大予言.com。 ノストラダムス

世界最高予言者「ババ・ヴァンガ2020年の予言」完全大公開! 日本に巨大地震、経済崩壊で一億総ど貧困、隕石落下で人類滅亡!

大予言.com

この記事を読まれる前に、もしも未来の夢を見た方がいらっしゃいましたら内容をコメントいただければ幸いです。 予知夢と確信していなくても構いません。 「こんな夢を見た。 」程度で大丈夫です。 いつ、どこで、何があったか? わかる範囲で大丈夫です。 同じ夢を見れた方がいるかもしれませんので、それを期待してのお願いです。 それでは本題に入りましょう。 ノストラダムスの予言によると 2015年9月3日に和歌山県は消滅すると言われていました。 その日までは、ですよ。 理由は 大津波による物だと言われていました。 まるで 3. 11を思い起こさせるような予言ですね。 もう2度とあんな悲劇は起きて欲しくありません。 何故このような予言がされていたのか? 今後、本当に同じようなことが起きるのか? 答えはこれからお伝えします。 実は世界の週末予言はノストラダムス以外でも、 全く立地の異なる 2つの古代文明が 同じ年(2015年)を指して 世界の滅亡を予言しているのです。 見事に大外れでしたね。 私に言わせてもらえば、 『またか・・・また滅亡するのか・・・。 』 という感じです。 もちろん根拠がありました。 確か 2012年はマヤ暦に残された最後の年という理由で人類滅亡説がありました。 (この予言が外れた?理由も後でお伝えします) 20世紀末には ハルマゲドン騒動がありましたね。 結局何も起きませんでした。 「1999年7の月空から恐怖の大王が下りてくる。 アンゴルモアの大王を復活させるために、その前後、マルスは幸福のために支配に乗り出すだろう」 これがその予言と言われるノストラダムスの詩です。 この予言が日本で広まった理由は、実はこの詩を五島勉という男が自己流の解釈で滅亡の予言であるとした本を出し、 その本がベストセラーとなってしまい、信じやすい人々が信じてしまったという所が真相です。 では、マヤ暦による世界の終わりは 何故はずれたのか? それにはマヤ暦についてお伝えし無ければなりません。 photo by マヤ文明には独自の暦(こよみ)があり、その内の一つ「長期暦」のサイクルが、2012年12月末に一旦区切りがつきます。 日本の暦で言う所の大晦日が来るようなものですね。 簡単に言うと、マヤ暦の場合は世界で言う所の一年が長いと思って下さい。 それを勝手な解釈で人類滅亡の日であると勘違いした学者がいて、 またまた信じやすい人たちが信じ、 「人類滅亡だ〜!」と騒ぐ人が沢山出てきたというわけです。 よろしいでしょうか? ノストラダムスもマヤ人も だれも2012年に人類が滅亡するなどとは予言していないのです。 さて、ではいよいよ 本題に入りましょう。 ノストラダムスの 2015年人類滅亡説はなぜハズレたのか? 【2015年 9月3日に世界が終わる】という予言でしたね。 ノストラダムスの予言ていろいろあるんですよ。 ノストラダムスの大予言一覧 ノストラダムスの大予言を一覧にすると、• 南アメリカ大陸のチリでならM9クラスの地震が何度か起きている• 今後皆なんらかのツールで話せるようになる?• ただ、もう終わりました。 色々ありますね。 世界の終末予言で、すごく誤解が多いのですが、 実はこれはノストラダムスの予言ではありません。 マヤ暦の計算ミスで、2012年ではなく2015年9月3日だったという話です。 もしもノストラダムスが2015年の人類滅亡を予言していたとしたらおかしいですよね? だって1999年に人類は滅亡した事になっているはずですから。 よろしいでしょうか? つまり2015年9月3日にマヤ暦の大晦日があるんですね。 それだけの話です。 Sponsored Links マヤ文明の大晦日が来たから人類滅亡はあり得ませんね。 マヤ暦の暦(こよみ)が一回転するだけということは前述の通りです。 よって、実際には2015年9月に人類が滅びると言う予言はありません。 2015年9月に 和歌山が全壊するとか ないです。 実際しませんでしたよね。 同じように2015年の秋に人類が滅亡すると予言されている壁画がエジプトにはありました。 この予言面白いんですよ。 地球は滅亡するのか? 古代エジプトの聖地イシス神殿は、 女神イシスが太陽神ホルスを産んだ場所と言われており、 神殿の壁には 1465体の神の絵が描かれています。 