ケノン トリア vio。 【医療脱毛と同じレーザー脱毛】使ってわかった家庭用脱毛器トリアの効果と痛み

家庭用脱毛器ケノンVSトリア※ここが違います!!|My Quality Of Life

ケノン トリア vio

私は脱毛の世界でもう20年以上働いています。 初めは脱毛サロンで働きました。 サロン名はあかせませんが、全国的に有名な脱毛サロンで働いていました。 脱毛サロンに疑問を抱き、その後私は医療レーザー脱毛を行う美容皮膚科で働き始めます。 それから私はずーっと医療レーザー脱毛の世界で働いています。 脱毛の世界に長くいるため、よく友人達から脱毛の相談をされます。 その質問の中に、脱毛器についての質問をよく頂くのです。 私自身はエステ脱毛・サロン脱毛も医療脱毛もやっていて、結局 医療脱毛で永久脱毛が完了しています。 その為、自宅で使う脱毛器を使った事がないのです。 ですから、脱毛器について質問を頂いてもお答えする事が出来ませんでした。 でも何度も脱毛器の質問を頂く度に気になってきちゃいまして~ ちょうど友人の姪っ子さんが脱毛をしたいと言っていたので、自宅で使う脱毛器を使って貰う事にしました。 実際に脱毛器を使って貰い、1ヶ月は。 本日は効果のほどをこのブログでご報告させて頂きます。 皆さんには脱毛器のリアルな結果をお見せしていきますので、脱毛器選びの参考になれば嬉しいです。 脱毛器選び まずは脱毛器選びです。 脱毛器というと、脱毛にご興味のおありの方なら、ケノン、トリア、ブラウン、パナソニック、フィリップス、ヤーマン…などが頭に浮かぶでしょうか。 これらは2つにグループ分けする事が出来ます。 「ケノン」、「ブラウン」、「パナソニック」、「フィリップス」、「ヤーマン」などは全て 光脱毛器。 いわゆるサロン脱毛・エステ脱毛と全て同じ光脱毛になります。 ただ自宅で使える脱毛器は、 サロン脱毛・エステ脱毛よりも光の出力が弱いので、効果は弱くなります。 一方、「トリア」は 医療脱毛と同じレーザー脱毛になります。 「トリア」は自宅で使える脱毛器の中で 唯一の医療レーザーの技術(ダイオードレーザー)を応用した家庭用のレーザー脱毛器です。 もちろんこちらの「トリア」も、 医療機関で行われる医療レーザー脱毛よりもレーザーの出力が弱いので、効果は弱くなります。 この時点で、 光脱毛にするかレーザー脱毛にするかで、まず悩むと思います。 サロン脱毛・エステ脱毛、医療脱毛を選ぶ時と同じで、脱毛器でも光脱毛とレーザー脱毛においてメリット、デメリットがあります。 脱毛器において、やはり 光脱毛よりもレーザー脱毛の方が効果は高いです。 その理由は下記のブログをご覧下さいね。 そもそも 脱毛とは、 レーザーの熱エネルギーが表皮を通過して、毛根のメラニン色素に熱のダメージを与え、毛根に接している毛乳頭を破壊し、毛が生えなくなる というメカニズムになります。 毛乳頭を熱エネルギーで破壊させるのです。 聞いただけでも痛そうに思いますよね? 毛乳頭を熱エネルギーで破壊させるわけですから、全く痛くないわけがないと思いませんか? 医療レーザー脱毛を行うクリニックでは、• レーザーの出力が高いほど脱毛効果が高くなる• レーザーの出力が高いほど痛みも強くなる というのが常識とされています。 ですから、ある意味、 痛みがあるのはそれだけしっかりと毛根までエネルギーが届いて、毛根を破壊させている証拠なのです。 脱毛効果を選ぶなら、迷いなく痛みがあるレーザー脱毛の「トリア」がおすすめです。 ただ痛いのはやっぱり無理という方は、光脱毛で長い年月をかけてやっていくしかありません。 が、 光脱毛ではハッキリ言って永久脱毛は出来ません。 毛は薄くなり、生えてこなくなる部分もありますが、時間が経つとまた毛が生えてきてしまうのです。 ですから、毛のないツルツル肌を保ちたい場合は、光脱毛だとずーっと脱毛を続けていかないといけないのです。 一方 レーザー脱毛なら、10回くらいで毛のないツルツル肌状態にする事ができ、またほぼ永久脱毛に近い形までもっていく事が出来ます。 よって、私は 脱毛効果の高いレーザー脱毛の 「トリア」をおすすめします! 今回も「トリア」を用意しました。 なお、レーザー脱毛と光脱毛の脱毛器との効果の違いを検証したいので、光脱毛の脱毛器も1つ用意する事にしました。 光脱毛の脱毛器の中でも最も評判の良い「ケノン」です。 という事で、友人の姪っ子さんには、 片側を「トリア」、もう片側を「ケノン」といった様に、左右で使いわけて貰い、 「トリア」と「ケノン」の効果の違いを見ていこうと思います。 脱毛前 友人の姪っ子さんはVIOをしっかりと脱毛したいとのこと。 彼女の友人の間でもVIO脱毛に興味を持っている子が多いのだそう。 そこでなんとVラインの脱毛の経過の写真を掲載することに同意してくれました! 恥ずかしい部位なのに有難う! めったにVラインの脱毛の経過を見る事は出来ませんよ。 