北海道 新聞 お悔やみ 掲載。 家族葬はお悔やみ欄を使わない?訃報を知らせるタイミング|ウィズハウス

新聞のお悔やみ欄(死亡記事)とは?掲載方法やリスクを詳しく解説

北海道 新聞 お悔やみ 掲載

新聞やウェブサイトなどでおくやみ欄(訃報情報)がありますが、 これはどのような仕組みで情報が掲載されるのでしょうか。 役所へ出された死亡届けから新聞紙面が作られていると聞いたことがありますが、 個人情報保護が叫ばれる現在にそのようなことが可能なのでしょうか。 私の住んでいる地域の地方新聞社のお悔やみ欄を見ていますが、 それとは別に直近一週間の訃報情報を閲覧できるサービスを行っているウェブサイトがあるのです。 しかし掲載されている故人名が両方に載っている場合と、 どちらかにのみ載っている場合があります。 情報の収集元が違うのだろうか、ということでお悔やみ欄はどのように作成されるのか疑問に思いました。 全国どこでも同じルールというわけでは決してありませんので、一地方の例です。 市役所に死亡届を出すとき、通夜・葬儀の会場と日時を聞かれました。 「戸籍の届けに通夜・葬儀の会場や日時は関係ないのでは?」 と質すと、奥から上司と思われる人が出てきて、 「新聞に掲載のため。 」 と回答しました。 自宅に戻り何時間か後、新聞社何社から電話で、 「新聞に掲載してもよいか。 」 との確認がありました。 つまり、お尋ねの個人情報うんぬんに関しては、 1 市役所の窓口 2 新聞社からの電話 の 2回に渡って承諾しているのですから、問題ないと言えます。 掲載してほしくなければ、もちろん拒否することもできます。 実際に、自殺など死因によっては、新聞に掲載されない場合も多々あります。 まあ、市役所の窓口ではこちらから質問しない限り、当たり前のように日時・会場を聞きますし、新聞社も全社から確認の電話があったわけではありません。 そんな意味ではやはり完璧な制度とは言い切れないようです。 --------------------------------------------------------- 新聞でもお悔やみ欄ではなく、黒枠付きの死亡公告は、やはり葬儀社か喪家自身が、新聞社に広告料を払って掲載しているのでしょう。 こちらは、個人情報の問題は全くありません。 ウェブについてはわかりません。 A ベストアンサー 口座凍結について 私の親戚の場合、凍結されてしまったことが2回あります。 しかし私の父親が亡くなった時は凍結されていませんでした。 少なくとも役所への届出だけや新聞のお悔やみ欄を見て口座凍結するようなことは無いようです。 キャッシュカードによる引き出しについて 上記より暗証番号がわかっていれば1日ごとに限度額を引き落とすことは可能です。 逆に窓口で「父親が亡くなったので葬式代を引き出しにきた」などというと、お金を引き脱すことはできず、即凍結されることと思います。 凍結された口座からの引き落とし 法定相続人の印鑑証明や遺産分割協議書(?)が必要だとよく言われていますが、口座残額が「高額」でなければ法定相続人であることがわかる証明書(戸籍謄本の写し)があれば、法定相続人全員の承諾書が無くてもその人に対しての支払い(口座間振り替え)は可能です。 ここで問題となるのはいくらから「高額」になるかということですが、金融機関によって違うようです。 100万円以下なら大丈夫のようです。 ちなみに某証券会社では200万円と聞きました。 口座凍結について 私の親戚の場合、凍結されてしまったことが2回あります。 しかし私の父親が亡くなった時は凍結されていませんでした。 少なくとも役所への届出だけや新聞のお悔やみ欄を見て口座凍結するようなことは無いようです。 キャッシュカードによる引き出しについて 上記より暗証番号がわかっていれば1日ごとに限度額を引き落とすことは可能です。 逆に窓口で「父親が亡くなったので葬式代を引き出しにきた」などというと、お金を引き脱すことはできず、即凍結されることと思います。 凍結された口座か... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q 86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。 4月に酸素濃度が低いと言われ入院。 そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。 5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。 そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。 病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2. 3日が山でしょうと言われました。 