ソルティ ライチ 体 に 悪い。 ライチの旬と栄養や効能!食べ過ぎ注意な理由と正しい食べ方

薬とグレープフルーツ

ソルティ ライチ 体 に 悪い

ライチの食べ過ぎは体に悪い? ライチは日本では生の果物としてはまだまだ馴染みがないですが、台湾では7月の頭のみ食べられる果物として有名です。 いたるところで販売されており、この時期だけはライチを食べ過ぎてしまう人も多くなります。 日本では冷凍が主流のため、生のみずみずしいジューシーなライチはびっくりするほど美味しいです。 そのためライチを1粒食べると、もうひとつと次々止まらなくなって食べ過ぎてしまいます。 しかし実は台湾ではライチを食べ過ぎると体に悪いので注意した方が良い、と言われることが多いです。 体に悪いとはどういったことなのかというと、どうやら「 ライチ病」と言われる症状に見舞われるらしいのです。 ライチという比較的小粒の果物の食べ過ぎで、注意が必要なレベルとは…。 一体どのくらいの量から注意しなければならないのか、次の項目で詳しく見ていきましょう。 ライチの食べ過ぎの量と体に悪い理由 ライチは一度にどのくらいの量からが食べ過ぎになるのかというと、1日5粒程度といわれています。 しかしたった5粒では少ない!と感じてしまいますよね。 しかしどうしてライチは少しだけしか食べられなくて、食べ過ぎ注意と言われてしまうのでしょうか。 その理由はライチが「 熱性の強い果物」であるからといわれています。 つまり熱性のものを食べ過ぎると体が一時的に風邪をひいて熱を出したのと同じような状態になるのです。 そのことから鼻血やのぼせ、イライラや吹き出物、喉の炎症などが起こってしまうんですね。 これはチョコレート(カカオ)を食べ過ぎて鼻血が出やすくなるのと、同じようなメカニズムです。 そのためライチは1歳未満の赤ちゃんには与えない方が良いとされ、時には5歳未満にも食べさせない方が良いとも言われます。 大人でも10粒以上食べると体に悪いと伝えられ、ライチの食べ過ぎには注意しなければならない風潮があるのです。 【スポンサーリンク】 ライチの食べ過ぎ注意!毒性はある? ライチを食べ過ぎると様々な症状が出ることから体に悪いと伝えられていますが、毒性はあるのでしょうか。 ライチは単に性質が熱性というだけで、毒性があるから体に悪いわけではないのです。 食べ過ぎることで体に熱がこもることで体調不良を引き起こすので、毒性により死亡するなどということはありません。 むしろそれくらいの毒性があれば食べている時点で気づくと思われるので、症状は一過性で終わることがほとんどです。 ただやはりライチを食べ過ぎた場合には翌日だるさで起きられなかったり、鼻血が大量に出たりするなど体調不良を訴えることが多くなります。 台湾の人たちが「ライチ病」として恐れるのも、なんとなくわかる気がします。 それを知らずにライチを食べ過ぎてしまうのが一番怖いので、食べ過ぎは体に悪いということは頭に入れておかなければなりませんね。 ライチは食べ過ぎなければ美容にも良い! ライチに含まれるポリフェノールの「 ロイコシアニジン」は、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあります。 またコラーゲンの生成をサポートするビタミンCもたっぷり含まれているので、美肌には最適です。 どうやらあの三代美人の楊貴妃も、ライチを好んで食べていたとか。 またカリウムがむくみを解消してくれるので、女性にはより嬉しいですよね。 ライチには葉酸が豊富に含まれるので、妊娠中や授乳中の女性にとっても最適です。 ライチは甘酸っぱくてさっぱりしているので、つわりの時も食べやすそうですね。 ライチの食べ過ぎは毒性はないものの体に悪いので注意が必要ですが、栄養も含まれていることを覚えておきましょう。 ライチの食べ過ぎに関するまとめ ライチの食べ過ぎは体に悪いので注意ということで、毒性はあるのかをご紹介してきました。 ライチは南国の果物で熱性の性質を持つため、食べ過ぎると熱が体にこもって様々な体調不良を引き起こします。 そのため ライチ病と言われて、毒性はないものの体に悪いと伝えられているのです。 ライチは1日5粒までなら食べ過ぎにならず、安全となります。 ビタミンCや葉酸、ポリフェノールなどが豊富に含まれるため、美肌にも効果的です。 美味しいライチの食べ過ぎには注意して、栄養を効果的に摂取していきましょう。

次の

ソルティライチの糖質はどのくらい?カロリーは?

