コストコ プルコギ チャプチェ。 【コストコ】プルコギビーフの人気アレンジレシピ10種

春雨もっちり!コストコの新商品「チャプチェ」を試してみました

コストコ プルコギ チャプチェ

スポンサードリンク プルコギビーフは冷凍庫でストックしておいたものがあれば、素いらずでチャプチェができます。 牛肉を焼いただけでなく、野菜もたっぷり入れられるのでヘルシーです。 すごく簡単にできるので、簡単料理として1品増やしたい時も活躍します。 はるさめはローソンストア100で購入した108円のもの。 3袋入っていて、それを全て使います。 何gなんでしょう?パッケージは捨ててしまいました。 気になる人はローソンストアで「っぽい」ものを買ってください。 軽く洗っておくだけでいいです。 本当は韓国のはるさめをチャプチェは使うみたいですね。 でも、日本のはるさめとは違って値段も高いのかな?と安いはるさめ(108円!)で作ります。 コストコにもはるさめが売っているので、そちらでもOK!韓国のはるさめは、カルディなどの輸入食材のお店には置いてありそうですね。 たまねぎは薄切り、にんじんは千切りにしておいて、フライパンでごま油で炒めます。 火が通ったら、バットなどに出しておきます。 そして、そのフライパンでプルコギビーフ、その上にはるさめを乗せて焦げない程度の中火で加熱します。 2分もすると加熱すると、プルコギビーフから水分が出てくるので、それをはるさめに「吸わせる」のがコツ。 はるさめが水分を吸うとだんだんと食べられそうな感じになってきます。 プルコギの味を吸ったはるさめ、聞いただけでおいしそうでしょう! 最後、プルコギビーフに火が通ったら、野菜も戻して全体を和えれば完成です! 野菜は何でもOKで、ピーマンやパプリカを入れてもいいかなと思いますよ。 冷蔵庫掃除と称して合いそうなものをどんどん入れちゃってもいいです。 コツは野菜をバットに入れておいて最後に合わせることでしょうか。 それぞれ、ちょうどいい火加減、火の通りが違うので、それぞれ加熱して最後に合わせてみてください。 そうすることで焦げの心配もありません! たっぷりの肉で作るとメインにもなり、ごはんの上に乗せて「チャプチェ丼」にしてもおいしいですよ。 お弁当のおかずにしてもおいしいので、常備菜にするのもおすすめです。

