エクセル 条件 カウント。 COUNTIFの複数条件!COUNTIFS関数で複数の条件に合うデータを数える【Excel・エクセル】

エクセル【COUNTIF関数】で条件と一致するデータの数を求める方法!|エクセルドクター

エクセル 条件 カウント

スポンサーリンク No. Excel2003以前はそのものの関数はありませんでした。 しかしその要望はかなり多かったように思います。 Excel2007でついに、専用のCOUNTIFS関数が用意され、より簡単に求めることができるようになりました。 ここでまず、複数条件を満たすデータの件数を求める場合の方法を確認しておきましょう。 ちなみに、COUNTIF関数の条件設定の引数は1つです。 COUNTIF関数(準備列用意)• COUNTIFS関数(Excel2007以降)• SUMPRODUCT関数• DCOUNT関数• COUNT関数とIF関数を使用した配列数式 では、上から順番にご案内いたします。 最後2つの方法は簡単なご案内です。 <COUNTIF関数(準備列用意)> COUNTIF関数(関数の分類: 統計)で求めることができるのは多少限定的ですが、下図のように、[F1]列と[F2]列のデータの組み合わせがそれぞれ何件あるか、といった場合に、条件となるデータをつなげた準備列を用意します。 以下は、上記の準備列を作れないときに使える方法です。 <COUNTIFS関数> [F1]列が「あ」で、かつ[F3]列が「180以上」という複数条件で、件数を求めます。 COUNTIFS関数(関数の分類: 統計)は、COUNTIF関数の要領で複数セットの条件を設定して求めることができます。 この計算は、それぞれのかっこ内のセル範囲のセル1個ずつで条件を評価し、条件を満たしたら1、満たさなければ0を返します。 そしてセル範囲の対応するセル同士の条件評価(1または0)を掛け合わせ、最後に合計します。 つまり、複数の条件を満たすとその行で1となり、満たさないと0となります。 その行の結果を最後合計しますので、結果的に複数条件を満たした件数となります。 この式を1つ目の引数のみに指定しますので、手入力の方が早いと思います。 Excel2003までは、COUNTIFS関数がなかったため、このSUMPRODUCT関数がよく利用されましたので、古いブックに見つけることがあるかもしれません。 以下の方法は簡単にご案内です。 <DCOUNT関数> DCOUNT関数(関数の分類: データベース)では、条件の設定を別セルに用意する必要があります。 使用方法は下図を参考にしてください。 <COUNT関数とIF関数を使用した配列数式> COUNT関数またはSUM関数とIF関数を使用した配列数式で求めることもできます。 配列数式ですので、最後の確定は「Ctrl」+「Shift」+「Enter」を押します。 式の前後の中かっこは、確定後に表示されます。 上図の[関数の引数]ダイアログ ボックスは、最初のIF関数の設定画面で、真の場合にIF関数がネストされています。 それ以外の偽の場合は0です。 赤い枠のところが、2つのIF関数の結果で、それらをCOUNT関数で数えます。 空白はカウントしませんので、答えは4、複数条件を満たした件数です。 SUM関数でもいけますね。 配列数式は、配列(セル範囲)をまとめて計算に処理させる手法です。 ヘルプmemo <COUNTIFS関数 (統計関数)> 特定の条件に一致するセルの個数を返します。 引数: 検索条件範囲 …特定の条件による評価の対象となるセル範囲を指定 検索条件 …計算の対象となるセルの条件を指定 ヒント: 最大127組の検索条件範囲と検索条件のペアを指定できます。

