでとてもおすすです! ただ、脳圧が上がる可能性があるため、 高血圧の方には注意が必要です。 高血圧の方は風池は刺激しない方がベターです。 2.天柱(てんちゅう) 首の後ろの真ん中に大きくくぼんだところがあると思いますが、ここが「ぼんのくぼ」という場所でその横に大きな筋肉があります。 その外側にあるツボが天柱です。 生え際あたりを狙って刺激してください。 天柱も、目に効くだけでなく、肩こりと頭痛にも効果のあるツボです。 いいですね!なので、身体がだるいと感じる時や、眠気のあるときに押すのもおすすめです。 風池・天柱ともに、目に効くだけでなく、肩こり・頭痛に効果があることがわかりました。 デスクワークや勉強で目や肩が疲れたとき、是非首にあるこの二つのツボを押してくださいね。 *首のツボ押しのコツ* 頭の上の方へ向かって、 ぐぐっと押し上げるように押してください。 顔等と違って、皮膚が薄い箇所ではないので、強めにツボ周辺も含めて強めに押しても大丈夫です。 ツボは左右二箇所ありますので、両手の親指を使って上に上に押してください。 その時、残りの四本の指で頭を包むようにして、頭の重さを支えるようにすると、力が入りやすくおしやすいですよ。 ポイントは「上へ!上へ!」と覚えておいてくださいね。 呼吸を整えて、目をつぶって、ゆっくりと深呼吸しながらツボを押すとより効果的です。 慌ててツボを押すより、リラックスしてゆーっくりと上に向かってじんわりと押してくださいね。 2.肩にある目に効くツボ 肩にも目に効くツボはあります。 首のツボを刺激したらついでに肩のツボも押しておきましょう! 肩井(けんせい) 肩井は、首と肩先のちょうど真ん中にあるツボです。 肩の筋肉の中心ですね。 反対の手で肩を掴むように置いた時に、真ん中の中指が当たる位置のツボです。 おそらく肩がこったなぁと思った時につい手で揉んでしまう場所だと思います。 押すと痛気持ちいい感じがするところがツボです。 押し方は、身体の中心にむかって、ゆっくりと強く刺激します。 5分位時間をかけて押すと効果的です。 肩も皮膚の薄い箇所ではありませんので、強めに押しても大丈夫です。 目の疲れ以外にも肩井は色々な効能のあるツボです。 肩こり解消、頭痛、?? 背中のこり等にも効きますよ。 3.首ポキポキは危険! ここまで、目に効く首の ツボについて書いてきましたが、首や肩が凝っている時って、ゆっくりとツボを押すより先にあれをやっちゃいませんか?!あれとは、首をポキポキ鳴らすことです。 おそらく、たいていの人はやった経験があると思います。 ぽきっぽきっと軽快に音を鳴らすと何だか疲れも取れてスッキリするような気がしてしまいますよね。 でも、 首ポキポキはとっても危険なんです!あのポキッという音の正体が何か知っていますか?知るととても怖いんです… そもそも、首の骨と骨の間は、潤滑油代わりの液体で満たされているんです。 何と、その力は1平方cmあたり1トンもの力なんです!ものすごい力が加わっていることがわかりますよね。 これを長く続けると首がどうなるか。。。 想像するだけで怖いですよね。 何となく習慣でやってしまいがちな癖ですが、気をつけた方がいいようです。 もし首をポキポキ鳴らすのが習慣になっている方は今すぐやめてください!代わりに首のツボを押してください。 なぜ鎖骨か?全身を流れているリンパの中で、 一番大切だと言われているのが「鎖骨リンパ節」だからです。 鎖骨リンパ節は全身を流れてきた老廃物をたくさん含んだリンパが最後に流れ着いてくるところです。 ここで静脈と合流して心臓に戻ります。 なので、 鎖骨のリンパが一番重要!ここの流れを良くしておくと、全身のリンパの流れがよくなります。 首のツボ押しと一緒にリンパも流しておきましょう。 やり方は簡単です。 まず座っても立ったままでもいいので、リラックスしてください。 そして、鎖骨のくぼみに手のひらもしくは指を当て、体の外側(肩)から内側(首)の方へ向かって、たまったリンパを手や指で押し流すようなイメージで優しくさすってください。 円を描くようにクルクルと手を動かしてもOKです。 リンパは強い力を加えなくても流れますので気持ち良い力加減でさすってくださいね。 人差し指と中指で鎖骨を挟んで、ぐぐっとさすってあげるのも効果的です。 是非、この鎖骨リンパマッサージを首のツボ押しとセットでやってもらいたいです。