では早速写真をご覧下さい。 照射前の状態です。 この状態をカミソリで剃り、それから 左を「ケノン」、右を「トリア」で脱毛しました。 なおこのVIO脱毛の設定などについては下記をご覧下さい。 どの回も同じ設定で脱毛を行いました。 照射ペース 今回使用している脱毛器の「ケノン」も「トリア」も 2週間に1度のペースでの照射を推奨していますので、2週間おきに照射を行いました。 1回目の照射後 1回目の照射をしてから1週間後がこちら。 まだ 全体的に毛が残っていて、生えてきています。 左右でそんなに差はありませんかね。 ちなみにプロにやってもらう「サロン脱毛・エステ脱毛」や「医療脱毛」でも、 VIO脱毛の1回照射後はこんな感じで毛が減ったという感じはあまりしないのです。 ですから、今回はこれで問題ありません。 だいたいプロにやってもらう 「サロン脱毛・エステ脱毛」や「医療脱毛」でも早い方で2回目以降から、遅い方で4回目以降あたりから、毛が減ってきたと実感できるようになります。 自宅で行う脱毛器では、何回目から毛が減ってきたと実感出来るのか楽しみですね。 なお痛みについては下記をご覧下さい。 痛み 1回目 冷やさず照射した場合• ケノン・・・ 少し痛い• トリア・・・ 痛い 冷やしてから照射した場合• ケノン・・・ 痛くない• トリア・・・ 少し痛い 「トリア」の方は、照射する前だけでなく、 照射直後もアイスパックで冷やしました。 すると、 うっすら痛い程度まで、痛みが軽減されました。 どうやら 「トリア」は、照射前後にアイスパックで冷やすと痛みはかなり軽減されるようです。 ちなみに以前「医療レーザー脱毛」でVIO脱毛をした事がある知人にも「トリア」を使って貰ったのですが、彼女が言うには「医療レーザー脱毛」に比べたら「トリア」はそこまで痛くないとのこと。 「トリア」は「医療レーザー脱毛」の7割くらいの痛みと表現していました。 2回目の照射後 そして1回目の照射から2週間後、2回目の照射を行いました。 2回目の照射をしてから1週間後がこちら。 少し毛が減ってきている様に見えます。 左はそんなに変わらない感じが・・・。 が、 右は明らかに毛が減ってきている部分があります。 毛が生えていなかったり、毛が細くなっています。 ケノンよりもトリアの方が効果が高そうですね。 なお痛みについては下記をご覧下さい。 痛み 2回目 冷やさず照射した場合• ケノン・・・ 少し痛い• トリア・・・ 痛い 冷やしてから照射した場合• ケノン・・・ 痛くない• トリア・・・ 少し痛い 「トリア」の方は、照射する前だけでなく、 照射直後もアイスパックで冷やしました。 すると、 うっすら痛い程度まで、痛みが軽減されました。 痛みの感覚は どちらも1回目と変わらない様です。 3回目の照射後 そして2回目の照射から2週間後、3回目の照射を行いました。 3回目の照射をしてから1週間後がこちら。 明らかに 右の毛がなくなったり、薄くなっています! 一方 左は・・・少し毛が減ってきましたかね。 いかがですか? これを見れば、ケノンとトリア、どちらが効果が高いかお分かり頂けると思います。 ケノンは光脱毛、トリアはレーザー脱毛 やはり 自宅で使う脱毛器でもレーザー脱毛の方が効果が高いことが分かりました。 なお痛みについては下記をご覧下さい。 痛み 3回目 冷やさず照射した場合• ケノン・・・ 少し痛い• トリア・・・ 痛い 冷やしてから照射した場合• ケノン・・・ 痛くない• トリア・・・ 少し痛い、部分によっては痛くない 「トリア」の方は、照射する前だけでなく、 照射直後もアイスパックで冷やしました。 すると、 うっすら痛い程度まで、痛みが軽減されました。 この2回目から、「トリア」の 痛みの感じ方が部位によって変わってきました。 『 部分によっては痛くない』とのこと。 痛みが軽減されてきたのは、 きっと毛が抜けたからか、毛が薄くなってきたからだと思います。 なお 「ケノン」は痛みの感覚は1回目から変わらないとのこと。 基本 「ケノン」はあまり痛くないようです。 脱毛効果が高い脱毛器は? 今回は友人の姪っ子さんに協力して貰って、VIO脱毛を 左は「ケノン」、右は「トリア」で脱毛しました。 2週間に1度照射し、照射レベルはどちらも最高レベルで照射しました。 3回照射を終えた段階で、こうなりました。 一目瞭然です。 「トリア」で照射した右の方が 明らかに毛が減っています。 また 毛そのものも細くなってきています。 一方「ケノン」で照射した 左の方はあまり大きな変化はありません。 脱毛効果が高い脱毛器は〜 トリア でした。 「トリア」は 医療脱毛と同じレーザー脱毛になります。 「トリア」は 自宅で使える脱毛器の中で唯一の医療レーザーの技術(ダイオードレーザー)を応用した家庭用のレーザー脱毛器。 「トリア」の公式サイトは ちなみに私の高校生の姪っ子には 脇をトリアで脱毛してあげました。 