リクルートカードプラス メリット。 リクルートカードプラスを今更ながら解説!今後はどうなる?

リクルートカードプラスは更新される!新規募集停止後も還元率2%は健在です。

リクルートカードプラス メリット

リクルートサービスの利用で還元率大幅アップ• ポイント有効期限は実質無期限(1回使うと1年延長タイプ)• 充実した海外・国内旅行傷害保険が自動付帯• 2013年5月30日に登場した後発組のカードです。 今出回っているカードよりも、1段階スペックが高い印象を受けます。 現状最高還元率のクレジットカードなので、 メインカードとしても最有力候補と言っても良く、 特に リクルートのサービスを使う人におすすめのカードです。 この非常に高い還元率がリクルートカードプラスの最大の特徴になります。 年会費 リクルートカードプラスの年会費は、2,000円+税です。 家族カードの年会費は、1,000円+税です。 ETCカードの年会費は、無料です。 ポイントの使いやすさ 貯まるポイントはPontaになります。 共通ポイントのPontaは、ローソンなどのリアル店舗や、 インターネット上でも使えるので使い道は多いです。 また、さらにdポイント(ドコモの共通ポイント)にも交換可能なので、 ドコモのケータイ料金にも使うことができます。 Pontaの有効期限は、 ポイント変動(たまる、使う)から1年になるので、 実質無期限と言っても良いと思います。 国際ブランド 国際ブランドは、JCBのみとなります。 付帯保険 海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高3,000万円です。 国内旅行傷害保険は、自動付帯で最高3,000万円です。 ショッピング保険は、最高200万円です。 デメリット リクルートカードプラスのデメリットは、 年会費が有料な点と、ポイントの使い勝手です。 年会費については、年間利用額が30万円以上であれば、 十分に元を取れます。 もし、30万円未満なら、「」の方がおすすめです。 ポイントは、Pontaを使う機会のない人にとっては、 ちょっと使いにくいかもしれません。 クレ活では、普段Pontaやリクルートを使っていない人でも、 活用できる方法を模索しました。 その結果が「」にありますので、 参考にしてみてください。 他の超高還元率カードとの比較 同じ超高還元率と言われる、以下のカードと徹底比較しています。 漢方スタイルクラブカード• REXカード• リーダーズカード それぞれ、1対1での総当り比較をしています。 「」 「」 「」 この4枚の超高還元カード同士の比較もしています。 「」 カードを決めるうえで、参考にしてみてください。 年会費が有料なので、年会費をペイできる年間利用額が必要です。 もしリクルートカードか、リクルートカードプラスのどちらが良いかわからない人は、 「」が参考になります。 リクルート系サービスを使う人、Pontaを使う人はもちろん、 純粋な高還元率カードを探している人におすすめです。 リクルートカードプラスの新規申し込みは終了しました。 をおすすめします。

次の

史上最強の還元率!リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードプラス メリット

こんにちは、です。 さて最近話題のクレジットカードである リクルートカードの紹介です。 リクルートカードの出血大サービスな入会キャンペーンに踊らされて入会したのですが、半年ほど使ってみて退会することに決めました。 今回は 半年使ってみて感じたメリットとデメリットを書いてみようと思います。 しかし、その点は自分でセーブすればいいだけの話ですし、お得なことにポイントもたまるのでいつも積極的に使っているタイプです。 入会キャンペーンが贅沢 入会キャンペーンに関してはどのクレジットカードでも大盤振る舞いなことが多いのですが(入会した後に、めんどうで退会する人が少ないため)、その中でもリクルートカードの入会キャンペーンは軍を抜いていると思いました。 上の画像を見てもらえばわかるようにリクルートカードの入会キャンペーンは だいたい7,000pから10,000pの範囲でポイントが貯まります。 楽天カードの入会キャンペーンのように分割でポイントが振り込まれますがそれでもすごいことです。 しかもリクルートポイントは じゃらん、HOT PEPPER、ポンパレ、ポンパレモールなんかで使えるので使える範囲も広いのがグッド! 正直に言って入会キャンペーンを目当てにリクルートカードを作るだけでもいいと思います。 高還元率も魅力! しかもリクルートカードの魅力は高還元率なところです! なんと普通のリクルートカードで 1. 楽天カードですら1. またリクルートのサイトであるじゃらん、HOT PEPPER、ポンパレなんかだと別途ポイントがつくのでこの点も非常に嬉しいです。 その他にも海外旅行保険も少しついていたりするのでその辺りもメリットになるのではないでしょうか。 ただし使いにくい点も。。。 ただデメリットもあります。 そしてそこで僕は退会を決めました。 まずはいくらポイントが貯まってもリクルートのサイトを使っていない僕としては使いたくても使えなくて非常に困りました。 僕は宿泊に関しては 楽天ゴールドカードを使った裏技を使っているし、ポンパレもほぼ使わないので結局、モノが購入できるポンパレモールでポイントを使用していました。 でもポンパレモールの商品ってすごく高いんです。 書物などが定価なのは仕方ないにしても家電や食品を購入しようとしても定価で販売しています。 楽天のヘビーユーザーである僕からしたらこれはありえないです。 ポイント還元率が高くても結局欲しい物が楽天よりも高ければ意味がありません。 またその他にも楽天カード以上にカードデザインがダサいことや、必要でないクレジットカードをあまり複数所持したくないという気持ちもあり今回は退会を決断しました。

次の

リクルートカードを半年間使って感じたメリット・デメリットとは

リクルートカードプラス メリット

リクルートカードプラスユーザーのneronaです。 この記事ではリクルートカードプラスの更新はできないの?という疑問にお答えします。 結論からいうと 「更新できます」。 クレジットカードの専門誌でも 還元率2%で長くおすすめ1位をとっていたのがリクルートカードプラスです。 しかし2016年3月15日に新規入会が停止されました。 現在も復活は困難な幻のクレジットカードになってしまいました。 もし高還元率のクレジットカードを探しているならおすすめは「リクルートカード」です。 こちらは 年会費無料で還元率1. 2%です。 有効期限がきたらおしまいなのかなと思っていたら、なんと更新のお知らせがやってきました。 もくじ 読みたいところへ飛べます• リクルートカードプラスの更新案内が到着! 3月追記 実際に新しいリクルートカードプラスが到着しました。 ====== いつもリクルートカード プラスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 2020年1月より有効期限の月末までに、現在ご登録の住所・送付先に 順次新しい有効期限のカードの送付を予定しています。 つきましては、カードをお届けするため、届出内容をご確認ください。 また、カードをお届けできなかった場合は、JCBから連絡をすることがありますので、携帯電話番号を登録されていない方はこの機会に登録をお願いします。 ========= ふつうのリクルートカードにでもなるのかと思ったら、新しい有効期限で来るとのことです。 更新されたリクルートカードプラスが届いた方を発見! リクルートカードプラスの更新カードが届きました。 2013年に誕生し、2016年に新規申込終了したカードですが、更新カードのお知らせもなくちょっと不安でした。 どうやら今回の更新で 「7年間」に伸びたようです(以前は「5年間」でした)。 公式: 既にリクルートカード・プラスを受け取っている方を他にも見つけました。 限度額が150万円になった方もいました。 そして翌日の 2019年8月16日から2019年12月15日まで還元率20%キャッシュバックキャンペーンが開催されていますが、リクルートカードプラスも対象です。 上限1万円まで還元されます(5万円の利用が目安)。 リクルートカードプラスの還元率はもともと2%なので、合わせてなんと 還元率 22%です! 事前エントリー必須なので、下記の公式サイトでご確認ください。

次の