今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。 心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。 血圧も標準です。 何を言っているか聞き取れないのですが、1日2. 3回は口を動かして言葉を発します。 寝返りもうちます。 時々笑ってくれたりもします。 帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。 それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。 このまま点滴だけで... と言う感じです。 重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。 身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。 今は歩くことは不可能です。 身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。 私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。 私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。 鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか? 昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。 4月に酸素濃度が低いと言われ入院。 そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。 5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。 そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。 病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2. 3日が山でしょうと言われました。 今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。... A ベストアンサー 水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。 自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか? KN3は維持薬ですね。 水分の維持をする為のものです。 これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。 人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。 ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。 前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。 余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。 残された時間を大事にお過ごしください。 お大事に。 A ベストアンサー 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。 逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。 血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。 呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。 Q あたしの知り合いが生活保護をうけてます 母子家庭で子供一人です普通に生活してればなんも問題はないと思うですが… 毎月お金がたりないとかいって返すから貸してとあたしや他の知り合いにいってきます あたしは結婚して子供もいて専業主婦なので旦那の給料で全部やっていて余裕なんてないからいつも断ってます。 でも知り合いに気いたら結構貸してたりご飯食べさせたりしてるみたいで一体いくらもらって何に使ってるの?と聞いてもカツカツの金額しかもらってないって言われます。 人のことなので言われるすじあいがないと思いますけど毎回お金ないとか財布に1000円しかないというわりに昼ご飯たべにいこうとか言われて 何なのかなぁとおもいました 車も子供がいるからないと困ることしってるんで内緒に車も所有してます毎日出歩きガソリン代はどこからでてくるんだろうと不思議です 北海道なんですけど 子供一人で母子家庭の保護費って誰か知ってる人いませんか? 