平塚 コロナ 感染。 神奈川県内の新型コロナウイルス感染症 (COVID

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で業況悪化した小規模事業者の事業所賃借料を補助します

平塚 コロナ 感染

更新情報• を更新しました。 グラウンド等のについて、7月20日(月)から利用を再開します。 について、6月22日(月)から開所(一部制限)となりました。 について、備考欄を更新しました。 について、使用する際の制限事項を追加しました。 について、使用する際の制限事項を追加しました。 の駐車場、駐車場及びは、6月1日(月)から駐車場を開放します。 5月25日に緊急事態宣言が解除されたことに伴い、感染拡大防止対策を前提とした公共施設の利用について調整し、段階的な制限の緩和及び解除を行うこととなりました。 施設の再開時の対応について、を更新しました。 窓口事務のみ実施。 大ホールは8月31日まで 開館 一部制限 7月1日 水 一部制限有(利用人数等) 6月30日 火 まで空調機器の緊急修繕により利用停止 大ホールは8月31日 月 まで利用停止 計25施設 利用中止 開所時間は9時~17時。 窓口事務のみ実施。 土・日曜日、祝日は臨時休館 開館 一部制限 6月16日 火 一部制限有(利用人数等) 利用中止 開所時間は9時~17時。 受付・相談のみ実施。 土・日曜日、祝日は臨時休館(9時~17時は電話対応のみ実施) 開館 一部制限 6月16日 火 一部制限有(利用人数等) 利用中止 相談業務、電話対応のみ実施。 健康・福祉 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 臨時休館 開館 一部制限 6月16日 火 国県の対策指針等に基づき、当面の間、人数や活動内容など一部施設利用に制限があります。 また、浴場等は事前予約方式に改めます。 臨時休館 開館 一部制限 6月16日 火 国県の対策指針等に基づき、当面の間、人数や活動内容など一部施設利用に制限があります。 また、浴場等は事前予約方式に改めます。 臨時休館 開館 一部制限 6月16日 火 国県の対策指針等に基づき、当面の間、人数や活動内容など一部施設利用に制限があります。 また、浴場等は事前予約方式に改めます。 臨時休館 開館 一部制限 6月16日 火 国県の対策指針等に基づき、当面の間、人数や活動内容など一部施設利用に制限があります。 また、浴場等は事前予約方式に改めます。 臨時休館 開館 一部制限 6月16日 火 国県の対策指針等に基づき、当面の間、人数や活動内容など一部施設利用に制限があります。 また、浴場等は事前予約方式に改めます。 一部制限 開館 一部制限 6月16日 火 国県の対策指針等に基づき、当面の間、人数や活動内容など一部施設利用に制限があります。 なお、障がい福祉サービス等についてはこれまでどおり通常運営をします。 袖ヶ浜デイサービスセンター 開所 定休:日曜日、祝日 開所 定休:日曜日、祝日 高齢者技能センター 開所 定休:土・日曜日、祝日 開所 定休:土・日曜日、祝日 保健センター 開所 開所 市内の保育所 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 計5施設 臨時休館 要確認 施設のホームページで御確認いただくか、または、お問い合わせください。 (電話0463-21-9842) 臨時休館 電話での相談は受け付けています。 要確認 施設のホームページで御確認いただくか、または、お問い合わせください。 (電話0463-21-9842) こども発達支援室くれよん 開所 定休:土・日曜日、祝日 開所 定休:土・日曜日、祝日 保育園・認定こども園 計8施設 開所 定休:日曜日 、祝日 開所 定休:日曜日 、祝日 スポーツ 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室・シャワー室は利用不可。 6月中は全コートの2分の1利用(7月以降はコート制限なし) 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室・シャワー室は利用不可 (桃浜・田村) 計2施設 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室・シャワー室は利用不可 6月中は全コートの2分の1利用(7月以降はコート制限なし) 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室・シャワー室は利用不可 利用中止 開所 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室は利用不可 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室は利用不可 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 当面は1日1回のみの利用 更衣室は利用不可 グラウンド等の 計43施設 利用中止 開放 7月20日 月 総合公園 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室・シャワー室は利用不可 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 更衣室・シャワー室は利用不可 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 時間を短縮して利用。 更衣室・シャワー室は利用不可 施設利用に一部制限があります。 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 6月2日 火 から申込み開始 更衣室・シャワー室は利用不可 6月中は全コートの2分の1利用(7月以降はコート制限なし) 利用中止 開所 一部制限 6月12日 金 更衣室など時間を短縮して利用。 利用人数に制限があります。 更衣室など施設利用に一部制限があります。 利用中止 開所 6月2日 火 その他エリア 一部制限 駐車場は利用可。 開所 6月2日 火 宿泊研修所は、6月12日 金 から再開 公園 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 一部制限 開所 一部制限 6月1日 月 フットサルコートは、6月12日 金 から利用開始 一部制限 開所 一部制限 6月1日 月 一部制限 開所 一部制限 7月中旬 今年度の海水浴場は開設しません。 7月中旬より利用方法を一部制限し再開いたします。 開所 開所 生活・環境 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 要確認 5月31日まで家庭ごみの持ち込みは休止 開所 6月1日 月 小動物焼却処理施設 開所 定休:日曜日 開所 定休:日曜日 要確認 5月31日まで家庭ごみの持ち込みは休止 開所 一部制限 6月1日 月 家庭ごみの持ち込みは事前予約制(電話0463-22-4557) 利用中止 開所(一部制限) 6月22日 月 ごみ処理業務に支障がでない範囲でご利用いただけます。 臨時休館 開館 一部制限 6月17日 水 一部制限有(利用人数等) 聖苑 開所 開所 競輪 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 要確認 施設のホームページで御確認いただくか、または、お問い合わせください。 (電話0463-21-3935) 要確認 施設のホームページで御確認いただくか、または、お問い合わせください。 (電話0463-21-3935) 医療 施設名称 現在の対応 緊急事態宣言解除後の段階的な対応 対応 備考 再開時の対応 再開 予定 日 備考(制限事項等) 要確認 施設のホームページで御確認いただくか、または、お問い合わせください。 水産物地方卸売市場 開所 開所.

