メルペイ 本人 確認 遅い。 メルカリ(メルペイ)の「かんたん本人確認」が怖い?でもやった方がいい

メルペイで本人確認できない場合の対処法!登録方法やエラー例を紹介!

メルペイ 本人 確認 遅い

超お得にはじめられますよ…! 500円分のポイントをもらうには「YCAVNW」を忘れずに入力してくださいね。 これまで人気だったすすメルペイは4月5日に終了しました。 「メルペイ」の「本人確認」を完了していない方• 招待コードをキャンペーンページ内で登録、キャンペーン期間中に初めて「本人確認」をすると、1,000ポイントが付与 ポイント還元:• 1,000円分のポイント還元 まだの方は、 「YCAVNW」を入力すると1,000ポイントゲット! 超お得に始めるならマストですね…! 1,000円分のポイントをもらうには「YCAVNW」を忘れずに入力してくださいね。 cashlessdanshi iDで支払いなので使えるお店が多いのが超メリットですね…!上限5,000円近くを使いました。 三井住友カード株式会社 ID• 株式会社ジェーシービー• KDDI株式会社 メルペイの大きな特徴は、なんといっても電子マネーの「iD(アイディー)」に対応していることです。 iDの加盟店は全国80万ヶ所にも上り、他のスマホ決済サービスと比べると、使えるお店の数はトップクラスです。 現時点では、iDを使うメルペイが使える店舗数では抜きん出ています。 なお、メルペイの使えるお店は、で詳しく紹介していますのであわせてご覧ください。 最近ではJCBと提携し、JCBが推進する「Smart Code」の加盟店でもメルペイが利用できるようになりました。 街中にあるコンビニやスーパー、飲食店でも気軽に使えるのはとても嬉しいですよね。 両社の加盟店を相互開放し、両方のユーザーが利用できるように。 ユーザー的には乱立しているスマホ決済なのでこういうのはうれしいですよね…! メルペイの仕組み メルペイを利用するには、メルカリのアプリをダウンロードする必要があります。 普段メルカリを利用している方であれば、余計な手間はかかりません。 電子マネーカードや銀行口座の設定をすれば、あっという間に初期設定も完了します。 iDに対応していますので、お財布ケータイとして支払い可能。 つまり、iPhoneならApplePay、androidならgooglePayで使うことができますよ。 支払い時は、「支払いはiDで」と言うだけOKです。 他の決済サービスのように、いちいちアプリを起動したり、店員に画面を見せる必要もありません。 さらに! モバイルSuicaを利用している方は、Apple Payを通してメルペイからSuicaにチャージができます。 メルペイの利用にはクレジットカードを通す必要がないので、カードを持っていない方でも、銀行口座があればOK。 メルカリは特に若年層が多く使っているので、今後はより利用者数が伸びていくと予想されています。 メルペイの評判と口コミ メルペイの評価や口コミをTwitterで検索すると、おおむね好評なようです。 メルペイはApple Payに対応しているため、メルペイのポイントやチャージした金額をSuicaへチャージすることが可能です。 JRだけでなく、自動販売機でも使えますし、IDが使えない店でもSuicaが使え場合もあります。 メルカリの売り上げ1万円以下の時は、すぐにメルペイに移行。 Suicaにも使える。 手数料や移行期間の呪縛から解き放たれた瞬間。 Applewatchでメルペイ使えるとか超便利なんですけど😭 メルカリ上手な人なら本当にお財布なしで生きていけそう。 どうしてもメルペイ使いたい過ぎて、この間食べてめちゃくちゃ美味しかった和もっち桜ホイップを買いに来ちゃった。 銀行口座登録には、以下が必要です。 メルペイの安全性 以前に情報流出などがあったため、メルペイの安全性を心配されている方も多いはず。 メルカリでは、2017年6月22日に、サーバー切り替えに伴う作業時のミスで個人情報の流出がありましたが、適切な対応が行われ大きな問題になりませんでした。 現在では、再発防止策もおこなわれ、以降の情報流出は確認されておりません。 また、2019年2月7日におこなわれた、第2四半期決算説明会において、小泉文明氏(取締役社長兼COO)がメルペイについて下記の発言をしています。 かなり慎重に、システムの安定性や社内の安定性を諸々しっかり準備してローンチに臨みたい。 もうしばらくお待ちいただければ』 引用:engadget 今後も人為的ミスによる情報流出が無いとは言い切れませんが、メルペイは金融サービスということもあり、情報の取り扱いには細心の注意を払うとのことです。 