頭 が いい 人 恋愛。 「頭いい人」に共通する特徴は?普通と違う「考え方」や「恋愛傾向」も大調査!

頭のいい人と悪い人の決定的な違い5選|賢い人の考え方や性格の特徴とは

頭 が いい 人 恋愛

知的な男を目指すには ものごとを的確に判断し、 物知りで頭がいいという男性もモテたりしますよね。 世の中には東大を出るような秀才でありながら、 他人の考えることは分からず、 よくわからないようなことを言う人間もいたりしますが、 そういうことではなく、 広い視野を持って論理的に考えられるということを ここでいう知性と します。 では、 知的な男を目指すことに向いている人の特徴はなんでしょう? 見栄えがせず、頭の回転が遅い男 イメージでいえば、頭の回転が早い方が見栄えもするし、 会話も弾むことでしょう。 しかし、実際に知的でない場合、 ベラベラと浅い話をすることになってしまいます。 相手の言ったことをじっくり深く考えるような人がいいのです。 内容に鋭さがあれば知的に見えます。 いかにも頭の良さそうな顔立ち 世の中には見た目で頭が良さそうな人もいますよね。 具体的にどこがどうというのは表現が難しいですが、頭良さそうだなと感じる人はいますよね。 ある評論家の意見では、額が広く、 口をポカンと開けずにしっかり閉じているということが ポイントだ そうです。 人まねが嫌い何を考えているかわからない人 知性を武器とするならば人と同じことではなく、 どこかしら自分なりの考え方やスタイルを持つことです。 なので、多少変わっているとか、 何を考えているかわからないと言われるような人が 知的タイプを目指すには向 いているかもしれませんね。 では、どんな女性が知的タイプに惹かれるのでしょうか? 知的になりたい願望のある女性 あなたが実際には知的でないならば、 実際に知的な女性に知的な男として近づくと、 一瞬で化けの皮がはがれてしまうでしょう。 ですが、 知的なものに劣等感をもちながらも、 憧れや敬意を持っていたりする女性は可能性があるでしょう。 そちらの女性の方が、知的男子を目指したいあなたに魅力を感じてくれる可能性が高いですよね。 子どものような素直な女性 例えば、いくつになっても親の言いつけを守り、恋愛経験もなく、 社会の流れも考えたことのないような女性や昔のような保守的な女 性もいます。 そんな女性にはアドバイスしたりするように話すのもいいかもしれ ません。 学級委員タイプの硬い女子 不真面目なことや下品なこと・下ネタを嫌う女性もいたりします。 そんな女性は芸術や文化の話だと心を許してくれる可能性がありま す。 そして、知的な男に見せるにはどうしたらいいのでしょうか? 実はできる男と思わせる 知的タイプといってもいくつか種類があります。 頭のいい人、才気のある人、 実はできる人といったような具合です。 その中でも選択するなら実はできる人がいいでしょう。 たまに鋭いことを言うことができれば、 あぁ見えてもなかなかできる男だと思わせることができるでしょう。 オタクになる 実はできる男を目指すのなら、特定の分野でいいので知性を見れられるようにしましょう。 一つの分野でも極められれば武器になりますよね。 とはいってもサッカーとか野球だと多くの人が知っているので、 芸術系もいいかもしれません。 相手の女性と一致している趣味があるのがベストですが...。 相手の女性にあわせて特定の分野を磨くのもいいかもしれません。 独創的で鋭く、批判的に話す 知的に見せるには、他人の意見に賛成しっぱなしではなく、 時には矛盾を突くような部分も見せましょう。 ただし、 やりすぎるとイヤなやつになってしまい嫌われてしまいますのでご 注意を! また、皆とは違い、独創的にというと、新聞の投稿欄を読んだり3WHAT3W1Hを マスターする訓練を しましょう。 3WHAT3W1Hというのは、つまり、 WHAT (それは何か、定義) WHAT (現在何が起こっているのか、現象) WHAT (何が起こるか、結果) WHY (なぜ、原因、背景) WHEN (いつ、いつからか、歴史的経過) WHERE (どこで、他の場所では?地理的状況) HOW (どうするのか、対策) というものです。 客観的な視点から論理的に考えられる人は、周りから見ても頭が良い印象になりますよね! 3WHAT3W1Hを意識してみてください。

次の

頭のいい知的男子を目指す人へ!モテる男のための恋愛術!

