チャイルドシート おすすめ。 チャイルドシートのおすすめランキングBEST5を発表!最新の人気モデルから激安モデルまで

チャイルドシートのレンタルまとめ|1日短期~長期利用の価格相場とおすすめ8選

チャイルドシート おすすめ

乗車中の子供の安全を守る、チャイルドシート。 小さな子どもは、大人用のシートベルトや抱っこでは安全を確保できないため、 6歳未満の子供を対象に 法律で 装着が義務付けられていることはご存知だと思います。 しかし、6歳になったら不要かというと、そういうわけではありません。 法律上の義務はなくなっても、体が大きくなって大人用のシートベルトが使えるようになるまでは、チャイルドシートを使用したほうが安全。 上手に活用すれば、スライドドアの事故や、駐車した途端に子供が勝手に車外に飛び出すといった危険回避もできますよ。 一般にはチャイルドシートとひとくくりで呼ばれますが、細かく見ていくと、新生児から1歳頃まで使える乳児用「ベビーシート」、1~4歳頃までの幼児用「チャイルドシート」、4~10歳頃まで使える学童用「ジュニアシート」の3種類があり、これらの兼用タイプもあります。 日本では、0〜4歳までの乳児・幼児兼用タイプのチャイルドシートが最も種類が豊富で、利用者も多いです。 4歳からはジュニアシートへ移行して6歳になれば法律的には卒業ですが、安全志向の高いパパママは、それ以降も使用を続けています。 モデルによっては12歳頃まで使用出来る大型のジュニアシートもあり、それらなら車のシートベルトが直接使用できる身長135~140センチ程度まで、安心して使い続けられます。 法律的な部分をカバーできれば十分と考えるユーザーをターゲットに、0~7歳頃までを1台でまかなえるチャイルドシートも人気です。 けれど、出来れば義務免除後の過ごし方も視野に入れて検討したいものですね。 まずは、乳児期、幼児期、学童期を細かく使い分けをしていくか、兼用タイプで合理的に使用していくか、どちらが魅力に感じるかイメージしてみましょう。 初めて用意する方は、新生児から使用できる製品の中で選んでいきます。 1歳頃までのベビーシートか、4歳までの乳児・幼児兼用シートか、あるいは、7歳頃まで、つまりジュニアも兼用できるロングユースのものにするか。 0~7歳までを1台でまかなえる兼用シートは、何度も買い換えなくて良いので経済的です。 ただし、それぞれの年齢、体格に合ったものを選ぶ方が、安全性も高まり、使い勝手も良い、という話もあります。 ご家庭の状況でセレクトしましょう。 日本では、0〜4歳までの乳児・幼児兼用シートが人気です。 その後、年齢でおよそ4歳、身長100センチ程度になれば、ジュニアシートに買い換えます。 トラベルシステムが魅力で、あるいはキャリーやベビーラックにもなる利便性が魅力でベビーシートを購入した方は、1~1歳半頃には1~4歳に使用可能な幼児用チャイルドシート、または幼児・学童兼用のロングユースタイプを検討しましょう。 実際には幼児用シートは国産品には少なく、輸入品の方が魅力的な製品があります。 0~4歳用の兼用チャイルドシートをこのタイミングで買うことも悪くありません。 商品が豊富で価格も安いものが選べるケースが少なくないからです。 4歳近くになったら、体重15キロ、身長で100センチを目安にジュニアシートに移行できます。 座面だけの簡易なものは安価です。 ただし、側面衝突に対応できませんし、姿勢が崩れやすく安全性は劣ります。 将来的には安全基準の更新に伴って、背もたれ付きのジュニアシートが本流となります。 背もたれ付きのジュニアシートには、日本での使用義務が解かれる6歳頃までを対象にしたコンパクトなタイプもありますし、12歳頃まで使用可能なフルサイズのジュニアシートもあります。 海外では10~12歳頃まで使用義務が制定されている国も多く、輸入品にはフルサイズの大型ジュニアシートが目立ちます。 長期間、安心を確保したい場合には、サイズに余裕があり、身長140センチくらいまでサポートできるものを選びましょう。 