グッドバイ の 由来。 グッド・バイ (小説)

太宰治の絶筆小説、気になる続きは?『グッド・バイ』

グッドバイ の 由来

内容 1作品あたり20-50ページ程度の計全16作品が収録された短編小説集です。 自身の告白を綴った『苦悩の年鑑』『十五年間』、戦後の現実への絶望を綴った戯曲『冬の花火』『春の枯葉』、 未完の絶筆『グッド・バイ』などが収録されています。 グッドバイは人間失格が執筆されたのと同じ1948年、依頼を受けて執筆された連載小説だそうです。 感想 ここではこの短編集のタイトルともなっている『グッド・バイ』についての感想を書きたいと思います。 太宰治と言えば、人の内面の醜さのようなものを自虐を含めて綴るどんよりとした作品が多いと思っていますが、このグッド・バイは どちらかと言えば明るめの娯楽要素を含んだ大衆向けの作品であると感じました。 ストーリーを簡単に説明すると、 主人公は田島周二という34歳の男で、東京で働く雑誌オベリスクの編集長。 しかしそれは表の顔で、実際には闇商売でしこたま儲ける闇の住人である。 妻と子供を田舎に残して自分は10人もの愛人を作っている。 しかし心機一転、闇商売から足を洗い妻と子供を東京に呼ぶ決心をし、愛人にグッドバイを告げに行くという話です。 この物語の面白いところは、愛人と別れる方法です。 なんとも太宰らしいやり方というかなんというか、それは美人を連れて愛人宅を訪問し、向こうから諦めさせるという作戦なのです。 闇商売の同業者で美人のキヌ子という女を金で雇って、愛人宅を訪問して回ることになるのですが、意地汚く金にうるさいキヌ子と、主人公周二との掛け合いは痛快です。 物語が途中で終わってしまっているのが非常に残念ですが、 太宰作品の中でもユニークで楽しい小説で、最晩年の作品にして新たな一面が見られた貴重な作品だと感じました! 物語の続きは? ちなみにこの物語のオチは、愛人10人に別れを告げた後、実妻から愛想をつかされてグッドバイされる、という説があります。 ストーリーの流れからしても自然で、個人的にもこの説が有力だと思います。 でも実際どういうオチにする予定だったのかは太宰治しか知り得ないことです。 それでなくとも若くしてこの世を去ってしまったことがとても悔やまれます。 太宰治の作品は好き嫌いが分かれると思いますが、太宰ファンの一人としては、もっとたくさんの作品を読みたかったなと感じます。 惜しくも39歳という若さで、このグッド・バイを執筆した1948年に、彼は亡くなってしまうことになりました。 まさか太宰治がこの世からオサラバするなどというブラックなオチを遂行したなんてことはないですよね太宰先生。 晩年について ちなみに太宰治の作品の中には、 『晩年』と言う作品がありますが、これは実は晩年の作品ではありません。 従ってグッド・バイの収録もありません。 htmlになります。 おそらく作家としてそのあと生きていくことを想定していなかったのだろうと思います。 (破滅願望のある彼のことですから、人として生きていくことすらも想定していなかったかもしれません) この『晩年』も読んでみましたが、非常に面白い作品でした。 こちらはグッド・バイとは違って太宰らしいどんよりとした作品が多いです。 tv-osaka. 後から調べてわかったので、このドラマ見逃してしまいました(泣)。 とても内容が気になります。 上述の通り、グッド・バイは絶筆小説ですのでラストの展開には原作がありません。 さてドラマ版ではどういう結末が待っていたのでしょうか? もしみた方がいればコメント欄で教えていただけますとありがたいです! しかし夏帆さんが演じるキヌ子、見たかったなあ。 wikipedia.

次の

グッド・バイ (小説)