頭 が いい 人 恋愛

本当は頭がいい人の考え方の特徴の1つ目は、記憶力が良い、という特徴です。 「一度覚えたことは二度と忘れない」と言っても過言ではありません。 どこかで誰かが雑談的に話していた内容でも、本人以上にしっかり記憶しています。 復習する、という事もほとんどないでしょう。 記憶力が良いので、復習の必要がないのです。 記憶力が良いのは、生まれつきではありません。 自分なりの記憶術を編み出しているのです。 インターネットでも記憶力をよくする方法や、暗記術などが数多く紹介されています。 ですが、最も良いのは自分に合った記憶術や暗記術を編み出すことです。 本当は頭がいい人は、自分にあった記憶術や暗記術を編み出しているのです。 凡人に比べて、少々考え方が変わってると感じられるでしょう。 「え?そんな風に考えるの?」という印象を受けるかもしれません。 また、反応もこちらが予想していない反応を返してくることが多々ある為、「変人」と呼ばれることもあります。 本当は頭がいい人は決して変わってるわけではありません。 私たち凡人と呼ばれている人たちに比べて、思考回路が少々異なっているのです。 大変深いところまで考えたり見たりしている為、私たちの想像もできないような事を、さも当たり前のように話したりします。 「不思議ちゃん」や「変人」と呼ばれるのはそのせいでしょう。 どんなことでも常に原因と結果を関連付けて考えています。 それが例え、友達同士の雑談であったとしても、その雑談の内容を常に原因と結果で考えています。 「単なる雑談だから楽しめば良いのに」と思うかもしれませんが、本人は楽しいのです。 すべての物事には必ず原因と結果があります。 常に原因と結果を考えるようにしておくと、あらゆる物事の本質が見えてきます。 雑談であっても原因と結果について考える事で、話し手の人が、何をどんな風に考えて、そのような行動を取ったのか、という事が自然と見えてきます。 その人の心理状態も見えてくる為、面白いのです。 どんなに複雑な内容であっても、頭の中で整理し、順序立てて考えることができます。 その為、頭の中が混乱したり、様々な考えが頭の中で大渋滞を起こす、という事はありません。 いつでもスムーズに様々な考えが頭の中を流れています。 本当は頭がいい人は、一度に多くのことを並行して行なうことがあります。 これは順序立てて考えることができているからです。 頭の中でちゃんと分類分けができていて、どれをどこまで片付ければ、一旦それは置いておいて、次にこれに取り掛かってここまで片付けてしまおうという順序立てが、頭の中で常になされているのです。 雑談などにおいて、誰かが「これ、どう思う?」と聞いた時、「え~?」や「難しいなぁ」などのような返事をすることはありません。 常に、原因と結果に基づいた自分の考えを述べます。 雑談というよりは議論に近い状態になります。 頭が良すぎる人はそれが普通なのです。 いつでも頭の中では原因と結果について考え、相手の心理状態について考えを巡らしたり、自分ならどうするかという事を考えたりしています。 それが当たり前になっているので、例えそれが雑談であったとしても、聞かれると、まるで会議や議論をしているような返事の仕方になるのです。 自分だけが一方的に話すのではなく、相手の話に耳を傾ける場合には、相手が話している内容に集中します。 相手の話を注意深く聞くことは、自分自身の知識や世界観をさらに広げ、そして深めるきっかけになるからです。 頭が良すぎる人は聞いてばかりではありません。 自分が話す機会が来たなら、その時は自分の考えや意見を交えながら、話を始めます。 一方的に聞き役だけに回ったり、または自分ばかりが話すという事はありません。 周囲の人たちの話に耳を傾けつつ、自分の意見や考えも自分の言葉で周囲の人たちに伝える事ができるのです。 これは頭が良すぎる人に往々にしてありがちなパターンと言えるでしょう。 周囲の人たちは軽い雑談のつもりで話していたのに頭が良すぎる人が話し始めた途端に、会話の内容が一気に難しくなり、ついていけなくなるという事です。 そのような場合は、話が難しすぎてついていけない、とはっきり言ってあげましょう。 頭が良すぎる人は普通に雑談をしているつもりなのです。 知識レベルがあまりに違いすぎる為、周囲の人たちはついていけなくなっています。 本人はそれが普通だと思っています。 分からないとはっきり伝えればわかりやすく話してくれます。 「目力がある」と言っても、決して「睨んでいる」や「威圧的である」という意味ではありません。 常に未来を見つめているという意味です。 遠い未来を見つめ、その未来を必ず自分の手で理想的な形に創り上げていく、という自信に満ちた目をしています。 自分の手でじぶんが理想とする未来を創り上げていく、と決心している人は、自然と目力が強くなります。 「どんなことがあっても乗り越えていく」という覚悟があるからです。 その目を見た人は、「自分も何かしないと」という焦りに似た感情が湧いてくるでしょう。 また、それと同時にやる気も湧いてくるでしょう。 「どんなことがあっても平気」や「必ず乗り越えられる」という気持ちがいつもある為、自信に満ち溢れた顔になります。 