2週間に1回照射して、5回終えたところがこちら! かなり毛が減り綺麗になってきました。 ぱっと見た感じではほぼ気にならないレベル! ただまだ無毛状態ではありません。 無毛状態にする為には、あと3回~5回は照射すると良いと思います。 一方「ケノン」は エステ脱毛・サロン脱毛と同じ光脱毛になります。 やはりレーザー脱毛の医療脱毛の方が光脱毛のエステ脱毛・サロン脱毛よりも脱毛効果が高い様に、 自宅で使える脱毛器もレーザー脱毛の「トリア」の方が脱毛効果が高い事が分かりました。 「ケノン」の公式サイトは まとめ 私は今回初めて自宅で使える脱毛器を友人の姪っ子に使ってみて、自宅で使える脱毛器が予想以上に脱毛効果があることに驚きました。 光脱毛の「ケノン」においては正直、予想通りの効果でした。 「ケノン」は長い時間をかけて、何度も何度も照射していけば、ある程度毛は少なくなったり、毛が細くなり目立ちにくくなると思います。 ただ「ケノン」では、 全く毛のないツルツルの無毛状態にするのはかなり難しいと思います。 レーザー脱毛の「トリア」においては、予想以上の脱毛効果に驚きました。 私は光脱毛を行うエステ脱毛・サロン脱毛でも、レーザー脱毛を行うクリニックでも働いた事があります。 そして現在でもレーザー脱毛を行うクリニックで働いています。 その私から見ても「トリア」の脱毛効果は高い方だと思います。 エステ脱毛・サロン脱毛よりも、「トリア」の方が脱毛効果は高いですよ! さすがに医療脱毛と「トリア」を比べたら、医療脱毛の方が脱毛効果は高くなってしまいます。 ですが、「トリア」は 医療脱毛の7割くらいの効果はありますよ! 自宅でこんなに簡単に使える効果の高い脱毛器があるなんて、本当にびっくりしました。 「トリア」と「ケノン」のお値段 しかもこの「トリア」、そんなにお高くないのです。 今回使ったのはこちら。 が、私がおすすめするのは メーカー公式サイトからの購入です。 15,285円お安く購入する事が出来ます。 しかもメーカー公式サイトのみ、 1年間の保証が2年間になるのです また 30日間の返金保証もあるので、使ってみたけどどうしても痛みに耐えられない…という方は返金してもらうことができますよ。 下記の画像をクリックすると、メーカー公式サイトで購入する事が出来ます。 ちなみに「ケノン」はこちら。 「トリア」と「ケノン」の寿命 「ケノン」は カートリッジを交換しながら使い続けていくかたちになります。 「トリア」はカートリッジ式ではなく、15万ショット(500回充電)で寿命がくるので、 買い換えるかたちとなります。 私の友人で「トリア」を使っていた人がいたのですが、彼女は 5年は使えたと言っていました。 5年間使い続けていた訳でなく、最初は2週間に1度、半年くらい使い続け、無毛状態になったのでしばらく使わないでいて、1年後くらいからは数ヶ月に1度ちょこっと生えてくる数本に照射していたそうです。 そもそも 「トリア」は脱毛効果が高いので、 そんなに長い寿命が必要ないんですよね。 10回以上照射して無毛状態までもっていき、その後は眠っていた毛根から生えてくる数本を照射していけば良いのです。 が、 「ケノン」だと脱毛効果が弱いのでかなり長い期間、脱毛したい部分全体に照射しなければなりません。 そのため、照射回数がかなりかかるので、 カートリッジの交換を何度かしないと毛を減らす事が出来ないのです。 「トリア」と「ケノン」の照射面積 「ケノン」は照射面積が広い事をメリットとして紹介していますが、私が使ってみた感じだと逆に使いにくく感じました。 面積が広い分、細かいところに当てる事が出来ないのです。 人間の体は平らではありませんよね? 足だって腕だって脇だって、どこも必ず凹凸があります。 照射面積が広くても、照射するところに凹凸があると、照射面積分全てに効果的な照射をする事が出来ないのです。 実は 照射した光が直角に毛根に当たらないと、しっかりと脱毛する事が出来ないのです。 凹凸がある部分の毛根に直角に光を当てようとすると、必然的に照射面積が小さい方が当てやすくなるのです。 なぜなら 照射面積があらゆる角度で照射する事が出来るからです。 ですから 医療脱毛で使われるレーザー脱毛機の照射面積も直径1センチ位で小さいのです。 この 小さい照射面積を体の凹凸に合わせて、あらゆる角度でこまめに当てていくと、しっかりと直角に毛根に光をあてる事ができ、結果的に脱毛効果が上がるのです。 ですから、 「トリア」は照射面積が小さい事をデメリットとして挙げられていますが、私からみたらこれはメリットでした。 まさに 「トリア」は医療脱毛で使われるレーザー脱毛機とほぼ同じ照射面積だからです。 これでしっかりと毛根に直角に光を当てられるので、 脇や足の膝下のスネの部分やVIOの脱毛にも向いていると確信したのです。 