本当になくて困ってるならと思いますがやってることがやってることなのでとても疑問です A ベストアンサー 自治体にもよりますけども、子供一人の母子家庭であれば15~17万は最低貰っていると思います。 使い途は支給を受けた本人の自由ですが、あまり贅沢はできませんよ、大概は。 問題は車を所有してる事を隠してる事です。 これ、ばれたら大変な事になりますよ。 生活保護は打ち切られるわ、これまで支給された保護費全額を返済しなければならなくなります。 場合によっては「詐欺」で訴えられる事もあります。 恥ずかしながら私も生活保護を受けていますが、一人暮らしで10万5000円ちょいです。 これでカツカツになる事はありませんよ。 光熱費や家賃を払っても4万位は生活資金に充てられますし、冬場(私も北海道)は燃料手当ても加算されて13万ちょいになりますから、冬場は生活としては非常に楽に生活ができます。 ただ私は「精神障害疾病3級」なので、就活については言われませんが、いつまでも貰い続けていると若い人の場合「仕事をちゃんと探してますか?」とは言われるみたいです。

次の

新聞などのお悔やみ(訃報)欄の仕組み

北海道 新聞 お悔やみ 掲載

「新聞のおくやみ欄に掲載している情報を知りたい・・・」 このような悩みを持っているのではないでしょうか? 新聞に掲載されているおくやみ欄は、地方紙を読んでいる人にとってなじみが深いもので、小さいころから見る機会があったという方もいるでしょう。 しかし、若い人にとっては普段意識して見る場所ではありませんから、実際に自分が新聞のおくやみ欄を使うときに、どういうシステムなのかわからないこともあります。 新聞のおくやみ欄には8つのルールがありますので、自分が活用する際に確認しておきましょう。 自分が喪主となったときだけでなく、周りの人のおくやみを知る手がかりとしても活用できますから、新聞のおくやみ欄のルールをチェックしてみてください。 1・新聞のおくやみ欄が掲載されている地域 新聞のおくやみ欄は、どの新聞でも掲載されているというわけではありません。 地方紙が掲載することが多く、おくやみ欄を見るなら地方紙をとっていることが前提です。 地方紙では一般の方の掲載もあり たとえば北海道新聞では、31ページに個人の方のおくやみ欄があります。 掲載料は無料で、喪主の方が希望された方場合のみ、掲載する決まりです。 北海道全域のおくやみ情報が掲載されているわりには、1ページしかとっていません。 よく見てみると、高齢者の方の掲載が多いようです。 若い方のおくやみ掲載が少ないのは、おくやみ欄に掲載したくないと考える人が多いからなのでしょう。 高齢者では新聞のおくやみ欄に掲載することは一般的ですし、そのような手段でしか知りえない知人もいるため、遺族の方が「お知らせしたい」という気持ちから掲載しているようです。 新聞のおくやみ欄を見る世代は、圧倒的に高齢者が多くなっています。 小さいころにおじいちゃんやおばあちゃんが、新聞のおくやみ欄を隅から隅まで見ている姿を、見たことがある方もいるでしょう。 それだけ、周りには亡くなる方もいるため、高齢の方は新聞のおくやみ欄をチェックしている方が少なくないようです。 おくやみ欄があるから地方紙をとっている人もいる 高齢者のなかには、地方紙にはおくやみ欄があるから、とっているという人もいます。 全国紙となるとおくやみ欄掲載がないものもありますから、その情報を見る目的で、地方紙を購読し続ける人もいるようです。 都心などは掲載しない 都心などの新聞では、おくやみ欄は掲載されていません。 掲載してしまうと多数のページを設けなければならず、現実的ではないからです。 とくに住んでいる人の少ない地域では、「だれだれさんが亡くなった」という情報収集のために、新聞のおくやみ欄を大切にされている方は少なくないでしょう。 地方ほど住んでいる人とのつながりを大切にされるため、新聞のおくやみ欄の情報はとても大切なものです。 2・新聞のおくやみ欄はどうやって掲載するのか? では、新聞のおくやみ欄はどのように掲載されるのでしょうか? 既に紹介した北海道新聞のように、 喪主の許可が得られなければ掲載しません。 葬儀業者が遺族に掲載してよいのか聞いている 喪主の許可といっても、新聞社から喪主に対し電話をかけてくるわけではありません。 葬儀業者のサービスの一環として、「新聞のおくやみ欄掲載を希望されますか?」と聞いてくれます。 「掲載してください」といえば、まとめて新聞社に掲載内容をFAXしてくれるため、喪主は手間をかける必要がありません。 「掲載しません」と答えれば、新聞のおくやみ欄に掲載されることはなく、心配する必要はないでしょう。 葬儀業者を使っていない場合は自分で新聞社に連絡する 葬儀業者を使っていない場合は、自分で葬儀業者に連絡する必要があります。 