すでにメルカリのアカウントを持っているならば、画面下部の「ログイン」に進んでください。 支払い用銀行口座の登録を行えば、メルカリの売上金はメルペイ残高にチャージされるようになり、わざわざポイントに変換しなくても買い物に利用可能。 メルペイ残高へのチャージもスムーズに行うことができます。 メルカリの売上金には180日の振込申請期限があり、振込申請口座を登録していないまま期限が過ぎると失効してしまいます。 ただし、メルペイに支払い用銀行口座を登録しておけばその申請期限の制限がなくなるため、失効の危険がなくなります。 なお、メルペイで登録する支払い用銀行口座と、メルカリの振込申請口座は別の口座です。 メルペイ残高の払い戻しを受ける場合には、振込申請講座も登録しておく必要がありますので、ご注意下さい。 今後も対応銀行が拡大されていく見込みですが、ネット銀行は2019年10月現在未対応です。 メルペイ > 画面下部の「使い方」 > 「かんたん本人確認で売上金の有効期限なしに」バナー へ進み、ガイドに従って顔写真と本人確認書類を撮影、提出してください。 メルペイ:チャージ方法 メルペイでの買い物に必要なメルペイ残高、メルペイポイントのチャージ方法をそれぞれ紹介します。 チャージ方法2種類:• メルペイ残高へのチャージ(銀行) 既に支払い用銀行口座を登録しているなら、メルペイ残高のチャージを行えます。 ホーム画面の「チャージ(入金)」ボタンを押し、支払い用銀行口座とチャージ金額を選択。 最後に「チャージする」を押せば完了dす。 なお、メルペイ残高への1日のチャージは20万円まで。 メルペイ残高が100万以上ある場合には追加のチャージはできません。 また、最低チャージ額は1,000円からとなっているため、不足している端数分だけチャージするというようなことはできません。 メルカリの売上金をポイントへ変換 銀行口座の登録が済まされていない場合には、メルカリの売上金をポイントへ変換しましょう。 メルペイの支払い方法は3種類から選ぼう メルペイの支払い方法は現在3種類が用意されています。 支払い方法3種類:• メルペイ残高 メルペイの主な支払い方法です。 メルペイに登録した銀行口座から必要な金額を「 メルペイ残高」にチャージすることで、メルペイでの利用額が残高から引き落とされるようになります。 銀行口座またはかんたん本人確認を住まえると、メルカリでの売上金もメルペイ残高に合算されるようになります。 メルカリの売上金を銀行口座に振り込み現金化する手間もかからず、そのまま支払いに使用することができます。 なお、メルペイ残高にチャージしてみたものの使い道がないというような場合には、銀行口座を登録しておけば、その口座に払い戻すことができます。 メルペイポイント キャンペーン等で入手したメルペイポイントも 1ポイント=1円としてメルペイの支払いに使用することができます。 銀行口座の登録またはかんたん本人確認をしない場合には、メルカリの売上金をそのままメルペイの支払いに使用することはできません。 その場合には、売上金をメルペイポイントに変換することで支払いを行うことができます。 還元キャンペーンやプレゼントでもらえますので、キャンペーン情報は見逃さないようにしましょう。 メルペイあと払い メルペイの残高もポイントもない、それでも買い物をしたい!という場合には、翌月にまとめて精算する「」を活用しましょう。 メルカリあと払いの利用には銀行口座の登録かかんたん本人確認を済ませる必要があり、利用金額は利用した月の翌月末までに支払わなければなりません。 便利なあと払いですが、支払いを延滞すると年14. 決済方法は2種類!コード決済とiD払い メルペイの支払い方法は、一般的なコード払いの他に、電子マネー「iD」を利用した支払い方法が選択できます。 決済方法2種類:• コード決済 メルペイは現在普及が進んでいるQRコード決済で支払うことができます。 メルペイを利用できる店舗は拡大を続けており、2019年9月時点では約170万店舗で利用できるまで広がっています。 さらにLINE Pay、d払い、au Payとの大連携進められており、近い将来これらのうち1つでも導入している店舗なら、どのコード決済も利用できるようになると発表されています。 iD払い メルペイはコード決済の他、NTTドコモが提供する電子マネー「iD」での支払いも可能です。 iDはApple Pay、GooglePayに登録することができるため、メルペイのアプリを立ち上げなくても、スマートフォンをかざすだけでメルペイ残高から支払い可能。 2019年6月現在、全国の96. 5万店舗で使えるため、コード決済に対応していない店舗でもメルペイを利用できます。