脇や足の膝下のスネの部分やVIOって、結構立体的な作りをしてるので、医療脱毛でもかなり細かく照射していかなくてはいけないのです。 そうでないと、打ち残しが生じたり、毛根に直角に光を当てる事ができず、脱毛効果が下がってしまうからなのです。 ですから、 あらゆる角度で細かく照射するのに向いている照射面積が小さい「トリア」は、自宅でしっかりと脱毛したい人におすすめの脱毛器だと思います。 「ケノン」推しの記事が多い理由は? よくネットで調べると、何故だか「ケノン」推しの記事が多い気がしませんか? それは〜 アフィリエイトが関係していると思います。 私も細々とアフィリエイトをしてはいますが、 自分が本当に良いと思ったものしかオススメしていません。 実は「ケノン」も「トリア」もアフィリエイトがあるのですが、 「ケノン」の方が紹介して売れた時の報酬額がお高いのです。 「ケノン」は1台売ると「トリア」の1. 5倍強儲かる仕組みになっています。 ですから、「ケノン」推しのサイトが多いんですよね。 脱毛効果から言ったら、下の写真からも分かる様に絶対に「トリア」の方が効果が高いのに…。 私は報酬なんて関係なく、 脱毛をしたい方、脱毛をして綺麗なお肌になりたい方、ツルツル肌になりたい方には、「トリア」をオススメします。 だってこの写真を見れば、その理由はしなくても分かるはずです。 唯一 「ケノン」をおすすめするとしたら、痛いのは絶対に嫌だという方。 ただ 脱毛効果は弱いので、無毛やツルツルには「ケノン」ではなりません。 毛が少し細くなったり、少し減ったりはすると思います。 「ケノン」は脱毛というより、減毛といったイメージです。 いかがでしたでしょうか? 私の友人の姪っ子のVラインの脱毛経過の写真が、「ケノン」と「トリア」の脱毛器としての比較の結果です。 もう言葉はいらないと思います。 あなたはこの写真を見て、どちらの脱毛器の脱毛効果が高いと思いますか?.

次の

家庭用レーザー脱毛器トリアでVIO脱毛を開始!レベル1・レベル3の痛みと効果は?【1回目】

ケノン トリア vio

できるよ。 VIO目的で購入する人も多いぐらいだし。 脱毛サロンでVIOの脱毛をするのが恥ずかしい人とかがケノンを使ってるよ。 家庭用脱毛器として人気の「 ケノン」。 販売開始から今尚飛ぶように売れている大人気商品ですが、全身の脱毛ができることで多くの人が脱毛に利用していますよね。 しかし、「 全身脱毛できるといっても、デリケートゾーン、特にVIOの脱毛もできるの?できるとしてもかなり毛が太い男のVIOでも脱毛できるの?」などとVIO脱毛に関して気になる方は多いと思います。 そこでこの記事では、実際にケノンを使って男がVIO脱毛に挑戦してみた内容をまとめてみました。 ケノンによるVIO脱毛の効果やいつぐらいに効果がで始めたか、VIO脱毛する際にどんなことに気をつけたかなどリアルな内容を詳しく解説していますので、参考にしてみてください。 読みたい場所にジャンプ!• ケノンで男がVIO脱毛してみた!前置き まずはじめにケノンを僕がどれくらい使用しているかですが、 2年以上です。 2016年の5月にケノンを購入してから、ずっと照射し続けているんですけど、これまでに、ストロングカートリッジや美顔器をいくつも購入してきたことから、ケノンの効果についてはかなり、詳しい方だと思います。 そんな僕の体質ですが、 普通の人の2~3倍は毛が太く、剛毛な体質です。 髭も3日経てばもっさりしてきますし、髪もかなりの直毛で美容師さんにあなたは毛量が普通の人の3倍あると言われたこともあるくらいです。 前置きが長くなってしまいましたが、 そんな 超がつくほど剛毛の僕がVIO脱毛にケノンを2年以上照射したらどうなったのか詳しく解説します。 テキストだけでケノンVIO脱毛のリアルな効果を解説させていただきます。 あるブログで女性の方が自身のVIO脱毛の経年変化画像をアップしている記事があって衝撃を受けましたが、流石にそこまでできないのでご了承くださいませ。 ケノンで男がVIO脱毛してみた。 購入してすぐに僕はケノンでVIO脱毛していました。 ケノンでVIO脱毛されたことがある方は分かると思うんですけど、 VIOに照射するとかなり痛いです。 その痛みは腕毛やスネ毛に照射ときとは比べものにならないほど痛いです。 1ヶ月~3ヶ月。 効果なし 最初の3ヶ月までは全く効果がありませんでした。 VIOの毛は他の毛と違って太いと言われていますが、その通りで、3ヶ月ぐらいしたら、腕とかスネ毛だとうっすら薄くなってきていましたが、VIOは全然毛が薄くならないし、不安になりましたがとりあえず継続することにしました。 ちなみに最初の3ヶ月に使ったカートリッジは普通のエクストラカートリッジで、威力がそこまで高くないものです。 3〜4ヶ月過ぎたごろにVラインだけは薄くなってきました。 6ヶ月~9ヶ月。 徐々に効果がで始める 6ヶ月を過ぎた頃から徐々にVIOの各ゾーンは薄くなっていきました。 