鳥 貴族 齋藤飛鳥。 齋藤飛鳥

乃木坂シネマズ STORY of 46 1 話 齋藤飛鳥 監督 柳沢翔 鳥 貴族 キャスト あらすじ ネタバレ 視聴率 感想 無料動画

鳥 貴族 齋藤飛鳥

略歴 1998年8月10日、東京都で生まれる。 名に「鳥」の字を含む2人の兄がいることから、父親から「飛鳥」と名づけられた。 小学4年生の時、学校のダンス部員が踊っていた曲が気になって調べてみるとアイドルの曲であり 、それがきっかけでアイドルに励まされるようになり、自分もアイドルになりたいと思うようになった。 小学4年生の時はクラブ、小学5年生の時はテニスクラブ、小学6年生の時は合奏クラブに所属し 、ブラスバンドのティンパニを担当した。 中学生の頃は吹奏楽部に所属し 、サックス 、バスクラリネットを担当した。 2018年放送の「」では、小学6年生の時に不登校になり、引きこもりが続いて、母親の勧めでオーディションを受けたとしている。 2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではの「」を歌った。 中学校の友達に教えられ 、知人の勧めでオーディションに応募した。 合格後の夏に吹奏楽部を退部する。 2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「」でデビュー。 2012年8月22日発売の3rdシングル「」のカップリング曲「」では、初めてセンターを務めた。 2015年1月10日発売のファッション誌『』2月号では、自身初の単独表紙に抜擢され 、翌月、同誌創刊以来初の専属モデルに起用される。 2015年7月21日、乃木坂46メンバーの・と共に、の2015年秋冬アジア圏ビジュアルモデルに抜擢されたことが発表された。 『CUTiE』が2015年9月号をもって休刊するのに伴い 、同じのファッション誌『』のレギュラーモデルに起用され 、2015年11月号から紙面に登場するとともに「乃木坂46齋藤飛鳥のFASHION BUZZ」の連載を開始した。 2015年10月28日発売の13thシングル「」では、初の「十福神」に選ばれた。 2016年4月2日、ラジオ『POP OF THE WORLD』の「HARRY'S ENGLISH CLASS」のコーナーにレギュラー出演を開始、のナビゲーターとしては史上最年少 、かつ女性アイドルグループのメンバーが務めるのは初の出来事だった。 2016年6月6日、乃木坂46の15thシングル「」で初めてシングル表題曲のセンターを務めることが発表された。 2016年7月4日放送開始のテレビドラマ『』では、初の主演を務めた。 2016年10月8日、『』で自身が監修したAnk Rougeの衣装を披露。 2016年12月23日、ソロ写真集『潮騒』の発売を記念し、Instagram 、Twitterを開設。 2017年1月23日には、を開設した。 2017年1月25日には、初のソロ写真集『潮騒』がから発売され 、週間推定売上5万8215部を記録。 2017年2月6日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門・写真集部門で1位となり、乃木坂46のメンバーとしての史上最高週間売上を記録し 、女性ソロ写真集としても歴代2位の記録となった。 発行部数は当初7万部を予定していたが 、10万部を突破した。 2017年6月7日発売ののアルバム『何度でも新しく生まれる』の収録曲「惑星タントラ」ではボーカルを担当。 2018年8月8日発売の乃木坂46の21stシングル「」で、15thシングル以来6作ぶりに乃木坂46のシングル表題曲の単独センターを務めた。 2018年10月5日公開の映画『』でヒロイン役を務める。 同作は台湾歴代興行収入1位の映画の日本リメイク版であることから、2018年8月15日に「」対「」 戦で自身初の始球式を行った。 2018年12月9日放送のドキュメンタリー番組『』に乃木坂46メンバーで初出演。 同年12月、2017年1月発売の写真集『潮騒』の累計発行部数が20万部を突破した。 2019年1月24日(23日深夜)放送開始のテレビドラマ『』で主演を務める。 3月4日には『第5回カバーガール大賞』のエンタメ部門において2年連続受賞し、総合順位も3位となった。 同年5月29日発売の乃木坂46の23rdシングル「」で21stシングル以来2作ぶり4度目となるシングル表題曲のセンターを務めた。 人物 愛称は、あしゅ、あしゅりん 、あす 、あすか 、飛鳥さん。 本人は名字で呼ばれることが苦手で、仕事の現場では「飛鳥ちゃん」と下の名前で呼ばれることを望んでいる。 日本人と人のであり 、母の祖国であるミャンマーにも行ったことがある。 8頭身で縦18センチ、頭回り50センチの小顔の持ち主であり、アイドル界最小クラスといわれている。 「日本で一番ブログのタイトルが長いアイドル」を自称し 、乃木坂46公式ブログのタイトルを220文字の文字数制限限界まで長くしている。 好きな食べ物はパフェ 、イチゴ 、卵かけご飯 、ヨーグルト 、お粥 、コーヒー。 おやつは。 好きな映画は『』。 好きな色はモノトーン、ピンク。 好きなラーメンは。 好きなゲームはマリオカート。 好きなブランドはTOGA、COMME des GARCONS。 アニメ「」のキャラクターの中では、西木野真姫が好き。 特技はのモノマネ 、前転、画像をつくること。 保有資格は3級。 『』内で放送された「ジコチューで行こう! 」ヒット祈願ロケにて、を行ったところ、全く泳げないカナヅチであることが発覚する。 趣味 趣味は、ドラム。 読書については、、に興味がある。 読書が好きになったきっかけは、小学校高学年の頃に休み時間にひとりで図書室に通う習慣がついたからである。 2016年のインタビューの際にお薦めの本を3冊選んだが、1冊目は一番好きな作家・の『微笑む人』 、2015年の別のインタビューでも貫井の『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』『』をお薦めの本に挙げている。 2冊目はの『世界は密室でできている。 3冊目はファンに教えてもらった作家・の『』。 また『』を初めて読んでが一番好きな貫井と一瞬で並んだと語っている。 小説はファンタジーやコメディより、ミステリーやサスペンスを好み 、最後の解説と自身の解釈を比較して読む。 