行政書士 学習期間。 行政書士合格に必要な勉強時間と開始時期を徹底解説!【初学者~上級者対応】

【行政書士試験】18歳一発合格者の勉強法とは?勉強時間は?

行政書士 学習期間

・行政法と民法で156点 8割 ・情報通信・個人情報保護と文章理解で24点 です。 一般知識分野の問題は、普段からニュースを見ていたり、学生の頃の知識で解ける問題も多いです。 無理に詰め込まなくともある程度得点できるでしょう。 行政書士試験は大半が5択問題なので、運任せに回答しても5分の1は得点できます。 勉強する範囲を無理に広げず、力を入れる部分と入れない部分を見極めるのが大切です。 次の風邪に関する文章において[ア]~[カ]の薬を『A:対症療法薬』と『B:原因療法薬』に分けた場合、正しい組み合わせになっているのはどれか。 医学の世界ではしばしば「[ア:風邪薬]を発明したらノーベル賞もの」とささやかれるが、これを聞くと疑問に感じる人も多いのではないかと思う。 なぜなら、薬局にいけば[イ:風邪薬]ならいくらでも売っているし、風邪で病院にいけば基本的にどの病院でも[ウ:風邪薬]を処方してもらえるからである。 しかし、これらの[エ:風邪薬]は、風邪の主な症状である鼻水・鼻詰まり、咳、熱、痛みなどを抑える『A:対症療法薬』に過ぎず、風邪の原因を絶つ『B:原因療法薬』ではない。 これだけ医学が進歩している現在において、一番身近な病気と言える[オ:風邪を治療する薬]が、実は存在していないという事に違和感を覚える方も多いと思われるが、そもそも、風邪というのは医学的には、単一の疾患ではなく、原因となる病原体に関係なく共通した症状の総称として、かぜ症候群とされている。 その原因の大半は、様々なウイルス・細菌感染によるものであるが、この病原体の種類は現在において知られているだけでも、200を超えており、どの病原体が原因なのか診断するのも困難であるというのが、[カ:風邪薬]の発明を難しくさせている大きな要因である。 出典:合格道場オリジナル文) 次に掲げる情報のうち、原則として「個人情報の保護に関する法律」によって、個人情報として保護の対象とならないものはどれか。 外国人の個人情報 2. 法人の有する従業者情報 3. 未成年者の個人情報 4. 電話帳等により既に公にされている個人情報 5. 死者の個人情報 そのため、 行政書士の勉強は「行政法」「民法」でいかに得点できるかがポイントなのです。 行政法のほうが出題数が多く難易度も低めなので、先にマスターするべきだと考えるかもしれません。 しかし、 行政法では「民法では~~だが、行政法では?」という出題をしてきます。 民法を知らないとそもそも回答できない仕様 です。 この部分を飛ばして勉強してしまうと、結局民法を勉強した後に1からやり直すことになるので非効率ですね。 独学で行政書士に受かる人の学習期間 「〇か月あれば行政書士に合格できますか?」という質問を耳にすることがあります。 正直それはナンセンスです。 1日3分の勉強を1年続けても合格は難しいですし、1日15時間の勉強を続ければ1,2か月で合格できるかもしれません。 結局はあなたの勉強量次第です。 ただ、冒頭で触れた通り平均勉強時間は600時間です。 合格に必要な勉強量が600時間だと仮定し、あなたが1日に勉強に充てられる時間から勉強期間を逆算してみましょう。 試験まで9か月以上 これくらい期間があれば余裕をもって合格できるのではないでしょうか。 2時間 毎日2. 2時間勉強すれば合格できる計算ですね。 もし2. 2時間とれないようなら1年程度期間を取ると約1時間40分になります。 あまり期間を長く取るのも飽きる要因になると思いますのでオススメしませんが余裕はできますね。 それに上記の計算は平日休日関係なく均等割りしているので、休日多めに勉強することで更に期間を短くすることが可能です。 試験まで半年 できないことはありあませんが、非常に厳しい学習期間ですね。 