レベル10でこんだけ照射してやっと薄くなってきたかと感じたものの、完全にツルツルにするにはまだまだ時間がかかりそうです。 ちなみに、 Vラインの足の付け根の部分は6ヶ月時点でツルツルになりましたよ。 OラインとIラインに関しては中々効果が出ていません。 特に男性の場合、Iラインの部分はかなり、照射が難しいですし、泣きそうになるくらいの痛みなので、根気強く照射していくのが辛かったです。 また、6ヶ月目ぐらいからストロングカートリッジも使い始め、OラインとVラインはストロングカートリッジのレベル10で照射し始めました。 その結果9ヶ月目ごろにはOラインとVラインの端のゾーンの毛はほぼ無くなりましたよ。 しかし、真ん中のゾーンは毛がかなり太く剛毛なため、ストロングで照射してもまだ、脱毛までは時間がかかりそうな様子でした。 1年経過。 Iラインも薄くなり始める この頃から、少しケノンの使用頻度を少なくしていきました。 個人的に時間が取れなかったのと、自分はVIOを完全に脱毛仕切りたいわけではなく、見た目をよくしたいだけなので、 まばらに生えていた部分を綺麗に脱毛できてしまった今、そろそろVIO脱毛へのモチベーションが下がってきました。 とはいえ、Iラインには定期的に照射していました。 1年ほど経ってじゃらIラインも徐々に薄くなっていき、毛が細くなってきました。 しかし、 Iラインをツルツルにするには、まだ時間がかかりそうです。 1年と半年。 VIO脱毛を終える 1年と半年経った頃、そろそろかなと見切りをつけてVIO脱毛を終えました。 僕がVIO脱毛を終えた理由はこちらです。 また、なんといっても 痛かった。 しかし、自分が思っていた以上にVIOを綺麗に脱毛できましたし、結果的には満足のいく状態に仕上げることができたので、 1年半かかりましたが、ケノンを使ってよかったと思います。 これが脱毛サロンでVIO脱毛しているとなると、もっと時間もお金もかかっていたでしょうし、何よりVIOを脱毛する際に恥ずかしい思いをしなければならなかったと思います。 また、ケノンのならカートリッジが小さいので照射面積が小さく、VIOのような細かい部分でも脱毛がしやすかったです。 なので、自分の脱毛したい部分だけを脱毛できたのが良かったと思います。 なんていうか、Iラインとかって日本人男性ならツルツルではなく、ちょっと残しておきたいと感じる人が多いですよね。 ケノンだったらそういう部分でも 小回りが利くので良かったです。 また、 VIOを脱毛する際に、黒ずんでしまうようなこともなかったですし、僕の場合は皮膚が荒れることもありませんでした。 むしろ、IラインやOラインは吹き出物ができにくくなりましたし、美白になったように感じます。 (ここはあくまでも個人的な感想なので確証はありません。 ) 結論ですが、ケノンならかなり毛の太い男でもVIO脱毛ができます。 1年半ほどかかりますがVIO脱毛はできました。 なので、もしもあなたがVIO脱毛目的でケノンを購入しようか悩んでいるようでしたらおすすめしたいと思います。 ちなみに今はキャンペーン中で特典が盛りだくさんなので買うなら今がおすすめです。 脱毛サロンでvio脱毛するよりも ケノンでvio脱毛する方が効果が出るのが早いし、金銭的なコストも安く済むのでコスパがいいです。 そのことについてこちらの記事で詳しく解説していますので気になる方はチェックしてみてください。 ケノンでVラインの脱毛をした感想 出典: ケノンのVIO脱毛の中で一番効果が出るのが早かったのが Vラインでした。 3〜4ヶ月目には徐々に薄くなり始めましたし、半年ほど立った頃にはツルツルにすることができましたよ。 また、一番痛みが少なかったのもVラインですし、保冷剤を当てやすいし、ケノンのカートリッジも当てやすかったので、VIOの中だと一番楽に脱毛できた部分だと思います。 Vラインの脱毛をする際に僕は、腰回りから足の付け根の部分をメインに照射していたんですけど、半年ほどで、そこらへんは綺麗にすることができましたよ。 Vラインとは関係ないですが、 ケノンを使ったvio脱毛のコツも共有しておきます。 かなり剛毛の男である僕はヒゲもケノンで脱毛していたんですけど、ヒゲの脱毛をするよりもIラインの脱毛の方が大変でしたし、時間もお金もかかったように思います。 ちなみにケノンを使ったヒゲ脱毛に関してはこちら『 』で詳しくまとめていますので、気になる男の方はチェックしてみてください。 あまりブログでは触れられませんが、 男性の場合は特にIラインの脱毛が大変だと思います。 痛みでいうと女性もかなりの痛みがはしると思いますが、男性に比べると保冷剤を当てやすいと思いますし、照射しやすいと思います。 そのため、男性よりもIラインの脱毛に関しては効果が出るのが早いと思います。 まぁ、とにかくIラインの脱毛はケノンだと大変でした。 