掲載を希望しないときには連絡する必要はなく、おくやみ欄掲載希望のときだけ新聞社に直接連絡してください。 掲載する場合は複数載ることになる 新聞のおくやみ欄に情報を掲載する場合は、複数の新聞に掲載することになります。 葬儀業者が一度に複数の新聞社に掲載するよう依頼してくれるため、幅広くお知らせしたい人の意向に答えることができるでしょう。 「〇〇の新聞には掲載したくない」など細かい希望がある場合は、葬儀業者の担当者に相談してください。 勝手に名前を掲載しているわけではない 新聞のおくやみ欄は、勝手に新聞社が情報を仕入れて掲載するわけではありません。 人が住む人数が少ない地域では多くの情報を掲載できますが、北海道やひとつの県など広い地域の情報を掲載する地域では、すべての情報をのせるわけにはいかないでしょう。 今はどの新聞社も個人情報に配慮していますから、勝手に掲載される心配をする必要がありません。 村で出している新聞なら別かもしれませんが、大抵の地方紙は広い範囲の情報を扱っており、多くのおくやみ情報は掲載できないため、 喪主の希望がなければ勝手に掲載することはないようです。 お通夜の当日に掲載される 新聞のおくやみ情報は、お通夜当日に掲載されます。 掲載されている情報を見て、近所の方や知人などが参列する場合もあるようです。 お通夜や告別式まで依頼するのが間に合わなかった場合は、葬儀はすでに終わったという言葉を付け加え、亡くなった情報のみを掲載することもあります。 電話番号は掲載しないこと 新聞のおくやみ欄には、電話番号は掲載しないようにしましょう。 北海道新聞のおくやみ欄の情報を見てみると、人によって掲載する情報が異なることがわかります。 亡くなられた方の住所と氏名、年齢を掲載• 住所と氏名、年齢、葬儀会場と喪主の名前を掲載 1件あたりの文字数も決められているため、掲載する内容には限りがあります。 すでに葬儀が終わっている場合は、亡くなられた方の住所と氏名、年齢を掲載することが多いようです。 これからお通夜や告別式をとりおこなう場合は、葬儀会場の名前や時間、喪主の名前などが掲載されていることもあります。 仏具店などの営業がたくさんくるため 電話番号を掲載しない理由は、仏具店などの営業を避けるためです。 住所を掲載した場合も、ダイレクトメールが来る可能性があります。 北海道新聞には 死んだ人の個人情報が載ります。 しかも、死んだ人の住所まで載ってる。 出典: 人によっては亡くなられた方の住所まで掲載されていることに、違和感がある方もいるようです。 住所の掲載を伏せたい場合は、亡くなられた方の名前と年齢だけ掲載するよう連絡すればよいでしょう。 葬儀業者を通している場合は、そのように伝えるようにしてください。 個人のおくやみ欄は掲載料が無料 新聞のおくやみ欄掲載は、掲載料を取っていません。 無料で情報を掲載してくれるため、「連絡が付かない〇〇さんに知らせたい」など希望がある方は、掲載をお願いしておきましょう。 知り合いがすべて近所に住んでいるなら大抵は伝わりますから、新聞のおくやみ欄掲載はなくても大丈夫ではないでしょうか。 地域によっても異なると思いますが、私個人の経験では、近所の方が亡くなられたとき、町内会長さんが知らせに来てくれました。 対応は町内会長さんによっても異なるため、必ず知らせがいきわたるとは限りません。 大抵は噂が広まるもので、隣近所の方がまったく知らないということはないはずです。 有料広告もあり、地方紙なら5~10万円 新聞にはおくやみ欄に「死亡広告」というものもあります。 掲載料は地方紙で5~10万円程度です。 死亡広告とは「黒枠広告」とも呼ばれるもので、 無料掲載欄とは別に大きく掲載されています。 無料掲載欄よりも文字数が多く、会社の偉い方が亡くなった場合などに使われていることが多いようです。 この地方広告はどの地域でも掲載が可能というわけではありません。 北海道新聞や沖縄など、限られた地域のみの特性です。 これらの地域は昔から、亡くなられた場合には情報を新聞に掲載することが当たり前の習慣となっており、死亡広告も利用されています。 3・地方紙を読んでいないとおくやみ欄を見ることができないのか? 高齢者などはおくやみ欄を見る目的があって、地方紙の購読を止めない方は少なくないようです。 では、地方紙を読んでいない場合や、おくやみ欄の掲載がない地域では、どうやってその情報を知ればよいのでしょうか? ネットで掲載している地方紙もあり 地方紙によってはネットでおくやみ情報を掲載しているところもあります。 福井新聞ではおくやみ情報をネットで掲載しているようです。 サービスの一環として、ファックス電報で弔電を送ることができるようになっています。 fukuishimbun. php 最近は個人情報の問題によりネットに掲載しない地方紙が増えている 地方紙でおくやみ欄の掲載をしている新聞社でも、最近は個人情報をネットに掲載することを問題と考える風習に変わってきているため、掲載を取りやめるところが増えているようです。 