シバター 八百長。 シバター

K

シバター 八百長

注意 こちらの記事には 過剰なヘイト表現や、『似たような人物』などの本来の趣旨から離れた内容の書き込みが行われる事があり、それが原因となって編集合戦へと発展する事がたびたびありました。 編集及びコメントをされる場合は、公正な立場・情報を用いて行うようにお願いします。 人物 出生。 経営学部卒業。 本名は齋藤光。 からP'sLAB横浜に入門し、総合格闘家として活動。 からはインターネット上でストリーミング配信を始め、などを経て現在は主にで動画配信を行っている。 「シバター」の名前はのに顔が似ていることに由来し、総合格闘技の兄弟子であるによって付けられた。 佐藤とは本名が1文字違い 「さいとう・ひかる」と「さとう・ひかる」 でもあるが、佐藤の本名は「佐藤弘明」である。 ゲーム実況や商品レビューのほか、釣りや料理などの動画を制作・投稿している。 「物申す系」として知られ、歯に衣着せぬ過激な言動が特徴。 他のYouTuberに対する批判的な意見も多く発しており、インターネット上の炎上騒動などにも言及している。 その活動や姿勢には賛否両論があり、動画コメント欄や匿名掲示板でのアンチコメントも多い。 ただし、自身に対する意見に対しては真摯に討論の場を用意して受け答えをする場合もある。 かなり過激な内容ではあるが、本人は『法に極力触れないギリギリのところでやっている』との持論を持っている。 これは、格闘家・プロレスラーとしての活動に影響するのを防ぐためとしている。 また、ロケの場合は一般人の顔を映さない・企画に不用意に巻き込まないなどといった配慮を行っている。 などのマネジメント事務所には所属しておらず、「株式会社プロレスリングシバター」を法人として立ち上げている。 また、2017年からYouTuberのプロデュースを行なっている。 格闘家としての活動 に所属する・プロレスの舞台にも上がるプロレスラー 本人曰くリアルアマプロレスラー の活動も行っている。 2016年以降はYouTuberとしての活動が多忙なためか、総合格闘技・プロレスのリングに上がる事はほとんどない。 YouTubeでの活動 『人を不快にする動画作り』を掲げ、で再生数を稼ぐのをモットーとしている。 シバターの動画スタイルはニコ生やツイキャス時代に確立されたものと思われる。 当時、他の配信者に喧嘩凸 生配信中にコメントで直接批判するなど をしかけることで他所の配信のリスナーを自分の放送に(アンチとして)引き込み、結果として視聴者数を増やしていたのを、YouTubeでも再生数を稼ぐための手段として取り入れたのである。 もともと炎上系のは数多くいたが、このような手法をYouTubeジャパンに持ち込み、ビジネススタイルとして確立したという点において、シバターはパイオニア的な存在だといわれている。 炎上狙いの過激なパフォーマンスばかりが注目されているが、ニュースやYouTubeの運営体制に関して、真面目な意見を述べることもあり、他の大手が言及しにくいようなビジネスやを取り巻く商業的な事情を詳しく取り上げることもあった。 なお、本人が明かしたところによると『批判対象として挙げている他のYouTuber自体は自分としてはそこまで嫌っているわけではない』とのことである。 ただし、後述のガチTVの頃にシバターに接触して出演するようになった とある一人のYouTuberだけは本当に嫌っているらしい。 総合格闘技やプロレスの試合の動画に関しては特に真摯に制作しており、試合の勝敗関係なしに自身の解説を交えつつ試合内容を振り返っている。 ウェアラブルカメラを装備し、一人称視点で迫力のある試合の様子を撮影する事もあった。 これらは「総合格闘技やプロレスの面白さを、動画を通して知ってもらいたい。 さらに実際の会場に足を運んでもらって知ってもらいたい」という彼なりの想いが込められている。 格闘家・プロレスラーとしての彼は試合に臨む事を真面目に捉えており、2015年の「ZST 49」における平信一選手との対戦後に観客から「八百長」呼ばわりされた事に非常に不快感を表した動画を投稿している。 2015年には『ガチTV』と称した新チャンネルに参加し、主にパチスロ店での新台実践・廃校舎でのホラーゲーム実況プレイといった新しい試みも行っていたが、2016年に脱退。 後に『パチンコ・パチスロ日本代表』でパチンコ・パチスロ実践動画などを再開している。 また、自身と自宅を題材にしたアクション脱出ゲーム『シバターごっこ』がAndroidとiOSにてリリースされており、シバター自身も実際にプレイする動画を公開した。 引退の可能性 2019年6月にYouTubeで新たな動画投稿のガイドラインが追加。 「 不当に炎上を招く、扇動する、または他者を侮辱するコンテンツ」と「 個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ」など、炎上目的の動画もこれに該当する危険がある。 これを受け「 YouTubeからの 引退も視野に入れている」と発言。 しかし、その後も動画投稿を続けており、しばらくは引退を考えていないことが窺える。 関連タグ …動画で目をつけコラボを行う。 関連リンク …メインチャンネル 関連記事 親記事.