本を選ぶにあたって「基本的には人に薦められたものは読むようにしていて」、自分で選ぶ場合は本屋で「裏表紙のあらすじ」「帯に書いてある文章」「最初と最後のページ」を読んで決めている。 ドラムについては、ライブで演奏することもあり 、ギターにも興味がある。 乃木坂46 乃木坂46結成時の最年少メンバー 、のドラム 、メガネ選抜 、乃木坂読書選抜。 2016年から2017年の一時期は次世代エースと称されることもあった。 乃木坂46のメンバーを尊敬しており 、の考え方や冷静な判断力 、のストイックなところ、明るく綺麗なところを尊敬している。 乃木坂46では齋藤飛鳥・・の3名で「チームN」を結成しており 、斎藤ちはるは、齋藤飛鳥をクールだが心優しいと評価している。 その他、とは乃木坂46の7thシングル「」で共に選抜入りした時から話をする機会が増えて仲良くなり、についてよく議論した。 齋藤飛鳥・のペアはファンから「あしゅみな」と呼ばれている。 『』内でダンスの上手い「ダンス七福神」に選ばれており 、によると、齋藤飛鳥が振付を間違えているところを見たことがないとのこと。 また、によれば、齋藤飛鳥のダンスは冷静かつ癖がなく、模範的であるとのこと。 乃木坂46で好きな振付は「」。 好きなミュージック・ビデオは、「」、「」、「」。 作品 シングル 乃木坂46• 白い雲にのって(2012年2月22日、SRCL-7906) -。 海流の島よ(2012年8月22日、SRCL-8064) -。 人間という楽器(2013年7月3日、SRCL-8321) -。 月の大きさ〜アニメ版〜(2013年11月27日、SRCL-8430) -。 制服を脱いでサヨナラを…(2015年7月22日、SRCL-8846) -。 ポピパッパパー(2015年10月28日、SRCL-8910) -。 悲しみの忘れ方(2015年10月28日、SRCL-8914) -。 泣いたっていいじゃないか? (2017年8月9日、SRCL-9497) -。 あんなに好きだったのに…(2018年8月8日、SRCL-9921) -。 知りたいこと(2018年11月14日、SRCL-9982) -。 僕のこと、知ってる? 僕の思い込み(2019年9月4日、SRCL-11268) -。 ファンタスティック三色パン(2020年3月25日、SRCL-11468) -。 (2020年5月25日)• (2020年7月24日) 坂道AKB• IZ4648• アルバム 乃木坂46• MONDO GROSSO• 惑星タントラ(2017年6月7日、CTCR-40387) -。 映像作品• (2007年8月3日) -。 AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2012(2012年6月13日) -。 (2012年7月25日) -。 齋藤飛鳥(2012年12月19日) -。 16人のプリンシパル PARCO劇場ダイジェスト(2013年7月3日) -。 初夏の全力! 乃木坂46大運動会(2013年7月3日) -。 (2014年2月5日) -。 (2014年3月7日) -。 Creator's Etude 柳沢翔編(2014年4月2日) -。 (2014年9月12日) -。 齋藤飛鳥(2014年10月8日) -。 第4回 AKB48紅白対抗歌合戦(2015年4月24日) -。 (2015年4月24日) -。 (2015年6月17日) -。 (2015年10月16日) -。 齋藤飛鳥(2015年10月28日) -。 (2015年11月18日) -。 (2016年1月20日) -。 (2016年2月19日) -。 齋藤飛鳥(2016年3月23日) -。 (2016年7月6日) -。 (2016年9月30日) -。 (2017年6月28日) -。 (2017年8月4日) -。 (2018年3月28日) -。 (2018年7月11日) -。 (2018年9月19日) -。 (2018年10月19日) -。 (2019年5月31日) -。 (2019年7月3日) -。 (2019年7月3日) -。 (2019年8月2日) -。 (2019年10月25日) -。 (2019年12月25日) -。 (2020年2月5日) -。 飛鳥工事中(2020年6月3日) -。 出演 乃木坂46メンバー複数による出演については「」を参照 映画• (2007年2月24日、アスミック・エース) - とめき 役。 (2018年10月5日、キノフィルムズ) - 早瀬真愛 役。 (2020年9月25日 公開予定 、) - 主演・浅草みどり 役。 テレビドラマ• (2014年10月27日、) - 第20話・アケミ 役。 (2016年7月4日、) - 主演・日高七海 役。 「もう1人のエレベーター」(2016年8月20日、) - 宍戸貴美子 役。 (2019年1月24日 - 3月28日、) - 主演・山室楓 役。 第1話「鳥、貴族」(2020年1月22日 、フジテレビ) - 主演。 (2020年7月26日、日本テレビ) - 田村由美子 役。 バラエティ• (2010年12月6日 - 15日、) - ・シーズン22。 (2013年9月16日 - 2016年11月17日、NHK Eテレ) - 第4期・R'sナンバー:000070。 その他のテレビ番組• (2018年1月9日、)• (2018年12月9日、毎日放送)• (2019年3月8日、日本テレビ)• (2020年3月22日、日本テレビ) 舞台• ラジオ• (2016年4月2日 - 、J-WAVE) - HARRY'S ENGLISH CLASS。 雪国編(2017年1月14日 - 、) - 、と共演。 毒舌アイドル篇(2017年10月2日 - 、マース ジャパン)• ニベア マシュマロケア ボディーシリーズ(2018年9月14日 - 、)• 第2回全国統一防災模試(2019年3月1日 - 、) ネット配信• 乃木坂46・齋藤飛鳥ファースト写真集『潮騒』スペシャル! (2017年1月24日、)• (2019年7月16日 - 9月14日、AbemaTV) - MC。 イベント• Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward vol. 1(2020年6月27日、ABEMA独占生配信)• TOHOKU DREAM COLLECTION 2015(2015年9月26日、)• TGC KITAKYUSHU 2016(2016年10月9日、)• ASIA FASHION AWARD 2016 in TAIPEI(2016年12月10日、)• 「」対「」 始球式(2018年8月15日〈現地時間〉、〈台湾〉)• 創刊20周年記念イベント「sweet collection 2019」(2019年4月13日、) 書籍 乃木坂46の書籍については「」を参照 写真集• 季刊 乃木坂 vol. 3 涼秋(2014年9月4日、)• 潮騒(2017年1月25日、) 雑誌連載• (2015年1月10日 - 2015年8月11日、宝島社) - 専属モデル。 (2015年10月10日 - 、宝島社) - レギュラーモデル。 乃木坂46齋藤飛鳥のFASHION BUZZ(2015年10月10日 - )• 別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46(2016年4月2日 - 、KADOKAWA) - 描きおろしエッセイ。 (2017年3月15日、徳間書店) - モデル。 (2018年1月10日 - 、集英社) - 乃木坂46 齋藤飛鳥 モードとデート。 脚注 [] 注釈• 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年3月11日. 2013年3月11日閲覧。 乃木坂の乱! Vol. 40 仮面の告白」『BUBKA』2015年5月号、白夜書房、2015年3月31日、98-99頁。 齋藤飛鳥 2013年3月12日. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月12日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年2月18日. 2015年2月18日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年8月11日. の2015年12月11日時点におけるアーカイブ。 2019年7月27日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年10月11日. 2015年10月11日閲覧。 ピラメキーノ 番組公式サイト. テレビ東京 2010年12月6日. 2013年4月11日閲覧。 」『CM NOW』Vol. 155、玄光社、2012年2月10日、2012年3月4日号、54頁。 381、13-15頁。 ネクストメジャー・アイドル Special』大貫真之介、日経BP社、2013年11月29日、36-37頁。 川しまゆうこ、辰巳ちえ、大江麻貴、東島あい『』双葉社、2013年10月22日、155頁。 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年5月22日閲覧。 「乃木坂46 齋藤飛鳥 ハイスクール Interview! 」『HR』2016年1月号、グラフィティ、2015年12月8日、6-9頁。 ライブドアニュース. 2019年5月30日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2011年6月29日. 2011年6月29日閲覧。 スクランブルエッグ on the Web スクランブルエッグ. 2011年8月28日. 2013年4月13日閲覧。 」『月刊ENTAME』2016年10月号、徳間書店、2016年8月30日、10頁。 東京ウォーカー 角川マガジンズ. 2012年1月12日. 2012年1月12日閲覧。 乃木坂46『』Sony Music Records、2014年2月5日。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年1月10日. の2016年10月26日時点におけるアーカイブ。 2019年4月6日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年2月18日. 2015年2月18日閲覧。 2015年7月21日. 2015年7月21日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年7月29日. 2015年10月11日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年7月31日. 2015年8月2日閲覧。 ドワンゴジェイピーnews ドワンゴ. 2015年12月28日. 2015年12月28日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年3月26日. 2016年3月26日閲覧。 齋藤飛鳥 2016年7月29日. インタビュー. モデルプレス. 2016年7月29日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年6月9日. 2016年6月9日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年10月8日. モデルプレス ネットネイティブ. 2016年12月23日. 2016年12月23日閲覧。 幻冬舎plus. 幻冬舎 2016年12月27日. 2016年12月27日閲覧。 齋藤飛鳥 2017年1月23日. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年1月23日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年11月23日. 2016年11月23日閲覧。 ORICON NEWS. oricon ME 2017年2月6日. 2017年2月6日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 ORICON NEWS. oricon ME 2017年2月. 2017年2月6日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年2月2日. 2017年2月2日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2017年1月26日. の2017年2月7日時点におけるアーカイブ。 