シトルリン 副作用。 シトルリンのペニス増大効果ってどういうこと?副作用はない?

協和発酵バイオ「シトルリンZN」?成分と効果と口コミを調査

シトルリン 副作用

この記事は臨床専門医理学療法士 Christopher Tack によって書かれた記事を翻訳してお届けします。 私のクライアントたちがリハビリやトレーニングの目標を達成できずにいる主要な要因は、トレーニングですべて正しいことをしているのにも関わらず、彼らは単純に十分なトレーニングをしていないというものです。 つまり量の問題です。 繰り返しの回数とドリルは改善の度合いと密接に関連しており、それを制限してしまうものは疲労です。 皆さん正しいことをしているのですが、ポテンシャルに達する以前に疲れてしまい、止めてしまうのです。 しかし、もしあなたが得られる利益が疲労によって制限されずにすむと言ったらどうですか。 もしスイカとリンゴという変わった組み合わせがあなたのジムでトレーニングする時間を長くしてくれると言ったら? そしてまた、この不思議な組み合わせを手軽に手に入れられる新しいサプリメントがあり、それがあなたのトレーニングの量を増加させてくれ、疲れと闘ってくれると言ったらどうでしょう。 シトルリン マレート(シトルリンリンゴ酸)についてご説明しましょう。 シトルリン マレートとは何か? シトルリン マレート(シトルリン リンゴ酸)はアミン酸化合物で、激しいトレーニング中の疲労の現れを遅らせる可能性が注目されています。 ですから、私の個人的なお気に入りでもあるマイプロテインの などの運動前のサプリメントの成分としてもよく使われています。 L-シトルリンはラテン語で「スイカ」を意味するシトルラスから来ており、1914年に発見されました。 人間が体内でアンモニアから尿素をつくる生化学反応である尿素サイクルの鍵となる中間体のひとつです。 つまり、それは以下のいずれかのプロセスを経てつくられる非必須アミノ酸です。 (体内で作ることができないアミノ酸を必須アミノ酸と言います。 ) 1)腸管内のオルニチンとカーバミルリン酸の間の反応プロセスによる 1-2 か、または、 2)アミノ酸L-アルギニンを硝酸に分解する変換プロセスによるものです 3。 では、どこから「マレート」の部分は来るのでしょう? 化合物のマレート成分は、ラテン語で「りんご」を意味するマールムからその名をとったマリック酸(リンゴ酸)から得られます。 マレートは、乳酸の産生を抑え、ピルビン酸の産生を継続することで、好気的代謝を向上させる可能性のあるトリカルボン酸サイクルの成分です 4-5。 しかし、よくあるように、医薬品業界の進歩によって、スポーツ選手や運動をする健康な人たちにもその使用が検討されるようになりました。 こうしてシトルリン マレートをサプリメントとして使おうというアイデアが生まれたのです。 しかし、この効果のメカニズムはさらに検討する必要があります。 シトルリン マレートの働きのメカニズムには2つの分野があります。 バクテリアを使って実験用マウスに筋肉疲労を起こさせた研究では、シトルリン マレートの供給は、血管の拡張と血流に影響し、グルコースの取り込みをコントロールしてミトコンドリアの呼吸 11 を最適化する強力な化合物である一酸化窒素(NO、Nitric Oxide)の合成を助けることが示されました 9-10。 NOの合成はシトルリン マレートのシトルリン成分によって促進されます。 つまり、シトルリンが多ければ、NO合成をよりしやすくするL-アルギニンも増えるというわけです。 これによって筋肉の機能と活動を維持する能力が向上するわけです 19。 マレートはどのように働くか? これがシトルリンがどのように私たちが疲労に打ち勝つ能力を助けるかの説明です。 マレートはクレブ サイクルという名でも知られるトリカルボキシ酸サイクルの構成成分を補充する働きであるアナプラロシス 補充)というプロセスを促進します。 これは好気的呼吸、つまり私たちが酸素からエネルギーを得るメカニズムの鍵と成る要素でもあります。 マレートは一部のアナプラロシス反応に影響し、過剰なアンモニアによって引き起こされる酸化エネルギーの通り道をブロックするものを減らします。 そしてマレートは運動の副産物として形成される乳酸を使ってさらに多くのピルビン酸塩を形成します。 好気的代謝がより効率よくなれば、私たちはより多くのアデノシン三リン酸(ATP-エネルギー)をつくることができるので疲労が減るのです。 事実、実験ではシトルリン マレートが供給された時には著しく多くのATPが産生されており、酸化プロセスが促進されていることを示しています(4)。 またこの研究は、運動後のクレアチン酸レベルの回復が著しく速くなっていることも示していて、筋肉PHとパワーの両者とも高いレベルに維持されており、嫌気的代謝によって形成されるATPの速度が減少していることを示しています。 シトルリン マレートサプリメントを使った時の運動後のプラズマと筋肉のこれ以外の変化には、運動中のより効率的な分枝鎖アミノ酸の使用、そして成長ホルモンのより大幅な増加の促進などがあります 22。 シトルリン マレートのパフォーマンス効果 シトルリン マレートが体内に取り込まれた時、生理学的に体にどのような働きをするのかを調査するために、明らかに多くの実験がされてきました。 しかし、それを運動前に摂った場合のサプリメントとしての効果を真に評価し、その使用がパフォーマンスの改善につながるのかを審査するためには同様の実験を行うことが必要です。 例:激しいサイクリングの間に産生された筋肉の老廃物の計測で、アンモニアと乳酸値がシトルリン マレートを摂取した人ではより速く血液中から除去される 23-24 こと。 しかし、私たちはこの結果が実際にパフォーマンスの改善を可能にしたのかどうかは、仮定として主張できるにとどまります。 ありがたいことに、数人の研究者がこの調査を行いました 25。 6箇所のジム施設で筋肉のパフォーマンスを調査したのです(非侵襲性の方法で)。 基本的に、研究者らは8グラムのシトルリン マレート、あるいはプラセボを二つのグループに与え、80%1RMのフラット ベンチプレスを疲れて出来なくなるまで何回繰り返すことができるかを計測しました。 興味深いのはシトルリン マレートグループはプラセボ グループよりも19%多くの回数を繰り返すことができ、最後のセットでは53%も多くの回数を繰り返すことができたのです。 シトルリン マレートの筋肉疲労と闘う能力が浮き彫りにされました。 