これですね。 沢山神様が描かれていますよね。 photo by この神殿は西暦550年に閉鎖されました。 (なにか見られたら都合の悪い壁画でもあったのでしょうか?) そして言い伝えによると、 「すべての神々が去った年の秋分の日 9月3日)に世界が水没する。 」と言われています。 これが2015年と同関係があるのか? 550年に 閉鎖され、1年に1人ずつ神が去っていくとしたら・・ 1465年後に全ての神々が去る事になります。 550年+1465年=2015年 これが理由で2015年人類滅亡説が囁かれるようになったわけです。 2015年世界が水没すると。 一年で一人ずつ神が去っていくって・・・ どこにそんな根拠があるのか・・・。 ノストラダムスの大予言• マヤ暦の終わり• エジプトのイシス神殿 の順で見てきました。 ある小惑星が発見されてしまいました・・・。 ベンヌが地球に衝突?2169年 実は1999年、地球に衝突する恐れのある小惑星が カナダの人工衛星によって 発見されました。 その小惑星の名は1999RQ36、 通称ベンヌ ここからはその小惑星について詳しくお伝えしていきたいと思います。 地球に衝突?小惑星ベンヌとは? 小惑星ベンヌとは直径560メートルの惑星で、今現在も地球に向かう軌道を進んでいます。 8回も地球に接近するのです。 具体的には2016年には人工衛星を送り込み、 2018年にはベンヌのサンプル採集などの調査をする予定です。 photo credit: via ベンヌは本当に地球に衝突してしまうのか? それは今の段階では何とも言えませんが、ノストラダムスの予言によると、人類が滅亡するのは 3797年とされています。 なのでベンヌでの滅亡はないか、と言う所でしょう。 ノストラダムスの大予言と地球滅亡 1999年に人類滅亡を予言したとされるノストラダムスが 何故 3797年にも人類滅亡を予言しているのかは謎ではありますが、 解釈の差でしょう。 つまり、人類滅亡はあくまでノストラダムスの本を翻訳した訳者の推論による物なので、 ノストラダムス自身が「人類が滅亡する」と書いているわけではありません。 ノストラダムス自身は西暦3000年以降の話を色々と書いているわけなので 1999年に人類が滅亡すると訳す方が飛躍しすぎているように思います。 ノストラダムスの1999年の予言を推論するなら、 前後の関係から考えて• 1999年と7ヶ月=1999年7月• 恐怖の大王が天より姿を現すだろう=空(例えば地球外)からとんでもなく恐ろしい物が現われる• 彼はアンゴルモアの大王を蘇生させ=それが何か大きな事の引き金になる (何の引き金になり、それが人類に取って良い事か悪い事かは不明)• その前後は火星が幸せに支配する=火星関連でいいことがある みたいな感じになるかと思います。 具体的に何が起こるのかはよくわからないのが事実です。 しかし【火星が幸せに支配する】に関しては昨今の宇宙事情をご存知なら正に火星に移住する計画が進行中なのはご存知の事と思います。 ただ、これだと文法的に意味がとおりません。 日本語的に変ですよね? なので恐らく 火星は比喩でしょう。 幸せに支配する、支配者が火星という事ですね。 火星というと、軍神の比喩としてよく使われます。 なので軍隊を使って平和に支配する。 と言う感じになります。 なので僕が訳すと、 1999年に空から恐ろしい物が現われて、それが大きな出来事の引き金となる。 その前後は軍隊を持つ国家が世界を平和に支配する。 と言う感じになります。 では実際ノストラダムスの大予言は当たっていたのでしょうか? photo credit: via 1999年のノストラダムスの大予言は当たっていたのか? ノストラダムスの予言は様々に訳せるようになっているんですね。 なので当たったのか外れたのかよくわからない。 現実的には 1999年には小惑星ベンヌが発見され、 それが大きな出来事(火星移住)の引き金となる(?)のかもしれません。 その前後は軍隊を持つ国や国際連盟などが世界を平和に維持する。 と考えられるでしょう。 なのでノストラダムスの大予言が世界の終焉予言でないとすれば、 あながち1999年の予言も間違っていはいないのが事実です。 ずいぶんと小惑星ベンヌから話が脱線してしまいました。 火星移住は本気でやっていますよね。 でも火星移住なんて出来るのか? そもそも環境的に生活する事が出来るのか? 是非参考にされてみて下さい。