次の

コストコのプルコギのおすすめは?ビーフのカロリーやアレンジな食べ方も

コストコ プルコギ チャプチェ

もしもおススメになられた方が女性なら、 わかるなぁ、と思います。 ・味付け済みの牛肉が100グラム約100円は安い。 しかも野菜とかでかさ増ししていない。 ・いろいろ調理のバリエーションがあって、冷凍庫に小分けして入れておくと助かる。 野菜と一緒に炒めただけでもメインディッシュになる。 味付けが濃いめなので春雨・ピーマンと合わせてチャプチェもいいですね。 ・いわゆる焼肉のタレ味で、たいていの人に好まれる味付け、香辛料控えめなので子供にも食べさせられる。 と、主婦目線で考えればこんなお得な肉はそうそうありません。 自分はというと、「フードコートのプルコギベイクを食べてみて好みの味か確かめる」という ネットのクチコミに従って試しました。 ・・・小指の先くらいの硬いスジを 思い切り「ゴリッ」と噛んでしまいました。 パンに入っているので見て確かめられないんですよね。 いわゆる切れ端を集めて作ったのかな?と思いました。 お肉の大きさもかなりマチマチですし。 いいビーフ(私の主観です)だからお得なのですが、 私はそれで買うのを見送りました。 味付けは好みだったのですが、あまり歯が丈夫ではないので。 結論:コストパフォーマンスはとてもよいです。 味付け肉って解凍肉か少し古くなった肉をごまかすために味付けで売ってるイメージがあるのですが、コストコのプルコギは一度も冷凍されていない新鮮な肉が使わてれます。 だから冷凍しても再冷凍にならないの味があまり落ちないのです。 ただ肉自体はあまり高い肉ではないし、普段、国産のわりといい肉を食べてる方には肉質には不満があるでしょうね。 オススメかどうかと聞かれたら、超オススメと答えます。 値段も安いし、いろいろアレンジできので、主婦にはとても使い勝手がいいのです。 プルコギ肉じゃが、ブルコギ焼きうどん、プルコギ焼きそば、ブルコギチーハン、ブルコギ肉豆腐....などなど。 しっかり味がついてるのでそのままか少し調味料を足すだけで美味しくできするのが便利なのです。 いろいろ使うためには、買ってきた日に100gとか200gつづに分けてビニール袋やラップに入れて空気を抜いて、冷凍保存用の袋にまとめて入れてというような作業をする手間があります。 新鮮なうちにしっかり空気を抜いて冷凍すると1~2カ月保存できますから、真空パック機を使うと半年以上保存可なので、いつでも使える便利な肉が冷凍庫にあるのはとても助かります。 1パックが2キロ前後入ってますから、大小の小分けが7~8個できます。 つまり7~8回のメインディッシュに使えるので、超オススメという訳です。 小分け冷凍保存なんて面倒な事をされる男性の方はあまりいないでしょうから、プルコギが何でオススメなのが分からないかも知れませんね。 実際うちも、買ってきた日に焼き肉に使って残ったのをまとめて冷凍して、数日後にまた焼き肉してくらいしかしてなかった頃は持て余してましたね。

次の

プルコギビーフで「簡単すぎ」チャプチェ

コストコ プルコギ チャプチェ

スポンサードリンク プルコギビーフは冷凍庫でストックしておいたものがあれば、素いらずでチャプチェができます。 牛肉を焼いただけでなく、野菜もたっぷり入れられるのでヘルシーです。 すごく簡単にできるので、簡単料理として1品増やしたい時も活躍します。 はるさめはローソンストア100で購入した108円のもの。 3袋入っていて、それを全て使います。 何gなんでしょう?パッケージは捨ててしまいました。 気になる人はローソンストアで「っぽい」ものを買ってください。 軽く洗っておくだけでいいです。 本当は韓国のはるさめをチャプチェは使うみたいですね。 でも、日本のはるさめとは違って値段も高いのかな?と安いはるさめ(108円!)で作ります。 コストコにもはるさめが売っているので、そちらでもOK!韓国のはるさめは、カルディなどの輸入食材のお店には置いてありそうですね。 たまねぎは薄切り、にんじんは千切りにしておいて、フライパンでごま油で炒めます。 火が通ったら、バットなどに出しておきます。 そして、そのフライパンでプルコギビーフ、その上にはるさめを乗せて焦げない程度の中火で加熱します。 2分もすると加熱すると、プルコギビーフから水分が出てくるので、それをはるさめに「吸わせる」のがコツ。 はるさめが水分を吸うとだんだんと食べられそうな感じになってきます。 プルコギの味を吸ったはるさめ、聞いただけでおいしそうでしょう! 最後、プルコギビーフに火が通ったら、野菜も戻して全体を和えれば完成です! 野菜は何でもOKで、ピーマンやパプリカを入れてもいいかなと思いますよ。 冷蔵庫掃除と称して合いそうなものをどんどん入れちゃってもいいです。 コツは野菜をバットに入れておいて最後に合わせることでしょうか。 それぞれ、ちょうどいい火加減、火の通りが違うので、それぞれ加熱して最後に合わせてみてください。 そうすることで焦げの心配もありません! たっぷりの肉で作るとメインにもなり、ごはんの上に乗せて「チャプチェ丼」にしてもおいしいですよ。 お弁当のおかずにしてもおいしいので、常備菜にするのもおすすめです。

次の