同じような2パート研究 7,26 でも、上半身のエクササイズ(懸垂、逆懸垂、腕立て伏せ)と60%1RMでの下半身のエクササイズ(レッグプレス、ハックスクワット、そしてニーエクステンション マシン)を行った上級の筋肉トレーニングをしている男性らで同様な結果が出ています。 また、昨年には、研究者が、80%1RMで上半身と下半身の筋トレプログラムをする女性被験者14人に対し、無作為の二重盲目クロスオーバー計画を行ったアーカンソー大学が理学論文を発表しています。 研究結果:シトルリンはパフォーマンスを向上できるか? この研究はシトルリン マレートの効果を示しており、シトルリン マレートサプリメントが、12セットの間にシトルリン マレートグループがプラセボ グループよりおよそ11回多くの繰り返しができたことを示しました。 よって、の効果は女性アスリートにも及ぶことが示されました。 しかしながら、シトルリン マレートを摂取することの効果はユーザーのトレーニングの状態にも左右されます。 これらの研究は上級の筋肉トレーニングをしている個人におけるシトルリン マレートの効果を示していますが、他の研究では、違いはトレーニングをしていない、あるいは軽いトレーニングしかしていない人たちの方が大きいことを示しています 28。 シトルリンの摂取量や副作用は? ほとんどの研究は8グラムの適量で筋トレ中の身体機能増加効果を得るには十分であることを示していますが 7,25-27 、パフォーマンス効果は3グラムから現われる可能性があります。 また、研究はシトルリン マレートの一回の摂取 29 でも、複数回の摂取 4 でも安全であり、ユーザーにいかなる副作用も起こさないとしています。 まとめ 身体機能向上のサプリメントとしてのシトルリン マレートの摂取についての理論的根拠と実験による実証はある程度の重みがあります。 酸化窒素の濃度を上げ、筋肉の生理的な効率を高めるシトルリン、そして好気的呼吸をより促進するマレート、そのどちらの成分もポジティブな効果があります。 筋肉トレーニングをするジムのユーザーにとって、ワークアウト前のサプリの一部としても、筋肉疲労を軽減するだけに単独で使うサプリとしても、シトルリン マレートが役に立つことは明らかです。 ただ、新しい、より長いワークアウトを終えるのに十分な時間をジムで過ごすようにだけ注意してくださいね。 クリス 1. Curis E, Crenn P, Cynober L. Citrulline and the gut. Curr Opin Clin Nutr Metab Care. 2007;10 5 :620—626 2. Kamoun P, RabierD,Bardet J, Parvy P. Citrulline concentrations in human plasma after arginine load. Clin Chem. 1991;37 7 :1287 3. Aguilo A, Castano E, Tauler P, Guix MP, Serra N, Pons A. Participation of blood cells in the changes of blood amino acid concentrations during maximal exercise. J Nutr Biochem. 2000;11 2 :81—86 4. Bendahan D, Mattei JP, Ghattas B, Confort-Gouny S, Le Guern ME, Cozzone PJ. Br J Sports Med. 2002;36 4 :282—289. Wagenmakers AJ. Protein and amino acid metabolism in human muscle. Adv Exp Med Biol. 1998;441:307—319 6. Creff A. Controlled double-blind clinical-study against stimol placebo in the treatment of asthenia. Gazette Med De France. 1982;89:1926—1929. Wax, B. , Kavazis, A. 2016. Effects of Supplemental Citrulline-Malate Ingestion on Blood Lactate, Cardiovascular Dynamics, and Resistance Exercise Performance in Trained Males. Journal of dietary supplements. 13 3 :269-82 8. Dauverchain J. Double-blind study of Stimol in the treatment of asthenia in older subjects. Goubel F, Vanhoutte C, Allaf O et al. Citrulline malate limits increase in muscle fatigue induced by bacterial endotoxins. Can J Physiol Pharmacol 1997;75:205—7. Gibala MJ, Young ME, Taegtmeyer H. Anaplerosis of the citric acid cycle: role in energy metabolism of heart and skeletal muscle. Acta Physiol Scand 2000;168:657—65. Petrovic V, Buzadzic B, Korac A, Vasilijevic A, Jankovic A, Micunovic K, Korac B. J Exp Biol. 2008;211 Pt 1 :114—120. Hickner RC, Tanner CJ, Evans CA, Clark PD, Haddock A, Fortune C, Geddis H, Waugh W, McCammon M. L-citrulline reduces time to exhaustion and insulin response to a graded exercise test. Med Sci Sports Exerc 38: 660—666, 