次の

ノストラダムスの大予言

大予言.com

新型コロナウイルスの拡大で、世界経済が大混乱に陥っている。 生産や消費全般が滞り、感染防止で観光や旅行、イベント業界は大打撃。 2020年3月16日のニューヨーク株式市場はまたもや大暴落し、先行きへの不安が一段と高まっている。 いつになったら収束に向かうのか全く見通しがつかない状態だ。 いったい何が書いてあるのか。 いよいよ恐怖の幕が開く 評者は経済について門外漢。 したがって著者の浅井隆さんがどういう人なのか、まったく知らない。 略歴によれば、浅井さんは経済ジャーナリスト。 1954年生まれ。 早稲田大学政治経済学部在学中に環境問題研究会などを主宰。 一方で学習塾の経営を手がけ学生ビジネスとして成功を収めるが、思うところあり、一転、海外放浪の旅に出る。 帰国後、毎日新聞社に入社。 写真記者として世界を股に掛ける過酷な勤務をこなす傍ら、経済の猛勉強に励みつつ独自の取材、執筆活動を展開する。 94年に独立。 この略歴から、おおよその人物像が浮かび上がる。 本書は、自分が作った会社からの出版物ということがわかる。 ではなぜ、2020年に世界大恐慌が起きると考えたのか。 本書は以下の構成。 「次にやってくる危機は、あのリーマン・ショックをも上回る史上最大の経済事件となる可能性は高い。 しかも、その到来は何年も先の遠い将来のことではない」と言い切っている。 背景として、リーマン・ショック後に世界各国で政府による財政出動と中央銀行による大幅な金融緩和が行われ、株や不動産がバブル化していることを挙げている。 もちろんこれは、浅井さんが独自で言い出したことではなく、第一章では、米シカゴ大学のボブ・アリバー教授や、高名な投資家、ジム・ロジャース氏の発言などに同調する形で主張している。 「危機は別な顔をしてやってくる」という格言があるそうだ。 浅井さんも、「次の危機が何をきっかけに起きるか予測するのは難しい」としながらも、「火種はあちらこちらにくすぶっている」。 第一章では、「ハイイールド債の恐怖」「IT銘柄の狂騒」「膨張するETF」などのリスクについて、内外の有力経済メディアのシビアな見方を紹介する。 第二章では、仮想通貨や美術品投資、不動産、株などがすでに異常な水域に入っていることを、これも様々なメディアの情報なども参考にしながら報告している。 「人口が減るのに増え続けるアパート建築」「日銀が作り出す実態をともなわない『官製バブル』」などの国内状況はしばしば指摘されてきた。 「NZオークランドの不動産価格は適正価格の二倍以上」「香港の住宅価格はこの10年で三倍に」など、海外事情も織り込まれている。 感染症の関連本も出していた 冒頭にも書いたように、評者は経済には門外漢なので、浅井さんの主張や分析が正しいかどうかの判断はできない。 ただ、「大恐慌」はともかくも、個別のリスクについては、有力な経済メディアやエコノミストの間でもすでに警鐘が鳴らされている見方を援用しているところが多いと感じた。 ちなみに、浅井さんには、『日本発、世界大恐慌! あなたは財産を守れるか? 日経平均4000円、前代未聞の大不況』(1992年)、『いよいよインフレがやってくる! 』(2004年)、『チャイナ発世界大恐慌』 2008年 、『2012年中国崩壊2014年日本沈没』(2011年)などの予測本がいくつもある。 今回は、理由はともかく、起きている現象としてはかなりストライクゾーンに近いといえるだろう。 浅井さんには一方で、『パンデミック感染大爆発』(2008年)、『ウイルス戦争がやってきた!! 』(2009年)、『新型インフルエンザ生き残りマニュアル』(2009年)など感染症を直視した著作もある。 経済評論家としてはきわめて珍しい。 今回の本に「感染症リスク」についても一章設けておけば、さらに予測に厚みが増し、先見の明を称えられたかもしれない。 BOOKウォッチでは関連して、、、、、なども紹介済みだ。

次の

2020年に大地震が!?東京オリンピックが中止になるかもしれない不吉な予言を紹介!!

