おしゃぶり デメリット。 新生児・赤ちゃんをおしゃぶりで寝かしつける注意点とデメリットは?

子供のおしゃぶり、いつまで付けてた?どうやってやめさせた?私の体験談 [ママリ]

おしゃぶり デメリット

おしゃぶりのデメリット おしゃぶりのメリットは、デメリットにもなり得ます。 おしゃぶりを与えることで泣き止むようになると、ついおしゃぶりを頻繁に与えてしまう習慣がついてしまいます。 そうすると、赤ちゃんが泣いている理由をよく考えずにおしゃぶりを与え、赤ちゃんと向き合う機会が減る場合があるのです。 また、おしゃぶりをしている間はうまく言葉を発することができないので、言語に関する発達に支障をきたす恐れがあります。 親が呼び掛けても、おしゃぶりをしていることで答えられず、自ら声を発することもできないため、自然にコミュニケーションの機会が減ってしまうかもしれません。 ほかには、さまざまな物の形や味などを確認するために口で物をなめるという行為も少なくなり、学習の機会が奪われることも考えられるでしょう。 これらのことから、おしゃぶりは節度を持って与えたほうが良いと言えます。 おしゃぶりを使うのはいつからいつまで? おしゃぶりは、新生児用のものであれば生まれて間もなくから使用できます。 多くの場合、赤ちゃんが指しゃぶりを頻繁にしていて、指の皮膚がただれてしまったり、寝かしつけに時間がかかるときなどをきっかけに使い始めるようです。 しかし、必ず使うべきというものではなく、慎重に使用することが大切です。 また、「泣き止む」というメリットは、生まれて間もない赤ちゃんに対しては不要と言えます。 まずは、赤ちゃんとしっかり触れ合うために、おしゃぶりはつけずに過ごすことをおすすめします。 できるだけおしゃぶりは使わないようにして、赤ちゃんが泣いている理由がわからないためにストレスが溜まるというような状況に陥ってから使うと良いでしょう。 できるだけおしゃぶりは使わないという考えを持ち、うまく活用することが大切です。 また、おしゃぶりは遅くとも2歳半までには使用を中止しましょう。 1歳ごろになると、言葉を喋るようになるので、おしゃぶりはたまに与えるようにして、発語の機会を奪わないようにすることが大切です。 おしゃぶりを求めて泣き止まないようなことが続く場合は、子どもとのふれあいを大切にして、心を満たしてあげるように心がけましょう。 心が満たされていれば、少しずつおしゃぶりを求めなくなる可能性があります。 また、3歳ごろは「お兄ちゃん、お姉ちゃん」に憧れる時期なので、無理やり辞めさせるのではなく、「おしゃぶりは赤ちゃんが使うもの」と認識させるように話をしてもよいかもしれません。 4歳を過ぎてもおしゃぶりが取れない場合には、小児科医に相談しましょう。 【関連記事】 ・ おしゃぶりの注意点 おしゃぶりを多用することで、出っ歯になったり、開咬(前歯が噛み合わないために口を閉じられない)になったりするとの指摘があります。 おしゃぶりの使用をやめると改善される傾向がありますが、乳臼歯(奥歯)が生えそろう2歳半~3歳ごろになっても使用している場合は、歯並びが悪い状態になる可能性があります。 歯並びが悪いことの問題点は、見た目が悪いということだけではありません。 歯と歯の間に歯垢が溜まり、虫歯や歯周病のリスクが高まるのです。 歯を失うことにも繋がるので、噛み合わせが悪くなるような行為は避けたほうが良いでしょう。 まとめ おしゃぶりを使ってもよいのかどうかということに関しては、「おしゃぶりは使ってもよいが、遅くても2歳半までにはやめたほうが良い」ということになります。 おしゃぶりを使用し続けることで出っ歯や開咬のリスクが上がり、赤ちゃんの発語などの発育に支障をきたす恐れがあります。 おしゃぶりは、どうしても使わなければならないとき以外は使わないようにして、うまく工夫していくことが大切です。

次の

赤ちゃんにおしゃぶりはだめ?メリット・デメリットは?