2006. Goodwin BL, Solomonson LP, Eichler DC. Argininosuccinate synthase expression is required to maintain nitric oxide production and cell viability in aortic endothelial cells. J Biol Chem. 2004;279 18 :18353—18360. Mori M. Regulation of nitric oxide synthesis and apoptosis by arginase and arginine recycling. J Nutr. 2007;137 6 Suppl 2 :1616S-1620S. Nussler AK, Billiar TR, Liu ZZ, Morris SM, Jr. Coinduction of nitric oxide synthase and argininosuccinate synthetase in a murine macrophage cell line. Implications for regulation of nitric oxide production. J Biol Chem. 1994;269 2 :1257—1261. Barbul A. Arginine: biochemistry, physiology, and therapeutic implications. J Parenter Enteral Nutr. 1986;10 2 :227—238. Little JP, Forbes SC, Candow DG, Cornish SM, Chilibeck PD. Creatine, arginine alphaketoglutarate, amino acids, and medium-chain triglycerides and endurance and performance. Int J Sport Nutr Exerc Metab. 2008;18 5 :493—508. Wilcock IM, Cronin JB, Hing WA. Physiological response to water immersion: a method for sport recovery? Sports Med. 2006;36 9 :747—765. Briand J, Blehaut H, Calvayrac R, Laval-Martin D. Use of a microbial model for the determination of drug effects on cell metabolism and energetics: study of citrulline-malate. Biopharm Drug Dispos. 1992;13 1 :1—22. Gibala MJ, Young ME, Taegtmeyer H. Anaplerosis of the citric acid cycle: role in energy metabolism of heart and skeletal muscle. Acta Physiol Scand. 2000;168 4 :657—665 21. Goubel F, Vanhoutte C, Allaf O, Verleye M, Gillardin JM. Citrulline malate limits increase in muscle fatigue induced by bacterial endotoxins. Can J Physiol Pharmacol. 1997;75 3 :205—207. Sureda, A. , Ferrer, M. , Tur, J. 2010. L-citrulline-malate influence over branched chain amino acid utilization during exercise. European journal of applied physiology, 110 2 , 341-351 23. Vanuxem D, Duflot JC, Prevot H, et al. Influence of an anti-asthenia agent, citrulline malate, on serum lactate and ammonia kinetics during a maximum exercise test in sedentary subjects. Fornaris E, Vanuxem D, Duflot JC, et al. Pharmacoclinical approach of citrulline malate activity: analysis of blood lactate during a standardised exercise. Gazette Medicale 1984;91:1—3. Perez-Guisado J, Jakeman PM. Citrulline malate enhances athletic anaerobic performance and relieves muscle soreness. J Strength Cond Res. 2010;24 5 :1215—1222. Wax, B. , Kavazis, A. , Weldon, K. 2015. Effects of Supplemental Citrulline Malate Ingestion During Repeated Bouts of Lower-Body Exercise in Advanced Weightlifters. Wethington, Lauren Nicole. uark. Sureda, Antoni, and Antoni Pons. Cutrufello, P. , Gadomski, S. 2014. The effect of l-citrulline and watermelon juice supplementation on anaerobic and aerobic exercise performance. Journal of sports sciences, ahead-of-print , 1-8.