以前はネットで見ることができた新聞社も、取りやめているところがあります。 スポンサーリンク 過去の情報なら図書館に行ってみることができる 地方紙をとっておらず、どうしても情報を知りたい場合は、図書館に置いてある新聞を活用しましょう。 その日の朝刊や夕刊が置かれていますから、 毎日図書館に通えば、おくやみ情報を知ることができます。 図書館では新聞をデジタルデータとして保存していますから、過去の情報を調べることもできます。 特定の日の新聞に掲載されたおくやみ情報を見ることも可能です。 4・「家族葬」や「親近者のみ」とは? 新聞のおくやみ欄には「家族葬」や「親近者のみ」などの表示を見かけることがあります。 最近では家族葬を取り入れる方も増えてきているため、これらの意味を理解しておきましょう。 一般の方は参列しない 家族葬とは身内だけで葬儀を済ませることで、一般の方の参列は受け付けていません。 会社関連の方や、近所の方がみえる場合では、お通夜のみの参列が多いようです。 家族葬は限られた会場でとりおこなう葬儀ですから、席の数が限られていることは少なくありません。 親族の方が席について余裕があるようなら参列しても構いませんが、十分な席が確保されていないようであれば、挨拶だけして帰っても失礼にはあたらないでしょう。 後日バラバラに香典を持ってこられて大変なことも 新聞のおくやみ欄に「家族葬」や「親近者のみ」と記載すると、近所の方が参列することができず、後日バラバラに訪れて大変な思いをされる方もいます。 葬儀当日に故人とのお別れを惜しむ時間があっても、後日の対応は忘れてはいけません。 故人がもう高齢で、知り合いが少ない場合は、後で対応に追われてしまう可能性は少ないです。 まだ若い方が亡くなられた場合は、一言加えておかないと、後でたくさんの人が自宅へお参りに来ることとなるため注意しておきましょう。 「後日、自宅への弔問も固くご辞退します」 このように一言、新聞のおくやみ欄に加えておくと、葬儀当日だけでなく後日に対応に追われる心配がありません。 無宗教葬でお別れ会のことも 無宗教葬の場合も、新聞のおくやみ欄に「家族葬」と記載しておけばよいでしょう。 宗教の形式にとらわれない葬儀の場合でも、周りの人からの参列を少なくしたいなら、家族葬と記載しておけば遠慮してくれます。 親近者が故人とのお別れを惜しむことができる 家族葬が最近増えてきた理由は、遺族の方が故人とのお別れを惜しむ時間が取れるからです。 見栄で豪華な葬儀を開きたいという方は少なくなっており、それよりも故人への思いをゆっくりと過ごし、一緒に語り合える人とお別れしたいと思っている人も少なくありません。 香典など煩わしいものは止めるという意味 「付き合いで香典を出し合う風習はもうやめる」 このように考えている方も少なくないようです。 高齢の方だと習慣を大切にされる方が多く、香典をもらった仲なら相手にも返すのが常識だと考えているかもしれません。 最近はそのような常識は通用しなくなっており、もうそのような習慣はやめたいと考えている人もいるのです。 周りの方からの香典を受け付けないようにする場合は、 「後日、自宅への弔問も固くご辞退します」と新聞のおくやみ欄に記載しましょう。 5・SNSでおくやみを知ったら? 最近はSNSをやっている人も増えてきているため、おくやみ情報は本人に直接伝わらなくても、SNSを通して知る機会も増えてきました。 SNSでおくやみを知ったときの対処方法を紹介します。 直接あなたに知らせられたわけではないなら、行かないこと SNSでおくやみ情報を知ったら、行かないのが無難でしょう。 もしかしたら家族葬のみでとりおこなわれるかもしれないからです。 直接おくやみ情報が親族の方から伝えられなければ、行く必要はありません。 香典など喪主はお礼の対応をしなければならない 知らされていない人まで葬儀に参列することとなれば、喪主は香典などの対応をしなければならないからです。 香典はある程度予想できる数しか用意されておらず、それ以上の人数がきても対応できない可能性があります。 どうしても行きたい場合は告別式よりお通夜に行く 生前とてもお世話になった方が亡くなり、どうしても行きたい場合は、告別式よりお通夜に参加するようにしましょう。 地域によっても風習が異なるようですが、一般的には告別式は身内の方が参加するもので、お通夜は知人や会社の方などがみえることが多いようです。 SNSでメッセージを送るだけでも気持ちは伝わる SNSでおくやみ情報を知った場合は、直接SNSでおくやみの言葉を送るだけでも構いません。 遺族の方がそれに気が付かない可能性もありますが、ふと遺品を整理していたときにメッセージを見かければ、思いはつたわるものです。 6・新聞のおくやみ欄に掲載しない家庭が増えている理由 最近は新聞のおくやみ欄の掲載件数は減ってきているようです。 