チャイルドシートの取り付け方法も確認しておきましょう。 取り付け方法は、主に、車のシートベルトを使って固定する方式と、自動車にISOFIX固定金具が備えられている場合には、その金具に連結させて固定するISOFIX方式の2種類があります。 安全に確実に取り付けたいなら、ISOFIX方式がおすすめ。 ISOFIXバーにカチっとはめるだけなので着脱も簡単で、勝手に外れたり緩んだりする心配もありません。 ISOFIXバーは、2012年7月以降に生産された乗用車には、すべて着用が義務付けられています。 それ以外の車種では対応していないこともあるので、あらかじめ自宅の車を確認しておきましょう。 どんな車種にも取り付けられるものが欲しいなら、シートベルト固定方式を選びましょう。 手順に従って、ミスのないように取り付ければ、きちんと安全性を確保することができます。 中には、ISOFIXとシートベルト固定の両方に対応している商品もあります。 チャイルドシートの安全性は、「Eマーク」がついているかどうかで確認することができます。 Eマークは、ヨーロッパの厳しい安全基準をクリアした製品についているマークです。 現行基準は「ECE R44」ですが、さらに安全性向上を図るための新基準「ECE R129」も登場しています。 欧州の基準を日本が取り入れる 以前の安全基準を満たした商品には、「自マーク」がついています。 こちらも安全基準を満たしてはいますが、Eマークに比べると基準は緩め。 また、経年劣化の心配もあるので、できれば、 Eマークの付いた新しめの商品を選ぶのがおすすめです。 なお、国土交通省では、チャイルドシートの安全基準の試験を毎年行っています。 その結果をまとめた「」はネット上で公開されていますので、より安全なチャイルドシートを選びたい方は、合わせて参考にしてくださいね。 乗り降りをできるだけラクにしたいなら、扉方向に向きを変えられる、回転式のチャイルドシートをチェックしてみましょう。 回転タイプは、新生児から使える乳児・幼児兼用チャイルドシートに多く採用されています。 小さなお子さんを抱っこで乗せ降ろしをする時、 向きを変えられる回転タイプなら、狭い車内に身を乗り入れずに ハーネス ベルト の装着ができるので便利。 ただし、360度回転式のチャイルドシートは重量がありサイズも大きめ。 車種によっては、乗せられなかったり、かえって窮屈になることもあるので注意しましょう。 また、価格も一般的なものよりも高めです。 回転式チャイルドシートは、以下の記事でもご紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。 くるりと回転するのが特徴のクルリラ ライトですが、 姿勢の楽さも魅力です。 内角にゆとりがあるので足が上がりすぎず、自然な姿勢で赤ちゃんの首やお腹への負担を軽減。 ゆったりワイドな座面や足を乗せられるフットステップのおかげで、体が大きくなってからも快適な乗り心地です。 ISOFIXとシートベルト固定の両方に対応しているので、多くの車種に対応できるのもメリット。 シートが手洗いできるのも嬉しいポイントです。 対象年齢 新生児〜4歳頃 適応体重 2. 横向きにシートを設置して平らなベッド状にすることができるので、 赤ちゃんが体を伸ばして理想的な姿勢になるのがポイント。 新生児〜1歳くらいまでは、このかたちで使うのがおすすめです。 その後は成長に合わせて後向きシート・前向きシートに切り替えることができ、4歳頃まで長く使えます。 正面のレバーひとつで回転させることもできるので、乗せ下ろしもしやすいですよ。 対象年齢 新生児〜4歳頃 適応体重 2. スタンダードモデルと大きく異なるのは、 インナークッションのカバーがすべて高品質なタオル素材になったこと。 そして、 幌がより大型になったことです。 価格もスタンダードモデルより高くなりますが、長時間乗る予定がある場合や、より高い快適性を求める方は、こちらを検討しても良いですね。 