3時間 月あたり100時間と聞くとちょっと気後れしちゃいますよね。 これくらいしか期間がないと 必然的に勉強中心のライフスタイルになります。 スキマ時間にうまく勉強するスキルが求められます。 試験まで3か月 これだと願書を出す時期に勉強を始めるってことです。 めちゃくちゃ厳しいです。 6時間 休日に12時間づつ勉強した場合でも平日に4. 平日22日・休日8日計算 大学生が夏休みを使う場合や、休職中の方ならできるかもしれませんがオススメはできません。 試験までこれくらいの時間しかないのなら 翌年度の試験で合格することを視野に入れ勉強すると良いかもしれません。 ただ、時間がたくさんあるからと言って、やる気があるのに何もしないのはもったいないです。 興味がわいたときに始めるのが1番知識の吸収も早いですからね。 ただその場合でも試験はちゃんと受けましょう。 雰囲気を知っておくのは大切ですし、あなたの理解が足りない部分も浮き彫りになります。 社会人が独学で合格するためにはスケジュール作りが必須 社会人が独学で行政書士に受かるにはスケジュール作りが必須です。 TACやLECといった予備校に通うのならば、特にスケジュール管理をしなくても言われたとおりに勉強していけば問題なく合格できるでしょう。 ただ、独学で目指す場合はそうはいきません。 がむしゃらにたくさん勉強して合格できるのは、時間がたくさん取れる学生時代までです。 社会人として働いているとまとまった勉強時間をとれないのが実際のところですよね。 ・早く起きて勉強したかったけど昨日の残業が響いて起きられない… ・20時から勉強するつもりが急に仕事を振られて残業… ・休日に勉強したかったけど家族サービスが… これらの問題を抱えながら行政書士に合格するためには、これまで紹介してきた 「重要なポイントに絞った勉強」「勉強する科目の順番」が大切になります。 「重要なポイントに絞った勉強」「勉強する科目の順番」を抑えた前提で、もう1つ社会人が独学合格するためのポイントを上げるとするならば、 「空き時間を有効活用した勉強スタイル」です。 空き時間に勉強するスタイルが大切 行政書士に合格したければ、休日の勉強だけでなく平日もしっかり勉強する必要があります。 でも机に座って勉強できる時間って全然取れませんよね? ちょっと予定が狂っただけで勉強できる時間は激減しますし、そもそも仕事が終わったあとのクタクタの状態だと机の前に座るだけでも一苦労です。 社会人が国家資格に合格したかったら机の前に座る時間を無理やり確保するのではなく「空き時間」に勉強するのがベストな方法です。 「通勤時間」 「昼休み」 「移動時間」 「家事をしている時間 音声教材を使える 」 これらの時間を上手く活用できると、勉強時間がぐっと増えます。 しかし、これらの空き時間で勉強しようとしても 紙のテキストだとなかなか上手く勉強できないことが多いです。 満員電車だったらテキストを開くことは難しいですし、職場の昼休みにテキストを広げているとあらぬ噂を立てられることもあります。 本当に転職したくても次が決まるまでは黙っておきたいですよね これらを解決してくれるのが 「音声・動画のテキスト」です。 行政書士に独学で目指すなら動画・音声のテキストがおすすめ 最近は 「」というテキストをはじめとして、動画・音声が作りこまれているテキストが増えています。 スマートフォンが普及したことで、勉強のスタイルも広がったことが要因でしょう。 動画・音声教材ならスマートフォンやタブレットがあれば空き時間に勉強ができるので、平日でも勉強時間を確保できます。 いまなら 無料で体験講義を受けられるので1度受講してみましょう。 講師との相性もあるので、いきなり購入するのではなく体験講義を試すことをおススメします。 お金を気にする方も、予備校に通うよりもかなり安く始められるので、独学で試験勉強をするなら確認してみると良いですよ。