おしゃぶり デメリット

赤ちゃんの指しゃぶり行動ってどんなもの? 「おしゃぶり」と「指しゃぶり」は、同じようなものと思っている人も多いかもしれませんね。 でも、指しゃぶりはおしゃぶりとは違い、赤ちゃん時代には発達上の重要な意味を持った行動です。 新生児の指しゃぶりは、無意識な「吸てつ反射」によるものです 赤ちゃんは、実はママのおなかの中にいるときから指しゃぶりをしています。 そして、実際に生まれた直後からも指しゃぶりをする赤ちゃんはよくいます。 生まれたばかりの赤ちゃんには、自分の意志とは関係なく無意識に体が動いてしまう「原始反射」がみられます。 これは、自分の力だけでは生きていけない赤ちゃんが、生命を維持するために必要な動作です。 新生児の指しゃぶりは、原始反射の1つで「吸てつ反射」といいます。 よく、赤ちゃんの口のまわりをママの指などで軽くふれると、強い力で吸いつきますね。 これは、赤ちゃんが母乳やミルクを飲むための動作で、口元に近づいたものはママの乳首と思って本能的に吸いついてしまうのです。 この吸てつ反射は妊娠28週ごろからみられるようになりますが、発達の過程で一時的にするもので、生後5~6ヶ月になると自然に消えていきます。 新生児期の赤ちゃんにとってはごく自然な動きです。 1歳ごろまでの指しゃぶりは、発達上とても大切です 赤ちゃんは、生後1ヶ月ごろから自分の指をなめるようになり、生後2~4ヶ月ごろからは自分の指だけでなく、口の近くにあるものをつかんで無意識に吸うようになります。 生後5ヶ月ごろになると、身近なものに手を伸ばしてつかみ、何でもなめるようになります。 これは、見たものを手で取る「目と手の協調運動」の練習になると同時に、何でも吸ったりなめたりすることで、物の温度やにおい、味、感触などを確かめ学習しているのです。 1歳ごろまでの指しゃぶりは発達過程において大切な動作なので、無理に止めさせるようなことはしないでください。 また、はいはいやつかまり立ちをするようになると、指しゃぶりをしていると自由に動けないため、指しゃぶりは自然に減っていくもの。 心配はいらないので、見守ってあげましょう。 おしゃぶりの効果と必要性は? おしゃぶりの使用については昔から賛否両論ありますが、おしゃぶりは指しゃぶりのように必要なものなのか、違いを知っておきましょう。 寝かしつけやグズり対策に有効ですが、必要ではありません 1歳までの指しゃぶりとは違い、おしゃぶりに発達上の意味はなく、必要なものではありません。 ただ、おしゃぶりは「寝かしつけのとき」「外出先で騒いだとき」「グズったとき」などに使うと赤ちゃんがおとなしくなるため、助かるというママも多いでしょう。 おしゃぶりを吸うと母乳やミルクを吸っているような感覚になり、赤ちゃんは精神的に落ち着くのですね。 また、赤ちゃんが静かになる切り札があることで、ママの子育てストレスも軽減されるというメリットもあるでしょう。 おしゃぶりの悪影響とはどんなもの? 赤ちゃんの精神安定剤的な役割を果たすおしゃぶりですが、使用について否定的な意見が根強いのは、メリット以上にデメリットが大きいからです。 長期の使用により、歯の噛み合わせに悪影響があります 小児科医と小児歯科医から成る「小児科と小児歯科の保険検討委員会」がまとめたおしゃぶりに関する提言によると、一番のデメリットは「長期的に使うと、歯の噛み合わせに影響する」ということです。 歯科医師によるさまざまな調査の結果、赤ちゃんのころからずっとおしゃぶりを使っていると、2歳のころには「開咬」(上下の歯を噛み合わせたときに前歯や横の歯の間に隙間があいてしまいうまくかむことのできない状態)になる子が多くなるといいます。 この傾向は、おしゃぶりを使い続けている期間が長くなるほどより多く見られるようになります。 このように、おしゃぶりの長期使用が噛み合わせに及ぼす悪影響は見過ごせません。 開咬 奥歯を噛み合わせても、上の前歯と下の前歯の間にすきまができてしまい、開いてしまいます。 発達の過程に必要な経験ができにくくなります 前述したように、赤ちゃんは生後5ヶ月ごろになると何でも口にもっていってはなめたりしゃぶったりして、「目と手の協調運動」の練習をするとともに、物の形状や性質について学習しています。 ところが、おしゃぶりをしていると物をなめることができず、発達上とても大切な学習をする機会が奪われてしまうことになります。 また、おしゃぶりで口がふさがれていると、ママやパパから声をかけられたときに応じるような声を出すこともできなくなり、発語自体も遅れがちになってしまいます。 