そんな方におすすめなのがこの商品です。 チャイルドシートブランドであるチャイルドガードの製品のAmazon限定モデル。 価格はお手頃ですが、 安全基準もしっかりした日本製なので、安全を重視する方でも納得できるでしょう。 本体重量は 4. 3kgと超軽量なので、持ち運びもラクラク。 帰省した時のために実家に置いておいたり、セカンドカー・サードカー用としてもぴったりですよ。 片手で簡単に回転させられるため、赤ちゃんを抱っこしていても乗せ下ろしが楽。 コンパクト設計なので小さい車に使いたい場合にもおすすめです。 シートはメッシュ地で、エアホールがついているため、汗っかきな赤ちゃんでも気持ちよく過ごせるはず。 汗をかいてもシートを洗うことができるので、清潔に使えますよ。 テスト施設でシミュレーションを繰り返し、安全基準にも適合しているので、安全性が気になる方も納得できるでしょう。 星柄の「ネイビースター」の他、キュートな「アメカジピンク」・おしゃれな「トリコロール」など、たくさんの種類が用意されています。 もちろん見た目だけでなく、ヨーロッパチャイルドシート規格ECE-R44 に適合しており、 安全性にもしっかり配慮。 本体が3. 8kgと超軽量のため、ママ一人でも持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。 ドリンクホルダーが付いているなど、細部の使い勝手も良好。 これで1万円を切っているのは驚きで、 かなりコスパの良い商品と言えるでしょう。 対象年齢 1~11歳 適応体重 9kg~36kg 取り付け方法 シートベルト固定 安全基準 ECE R44適合 回転機能 - リクライニング - 丸洗い - 安全性能の高さにこだわり、Joie独自のサイドインパクトシールドがついているのが特徴。 万一の場合の 横からの衝撃にもしっかり備えられるので、安心感がありますね。 ファーストモードからセカンドモード・シートモードと、3つのモードに切り替えることで、 1〜12歳頃まで長く使えるのも大きなメリット。 ベビーシートを卒業した後も、これ一つで買い替えをしないで済むのも嬉しいポイントです。 シートの丸洗い可能・ドリンクホルダー付きなど、嬉しい工夫もたくさん。 本体4. 6kgの 軽量タイプなので、乗せ換えの機会が多いご家庭にもおすすめです。 jp限定モデル ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-650 ディアターン プラス クルリラ ライト チャイルドシート 回転式 ウィゴー エッグショック LG tilt(チルト) カイナS ロングフィット3 ホワイトレーベル クルムーヴ スマート 特徴 高い安全性能が魅力のロングユースチャイルドシート コスパ良好!かわいいデザインと機能性を両立 乗せやすさ・快適性・お手入れのしやすさをすべてクリア! 帰省用やセカンドカーにも最適な、シンプル&軽量モデル エッグショック搭載シリーズのハイグレードモデル 平らなベッド型になるから、生まれたての赤ちゃんも快適 新生児から4歳頃まで、楽な姿勢でずっと乗れる 2つの取り付け方法に対応!0〜12歳まで使えるシート サイドプロテクションで、横からの衝撃にしっかり備える 安価なのに高い安心感。 軽量だから乗せ換えもラクラク! 0〜7歳まで長く使える!ダブルの優評価を獲得した商品 アセスメントで「優」評価を獲得。 安全性の高いモデル 新生児に配慮した、ベッドのように心地良いチャイルドシート 最安値 対象年齢 1歳~12歳頃 1~11歳 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜12歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 0歳〜7歳 1歳~11歳 新生児〜4歳頃 適応体重 9kg~36kg 9kg~36kg 〜18kg 〜18kg 〜18kg 2. 5〜18kg 2.