次の

シトルリンの効果・副作用・摂取量を徹底的に解説します。

シトルリン 副作用

シトルリン 腎臓に良いと言われるシトルリンとはどんな成分なのでしょうか?ここでは、シトルリンの作用やサプリメントの選び方についてまとめました。 シトルリンの効果(尿素回路の改善) シトルリンは「遊離アミノ酸」のひとつで、私たちの体に欠かせない重要な成分です。 スイカやゴーヤなどの食品に含まれていますが、シトルリンの最大の効果は尿素回路を改善すること。 オルニチンとは兄弟のような関係で同様の作用を体にもたらしますが、尿素回路の中でオルニチンはシトルリンに変わり、シトルリンはアルギニンに変わり、そしてアルギニンはオルニチンに姿を変えます。 この一連の流れが永遠に繰り返されるわけです。 そのため、オルニチンの代わりにシトルリンを摂取しても尿素回路の改善という同じ効果を得られます。 尿素回路が活性化されることで、利尿作用を促し、腎臓の機能を回復させてくれるでしょう。 その他、シトルリンには血流を改善する効果もあるので、動脈硬化の予防や血圧のコントロール、筋力増強などの作用も期待できます。 そもそもシトルリンとは? 私たちの体の中でNO(一酸化窒素)というガスが作られていることをご存知ですか?1998年の研究で、一酸化窒素は血管を広げ、体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ役目があることがわかりました。 そして、その一酸化窒素を作り出しているのがシトルリンです。 遊離アミノ酸として体内を巡りまわっていくのが特徴です。 細胞内の至るところにあるのが特徴の1つであるとも言えます。 また、最近の研究では抗酸化作用もあります。 そのため高齢者でもシトルリンを積極的に摂取した方が良いとされている研究報告もあります。 腎臓病への働き方について それでは、腎臓病とシトルリンはどのような関係性があるのでしょうか。 シトルリンがあることで、腎臓病患者の症状を緩和させることができます。 それでは、どのような役割で緩和させることが可能なのか1つずつ項目をみながら紹介していきましょう。 尿素サイクルの円滑化 シトルリンの効果が発揮されるのは、尿のサイクルの手助けをするということです。 尿を作る時に出来てしまうのが、アンモニアです。 このアンモニアを無害なものへと変化させるために活躍するのが、アルギニンやオルニチンです。 そしてこれらと一緒になってアンモニアを無毒なものへ変化させているのがシトルリンです。 シトルリンが体内にあることで、アンモニアを無害にさせることが可能です。 しかし、シトルリンが不足している状態になるとどうなるのでしょうか。 血中にアンモニアが蓄積されていき、体内に様々な症状が現れます。 そして、シトルリンの代わりにアルギニンがアンモニアを無毒化させるようになりますが、この場合だとアルギニンは毒性が強いので、体内にとってはあまり良いものではありません。 その一方でシトルリンは毒性が低いので、腎臓への負担も少なくなります。 抗酸化作用もあるためシトルリンを摂る方が体内にとっては良いと考えられています。 また、肥満体質の人はシトルリンが慢性的に欠乏しているので、結果として体に悪影響を与え最悪腎臓への負担へとつながります。 運動をサポート 腎臓病でも適度な運動が必要になります。 しかし、シトルリンがない状態のまま運動をしてしまうと腎臓に負担をかけてしまいあまり良いとは言えません。 しかし、シトルリンを摂取していると、血の巡りをよくしてくれる働きを持っているので、運動中でも息切れすることがなく運動のサポートをしてくれます。 もちろん、運動のサポートをしてくれますが、あまり過度な運動をしてしまうと体に悪影響なので注意が必要です。 シトルリンを摂取できる食品とは シトルリンが含まれているのは、次のような食べ物です。 スイカ、メロン、冬瓜、きゅうり、にがうり、ヘチマといったウリ科の食べ物に多く含まれています。 また微量ではありますが、にんにくにも含まれています。 シトルリンの摂取量 シトルリンの摂取量は、800mgとされています。 これを食品に換算するとスイカであれば1. 7個、メロンは1. 3個、きゅうりは56. 5本と非現実的な摂取量です。 ウリ科の食べ物には多く含まれていますが、これらを摂取しようとなると食品だけではとても賄えきれません。 そこで登場するのが、サプリメントです。 サプリメントから摂取をすればかなりの量を食べなくても簡単に摂取することが可能です。 サプリメントの場合過剰に摂取することが可能です。 過剰摂取すると次のような副作用が起きるので注意が必要です。 シトルリンの副作用 シトルリンを適度に摂取するのであれば、特に気をつけるような副作用はありません。 しかし、過剰に摂取してしまうと次のような副作用が起きてしまう可能性があります。 シトルリン血症 尿素回路をスムーズにする機能をもっているシトルリン。 しかし、シトルリン血症の人がシトルリンを飲んでしまうと過剰にシトルリンの値が高まりその結果、嘔吐、昏睡、多呼吸異常行動といったものを引き起こしてしまいます。 腎臓病の前にシトルリン血症であると診断された人は別のアプローチを検討しましょう。 降圧剤との併用 血圧を抑えるために降圧剤を服用している場合も注意が必要です。 この状態でシトルリンを摂取すると、降圧剤の効果を過剰にしてしまいます。 その結果として、貧血、めまい、ふらつきの症状が起きてしまうので、注意が必要です。 過剰摂取 過剰摂取をすると、体調を壊してしまうという人がいます。 800mgのところを8000mg摂取したりすると、このような体の異常が発生してしまうので、やめましょう。 