それだけ自分自身を信じている、という事です。 また、これまでの数々の経験や学びが、その自信の基盤となっています。 頭のいい人は自分のことを強く信じています。 自分自身について興味を持ち、大変良く知っています。 また、自分に限界を設けることも決してしません。 常に高い壁を設定して、それを乗り越えるという環境を自ら創り出しています。 自信とはそのようにして育てていくものなのです。 頭のいい人はそれができている人です。 いつもニコニコしている、という意味ではありません。 「口角が上がっている」という意味です。 毎日が楽しいと感じている為、自然と口角が上がるのでしょう。 不安や恐れの感情がほとんどなく、毎日希望に満ちているのですから、楽しいと思うのは当然です。 頭のいい人は、常に物事を前向きにとらえています。 また、「絶対にどうにかしないといけない」という考え方もしません。 いつでも全力投球しているので、後悔することもありません。 このような生き方ができる人は、自分にいつでも満足している為、毎日が楽しいと感じられ、自然と表情も笑顔になるのです。 笑顔の効果は絶大です。 いつも笑顔でいる人の心理をご紹介している関連記事と、笑ってしあわせに過ごす方法をご紹介している関連記事がありますので、どちらもリンクいたします。 ご覧ください。 本当は頭がいい人の仕事の特徴の1つ目は、仕事が早い、という特徴です。 自分の仕事はもちろん、誰かにお願いされた仕事に関しても、短期間で仕上げます。 特に誰かにお願いされた仕事は、最優先でするように心掛けている為、お願いした人は「え?もうやってくれたの?」とびっくりすることもたくさんあるでしょう。 集中力が違うのです。 それは、自分の仕事に対して興味を持っているからです。 興味のあるものに関しては、人間は大きな集中力が生まれます。 好きなことをしている時は誰でも夢中になります。 それと同じです。 本当は頭がいい人は、自分の仕事が好きなので、夢中になっているのです。 その結果、仕事が早く片付くのです。 すべての仕事において、ミスはありません。 文字通りの「パーフェクト」で仕事を完了させる事ができます。 その為、同僚や後輩からはもちろん、上司からの信頼も厚く、とても仕事がよくできる人、という評価を多くの人たちから得ているでしょう。 これも自分の仕事が好きだからです。 好きな仕事ならそれだけ集中力も継続します。 また、集中している時は、自然とミスをしないものなのです。 また、本当は頭がいい人は、一番最後の見直しに手を抜くことがありません。 それも仕事のうちだからです。 その為、仕事でのミスがない、という結果が生まれています。 一度に複数の仕事を並行して片づけていくことができます。 例えば、ミーティング中に他の資料を作りながら、でもミーティングの中で交わされている会話はしっかり頭に入っている、という状態です。 それだけ集中力が分散できる証拠です。 頭の中でしっかり順序立てている為、マルチタスクが可能になっています。 また、このタイプの人は頭の中にいくつも部屋がある状態です。 頭の中が「ミーティングの部屋」と「他の資料作成の部屋」などのように分けらえています。 この部屋では全く異なる作業が行なわれています。 これが頭がいい人の頭の中の特徴なのです。 頭がいい人は、たくさんの本を読んでいます。 本を読むことで、更なる知識を得たり、自分自身の世界観を広げているのです。 本は知識の宝庫ですから、本を読むだけで、自然と知識量も増えて、世界観もどんどん広がっていきます。 読書時間は意図して作りましょう。 「本を読む時間がない」というのは単なる言い訳です。 携帯を触っている時間はいくらでもあるはずです。 それらの時間をすべて読書時間にしたなら、どれだけたくさんの本が読めるか、考えてみてください。 頭のいい人は、そのようにして読書時間を創り出しているのです。 興味を持つことで、「これについて調べてみよう」や「もう少し知りたい」という思いが湧いてきます。 思いが湧いてきたら、自然と調べたり、誰かに聞いたりといった行動が伴います。 すると、知識が増えて頭のいい人になることができます。 大切なのは、興味を持ったら必ずすぐに調べる、という事です。 今は自分の知りたいことを簡単に調べることができます。 「後で調べよう」と考えると、必ず忘れてしまいます。 また興味も薄れてしまい、結局「調べない」という事になってしまいます。 興味を持ったなら、すぐその場で調べるという行動を起こしましょう。 きっとあなたの身近にも「面白い人」はいるはずです。 あなた自身が「面白い」と感じる人でも良いでしょう。 または周囲の人たちが「あの人は面白い人」と評価している人でも良いでしょう。 そのような人をお手本にしてみましょう。 面白い人というのは往々にして、頭のいい人なのです。 会話の内容が面白かったり、会話中のツッコミや切り返しが面白いという事も、頭が良いからできることです。 そのような人をお手本にして、徹底的に真似してみましょう。 また、個人的に仲良くなって、じっくり観察してみるというのも一つの方法です。