ソルティ ライチ 体 に 悪い

まだまだ続く記録的猛暑。 熱中症対策は万全でしょうか? 室内でも熱中症になるケースも増えている昨今。 太陽光線に当たらなくても、高温多湿で熱中症になることも多いので注意が必要です。 さて、熱中症の予防・対策は、 なにはともあれ水分補給です。 熱中症の原因は脱水症状。 脱水症状は、適切な水分を補給していれば、防ぐことができます。 ただ、「ただの水だけではいけない」とよく言われますよね? で、スポーツドリンクや経口補水液が、もてはやされています。 でも、ほんとうのところ、どうなんでしょうか? この記事では、熱中症対策の水分補給について整理しながら、ただの水と「ソルティーライチ」のようなスポーツドリンクと、どちらがいいのか? 検討していきます。 熱中症対策の飲料…基本はただの水(水道水) とりあえず水を定期的にたっぷり飲みましょう! 結論から言えば、 熱中症対策の給水の基本は水です。 ただの水道水でかまいません。 なにか、特別な水でないと脱水対策の効果がないように誤解している人も多いですが、 熱中症対策の水分補給は、基本は水でOKです。 たとえば真夏の野外での活動で大量の汗をかくような場合は、一日に4〜5リットル以上の給水が必要になってきます。 それだけの水分を、スポーツドリンクだけでまかなおうとしたら、糖類(砂糖など)のとりすぎになってしまいます。 「定期的に水分補給すること」を第一に考えれば、ただの水がもっとも便利なはずです。 とにかく、「熱中症の水分補給はスポーツドリングや経口補水液でないといけない」と誤解してしまい、水分補給がおろそかになってしまわないように! 基本は水で、良いのです。 スポンサーリンク 熱中症の症状が出てるかも?と思ったらスポーツドリンク系や経口補水液を 熱中症対策で、「ナトリウム不足」を心配するあまりに、水分補給することよりも、塩飴を舐(な)めることに気をとられている人も少なくありません。 しかし、まずは、「定期的な水分補給」が重要です。 水を摂りすぎるとよくないといわれているのは、まれにナトリウム(塩分)が欠乏する「熱痙攣」や「水中毒」の可能性があるからです。 しかし、毎日お味噌汁を飲んだりお漬物を食べたりという「ふつうの食生活」をしていれば、そこまで塩分不足を心配することはありません。 塩分よりも、まず水分を多めにとることが基本です。 現場作業などで大量に汗をかく人は、多めの塩の補給は必要ですが、それでも、お弁当に梅干とか少ししょっぱめのものを多めに食べていれば、 塩分不足を過度に心配する必要はないでしょう。 ただし、 めまいや頭痛、軽い痙攣など熱中症の初期症状が出た場合は、あるいは出かかっているなと感じた場合は、水をがぶのみするのではなく、スポーツドリンクや経口補水液を使用します。 スポーツドリンク系を積極的に使ったほうがよいのは、あくまで初期症状や熱中症の兆候が出た時の対処用です。 予防的な水分補給は、ただの水を、こまめに飲み続ける、というふうに考えた方が良いですね。 そうじゃないと、水分補給が間に合わないと思います。 熱中症対策の飲み水は冷やしすぎに注意 熱中症対策、脱水対策の給水用の飲み水の温度は、キンキンに冷やしたものより、5度から15度くらいのものほうがベターです。 暑いなかでのキンキンの氷水などは、けっこう癖になり、大量にとりすぎて胃腸を冷やしてしまうリスクがあるからです。 氷水などは、体温を下げる効果はありますが、水分補給という点では、適度な冷たさ〜常温の水でも充分なのです。 また、 水分補給のポイントととしては、30分とか1時間おきとかに、定期的にとることです。 「喉がかわいてから」では、水分補給が間に合わない場合もあるからです。 喉が乾いていなくても、定期的に一口ずつでも水を飲むようにしましょう。 以上のように、 ただの水を冷やし過ぎないで、定期的に飲むというのが、熱中症対策の給水の基本になります。 スポンサーリンク 熱中症対策用の清涼飲料水 さて、水分補給の基本は水ですが、どうしても塩分補給が心配…という人は、熱中症対策用の清涼飲料水を、取り混ぜてもいいと思います。 ただ、必要な水分の全量を清涼飲料水でまかなうという考え方はしないで、あくまで補助的に涼飲料水を活用しましょう。 メインの水分補給はつねに水です。 熱中症対策飲料については、「休憩時に飲むドリンクをコーヒーやコーラじゃなくて、熱中症対策飲料にしておこう」ぐらいな感覚にしておきましょう。 とくに野外作業では、休憩時間以外でも、定期給水が必要です。 大量に飲まなければならないので 給水は、ただの水で充分です。 ところで、熱中症対策用の清涼飲料水は基準が決まっています。 100mgあたり40〜80mgのナトリウムを含むものが「 熱中症対策飲料」をうたえることになっています。 「熱中症対策飲料」という言葉そのものは薬事法の関係でペットボトルとかには書いてありませんが、店頭のポップやCMなどでは「熱中症対策飲料」と宣伝されていると思います。 「熱中症対策飲料」というのは、ただの水と何が違うのでしょうか? ポイントはナトリウムです。 熱中症対策には塩分が必要といわれていますが、塩(=塩化ナトリウム)のなかでも必要なのはナトリウムなのです。 「熱中症対策飲料」の最大の特徴は、ただの水と違って、ナトリウムが補給できるということです。 以下、有名な「熱中症対策飲料」をナトリウムの量別に並べてみました。 熱中症対策の清涼飲料水のナトリウム量調べ(100mgあたり)• アクエリアス…ナトリウム:40mg• GREEN DAKARA…ナトリウム:40mg• ソルティライチ…ナトリウム:45mg• ポカリスエット…ナトリウム:49mg• 【番外】OS-1…ナトリウム:115mg 最近は、「ソルティライチ」のようなお洒落なイメージと美味しさを重視したナトリウム入り清涼飲料水が人気ですが、やはり「ポカリ」がいちばんナトリウムが多いようですね。 DAKARAはノーマルのDAKARAにはナトリウムは含まれておらず「熱中症対策飲料」と言えるのはGREEN DAKARAと塩DAKARAなので、注意してください。 それから、【番外】のOS-1がダントツにナトリウム量が多いですが、 OS-1は経口補水液といって、ふつうのスポーツドリンクとは違うので注意が必要です。 経口補水液の使い方については次の記事を参照してください。 以上、熱中症対策の飲み物として、「ただの水」と「熱中症対策清涼飲料水」の使い分けについてみてみました。 水分補給のベースはただの水にして、補助的に、ナトリウムが入った熱中症対策の清涼飲料水を使うのが、良いバランスだといえると思います。 また、熱中症の対策は、水分だけでなく、適切な休息や涼しい衣服また、睡眠不足や二日酔いを避けるなど、複合的な対策が必要なので、しっかりと予防していきましょう。