次の

エクセルで特定の文字を含むセルをカウント!COUNTIF関数で条件一致のセルを数える

エクセル 条件 カウント

エクセルのCOUNTIF関数の使い方 まずはCOUNTIFの概要や、用途について見ていきましょう。 COUNTIF関数とは?条件にあったセルを数えよう COUNTIF関数は、「COUNT」と「IF」という文字列が使われていることからもわかるとおり、 条件に当てはまるセルの数をカウントする関数です。 COUNTIF関数は(範囲、検索条件)という要素で構成されています。 指定した範囲の中に存在する指定した検索条件に当てはまるセルの数が関数の結果として表示されます。 今回は例として、16人の男女の得点表を作ってみました。 以下では、平均点(74点)以上の人数が何人いるかを算出しています。 COUNTIF関数の範囲指定の方法 COUNTIF関数の範囲指定の方法は単純です。 「関数の引数」のダイアログボックスから 「範囲」を選択し、始点と終点の番地の間に 「:(コロン)」を挟んで入力します。 あるいは始点のセルをカーソルで選択し、ドラッグで終点まで範囲選択すると自動的にボックスに反映されます。 COUNTIF関数の検索条件の表し方(文字列) 検索条件には文字列と数字の2種類を入れられます。 文字列を検索条件に指定する場合、 「検索条件」のダイアログボックスに指定したい文字列を入力します。 例えば「男」と入力すれば「男」と書かれたセルの数が、「山田」と入力すれば「山田」と書かれたセルの数が表示されます。 なお、それに合わせて範囲も変更するようにしましょう。 」といった「ワイルドカード」を使えば、もう少し複雑な検索が可能です。 」は任意の1文字を意味するため、「あ? 」という検索条件では、「あい」「あえ」「あお」といった「あ」から始まる2文字の文字列を含むセルが表示されます。 例えば、「どうして? 」と入力します。 COUNTIF関数の検索条件の表し方(数字) 数字と演算子を検索条件として指定することも可能です。 数字の「3」を例に、演算子による出力結果の違いをまとめます。 エクセルのCOUNTIFS関数を使って複数条件も処理しよう COUNTIF関数と性質を同じくする、 「COUNTIFS関数」というものがあります。 限定した種類の中で売上目標を超えた商品の数を知りたい場合など、複数の条件に当てはまるセルを数える関数です。 COUNTIFS関数の使い方 COUNTIFS関数は 条件範囲1、検索条件1、条件範囲2、検索条件2、… という要素で構成されています。 各条件範囲は同じ範囲が指定されていても問題ありません。 条件範囲2、検索条件2以降、ユーザーが望むだけ範囲・条件を指定できます。 結果を出力するために条件範囲1、検索条件1の入力は必須ですが、それ以降は任意です。 範囲指定の方法、文字列・数式を検索条件に指定する方法はCOUNTIF関数とまったく同じです。 【応用編】COUNTIF関数で複数条件を扱うには? 上述した COUNTIFS関数を用いれば、複数の範囲と複数の検索条件を扱うことができます。 一方、 「OR関数」「AND関数」と「COUNTIF関数」を組み合わせることで、同じように複数条件を取り扱うことも可能です。 複数条件指定のやり方(OR) 「OR関数」は(条件1、条件2、…)といったように 複数条件を指定し、ひとつでも条件が当てはまっていれば「TRUE」、どの条件にも当てはまらなければ「FALSE」を出力する関数です。 OR関数の結果を出力したセルにさらにCOUNTIF関数を実施すれば、条件をひとつでも満たすセルの数がカウントできます。 複数条件指定のやり方(AND) 「AND関数」は(条件1、条件2、…)といった指定されている複数条件をすべて満たす場合に「TRUE」、ひとつでも満たしていない条件があれば「FALSE」を出力する関数です。 AND関数の「TRUE」をカウントするCOUNTIF関数を使えば、条件をすべて満たすセルの数がわかります。 COUNTIF関数はシンプルですが、 膨大なデータから条件を満たす要素の数をカウントする際に非常に便利です。 使い方や、条件指定の方法も決して難しくないため、データ集計の際は積極的に使ってください。

次の

Excel関数 条件を満たすものだけをカウントする(COUNTIF関数)

エクセル 条件 カウント

A ベストアンサー こんにちは。 ユーザー定義関数で作ってみました。 Ver4 マクロ関数で十分だと私は思いますが、Ver 4 マクロ関数ではケシカランというような方?は、以下のようなVBAでの解決方法が便利かなって思います。 VB Editor の標準モジュールに貼り付けてください。 (挿入-標準モジュール) なお、一般のブックの標準モジュールのユーザー定義関数に、Public キーワードをつけたところで、グローバル関数になるわけではありませんので、もしその点に不安のある方は、マニュアル等で、確認されたほうがよいかもしれませんね。 なお、以下は、引数のインデックスに0を入れると、配列出力するようにしてあります。 Match c. Interior. Match c. Font. Interior. Font. こんにちは。 ユーザー定義関数で作ってみました。 Ver4 マクロ関数で十分だと私は思いますが、Ver 4 マクロ関数ではケシカランというような方?は、以下のようなVBAでの解決方法が便利かなって思います。 VB Editor の標準モジュールに貼り付けてください。 (挿入-標準モジュール) なお、一般のブックの標準モジュールのユーザー定義関数に、Public キーワードをつけたところで、グローバル関数になるわけではありませんので、もしその点に不安のある方は、マニュアル等で、確認されたほうがよいかもし... A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー Officeのバージョンが分かりませんので、excel2007・2010のバージョンでの操作方法を・・・。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1!

次の