次の

チャイルドシートのおすすめは? なぜ必要なのかもおさらいしておこう|ウーマンエキサイト

チャイルドシート おすすめ

乗車中の子供の安全を守る、チャイルドシート。 小さな子どもは、大人用のシートベルトや抱っこでは安全を確保できないため、 6歳未満の子供を対象に 法律で 装着が義務付けられていることはご存知だと思います。 しかし、6歳になったら不要かというと、そういうわけではありません。 法律上の義務はなくなっても、体が大きくなって大人用のシートベルトが使えるようになるまでは、チャイルドシートを使用したほうが安全。 上手に活用すれば、スライドドアの事故や、駐車した途端に子供が勝手に車外に飛び出すといった危険回避もできますよ。 一般にはチャイルドシートとひとくくりで呼ばれますが、細かく見ていくと、新生児から1歳頃まで使える乳児用「ベビーシート」、1~4歳頃までの幼児用「チャイルドシート」、4~10歳頃まで使える学童用「ジュニアシート」の3種類があり、これらの兼用タイプもあります。 日本では、0〜4歳までの乳児・幼児兼用タイプのチャイルドシートが最も種類が豊富で、利用者も多いです。 4歳からはジュニアシートへ移行して6歳になれば法律的には卒業ですが、安全志向の高いパパママは、それ以降も使用を続けています。 モデルによっては12歳頃まで使用出来る大型のジュニアシートもあり、それらなら車のシートベルトが直接使用できる身長135~140センチ程度まで、安心して使い続けられます。 法律的な部分をカバーできれば十分と考えるユーザーをターゲットに、0~7歳頃までを1台でまかなえるチャイルドシートも人気です。 けれど、出来れば義務免除後の過ごし方も視野に入れて検討したいものですね。 まずは、乳児期、幼児期、学童期を細かく使い分けをしていくか、兼用タイプで合理的に使用していくか、どちらが魅力に感じるかイメージしてみましょう。 初めて用意する方は、新生児から使用できる製品の中で選んでいきます。 1歳頃までのベビーシートか、4歳までの乳児・幼児兼用シートか、あるいは、7歳頃まで、つまりジュニアも兼用できるロングユースのものにするか。 0~7歳までを1台でまかなえる兼用シートは、何度も買い換えなくて良いので経済的です。 ただし、それぞれの年齢、体格に合ったものを選ぶ方が、安全性も高まり、使い勝手も良い、という話もあります。 ご家庭の状況でセレクトしましょう。 日本では、0〜4歳までの乳児・幼児兼用シートが人気です。 その後、年齢でおよそ4歳、身長100センチ程度になれば、ジュニアシートに買い換えます。 トラベルシステムが魅力で、あるいはキャリーやベビーラックにもなる利便性が魅力でベビーシートを購入した方は、1~1歳半頃には1~4歳に使用可能な幼児用チャイルドシート、または幼児・学童兼用のロングユースタイプを検討しましょう。 実際には幼児用シートは国産品には少なく、輸入品の方が魅力的な製品があります。 0~4歳用の兼用チャイルドシートをこのタイミングで買うことも悪くありません。 商品が豊富で価格も安いものが選べるケースが少なくないからです。 4歳近くになったら、体重15キロ、身長で100センチを目安にジュニアシートに移行できます。 座面だけの簡易なものは安価です。 ただし、側面衝突に対応できませんし、姿勢が崩れやすく安全性は劣ります。 将来的には安全基準の更新に伴って、背もたれ付きのジュニアシートが本流となります。 背もたれ付きのジュニアシートには、日本での使用義務が解かれる6歳頃までを対象にしたコンパクトなタイプもありますし、12歳頃まで使用可能なフルサイズのジュニアシートもあります。 海外では10~12歳頃まで使用義務が制定されている国も多く、輸入品にはフルサイズの大型ジュニアシートが目立ちます。 長期間、安心を確保したい場合には、サイズに余裕があり、身長140センチくらいまでサポートできるものを選びましょう。 