次の

【平塚市】平塚保健福祉事務所管内で新たに新型コロナウイルス感染者1名を確認(号外NET)

平塚 コロナ 感染

・人が密集する学習活動を極力控える。 ・必要に応じて学級を複数のグループに分けた上で使用していない教室を活用するなどして、児童生徒の席の間に可能な限り距離を確保し(おおむね1~2メートル)、対面とならないような形で教育活動を行うなど工夫する。 ・こまめな換気(1時間に1~2回程度)を行う。 可能な限り、常時2方向の窓を同時にあけて換気する(空調使用時においても換気は必要)。 ・実技や実習前後の手洗いを徹底する。 ・材料や用具の共用を極力控える。 ・体育・保健体育の授業について、屋外または換気を適切に実施している体育館などの屋内での活動では、児童生徒などの間に飛沫のかからないような十分な距離(多くの児童生徒などが手の届く距離に集まらない状態)を取っている場合、熱中症や息苦しさによる体の負担を避けるため、マスクの着用はしないことも考えられる。 ・各教科などの指導については、以下に掲げるものなど感染症対策を講じてもなお感染の可能性が高い学習活動については、当面の間行わず、指導順序を変更するなど指導計画の見直しをする。 音楽科における狭い空間や密閉状態での歌唱指導や身体の接触を伴う活動 家庭科、技術・家庭科における調理などの実習 体育科、保健体育科における児童生徒が密集する運動や児童生徒が近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い運動 児童生徒が密集して長時間活動するグループ学習 ・6月15日(月)から活動を再開することができるが、6月末日までは睡眠時間確保、体力温存、朝の健康観察に余裕を持たせるなどの理由で、次の4点の対応をとる。 (1)朝練習は行わない。 (2)1週間のうち、平日は3日まで、土日は1日までの活動とする。 (3)対外的な活動は行わず、校内での活動のみ。 合同チームの練習は不可とする。 (4)1年生は平日の部活動見学のみとする。 ・生徒に手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底させ、十分に配慮した上で活動する。 ・個人や少人数で密集せず距離を取って行うことができる活動を行うなどの工夫をする。 また、生徒などが密集する活動や近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い活動については控えるなどの工夫をする。 ・活動前後に必ず健康観察を行い、発熱などの風邪の症状が見られる時は、部活動への参加を見合わせ、自宅で休養するよう指導する。 ・小学校における特設クラブなどについても、これに準ずる。