このように、シトルリンの副作用について、ほとんどのケースでは心配する必要はありません。 ただし、過剰に摂取したりシトルリンを摂取することで病気が悪化してしまうケースがあるので、服用する前に心配と感じる人は医師に相談することをオススメします。 選び方のポイント 尿素回路の改善の他に血流改善の効果も期待できるシトルリンは、含有量の多いサプリメントで摂取するのがポイントです。 1日の摂取目安量は800mgですから、相乗効果が期待できるアルギニンと併せて摂ると効果を実感できるでしょう。 錠剤やカプセルなら飲む量も自分で調節できますし、ボトルタイプの方がコスパも良いのでおすすめです。 シトルリンは過剰に摂取しても体から排出されてしまうので、適量を守って健康促進に役立てましょう。

次の

DHCシトルリンの副作用

シトルリン 副作用

この アルギニン、そしてアルギニンのパートナーである、 「シトルリン」を同時に摂取することにより、 より早く確実な精力増強効果を実感することができるのです。 この記事では、 「アルギニンやシトルリンとは具体的に何か?」そして 「アルギニンやシトルリンの効果、摂取量、そして副作用」などについて紹介して行きます。 また、効率の良いアルギニンとシトルリンの摂取方法は食事によっての摂取なのか、それともサプリメントによる摂取なのかについても、このページでは詳しく解説していきます。 このページを最後まで読むことで、 トンカットアリやクラチャイダムだけでは、なぜ精力増強やペニス増大効果が不十分なのかがわかります。 ぜひ最後までお付き合い下さい。 アルギニンとはなにか? 目次• トンカットアリとクラチャイダムの両方に含まれている成分であるアルギニンは、 非必須アミノ酸もしくは 準必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一種です。 非必須アミノ酸ですから、 アルギニンは人間の体内で生成することのできるアミノ酸です。 しかし、年齢を重ねるごとに体内での生成量が減少するほか、第二次性徴期には体内で作られるアルギニンだけでは足りなくなるので、 食事によって補う必要があるアミノ酸です。 そのため、 第二次性徴期の方や大人は食事によって補う必要があり、準必須アミノ酸と呼ばれるわけです。 準必須アミノ酸と呼ばれるくらいですから、アンチエイジングにおいても効果を発揮して、 健康維持のためにも摂取すべきアミノ酸なのです。 ドイツで1886年にマメ科の植物の芽から発見されたもので、名前の由来はギリシャ語の「綺麗な銀色の輝き」を意味する「アルギュロス」からきています。 ただ、漢方の世界では古くから強壮の強化や婦人病・肝炎の治療に用いられているなど、実は古くから馴染みのあるものなのです。 アルギニンの効果効能 アルギニンの効果効能としては、下記のものがあります。 ・成長ホルモンの合成促進(身長を伸ばす効果) ・疲労回復 ・ED改善(勃起力アップ) ・動脈硬化の予防 成長ホルモン合成促進 成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されるホルモンですが、 アルギニンは成長ホルモンの合成・分泌を促進することが知られています。 成長ホルモンは、成長期の子供の骨や筋肉の成長を促し、 特に身長を伸ばすために欠かすことのできないホルモンです。 前述しましたように、アルギニンは体内で合成できる非必須アミノ酸です。 しかし、 成長期の子供の場合、アルギニンの生成よりも成長ホルモンの合成により使用されるアルギニンの量の方が多くなりますので、 食品やサプリによって積極的に外部から取り入れなければ足りなくなってしまいます。 「成長ホルモンの合成は、成長が止まった大人には関係がないのでは?」と思う方もいるかもしれません。 しかし、たとえば、 筋トレをしたときには成長ホルモンが分泌されますし、 疲労回復や お肌の健康維持のためにも成長ホルモンの合成は必要不可欠なのです。 アルギニンの過剰摂取に注意 アルギニンは成人のみならず、子供の成長にも欠かせない成分ですが、だからと言って 摂りすぎると問題が起こります。 アルギニンを過剰に摂取すると、 胃が荒れたり下痢などの症状を引き起こす場合があります。 さらに、長期間過剰に摂取すると肝臓や腎臓にも障害が発生する恐れがあるので注意が必要です。 胃の荒れや下痢程度ですから、 副作用といってもそれほど重大ではありませんが、長期間過剰に摂取しすぎて肝臓や腎臓に影響を及ぼすレベルまで至ると話は別です。 しかし、 肝臓や腎臓に影響が出るのは、 毎日アルギニンを20グラム以上摂取した場合です。 20グラムというと、ハンバーグ15個、とんかつ10枚に相当しますから、普通に食事をしている分には問題ありません。 ただし、アルギニンはサプリメントでも摂取できるので、サプリメントを飲みながら食事からアルギニンを摂ると過剰摂取になることがあります。 特に 成人男性向けのアルギニンサプリを子供に飲ませると、サプリには1日の必要摂取量が含まれているので、 食事から摂ったアルギニンが過剰になってしまいます。 ちなみに、成人男性向けのアルギニンサプリを子供に飲ませる例は少なくないようですから、注意しなければいけません。 成長ホルモンを効率的に促進するために 成長ホルモンはアルギニンのみを摂取すれば分泌されるというものではありません。 アミノ酸は複数のアミノ酸と一緒に摂らないと効果効能がありません。 つまり、 寝る時間帯ではなく 質の良い睡眠をいかにしてとるかが、成長ホルモン分泌促進の鍵となるわけです。 