毎日見てみても、掲載しているのは高齢者ばかりで、若い方の数が少ないことに気が付くでしょう。 これには理由があるからです。 空き巣や香典泥棒を避けるため 新聞のおくやみ欄には、住所が記載されている場合があります。 北海道新聞では、亡くなられた方の住所まで記載されているため、その情報を見て空き巣などの被害が出る可能性があるのです。 葬式の留守中を狙った24件の住居侵入、窃盗事件などに関与したことを突き止め、一連の捜査を終結したと発表した。 被害総額は現金約169万円と商品券など4万円相当に上る。 出典: この事件は北海道以外ですが、このように葬儀の日は留守になることを知っていて、空き巣狙いの犯罪が発生しています。 亡くなられた方の住所をおくやみ欄に掲載すれば、その日からずっと誰も自宅にいない可能性もあるわけで、犯罪に狙われる原因にもなりかねないのです。 7・新聞のおくやみ欄掲載のデメリット 新聞のおくやみ欄掲載は、故人の銀行口座が凍結されるから、掲載しないという人もいるようです。 故人の銀行口座が凍結される? 亡くなった人名義の銀行口座は、銀行の人もチェックしていてすぐに凍結されるから、「亡くなる前にすべて降ろしておいたほうがよい」ともいわれているようです。 実際には本人確認ができないため不可 実際には銀行マンもすべての人の銀行口座を把握することは難しく、 亡くなったらすぐ凍結することは難しいといえます。 よほど小さな村で、銀行マンも住人も顔見知りなら別かもしれませんが、多数の人が住んでいる地域で、誰が亡くなっているか特定することはできません。 「葬儀屋が情報を教えている」「市役所の情報を得ている」などの噂もあるようですが、それらも現実的ではありません。 遺族が申し出るまで凍結はできない 本来は遺族が申し出るまで、故人の銀行口座は凍結されません。 私も母が亡くなってから銀行に出向きましたが、 母名義の銀行口座は凍結されておらず、まだ使えていました。 もしかしたら数年たった現在でも、使えているのかもしれません。 銀行の窓口に行き、「本人が亡くなったので口座を解約したい」と言うと、相続人としての手続きが発生してしまうため、言わないで全額降ろしてしまうのが賢明です。 数百円など残金は残りますが、口座は何年も使われていなければ、自然と解約される仕組みがあります。 8・新聞のおくやみ欄で知ったので葬儀会場を知りたい 最後に、新聞のおくやみ欄で亡くなった方の情報を知った場合の対処方法を紹介します。 喪主ではなく葬儀業者に連絡すること 新聞のおくやみ情報で知り合いが亡くなったのがわかったら、葬儀業者に連絡するようにしましょう。 すると「〇月〇日何時にお通夜」などの情報を教えてくれます。 喪主に直接電話することは避けてください。 身内の方を亡くされて大変なときですし、いろいろと対応しなければならないことも多く忙しいからです。 役所が教えてくれることはない おくやみ情報は個人情報保護法のこともあって、役所では教えてくれません。 犯罪に使われる可能性も否定できませんから、役所の職員が情報を他人に教えることはないのです。 町内会長さんなどに聞くと教えてくれる場合も 近所の方が亡くなったという情報を小耳に挟んだ場合は、町内会長さんに直接聞くと、教えてくれる場合があります。 町内会長さんは高齢の方がやっているケースが少なくないようで、「困っているときは助け合いの精神を持っている方が多い」ようです。 葬儀に参列したいから教えて欲しいと言えば、葬儀会場の名前や時間を教えてくれるでしょう。 まとめ 新聞のおくやみ欄は、普段私たちはあまり見ない部分ですが、いざというときにはその情報を知っておく必要があります。 周りの人に情報を伝えたい方は無料で掲載してもらいましょう。 個人情報の掲載となりますから、掲載したくない場合は葬儀業者の方にそう伝えてください。

次の

おくやみ

北海道 新聞 お悔やみ 掲載

新聞やウェブサイトなどでおくやみ欄(訃報情報)がありますが、 これはどのような仕組みで情報が掲載されるのでしょうか。 役所へ出された死亡届けから新聞紙面が作られていると聞いたことがありますが、 個人情報保護が叫ばれる現在にそのようなことが可能なのでしょうか。 私の住んでいる地域の地方新聞社のお悔やみ欄を見ていますが、 それとは別に直近一週間の訃報情報を閲覧できるサービスを行っているウェブサイトがあるのです。 しかし掲載されている故人名が両方に載っている場合と、 どちらかにのみ載っている場合があります。 情報の収集元が違うのだろうか、ということでお悔やみ欄はどのように作成されるのか疑問に思いました。 全国どこでも同じルールというわけでは決してありませんので、一地方の例です。 市役所に死亡届を出すとき、通夜・葬儀の会場と日時を聞かれました。 「戸籍の届けに通夜・葬儀の会場や日時は関係ないのでは?」 