次の

平塚市 新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン

平塚 コロナ 感染

平塚市内の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況をお知らせします。 (5月29日現在累計 市内発生者数37人、市内死亡者数1人:神奈川県記者発表より) 発生状況一覧 日付 市内発生者数 市内死亡者数 令和2年3月1日から令和2年4月19日まで 19人 - 令和2年4月22日 1人 - 令和2年4月24日 1人 - 令和2年4月25日 1人 - 令和2年5月8日 1人 - 令和2年5月10日 - 1人 令和2年5月12日 1人 - 令和2年5月14日 5人 - 令和2年5月15日 1人 - 令和2年5月16日 1人 - 令和2年5月18日 1人 - 令和2年5月28日 3人 - 令和2年5月29日 2人 - 計 37人 1人 感染した患者の発生状況は神奈川県から公表されます。 神奈川県は令和2年4月20日以降、感染者の居住市町村名を公表することとしました。 本市では県公表の人数を抜粋してお知らせいたします。 詳細は、神奈川県ウェブページをご覧ください。 (外部リンク)• (外部リンク) 平塚市新型コロナウイルス感染症緊急対策 新型コロナウイルス感染症対策は、市民の生命と健康を守ることを最優先に、市民生活と社会経済活動の両面に対する影響を最小限に抑えなければなりません。 本市では、「平塚市新型コロナウイルス感染症緊急対策」を策定し、「市民の生命と健康を守る」、「市民の暮らしを支える」、「まちの経済活動を維持する」を3つの柱に、本市の総力を挙げて施策を強力に推進します。 詳細は、「」のページをご覧ください。 平塚市対処方針 新型コロナウイルス感染症に関して、本市では、政府対策本部の基本的対処方針及び県の方針を踏まえ、引き続き市民の生命、健康及び生活を守り、社会経済活動を支えるため、当面、次のとおり取り組むものとします。 詳細は、「」のページをご覧ください。 各公共施設の対応及びイベント情報 感染拡大防止対策を前提とした公共施設の利用について調整し、段階的な制限の緩和及び解除を行います。 なお、利用制限の内容については、業種別ガイドライン等を踏まえ施設ごとに判断します。 イベント・会議等は、国及び県の方針等に則り、感染拡大防止対策を図った上で、主催者の判断により開催を可能とします。 各公共施設の対応及びイベント情報は」のページをご覧ください。 5月25日に、神奈川県を含む首都圏4都県と北海道に出されていた緊急事態宣言が解除されました。 感染拡大の防止に向け、外出自粛をはじめとする様々な規制にご協力いただいた、市民の皆さま、事業者の皆さまに心から感謝申し上げます。 しかし、新規感染者が減少傾向に転じ、宣言の解除により自粛要請が緩和されたからといって、新型コロナウイルス感染症が収束したわけではありません。 このウイルスとの闘いは長期戦になることが見込まれます。 今後、皆さまとともに、暮らしのあらゆる場面で、手洗いや咳エチケット、人と人との距離の確保といった「新しい生活様式」を実践し、感染の危険をできる限り回避しながら、段階的に地域活動や経済活動を取り戻していきたいと思っています。 本市では、市民の皆さまの生命と健康を守ることを第一に、市民生活と社会活動への影響を最小限に抑えられるよう、多岐にわたる緊急対策に取り組んでいます。 また、本市の未来につなげるため、新しい日常に向けた更なる対策に取り組んでいきたいと考えています。 引き続き、皆さまと力を合わせて、様々な努力と工夫を重ね、この難局を乗り越えていきましょう。 大切な家族や社会を守るために、ご協力をお願いいたします。 新型コロナウイルス感染症対策の医療提供体制 神奈川県では地域との連携・協力により進化した「神奈川モデル・ハイブリッド版」が始動しています。 感染の疑いがある場合は、帰国者接触者・相談センターに電話でご相談ください。 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。 帰国者・接触者相談センター 県では感染の疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐため調整を行う「 帰国者・接触者相談センター」を設置しています。 〇帰国者・接触者相談センター受付窓口(神奈川県庁) 電話番号:045-285-1015 受付時間:無休(24時間対応) 【帰国者・接触者相談センター等にご相談いただく目安】 次の症状がある方については、すぐに「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 )「帰国者・接触者相談センター」でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の帰国者・接触者外来等、をご紹介しています。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方など重症化しやすい方は、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください• 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 (神奈川県外部リンク) 【聴覚障がい等のある方へ】 聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方で、「帰国者・接触者相談センター」へのご相談をご希望の場合は、次の事項ををご記入の上、ファクシミリ(045-285-0216)でお送りください。 