チャイルドシートの取り付け方法も確認しておきましょう。 取り付け方法は、主に、車のシートベルトを使って固定する方式と、自動車にISOFIX固定金具が備えられている場合には、その金具に連結させて固定するISOFIX方式の2種類があります。 安全に確実に取り付けたいなら、ISOFIX方式がおすすめ。 ISOFIXバーにカチっとはめるだけなので着脱も簡単で、勝手に外れたり緩んだりする心配もありません。 ISOFIXバーは、2012年7月以降に生産された乗用車には、すべて着用が義務付けられています。 それ以外の車種では対応していないこともあるので、あらかじめ自宅の車を確認しておきましょう。 どんな車種にも取り付けられるものが欲しいなら、シートベルト固定方式を選びましょう。 手順に従って、ミスのないように取り付ければ、きちんと安全性を確保することができます。 中には、ISOFIXとシートベルト固定の両方に対応している商品もあります。 チャイルドシートの安全性は、「Eマーク」がついているかどうかで確認することができます。 Eマークは、ヨーロッパの厳しい安全基準をクリアした製品についているマークです。 現行基準は「ECE R44」ですが、さらに安全性向上を図るための新基準「ECE R129」も登場しています。 欧州の基準を日本が取り入れる 以前の安全基準を満たした商品には、「自マーク」がついています。 こちらも安全基準を満たしてはいますが、Eマークに比べると基準は緩め。 また、経年劣化の心配もあるので、できれば、 Eマークの付いた新しめの商品を選ぶのがおすすめです。 なお、国土交通省では、チャイルドシートの安全基準の試験を毎年行っています。 その結果をまとめた「」はネット上で公開されていますので、より安全なチャイルドシートを選びたい方は、合わせて参考にしてくださいね。 乗り降りをできるだけラクにしたいなら、扉方向に向きを変えられる、回転式のチャイルドシートをチェックしてみましょう。 回転タイプは、新生児から使える乳児・幼児兼用チャイルドシートに多く採用されています。 小さなお子さんを抱っこで乗せ降ろしをする時、 向きを変えられる回転タイプなら、狭い車内に身を乗り入れずに ハーネス ベルト の装着ができるので便利。 ただし、360度回転式のチャイルドシートは重量がありサイズも大きめ。 車種によっては、乗せられなかったり、かえって窮屈になることもあるので注意しましょう。 また、価格も一般的なものよりも高めです。 回転式チャイルドシートは、以下の記事でもご紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。 くるりと回転するのが特徴のクルリラ ライトですが、 姿勢の楽さも魅力です。 内角にゆとりがあるので足が上がりすぎず、自然な姿勢で赤ちゃんの首やお腹への負担を軽減。 ゆったりワイドな座面や足を乗せられるフットステップのおかげで、体が大きくなってからも快適な乗り心地です。 ISOFIXとシートベルト固定の両方に対応しているので、多くの車種に対応できるのもメリット。 シートが手洗いできるのも嬉しいポイントです。 対象年齢 新生児〜4歳頃 適応体重 2. 横向きにシートを設置して平らなベッド状にすることができるので、 赤ちゃんが体を伸ばして理想的な姿勢になるのがポイント。 新生児〜1歳くらいまでは、このかたちで使うのがおすすめです。 その後は成長に合わせて後向きシート・前向きシートに切り替えることができ、4歳頃まで長く使えます。 正面のレバーひとつで回転させることもできるので、乗せ下ろしもしやすいですよ。 対象年齢 新生児〜4歳頃 適応体重 2. スタンダードモデルと大きく異なるのは、 インナークッションのカバーがすべて高品質なタオル素材になったこと。 そして、 幌がより大型になったことです。 価格もスタンダードモデルより高くなりますが、長時間乗る予定がある場合や、より高い快適性を求める方は、こちらを検討しても良いですね。 