また、 アルギニンを摂取する時間は、寝る前がベストタイミングです。 疲労回復 アルギニンは、エネルギー不足で起きる 身体疲労の改善や脳疲労と呼ばれる認知力の低下による疲労に対しても、効果を発揮することがわかっています。 その元となるのが 一酸化窒素(NO)です。 この一酸化窒素は後々重要になりますので、覚えておいてください。 一酸化窒素には 血管を拡張する働きがあります。 そのため、大量の血液が体を循環しやすくなります。 結果として細胞の隅々まで ビタミンや糖分、アミノ酸などの栄養素や酸素を早くそして大量に届けることが可能になります。 実はこれが、人間の健康を維持するのに非常に重要なのです。 人間の体は血液がスムーズにめぐることによって、健康を保つことが出来ます。 血液によって各細胞に栄養と酸素が届けられ、そこで細胞活動の結果作られた老廃物を血液が運び出すことで、いつまでも健康で若々しくいられるのです。 もしこれがスムーズにいかないと、体の隅々まで十分な栄養と酸素がとどかず、老廃物も細胞に溜まったままで正常な細胞活動を阻害するようになります。 こうなると、いわゆる「疲れが取れない」という状態になり、集中力もなくなって仕事も日常生活も正常にできなくなってしまいます。 もちろん、こんな状態が健康的であるはずがなく、次第に体のあちこちに異常が出るようになります。 そして、 このような影響を受けやすいのが、 男性機能(勃起力低下や中折れ)なのです。 血液がスムーズに流れなくなると、 真っ先にダメになるのが勃起力です。 そのため、勃起しなくなったり精力が落ちてきたら、年齢によるものだけでなく、こういった原因もあるため、健康維持を考えて一度クリニックを訪ねて精密検査を受けようにしたいものです。 また、疲労がたまってくると体臭が強くなる人がいますが、その原因はアンモニアです。 本来、アンモニアは肝臓内の尿素回路(オルニチン回路)において無害な尿素に変えられ、腎臓でろ過されておしっことして体外に排出されます。 しかし、疲労がたまりすぎると尿素回路での処理が追い付かなくなり、体のだるさに繋がるのです。 アルギニンは尿素回路に働きかけ、アンモニアを尿素に変換し体外へ排出するのをサポートします。 ED改善(勃起力アップ) アルギニンは、一酸化窒素の産生に不可欠なアミノ酸で、 、 勃起のためにも欠かすことのできないアミノ酸の一つなのです。 アルギニンは一酸化窒素の産生のみならず、 EDの原因となる血管障害の改善にも効果を発揮します。 また、男性が男性らしくあるための性ホルモンである「テストステロン」の生成には欠かすことのできないアミノ酸であり、 精子の数や運動性を高める効果もあります。 そのため、 アルギニンは男性不妊症の改善にも役立っているのです。 動脈硬化の危険因子として挙げられるのは、高血圧・高脂血症・糖尿病・喫煙習慣・肥満・運動不足・加齢などです。 これにより、 一酸化窒素の産生量の減少が起こり動脈硬化が進行するわけです。 動脈硬化は、最悪の場合即死するような恐ろしい病気の原因になります。 たとえば、 脳梗塞や脳卒中、心疾患なども、動脈硬化が原因で起こる病気です。 また、 EDの原因の一つに動脈硬化があります。 動脈硬化は自覚症状がほとんどないため、気がついたときは手遅れになっていることが多いのですが、動脈硬化の少ない自覚症状の一つがEDなのです。 そのため、EDになったら勃起しないことを悩む前に、体の中で動脈硬化が起こり、EDよりももっと深刻な病気が進行中かもしれないと考えるべきなのです。 ではなぜ動脈硬化がEDに現れるのでしょうか? 動脈硬化は血管が硬くなる病気ですから、大動脈から毛細血管まで、体の中のあらゆる血管が硬くなっていると考えるべきです。 しかし、体の中で起きていることですから、中々わかりづらいのです。 その中で、 比較的わかりやすいのが、「最近勃起が弱くなった」というEDなのです。 ペニスが勃起するのは、ペニスの海綿体の中にある毛細血管に血液が流れ込んで膨らみ、硬くなるわけです。 ところが、動脈硬化で血管が硬くなると、海綿体の毛細血管に十分な血液が流れ込んでいかなくなるために、勃起が弱くなるのです。 勃起が弱くなればすぐに気づきます。 それは動脈硬化がわかりやすく表れた現象なのです。 そのため、 EDになったら勃起力を改善することと並行して、病院にかかって心筋梗塞や脳梗塞のおそれがないか、診断してもらう必要があるのです。 先述の通り、 アルギニンは、この 動脈硬化防御システムを強化して、動脈硬化を予防改善します。 シトルリンとは? シトルリンは、1930年に日本の研究者がスイカから発見した アミノ酸の一種です。 スイカの学名である「シトラスブルガリス(Citrullus vulgaris)」から、シトルリンという名前がつけられました。 スイカ以外にも メロンや キュウリといった ウリ科の野菜に多く含まれています。 「L-シトルリン」と「シトルリン」という表記がありますが、アミノ酸はL型とD型の2種類が存在します。 D型は合成体であり、 L型は天然体と呼ばれています。 そして、 人間の体内で働くアミノ酸はL型のみです。 そのため、シトルリンではなく、 L-シトルリン表記されている商品を購入するようにしましょう。 今ではサプリとして購入することのできる シトルリンは、 2007年までは医薬品指定がなされていました。 そのため、 現在でもシトルリンは他のサプリと比較すると値段が少々高めになっています。 シトルリンの効果効能 シトルリンの効果効能は、下記のとおりです。 ・動脈硬化の予防 ・血管の拡張効果 ・疲労回復 動脈硬化の予防 シトルリンを摂取すると、血管内皮細胞で一酸化窒素がつくられます。 この一酸化窒素の効果で血管が拡張されるわけです。 もうお気づきだと思いますが、シトルリンもアルギニンと似たような効能があります。 どちらも一酸化窒素を生成して血管を拡張する点も同じです。 この 一酸化窒素で血管が拡張され柔軟性がアップする事実は、1998年ノーベル医学・生理学賞を受賞した米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部薬理学教授のルイス・J・イグナロ博士の研究チームが発見したものです。 一酸化窒素といえば、排気ガスやスモッグ・酸性雨といった環境破壊の原因物質ですが、これが 人間の体内に入ると動脈硬化などの予防や勃起力アップに効果を発揮するのですから、考えてみると不思議なものです。 ちなみに、 ルイス・J・イグナロ博士は、世界初の勃起薬である バイアグラ を開発したことでも知られています。 そのため、ルイス・J・イグナロ博士は「バイアグラの父」と呼ばれることもあります。 【ルイス・J・イグナロ博士とは?】 ルイス・J・イグナロ博士の名前は当メディアで何度も登場する重要人物なため、その功績を簡単に説明致します。 イグナロ博士はアメリカ合衆国の薬理学者で、 1998年に一酸化窒素の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 アルギニンは天然のバイアグラとも呼ばれますが、 そもそもバイアグラを開発したのはイグナロ博士なのです。 博士は、一酸化窒素によって、男性が短時間で勃起することを知りました。 このことからバイアグラを開発したと言われていますが、もともとバイアグラは心臓病の治療薬だったので、バイアグラは偶然の産物とも言われています。 しかし、 イグナロ博士がいなかったら偶然にしろバイアグラが世に出ることはなかったでしょう。 そう考えると、イグナロ博士のおかげで助かった男性は数えきれないほどいることになります。 イグナロ博士の功績はまだあります。 博士は、一酸化窒素はED改善以外にも、「悪玉コレステロールの酸化抑制効果」「血流促進効果による血圧低下効果」「血流促進により効率的に心臓まで栄養分を補給」「動脈硬化発病リスクを低下させる」「血栓のもとになるプラークの形成阻害効果」など、さまざまな効果があることを発見しています。 一酸化窒素を生成するにはアルギニンとシトルリンを同時に摂取すると効率がいいのですが、いまやこれは常識となっているため、 この2つを組み合わせたサプリメントが数多く市販されています。 そのため、入手は非常に簡単ですから、ぜひ飲んでみる事をオススメ致します。 アルギニンとシトルリンにはアンチエイジング効果もありますから、男女ともに飲んで役に立つ成分です。 その結果、 血管が拡張して血流促進の作用が生まれます。 ペニスへ流れる 血液量が多くなりますので、必然的に 勃起時のペニス増大を期待することができようになります。 また、血管の拡張効果により、脳に栄養や大量の血液、そして酸素が流れ込みますので、 活力のアップや集中力のアップ、記憶力のアップなどの副次的な効果も期待することができます。 ちなみに、女性の悩みである、冷え症・むくみの改善やアンチエイジングもシトルリンを摂取することで改善すると期待されています。 疲労回復効果 スポーツ時においては、生成される疲労物質であるアンモニアを取り除く働きがあり、さらに、乳酸の消費を促進する効果もあるため、 筋トレやスポーツ時のパフォーマンス向上にも効果を発揮します。 そのため、シトルリンを 筋トレの前に飲んでおくと、 プロテインより効率的に筋肉を増強させることができるといわれています。 海外では、 スポーツの前にシトルリンを摂取して、パフォーマンスアップにつなげるのは当たり前となっていて、多くの選手が実践しています。 つまり、スポーツ競技の前にシトルリンを摂取するのは、いわば合法的なドーピングともいえるのです。 また、スタミナにもシトルリン、ひいては一酸化窒素が影響を与えることが、研究の結果わかってきました。 アルギニンとシトルリンが切っても切れない理由 ここまで読んだ時点で、アルギニンとシトルリンの勃起力アップ効果について「一酸化窒素(NO)」が大きく関係することが分かったと思います。 アルギニンとシトルリンを摂取することで、血管内に一酸化窒素が分泌され、 血管が拡張されます。 そして、血液の流れが促進されて、 ペニスに流れ込む血流量が増えて勃起力がアップするというわけです。 勃起のメカニズムを簡単に説明をすると、性的刺激を受けると脳へその刺激が伝達されます。 そして脳から勃起中枢へ勃起するように発令されると、動脈の内皮細胞から一酸化窒素が大量に産生されます。 この一酸化窒素の働きにより、サイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)という酵素が作り出されるのです。 cGMPによって血管平滑筋と海綿体平滑筋が弛緩させられ、ペニスに血液が大量に流れ込んで、海綿体が血液を吸収することでペニスの勃起が始まるわけです。 つまり、 内皮細胞から一酸化窒素が分泌されないと勃起しないのです。 性的興奮が収まってくるとPED5と呼ばれる酵素が、一酸化窒素の分泌を抑制してペニスが元のサイズへ戻ります。 このため、何かしらの原因でPED5が大量に生成されると、EDになってしまいます。 このように、EDの主な原因は、まだセックス中で勃起状態が必要なのに、cGMPの分泌が止まったり早々とPED5が分泌されて勃起が弱ることで起こります。 