グッドバイ の 由来

没後70年を経てもなお人気の衰えない昭和の文豪・太宰治。 彼の未完の遺作を、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させ、舞台で上演したのが2015年。 この舞台「グッドバイ」は観客を笑いと多幸感で包み込み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。 情けないのになぜかモテるダメ男・田島役に大泉洋、美貌を隠し我が道を生きるパワフル女・キヌ子には、舞台版で同役を「当たり役」とした小池栄子という最強キャストを得て、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる。 共演は、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊という華麗な実力派俳優陣。 監督は『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。 演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。 深夜番組「水曜どうでしょう」 HTB にレギュラー出演後、全国放送のTVドラマと映画に多数出演。 『探偵はBARにいる』 11 で日刊スポーツ映画大賞、石原裕次郎賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。 『青天の霹靂』 14 ではTAMA映画賞最優秀男優賞、『駆込み女と駆出し男』 15 でブルーリボン賞主演男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。 「探偵はBARにいる3」 17 でも日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。 舞台では、TEAM NACS第13回公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。 」で脚本・演出を手掛ける。 公開待機作に『新解釈・三國志』 2020公開 がある。 2013年に「大泉エッセイ~僕が綴った16年」を出版。 小池栄子 (永井キヌ子) 1980年生まれ、東京都出身。 主演映画『接吻』 08 で毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。 映画・舞台・TVと幅広く活躍中。 成島出監督作品は、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した『八日目の蟬』 11 、『草原の椅子』 13 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 に出演。 緒川たまき (青木保子) 映画『プ』で女優デビュー。 舞台、映画、ドラマのほか、教養番組などのナビゲーターとしても活躍。 1997年に舞台「広島に原爆を落とす日」でゴールデンアロー賞・演劇新人賞、1998年に映画『SFサムライ・フィクション』で高崎映画祭・最優秀助演女優賞を受賞している。 成島出(監督) 1961年生まれ、山梨県出身。 学生時代から自主映画を撮り、『みどり女』でぴあフィルムフェスティバルに入選する。 1994年から脚本家として活躍した後、2004年に役所広司を主演に迎えた初監督作品『油断大敵』で、藤本賞新人賞とヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。 その後も、岡田准一、堤真一主演の『フライ, ダディ, フライ』 05 、大沢たかお主演の『ミッドナイトイーグル』 07 、堤真一主演の『孤高のメス』 10 、役所広司主演の『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 11 などのヒット作を世に送り出す。 井上真央主演の『八日目の蟬』 11 で絶賛され、自身の監督賞を始め、日本アカデミー賞11部門を独占する。 その他の監督作に、『ラブファイト』 08 、『草原の椅子』 13 、吉永小百合との共同企画で吉永が主演も務めた『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 などがある。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(原作) 1963年生まれ、東京都出身。 劇作家、演出家、映画監督、音楽家。 KERA・MAPなどのユニットも主宰する。 安川午朗(音楽) 愛知県生まれ、長野県育ち。 石井隆監督と出会い映画音楽の仕事をスタートさせ、石井監督の『死んでもいい』 92 、『ヌードの夜』 93 、『GONIN』 95 、『花と蛇』 04 などを手掛ける。 成島出監督作品では、『孤高のメス』 10 、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した『八日目の蟬』 11 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 を担当する。 その他の作品に、『凶悪』 13 、『孤狼の血』 18 、『空飛ぶタイヤ』 18 などがある。 奥寺佐渡子(脚本) 岩手県出身。 相米慎二監督の『お引越し』(93)でデビュー。 成島出監督作品では、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した『八日目の蟬』(11)、『草原の椅子』(13)を手掛ける。 相馬大輔(撮影) 1973年生まれ、埼玉県出身。 主な作品に、『SP 野望篇』 10 、『SP 革命篇』 11 、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』 12 、『ヘルタースケルター』 12 、『TOKYO TRIBE』 14 、『悼む人』 15 、『天の茶助』 15 、『予告犯』 15 、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 16 、『何者』 16 、『忍びの国』 17 、『泥棒役者』 17 、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 18 、『人魚の眠る家』 18 、『チワワちゃん』 19 、『Diner ダイナー』 19 、『決算!忠臣蔵』 19 などがある。 好物はカラアゲ。 佐藤浩太(照明) 1972年生まれ、神奈川県出身。 若くして死ぬ』 16 、『何者』 16 、『忍びの国』 17 、『泥棒役者』 17 、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 18 、『人魚の眠る家』 18 、『チワワちゃん』 19 、『Diner ダイナー』 19 、『決算!忠臣蔵』 19 などがある。 西村貴志(美術) 1972年生まれ、静岡県出身。 1995年松竹大船撮影所入社後、美術助手として山田洋次監督、滝田洋二郎監督らの作品に参加。 『犬と私の10の約束』 08 で美術担当デビュー。 『空飛ぶタイヤ』 18 で日本アカデミー賞優秀美術賞を受賞。 主な作品に、『白ゆき姫殺人事件』 14 、『好きっていいなよ。 』 14 、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 17 などがある。 成島出監督作品は、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 を手掛ける。 松本昇和(録音) 1971年生まれ、石川県出身。 原田眞人監督の『わが母の記』 12 で日本アカデミー賞優秀録音賞を受賞。 主な作品に、蜷川実花監督の『さくらん』 07 と『人間失格 太宰と3人の女たち』 19 、武正晴監督の『イン・ザ・ヒーロー』 14 、中村義洋監督の『白ゆき姫殺人事件』 14 、『予告犯』 15 、『殿、利息でござる!』 16 、『忍びの国』 17 、落合正幸監督の『呪怨 -終わりの始まり-』 14 と『呪怨 -ザ・ファイナル-』 15 、黒沢清監督の『岸辺の旅』 15 などがある。 今井 剛(編集) 1969年生まれ、静岡県出身。 行定勲監督の『GO』 01 で日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞する。 その後も行定監督の『世界の中心で、愛をさけぶ』 04 、『パレード』 10 、『ナラタージュ』 17 、『リバーズ・エッジ』 18 などを手掛ける。 その他の作品に、大友啓史監督の『るろうに剣心』シリーズ 12・14 と『ミュージアム』 16 、黒沢清監督の『岸辺の旅』 15 、李相日監督の『怒り』 16 、佐藤信介監督の『BLEACH』 18 、『いぬやしき』 18 、『キングダム』 19 などがある。 宮本茉莉(衣装) 成島出監督作品は、『八日目の蟬』 11 、『草原の椅子』 13 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 を手掛ける。 田中マリ子(ヘアメイク) 成島出監督とは、『八日目の蟬』 11 、『草原の椅子』 13 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 に続いてタッグを組む。 主な作品に、『FLOWERS フラワーズ』 10 、『横道世之介』 13 、『共喰い』 13 、『ぼくたちの家族』 14 、『モヒカン故郷に帰る』 16 、『忍びの国』 17 、『生きてるだけで、愛』 18 、『北の桜守』 18 、『最高の人生の見つけ方』 19 などがある。