次の

シバターが朝倉未来に八百長試合をお願いして炎上!?

シバター 八百長

本人が企画した「嫌いなYouTuber大賞」でも1位を取るくらいには嫌われ者であったりします(最も、この企画自体がヤラセ的な感じのものかもしれませんが) シバターさん本人もその炎上芸を認めており、 自身を「悪役YouTuber」と称したり、チャンネル概要にて「人を嫌な気持ちにする動画をupしております」と明言しています。 本人の芸風も相まって、かなりのアンチがおり、一時期は2ちゃんねる(現在は「5ちゃんねる」)のスレッドにアンチコメントが溢れかえっていたこともあるほどです。 ですが、シバターさんは自分のプロレスラー活動に支障が出ることから「法に触れないギリギリのラインで動画を作成している」と豪語しています。 シバターの動画内容 シバターさんの動画は非常に過激な内容となっています。 こちらの停止理由に関しては「ユーはどうして風〇へ?ポッチャリ専門デリ〇ル嬢みささんの場合」といった過激な動画がスパム扱いされたからであるとされています。 ですが、シバターさん曰く「 スパム要素は全くない」とのことです。 更に動画内にて• YouTubeのアルゴリズムに他の動画が引っかかって駄目になった• 他の動画がスパムとして扱われたかもしれない• その他の原因の可能性も考えられる と、自分のアカウントが停止させられた理由をいくつか推測していました。 結局どれが理由かなどは判明しませんでしたが、2019年6月5日現在アカウント停止は三度行われておらず、事態は沈静化しています。 シバターTwitterアカウント凍結事件 シバターさん、実は Twitterアカウントが永久凍結されるという憂き目にあっています。 過激な発言などが多く、過去に二度も凍結が行われた挙句の処理でした。 更に、シバターさんは別のアカウントを作ろうとも、凍結が繰り返されました。 別人を装ってアカウントを作成しようとも、凍結がされました。 シバターさんが出演したCMは、大阪や奈良でパチンコ店を経営している「 K-POWERS」のものです。 シバターさんはパチンコ・パチスロの実践用YouTubeアカウントも運営しているため、それの縁で出演が決まったのでしょう。 近年「 ヒカキン」さんや「 すしらーめんりく」さんといったYouTuberの地上波進出が数多く見られています。 しかし、それらのYouTuberは有名なことに増して、事務所に所属しているという特徴があります。 そんな中 シバターさんのようなフリーのYouTuberが地上波に進出するというのは前代未聞で、シバターさんもCM動画内のメイキングにて「大きな事務所に入らなくてもテレビCM出れるんだぜ!」と喜びを露わにしています。 尚、シバターさん出演のテレビCMは当初関西地区のみでの放送であるとされていましたが、今後は 関西地区以外の放送もあるとの話です。 まとめ プロレスラーであり総合格闘家でもある、自称「悪役YouTuber」の『シバター』さんは• 2013年から活動を行い続けている炎上系YouTuber• 動画内容はかなり過激で、モノ申す系YouTuberの中でも非常にアンチも多い• モノ申す系動画以外にも料理動画、パチンコ・パチスロ実践動画、プロレスの真面目な動画なども投稿している• YouTubeアカウントは2度の停止、Twitterアカウントは永久凍結が行われている• 2019年6月より放送されたパチンコ店経営会社「K-POWERS」のテレビCMに出演している とのことです。 いわゆる「炎上芸」と呼ばれる、他人の悪感情を煽って話題を呼ぶことを得意とするシバターさん。 今後の活動がどのように行われていくのか、注目が集まります!.

