バチンウニ エレキメイカー。 バチンウニ (ばちんうに)とは【ピクシブ百科事典】

バチンウニ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バチンウニ エレキメイカー

バチンウニ(夢特性:エレキメイカー) エレキメイカーを持っているのはバチンウニです。 夢特性なのでマックスレイドバトルでゲットする必要があります。 バチンウニの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 48 101 95 91 85 15 バチンウニはどう育てるのがいい? 電気タイプには珍しく水技を取得できるポケモンになっているのが特徴です。 アクアブレイクや熱湯、ダブルであれば濁流も使えるので苦手な地面タイプのポケモンにも打点が持てて良いですね。 威力80のびりびりちくちくを覚えるとはいえ、威力90の10万ボルトも使いたいので物理にするか特殊にするかは迷うところです。 遺伝技で 不意打ちを取得するため、不意打ちの威力を上げたい人は物理型にしましょう。 特殊型にする場合も不意打ちは覚えておくと便利かと思います。 イエッサン(夢特性:サイコメイカー) サイコメイカーを持っているのはイエッサンです。 夢特性なのでマックスレイドバトルでゲットする必要があります。 ラティオスやラティアスも時代が違えば同じポケモン扱いだったのかもしれませんね。 技編成はサイコキネシス、またはサイコショックと、苦手な鋼タイプに有効打を持てるマジカルフレイムはほぼ確定になるでしょう。 残りの技はマジカルシャインで悪にも打点を持てるようにしたり、瞑想を搭載してみたりするといいかもしれません。 サイコメイカーと猫騙しの相性が悪いので、このケースでは通常特性の せいしんりょくを使うといいですね。 相手に素早い猫持ちがいても、こちらも猫を通していけるのがとても偉いです。 ガラルマタドガス(夢特性:ミストメイカー) ミストメイカーを持っているのはマタドガス(ガラルの姿)です。 夢特性なのでマックスレイドバトルでゲットする必要があります。 ガラルマタドガスの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 65 90 120 85 70 60 ガラルマタドガスはどう育てるのがいい? 特攻より攻撃のほうが種族値が高いですが、特殊技が圧倒的に豊富なので物理技よりも特殊技を使っていったほうが良さそうです。 ダブルでは全体技の熱風やマジカルシャインを覚える点も見逃せませんね。 マタドガス自体が鬼火や毒毒などの状態異常を使っていきたいポケモンなのですが、ミストメイカーの特性のせいで戦いにくくなってしまっています。 ミストメイカーは味方にも恩恵のあるダブルで採用していくべき特性で、シングルでは通常特性のふゆうかかがくへんかガスを選択すると良いでしょう。 HPが低いポケモンなのでHPには努力値を振りたいところです。 残りはBに振って物理受けにするもよし、Cに振って火力を上げるもよしといったところでしょうか。 しかし、通常プレイでは入手できない個体となっているようです。 ゴリランダーの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 100 125 90 60 70 85 ゴリランダーはどう育てるのがいい? ゴリランダーは合計種族値530もありながら、特攻が60で抑えられているのが特徴です。 またHPと防御・特防のバランスも悪くないため、まさに理想的な種族値を誇っていると言えるでしょう。 ゴリランダーは地面技の地震や10万馬力を取得したり、専用の草技であるドラムアタックで素早さ操作もできるポケモンとなっています。 フェアリーがついていないので耐性は期待できませんが、カプ・ブルルとはまた違った戦い方ができそうなポケモンなので期待は高まります。 早く解禁してほしいですね! まとめ ポケモン剣盾でのメイカー特性持ちは、種族値が控えめだったり、フィールドと相性の悪いポケモンが持っていたり、かなり使いにくいものとなっています。 ですが、メイカー系の特性は場に出すだけで仕事のできる強力な特性です。 未解禁のゴリランダーについても解禁が待たれます。 剣盾のメイカー持ちの中でも圧倒的に高種族値なので期待できますね!•