2018年3月12日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2017年1月26日. 2017年1月26日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年5月19日. 2017年5月19日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年7月2日. 2018年7月8日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年10月3日. 2017年10月3日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年7月2日. 2018年7月3日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年8月16日. 2018年8月17日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年12月10日. 2018年12月13日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム 日刊スポーツ新聞社. 2018年11月28日. 2018年11月28日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年12月13日. 2018年12月13日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年11月25日. 2018年12月20日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年12月19日. 2018年12月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年3月4日. 2019年3月4日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年4月15日. 2020年2月1日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年1月11日. 2019年4月28日閲覧。 齋藤飛鳥 2011年12月3日. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月30日閲覧。 「乃木坂46-1期生32人全員集合パーフェクト名鑑」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no. 27、54頁。 BUBKA Web. 白夜書房 2013年9月27日. 2013年9月27日閲覧。 乃木坂46 U-18 ウワサの美少女名鑑」『FLASHスペシャル』2015新年号、光文社、2014年12月26日、不定版、16頁。 齋藤飛鳥 2011年11月2日. インタビュー. ORICON STYLE. 2011年11月2日閲覧。 「」『EX大衆』2016年5月号、大貫真之介、双葉社、2016年4月15日、41頁。 J-WAVE 81. 3 FM RADIO WEBSITE. J-WAVE 2016年4月2日. 2016年4月2日閲覧。 齋藤飛鳥 2015年8月10日. 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ. 乃木坂46LLC 2015年8月10日閲覧。 J-WAVE 81. 3 FM RADIO WEBSITE. J-WAVE 2016年5月28日. 2016年5月28日閲覧。 「乃木坂46 齋藤飛鳥のFASHION BUZZ」『Sweet』2016年9月号、宝島社、2016年8月10日、100-103頁。 Rの法則. 日本放送協会 2013年11月5日. 2016年10月30日時点のよりアーカイブ。 2013年11月5日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年7月30日. 2013年7月30日閲覧。 the tv. 2018年8月6日. 2018年8月8日閲覧。 the tv. 2018年8月13日. 2020年1月29日閲覧。 「齋藤飛鳥 撮り下ろし「美少女の反乱」」『FLASHスペシャル グラビア BEST』2015年早春号、光文社、2015年2月20日、78頁。 インタビュアー:吉田大助. ダ・ヴィンチニュース. 2015年10月15日閲覧。 インタビュアー:大窪由香. ブックリスタ. 2016年1月26日閲覧。 「NOGIZAKA46 ASUKA SAITO SUPER KAWAII BOOK」『smart』2015年12月号、KEI MATSUO、宝島社、2015年10月24日、75頁。 「齋藤飛鳥-グループの未来を担う美少女は涙をふきながら日々成長中」『日経エンタテインメント! アイドルSpecial 2016』大貫真之介、日経BP社、2015年12月3日、14頁。 ナタリー ナターシャ. 2014年4月17日. 2014年4月17日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2013年8月4日. 2013年8月4日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年3月24日. 2015年3月24日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年10月6日. 2015年10月6日閲覧。 ダ・ヴィンチニュース KADOKAWA. 2016年8月18日. 2016年8月18日閲覧。 Smart FLASH 光文社. 2016年2月22日. 2016年2月22日閲覧。 com. ワイヤーアクション. 2013年4月19日閲覧。 「乃木坂46の初めての醜聞!! メンバー本人に徹底追及!! ウワサの真相」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、西中賢治、関根弘康・林将勝・榛村季溶子・西廣智一、集英社、2013年6月24日、No. 27、65頁。 』2016年9月号、小畠良一、東京ニュース通信社、2016年7月23日、乃木坂版、28頁。 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、85頁。 Smartザテレビジョン KADOKAWA. 2016年6月9日. 2016年6月9日閲覧。 ワイヤーアクション 2011年11月. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。 「ダンス、MC、楽屋etc…「真夏の全国ツアー2016」ではココに注目!? 」『EX大衆』2016年9月号、双葉社、2016年8月12日、17頁。 252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、79頁。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2020年7月8日. 2020年7月9日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年4月12日. 2020年5月4日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2019年10月15日. 2019年10月16日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 NHKオンライン. 日本放送協会 2014年10月17日. 2014年10月17日閲覧。 [ ]• モデルプレス ネットネイティブ. 2016年6月9日. 2016年6月9日閲覧。 とれたてフジテレビ. フジテレビ 2016年7月29日. 2016年7月29日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年1月13日. 2020年1月14日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年12月25日. 2019年12月26日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2020年7月5日. 2020年7月5日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年12月29日. 2018年1月1日閲覧。 情熱大陸. 毎日放送 2018年12月9日. 2018年12月15日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2019年3月9日. 2019年3月12日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2019年3月10日. 2019年3月12日閲覧。 アナザースカイ. 放送内容. 日本テレビ放送網 2019年3月. 2019年3月16日閲覧。 音楽ナタリー 株式会社ナターシャ. 2020年3月22日. 2020年3月22日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年2月22日. 2017年2月22日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年1月13日. 2017年1月13日閲覧。 エキサイトニュース エキサイト. 2017年10月2日. 2017年10月4日閲覧。 乃木坂46 公式ウェブサイト. 2018年9月12日. 2016年9月12日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2019年3月1日. 2019年3月20日閲覧。 日刊エンタメクリップ 日刊エンタメクリップ合同会社. 2017年1月23日. 2017年1月23日閲覧。 AbemaTV 2019年7月16日. 2019年7月27日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年3月5日. 2015年3月5日閲覧。 Real Sound blueprint. 2016年1月27日. 2016年1月27日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年7月21日. 2016年7月21日閲覧。 BARKS ジャパンミュージックネットワーク. 2017年4月5日. 2017年4月5日閲覧。 Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward公式サイト 2020年6月17日. 2020年6月17日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2015年9月17日. 2015年9月17日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年1月26日. 2016年1月26日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年9月15日. 2016年9月15日閲覧。 齋藤飛鳥; 白石麻衣; 西野七瀬; 松村沙友理 2017年4月19日. インタビュアー:modelpress編集部. モデルプレス. 2017年4月19日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年3月30日. 2019年4月13日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年4月13日. 2019年4月13日閲覧。 「齋藤飛鳥」『季刊 乃木坂』vol. 3 涼秋、東京ニュース通信社、2014年8月11日、24-33頁。 東京ニュース通信社チャンネル。 齋藤飛鳥『潮騒』、幻冬舎、1-128頁。 「乃木坂46齋藤飛鳥のFASHION BUZZ vol. 1」『sweet』2015年11月号、宝島社、2015年10月10日、146-147頁。 Smartザテレビジョン KADOKAWA. 2016年4月14日. 2016年4月14日閲覧。 TOKYO POP LINE 添野企画. 2017年3月1日. 2017年12月13日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2017年4月1日. 2017年12月12日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 乃木坂46公式サイト• - 乃木坂46公式サイト(2011年11月13日 - )• asukashiosai - (2016年12月22日 - 2017年2月27日)• - (2017年1月23日 - ).