次の

頭の回転が早い人の特徴!男性も女性も仕事と恋愛が上手

頭 が いい 人 恋愛

ありのままの相手を見るにはどうすればいい? その昔といっても17世紀、だから1600年代、日本でいえば江戸時代にヨーロッパでは「いかにして人格を磨くべきか」という考えが、一つの哲学という学問を形成していました。 そのおおもとは、2000年以上昔のソクラテスです。 「無知の知」という言葉で有名なおじさんですね。 「無知の知」という言葉が独り歩きしている感がありますが、ソクラテスはようするに「よく生きるとはどういうことやねん」というのを追求した人です。 このソクラテスの考え方って驚くことに、その後17世紀まで続きます。 つまりそれまでずっと、学問(お勉強)といえばソクラテスの哲学のことだったのです。 17世紀に入って、デカルトさんやアルノーさん、パスカルさんという、みなさんが名前くらいは聞いたことのある人たちが学問の在り方をガラッと変えました。 時は科学革命。 これまで地球は回っていないとされていたものが「それでも地球は回る」となった時代です。 この頃、例えばアルノーさんは、その著書の中で「よりよく生きるとは、理性を働かせることだ」と述べました。 彼が言う理性とは……先入観を捨てること、つまり今の時代の言葉で言うなら「色眼鏡で人や物を見ないで、相手のありのままを見ようとすること」です。 ありのままの相手を見るにはどうすればいいのか、についてもアルノーさんは「意識すること」だと教えてくれています。 彼にイラっとしたときの対処法 例えば彼氏にイラっとしたとき……「わたしは今、イラっとしている『と思う』」こと。 「と思う」というのは、自分が今何を考えているのか(思っているのか)を自分で客観的に見て知ること、です。 これをデカルトさんは「考える」と定義しました。 つまり、今の時代「自分の頭でものを考えるのが苦手」な人が多いとされているようですが、考えるとはつまり「と思うこと」なのだから、誰だってすぐにできることなのです。 というわけで、「頭が悪い女子」とは「自分の方向からしかものを見ることができない女子」のことです。 換言するなら「思い込みが激しい女子」とか「心が狭い女子」ということになるのでしょうか。 偏差値なんてど~でもいいのです。 学歴もど~でもいい(ぼくは42歳の今、大学1年生をしているくらいです)。 相手のありのままを見よう「と思うこと」。 これさえできていれば、人はあなたのことを理知的とか聡明だと評します。 こういうメディアも恋愛も全て同じです。 知能指数や偏差値に関係なくただ理性を働かしさえすれば、たいていのことは上手くいくのです。

次の