と質すと、奥から上司と思われる人が出てきて、 「新聞に掲載のため。 」 と回答しました。 自宅に戻り何時間か後、新聞社何社から電話で、 「新聞に掲載してもよいか。 」 との確認がありました。 つまり、お尋ねの個人情報うんぬんに関しては、 1 市役所の窓口 2 新聞社からの電話 の 2回に渡って承諾しているのですから、問題ないと言えます。 掲載してほしくなければ、もちろん拒否することもできます。 実際に、自殺など死因によっては、新聞に掲載されない場合も多々あります。 まあ、市役所の窓口ではこちらから質問しない限り、当たり前のように日時・会場を聞きますし、新聞社も全社から確認の電話があったわけではありません。 そんな意味ではやはり完璧な制度とは言い切れないようです。 --------------------------------------------------------- 新聞でもお悔やみ欄ではなく、黒枠付きの死亡公告は、やはり葬儀社か喪家自身が、新聞社に広告料を払って掲載しているのでしょう。 こちらは、個人情報の問題は全くありません。 ウェブについてはわかりません。 A ベストアンサー 口座凍結について 私の親戚の場合、凍結されてしまったことが2回あります。 しかし私の父親が亡くなった時は凍結されていませんでした。 少なくとも役所への届出だけや新聞のお悔やみ欄を見て口座凍結するようなことは無いようです。 キャッシュカードによる引き出しについて 上記より暗証番号がわかっていれば1日ごとに限度額を引き落とすことは可能です。 逆に窓口で「父親が亡くなったので葬式代を引き出しにきた」などというと、お金を引き脱すことはできず、即凍結されることと思います。 凍結された口座からの引き落とし 法定相続人の印鑑証明や遺産分割協議書(?)が必要だとよく言われていますが、口座残額が「高額」でなければ法定相続人であることがわかる証明書(戸籍謄本の写し)があれば、法定相続人全員の承諾書が無くてもその人に対しての支払い(口座間振り替え)は可能です。 ここで問題となるのはいくらから「高額」になるかということですが、金融機関によって違うようです。 100万円以下なら大丈夫のようです。 ちなみに某証券会社では200万円と聞きました。 口座凍結について 私の親戚の場合、凍結されてしまったことが2回あります。 しかし私の父親が亡くなった時は凍結されていませんでした。 少なくとも役所への届出だけや新聞のお悔やみ欄を見て口座凍結するようなことは無いようです。 キャッシュカードによる引き出しについて 上記より暗証番号がわかっていれば1日ごとに限度額を引き落とすことは可能です。 逆に窓口で「父親が亡くなったので葬式代を引き出しにきた」などというと、お金を引き脱すことはできず、即凍結されることと思います。 凍結された口座か... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q 86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。 4月に酸素濃度が低いと言われ入院。 そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。 5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。 そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。 病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2. 3日が山でしょうと言われました。 今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。 心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。 血圧も標準です。 何を言っているか聞き取れないのですが、1日2. 3回は口を動かして言葉を発します。 寝返りもうちます。 時々笑ってくれたりもします。 帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。 それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。 このまま点滴だけで... と言う感じです。 重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。 身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。 今は歩くことは不可能です。 身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。 