ワン ナンバー フォン ケース。 ドコモ「ワンナンバーフォン」レビュー! 裏技でiPhoneとも連携可な2台目ケータイ

「ワンナンバーフォン ON 01」をサブ機として使った!

ワン ナンバー フォン ケース

ドコモから発売されるワンナンバーフォン ON 01は、従来Apple Watch用に提供されていた ワンナンバーサービスを活用することで、 メインの携帯電話の子機として利用することができます! つまり、メインスマホにかかってきた電話を、ワンナンバーフォンでも同じようにとることができる、というわけです。 もちろん、同じ番号からの発信もできます。 何のためにそんなものが必要なのかと言うと、メインのターゲットとしては、 ・現在ガラケーを利用していてスマホに買い替えたはいいものの、やはり使い方に慣れないという方 ・ こ れからのスマホへの移行に不安を感じている方 ・大きめのスマホを利用しているため、持ち運びが不便だと感じている方 ・スマホの利用で電池持ちが不安で、別端末を利用できればと考えていた方 などです! ただ、せっかくの面白いサービス&機種なので、もっともっと他にも、有効な使い道はないのでしょうか!? 新しいワンナンバーフォンについて考えてみました! もくじ• ワンナンバーフォンの仕組み ワンナンバーフォンの仕組みは非常に簡単です! ワンナンバーサービスというドコモのサービスをまず契約します。 月額500円です。 ワンナンバーフォンの中に搭載されているeSIMが利用できるようになることで、Aという電話番号に着信があった場合、メインのスマホとeSIM搭載のワンナンバーフォンの両方で電話を受けることができるようになります。 つまり、 メインのスマホは自宅に置いたままにしておいたとしても、ワンナンバーフォンを持ってていれば電話の着信発信ができます。 そのためわざわざ使い慣れなかったり大きかったりするスマホを持ち歩かなくてもいいですし、ワンナンバーフォンで対応ができるのでメインのスマホの電池消費も抑えることができます。 基本的には、 Apple Watchで実現していた「ワンナンバーサービス」を、携帯端末で利用できるようになった、と理解すればいいと思います! そもそも元々の発想が、Apple Watchの使い方をそのまま携帯端末に、というところからきているみたいですよ! ワンナンバーフォン ON 01は、その形状やキーを見ていただくとわかる通り、キー配列が従来のフィーチャーフォン(ガラケー)と同じ形になっていて、フィーチャーフォンユーザーにとても優しく作られています。 そういう意味で、「 スマホに替えても今までと同じようなケータイを使える」というメリットがあるんですね。 まぁ、それならそもそもスマホに替えなければ・・・ということにもなるんですが。 0mm 質量 約55g CPU Snapdragon210 RAM/ROM 512MB/4GB 外部メモリ なし バッテリー容量 548mAh ディスプレイ 1. VoLTE(HD+)には対応していませんが、通常の VoLTEには対応しています! そのため、対応端末同士でクリアな音質での通話を楽しむことができます。 カメラも付いていませんし 外部メモリも利用できませんので、何かデータを保存するような端末ではないってことですね。 保存するとしたら最低限、電話帳くらいでしょうか。 ただ、スマホ本体の電話帳をどうやってコピーすればいいのかが気になるところです。 ドコモ電話帳が同期できるのなら簡単なのですが。 外部メモリが利用できないなら、最悪ドコピー利用でしょうか。 そうなると少し面倒ですね。 カードケータイとは異なり、ワンナンバーフォンはテザリングには対応していませんので、他の端末に対して電波を飛ばすことはできません。 テザリングを利用したい場合はあくまで親機であるスマホから、ということになります。 おサイフケータイも対応していないので、その点、同じワンナンバーサービス対応機としては Apple Watchよりやや利便性に欠けます。 実際に利用する際に、親機となるスマートフォンに「 ワンナンバー設定」アプリをダウンロードする必要があり、 Android 8. 0以上である必要がありますので、この点注意しましょう! 対応OSにiOSという記載がないので、現状 親機がiPhoneでは使えないと思われます!(発売日時点) ただ、緊急速報エリアメールに対応している点は安心できますし、電卓やアラーム等が使えるのは地味に嬉しいところかもしれません。 スポンサーリンク ワンナンバーフォンの便利な使い方を考えてみました! 家族用電話機として夫婦共有で利用する プライベートなケータイ/スマホと別に、家族用の固定電話代わりとして、スマホとワンナンバーフォンをそれぞれ利用するなんてこともできます。 夫がスマホを、妻がワンナンバーフォンを持っておき、学校などからかかってきた電話はどちらでも出ることができる、という状況を作ることができます。 ただ、さすがにもう一台分のスマホ代と月額料金がかかると考えると、現実的ではないですね。 同じような利用で次のような使い方があります。 プライオリティ着信を設定して、妻/または夫のワンナンバーフォンで学校からの用事などを出られるようにする 夫、または妻のスマホに対してワンナンバーフォンを追加します。 その上で、保育園や幼稚園、学校など、大事な要件がかかってきた場合のみ、ワンナンバーフォンでも着信するように プライオリティ着信設定をしておきます。 そうすることで、他の要件はワンナンバーフォンにはかからず、プライオリティ着信にしておいた学校などからの着信のみ、夫または妻が代わりに出ることもできる、というわけです。 これから追加料金は月額500円と、本体代金のみしかかかりませんので、比較的現実的です。 ジョギングや運動中のみ、ワンナンバーフォンを持っていく Apple Watch的な使い方として、ジョギングをするとき、または運動中についてのみ、ワンナンバーフォンを持って行って、スマホは自宅に置いておく、という使い方です。 重たいスマホを持ち運ぶよりずいぶん楽ですし、これなら重要な連絡も逃しません。 運動中に利用するならApple Watchが圧倒的に便利ですが、そもそもiPhoneを利用していない人や、Apple Watchはそれなりに価格も高いので、ワンナンバーフォンでいい、という人などにもお勧めです。 超本命! 年配ユーザーの補助的端末としての利用 これがやはり本命の使い方になるかもしれません。 これから初めてスマホに乗り換えようと考えている年配のユーザーの補助的端末としての利用です。 万が一、スマホの利用がどうしてもうまくいかず、フィーチャーフォンに戻したい、という要望があった場合でも、ワンナンバーフォンなら元々のフィーチャーフォンと操作性が極めて近いため、安心して利用できると思われます。 スポンサーリンク.