眉毛脱毛器を使ったIラインの脱毛についてこちらの記事『』で詳しくまとめていますので気になる方はチェックしてみてください。 ケノンでOラインの脱毛をした感想 出典: 最後に Oラインの脱毛に関してですが、ここは意外と脱毛以上の魅力を実感 できました。 僕は肌が弱い体質で、日常では結構座りっぱなしということのせいかOライン付近をよく肌荒れすることがあったんですね。 あまり深く述べると気持ち悪いと思うので言えませんが、とにかくOライン付近にニキビのような肌荒れがおきてしまうことが多々ありました。 しかし、 ケノンでOラインを脱毛してから、そのような肌荒れがなくなりました。 そこが僕にとっては一番の魅力で、脱毛以上に嬉しかったことです。 前は本当にひどい見た目だったのですが、ケノンのおかげで毛はなくなったし、肌荒れも起きにくくなったので Oラインの脱毛はケノンを使って本当に良かったと思います。 こちらの記事『剛毛のお尻の毛(Oライン)を一人でツルツルに脱毛する方法』でケノンを使ったOライン脱毛について詳しい内容を解説していますので気になる方はご覧ください。 保冷剤(ダイソーで購入!可愛い)でガンガン冷やして最強レベル10でバチバチ打ちまくるとVIOに効果覿面。 特にV。 温泉行くのも躊躇するレベルに。 Iは中々しぶとい。 サロンだとNGな粘膜部分もいけるし、予約もとらず自分のペースで出来るから買ってよかった。 楽天で69800円。 — 人間のマカロン macarronneko ここ数年で一番良かった家電は脱毛器のケノン。 楽天市場で69800円。 自宅で気楽にVIO脱毛しようと購入。 局部を死ぬほど冷やしてレベル10で遠慮なくバチバチ撃ちまくると、IはしぶといけどVには効きすぎなくらい効いた。 数日経つと毛抜きでスッと抜けて、その後温泉に行くのが気まずいほど薄くなった。 — 人間のマカロン macarronneko 今までトリアで脱毛してたけど顔とVIOに効果ないから湘南美容外科で医療脱毛することにした🤟ワキも安いしついでに🤟まずは3回コースとバイト頑張ってケノンも買う — ターザン NihonnoTarzan ツイッターで見てみると「 ケノンのvio脱毛はコスパがいい」という声や「 実際に使ってみてガッツリ脱毛できた!」という声が多数投稿されていました。 また、脱毛クリニックと併用してケノンを使用しているという強者もいましたので、確かに早く脱毛効果を得たいのであればそれぐらいする人も当然ですね。 「いいね!」や「リツイート」もかなり多いので、そこも情報の信頼性として担保になっていますね。 ケノンで男がVIO脱毛奮闘記まとめ ということで、 ケノンを使って男がVIO脱毛に挑戦した内容をまとめさせていただきましたがいかがでしたでしょうか? ケノンを使えば、時間はかかりますがVIO脱毛できます。 結果的に1年半で終わってしまった脱毛奮闘記となりましたが、かなりリアルな内容をお届けできたのではないかと思っています。 ただあくまでもこの内容はかなり剛毛な男がケノンでVIO脱毛した内容ですので、体毛の薄い方や毛が細い方それから女性などがケノンを使ってVIO脱毛をするとすれば、効果はもっと早く出ると思います。 なので、 VIOの脱毛にケノンを使うのはおすすめです。 ぜひあなたもケノンを使ってVIO脱毛に挑戦してみてください。 ちなみに今、ケノンを公式サイトで購入すると『スーパープレミアムストロングカートリッジ』と呼ばれる照射回数300万発を誇るカートリッジが特典についてきたり、その他にも『カートリッジが各種』もらえたり、『1年保証』がついたり『レビュー特典』がついてきたりとお得なキャンペーンが開催されています。 お得なキャンペーンが終了する前に購入するのがおすすめです。

次の

【私の脱毛遍歴②】3年前に「ケノン」を購入するまで。トリアとケノンの違い。現在の写真公開 vioも 口コミ

ケノン トリア vio

トリアとケノンは、どちらの脱毛器がおすすめなのか?コスパで選ぶべきなのか?効果で選ぶべきなのか? こちらでは購入前に役立つ 価格、効果、痛み、範囲などに関する疑問を比較しているので、悩んでいる人は参考にしてください トリアとケノンの違いは何? 脱毛方法 レーザー脱毛 IPL脱毛 フラッシュ脱毛 カートリッジ 交換 カートリッジなし カートリッジ交換あり 照射面積の広さ 小さい 直径1cmの円 大きい 3. 5cmの長方形 トリアとケノンの大きな違いは、 ケノンは制毛処理を目的とする IPL脱毛なのに対して、 トリアは永久脱毛を目的とする レーザー脱毛が自宅で可能なことです。 ケノンはカートリッジ交換可能な脱毛器なので、 カートリッジ交換をおこなえば何度でも自宅で脱毛が可能ですが… トリアはカートリッジがないタイプの脱毛器なので、 300~500回程度の充電ができなくなったら終了の消耗品になります。 