台風 ツイッター リアルタイム。 台風の位置・風速・雨量情報をリアルタイムで得る裏技

台風19号の進路や各地の被害状況は?暴風・竜巻・停電・冠水の状況をリアルタイムに更新!

台風 ツイッター リアルタイム

台風のリアルタイムの位置がわかると台風に対する準備や対策を講じることができます。 台風のリアルタイムの位置を探すには、まず気象庁をチェックします。 気象庁では、気象静止衛星ひまわりを使用して観測しています。 気象庁の台風情報は、通常時は3時間おきに発表され、台風が約300キロメートル以内に接近したときは、1時間おきに発表されます。 民間気象会社や報道機関・「デジタル台風」などの台風情報は、気象庁の発表する台風情報に基づいています。 気象庁以外に台風情報を発表しているのは、アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター JTWC です。 アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター JTWC は、米国の政府機関による利用を目的としたサイトですが、一般の人もアクセスでき通常時、6時間おきに発表しています。 日本とは、時刻表記に時差があるので日本時間に直すには、時差分の9時間を加える必要があります。 リアルタイムウォッチャーとは? リアルタイムウオッチャーは、ウェザーニューズと国立情報学研究所「デジタル台風」を「Google Earth」にマッシュアップして表示します。 リアルタイムウオッチャーは、首都大学東京の渡邉英徳准教授が完成させたもので台風の動きを1時間後おきに取得・更新してリアルタイムに表示します。 リアルタイムウオッチャーは、リアルタイムにグラフ表示もできるので変化量や変化周期などを容易にわかります。 リアルタイムウオッチャーは、ウェザーニューズから今何が起きているかを現地の人の生の声も表示できます。 リアルタイムウオッチャーの情報は、「強風被害」・「大雨冠水」などに分類され、マップ上にそれぞれのマークで表示されるので今、どこで何が起こっているかを一目で理解できます。 リアルタイムウオッチャーは、過去の情報も再現することができ、どんなルートで台風が来たのかを知ることができ、警戒感を高めるのに役立ちます。 台風のリアルタイムの進路の確認方法は? 「可視画像」は、雲などによって反射された太陽光を観測した画像です。 雨を伴うような雲は厚みがあり、白く写り、みやすくわかりやすい画像です。 夜間は、雲は可視画像に写りません。 「赤外画像」は、雲などから放射される赤外線を観測した画像です。 赤外線の強さは雲の温度によって変化して、温度の低い雲をより白く表します。 「水蒸気画像」は赤外画像の一種で、大気中にある水蒸気と雲からの赤外放射を観測した画像です。 「水蒸気画像」は、雲がないところでも、ごくわずかの水蒸気からの放射を観測することができます。 また、上空の大気の湿り具合をわかりやすくしています。 さらに、複数の画像を動画として見ることで、上空の大気の流れを見れます。 「雲頂強調画像」は、日中の領域は可視画像、夜間の領域は赤外画像を表示し、雲頂高度が高い雲のある領域を色付けした画像です。 「雲頂強調画像」でわかることは雲頂高度です。 台風の被害をリアルタイムで確認する方法は? 台風の被害状況をリアルタイムで確認する方法については、「国土交通省防災」「防災情報のページ」「災害情報」などがあります。 「国土交通省防災」は、国土交通省が提供する防災情報のポータルサイトです。 「防災情報のページ」は、内閣防災担当の提供するページで、台風の被害状況などを集約します。 「災害情報」は、消防庁のホームページ内にあり、災害に関する情報をまとめています。 このほか、ツイッターなどのSNSやyoutubeなどの動画サイトでも被災地に住んでいる一般の人からの投稿した情報が確認できますし、yahoo! などのポータルサイトや報道機関も災害情報を提供しています。 また、Googleなどで「災害情報」で検索する方法もあります。 台風などの災害時は、携帯電話や通常電話やメールが繋がりにくくなるため、身内の安否情報などの確認は、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯会社各社の防災掲示板を利用します。 台風のリアルタイムの位置を把握して早めの対策を取ろう.