次の

メルペイ、マイナポイント事業の申込受付を7月1日に開始 本人確認完了でさらに5%付与

メルペイ 本人 確認 遅い

本人確認をするメリット• メルペイでメルカリの売上金がそのまま使える• 売上金の有効期限がなくなる• キャンペーンに参加できるようになる それぞれのメリットについて詳しく説明していきます。 メルペイでメルカリの売上金がそのまま使える メルペイではメルカリの 売上金を使って支払いが可能です。 メルカリを使っている方にとってはメリットが大きいですが、本人確認が済んでいない場合は売上金をポイントに交換してからでなければメルペイで支払いをすることができません。 本人確認を済ませることで、ポイントに交換することなく売上金をそのままメルペイで使えるようになります。 一度本人確認をすれば売上金をそのつどポイントに交換する手間が省けますよ。 売上金の有効期限がなくなる 売上金の有効期限は通常 180日です。 期限内に振込み申請やポイントに交換しなければ失効してしまいます。 振込みには200円 税込 の手数料が必要ですので、なるべく振込み申請の回数を減らしたいと考えている方も多いでしょう。 メルペイの本人確認を済ませると、売上金の有効期限がなくなります。 そのため、有効期限にとらわれず好きなタイミングで自分の口座に売上金を振込んでもらうことができます。 キャンペーンに参加できるようになる 過去には、メルペイを利用して決済すると支払額の50%相当をポイントで還元する「まるっと半額キャンペーン」といったお得なキャンペーンが実施されたこともあります。 キャンペーンに参加するには、本人確認が済んでいることも条件のひとつでした。 これからもこうしたお得なキャンペーンが実施されるかもしれません。 キャンペーンにスムーズに参加できるようにするためにも、あらかじめ本人確認を済ませておきましょう。 メルペイで本人確認をするには「銀行口座の登録」または「かんたん本人確認」 メルペイで本人確認をするためには、次の2つの方法があります。 銀行口座を登録してメルペイの本人確認をする方法 銀行口座の情報を登録して本人確認をする方法です。 銀行で口座を作るときには必ず本人確認が実施されているので、銀行口座を登録することで本人確認ができたとみなされます。 本人確認のために登録する口座は、「 お支払い用銀行口座」であり「振込申請用銀行口座」とは異なります。 「お支払い用銀行口座」は、メルペイ残高にチャージするために必要な銀行口座です。 一方、「振込申請用銀行口座」はメルペイ残高を出金するための振込先口座です。 「振込申請用銀行口座」が登録済みでも本人確認が完了したことにはなりません。 本人確認を済ませるためには、「お支払い用銀行口座」の登録が必要です。 銀行口座の登録で用意するもの 銀行口座の支店や口座番号がわかるものを用意しましょう。 通帳や キャッシュカードがあれば支店も口座番号も確認することができます。 メルカリアプリで銀行口座の登録をする手順 銀行口座は以下のような手順で登録します。 銀行口座を登録する手順• メルカリアプリを開いて画面右下のほうにある「メルペイ」をタップ• 「銀行口座を登録する」という赤い部分をタップ• 銀行口座の選択画面になるので、登録したい口座がある銀行を選ぶ• 各銀行のサイトに移るので、必要事項を入力• パスコードの設定をしたら登録完了 手順について詳しく説明していきます。 まず、 メルカリアプリを開きましょう。 画面右下のほうにある「 メルペイ」をタップしてメルペイの画面に進んでください。 お支払い用銀行口座を登録すると支払手数料やチャージ手数料が0円になるといった旨の案内が出てきます。 その下の「 銀行口座を登録する」という赤い部分をタップします。 銀行口座の選択画面になりますので、登録したい口座がある銀行を選んでください。 銀行口座を選択すると、各銀行のサイトに移ります。 それぞれの銀行サイトの案内に沿って入力をしてください。 銀行口座の登録が終わったら、 パスコードの設定に移ります。 好きな4桁の数字を入れてパスコードを設定しましょう。 設定したパスコードは忘れないようにしてください。 また、他の人に知られてしまわないように注意しましょう。 ここまでの手順で銀行口座の登録ができます。 銀行口座の支店や口座番号がわかっていれば悩むことなく手続きを進めていけるはずです。 「かんたん本人確認」でメルペイの本人確認をする方法 かんたん本人確認は、免許証と自分を写真に撮って送ることで本人確認をする方法です。 銀行口座を持っていない方や登録をしたくないという方はこちらの方法で登録しましょう。 かんたん本人確認に必要なもの 簡単本人確認には 運転免許証が必要です。 外国籍の方は 外国人在留カードでも可能です。 未成年でもかんたん本人確認はできる? 未成年でも運転免許証か外国人在留カードをもっていれば、かんたん本人確認を利用することができます。 