そして実際使ってみると大きな差が、照射面積の差! トリアは本当に照射面積が小さいです! 時間がかなりかかるので、本体もケノンよりだいぶ重いですし、支える腕の力と忍耐力が必要になります。 本体価格がトリアに比べると高いのですが、 ケノンは カートリッジ交換をおこなえばずっと自宅で脱毛が可能です。 またお父さんのヒゲ、娘2人の全身脱毛と 複数人で利用する場合は、ケノンが圧倒的に安上りです。 一方トリアは、ケノンに比べるとカートリッジ交換の必要もないので料金は安いのですが、 打ち切ってしまえば消耗品です。 自己処理の必要がないくらいまで脱毛がしたいならカートリッジ交換が必要なケノン、ある程度のムダ毛がなくなればいいのであればトリアがおすすめです。 トリアは家庭用脱毛器で唯一、クリニックと同等の脱毛方法(レーザー脱毛)でムダ毛処理を行うことができます。 レーザー脱毛というとクリニックでしか使用できませんが、トリアは 家庭でも安心して使用できるように照射パワーをおさえた脱毛器なので、安心して使用できるつくりになっています。 ケノンはIPL脱毛なので、レーザー脱毛に比べると効果は劣りますが、 カートリッジ交換をおこなえば何度でも脱毛ができるので、長期間ムダ毛が生えてこない期間は維持できます。 ケノンは、毛の成長を一時的に抑える制毛処理を目的として脱毛をおこなうので、痛みはほとんど感じません。 一方トリアは、毛根を破壊することにより脱毛効果を得るので、激しい痛みをともないます。 特に髭やVラインなど、毛根が深く太い毛が生えている部分は痛みが強いので、痛みに弱い人はIPL脱毛が可能なケノンがお勧めです。 髭は、 毛根が深く太くてしっかりとした毛が密集して生えているので、 他の部位に比べると脱毛効果が出にくいうえに激しい痛みをともないます。 照射パワーが弱いケノンでは何度も何度も使用しないと効果がありませんが、照射パワーが強いトリアならケノンより早い効果が実感できます。 ケノンとトリア、髭に効果があるのはトリアですが、 照射面積が狭いトリアは5mmずつずらしながら照射をしないと照射漏れの恐れがあるので、髭だけでもかなりの時間がかかります。 一方…ケノンは照射面積が広いので、 鼻下だけなら3ショットと短時間での照射が可能です。 脱毛効果はトリアに劣りますが、 連射機能&レベル調整が可能なケノンのほうが肌に優しく痛みをおさえた髭脱毛が可能です。 トリアとケノン、Iライン脱毛ができるのはどっち? トリアとケノン、 共にIライン脱毛はできません! 理由は、 IOラインはもともと色素沈着があり皮膚が薄く照射範囲が狭く、自分で脱毛をするには火傷の恐れがあり危険だからNG! ケノンとトリアに限らず、家庭用脱毛器全般がIラインやOラインの脱毛ができないので、IOラインのムダ毛をなくしたいなら脱毛サロンやクリニックに通ってお手入れをしてもらいましょう。 トリアとケノン、産毛に効果があるのはどっち? IPL脱毛、レーザー脱毛にしても、黒色の色素に反応する光を当てて脱毛効果を得る仕組みなので、 細くて色素が薄い産毛は効果が出にくい! 産毛に該当するのは… 二の腕や背中、おなか、太もも、お尻、手の甲、顔など。 産毛は細くて柔らかい毛なので、太い毛に比べると脱毛回数&時間が多くなり、効果が実感できるまでには時間がかかりますが、効果が出ないわけではありません。 細くて薄い産毛は、 照射パワーが強いレーザー脱毛をおこなうと、 毛が増える『増毛化』や 毛が太くなる『硬毛化』といったリスクを伴う場合があるので、安全な産毛脱毛の効果を求めるなら照射パワーが弱いケノンがおすすめです。 ケノンで使用されているIPL脱毛は、もともとエステサロンで美肌効果用に使用されてきたマシンなので、 ニキビ跡やシミ、くすみ、赤ら顔などの美肌ケアなどに効果があります。 使い方も簡単で… ケノンはカートリッジ交換タイプの家庭用脱毛器なので、 カートリッジ部分をスキンケア用に交換するだけで美顔器としても使用できます。 光が弱くなればカートリッジを交換するだけで新品同様の効果が得られるので、本体が壊れない限りずっと美顔対策が可能です。 顔だけでなく体にも使用できるので、 首や背中、足、腕、手の甲など脱毛後の肌ケアとしても使用可能です トリアとケノン、照射面積が広いのはどっち? 照射面積 直径1. 0cmの円= 0. 5cmの長方形= 9. ケノンはカートリッジの種類にもよりますが、どれもトリアに比べて照射面積が広い! ・プレミアムカートリッジ 7. 0㎠ ・エクストララージカートリッジ 9. 0㎠ ・ストロングカートリッジ 4. 5㎠ ・スキンケアカートリッジ 4. 5㎠ ケノンは照射範囲が3. 5cmの長方形なので、横にずらしながら照射をすれば照射漏れの心配はありませんが… トリアは直径1. 0cm円形なので、 5mmずつずらしながら重ねて照射をしないと照射漏れの恐れがあるので広範囲の脱毛には向いていません。 