電話での相談が難しいこと• 帰国者・接触者相談センターへの相談であること• 医療機関にかかるときのお願い• 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 PCR集合検査の実施について (一社)平塚市医師会では、新型コロナウイルス感染症の長期化を踏まえ、「神奈川モデル・ハイブリッド版」に準じて、令和2年5月11日から当面の間、PCR集合検査を実施します。 詳細は、「」のページをご覧ください。 最新の情報については、及びをご確認ください。 神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル 神奈川県では県民の皆様からの新型コロナウイルス感染症に関するご相談に対応するため専用ダイヤルを設置するほか、メールやファクシミリによる相談も受け付けています。 神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル 電話番号 045-285-0536 050-1744-5875 音声案内につながります。 (1)微熱や軽い咳などの症状のある方や感染の不安のある方、健康・医療に関すること (9)協力金に関すること (2)緊急事態宣言に関すること (3)経営相談に関すること (4)『LINEコロナお知らせシステム』及びその他 受付時間 (1)は平日及び休日(9時00分から21時00分) (9)(2)(3)(4)は平日(9時00分~17時00分) メールやファクシミリでのご相談も受け付けています。 ファクシミリ:045-633-3770 詳細は、 神奈川県LINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」 新型コロナウイルスに関する情報提供、サポートをLINEで行います。 神奈川県のLINE公式アカウントと友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたに合わせた、適切な情報をお知らせします。 そのほか、質問に自動で回答したり最新の情報をお届けしますので、ぜひ友だちに追加してください。 詳細は、 神奈川県LINEコロナお知らせシステム LINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」を使用した、お知らせシステムです。 新型コロナに感染された方が発生した際に、その感染者が訪れた場所を同じ日などに訪れた方に対して、LINEでメッセージをお送りします。 詳細は、 厚生労働省の新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター) 新型コロナウイルス感染症の発生について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しております。 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル) 受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施) 詳細は、 厚生労働省新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウント 新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を確認することができます。 友達追加はこちらから 新型コロナウイルスとは? 過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。 (参考) (国立感染症研究所外部リンク) 感染予防のポイント 新型コロナウイルス感染症については、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。 感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 マスクの着用• (PDF861KB)• うがい• (PDF836KB)• 手指の消毒を行う場合には、消毒用アルコールが有効です。 体の抵抗力を高めるために、十分な睡眠と休養、バランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。 人混みや繁華街への外出を控えましょう。 (PDF898KB)• PDF397KB) (首相官邸外部リンク) 人との接触を 8割 減らす、 10 のポイント 誰もが感染するリスク、誰でも感染させるリスクがあります。 新型コロナウイルス感染症から、あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみましょう。 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントは以下とおりです。 暑さを避けましょう• 適宜マスクをはずしましょう• こまめに水分を補給しましょう• 日ごろから健康管理をしましょう• 暑さに備えた体作りをしましょう イベントや行事等の参加・開催について• イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。 やむを得ずイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

次の