次の

バチンウニの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

バチンウニ エレキメイカー

【ポケモン剣盾】バチンウニの育成論と対策【超火力雷神トリルアタッカー】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は鎧の孤島で超絶強化されたバチンウニについて育成論と対策を見ていきたいと思います。 バチンウニの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【バチンウニの特徴1】夢特性:エレキメイカー バチンウニの一番の特徴といったら場に出しただけでエレキフィールドをはることができる夢特性エレキメイカーでしょう。 眠り無効、電気技1.3倍というフィールド効果はダイサンダーでおなじみです。 通常はダイサンダーでエレキフィールドをはることが普通ですが、ダイマックスを切らずともエレキフィールドをはれるのはバチンウニを採用する一番大きな理由になるでしょう。 【バチンウニの特徴2】威力273の新技ライジングボルト バチンウニが超絶強化されたというのは、鎧の孤島で新規追加されたライジングボルトがあるからです。 もともとの威力は70と低めなのですが、エレキフィールドのときかつ相手が地面に接している(特性ふゆうのロトム系やサザンドラ、飛行タイプのトゲキッスなどは例外)に使うと威力が2倍になる特徴を持っています。 もしこだわりメガネを持たせた場合、さらに1.5倍の威力409となり凄まじい火力を出すことができます。 【バチンウニの特徴3】超鈍足 バチンウニのステータスを見てみると、素早さ種族値が15と全ポケモンの中でも指折りの鈍足ポケモンです。 普通に使った場合は上から殴られてしまい、カビゴンのように超耐久というわけでもないので1回行動できるかできないかという弱いポケモンですが、逆にこの特徴を利用してトリックルーム下で活躍させることができるでしょう。 (一応エレキシードをもたせればBが1段階上昇して耐久性能が向上しますが、これはあくまで物理アタッカー対面のみの性能UPになります。 トリルミミッキュ+ハチマキウオノラゴンの戦術に似ていますね。 ダイマックスせずともダイマックス相手を落とせる火力を出すポケモンはウオノラゴンやヒヒダルマなど数えるほどしかいませんが、その中の1体が今まで誰も予想していなかったバチンウニです。 バチンウニの育成論と戦い方 今までは頭一つ抜けた高火力技がなかったのでサポート系でしたが、これからはライジングボルトを活かす新しい戦い方がメインとなるでしょう。 【バチンウニの育成論】トリルアタッカーバチンウニ• 特性:エレキメイカー• 個体値:AS抜け4V(Sは逆V推奨)• もちもの:こだわりメガネ・命の珠• わざ:ライジングボルト・ハイドロポンプ・ふいうち・おきみやげ 特徴 基本ムーブはトリックルーム下で出してライジングボルトを連打するだけです。 どうしてもパーティ単位でつらい相手にはおきみやげ要員としてだして起点作成からエースを通したり、ラス1できあいのタスキなどでHPが1だけ残ったような相手にはふいうちで縛ることもできます。 陽気エースバーンの命の珠かえんボールくらいなら耐えます。 ダイバーンまで耐えたい場合はH252B140までふる必要があります。 どちらに振るかは実際に2〜3戦ランクバトルをしてみてどんな相手と対面しやすいかを戦いつつ調整するのがいいでしょう。 耐久に振らず1回しか行動できないよりも、耐久に振って2回行動できたほうが確実に合計火力は高いです。 ライジングボルトが刺さらないじめんタイプが居てもメガネハイドロポンプで十分削りをいれることができます。 また、ダイマックスするトリルエースとして使いたい場合にはこだわりメガネよりもこちらのほうがいいでしょう。 イメージ的にはウオノラゴンのエラがみの電気版 相手がふゆうや飛行タイプだとエレキフィールドに接していないため威力が上がらないので注意しましょう。 HぶっぱD無振りカバルドンくらいなら87. 相手がダイマックスを切ってきたらむしろ勝ち筋が太くなります。 バチンウニの紹介があったので貼っておきますね。 ウルガモスやハッサムを一撃で落としていました。 (ハッサムはともかくウルガモスは比較的Dの高いポケモンなんですが、調べてみるとHぶっぱ程度では一撃で落とせるようです。 ) バチンウニの対策 ロトム系は対策として優秀です。 特性ふゆうによりライジングボルトの火力上昇の影響を受けず、しかも電気タイプなので半減で受けられます。 特に水・草ロトムはバチンウニのメインウェポンになる電気・水技ともに半減なので強いでしょう。 フィールドの張替えも有効です。 対面からだとバチンウニのほうが素早さが遅いので逆に上書きされてしまいますが、後出しやトリル下であればゴリランダーなどでフィールドはりかえをしてしまうのは、ライジングボルトの火力を抑えることになり1つの対策となります。 まとめ:【ポケモン剣盾】バチンウニの育成論と対策【超火力雷神トリルアタッカー】 いかがでしたでしょうか。 驚異の超火力技を手に入れたバチンウニは一気にランクバトルの上位でも通用しそうなポケモンになりました。 ウオノラゴンやヒヒダルマなどと同様に選出画面で何してくるかわからない系のポケモンではないので対策できるパーティにあたったときは選出を控えたほうがいいですが、そうでなければ一方的に倒せる能力があるポケモンでしょう。 超火力ロマンが好きなトレーナーは育ててみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン ソード&シールド】バチンウニの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