トリアとケノン、重いのはどっち? 重さ 584g 120g トリアとケノン、 重いのはトリアです。 トリアはハンドピース自体が本体なので、ケノンと比べると重くなっています。 584gというと、500mlのペットボトルと同じくらいの重さなので、長時間の脱毛となると手が疲れます。 トリアの公式には… ・太もも:片方600回、25~30分 ・ひざ下:片方600回、25~30分 と書かれているので、片足だけで1200回、1時間もかかります!両足だと2400回、2時間もかかるので重くて手が疲れます。 ケノンはスマホ程度の重さで、片足10分、両足で20分程度で照射ができるので、手がだるくなる心配もなく軽い! トリアとケノン、音がうるさいのはどっち? 消音機能 なし あり トリアとケノン、 音がうるさいのはトリアです。 ケノンは肌に当てるとカチッカチッという音のほかに、冷却ファンの回る音がします。 ミュートモードにするとカチッカチッという照射音(気にならない程度の音量)、冷却ファンの回る音は鳴りますが、本体側で鳴るレベル調整の音は消えますが。 トリアにはミュートモードがないので、レベル調整の音、ビッビッビッという照射音、ファンの回る音はそのまま鳴ります。 (音が大きい!) ケノンにはミュート機能があるので、夜間に使用する場合は音を消して使用すれば誰にもバレずに脱毛ができます。 トリアとケノン、不要になった脱毛器の下取りしてくれるのはどっち? 下取り なし あり トリアとケノン、 不要になった脱毛器の下取りしてくれるのはケノンです。 ケノンでは購入時に、買い物かごの備考欄に『下取種類』と『口座情報』を記入する欄があるので、記入するだけでいらなくなった脱毛器を買い取ってもらえます。 ・スムーズスキン 8,000円 ・コスビューティー 8,000円 ・シルクエキスパート 8,000円 ・Santasan 1,500円 トリアには下取り制度自体がないので、脱毛器の買い取りはありません。 トリアとケノン、購入特典はある? 特典 購入で4種類から選べるプレゼント 1)トリア・スージングジェル(2,954円) 2)トリア・スキンリペアクレンジングフォーム(3,972円) 3)アイマスク60枚(3,972円) 4)ミラー ブラック(非売品) 1)スーパープレミアムカートリッジ 2)ストロングカートリッジ(レビュー記入必須) 3)美顔カートリッジ 4)眉毛脱毛器 トリアでは、これまで購入後にクーポンコードの入力をすると、スージングジェルがもらえていましたが、 クーポンコードが不要になり、更に4種類のプレゼントから選べるようになりました。 ケノンでは、購入時にラージカートリッジ38個分以上 Lv. 1の場合 の照射ができるスーパープレミアムカートリッジと美顔カートリッジ、眉毛脱毛器がついています。 そして、商品が届いた後にレビュー記入でヒゲやVIOなどの頑固な部分にぴったりなストロングカートリッジが届きます。 ただし、ケノンもトリアも 公式サイトから購入された限定特典となりますのでご注意を。 トリアとケノンの併用は可能? トリアとケノンの併用は可能ですが… 金銭的に余裕のある人向き。 2台も家庭用脱毛器を購入するなら、脱毛サロンに通って脱毛したほうが料金も安く、当て漏れが少なく肌のためにはおすすめです。 家庭用脱毛器 脱毛サロン ケノン69,800円+トリア40,537円=110,337円 例)銀座カラー全身脱毛し放題197,650円 (例)キレイモ全身脱毛6回114,000円 価格的には脱毛サロンのほうが高いけど…IOラインや顔全体の脱毛ができるので、お金に余裕がある人は脱毛サロンもおすすめです。 予約を取って通えない人や、近くに脱毛サロンがない人の場合は、ケノンとトリアの併用もありです。 照射面積の広いケノンで全身脱毛をおこない、照射面積の狭いトリアで脇や髭、vラインといった頑固なムダ毛が生えている部分に使用するといった使い方がおすすめです。 まとめ トリアとケノンは、どちらの脱毛器がおすすめなのか?コスパで選ぶべきなのか?効果で選ぶべきなのか? コスパ ケノン カートリッジ交換をすれば何度でも脱毛ができる 脱毛効果 ケノン 何度も使用することを考えると、照射面積が広く部位によってカートリッジ交換ができるケノンのほうが脱毛効果が高い 痛み ケノン 1~10段階調整が可能 使いやすさ ケノン 操作方法が大型ディスプレイで見やすい 重さ ケノン スマホ程度の重さしかないから軽い 音 ケノン 消音機能があるから静か トリアとケノンを比較した結果… ヒゲやワキだけといったピンポイント脱毛ならトリアで十分だけど、腕や足全体など全身脱毛も照射面積が広いため短時間ででき、 太い毛も細い毛も全部オールマイティに脱毛ができるがおすすめです。 【おすすめ記事】 ケノンとトリア以外の家庭用脱毛器については、『』で詳しく解説しているので参考にしてください。

次の