そんな方におすすめなのがこの商品です。 チャイルドシートブランドであるチャイルドガードの製品のAmazon限定モデル。 価格はお手頃ですが、 安全基準もしっかりした日本製なので、安全を重視する方でも納得できるでしょう。 本体重量は 4. 3kgと超軽量なので、持ち運びもラクラク。 帰省した時のために実家に置いておいたり、セカンドカー・サードカー用としてもぴったりですよ。 片手で簡単に回転させられるため、赤ちゃんを抱っこしていても乗せ下ろしが楽。 コンパクト設計なので小さい車に使いたい場合にもおすすめです。 シートはメッシュ地で、エアホールがついているため、汗っかきな赤ちゃんでも気持ちよく過ごせるはず。 汗をかいてもシートを洗うことができるので、清潔に使えますよ。 テスト施設でシミュレーションを繰り返し、安全基準にも適合しているので、安全性が気になる方も納得できるでしょう。 星柄の「ネイビースター」の他、キュートな「アメカジピンク」・おしゃれな「トリコロール」など、たくさんの種類が用意されています。 もちろん見た目だけでなく、ヨーロッパチャイルドシート規格ECE-R44 に適合しており、 安全性にもしっかり配慮。 本体が3. 8kgと超軽量のため、ママ一人でも持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。 ドリンクホルダーが付いているなど、細部の使い勝手も良好。 これで1万円を切っているのは驚きで、 かなりコスパの良い商品と言えるでしょう。 対象年齢 1~11歳 適応体重 9kg~36kg 取り付け方法 シートベルト固定 安全基準 ECE R44適合 回転機能 - リクライニング - 丸洗い - 安全性能の高さにこだわり、Joie独自のサイドインパクトシールドがついているのが特徴。 万一の場合の 横からの衝撃にもしっかり備えられるので、安心感がありますね。 ファーストモードからセカンドモード・シートモードと、3つのモードに切り替えることで、 1〜12歳頃まで長く使えるのも大きなメリット。 ベビーシートを卒業した後も、これ一つで買い替えをしないで済むのも嬉しいポイントです。 シートの丸洗い可能・ドリンクホルダー付きなど、嬉しい工夫もたくさん。 本体4. 6kgの 軽量タイプなので、乗せ換えの機会が多いご家庭にもおすすめです。 jp限定モデル ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-650 ディアターン プラス クルリラ ライト チャイルドシート 回転式 ウィゴー エッグショック LG tilt(チルト) カイナS ロングフィット3 ホワイトレーベル クルムーヴ スマート 特徴 高い安全性能が魅力のロングユースチャイルドシート コスパ良好!かわいいデザインと機能性を両立 乗せやすさ・快適性・お手入れのしやすさをすべてクリア! 帰省用やセカンドカーにも最適な、シンプル&軽量モデル エッグショック搭載シリーズのハイグレードモデル 平らなベッド型になるから、生まれたての赤ちゃんも快適 新生児から4歳頃まで、楽な姿勢でずっと乗れる 2つの取り付け方法に対応!0〜12歳まで使えるシート サイドプロテクションで、横からの衝撃にしっかり備える 安価なのに高い安心感。 軽量だから乗せ換えもラクラク! 0〜7歳まで長く使える!ダブルの優評価を獲得した商品 アセスメントで「優」評価を獲得。 安全性の高いモデル 新生児に配慮した、ベッドのように心地良いチャイルドシート 最安値 対象年齢 1歳~12歳頃 1~11歳 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜12歳頃 新生児〜4歳頃 新生児〜4歳頃 0歳〜7歳 1歳~11歳 新生児〜4歳頃 適応体重 9kg~36kg 9kg~36kg 〜18kg 〜18kg 〜18kg 2. 5〜18kg 2.