次の

[B! マンガ] [前編]グッドバイ・アンデルセン

グッドバイ の 由来

没後70年を経てもなお人気の衰えない昭和の文豪・太宰治。 彼の未完の遺作を、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させ、舞台で上演したのが2015年。 この舞台「グッドバイ」は観客を笑いと多幸感で包み込み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。 情けないのになぜかモテるダメ男・田島役に大泉洋、美貌を隠し我が道を生きるパワフル女・キヌ子には、舞台版で同役を「当たり役」とした小池栄子という最強キャストを得て、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる。 共演は、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊という華麗な実力派俳優陣。 監督は『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。 演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。 深夜番組「水曜どうでしょう」 HTB にレギュラー出演後、全国放送のTVドラマと映画に多数出演。 『探偵はBARにいる』 11 で日刊スポーツ映画大賞、石原裕次郎賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。 『青天の霹靂』 14 ではTAMA映画賞最優秀男優賞、『駆込み女と駆出し男』 15 でブルーリボン賞主演男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。 「探偵はBARにいる3」 17 でも日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。 舞台では、TEAM NACS第13回公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。 」で脚本・演出を手掛ける。 公開待機作に『新解釈・三國志』 2020公開 がある。 2013年に「大泉エッセイ~僕が綴った16年」を出版。 小池栄子 (永井キヌ子) 1980年生まれ、東京都出身。 主演映画『接吻』 08 で毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。 映画・舞台・TVと幅広く活躍中。 成島出監督作品は、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した『八日目の蟬』 11 、『草原の椅子』 13 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 に出演。 緒川たまき (青木保子) 映画『プ』で女優デビュー。 舞台、映画、ドラマのほか、教養番組などのナビゲーターとしても活躍。 1997年に舞台「広島に原爆を落とす日」でゴールデンアロー賞・演劇新人賞、1998年に映画『SFサムライ・フィクション』で高崎映画祭・最優秀助演女優賞を受賞している。 成島出(監督) 1961年生まれ、山梨県出身。 学生時代から自主映画を撮り、『みどり女』でぴあフィルムフェスティバルに入選する。 1994年から脚本家として活躍した後、2004年に役所広司を主演に迎えた初監督作品『油断大敵』で、藤本賞新人賞とヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。 その後も、岡田准一、堤真一主演の『フライ, ダディ, フライ』 05 、大沢たかお主演の『ミッドナイトイーグル』 07 、堤真一主演の『孤高のメス』 10 、役所広司主演の『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 11 などのヒット作を世に送り出す。 井上真央主演の『八日目の蟬』 11 で絶賛され、自身の監督賞を始め、日本アカデミー賞11部門を独占する。 その他の監督作に、『ラブファイト』 08 、『草原の椅子』 13 、吉永小百合との共同企画で吉永が主演も務めた『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 などがある。 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(原作) 1963年生まれ、東京都出身。 劇作家、演出家、映画監督、音楽家。 KERA・MAPなどのユニットも主宰する。 安川午朗(音楽) 愛知県生まれ、長野県育ち。 石井隆監督と出会い映画音楽の仕事をスタートさせ、石井監督の『死んでもいい』 92 、『ヌードの夜』 93 、『GONIN』 95 、『花と蛇』 04 などを手掛ける。 