猫のわさびちゃん。 大家族『わさびちゃんち』と保護猫たち

ありがとう! わさびちゃん:カラスに襲われた子猫は天使になった

猫のわさびちゃん

5月の末に里親のもとに迎えられたもしもし(左)とはいはい(右)。 3年前、SNSで話題になった子猫のわさびちゃん。 飼い主だった母さんは、今も子猫の保護活動を続けている。 5月の末に2匹の子猫の里親が見つかってほっとしたのも束の間、6月18日に新たに生まれたばかりの6匹の子猫を保護して、大忙しの日々を送っている。 5月27日、一匹の子猫が里親さんに家族として迎えられた。 保護名「はいはい」。 新しい飼い主さんには「VIVO(ビーボ)」と名づけられた。 遅れること半月の6月13日、はいはいの兄弟「もしもし」も、新しい家族との生活がスタートした。 この子猫たちは3月31日、札幌市南区の住宅街で、野良の母猫が生んだ6匹のうちの2匹。 本来なら過酷で辛い野良猫生活を強いられるはずだった。 6匹の子猫は、わさびちゃん母さんに助けられた。 わさびちゃん母さん(以下、母さん)は、カラスに襲われ瀕死の状態の子猫わさびちゃんを父さんと一緒に救出、懸命の介護をし、日に日に元気になっていったわさびちゃんの様子をツイッターで発信したことで知られる。 懸命に生きようとするわさびちゃんの姿や、小さな命をいつくしむ父さん母さんの姿を綴った書籍『ありがとう!わさびちゃん』(小学館)は、多くの人々に影響を与えた。 わさびちゃんが亡くなった後、「わさびちゃんが教えてくれたこと」を胸に、野良猫の保護活動を始めた母さんが、最初に保護した子猫が一味ちゃんたち兄妹子猫。 その成長の記録も『わさびちゃんちの一味ちゃん』としてまとめられた。 その結果、野良猫たちの実態や実際に保護され幸せを掴んだ猫たちのルポが多くの人を勇気づけた。 さらに、『ありがとう!わさびちゃん』を原作とする児童書『わさびちゃんとひまわりの季節』も小学生の推薦図書に選ばれている。 この3冊の「わさびちゃんシリーズ」は、累計21万部を突破するベストセラーになり、多くの不幸な猫たちが救われるきっかけを作った。

次の

ありがとう! わさびちゃん:カラスに襲われた子猫は天使になった

猫のわさびちゃん

実際に動物の保護活動などをしていること• 実際に動物の保護活動などをしていること• 法人であること• 当サイトに掲載されているペットの里親を希望されている方に対し、掲載していないペットの有料譲渡のお話をされる事も禁止致します。 また、金額を確定しない寄付金の受付・請求は禁止致します。 性格・特徴 【ブログ】 【愛称】わさび 【性別】メス 【年齢】10才以上のシニア 【毛色】グレー・長尾 【体重】2. 8キロ 【人馴】全く問題なし 【性格・その他】腎臓の数値がやや高めですが、投薬が必要なほどではないそうで、普段から水を多めに飲ませるようにしています。 左半身に麻痺があるため寝たきりです。 麻痺の原因を調べるためにCT検査もお願いしてみましたが、特に異常は見つかりませんでした。 関節炎がみられるため、サプリで対応しています。 この関節炎が麻痺の原因の一つになっている可能性もあります。 寝床にトイレシートを敷いておけば、寝たままではありますがトイレは自力で排泄できます。 ご飯も自分で食べることが出来ます。 介護が必要ですが、抱っこが大好きなおばあちゃん猫のわさびちゃんをよろしくお願い致します。

次の

『ありがとう!わさびちゃん』

猫のわさびちゃん

猫がわさびを食べた!早急に処置したい時の対処法とは? まずは猫がわさびを食べてしまい、 早急に処置したい時の対処法を 知っておきましょう。 次の4手順で処置してください。 手順1:食べた量を確認する わさびは刺激的すぎるため 猫は食べてはいけませんが、 毒ではありません。 そのため、食べた量によっては なにも対処しなくても大丈夫です。 大丈夫な量は猫の体重によって違いますが、 私たちがお刺身に付けるくらいの量なら まず問題ありません。 多少の下痢や嘔吐があるかもしれませんが、 1日程度で治まります。 しかし、 ティースプーン1杯以上食べた場合は 刺激が強すぎて 内臓を傷付ける恐れがあります。 手順2以降を参考に、対処してください。 手順2:吐かせる わさびを食べてすぐなら、 吐き出させましょう。 舌の付け根を指やボールペンなどで 軽くつつくと、 ゲホっと吐き出してくれます。 吐かせるときに よく塩水が飲ます人がいますが、 逆に危険なのでやめましょう。 塩分の取りすぎで 腎臓に障害がでる恐れがあります。 Sponsored Links 手順3:なにか食べさせる 手順2をやっても 吐き出してくれなかった場合は、 なにか食べさせて胃を保護しましょう。 胃にわさび以外のものを入れることで、 胃壁が刺激されないようにするのです。 いつものフードをふやかして 消化しやすくして与えてください。 食べさせる量は いつもの半分くらいで大丈夫です。 手順4:様子を見て病院へ 猫の様子を、 12時間ほど注意深く観察しましょう。 激しい嘔吐や下痢を起こした場合は、 動物病院へ連れていってあげてください。 胃洗浄をしたり、 整腸剤や胃腸薬を処方してもらえます。 猫がわさびを食べるとどうなるの? そもそも、 猫がわさびを食べると どうなるのでしょうか? 猫がわさびを食べると、 内臓が炎症を起こして 胃腸障害になる恐れがあります。 わさびの刺激成分が 胃壁や腸壁を傷付けるのです。 わさびをしつけに利用するときは 『節度を守る』 『食べさせない』 の2つを守ってくださいね。 一味・からし・唐辛子・・・猫に刺激物は与えるのは危険? わさびだけでなく、 一味・からし・唐辛子などの刺激物も 猫には危険です。 人間でも、辛い物を食べると お腹を下してしまう人がいますよね? あれは胃や腸が過度に刺激を受け、 炎症を起こしてしまっているのです。 それと同じで、 わさびや一味など刺激は 猫にとっては強すぎるので、 内臓が炎症を起こしてしまうのです。 うっかり刺激物を 食べてしまわないように、 管理を気を付けてあげてくださいね。 まとめ いかがでしたか? 猫がわさびを食べた時には、• 食べた量を確認する• 吐かせる• なにか食べさせる• 様子をみて病院へ という順番で対処をしましょう。 わさびなどの刺激物は 猫の消化気管を傷付け、 下痢や嘔吐などを引き起こします。 わさび・唐辛子・一味などの管理には 十分気を付けてあげてくださいね。

次の