赤ちゃんがおしゃぶりをしていておとなしいと、ママが話しかけたりあやしたりして、赤ちゃんとコミュニケーションをとる機会も少なくなってしまいます。 おしゃぶりはいつごろから始めて、いつまで使っていいの? おしゃぶりは一度口にすると長時間くわえたままになるうえ、習慣化して毎日使い続ける傾向があります。 そのため、さまざまなデメリットを受けやすくなってしまうので、使うとしても十分な注意が必要です。 使う場合も、遅くても2歳半までにやめましょう おしゃぶりは新生児からでも使うことができますが、前述したように月齢が上がるにつれて発達に必要な機会を失ってしまう危険もあります。 使うとしても、どうしても泣き止まないときだけにするなど、使用時間はできるだけ短くする努力をしましょう。 おしゃぶりを使っていると、噛み合わせに影響が出ることも明らかです。 ただし、奥歯が生えそろう2歳半ごろまでにやめれば、噛み合わせの異常は発育とともに改善されます。 そこでおしゃぶりを使う場合は、遅くても2歳半までにはやめることが大切です。 奥歯が生えそろう2歳半から3歳ごろになっても使い続けていると噛み合わせの異常が治りにくくなります。 おしゃぶりの消毒方法は? おしゃぶりは赤ちゃんが直接口にいれるものなので、使うなら衛生面への配慮が必要です。 哺乳瓶と同じように、使ったらしっかり消毒をしましょう。 哺乳瓶と同じ方法で消毒しましょう おしゃぶりの消毒は、哺乳瓶などと同じ方法で行います。 まず、哺乳瓶用洗剤などで使ってしっかり洗いますが、哺乳瓶の乳首専用の細いブラシを使って先端まできれいにしましょう。 十分すすいだあとは、煮沸する、電子レンジにかける、消毒液につける、などの方法で消毒します。 特に新生児期は抵抗力が弱いので、1回1回使うたびにきちんと洗って消毒することを忘れずに。 自分の手をなめるようになったら、きれいに洗って清潔にしてあれば、ときどき消毒する程度でかまいません。 おしゃぶりの上手な活用方法は? 「赤ちゃんがグズったらすぐにおしゃぶり」ではなく、まずは赤ちゃんの気持ちを満たす工夫をしてあげましょう。 使う場合は年齢によって、次のような点に注意してくださいね。 【0歳】発達に必要な行動を邪魔しない使い方を 1歳までは、赤ちゃんの発達に必要な機会を失わずにすむよう、おしゃぶりをくわえさせたままにしないことが大切です。 赤ちゃんが泣いたらまず、なぜ泣いているかを考えて原因を取り除いたり、あやしたり、言葉がけをしたりする努力をしましょう。 おしゃぶりを使うのは最終手段だと考え、どうしてもというときだけに。 おしゃぶりを与えて赤ちゃんがおとなしくなっても、あやしたり一緒に遊んだりして、短時間でおしゃぶりをはずすようにします。 赤ちゃんがご機嫌におしゃぶりをしていたのに、気が付けばおしゃぶりが見当たらなくなり焦ったことはありませんか?そんなときにあると便利なのが、おしゃぶりホルダーです。 そこで今回は、おしゃぶりホルダーについて特集。 おしゃぶりホルダーの選び方や先輩ママの口コミも参考にしてみてくださいね。 【1歳~】おしゃぶりホルダーを使うのはやめます 1歳代は、言葉を覚えるための大切な時期です。 赤ちゃんは、ママやパパなど身近な大人とのやりとりの中から言葉を覚えていき、やがて発語へとつながります。 赤ちゃんの順調な発語のために、おしゃぶりホルダーを使っている場合は1歳過ぎたらはずしましょう。 赤ちゃんの手が届くところにいつでもおしゃぶりがある、という状態を作らないようにすることが大切です。 そして、親子で一緒に遊んだり外に出る機会を増やして、2歳までにおしゃぶりがやめられるよう心がけましょう。 【4歳~】4歳過ぎてもやめられないときは、小児科で相談を 4歳になってもどうしてもおしゃぶりがやめられない場合は、情緒的な面への考慮が必要になってきます。 その場合は、かかりつけの小児科などで相談しましょう。 おしゃぶり依存にならないよう、十分注意を! おしゃぶりは、一度使い始めると習慣になりやすく、月齢が高くなるほどやめるのが難しくなります。 おしゃぶりがあると赤ちゃんがおとなしくしていてくれるので、デメリットはわかっていても、ママもつい気軽に使いたくなるでしょう。 おしゃぶりは赤ちゃんにとってもママにとっても依存性が高くなりがちなのが特徴です。 でも、噛み合わせへの影響や発達に必要な機会を奪うなど、大きなデメリットがあることをしっかり認識してほしいのです。 それでも必要という場合は、親子ともにおしゃぶりに依存しなくてすむよう上手な使い方をしてくださいね。