学生証や健康保険証ではかんたん本人確認ができませんので注意しましょう。 かんたん本人確認の手順 メルペイのかんたん本人確認の手順は下記のようになっています。 メルカリのアプリを開き、画面下の右にあるメルペイの項目をタップしてみましょう。 画面上部に申請中であることが表示されているはずです。 もし、何も表示されていない場合は本人確認の申請ができていない可能性があります。 本人確認が完了すると、メルカリから本人確認が完了したという通知が届きます。 また、売上金という項目がメルペイ残高に変更になっているはずです。 メルペイのかんたん本人確認ができないときの対処法 かんたん本人確認をおこなう手順自体は難しくありませんが、実際にやってみるとうまくいかないこともあるようです。 かんたん本人確認ができないときに考えられる原因と対処法を解説していきます。 写真の質を上げる 「顔写真が確認できません」や「不鮮明なため確認できません」といった理由で運営から本人確認が完了できない通知が届くことも珍しくありません。 写真の質を上げることで何度もやり直しをしなくて済むかもしれません。 次のようなことに注意してみましょう。 メルペイ本人確認の際に注意するべきこと• 顔と免許証それぞれにピントが合っているか• メガネや髪で顔が隠れていないか• 画像が暗すぎないか• 画像が切れてしまっていないか なかなか一人ではうまくピントを合わせられないという方は、家族や友達に撮ってもらったり机にスマホを固定して撮影するという方法もおすすめです。 写真を撮るときはなるべく明るい場所で、顔がはっきりとわかるようにして撮りましょう。 免許証の情報と入力した情報が一致しているか確認する 運転免許証に載っている氏名や住所と入力した住所や氏名が異なる場合は本人確認が完了しないことがあります。 運転免許証に記載されている住所や氏名と入力する情報が異なる場合は、公共料金や国税または地方税の領収書などの補完資料の提出が必要になることがあります。 保管資料を用意するよりも、運転免許証の記載情報変更をおこなうほうが簡単です。 記載情報の変更は、運転免許センター、警察署、一部の交番で可能ですので、氏名や住所に変更のある方は先に運転免許証の記載情報を変更してもらいましょう。 銀行口座の登録で本人確認をする 複数回かんたん本人確認をおこなっても戻されてしまう方もいます。 一部の機種ではどうやっても画像が鮮明に撮れないこともあるようです。 2~3回やってもかんたん本人確認ができないようであれば、方法を銀行口座での本人確認に変えてしまうのも手です。 運営に問い合わせる 本人確認の申請はできたけれど、状況が「申請中」からずっと変わらないという場合は運営に問い合わせてみましょう。 申請したときの混雑状況や運営の状況などさまざまな要因で確認作業が滞っていることもあります。 1日や2日くらいかかってしまうこともあるかもしれませんが、3日や4日もずっと「申請中」で変わらなかったら問い合わせをしてみてもよいでしょう。 銀行口座の登録とかんたん本人確認はどちらがおすすめ? 銀行口座を登録して本人確認をする方法と、かんたん本人確認で本人確認をする方法を解説してきました。 どちらが自分に合っているか検討してみましょう。 銀行口座登録での本人確認がおすすめな人 銀行口座の登録は、運転免許証を持っていない方や運転免許証と自分の顔写真を送信するのに抵抗がある方に向いている方法です。 写真の撮影が苦手な方や、機種の関係でどうしてもピントが合わないなど困っている方も銀行口座の登録がおすすめです。 銀行口座の登録をしておけばメルペイに手数料なしでチャージすることができるので、メルカリの売上金よりも高い金額の支払いをする予定のある方にもおすすめの方法です。 かんたん本人確認がおすすめな人• 登録できる銀行口座がない• 口座情報を入力するのに抵抗がある メルペイで本人確認する方法のまとめ 本人確認をしておけば、売上金の有効期限がなくなったり、すぐにお得なキャンペーンに参加できたりとさまざまなメリットがあります。 利便性を考えても、メルペイを使うのであれば本人確認は済ませておいたほうがよいでしょう。 本人確認は、申請してもすぐに確認が完了しないこともあります。 キャンペーンがはじまってからや必要性を感じてからではなく、 あらかじめ本人確認を済ませておくのがおすすめです。 運転免許証や外国人在留カードがあればかんたん本人確認が利用することができますが、写真撮影に手こずってしまい時間がかかるケースも少なくありません。 機種によっては、どう工夫しても撮影がうまくできないこともあるようです。 かんたん本人確認の写真にまつわる問題はこれから改善されていくかもしれませんが、ひとまずは銀行口座を持っている方であれば、はじめから銀行口座の登録で本人確認をしたほうがスムーズに本人確認を済ませることができるのではないでしょうか。

