山中 伸弥 コロナ ホームページ。 山中教授が警鐘。PCR検査で「東京の陽性率40%は危険領域」

山中伸弥

山中 伸弥 コロナ ホームページ

ホームページでは、「新型コロナウイルスとは」「エビデンスの強さごとに見る」「論文から見る新型コロナウイルス」「データから見る新型コロナウイルス」「動画で見る新型コロナウイルス」「報道から見る新型コロナウイルス」といった項目ごとに、問題点などを分かりやすく解説している。 例えば、「新型コロナウイルスとは」では、ウイルスの特徴や感染の拠点となる「クラスター」について、また、インフルエンザとの違いなど、分かりやすく説明されている。 また、世界の医療研究機関が発表した重篤例の治療例や感染時の主訴の特徴といった研究の到達や厚労省が発表した感染者数、致死率と感染性、対策のゴールなども掲載されている。 山中教授がこのホームページを立ち上げようと決心したのは、3月11日に発表された春の高校野球の中止決定だという。 選手は、周囲や社会のために自分たちの夢を犠牲にしてくれたのだから、私たち大人も、国難とも言える状況に対応しなければならないと感じたのだという。 山中教授は、幹細胞の研究が専門で、06年にマウスで、07年にヒトでiPS細胞を作製している。 自身は感染症の専門家ではないが、論文を読んで解釈し全体像をみることはできると思うし、それぞれが自分で判断できるようにするため、できる範囲で正確にコロナウイルスの情報を理解してもらうおうと情報を発信していくという。 スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。 をご覧ください。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