次の

白石麻衣、生田絵梨花、齋藤飛鳥ら主演ドラマ10本が地上波放送决定

鳥 貴族 齋藤飛鳥

アイドルグループ・の、、らメンバー10人がそれぞれ1話ずつ主演を務め、フジテレビが運営する動画配信サービスFODで配信中のオムニバスドラマ『乃木坂シネマズ〜STORY of 46〜』(全10話)が、地上波でオンエアされることが決定した。 1月21日からフジテレビ(毎週火曜 深1:25)で放送される。 主演を務めるのは、第1話から順に、齋藤飛鳥、、、、、、、生田絵梨花、、白石麻衣の10 人。 各話の監督は、有名アーティストを多数手がけるミュージックビデオの監督、カンヌでグランプリ受賞経験のあるCM監督、世界中の映画祭で受賞する若手映画監督ら気鋭の映像クリエイター10人が担当。 アクション、SF、恋愛、コメディー、ファンタジー、本格的な人間ドラマまでさまざまなジャンルに乃木坂46のメンバーが挑戦する。 FODでは2019年12月25日配信を開始(毎週水曜 前0:00最新話配信)し、きょう13日現在で、齋藤主演の第1話『鳥,貴族』、秋元主演の第2話『Perfect I/パーフェクトアイ』、松村主演の第3話『超魔空騎士アルカディアス』まで配信中。 FODユーザーや乃木坂46ファンからの「地上波でも見たい」との要望に応え、全話配信前に21日から地上波放送が決定した。 各話の主演、監督、あらすじは以下のとおり。 衣装デザイナーのミトラ(齋藤)は街の片隅にある古いドールハウスで、人形に伝統柄を刺繍する鵜人・ムギと出会う。 その美しさに魅了されるミトラ。 ムギが構想中の新しい人形服のスケッチを見たミトラは、自分の中でムクムクと制作意欲が湧き出るのを感じる。 しかし世間では人間と鵜人の関係が悪化、デモ隊の一部が暴徒化して街を占拠し始めていた。 黒縁メガネで地味な恰好の内気な大学生・夏海(秋元)は、友人の由佳に誘われてクラブへと向かう。 そこで、明るい青年・拓也と出会う。 夏海は拓也からバーチャルリアリティーゲーム「Perfect I」を勧められ、怪しい錠剤を口にしてしまう。 「Perfect I」の中で理想の自分を手に入れ、ゲーム内では打って変わって積極的になっていった夏海は、次第に現実と仮想空間の境目が曖昧になっていく。 ある日、行きつけのバーで理想の相手に出会えるという不思議な本を渡される。 その晩、儀式を行い半信半疑で眠りにつくことに。 翌朝、目を覚ますと、そこには巨大な紙に描かれた騎士が立っていた。 彼の名は「超魔空騎士アルカディアス」。 彼こそサユリが中学時代に理想の男性像を詰め込んで描いた漫画の主人公であった。 最初はアルカディアスの存在を迷惑に思うサユリであったが、彼との出会いをキッカケに徐々にサユリの心情にも変化が…。 店名を「民主主義定食屋」という。 この定食屋、ちょっと変わった注文方法を採用している。 それはお客が食べたいものを、店内にいるみんなの多数決によって食べても良いかを決めること。 ここにくるお客は自分が食べたいものは、この多数決で過半数を得なければ食べることができないのである。 今日もまた開店準備にいそしむ看板娘の美月ちゃん(山下)。 そこへ開店前に重大なトラブルが発生。 さらにテレビから強盗事件の犯人が近くを逃走中とニュースが流れる。 