次の

メルペイのかんたん本人確認とは?メリット・必要なもの・やり方をわかりやすく紹介

メルペイ 本人 確認 遅い

自分で選ぶことはできません。 また、支払い用銀行口座が登録済みの場合や、アプリでかんたん本人確認が完了している場合は、ポイントを購入することはできません。 メルペイポイントの使い方 キャンペーンにより還元されたポイントは金融機関口座へ出金することはできません。 メルペイポイントに残高があれば、ポイント優先で支払われるような仕組みになっています。 自分で選ぶことはできません。 「メルペイ」の支払い方法 クーポンを使う前に、支払い方法の確認です。 コード決済とメルペイiD決済の2種類があります。 店舗によって利用できる支払い方法が異なります。 実際の画面で説明すると・・・。 支払い方法を変更する時は、下図の矢印部分をタップします。 下図では「メルペイスマート払い」という表示になっています。 (今が「メルペイ残高払い」の状態) タップすると変わって「メルペイ残高払い」の表示になります。 =今が「メルペイスマート払い」の状態。 どちらの支払い方法を選択していても、画面中段の「iD決済」「コード決済」は選べます。 なお、コード決済をタップして表示させた状態からでも支払い方法を変更することができます。 下図矢印の「支払い方法を変更」をタップします。 ポップアップメニューから支払い方法を選べば変更されます。 支払い方法を間違えないように、操作に慣れておきましょう。 メルペイのチャージ方法 メルペイは事前にチャージをして支払うパターンと、あとから支払う方法があります。 チャージ方法は以下の3つです。 (銀行口座登録前やアプリでかんたん本人確認の完了前) 1ポイント=1円 2.メルペイに支払い用銀行口座を登録するかアプリでかんたん本人確認が完了すると、メルカリでの売上金をそのまま支払いに利用できるようになります。 (都度ポイントを購入する必要がなくなります) 【支払い用銀行口座を登録した場合のメリット】 ・売上金がない場合でも、登録した銀行口座からメルペイ残高にチャージ(入金)して、支払いに利用できます。 ・売上金の180日間の振込申請期限(有効期限)もなくなります。 24時間、手数料無料でチャージすることができます。 クレジットカードからのチャージ不可 メルペイは、クレジットカードからチャージできるような仕様ではありません。 チャージ・残高上限 チャージ・残高上限金額は以下になります。 メルペイスマート払い 「メルペイスマート払い」とは、当月分の購入代金を、翌月にまとめて支払いできるサービスです。 (コード決済やメルペイiD決済の支払い時の最終的な精算があと払いになります。 ) ただし支払い時に手数料がかかる場合があります。 手数料がかからないようにするには、利用明細が通知され清算方法を選択するタイミングで「メルペイ残高払い」を選択します。 Push通知設定をオンで 決済方法 iDメルペイiD決済 メルペイ電子マネーの設定を完了すると日本国内の「iD」マークがあるお店で利用できるようになります。 Apple Payに対応したオンラインショップでも利用できるようになります。 iDですが、スマート払いにしていない場合は、残高不足だとエラーになります。 メルペイ残高、ポイントまたは、メルペイスマート払いで支払います。 ネットショップでも利用可能 メルカリ以外のWebサービス、オンラインショッピングでの支払いに利用できます。 少しずつ利用できる店舗が増えています。 基本還元率なし メルペイには、支払った金額に対してポイントがもらえるような制度はありません。 まとめ:注意点を踏まえた上で便利・お得に使う 以上、メルペイの落とし穴や問題点についてでした。 メルカリ電子マネーとしてiDも使えるのでちょっと特殊ですが、注意点を踏まえた上で上手に活用すれば、今後とても便利で快適なキャッシュレスライフを提供してくれるでしょう。 特にメルカリで売り上げがあるに人には便利ですね。

次の