次の

おしゃぶりを使うメリットとデメリットは?上手な使い方とおすすめおしゃぶり3選

おしゃぶり デメリット

見た目もかわいく新生児・赤ちゃんの定番グッズのイメージがある おしゃぶりですが、 いつから いつまで使うもの?と悩むママも多いかもしれません。 多くのメリットがあるおしゃぶりですが、歯並びへの影響などデメリットも気になるところ。 そこで今回は、おしゃぶりの使用時期や気になる赤ちゃんへのメリット・デメリットについて紹介します。 おしゃぶりはいつからいつまで必要? 新生児・赤ちゃんの必需品のようなイメージのあるおしゃぶりですが、実は 必ずしも使わなくてはならないものではありません。 習慣化するのを防ぐためにも、使わずに済むのであれば越したことはありません。 もしおしゃぶりを利用するのであれば、 おっぱいがうまく吸えるようになる生後2ヶ月くらいから始めるのがおすすめです。 生まれた直後からの使用は避ける 新生児や低月齢の赤ちゃんにとって、おしゃぶりの方がおっぱいよりも吸いやすく、 おしゃぶりに慣れてしまうと、上手にママの乳首(母乳)が吸えなくなってしまう可能性があるため、生まれて直後から使うのは避けた方がよいでしょう。 クセになる前に卒業を また、 おしゃぶり卒業のタイミングは、遅くとも2歳頃までを目安にしてください。 長期にわたる使用は、歯並びなど健康への影響が心配されること、またクセになってしまうとよりやめさせるのが大変になります。 そもそも赤ちゃんが「おしゃぶり」の行動を始めるのはいつから?目的と役割は? そもそも赤ちゃんは、いつから「おしゃぶり」という行為を始めるのでしょうか? 実はママのお腹の中にいる時から、指しゃぶりをしている赤ちゃんもいます。 3D・4Dエコーではっきりと確認できることもありますよね。 胎児の指しゃぶりは、おっぱいを吸う練習をしているといわれています。 また、もともと赤ちゃんには、口に入ってきたものに吸い付く吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)が備わっています。 母乳を飲むための行動ですが、 おしゃぶりをすることで気分が落ち着き、安心感を得る効果があるともいわれています。 そのため、ぐずった赤ちゃんをあやすときや、寝付きがよくないときにおしゃぶりを使うママが多いです。 赤ちゃんがおしゃぶりするメリットとデメリット おしゃぶりの販売メーカーなどによると、おしゃぶりには「あごを動かす練習になる」「鼻呼吸を促すことができる」「喉の乾燥を防ぎ、口内環境を整える」などのメリットが紹介されていることがありますが、真偽は定かではなく、医師など専門家の意見も分かれるところ。 一方で、おしゃぶりを長く使い続けると、歯並びに悪い影響が出るという噂をよく耳にし、気になっている人も多いでしょう。 そこで、おしゃぶりを利用することで考えられるメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。 