バイアグラをはじめとした勃起薬は、PED5の働きを抑制することにより、一酸化窒素をスムーズに分泌させる効果がありますが、逆にいえばバイアグラなどは、 PED5の抑制効果しかありません。 本当の意味で勃起力をアップするには、cGMPの分泌量を増やしてPED5を抑える必要があります。 そのため、 PED5を抑える作用しかないバイアグラなどは、十分な効果を発揮できるとはいえないのです。 また、 協和発酵バイオ株式会社の「健康成分研究所」にも、 アルギニンとシトルリンを同時摂取することにより、 単独で摂取した場合より血中アルギニン濃度上昇促進効果があるということが認められています。 相乗効果のメカニズムですが、アルギニンが一酸化窒素を作る過程でシトルリンも産生されます。 産生されたシトルリンは、アルギニンにリサイクルされ、アルギニンとなります。 このリサイクルされたアルギニンから再度一酸化窒素とシトルリンが作られるのです。 この変換のサイクルを何回も繰り返すことにより、吸収率がアップし、血中アルギニン濃度上昇に繋がり、一酸化窒素の体内産生を劇的に増やすことができるわけです。 アルギニンとシトルリンの摂取目安量 アルギニンとシトルリンの 1日摂取量について見てみましょう。 アルギニンの1日の摂取量 アルギニンの1日の摂取量は、専門家の間でも数値がかなりバラバラです。 ルイス・J・イグナロ博士は、 1日 3000~6000mgの摂取をすすめていますが、日本の メンズクリニックでは 1日 500mgの摂取をすすめています。 また、海外の論文では 5000mgの摂取が良いとしています。 ここまで専門家の間で意見が割れると混乱してしまいますね^^; そのため 、当サイトでは、 ルイス・J・イグナロ博士の提言する 3000~6000mg程度をおすすめします。 ただし、後述しますが アルギニンには副作用があります。 そのため、柔軟に対応してください。 ちなみに、アルギニンは 1日15,000~21,000mgが摂取の上限量となっています。 サプリメントや食事では、ちょっとこの量を摂ることはできないでしょう。 シトルリンの1日摂取量 シトルリンの1日摂取量は 800mgが推奨されています。 これは、シトルリン研究会が推奨している摂取量です。 ただし、 シトルリンの摂取量は公式には決まっていません。 アルギニンとシトルリンの大量摂取について アルギニンとシトルリンは、それぞれサプリメントが販売されていますので、大量に摂取することは可能です。 アルギニンとシトルリンを大量に摂取すれば、より多くの一酸化窒素が産生されるのでは? と思うかもしれません。 ・スイカ:180mg ・メロン:50mg ・きゅうり:9. 6mg ・ニンニク:3. 9mg シトルリンの1日推奨摂取量は 800mg ですから、 かなりの量のスイカやニンニク、きゅうりを食べることになります。 そのため、 シトルリンに限って言えば、食べ物ではなくサプリメントで摂取するほうがいいでしょう。 アルギニンとシトルリンが含まれているサプリメント アルギニンやシトルリンが含まれているサプリメントは、 ファインやNow Foods、DHCなどが、薬局や楽天市場、Amazonで販売されています。 薬局を回ってなかった場合は、楽天市場やAmazonを使って購入するといいでしょう。 Now Foodsのみ、アルギニンとシトルリンが配合されていますが、 あなたが精力増強のための購入を考えているなら、 最初から精力増強を目的として作られた、専用サプリを購入する方が、当然効果は高いです。 精力増強専用サプリには、当然 アルギニンと シトルリンが含まれており、そのほかに男性ホルモンのテストステロンの生成に欠かすことのできない 亜鉛をはじめとして、 ビタミンB1 や マカ、トンカットアリなどの有効成分が含まれています。 ただし、 ネット通販で販売されている精力増強サプリは、成分をごまかすなど、中身の薄い粗悪品が多いのも事実です。 そのため購入前に 「その商品は本当に効果があるのか?」を可能な限り調査する必要があります。 参考までに当サイトでは、以下別記事にて 「シトルリン」と「アルギニン」が含まれた精力サプリの、調査分析特集を行っていますので、こちらを参考にして下さい。 そうすれば、少なくとも「効果の無いサプリメントにお金だけ払って泣き寝入り」という事態は避けられます。 まとめ アルギニンとシトルリンを摂取すれば ・成長ホルモンの合成促進(身長を伸ばす効果) ・疲労回復 ・ED改善(勃起力アップ) ・動脈硬化の予防 ・血管の拡張効果 などの効果効能を得ることができます。 特に 精力増強やペニス増大目的の場合、アルギニンとシトルリンを摂取することで体内に一酸化窒素が生成され、 血管の柔軟性がアップしたり、血流が改善される効果が期待できます。 そして、 アルギニンとシトルリンは同時に摂取することにより、相乗効果が生まれてより多くの一酸化窒素を生成することができます。 しかし、一度に大量のアルギニンを摂取すると、アルカリ性なので胃腸系に負荷がかかり下痢や胃のむかつきの原因になります。 それを予防するためにクエン酸と一緒に摂取したり、オレンジジュースなどと一緒に飲むことをおすすめします。 アルギニンは食事から摂取することも不可能ではありませんが、 シトルリンは食事のみで1日の推奨摂取量を摂ることは不可能なので、 サプリメントでの摂取をおすすめします。 特に普通に薬局で販売されているサプリメントではなく、精力増強を目的として製造された専用のサプリを摂取することにより、確実な精力増強結果が得られます。

次の