次の

チャイルドシートのレンタルまとめ|1日短期~長期利用の価格相場とおすすめ8選

チャイルドシート おすすめ

子供を車に乗せる時に使用するチャイルドシートやジュニアシート。 実は、子供を座らせる面は柔らかく作られていますが、裏面は意外に固い作りなのです。 しかも、すべりやすい素材のものが多く、車の座席に置くと不安定な感じがして心配になりませんか? また、子供の食べこぼしや靴の汚れが、車の座席を汚さないかこちらも心配になりますよね。 しばらく使用したチャイルドシートを外してみたら、お菓子のカスや飲み物のシミが出てきてビックリなんてことがないために、おすすめしたいのが「チャイルドシートマット」です。 「チャイルドシートマット」は愛車のシートを傷や汚れから守るアイテム。 種類や素材にこだわりを持ったアイテムをピックアップしてご紹介します。 チャイルドシートマットとは 6歳未満の子供を車に乗せる時には、チャイルドシートやジュニアシートの使用が義務づけられています。 しかし、いざ座席に設置してみるとグラグラしたり、座席から滑ったりと不安定さを感じることも。 そのぐらつきを安定させてくれるのが、「チャイルドシートマット」です。 滑りにくい素材で作られています。 チャイルドシートが安定するよう、また、座席にチャイルドシートの重みで付いてしまう跡や、擦れて付いてしまうスリ傷も防ぎ、さらには食べこぼしなどの汚れから座席を守る効果もあります。 チャイルドシートマットの種類 チャイルドシートマットのタイプには、座席を広く覆うフルカバーのタイプ、背面部が半分ほど覆われるタイプ、座面のみのクッションタイプなど、タイプは様々。 何を重視したいかを考慮して選ぶと良いでしょう。 チャイルドシートマットの必要性とメリット チャイルドシートがグラグラしない チャイルドシートはご存知の通り、子供の乗車中の安全を守るもの。 しかし、そのチャイルドシート自体が不安定だと安心して子供を乗せることができません。 そこでチャイルドシートマットを使用すれば、チャイルドシートをより安定した状態で取り付けることができます。 急にチャイルドシートを外さなければならない場合でも、チャイルドシートマットを設置していれば座席がきれいなままでなので、あわてることなく対応できるのもメリットのひとつです。 座席の傷みを防止する 座席とチャイルドシートの間にチャイルドシートマットを設置することによって、チャイルドシートの重みや摩擦で座席が傷むことがなく、また、食べこぼしや飲みこぼしのシミからも座席を守るメリットがあります。 チャイルドシートマットの選び方 3つのポイント チャイルドシートマットは、子供を安全に乗車させることが第一の目的です。 そのためには、「すべりにくいこと」「丈夫なこと」「汚れを通さないこと」があげられます。 1.すべりにくいこと 子供を乗せたチャイルドシートがグラグラしていると、「本当にこれで大丈夫かしら?」と心配になりますよね。 滑り止め加工が施されているもの、滑りにくい素材が使用されているものを選ぶようにしましょう。 2.丈夫な素材であること チャイルドシートの裏側は意外と固く、座席を傷つけてしまいがちです。 また、子供が座席を靴でけったり、おもちゃや爪で引っかいたりなんてよくあることですよね。 そんな傷から座席を守るためには、丈夫な素材であることも必須条件。 この耐久性に関しては、「600Dポリエステル」という耐摩擦性にすぐれた素材を採用している場合が多く、かなり丈夫にできています。 3.汚れを通さないこと 運転中にお子さんがお菓子やジュースをこぼしてしまった時にも余裕のある運転ができるよう、座席を広くガードできるタイプがおすすめです。 素材も防水のものを選ぶと安心です。 チャイルドシートマットのおすすめ11種類 「チャイルドシートマット」とひと言で言っても、その種類は、座席を広く覆うフルカバーのタイプや背面部が半分ほど覆われるタイプ、座面のみのクッションタイプの3タイプに分かれます。 それぞれ使いやすさを追求したデザインや特徴を持っています。 広い範囲を守る!フルカバータイプ チャイルドシートマットで一番多いのが「フルカバータイプ」です。 