次の

簡単に自分でつぼ押しできる!頭痛をともなう肩こり改善のツボ4選

肩こり 解消 ツボ

肩こりにはさまざまな原因がありますが、現代人が避けて通れないのが、ストレスからくる肩こり。 「仕事が忙しい時は肩や腰の痛みが増す……」という人は多いはず。 ストレスからくる肩こりは、ストレスを避けるのが一番。 しかし、口で言うほど簡単にストレスは取り除けるものではありません。 どうすればストレスからくる肩コリを解消できるのか? いま多数のメディアで取り上げられ大人気の六本木・寺林治療院院長の寺林陽介さんに、肩こりの原因と一緒にお聞きしてきました。 記事の後半では、肩こりに有効なマッサージとして、寺林さんの著書『ストレスとりたきゃ頭蓋骨をもみなさい』(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長の内野勝行・監修、アスコム)から、頭蓋骨マッサージのやり方もご紹介します。 (1)姿勢の悪さからからくるもの 人間の頭はおよそ5~6キロあるといわれています。 これはボウリングの球に相当する重さ。 寺林さん曰く、「まっすぐ前を向いている時はよいのですが、下を向くなどして頭が前に出てねこ背になると、頭を支える首の筋肉に2~3倍の負担がかかります。 その主な筋肉は僧帽筋といい、その範囲は首の後から背中(肩甲骨)まであります。 (2)筋力不足からくるもの 筋力不足 普段はあまり感じられないですが、人間の腕はおよそ1本4~5キロあり、肩には相当の負荷がかかっています。 「1本4~5キロある腕を肩で吊っているわけですから、肩には負担がかかります。 とくに、なで肩の女性などは筋力不足で腕に引っ張られて肩が下がってくるので、腕を支える負担も大きく、肩こりが出やすいです。 筋力不足からくる肩こりの典型と言えるでしょう」 (3)噛み合わせからくるもの また、歯並びや噛み合わせのアンバランスも肩こりに影響します。 そのため、歯の治療などで、片側でばかり噛んでいたりすると、首の横側の胸鎖乳突筋の使い方に偏りが出るため、首肩のこりにつながるのだとか。 (4)冷えからくるもの ストレスも肩こり原因 これ以外にも、首や肩、腰などの痛みでは精神的なストレスから来ているものが少なくありません。 「人間は何かしらストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れます。 例えば、上司に小言を言われた。 満員電車のオジサンの息や、女性の香水が臭いといったことから、気温の変化に至るまで。 ストレスを感じると交感神経が優位になり、血管が収縮して血行が悪くなり、肩こりなどの体のコリを引き起こすのです」 とくに首や肩、腰のあたりは血液の流れが滞りやすく、細胞に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなったり、乳酸などの老廃物がうまく排出されず、溜まっていくため、筋肉がどんどん疲労し、硬くなり、コリや痛みを生じるようになります。 「さらに硬くなった筋肉や、栄養不足によって炎症を起こした細胞が、首や肩、腰などの神経を刺激し、痛みやしびれが起こることもあります」 このように、ストレスは意外なところにまで影響を及ぼしているのです。 後頭部が痛むようなら、首、肩のこり、といったところです。 長時間デスクワークの人、運動不足の人は適度に休憩をとって、筋肉をほぐすことで頭痛の予防になります」 精神的なストレスが肩こりの原因になるように、ストレスもまた緊張性頭痛を引き起こすのだとか。 「ストレスを感じている状態が長期間続くと、交感神経の作用により、やはり筋肉が緊張し血行が悪くなるためです。 さらにストレスが続くと、脳内の痛みを調整する機能が低下し、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになる、ともいわれています」 そのため、肩こりが慢性化しないよう、日々ストレスや体の緊張を取り去っていくことが大切なのです。 ただ、運動をしたり、正しい姿勢を取るようにしたりすることでは、なかなか解消できないという人も多いはず。 そこで寺林さんが考案したのが、「頭蓋骨マッサージ」。 現代人が酷使している頭皮のコリを揉みほぐすマッサージ法です。 「姿勢の悪さや、運動不足、冷えなどからきている肩こりであれば姿勢を正したり、運動をしたりすればいいですが、それも大変なのではないでしょうか。 直接、肩を揉むのも自分でほぐす場合は、片方ずつやらないとならないので、手間と時間がかかります。 その点、この頭蓋骨マッサージは左右同時にできますし、道具も時間もかかりません。 ストレスや不眠、自律神経の乱れから、眼精疲労、鼻水、鼻づまり、歯の問題や食い縛りからくる肩こりなどに対応できます」 この頭蓋骨マッサージが効果的な理由は、頭の疲れを取る点にあります。 「私の治療院に来る患者さんで、頭がまったくこっていない人は、100人に1人いるかいないかです。 肩を揉んで肩の筋肉のコリが和らいでも、頭がこったままだと、何かすっきりしない。 それは頭の疲れがとれていないからです。 逆に頭の疲れを取ることができれば、それを脳が感じとり、スッキリした感じになります。 ストレスからのダメージがリセットされるのです。 (1)耳の上のマッサージ 側頭部を温めてリラックス 目を閉じて両方の手のひらを側頭部の耳の上あたりにあてます。 そのまま、じわっと手の温もりを感じながら、ゆっくり30数え、最後に大きく深呼吸して、手を離します。 「手が冷たい」「なかなか温まらない」と感じた方は、手を10~20回すばやくこすり合わせ、手を温めてから行いましょう。 (1)マッサージの時間は、1回あたり 3分程度を目安にしましょう。 (2)少し強めの力でマッサージすると、より効果的です。 頭皮をただもむのではなく、頭蓋骨をもむつもりで、手をしっかり押しあててから、マッサージを始めてください。 (3)側頭部を温める際、「手が冷たい」「なかなか温まらない」と感じた方は、手を10~20回すばやくこすり合わせ、手を温めてから行いましよう。 (4)無理のないペースで深呼吸(腹式呼吸)をしながらマッサージすると、リラックスできるうえ、血液やリンパの流れもよくなります。 疲れている自覚がある人にはこの頭蓋骨マッサージが、初めは「痛い」と感じるかもしれませんが、一通り最後までやってみてください。 もちろん効果には個人差がありますが、少し強めにマッサージするくらいがちょうどよく、頭のコリがほぐれて体も気分もリフレッシュします。 肩や腕を力ませないように、肩を落とし、背筋を伸ばして行ないましょう。