バチンウニ エレキメイカー

バチンウニ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 バチンウニはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 合計種族値が435と致命的に低く、攻撃と特攻が高めであるなど配分もよくない。 隠れ特性「エレキメイカー」が強力なので火力は十分だが、耐久は並みより少し下レベルで素早さは非常に遅い。 「エレキメイカー」による催眠防ぎ、電気タイプだが水技が使える点、 設置技・自主退場技と設置技を複数持つ点など個性はあるので、上手く活かして立ち回りをすることが大切。 あるいは素早さの低さを逆に活かし、「トリックルーム」専用のアタッカーにしてしまうのもいい。 「エレキメイカー」での後続サポートも選択肢だが、電気タイプが揃ってしまい、相手の地面タイプでまとめて対処される危険もあるので注意。 スポンサーリンク バチンウニの特性 ひらいしん (電気タイプの技を受けた場合に無効化し、特攻を1段階上げる。 ) エレキメイカー (場に出た時、フィールドがエレキフィールドになる。 エレキフィールドでは地面にいるポケモンは「ねむり」状態にならず電気技の威力が1. ) 考察 「エレキメイカー」の優先度が高い。 場に出すだけでエレキフィールドにでき、自身の中途半端な火力を上げられるため非常に強力。。 「ひらいしん」は電気を無効にできるが、この特性がなくとも半減なので、あまり恩恵がない。 シングルでは「エレキメイカー」を捨てて、「ひらいしん」を採用するという選択肢はないと言える。 タイプ一致技。 威力は低いが命中安定。 トリックルーム下であれば怯みも活きる。 じばく 無 200 100 自分が瀕死になる。 威力が非常に高いが、自分瀕死。 役割終了後の退場技としては優秀。 どくづき 毒 80 100 毒30% 威力が低めだが、草に刺さる。 追加効果も強力。 ミサイルばり 虫 25 95 2~5回連続攻撃。 連続技で威力期待値が低め。 電気が効きづらい草に刺さる。 ふいうち 悪 70 100 先制技。 相手が攻撃技を選択した場合に成功する。 低い素早さを補える先制技。 非常に便利で優先度は高い。 じごくづき 悪 80 100 相手は2ターンの間、音技が使えなくなる。 威力は低めだが命中安定の技。 ゴースト・エスパーに刺さる。 音技を持っている相手も多く、時には刺さることもある。 きしかいせい 闘 20~200 100 自分のHPが低いほど威力が上がる。 素早さの低さが致命的で使いづらい。 使うなら「トリックルーム」や「きあいのタスキ」を利用するといい。 スポンサーリンク 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 かみなり 電 110 70 麻痺30% タイプ一致技で命中が非常に不安。 雨パで使うなら採用機会があるかもしれない。 10万ボルト 電 90 100 麻痺10% タイプ一致技で命中安定が安定している。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技。 威力は低いが命中安定で追加効果が刺さる時もある。 ハイドロポンプ 水 110 80 なし 威力が高いが命中が不安。 電気を通さない地面に刺さる。 なみのり 水 90 100 なし 威力と命中が安定している地面に刺さるサブウェポン。 追加効果は強力だが、命中不安。 ねっとう 水 80 100 火傷30%。 威力は低めだが命中安定で、相手の物理アタッカーに刺さる。 たたりめ 霊 65・130 100 状態異常の相手に威力が倍。 「でんじは」や「どくびし」で状態異常にしてから使うといい。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 あまごい 水 - 5ターンの間、天候を雨にする。 後続サポートの他、自身も水技が多く、雨で必中の「かみなり」もあるので役立つ機会が多い。 