次の

台風のリアルタイムの位置の探し方・進路の確認方法|アプリ

台風 ツイッター リアルタイム

目次 こんなことがわかります• 台風の現在地は今どこ?リアルタイムで知る方法! 台風が今どこか気になる場合、「Windy」というサービスで現在地や進路予想図を確認することができます。 Windyは風の強さや向き、雨雲の様子、波の高さなどを可視化して見ることができるので、 台風の現在地はもちろん、最新情報や進路予想図などをリアルタイムでしっかり見ることができます。 また最新ルートや9日先までの予想なども見ることができて便利です。 「Windy」は無料サービスで、提供元は 世界各地でインタラクティブな天気予報サービスを提供しているチェコの会社で、広く使われいます。 現在はアプリも提供されています。 会員登録をしなくても、 ・気象レーダー ・衛星 ・風 ・最大瞬間風速 ・累積風量 ・雨、雷 ・累積雨量 ・新雪 ・新雪深 ・降水量タイプ ・雷雨 ・気温 ・露点 ・湿度 ・・・・・ など、見れる項目は多数。 まだまだ他項目がありますが「一酸化炭素濃度」などまで見ることができます。 (WindyはGFSモデル・ECMWF ヨーロッパ中期予報センター ・およびスイス企業MeteoblueのNEMSモデルのデータに基づいているそうです。 ) 台風21号の進路予想 台風21号 ブローアイ の今後の進路予想は、以下のように発表されています。 台風21号は非常に強い勢力のまま小笠原、父島を通過し、日本の東を通ったのち、北海道の東へと進む見込みとのこと。 26日には温帯低気圧に変わる見込みだそですので日本の東側でも雨風、波の影響を受けますのでご注意ください。 【台風情報】父島で44. 父島では8時27分に最大瞬間風速44. 記録的な暴風雨となるおそれがあるため厳重に警戒してください。 大きな被害が出ませんように。 。oO(Windy com( )というサイトで風の動きを見ています。 すごいねこれ。 ) — 沿岸バス enganbus 台風が迫ってきております。 事前の準備や対策は沢山の方々がtweetしてくださっていますので、私が普段使っている気象アプリをご紹介します。 windyです。 画像のように風の強さや天気が視覚的に捉えやすくなっております。 台風が来る時の様子はとてもわかりやすく見てるので、局地的に台風の現在地や進路予想などをリアルタイムで見たい方にはおすすめです。

次の

【2019最新】台風21号の現在地がどこかをリアルタイムで知る方法!Windy

台風 ツイッター リアルタイム

待ちに待った3連休! 土日だけだとダラダラ終わってしまうけど、1日休みが増えるだけで全然違うよな!! 何しようかな、楽しみだなあ。 そう思ってた時期が俺にもありました。 でお伝えしたが、2017年9月16日からの3連休に台風18号さんが日本にお越しになるらしい。 しかも、ちょっと寄っていくレベルではなく、 ガッツリ晩飯も食べていく様子。 つまり、縦断コースだ。 おんどりゃあ! どんな面の皮しとんねん!! というわけで、 今、台風がどんな顔してるか見られるサイトをご紹介したい。 ・気象衛星からのリアルタイム映像 そのサイトとは、情報通信研究機構『NICT』が公開している「ひまわり8号リアルタイムWeb」。 気象衛星ひまわり8号からの映像をリアルタイムで確認できるこのサイト。 ページ左上のマークをポチっと押すとメニュー画面が表示され、「日本列島」「地球全図」「24時間の地球」などを選択することができる。 ・台風18号の顔を見たい人はこちら また、メニュー画面で「動画」を選択するとアーカイブが表示。 そのアーカイブで、 宇宙から見た台風18号の動画がアップされている(9月15日時点)。 日本に渦巻く大きな雲の流れは、クリームがかき混ぜられているかのようだ。 日本がアイスクリーム工場みたいになってる! ・アーカイブにはこれまでの台風たちも なお、アーカイブ画面の真ん中上部にあるカレンダー部分を押すことで、指定した日付のアーカイブを見ることも可能。 8月に日本列島を縦断して大雨を降らせた台風5号の顔もバッチリ見ることができた。 あいつも面の皮厚かったなあ。 とは言え、8月は「」で会社が休みになるなど喜ぶ人もいたが、連休の台風襲来は一利もない。 せめて、被害が最小で済むことを祈るばかりである。 参照元: 執筆:.

次の