次の

脱・ガチガチ首&肩!肩こりに効く4つのツボ!

肩こり 解消 ツボ

そもそも、なぜ手のツボ押しは効果があるの? 東洋医学では、経路という気が流れる道という考え方があり、この経路は顔や手、足、内臓など全身に繋がっています。 そのため、目的に合った悩みを改善できる手のツボを押すことで、便秘が改善されたり、目の疲れが取れたり、冷えを改善したりなど様々な効果を得ることができるのです。 手のツボ押しが役立つ理由とは? 体には約300種類ものツボがありまが、どこでも手軽にツボ押しができるのが、手です。 手のツボを知っておくだけで、通勤中や仕事中、家事の合間に悩みを解決するためのツボ押しを手軽に習慣化することができます。 また、急に調子が悪くなった時などに、すぐに症状を緩和・解消してくれる強い味方にもなってくれます。 手の4つのツボで便秘解消を目指す! ここでは、女性の悩みの中でも多い便秘解消に役立つ手のツボを4つご紹介します。 手のツボは左右対称になるので、交互に指圧することでより高い効果を得られますよ。 ツボ押しの回数は5回が目安で、痛気持ちいいと感じる強さがベストです。 この手のツボはとても万能で、便秘だけでなく頭痛や目の疲れ、肩こり、精神バランスを整える効果があるので、ツボ押しを習慣化することで、様々な不調を予防・改善することができます。 この手のツボは便秘の名穴とも呼ばれるほど、どんな原因で起こる便秘にも効果があります。 便秘解消はもちろんのこと、心臓の働きを活性化することができるので、ストレスを抑制する作用も得られます。 筋がある場所なので、痛みを感じるかもしれませんが、親指を使い少し強めに指圧するとより効果的です。 トイレに座っているタイミングで、この手のツボを押すとスムーズな排便ができます。 パソコンによる肩こりもスッキリ解消できる手のツボ 最近では、1日の殆どをパソコン作業で費やしているという人が多くいます。 同じ姿勢でいると体のめぐりが悪くなり、辛い肩こりを感じるようになります。 ここでは、仕事の合間に手軽にできる肩こり解消におすすめの手のツボをご紹介します。 こまめにツボ押しを行うことで、重い肩をスッキリとさせることができますよ。 ツボ押しの回数は5回が目安で、痛気持ちいいと感じる強さがベストです。 肩コリだけでなく、硬くなりがちな首筋を柔らかくすることができます。 上記の第一頸項点と同時に刺激することで、重い肩コリの症状を解消することができます。 肩コリだけでなく、首筋と後頭部の痛みを解消する効果があります。 体がぐったりするほどの慢性疲労に効く手のツボ! 眠ってもなかなか疲れが取れない日が続くと、やる気も出ず体力も低下しがちに。 でも手のツボ押しをこまめに行うことで、体と心に溜まった疲れをスムーズに排出できるめぐりのよい体を叶えることができます。 ここでは、押すだけなのに驚くほどスッキリ軽い体になれる手のツボをご紹介します。 だるい体の疲れを取り去る効果のほか、胃腸を整える作用や冷えを解消する効果などがあります。 心が疲れてやる気がでない時、ストレスでイライラしている時に押すと、穏やかな気持ちになれます。 さて、今回の 手のツボを押して、便秘、肩こり、慢性疲労が改善できる方法はいかがでしたか? 現代女性に多い悩みと言えば、便秘、肩こり、慢性疲労ですよね。 これらを解消するためには、高額なサプリメントを購入したり、整体院に通ったりする必要はなく、悩みを解消するための手のツボの場所さえしり定期的に押す習慣をつけていれば、解決することができるのです。 手のツボ押しは、人の目を気にせずに出来るため、ほんの少し時間が空いた時に簡単に行える方法です。 ぜひ、便秘、肩こり、慢性疲労を解決するための手のツボ押しを習慣化して、スッキリ軽やかな元気な体をキープしてください。

次の