じこさいせい 無 - HPを半分回復する。 安定している回復技。 居座りたい場合は優先度が高い。 でんじは 電 90 相手を麻痺状態にする。 高速アタッカーに特に刺さる。 ただし麻痺による素早さ逆転はまず起こらない。 どくびし 毒 - 相手の場をどくびしにし、相手が交代するたびに出てきた地面にいるポケモンを毒状態にする。 2回使った場合は猛毒状態にする。 設置技。 サイクル戦になり相手が交代を繰り返せば、複数のポケモンが毒になり負担をかけられる。 相手の毒タイプが出た場合は消えるので注意。 まきびし 岩 - 相手の場をまきびし状態にする。 相手が交代するたびにダメージを与える。 設置技の一つ。 飛んでいる相手以外であれば確実にダメージを与えられる。 エレキフィールド 電 - 場をエレキフィールドにする。 特性「エレキメイカー」を持っているため優先度は低め。 ただフィールドを奪われることはよくあるので役だつ時もある。 物理火力と物理耐久を同時に補強。 素早さは致命的に遅く、さらに遅くなったところでデメリットはないに等しい。 トリックルーム下ではまず確実に先制でき、特性「エレキメイカー」により十分な火力が出る。 一番おすすめの道具は「いのちのたま」だが、耐久が足りないと判断したら「エレキシード」や「とつげきチョッキ」を持たせよう。 選択技は物理型の場合は「どくづき」と「じこくづき」を覚えておくのが一番おすすめで、非常に広い範囲の相手を倒すことができる。 一方で特殊型の場合は技が不足している。 技構成としては状態異常技1つと「たたりめ」を選択するのがおすすめ。 こちらのパーティメンバーによって、物理受けと特殊受けのどちらを選ぶかやどの補助技を覚えさせるかを判断しよう。 どうぐはやはり搭載率の高い「じしん」が一番怖いので、「ふうせん」が一番おすすめだ。 天候やエレキフィールドは5ターンという制限があるので、役目を終えたら、 HPがまだ残っていたとしても「じばく」または「おきみやげ」ではやめに退場しよう。 物理アタッカーの攻撃を耐えられるように、持ち物は「エレキシード」にして防御を上げるのが一番おすすめ。 その上で「のろい」を積めば、物理アタッカーの攻勢に対しては「じこさいせい」があればほとんど耐えきれるようになる。 「びりびりちくちく」、「のろい」、「じこさいせい」は確定として、 残り1枠のおすすめは「アクアブレイク」か「ふいうち」。 「アクアブレイク」であれば電気を通さない地面に刺さり、「ふいうち」であれば先制攻撃でき「のろい」で上げた火力を活かしやすい。 スポンサーリンク バチンウニのパーティメンバー考察 バチンウニは特性「エレキメイカー」でエレキフィールドにして電気タイプの技の強化ができる。 電気タイプのポケモンばかり用意するとパーティ編成が偏るが、それでももう1体くらいは電気タイプを入れるのも選択肢。 おすすめは ヒートロトムや ウォッシュロトムなどの複合タイプ。 この2体は「ふゆう」持ちであるため、バチンウニの弱点である地面タイプの技を無効化できる。 ただし、「かたやぶり」のドリュウズには注意しよう。 起点作り退場型のバチンウニを使っている場合は、 電気の他に水や毒タイプのエースアタッカーを用意しておくといい。 バチンウニの対策 バチンウニは高い火力を持ち、電気タイプでありながら水のサブウェポンを持つので、地面で受けるのは危険。 だが、氷タイプの技がないのが弱点。 よって、電気半減のドラゴンであれば、逆に起点にしてやることが可能。 「トリックルーム」下でなければ変化技を使ってくることがほとんどなので「ちょうはつ」も刺さる。 攻撃・特攻の数値はそこまで高くなく、高い火力があるのはエレキフィールドを展開できるからなので、 別のフィールドに変えてしまえば、バチンウニの攻撃性能を大きく落とすことができる。 「エレキシード」や「のろい」で防御を上げてくるバチンウニが多いため、 特殊アタッカーで戦うほうが突破しやすい。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の