招かざる客の気配が刻々と近づく定食屋。 果たして民主主義定食屋の運命やいかに…。 日本もまたその例外ではなかった。 そんな世の中にどこからともなく現れた芸道。 それが結道(ゆいどう)。 いかにターゲットの男性を魅了し告白を成功させるか。 それにはいつしかルールが設けられ、れっきとした『競技』として世に浸透していった。 工藤さき(北野)をはじめとする花瀬高校結道部の 4人はいつも学校の近くの沖縄料理屋を部室がわりに活動していた。 そんな花瀬高校結道部もついに都大会の決勝戦まで上り詰めた。 さきは、親友麻耶の想いを胸に、トラウマを乗り越え、全国大会出場という夢のために立ち上がり、走り出す決意をする。 後は完成したテープをテレビ局に持っていくだけの簡単な作業のはずだったが、何者かに襲われテープを奪われてしまう。 頭を抱えるタイラたちの前に現れたのは時給6千円のスーパーAD・凛子(堀未央奈)だった。 テープを運ぶ凜子の前に次々と刺客が現れるが、鍛え抜かれた凜子は武道を駆使し次々に相手を倒していく。 そして待ち受ける黒幕・ツジと対峙することに。 そこで明かされる凜子の過去とは…。 将来有望で誰もがうらやむ素晴らしきバラ色の人生を爆走中!…のはずだった。 大好きな「〇〇」を辞め、「インフルエンサー」として、生きていくことを決意。 「チビ」というコンプレックス一つのせいで、好きな人にフラれ、大好きな「〇〇」も奪われ、歩むべき素晴らしきバラ色の人生を壊されたユーキはこれまでの想い全てをぶつけることを決心し、いざ親友の元へ向かう。 特技はピアノとイリュージョン。 彼女は、自分の採用試験の時に面接官をしていた男性に、一目ぼれをし、それから一年以上、密かに彼を想い続けてきた。 そんな中、24歳の誕生日を明日に控えていた彼女には、一つの夢があった。 「誕生日には、好きな人と海へ行きたい」。 その夢を叶えるために、いろんな手段を駆使して、自由奔放に振る舞うツダ。 波乱の誕生日が幕を開ける。 世界のアンドロイド、AI技術はめまぐるしい発展を遂げ、各国の開発競争は激化、もはやアンドロイドなしの生活が想像できないほど、必要不可欠な存在になっている。 ここ日本も、東京オリンピック後に訪れた不況により開発競争で遅れをとっていたが、いよいよ世界のアンドロイド市場を席巻するような、官民共同開発の最高峰アンドロイドが発売となった。 世界中のメディアがこぞってこのニュースを大々的に取り上げ、大型ビジョンから流れてくるそれを、アンドロイドのメシア(久保)は、パトカーの中から眺めていた。 すると運転手が助手席に子どもを乗せていることに気がつく。 「預けるところがなくて、連れて仕事をしてるんです」「でも、子どもを乗せてることがバレたらクビなんです」と言う運転手だが、どうもその口調は怪しく、ひたすら話しかけてくる。 由梨の気のない反応をよそに、運転手は一旦会社に戻る間の数時間だけ子どもの面倒を見てほしいと強引に頼んできた。 由梨は仕方なく子どもと一緒に水族館へ行くが…。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

『乃木坂シネマズ STORY of 46』地上波放送決定!