注目!必見!!山中教授の新型コロナウイルスHP

山中 伸弥 コロナ ホームページ

新着情報• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 25 「新型コロナウイルス感染症の差別・偏見問題に関する共同声明」に対する御礼 下記参照)• 2020. 2020. 2020. 23 AB型の伊勢海老(下記参照)• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 01 ジョギングエチケットに加筆しました。 (下記参照)• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 31 批判を恐れず、勇気を振り絞って5つの提言をします• 2020. 29 しばらくの間、1日2回(午後1時頃と午後9時頃)に更新します 研究者・臨床家として新型コロナウィルス感染症に関わる山中、押谷、長谷川、大曲の4名は、新型コロナウィルスのすべての感染者と、予防や対処がとりわけ難しい医療従事者や医療施設に対する偏見や差別が広がっている日本社会の現状を憂慮し、報道機関への協力と協働を求める「新型コロナウィルス感染症対策に関する、研究者・臨床家から報道機関への要望書」を、2020年4月24日、一般社団法人日本新聞協会、ならびに一般社団法人日本民間放送連盟に提出しました。 二つの団体におかれてましては、問題の重大性と緊急性を真剣に受け止めて頂き、二団体合同のワーキング・グループを設置して頂きました。 その後、ワーキング・グループと私共4名を含む専門家と二度の意見交換の機会を設けて頂き、2020年5月21日、二団体によるを公表して頂きました。 迅速なご対応に深く感謝申し上げます。 新型コロナウィルス感染症の問題はこれからも続きます。 感染者や感染施設に対する差別や偏見の問題もすぐにはなくならないと考えられます。 報道機関の方々と、私たち専門家が、感染者や感染施設に寄り添い、みながともに手を携えて生きることのできる、やさしい社会を実現できるよう、引き続きのご協力とご協働を、あらためてお願い申し上げます。 2020年5月22日 山中伸弥(京都大学教授) 押谷仁(東北大学教授) 長谷川好規(名古屋医療センター院長) 大曲貴夫(国立国際医療研究センター国際感染症センター長) 新型コロナウイルスに対する対策は微妙な手綱さばきが求められます。 緩めすぎると感染者の急増と医療崩壊を招きます。 締めすぎると、休業自粛をお願いしている方々の生活が崩壊し、また抗体を持つ人の数がなかなか増えないため、第3波、第4波に対して脆弱になります。 一人から何人に感染が広がるかを示す実効再生産数(Rt)を1未満で維持することが目安になります。 Rtは統計や公衆衛生の専門家でないと算出できないと思い込んでいましたが、昨日に紹介した論文でエクセルを使って算出する方法が報告されています。 そこで、専門外の科学者がRtを計算できるか試みてみました。 Rtは、国や自治体の対策方針を決める重要な指標です。 複数の研究者が独自に算出し、科学的議論に基づいた政策決定が健全と思われます。 問題提起のために、専門外ではありますがあえて計算してみました。 私の理解不足等による計算ミスもあり得ますので、あくまでも参考値としてお示しします。 (方法) 1. からRtを計算するためのエクセルシートをダウンロード 2. からSerial intervalの平均を6. 3日、標準偏差を4. 2日と仮定 3. 、および のホームページから感染者数の推移をダウンロード 4.エクセルに感染者数を入力し、Rtを計算。 (コメント) この結果は、あくまでも専門外の私が1つの論文で報告された方法に基づき計算したものであり、専門家の方から見るとお叱りを受ける点も多いと思います。 しかし、大阪府民である私から見ると、大阪府のRtが4月21日に1を下まわり、5月1日現在で0. 6程度という計算結果は、府民の努力が報われているようで嬉しく思います。 この値が続くようであれば、経済活動等を少し緩和出来る可能性を期待します。 しかし油断は禁物で、緩めすぎるとRtはあっという間に1を超えると思います。 京都市も市民の努力で4月16日以降、Rtの平均値は1未満とい結果です。 北海道は、4月11日の段階で2. 7という計算結果でしたが、道民の皆様の頑張りで、5月2日には1. 12という計算結果です。 まだ1を超えていますので、引き続きの頑張りが必要と思われます。 東京では、新規感染者を見つけるための検査数の実態を知ることが出来なかったため、Rtの計算は断念しました。 下記は、休日の皇居や大阪城など、多数のランナーや散歩をされる方が集中する場所を念頭に置いて提案しています。 人がまばらな時のジョギングや、グランドでの屋外スポーツに関する提案ではありません。 紹介している報告は、さらなる科学的検証が必要です。 しかし、周囲にたくさん散歩の方がおられる時は、エチケットととしてマスク等を着用することにより、お互いに気持ち良い時間を過ごすことが出来ると思います。 夏用の涼しい製品も販売されています。 これからは特に蒸し暑くなっていきます。 私は走るコースや時間を工夫し、周りに人がいないときは覆いは外し、散歩の人等がおられるときはさっと覆うようにしています。 外出自粛が続いていますが、時々のジョギングや散歩はOKと言われています。 以前より、ジョギングをする人が増えているようにも思います。 新型コロナウイルスは感染しても多くの人は無症状です。 発症する場合も、潜伏期にすでに感染力があると考えられています。 ジョギングできるくらい元気でも、実は感染しているかもしれません。 走って大きな息をするときは、咳やくしゃみと同じように周囲への配慮が望まれます。 マスク、もしくはバフ、ネックゲイター等でジョギングエチケットを心がけましょう。 走る時は、10メートルくらい離れないと感染の危険があるという報告もあります。 普通の病気は、患者さんや家族を苦しめます。 しかし、新型コロナウイルスはより多くの人を苦しめています。 1.感染した方、そのご家族 2.エッセンシャルワーカーの方々。 医療従事者、公共交通、物流、インフラ、小売り、窓口業務など、自らの感染リスクと、偏見や差別に耐えながら社会を支えて頂いている方々。 ( 3.活動自粛により、仕事、介護、教育などの権利を奪われている方々 収束には長期間を要します。 しかし夜は必ず明けます。 それまでの間、これらすべての方々を守らなければなりません。 私はどれにも該当しません。 一番の社会貢献は、できるだけ外出を控えてエッセンシャルワーカーの方々への負担を減らすことです。 しかし、それ以外に何か出来ないか、常に模索しています。 一人一人のプラスアルファの努力が求められています。

次の

iPS山中教授が5つの提言「今すぐ強力な対策を」など

山中 伸弥 コロナ ホームページ

サイトは「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」()で、13日に開設。 新型コロナをめぐる社会の様々な動きや対策にも言及し、「個人の責任で」独自の分析を交えて解説している。 「甲子園(選抜高校野球大会)中止の本当の理由」と題した項目では、高校生は感染しても大半は風邪程度の症状だと説明。 「中止は周囲の高齢者を守り、感染者が急増して医療や社会が破綻するのを防ぐため。 選手は周囲や社会のために夢を犠牲にしてくれている」と思いやった。 中国の商業施設で発生したクラスター(感染集団)の論文に対しては、「日本での感染防止を考える上で貴重な情報。 潜伏期間も1日から17日と患者によって大きく異なる点にも注意」とコメントした。 山中教授は読売新聞の取材に、「国難とも言える状況を本当に心配している。 医学研究者として、論文などから分かる正しい情報を発信していきたい」と強調した。 あわせて読みたい•

次の