次の

スマホと電話番号を共有できる子機「ワンナンバーフォン」の特徴をおさらい

ワン ナンバー フォン ケース

出来ない事。 できること!利点・メリットのご紹介。 電話帳の編集は親スマホからBluetoothで一括送信。 子機にも当然、電話帳機能がありますが直接編集は出来ません。 親機からBluetoothで一括転送するという方法で電話帳を統一できます。 重要な人だけ分けて着信を知らせることができる。 ワンナンバーフォンの設定で【 特定の番号からの着信】のみ鳴らすことができる。 外出先で発着信ができる。 お子様にスマホとか持たすときにこれは重宝するのではないでしょうか? 例えばお子様のスマホを親機・子機をワンナンバーフォンにする。 学校によりスマホ持ち込み禁止のところも結構多いと聞きます。 そんな中どうしても持たせたい!もしくは子供がスマホを学校に持っていき学業に支障をきたす心配が…という場合であれば、このワンナンバーフォンであれば緊急時に最低限必要な通話機能が確保できます。 ワンナンバーフォンの欠点やデメリット。 出来ないこと。 通話の切り替えが出来ない。 固定電話であれば親機で通話中、いちど保留にし子機で出直すといった事が可能です。 しかしワンナンバーフォンでは一度通話状態になると通話を切って再度掛け直す方法をとらなければ親機・子機の通話切り替えはできません。

次の

ドコモのワンナンバーフォン ON 01を手に入れました

ワン ナンバー フォン ケース

ドコモ「ワンナンバーフォン ON 01」 スマホの子機として優秀なケータイ登場 基本的にはドコモのAndroidでしか使えないが……? 外出するときはできるだけ身軽に出かけたいもの。 スマホすらジャマに感じることもあります。 そんなときにもってこいなのが「スマートフォン用の子機」というコンセプトで開発された「ワンナンバーフォン ON 01」です。 ワンナンバーフォンは、1つの電話番号を2台で共有できる「ワンナンバーサービス」に対応した音声通話専用機。 ワンナンバーサービスと言えば、セルラー版のApple Watchも単体で音声通話が可能ですが、もちろんiPhone専用です。 その点、ワンナンバーフォンはAndroidスマートフォンと組み合わせて利用可能です。 ただし、条件があります。 詳細はに記載されていますが、2016年、2017年、2018年に発売されたAndroid 8. 0以上を搭載するドコモ端末以外では「基本的に」利用できないんですね。 しかし、ある方法を使えば、iPhoneと同時待ち受けすることが可能です。 詳細は記事の後半でお伝えいたします。 0mm、重量は約55g。 本体前面には約1. 5型の有機ELディスプレーと、物理テンキーやカーソル、決定キー、機能キーが並んでいます。 ボディーはいかにもプラスチッキーな質感ですが安っぽさはありません。 ただ、ディスプレーが光沢仕様で非常に手脂、顔脂が目立ちます。 実は個人的に本製品を購入した筆者は、ミヤビックスの反射防止保護フィルムをソッコーで貼りました。

次の