私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。 私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。 鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか? 昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。 4月に酸素濃度が低いと言われ入院。 そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。 5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。 そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。 病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2. 3日が山でしょうと言われました。 今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。... A ベストアンサー 水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。 自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか? KN3は維持薬ですね。 水分の維持をする為のものです。 これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。 人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。 ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。 前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。 余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。 残された時間を大事にお過ごしください。 お大事に。 A ベストアンサー 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。 逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。 血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。 呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。 Q あたしの知り合いが生活保護をうけてます 母子家庭で子供一人です普通に生活してればなんも問題はないと思うですが… 毎月お金がたりないとかいって返すから貸してとあたしや他の知り合いにいってきます あたしは結婚して子供もいて専業主婦なので旦那の給料で全部やっていて余裕なんてないからいつも断ってます。 でも知り合いに気いたら結構貸してたりご飯食べさせたりしてるみたいで一体いくらもらって何に使ってるの?と聞いてもカツカツの金額しかもらってないって言われます。 人のことなので言われるすじあいがないと思いますけど毎回お金ないとか財布に1000円しかないというわりに昼ご飯たべにいこうとか言われて 何なのかなぁとおもいました 車も子供がいるからないと困ることしってるんで内緒に車も所有してます毎日出歩きガソリン代はどこからでてくるんだろうと不思議です 北海道なんですけど 子供一人で母子家庭の保護費って誰か知ってる人いませんか? 本当になくて困ってるならと思いますがやってることがやってることなのでとても疑問です A ベストアンサー 自治体にもよりますけども、子供一人の母子家庭であれば15~17万は最低貰っていると思います。 使い途は支給を受けた本人の自由ですが、あまり贅沢はできませんよ、大概は。 問題は車を所有してる事を隠してる事です。 これ、ばれたら大変な事になりますよ。 生活保護は打ち切られるわ、これまで支給された保護費全額を返済しなければならなくなります。 場合によっては「詐欺」で訴えられる事もあります。 恥ずかしながら私も生活保護を受けていますが、一人暮らしで10万5000円ちょいです。 これでカツカツになる事はありませんよ。 光熱費や家賃を払っても4万位は生活資金に充てられますし、冬場(私も北海道)は燃料手当ても加算されて13万ちょいになりますから、冬場は生活としては非常に楽に生活ができます。 ただ私は「精神障害疾病3級」なので、就活については言われませんが、いつまでも貰い続けていると若い人の場合「仕事をちゃんと探してますか?」とは言われるみたいです。

次の