鳥 貴族 齋藤飛鳥

第1話「鳥,貴族」のキャスト一覧 ミトラ(齋藤飛鳥) 売れっ子の衣装デザイナーでしたがスランプ中。 人間が毛嫌いする鵜人と心を開いて交流します。 ムギ(栗原類) 人間ではなく鵜人。 ミトラとは交流があり一緒にご飯を共にしたりします。 自身のドールハウスを持っており人形の洋服を作っている職人です。 ケイト(吉村界人) ミトラの幼馴染。 思ったことを衝動的に口に出す青年。 ミトラに片思いしていて、ムギに嫉妬します。 ムギの仲間の鵜人(やべきょうすけ) 襲われているムギを助ける仲間です。 乃木坂シネマズ第1話「鳥,貴族」ネタバレあらすじ 天才デザイナーのスランプ 舞台は人間と鵜人(うびと)が共に暮らす架空の世界で人間が鵜人を鎮圧する残酷な世界です。 若き天才デザイナーのミトラ(齋藤飛鳥)は新しいアイディアが思い浮かばずスランプ気味でいました。 ミトラは自身のアトリエの椅子にだらしなく座り衣装デザインの下書き用紙を見ています。 外ではデモの解除が報告され、ミトラは立ち上がりおもむろに自作のドレスを燃やして物語は始まっていきます。 鵜人のドールハウスに シーンが変わりミトラは幼馴染のケイト(吉村界人)と食事を共にしていました。 ミトラはケイトの誕生日のためにサプライズでケーキを出すもどこか浮かない表情。 帰り道に、ケイトはミトラにふざけて抱きついた時に工事現場で働く鵜人が人間にいじめられているところを見るのでした。 そしてシーンが変わりミトラのアトリエにケイトが電話を掛けてドールハウスに行こうと誘います。 その時にテレビでは鵜人の隔離法案が再可決されたと流れていました。 そして、ミトラをケイトが鵜人が経営する古いドールハウスに連れていきます。 ミトラが気になったお人形をケイトが買うといいだします。 その際に、ケイトは店主の鵜人ムギ(栗原類)にドールの服だけの購入をお願いして、ケイトはムギの前で無理やり服を脱がそうとしてミトラが止めに入ります。 ケイトはミトラとひとしきり話して別れた後、ドールハウスに引き返してムギと食事を共にしたり、愉快なダンスを踊ります。 ムギと話すミトラの姿は活き活きしておりケイトの前と大違いでした。 ミトラはムギと衣装を作らないかと提案しますが、鵜人が人間と表立って衣装など作れないという雰囲気でミトラに断りを告げます。 運命のいたずら 次の日、ケイトは鵜人のデモの鎮圧部隊に加わることになったことをミトラのアトリエに訪問して報告します。 その時に、ケイトは自分が買った人形と違う人形がミトラの部屋にあることを知ってミトラを問い詰めます。 そこで、ミトラは以前からドールハウスに通っていたことが分かるのでした。 その日の夜に、ミトラはムギが作っている人形が有害指定項目に認定されたニュースを見て走ってムギのドールハウスに向かいます。 その頃、ムギは自分が作ったドールを整理していました。 そこにケイトがやってきて有害指定を受けている人形を回収するという目的でやってきます。 しかしそこでケイトはミトラに買った人形をドールハウスで発見して逆上します。 ケイトは馬乗りになってムギを殴りつけます。 ボロボロになるまで殴っているところを、ムギの仲間が発見。 ムギは助かりましたが、ケイトが暴行を受けることになります。 ムギは立ち上がり、暗い一室でムギは何かを思ってダンスを踊りました。 もどかしい想い シーンが変わり、ムギとミトラが初めて対面した過去に戻ります。 ミトラはムギのドールハウスにやってきて、初めは鵜人に警戒していましたが鵜人が人間にされているひどい扱いや、ムギの洋服デザインの才能を知って次第に仲が深まっていきました。 そしてシーンが変わり、ムギのドールハウスに走って向かったミトラでしたが、そこには三人の姿はなく代わりにムギとデザインをした洋服が置いてありました。 ムギはミトラに内緒でドレスを作っていたのです。 次の日、ニュースではムギとその仲間が容疑者と報道されてケイトが行方不明扱いになっていました。 ミトラはムギが作ったドレスを着て、ダンスを踊り最後にマネキンにもたれて一筋の涙を流しました。 乃木坂シネマズ第1話「鳥,貴族」の感想 映像と脚本の完成度が高い、最後に涙あり 「鳥,貴族」予告は怖い雰囲気なのかと思われる方がいらしたかもしれません。 怖いというより人間と鵜人の悲しい物語でしたね。 注目ポイントは齋藤飛鳥さんと栗原類さんのダンスシーンだと思います。 最後の齋藤飛鳥さんの涙は優秀な能力を持つのに残酷な世界であるから隠れて生きないといけない鵜人に対する悲しい気持ちだったのではないでしょうか。 「乃木坂シネマズ」かなり物語がしっかりしていて、」映像と音楽が見ごたえ聞きごたえがありました。

次の