次の

お前ら「シバターの嫁が!娘が大変なことに!!!」 ワイ「顔くらい晒されてるんだよな?」

シバター 八百長

本人が企画した「嫌いなYouTuber大賞」でも1位を取るくらいには嫌われ者であったりします(最も、この企画自体がヤラセ的な感じのものかもしれませんが) シバターさん本人もその炎上芸を認めており、 自身を「悪役YouTuber」と称したり、チャンネル概要にて「人を嫌な気持ちにする動画をupしております」と明言しています。 本人の芸風も相まって、かなりのアンチがおり、一時期は2ちゃんねる(現在は「5ちゃんねる」)のスレッドにアンチコメントが溢れかえっていたこともあるほどです。 ですが、シバターさんは自分のプロレスラー活動に支障が出ることから「法に触れないギリギリのラインで動画を作成している」と豪語しています。 シバターの動画内容 シバターさんの動画は非常に過激な内容となっています。 こちらの停止理由に関しては「ユーはどうして風〇へ?ポッチャリ専門デリ〇ル嬢みささんの場合」といった過激な動画がスパム扱いされたからであるとされています。 ですが、シバターさん曰く「 スパム要素は全くない」とのことです。 更に動画内にて• YouTubeのアルゴリズムに他の動画が引っかかって駄目になった• 他の動画がスパムとして扱われたかもしれない• その他の原因の可能性も考えられる と、自分のアカウントが停止させられた理由をいくつか推測していました。 結局どれが理由かなどは判明しませんでしたが、2019年6月5日現在アカウント停止は三度行われておらず、事態は沈静化しています。 シバターTwitterアカウント凍結事件 シバターさん、実は Twitterアカウントが永久凍結されるという憂き目にあっています。 過激な発言などが多く、過去に二度も凍結が行われた挙句の処理でした。 更に、シバターさんは別のアカウントを作ろうとも、凍結が繰り返されました。 別人を装ってアカウントを作成しようとも、凍結がされました。 シバターさんが出演したCMは、大阪や奈良でパチンコ店を経営している「 K-POWERS」のものです。 シバターさんはパチンコ・パチスロの実践用YouTubeアカウントも運営しているため、それの縁で出演が決まったのでしょう。 近年「 ヒカキン」さんや「 すしらーめんりく」さんといったYouTuberの地上波進出が数多く見られています。 しかし、それらのYouTuberは有名なことに増して、事務所に所属しているという特徴があります。 そんな中 シバターさんのようなフリーのYouTuberが地上波に進出するというのは前代未聞で、シバターさんもCM動画内のメイキングにて「大きな事務所に入らなくてもテレビCM出れるんだぜ!」と喜びを露わにしています。 尚、シバターさん出演のテレビCMは当初関西地区のみでの放送であるとされていましたが、今後は 関西地区以外の放送もあるとの話です。 まとめ プロレスラーであり総合格闘家でもある、自称「悪役YouTuber」の『シバター』さんは• 2013年から活動を行い続けている炎上系YouTuber• 動画内容はかなり過激で、モノ申す系YouTuberの中でも非常にアンチも多い• モノ申す系動画以外にも料理動画、パチンコ・パチスロ実践動画、プロレスの真面目な動画なども投稿している• YouTubeアカウントは2度の停止、Twitterアカウントは永久凍結が行われている• 2019年6月より放送されたパチンコ店経営会社「K-POWERS」のテレビCMに出演している とのことです。 いわゆる「炎上芸」と呼ばれる、他人の悪感情を煽って話題を呼ぶことを得意とするシバターさん。 今後の活動がどのように行われていくのか、注目が集まります!.

次の