【メリット1】寝かしつけの強い味方になる 赤ちゃんの夜泣きがひどいなどで、寝かしつけに困っているママは多いですよね。 おっぱいや抱っこでもダメなら…、おしゃぶりをあげるとすんなり落ち着いてくれる、なんてことも多いようです。 ママの精神面や体力的に疲れているときは、おしゃぶりに頼ってみてもよいかもしれません。 【メリット2】赤ちゃんのぐずり防止 ママにとって赤ちゃんとの慣れないお出かけは緊張しますよね。 電車やバスに乗っている時、突然泣き出したらどうしようと怯えている人も多いはず。 そんな時も、 おしゃぶりをもっていれば赤ちゃんは泣き止んでくれるため、家ではあまり使わなくても 外出の時には重宝します。 【メリット3】指しゃぶりの予防ができる 生後3~4ヶ月以降になると、指しゃぶりをする赤ちゃんが増えてきます。 赤ちゃんは安心感を得るためについ指をしゃぶってしまいます。 しかし、 指や爪には様々な菌が付着していることが多く、衛生的におすすめはできません。 きれいに消毒してあるおしゃぶりを使えば、指をしゃぶっているよりも衛生的なので、指しゃぶりが気になるママは利用してみてもよいかもしれません。 【デメリット1】言語発達に影響する場合も おしゃぶりで口を塞いだままでいると、 赤ちゃんが言葉を発するチャンスを逃してしまい、言語発達へ影響を与えてしまうこともあります。 赤ちゃんがパパやママの言葉に反応したり、動きが活発になるころは、言葉をしゃべり始める機会がいっぱいあります。 できるだけ赤ちゃんに言葉を発する機会をあげるためにも、 おしゃぶりをする時間を短くしてあげましょう。 【デメリット2】 コミュニケーションが減る あまり おしゃぶりに依存してしまうと、寝かしつけるために必要な「抱っこ」などのスキンシップが減ることにもなります。 赤ちゃんもおしゃぶり欲しさに泣くようになるため、おしゃぶりをなくしていこうとする時にも、ママが抱っこしても泣き止まないといった事態にも繋がります。 できるだけおしゃぶりというお助けグッズに頼りきらず、コミュニケーションをしっかりとってあげることも大切です。 またさらに、 歯並びに関する異常は、2歳頃までにおしゃぶりの使用をやめれば発育とともに改善されるともあります。 低月齢~2歳頃までは、ママの育児を助ける意味でもおしゃぶりにメリットはあると考えられますが、それ以降は子供のためにもやめさせてあげるようにしましょう。 子供が中耳炎にかかりやすい場合は、かかりつけの医師とも相談し、おしゃぶりの使用を控えるなど検討してもよいかもしれません。 おしゃぶりはメリットとデメリットを考えて使用しよう 出産祝いなどでおしゃぶりをプレゼントしてもらっても、いつからいつまで、そしてどのようなタイミングで使うのか悩んでしまうかもしれません。 おしゃぶりには、ママの育児を助けてくれる嬉しい効果がたくさんありますが、赤ちゃんへの様々な影響を考えると、長期間・長時間にわたっての利用は控えルールを決めて使う方がよいかもしれません。 とはいえ、あまり神経質になりすぎず、便利な育児グッズをうまく取り入れていけたらよいですね。

次の