次の

行政書士合格に必要な勉強時間と開始時期を徹底解説!【初学者~上級者対応】

行政書士 学習期間

通信講座を利用して試験準備を! こちらでは通信講座を利用した時の試験準備のすべてをお伝えします。 私も概ね、以下の考え方・過ごし方で合格しています。 若輩者のアドバイスではありますが、十分参考にはしていただけると思います。 800時間以上は勉強する 私自身も総学習量については、ネットで最も多く見受けた 800~1000時間を目安にしました。 絶対に800時間だけは超えると決心して、結果的には912時間まで行きました。 このことから逆算すると、学習開始時期は2月か、遅くとも3月には取り掛かることをお薦めします。 総学習量800時間は、3月スタートですと1日も勉強しない日がないとして1日平均3時間がノルマとなります。 私は2月スタートでした。 900時間を超えるには、やはりそれくらいの期間が必要かなと思います。 試験準備期間を3分割する 8~9ヶ月間の学習期間を、 「基礎力養成期」「応用力養成期」「総仕上げ期」の3つのイメージで取り組むことが大切です。 特に法律を勉強するのが初めてという方は、この3段階ステップを踏むことを守ってください。 「基礎力養成期」の心得は特に大切です。 その日の学習範囲を確認するミニテストなどは別として、この時期、問題演習にはなるべく手をつけないことです。 最初の3ヶ月はとにかくインプット一辺倒で進みましょう。 私は「基礎力養成期」を3ヶ月として、この間、行政法と民法、憲法を、テキストとDVDで5回繰り返しています。 この繰返しで憲法とは民法とはなんぞや、が大体イメージできるようになります。 「応用力養成期」は基礎力養成期より、少し長めの期間を確保します。 応用力養成期は問題演習の期間とはいっても、結局、テキストに戻る振り替えし学習が必要になるからです。 理解したテキストの内容を暗記の域まで持ち込むのもこの時期です。 つまり基礎力を養う最初の3ヶ月で大切なのは、理解をする学習ということになります。 自宅で毎日2時間学習する 古い諺で恐縮ですが「継続は力なり、習慣は力なり」の言葉は真実です。 わずかな時間でも、毎日勉強を続けることが大切です。 現実的には、 1日2時間の自宅学習の柱があることで、トータル800時間を超えていけるように思います。 早朝の時間活用など、生活習慣の見直しから始めることをお薦めします。 それからここでも通信講座のプッシュになりますが、DVDやCDなどの教材を活かすと、外出先でのいわゆる「スキマ時間」を活用しやすくなります。 一発合格には、試験期間の全体をおおまかに見通す俯瞰力も大切ですので、ここでのアドバイスもぜひ参考にしてみてください。 みなさんの合格を祈願しています。 がんばってください!.

次の

行政書士受験、学習時間どれくらい?

行政書士 学習期間

憲法 人権をメインに学習。 判例についても主要判例は全てマーク。 テキストより、 過去問をメインに対策してました。 基礎法学 テキストに記載のものは知識として覚えやすいのでそのままインプットします。 過去問がとても重要です。 出題数は2問なので1問は確実に取れるようにテキストに書いてあるものは答えられるようにしました。 行政法 ほぼ網羅的に学習です。 出題範囲も広いので弱点を作らないことが大切だと思います。 また要件が多いものについては語呂合わせなど作ったりして覚えていました。 テキストの読み込みと問題集どちらも大事だと思います、また 法改正には敏感に対応すべき分野でもありますね^^ 民法 物権、債権分野の出題が多いです。 自分が受けた年は家族法分野もいくつかありましたね。 民法の問題はなかなか細かい要件を問うてきたりしますし、判例からも出ます。 問題にクセがあるので過去問でどのような 聞き方をしてきてるのか確認して慣れるのもたいせつです。 商法 会社法 出題は計5問ですが最低限テキストに書いているものは抑えると良いでしょう。 自分はあまり深く時間を割き過ぎると他の科目が疎かになるので比較的軽めのウエイトで抑えていました。 一般知識 行政書士試験用テキストに記載の内容と過去問を繰り返し解くことです。 また、近似の行政の動きなども出題されたりするため予想模試も比較的効果的です。 ある程度出題される範囲は決まってますがそれらが広いので対策が難しいですがこちら 6 問取れないと足切りになってしまうため確実に取る問題 自分なら文章読解と行政機関個人情報保護など関係法令など を取るスタンスがベストかと思います。 記述 記述にあっては足切りというのが直接的にないので対策は人によるかと思いますが自分は合格革命の40字記述・多肢選択問題集を直前にやりましたが類似問題が出たので得点に結びついたところもありました。 行政法では条文、民法は条文と主要判例が主な出題なのでそこを中心に勉強すべきです!! 勉強していたらモチベーションが下がる事もあると思います。 そんな時は試験合格したあとのビジョンを考えたり、メリットを考えてより一層合格したい気持ちを持つことが大事だと思います。 行政書士試験はきちんと試験対策をすれば独学でも全然受かる資格だと思います。

次の