成島出監督作品では、『孤高のメス』 10 、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した『八日目の蟬』 11 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 を担当する。 その他の作品に、『凶悪』 13 、『孤狼の血』 18 、『空飛ぶタイヤ』 18 などがある。 奥寺佐渡子(脚本) 岩手県出身。 相米慎二監督の『お引越し』(93)でデビュー。 成島出監督作品では、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した『八日目の蟬』(11)、『草原の椅子』(13)を手掛ける。 相馬大輔(撮影) 1973年生まれ、埼玉県出身。 主な作品に、『SP 野望篇』 10 、『SP 革命篇』 11 、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』 12 、『ヘルタースケルター』 12 、『TOKYO TRIBE』 14 、『悼む人』 15 、『天の茶助』 15 、『予告犯』 15 、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』 16 、『何者』 16 、『忍びの国』 17 、『泥棒役者』 17 、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 18 、『人魚の眠る家』 18 、『チワワちゃん』 19 、『Diner ダイナー』 19 、『決算!忠臣蔵』 19 などがある。 好物はカラアゲ。 佐藤浩太(照明) 1972年生まれ、神奈川県出身。 若くして死ぬ』 16 、『何者』 16 、『忍びの国』 17 、『泥棒役者』 17 、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 18 、『人魚の眠る家』 18 、『チワワちゃん』 19 、『Diner ダイナー』 19 、『決算!忠臣蔵』 19 などがある。 西村貴志(美術) 1972年生まれ、静岡県出身。 1995年松竹大船撮影所入社後、美術助手として山田洋次監督、滝田洋二郎監督らの作品に参加。 『犬と私の10の約束』 08 で美術担当デビュー。 『空飛ぶタイヤ』 18 で日本アカデミー賞優秀美術賞を受賞。 主な作品に、『白ゆき姫殺人事件』 14 、『好きっていいなよ。 』 14 、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 17 などがある。 成島出監督作品は、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 を手掛ける。 松本昇和(録音) 1971年生まれ、石川県出身。 原田眞人監督の『わが母の記』 12 で日本アカデミー賞優秀録音賞を受賞。 主な作品に、蜷川実花監督の『さくらん』 07 と『人間失格 太宰と3人の女たち』 19 、武正晴監督の『イン・ザ・ヒーロー』 14 、中村義洋監督の『白ゆき姫殺人事件』 14 、『予告犯』 15 、『殿、利息でござる!』 16 、『忍びの国』 17 、落合正幸監督の『呪怨 -終わりの始まり-』 14 と『呪怨 -ザ・ファイナル-』 15 、黒沢清監督の『岸辺の旅』 15 などがある。 今井 剛(編集) 1969年生まれ、静岡県出身。 行定勲監督の『GO』 01 で日本アカデミー賞最優秀編集賞を受賞する。 その後も行定監督の『世界の中心で、愛をさけぶ』 04 、『パレード』 10 、『ナラタージュ』 17 、『リバーズ・エッジ』 18 などを手掛ける。 その他の作品に、大友啓史監督の『るろうに剣心』シリーズ 12・14 と『ミュージアム』 16 、黒沢清監督の『岸辺の旅』 15 、李相日監督の『怒り』 16 、佐藤信介監督の『BLEACH』 18 、『いぬやしき』 18 、『キングダム』 19 などがある。 宮本茉莉(衣装) 成島出監督作品は、『八日目の蟬』 11 、『草原の椅子』 13 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 を手掛ける。 田中マリ子(ヘアメイク) 成島出監督とは、『八日目の蟬』 11 、『草原の椅子』 13 、『ふしぎな岬の物語』 14 、『ソロモンの偽証 前篇・事件』『後篇・裁判』 15 、『ちょっと今から仕事やめてくる』 17 に続いてタッグを組む。 主な作品に、『FLOWERS フラワーズ』 10 、『横道世之介』 13 、『共喰い』 13 、『ぼくたちの家族』 14 、『モヒカン故郷に帰る』 16 、『忍びの国』 17 、『生きてるだけで、愛』 18 、『北の桜守』 18 、『最高の人生の見つけ方』 19 などがある。

次の