背もたれから座席の前部までを広くカバーしてくれるタイプなので、万が一、飲み物やお菓子などをこぼしても安心です。 また、座席前部に小物を入れられるポケットが付いているものが多く、靴の泥よけにもなり便利に使えます。 日本育児 チャイルドシート用マット グリップイット 日本育児 参考価格:¥2,990 すべりにくい特殊素材を使っており、チャイルドシートをより強力に固定します。 座席は布製・革製どちらにも使用可能で、ジュニアシートにも利用できます。 ヘッドレストにストラップで固定するタイプなので脱着が簡単です。 本体サイズ:縦106. ヘッドレストにストラップで固定するタイプで、チャイルドシートマットの下部分に収納ポケットが付いています。 5cm 重量:640g 素材:600Dポリエステルとすべり止めフェイクレザーPU Safety Life(セーフティライフ)シートカバー・キックガード 2点組 Safety Life チャイルドシートマットと、前席を蹴り汚れなどから守るキックガードの2点セット。 長さ調節可能なひもをヘッドレストに取り付けるだけで簡単に使用できます。 素材:PVC、PP 重量:662g Active Winner チャイルドシートマット ACTIVEWINNER 参考価格:¥2,160 Active Winner独自考案のオリジナルデザイン「シートベルトを無理なく装着できる特殊形状」です。 強力な撥水加工が施されているのも、心強いポイント。 ヘッドレストに装着するタイプで、キックガードに収納ポケットが付いています。 6cm MATCC チャイルドシートマット MATCC チャイルドシートマットの表面には高級感のある人工皮革と、防水600Dポリエステルを使用。 キックガードには収納ポケットが付いており、靴の汚れから座席を守る機能と小物をまとめる機能があります。 水洗いもできます。 表面に耐久性の高い600Dオックスフォードと、すべり止めポリウレタンを使用しています。 ヘッドレストにひもで固定するタイプで、座席と背もたれの隙間に挿し込む固定具が付いているので、ずれにくくて使いやすいです。 素材:表面=600Dオックスフォードとすべり止めPU 裏面=すべり止め素材、泡メッシュ 重量:671g DIONOチャイルドシートマット グリップイット DiONO ディオノ 参考価格:¥2,300 すべりにくい特殊素材でチャイルドシートをしっかりホールドします。 大きなチャイルドシートにも適用します。 素材:PVC サイズ:縦106. ヘッドレストにワンタッチバックルベルトで取り付けるタイプなので、簡単に取り付けられます。 収納ポケット付きで、ペットボトルやスマートフォン、子供のおもちゃなどを入れることができます。 素材: 1680D 重量:558g Ohuhu チャイルドシートマット ohuhu 耐久性の高い600Dポリエステルとすべり止めフェイクレザーポリウレタンで作られています。 表地は吸水性があり肌触りの良いフリース素材を使用しています。 素材:600Dポリエステル、すべり止めフェイクレザーPU 重量:644g 背面コンパクトタイプ 背もたれ部分の高さが低く作られているので、コンパクトで取り外しが楽なタイプです。 座面はクッション性のある素材のものが多いので安心して使用できます。 チャイルドシートの取り外しが多い人におすすめです。 Big Hippo純正チャイルドシートマット Big Hippo 参考価格:¥1,599 座面と背面部の隙間に固定具を挿し込むだけなので、脱着がとても簡単です。 素材:すべり止めPU 座面サイズ:縦45. 2cm 背面サイズ:縦17. 2cm 重量:490g 座面のみのタイプ チャイルドシートマットの中で最もコンパクトなタイプです。 チャイルドシートを外した後も、シートクッションとして普段使いできそうですね。 Aprica アップリカ シート保護マット アップリカ 参考価格:¥2,600 素材がやわらかく、車のシートなどを傷つけにくいのが特徴。 アップリカのチャイルドシートと併用することを推奨しています。 お子様の年齢や発育発達に合わせ、安全性に配慮してお選びください。 文/武山珠美.

次の