次の

ソルティライチとかいうドリンクwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ソルティ ライチ 体 に 悪い

熱中症対策に「味覚」? 花粉などの悩みは増えるものの、気温が上がるのが嬉しいこの季節。 冬期の引きこもり生活を終え、春になったらトレッキングやハイキングに行こうと予定を立てている人も多いはず。 でも同時に、だんだん暖かくなるこれからの時期に気を付けなくてはいけないのが「 熱中症」です。 山の中という特殊な環境で事故を起こさないためには、自分のカラダで起こっている変化をきちんと自覚しておくことが大切。 そしてそれには……「 味覚」が役立つんです。 登山の際、トイレの場所が限られるためについつい 水分摂取を控えてしまった……という経験はありませんか?一般的に、こうしたことが熱中症につながると言われています。 気づかないうちに悪化する登山中の熱中症ですが、自分で気づく方法に関しても研究がされています。 これは多量の発汗で血液中のナトリウム濃度が減少し、体がミネラル分を欲しがっている状態にあるためなのだそう。 また、登山中の水分補給は水のみでミネラル分を補給していなかったため、喉の渇きを感じる被験者が多く、熱中症の前段階である「 かくれ熱中症」の状態になっていたことが判明したのです。 「しょっぱい」と思ったら要注意! 塩味と熱中症の関係はわかったわけですが、いざ実際に登山に「ソルセイブ」なるものを携行し、「塩味閾値」を測定しながら山を登る、というのもあまり現実的ではありませんよね。 そこで活用したいのが、登山に必ず持って行く「行動食」。 歩きながらでもこまめに摂ることができる栄養補給のための食糧です。 とくに塩分に対する味覚の変化を測るためには、 塩飴やスポーツドリンクなどを利用するのがいいでしょう。 普段から口にしていて味をよく知っている製品を登山の時にも携行すれば、味覚に変化が出た時に簡単に気付くことができます。

次の