大予言.com

【予言】漫画「私が見た未来」が凄い!東日本大震災も的中! 1999年に出版された たつき諒さんの漫画「 私が見た未来」 何故この漫画が「予言では!?」と注目を集めたかと言うと、表紙に驚く言葉が書かれていたからです。 夢日記と題された6枚のページの中の上から4枚目のページに、 「 大災害は2011年3月」と描かれており、 出版から12年後の2011年3月にあの 東日本大震災が発生しました。 それに伴い、「 東日本大震災を的中させた漫画家がいる」と、当時はネットで大きな話題となりました。 この漫画の作者、たつき諒さんは見た夢が現実になるという 予知夢を見ることから、漫画のネタになるかもしれないとノートに夢を記録するようになったそうです。 「大災害は2011年3月」の夢をみてメモを書いた日が、 1996年3月11日。 日にちも東日本大震災と同じ日・・・ 予知夢から 15年後に現実になってしまいました。 東日本大震災の予言だけでも驚きですが、 たつき先生は 他にも予知夢が現実になっています! 今まで的中させた予知夢 【フレディ・マーキュリーの死】 予知夢を見た日:1976年11月 予知夢を見た日:1986年11月28日 現実になった日:1991年11月24日 フレディー・マーキュリーの死の夢は過去に2回見たそうです。 最初の夢から2回目に夢を見るまで 10年。 2回目の夢から現実になるまで 5年。 最初の予知夢から 15年後に現実になってしまいました。 夢を見た月と亡くなった月も合致しています。 【ダイアナ妃の死】 予知夢を見た日:1992年8月31日 現実になった日:1997年8月31日(5年後) この予知夢は、漫画の表紙の夢日記と題された5枚目のページに描かれていています。 1992年8月31日、DIANA 更に拡大すると、 「ダイアナ?城、ロック」と書いてあります。 城とロックが何を指しているかはわかりませんが、 「1992年8月31日」と「ダイアナ?」の記述は驚きです。 【阪神・淡路大震災】 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:1995年1月17日(15日後) この予知夢は、漫画の表紙の夢日記と題された3枚目のページに描かれていています。 この時見た夢で、 「15日後か15年後に神戸にひび割れた大地」の映像+文字 を見たそうです。 この話を信じた約20人が神戸脱出したそうです。 まだ起こっていない予知夢 2020年5月22日、突如、ネット掲示板「5ちゃんねる」にたつき諒先生が登場し、予知夢について語りました。 富士山噴火は、8月20日。 年は、最短最悪で来年2021年。 来なければ2036年か2051年。 以下+15年。 関東大震災もしくは、南海トラフ東端震源 静岡県神奈川県大震災 は、6月〜9月。 年は、最短最悪で2026年。 来なければ、2041年。 以下+15年。 自然災害は、+15の法則があるようです。 このスレでは未来で起こるかもしれない、 「 富士山噴火」と「 関東大震災もしくは、南海トラフ」 について語っています。 1つ1つ詳しく見ていきましょう! 【富士山噴火】 予知夢を見た日:1991年8月20日 まず、ビックリするのが発生日が「 8月20日」と非常に具体的である点です。 この予知夢は、漫画の表紙の夢日記と題された1枚目のページに描かれていています。 富士山が大噴火しているイラストもあります。 説明に入る前に、少しおさらいをすると、 たつき先生がスレで言っていた 自然災害は、+15の法則があるようだ の部分。 この法則を既に起こった予知夢で見てみると、 阪神・淡路大震災 予知夢を見た日:1995年1月2日 現実になった日:1995年1月17日 (15日後) 東日本大震災 予知夢を見た日: 1996年3月11日 現実になった日:2011年 3月11日 (15年後) と、たつき先生がおっしゃっているように +15なっています。 この法則で富士山噴火に当てはめてみると、 予知夢を見た日:1991年8月20日 投稿者:竜樹 たつき 諒さん 投稿日:5月24日 日 今更、基本的な話ですが、1981 6~9に見た 大津波の夢と、 1996 3 11に見た大災害の夢 は、別な事と思っています。 1981の方は 私の住む神奈川県某所に大津波が来る夢。 東日本大震災では、神奈川県に津波は 来ませんでした。 ので、1981の夢は まだ、来て無い。 1996 3 11に見たのは 「2011年3月に大災害が起こる」夢。 1996漫画に描きました。 地震、津波、 原発事故まで見えてたら、どんなに 良かったか。 「1981に津波の夢、15年後に 漫画に描き、そのまた15年に東日本大震災」 説は、9年前、「大災害は2011年3月」を 読んだ方々が考えてくれた説です。 ちょっと紛らわしく、分かりづらい部分でしたね。 津波の注意点が長くなってしまいましたが、本題に戻ります!! 予知夢を見た日:1981年6月~9月頃に +15の法則を当てはめると、 作者「たつき諒」wiki風まとめ 本名 不明 ペンネーム 竜機諒(たつき りょう) 生年月日 12月2日 性別 女性 血液型 O型 出身地 神奈川県横須賀 1975年に「郷ひろみ物語」で漫画家デビュー。 ペンネームは、龍樹 りゅうじゅ 菩薩から頂いたそうです。 1980年から予知夢見るようになるが、 本人曰く、霊感、山勘、第六感は全くないそうですw 予知夢を見ていた期間は、1980年~1999年の間で、基本人が死ぬ予知夢ばかり見て辛かったそうです。 予知夢を見ることが嫌になり、2000年に漫画家を引退。 その後は予知夢を全く見なくなったようです。 引退されてからはインドに旅行とかされてるようですね。

次の